Menu

転入も!転出も!イオンモバイルのMNP乗り換え手順と2つのポイント

2台のスマホに入っているデータの違い

「キャリアや格安SIMサービスを利用していて、イオンモバイルに乗り換えたい」

「イオンモバイルから別のサービスに乗り換えたい」

と思った時、意外につまずく事が多いのがMNPではないでしょうか。

ご存知の人も多いと思いますが、MNPは「携帯電話番号ポータビリティ制度」とも呼ばれ、今の携帯電話番号をそのままに他社サービスへ乗り換える事ができる仕組みです。

しかし、MNPは何やら面倒そう・・・と思っている人も多いはず。

筆者自身、最初の携帯会社乗り換えは、MNPが面倒で番号を変えて知人に知らせる方法を選びました。

ただ、MNPは実際やってみるとそこまで難しくありません。

数十人の知人や家族に番号を知らせるのも結構な手間ですよね。

そこでこの記事を参考にして、イオンモバイルでのMNP手順を全て押さえておきましょう!

それでは参ります。

目次

イオンモバイルへMNP乗り換え(転入)のポイントは2つ

2台のスマホのデータ交換を表すイラスト

イオンモバイルへのMNP乗り換え(転入)には2つのポイントがあります。

まずひとつめは、MNP予約番号の有効期限が10日以上あること

2つめはMNP予約番号発行時の名義と、イオンモバイルの申し込み登録の名義が同一であることです。

また、申し込みには

  • 本人確認書類(運転免許証など)
  • クレジットカード(月額料金の支払いのため)
  • MNP予約番号

が必要です。

ポイント1:MNP予約番号の有効期限が10日以上あることが条件

イオンモバイルへのMNP乗り換え(転入)は、MNP予約番号の有効期限が10日以上ある事が条件です。

そのため、MNP乗り換え(転入)するのには、日にちに余裕を持って申込みをしなければなりません。

また、MNP予約番号の発行は申請してから発行されるまで数日(4〜5日程度)かかる事がよくありますので、お急ぎの場合は注意が必要です。

ポイント2:MNP予約番号発行時の名義と申し込み登録の名義が同一であることが条件

2つめのポイントは、MNP予約番号発行時の名義とイオンモバイルへの申し込み登録の名義は同一でなければなりません。

たとえ家族であっても、名義が違うMNP予約番号の登録では申し込みできませんので注意しましょう。

イオンモバイルにMNP乗り換えする手順3つ

2台のスマホでチャットする様子

イオンモバイルにMNP乗り換えする方法には

  • 契約即日お渡し店舗でのMNP乗り換え
  • 後日配送お渡し店舗でのMNP乗り換え
  • インターネットでのMNP乗り換え

の3つがあります。

ここでは手順をそれぞれに分けて書いていきますので、ぜひ参考にしてみてください。

パターン1:契約即日お渡し可能!店舗でのMNP乗り換えSTEP

イオンモバイルの店舗には「ご契約即日お渡し店舗」と「後日配送お渡し店舗」の2つがあります。

イオンモバイルを契約してからすぐにスマホを使用したい人はご契約即日お渡し店舗へ行くのをオススメします。

まず、店舗へ向かう前に必要書類を準備しておきましょう。

STEP1. ご契約即日お渡し店舗へ来店する

お近くにあるイオンモバイルのご契約即日お渡し店舗へ来店し、希望の商品を選びます。

イオンモバイルの公式ホームページ内にある「店舗受け付けシート」を持参すると15~20分の時短になります。

STEP2. 契約手続きを行う

店舗で受け付けを済ませたら契約手続きのためにプラン、オプションなどを記入します。

契約内容によって準備する必要書類が違ってくるので、前もっての確認が必要です。MNP乗り換えの場合は「本人確認書類・クレジットカード・MNP予約番号」が必要です。

STEP3. 商品を受け取る

契約した内容の商品をその日のうちに受け取れます。

パターン2:後日配送お渡し店舗でのMNP乗り換えステップ

後日配送お渡し店舗は、その名のとおり後日商品をお渡しする店舗なので、店舗で商品を選んだりスタッフに質問したりできますがその日のうちに商品を受け取ることはできません。

