Menu

イオンモバイルの料金プランを解説! もっとお得にする方法も紹介

イオンモバイルの料金プラン アイキャッチ

格安SIM業界最安値クラスの料金プランであるイオンモバイル。

全国のイオン店舗で申し込みができ、店舗スタッフの対応も受けられるので、近くにイオン店舗があるなら、より使いやすい格安SIMです。

では、実際にイオンモバイルに申し込むと、スマホ代はどれくらい安くなるのでしょうか?

この記事では、イオンモバイルの「料金プラン」や「オプションの選び方」などについて、くわしく紹介しています。

イオンモバイルの料金の特徴

  • 業界最安値クラスの“料金プラン”にもかかわらず高速通信
  • データ通信量ごとに料金プランが細かく設定されているので、自分に合ったものが選びやすい
  • 必要なものだけをオプションから選べるため料金プランに無駄がない

イオンモバイル公式ページ

おすすめ格安SIM5選!

  • Y!mobile
  • キャリアなのに安い・かつ速いと言うイイトコ取りサービス
  • 公式サイトへ
  • UQモバイル
  • auのサブキャリア! Web限定で5,000円の高額キャッシュバックも実施中!
  • 公式サイトへ
  • mineo
  • サービス満足度1位! 安定性が自慢かつ、キャンペーン適用で最安値クラスに!
  • 公式サイトへ
  • BIGLOBEモバイル
  • クーポンコード【DGC】入力で豪華特典プレゼント!
  • 公式サイトへ

イオンモバイルの月額基本料金一覧

イオンモバイルの料金プランは大きく分けて、以下の三つに分けられ、この基本はほかの格安SIMと変わりません。

  • 音声プラン
  • データプラン
  • シェア音声プラン

「音声プラン」は音声通話、データ通信、SMSが利用できる、スタンダードなプランです。

プラン選びに迷った際には、この「音声プラン」を選ぶといいでしょう。

「データプラン」はデータ通信のみのプランで、料金的には最も安いものの、音声通話などは利用できません。

また、「シェア音声プラン」は最大5枚のSIMカードを利用できるプランで、家族や複数台のデバイスで利用したい人向けのプランです。

月額基本料金一覧

「音声プラン」「データプラン」「シェア音声プラン」それぞれの月額基本料金は以下の通りです。

「音声プラン」「データプラン」「シェア音声プラン」月額料金一覧
SIMプラン名音声プランデータプランシェア音声プラン
500MBプラン1,130円/月
1GBプラン1,280円/月480円/月
2GBプラン1,380円/月780円/月
4GBプラン1,580円/月980円/月1,780円/月
6GBプラン1,980円/月1,480円/月2,280円/月
8GBプラン2,680円/月1,980円/月2,980円/月
12GBプラン3,280円/月2,680円/月3,580円/月
20GBプラン4,680円/月3,980円/月4,980円/月
30GBプラン6,080円/月5,380円/月6,380円/月
40GBプラン7,980円/月7,480円/月8,280円/月
50GBプラン10,800円/月10,300円/月11,100円/月

参照:イオンモバイル「料金プラン」

イオンモバイルは、3つのプランそれぞれにデータ容量(500MB〜50GB)の料金プランがあるため、自分の使い方に合ったものを選べます。だからデータや料金の無駄をなくすことができます。

弟リスのイラスト
データプランなら月額480円から、音声プランなら月額1,130からスマホが使えるなんて、本当に安いね!

兄リスのイラスト
しかもイオンモバイルは、使ってみて自分に合わないときは解約金(違約金)なしでプラン変更や解約ができるんだ(※)

喜ぶ弟リスのイラスト
実際に使ってみてから、自分に合ったプランを選べるのは安心だね!

(※)スマートフォンを分割払いで購入し分割支払金の残債がある場合は、解約後も引き続き請求されます。また、MNP転出される場合は転出費用は発生します。

SMS対応SIMはデータプラン+140円

イオンモバイルには、「SMS付きデータSIMプラン」がありません。

もし音声通話はなしでSMSだけを使いたい場合には、「データプラン」にオプションとして140円/月を追加するだけで、SMS付きデータSIMと同じ機能になります。

データプランにSMS対応オプションを付けた場合の月額料金は以下のとおりです。

SMS対応SIMプラン月額料金一覧
データ容量SMS対応SIMデータプラン
1GBプラン620円/月480円/月
2GBプラン920円/月780円/月
4GBプラン1,120円/月980円/月
6GBプラン1,620円/月1,480円/月
8GBプラン2,120円/月1,980円/月
12GBプラン2,820円/月2,680円/月
20GBプラン4,120円/月3,980円/月
30GBプラン5,520円/月5,380円/月
40GBプラン7,620円/月7,480円/月
50GBプラン10,440円/月10,300円/月

参照:イオンモバイル「料金プラン」

他社格安SIMでSMS機能を追加する場合は、上記の金額から120円~170円ほど月額料金がアップしますので、イオンモバイルは低めの設定と言えますね。

イオンモバイル公式ページ

シェア音声プランで複数のSIMカードを利用する際の費用と注意点

イオンモバイルには、複数回線でデータ通信量を共有する「シェア音声プラン」があります。

複数台の利用予定があれば、基本料金がお得になる場合があるので、検討する価値があります。

シェア音声プランならSIMカード5枚まで利用可能

「シェア音声プラン」は月額の高速データ容量を最大5回線で共有することが可能なプランです。

一人で仕事用やタブレット用など複数のSIMカードを使い分けてもいいし、家族でデータ容量をシェアしてお得に利用することもできます。

データ容量も、4GBから50GBプランまで8種類の中から選べますので、家族一人一人の使い方を考慮しながらぴったりのプランを決められます。データSIMの月額追加料金はありません。

追加のデータSIMに通話・SMS機能を追加することもできます。

ただし、シェア音声プランの利用には少し注意も必要です。

シェア音声プランの注意点

お得に使えるイオンモバイルのシェア音声プランですが、次の2点に注意してください。

  • それぞれのSIMの名義は全て統一する必要がある
  • 通話機能、SMS機能のSIM追加には別途料金が発生する(データSIMも手数料は必要)

SIM追加で発生する別途料金は次のとおりです。

SIMカード追加で発生する別途料金(1枚追加の場合)

  • SIMカードの追加手数料3,000円
  • 毎月の追加料金は、データSIMの場合0円/月、SMS機能は140円/月、通話機能は700円/月
  • 追加SIM3枚目以降は、SIM利用料金として200円/月

データSIMあるいはSMS機能付きの追加であればいいのですが、通話機能SIMを追加する場合は、むしろ別々に契約したほうが月額料金が安くなることがあります。

分かりやすいように、8GB、20GB、40GB、50GBの場合を一覧表にまとめてみました。

シェア音声プラン(音声プラン)と個別の音声プランとの料金比較(税別)
データ量シェア音声プラン2人が音声プラン3人が音声プラン4人が音声プラン
8GB2人でシェア 3,680円
3人でシェア 4,380円
3,160円
-
-
4,340円
-
-
20GB2人でシェア 5,680円
3人でシェア 6,380円
5,960円
-
-
6,640円
-
40GB2人でシェア 8,980円
3人でシェア 9,680円
4人でシェア 10,580円
9,360円
-
-
-
10,640円
-
-
-
11,920円
50GB2人でシェア 11,800円
3人でシェア 12,500円
4人でシェア 13,400円
10,760円
-
-
-
12,040円
-
-
-
12,920円

参照:イオンモバイル「シェア音声プラン」
イオンモバイル「シェア音声プラン簡単料金シミュレーション」

表の太字部分は、シェア音声プランのほうが、個別の音声プランよりも月額料金は高くなっています。

たとえば、シェア音声プラン50GBを2人でシェア、通話機能SIMカード1枚を追加で、月額料金は11,100円+700円=11,800円/月になります。

ところが、50GB を3人でシェアすると、11,100円+700円+700円=12,500円/月もかかってしまいます。

もし2人とも音声プランであれば、4,680円(20BG)+6,080円(30GB)で、合計10,760円/月になり、3人それぞれが音声プランなら、2,120円(8GB)+2,820円(12GB)+6,080円(30GB)の場合、合計12,040円/月ですみます。

音声プランをどう選ぶかにもよりますが、シェア音声プランのほうが高くなる場合があるので、通話機能SIMを追加する場合は、契約前に料金のシミュレーションをしておきましょう。