また、後日配送お渡し店舗では、SIMタイプ1(NTTドコモ回線)の契約のみが行えます。

STEP1. 後日配送お渡し店舗へ来店する

お近くにあるイオンモバイルの後日配送お渡し店舗へ来店し、商品パッケージを購入します。

STEP2. 申込書へ記入し郵送する

商品パッケージ同包の申込書に必要事項を記入し、本人確認書類のコピーと一緒に郵送します。

STEP3. 商品が発送される

申込書の投函から通常5日~10日ほどで商品を受け取ることができます。

初期設定は完了して届きますのですぐに利用できます。

なお、MNP乗り換えの人は開通してから商品が手元へ届くまでの間は、今まで使用していた端末が使えなくなるのでご注意ください。

パターン3:インターネットでのMNP乗り換えSTEP

手軽にインターネットでMNP転入するのもオススメです。

時間や場所を選ばないインターネットは日中思うように時間が取れない人にオススメな手段です。

STEP1.公式ホームページで商品を選択する

公式ホームページのメニュー「新規お申し込み」をクリックし、「WEBで申し込む」を選択し、購入方法やSIMの種類、端末の種類などを選びます。

イオンモバイル「マイページ」 
画像引用:イオンモバイル「新規お申し込み」

STEP2.イオンスクエアへ会員登録後に商品購入する

イオンスクエアへログインもしくは会員登録をしてから商品を購入します。

また、イオンスクエアへの会員登録にはメールアドレスが必要です。

STEP3. 本人確認と料金プランの選択

運転免許証などの本人確認書類をアップロードし、回線契約を行います。

契約内容によって準備する必要書類が違ってくるのですが、MNP乗り換えの場合は「本人確認書類・クレジットカード・MNP予約番号」が必要です。

本人確認書類とは

本人確認書類とはおもに以下の6つが使われますが、健康保険証のように補助資料が必要な場合もありますのでご注意ください。

  • 運転免許証
  • 日本国パスポート
  • 住民基本台帳カード(顔写真付き)
  • マイナンバーカード
  • 外国人登録証明書、在留カード、特別永住者証明書
  • 健康保険証+補助書類
補助書類とは

上記で説明しました本人確認書類の中で「健康保険証+補助書類」という項目がありますが、この補助書類をこちらで説明していきます。

  • 公共料金領収書(電気・ガス・水道料金の領収書)
  • 住民票(マイナンバーが入っていないもの)
  • 戸籍謄本(現住所と本籍が一致している場合に限る)

また、上記のもすべては発行日から3ヶ月以内のものに限りますので日付の確認をしましょう。

STEP4. 商品が発送される

契約完了後約3日~7日で商品が届きます。

なお、MNP乗り換えの人は開通してから商品が手元へ届くまでの間は、今まで使用していた端末が使えなくなるのでご注意ください。

MNP乗り換え(転入)は以上のとおりです。次はMNP乗り換え(転出)を説明します。

イオンモバイルから転出のポイントは3つ

機種違いの2台のスマホを持つ人

イオンモバイルから転出のポイントは3つあります。

ポイント1つめは、MNP転出には転出手数料が発生するということです。

2つめのポイントは、MNP予約番号申請後4~5日程度の日数がかかることです。

3つめのポイントは、MNP転出できるのは音声通話SIMのみということです。

また、MNP転出をする場合は、イオンモバイルからMNP予約番号を発行することが必要で、マイページもしくはお客様センター(0120-025-260)で申請ができます。

その後、他社へのMNP転入手続きが完了となりましたら、イオンモバイルは解約になります。その際に転出手数料が発生しますので下記の表でご確認ください。

ポイント1:MNP転出には転出手数料が発生

イオンモバイルでは、3000円以上の転出手数料が発生します。

契約日より90日以内に転出する場合には、特に大きな額の手数料が設定されていますので、なるべく契約日の91日以降にMNP転出するようにしましょう。

(事例)2018年7月1日以降に契約した回線をMNP転出する場合

MNP転出手数料は、次の通りです。

MNP転入した回線をMNP転出する場合(期間に関わらず)3,000円
契約日より90日以内に転出する場合15,000円
契約日より91日以降に転出する場合3,000円