イオンモバイル「シェア音声プラン簡単料金シミュレーション」から月額料金(税込)が簡単にシミュレーションできます。

イオンモバイル公式ページ

イオンモバイル オプションまとめ

イオンモバイルのオプションまとめ

イオンモバイルは料金プランを決めてから、必要なオプションを付けることが可能です。

さまざまな状況を設定していろいろなオプションが準備されているので、自分に必要なものだけを選びましょう。

下記にイオンモバイルのオプションを一覧にしました。

オプション料金と内容

イオンモバイルで契約できるオプションは次の通りです。

オプション料金と内容
サービス名月額料金サービス内容
イオンスマホ安心保証350円
or
450円
自然故障から、水濡れや落下などのうっかりミスによる故障まで、負担金4,000円(または7,000円)で同一機種同一カラーの端末に交換
イオンスマホ電話サポート300円初期設定やアプリ設定などの疑問を「操作サポート」「遠隔サポート」「出張サポート」で解決
(「出張サポート」には別途費用が必要)
イオンスマホセキュリティ150円リアルタイムでウィルススキャン
端末にたまった不要なファイルなどを一括クリア
当月のパケット使用量を簡単チェック
イオンスマホ安心パック600円
or
700円
イオンスマホ安心保証+イオンスマホ電話サポート+イオンスマホセキュリティをセットにして、お得な料金設定
イオンモバイル持ちこみ保証550円
or
650円
・端末の持ち込み利用でも、自然故障・水濡れ・破損の全てを保証
・保証対象のスマートフォンに変更する際も同一OSなら別途追加料金なし
イオンでんわ0円イオンモバイル公式アプリ「イオンでんわ」の利用で、音声通話料が半額。国内通話の場合、一律10円/30秒
イオンでんわ10分かけ放題850円イオンモバイル公式アプリ「イオンでんわ」から発信することで、10分以内の通話がかけ放題
050かけ放題1,500円IP電話サービスを利用した電話かけ放題サービス
※国内なら24時間、何時間でも通話し放題
イオンモバイル速度切り替え0円アプリ利用で、マイページへのログインなしで簡単に高速通信のON/OFFが可能
子どもパック150円子どもがスマホを安全に使うためのアプリと人気の学習アプリ、合計11のアプリをセットしたお得なパック
アプリ超ホーダイ360円人気の有料アプリ100タイトル以上が月額固定で使い放題
スマート留守電290円通常の留守番電話サービスだけでなく、テキストでの表示・管理もできる高機能留守番電話サービス
留守番電話300円留守番電話サービス
割り込み電話着信200円NTTドコモの「キャッチホン」相当のサービス
SMS140円電話番号を宛先にして、ショートメッセージを送受信できるサービス
データ容量追加1GB 480円/回1GBから追加可能

参照:イオンモバイル「オプション」

ここからは、筆者が特におすすめするオプションサービスに絞っていくつかご紹介いたします。

イオンスマホ安心保証:イオンモバイルで契約の対象スマホの端末補償

イオンモバイル「オプション」https://aeonmobile.jp/option/
画像引用:イオンモバイル「オプション」

「スマホを水の中に落としてしまった!」「落とした拍子に液晶画面が割れてしまった!」

そんな緊急事態に安心なのが「イオンスマホ安心保証」です。

イオンモバイルで販売される指定端末なら、自然故障も、水濡れや落下などのうっかりミスによる自損故障や破損も、月額料金350円、自己負担金4,000円で、同一機種同一カラーの端末に交換してもらえます。

HUAWEI P9、Xperia J1 Compactの場合は、月額料金450円、交換のための自己負担金7,000円になります。

これはイオンモバイル契約時または契約より14日以内に限り加入できる保証です。

端末のみの購入や、それまで使っていた端末を利用する場合なら、「イオンモバイル持ち込み保証」があります。

イオンスマホ安心パック:3つの安心がセットになって料金が割安

「イオンスマホ安心保証」「イオンスマホ電話サポート」「イオンスマホセキュリティ」の3つの安心を1つにセットしたサービスです。

1.イオンスマホ安心保証自然故障から、水濡れや落下などのうっかりミスによる故障まで、自己負担金4,000円で同一機種同一カラーの端末に交換
(HUAWEI P9、Xperia J1 Compactの場合は、交換の自己負担金7,000円)
2.イオンスマホ電話サポート初期設定やアプリ設定などの疑問を「操作サポート」「遠隔サポート」「出張サポート」で解決
(「出張サポート」には別途費用が必要)
3.イオンスマホセキュリティリアルタイムでウィルススキャン
端末にたまった不要なファイルなどを一括クリア
当月のパケット使用量を簡単チェック

「イオンスマホ安心パック」は、個別に申し込むより、月額料金が800円→600円(あるいは950円→700円)と安くなってお得な、イオンモバイルオススメの安心セットです。

加入日より最大31日間は無料で利用できます。

イオンモバイル持ちこみ保証:端末の持ち込み利用でも、自然故障・水濡れ・破損の全てを保証

イオンモバイル「オプション」https://aeonmobile.jp/option/
画像引用:イオンモバイル「オプション」

「イオンモバイル持ちこみ保証」は、今使っているスマホ・タブレットを持ち込んでSIMカードのみ契約する場合に利用したい保証サービスです。

主要キャリアモデルはもちろん、iPhoneや日本国内で使用が認められているスマートフォン・タブレットに対応するサービスで、イオンモバイル解約時まで保証は続き、メーカー保証が切れても大丈夫。

月額料金は、Android/Windows端末は月額550円、iOS端末は月額650円で、自然故障・水濡れ・破損の全てが保証されます。

自己負担金は次のとおりです。

  • 修理可能の場合、自己負担0円
  • 端末交換(Android/Windows端末)の場合、1回目自己負担4,000円、2回目自己負担8,000円
  • 端末交換(iOS端末)の場合、自己負担12,000円

修理・交換合わせて、年2回まで利用できます。

保証対象の端末を変更する場合、同一OSなら別途追加料金は発生しません。

希望すれば、修理期間中は無料貸出機を用意してもらえます。

イオンでんわ10分かけ放題: 1回10分以内の国内通話が無料

国内通話であれば、通話相手が固定電話でも携帯電話でも、1回10分以内の通話が何度でも無料です。

ただし、1回の通話時間が10分を超えると30秒10円となります。

国際電話はこのサービスの対象外です。

なお、110、119等の緊急電話、0120、0800、0570など、一部発信できない電話番号があるのでご注意ください。

050かけ放題:IP電話サービスで国内通話は何時間でも無料

イオンモバイル「オプション」https://aeonmobile.jp/option/
画像引用:イオンモバイル「オプション」

IP電話サービスを利用した電話かけ放題サービスで、国内であれば、一般加入電話・携帯電話・PHS・IP電話へ24時間、何時間でも通話し放題です。

IP電話なので、データ通信のみのプランでも利用できます。

新たに050電話番号がもらえるので、仕事とプライベートの使い分けなども可能です。

ただし、IP電話なので繋がりやすさは通常の回線通話より劣ってしまうことも。

加入時に、登録事務手数料1,000円が必要ですが、解約金は不要です。

データ容量追加:1GBあたり480円

データ容量が不足した場合、1GB 480円/回で追加できます。

ただ、申し込み月のみ有効なので、追加分が余った場合でも翌月への繰り越しはできません。

イオンモバイル公式ページ

イオンモバイルの通話料金と通話料金を抑えるコツ2つ

イオンモバイルの通話料金を抑えるコツ

イオンモバイルの通話料は他の多くの格安SIMと同じく国内通話20円/30秒ですが、オプションサービスを使うことで、通話料金を抑えることができます。

1.「イオンでんわ」アプリは利用必須

イオンモバイル「オプション」https://aeonmobile.jp/option/
画像引用:イオンモバイル「オプション」

イオンモバイル公式アプリ「イオンでんわ」を使うことで、音声通話料が半額になります。通話をする人には必須のアプリです。

電話回線の利用なので、音質も良く、使用感は快適。

自分の電話番号はそのままで、相手の番号の最初に「0037-691」(プレフィックス番号)を付けて発信しますが、スマホに登録されている電話帳に同期しているので、アプリをインストールしておけば手間をかけずにかけられます。