※表示価格は税抜金額

(事例)2018年6月30日までに契約した回線を2018年7月1日以降にMNP転出する場合

MNP転出手数料は、次の通りです。

MNP転入した回線をMNP転出する場合(期間に関わらず)3,000円
契約日より90日以内に転出する場合8,000円
契約日より91日以降に転出する場合3,000円

※表示価格は税抜金額

先に転出手数料を説明してしまいましたが、ここからはポイントの説明になります。

ポイント2. MNP予約番号申請後4~5日程度の日数がかかる

MNP予約番号を申請後4~5日程度で「イオンモバイルご契約者さま専用マイページ」で転出用MNP予約番号を確認できます。

イオンモバイルに限らずMVNOの場合、大手キャリアのauやdocomoなどのようにMNP予約番号をすぐに発行することはできません。

ですから、日にちに余裕を持った申請をすることが大切です。

ポイント3.MNP転出できるのは音声通話SIMのみ

ご存知の人も多いと思いますがMNPとは携帯番号ポータビリティ制度のことなので、音声通話SIMのように通話のできる電話番号でなければMNP転出することができないのです。

3ステップで完了!イオンモバイルからのMNP転出

3ステップで書かれた階段状の手順とそれを指す人の手

イオンモバイルからのMNP転出は3つのステップで完了できます。

イオンモバイルからMNP予約番号を発行するためには、マイページまたはお客様センター(0120-025-260)からMNP転出の申請をしますが、お客様センターは電話受付なので、今回は自力で行うマイページでの方法に焦点を当てて説明していきます。

STEP1. マイページを開き、下へスクロールして自分の電話番号をタップする

イオンモバイルのマイページを開いたら、下へスクロールします。

イオンモバイル「マイページ」 
画像引用
イオンモバイル「マイページ」

すると自分の携帯電話番号があるので、そこをタップして次の画面へ進みます。

STEP2.「MNP転出」の項目をタップする

画面が変わって表示される「MNP転出」の項目をタップします。

また画面が変わり、転出手数料などの確認画面になるので、内容をよく読んで確認をしたら「同意する」にチェックを入れましょう。

STEP3.「MNP予約番号を申し込む」をタップして完了

最後は「MNP予約番号を申し込む」をタップして完了です。

申請してから4~5日程でMNP予約番号がマイページに届きます。

その後、他社へのMNP転入手続きが完了となりましたら、イオンモバイルは解約になります。

まとめ

今回の記事では、イオンモバイルのMNP乗り換え(転入・転出)のポイントと手順について説明してきました。

公式ホームページを見ても、情報が足りなくて困ってしまった時には是非参考にしていただきたいです。

それでは、重要なポイントを振り返ってみましょう。

イオンモバイルへのMNP転入のポイント

  • MNP予約番号の有効期限が10日以上ある事が条件
  • MNP予約番号発行時の名義と申し込み登録の名義が同一である事が条件

イオンモバイルから転出の3つのポイント

  • MNP転出には転出手数料が発生する。
  • MNP予約番号申請後4~5日程度の日数がかかる。
  • MNP転出できるのは音声通話SIMのみ。

イオンモバイルからのMNP転出3つのステップ

  1. マイページを開き下へスクロールし、自分の電話番号をタップする。
  2. 「MNP転出」をタップし、内容を確認後「同意する」にチェックを入れる。
  3. 「MNP予約番号を申し込む」をタップして完了。

これで、面倒に思えたMNP乗り換えも思っていたほど難しくなく、むしろ簡単だったと驚いたのではないでしょうか。

これを見ながらやってみたら、MNP乗り換えが自由自在に行えます。

自分らしく生活するためにMNP乗り換えにチャレンジしてみてはいかがでしょう。

※当サイトに掲載している情報は、万全の保証をいたしかねます。
機器、サービスの価格、スペック等の詳細情報は、必ず各公式サイトでご確認ください。

【完全版】自分に合った格安SIMが見つかる!