登録料、基本料は無料。国内通話は一律10円/30秒です。

国際電話も、アプリから「国番号+相手先電話番号」を入力するだけで海外への通話が可能で、次の32ヵ国・地域への通話は一律10円/30秒とお得です。

対応する国・地域

韓国、香港、シンガポール、中国、台湾、マカオ、フィリピン、ブルネイ、インドネシア、マレーシア、タイ、ベトナム、アラスカ、アメリカ(本土)、カナダ、ブラジル、オセアニア、ハワイ、グアム、サイパン、オーストラリア、ニュージーランド、フランス、ドイツ、イギリス、イタリア、バチカン、ベルギー、ギリシャ、オランダ、スペイン(スペイン領土北アフリカ、カナリア諸島を含む)、スイス、ロシア連邦

2.通話の回数が多いなら「イオンでんわ10分かけ放題」がお得

よく電話をする人なら、「イオンでんわ10分かけ放題」サービスを付けておきましょう。

月額料金850円で、国内通話なら相手が固定電話でも携帯電話でも、1回10分以内の通話が何度でも無料です。

ただし、1回の通話時間が10分を超えると30秒につき10円かかります。

国際電話はサービスの対象外です。

イオンモバイル公式ページ

イオンモバイルの料金明細確認・料金プラン変更の方法

イオンモバイルでは料金明細書と請求書の発行は行っていません。明細を知りたい時にはWebから確認する必要があります。

また、料金プラン変更については、データ容量変更の場合はWebからの手続きで変更できます。

イオンモバイル料金明細の確認方法

料金明細や請求額は、お客様IDとパスワードでマイページにログインして確認します。

イオンモバイル料金プラン変更の方法と注意点

料金プラン変更については、2017年からデータ容量の変更がWebで可能になりました。

お客様IDとパスワードでマイページにログインして手続きします。

音声プランからデータプランへの変更をはじめとする、その他の変更については、契約即日お渡し店舗またはお客さまセンターに申し込む必要があります。

イオンモバイルお客さまセンター

TEL:0120-025-260  受付時間:10:30 ~ 19:30(年中無休)

まとめ

格安SIMイオンモバイルの料金プランとオプション内容をくわしく紹介しました。

イオンモバイルの特徴は次の3つ。

  • 料金が業界最安のDMMモバイルに匹敵する安さで、期間の縛りなし。しかも高速通信
  • データ通信量ごとに料金プランが細かく設定されているので、自分の利用量にぴったり!が選べる
  • 自分に必要なものだけをオプションから選ぶ、だから料金プランに無駄がない

通話を安く済ませられるイオンモバイル公式アプリ「イオンでんわ」と、「イオンでんわ10分かけ放題」サービスもあるので、よく電話をする人にはうれしいですね。

付帯できるスマホの保証も充実していて、格安SIMながら安心して利用できます。

近くにイオン店舗があれば、契約後のストレスが少なくなるメリットもあります。

なお、イオンモバイルのメリットやデメリットに関しては、以下の記事でも紹介していますので、ぜひあわせてご覧ください。

[関連記事]格安SIMオタクが教える!イオンモバイルの契約前に知っておくべき10の真実のサムネイル
格安SIMオタクが教える!イオンモバイルの契約前に知っておくべき10の真実
ソルディのファビコンwww.soldi.jp

イオンモバイル公式ページ

おすすめ格安SIM5選!

  • Y!mobile
  • キャリアなのに安い・かつ速いと言うイイトコ取りサービス
  • 公式サイトへ
  • UQモバイル
  • auのサブキャリア! Web限定で5,000円の高額キャッシュバックも実施中!
  • 公式サイトへ
  • mineo
  • サービス満足度1位! 安定性が自慢かつ、キャンペーン適用で最安値クラスに!
  • 公式サイトへ
  • BIGLOBEモバイル
  • クーポンコード【DGC】入力で豪華特典プレゼント!
  • 公式サイトへ

この記事の著者

編集

Soldi編集部

Soldi編集部は「おうちのお金をスマートに」をコンセプトにコンテンツの配信を行っています。

※当サイトに掲載している情報は、万全の保証をいたしかねます。
機器、サービスの価格、スペック等の詳細情報は、必ず各公式サイトでご確認ください。

【完全版】自分に合った格安SIMが見つかる!

【28社比較】おすすめのWiMAXプロバイダはこれ!