Menu

【2分でわかる!】アパートでインターネットを利用する手順や費用を徹底解説

アパートの外観

一人暮らしの人や学生、新婚家庭にも人気のアパートですが、今や必須となっているインターネットが使えるのかどうかは気になるところですよね。

もし、あなたが、今住んでいるアパートや引っ越し先のアパートで

  • インターネットが使えるのかな?
  • 使えるのであれば、料金はどうなるんだろう?
  • インターネットを利用するときの手順や注意すべきことは?
  • インターネットが使えないときはどうすればいいの?

と悩んでいるなら、この記事が役に立ちます。

この記事では、

  • アパートのインターネット導入状況の確認方法
  • アパートで利用できる代表的な光回線
  • アパートでインターネットを利用するときに必要な費用・手順・注意事項
  • 固定回線以外の選択肢

について、くわしく解説しています。

最後まで読めば、アパートでインターネットを利用する際の料金や気を付けるべきことがわかり、スムーズに申し込み手続きができるようになります。

2、3分で読める内容なので、ぜひチェックしてくださいね。

まずはアパートのインターネット状況を確認

アパートの外側からネットをつなぐ様子

今住んでいるアパート、または引っ越し先のアパートでインターネットを利用したいと考えている場合、

  • そのアパートでインターネットが既に導入されているか
  • 導入されていない場合、新規で導入することが可能なのか

という点を確認する必要があります。

まずは、アパートの大家さんや管理会社などに問い合わせてみましょう。

その結果によって、以下に示す章の内容も参考にしてください。

事前に確認が必要な物件資料の表記の違い

アパート物件を探す際に、「インターネット対応・光ファイバー対応・インターネット完備」といった表記を目にしたことはありませんか?

どれも「すぐにインターネットが使える」と思いがちですが、実はこれらには明確な違いがあります。 

インターネット対応/光ファイバー対応

「インターネット対応」と書かれている物件は、アパートの共用スペースまで回線工事が完了しています。

そのため、そのインターネット回線を利用希望であれば、個人で申し込むことができます。

また、「光ファイバー対応」は、共有スペースまで引き込まれているのが光ファイバーである、ということを指します。

そして、「インターネット対応」、「光ファイバー対応」いずれの場合でも、以下のことに注意が必要です。

  • インターネット利用の申し込みは、自分で行う必要がある
  • 共用スペースから自分の部屋まで回線を引き込む工事が必要となる
      → 工事費は自己負担となり、工事当日の立ち会いが必要な場合もある
  • インターネット回線によっては、別途プロバイダの申し込みも必要となる

したがって、初期費用や月額利用料のことも念頭に置いて申し込むことが重要です。

また、入居してすぐにインターネットが利用できるわけではないため、

  • 引っ越し日が決まり次第、早めに申し込んでおく
  • プロバイダも前もって申し込んでおく

などの準備をおすすめします。

インターネット完備

「インターネット完備」と書かれてある物件は、共用スペースから各部屋までの回線も設置ずみで、ケーブルやパソコンをつなぐだけですぐにインターネットが利用できるのが特徴です。

それに加えて、インターネット回線の申し込みやプロバイダとの契約も不要なので、手間も工事費もかかりません。

また、ほとんどが家賃にインターネット利用料を含んでいるため、毎月の利用料を考えずにすみます。

このように、「インターネット完備」の物件は、一見、良いことずくめに思えますが、満足のいく速度が出ない場合も少なくありません。

また、プロバイダも決まってしまっているので、メールアドレスを変更しなければならないというデメリットもあります。

すでにインターネットが開通している場合確認しておきたいこと

すでにマンションに特定のインターネット回線が導入されている場合は、先ほど触れた「インターネット対応」なのか「インターネット完備」なのか以外にも、確認しておくべきことがあります。

利用できるプランの料金と速度

マンションに導入されているインターネット回線について確認しておきたいことは、以下の2つです。

  1. インターネット回線の名称
  2. 利用できるプランとその料金

この2つがわかれば、その回線の公式ホームページで詳細を確認したりネットなどで口コミを見たりすることで、快適に利用できるかどうかがある程度判断できます。

そして、残念ながら

  • 月額料金が安い反面、低速のプランしか使えない
  • 混雑しがちな回線である(遅いことが多い)

といった回線なのであれば、無理に申し込まず、WiMAXなどの無線回線を利用するのも選択肢のひとつです。

WiMAXについては、後述の「アパートに環境がない場合や手軽に利用したい人にはWiMAXもおすすめ」を参照してください。

なお、大きめのアパートであれば、複数の回線が導入されている場合もあるので、しっかりと比較検討しましょう。

また、すでに導入されているインターネット回線以外に、新規で別の回線を申し込めるかどうかも確認すると良いですね。

新規回線の導入が可能なのであれば、次章の「アパートでインターネットを利用できる光回線を比較」や、「アパートでインターネット利用するときに必要な費用」も参考にしてください。 

アパートでインターネットを利用できる光回線を比較

窓を開けてパソコンを触る女性

では、アパートで利用できるインターネット回線にはどのようなものがあるのでしょうか。

ここでは、代表的な3回線と、地域限定の回線についてご紹介します。

  • auひかり:独自回線を持ち、全国展開している
  • NURO光:下り最大2Gbpsという速度と手頃な料金設定が人気だが、東名阪エリア限定
  • フレッツ光:NTTが提供している最も有名なインターネット回線
  • 地域限定の回線:各地域の電力会社系のインターネット回線

いずれも、さまざまな料金プランを提供しているので、各プランとその月額料金を表にまとめました。

auひかり/NURO光/フレッツ光

auひかり、NURO光、フレッツ光の速度や料金プランについて、ご紹介します。

なお、フレッツ光はプランが複雑になっていること、NTT東日本とNTT西日本でプランおよび料金が異なることから、別表でくわしく示しています。

auひかりNURO光(※1)フレッツ光
2階建て以下
(NURO光)
8階建て以上
(NURO光forマンション)
下り最大速度1Gbps/100Mbps
(※2)
2Gbps1Gbps/200Mbps/
100Mbps
月額料金タイプV、都市機構:3,800円
タイプE:3,400円
タイプF:3,900円
ギガ:4,050円
ミニギガ:5,000円
4,743円(※3)4人~6人:2,500円
7人:2,400円
8人:2,300円
9人:2,200円
10人以上:1,900円
東日本:2,500円~4,350円+プロバイダ利用料(別表参照)
西日本:3,100円~4,500円+プロバイダ利用料(別表参照)
提供エリアほぼ全国東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬、愛知、静岡、岐阜、三重、大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良ほぼ全国

※表示価格は、特に記載がある場合を除いて全て税抜となります。
※1.3階建て以上7階建て以下のアパート・マンションは、NURO光/NURO光forマンションのいずれかとなる。
※2.マンションギガ/マンションミニギガタイプは1Gbps、それ以外のタイプは100Mbps。
※3.2年間の継続契約の場合。
参照:au「マンション タイプV | auひかり マンション:インターネット回線」
参照:au「マンション 都市機構 | auひかり マンション:インターネット回線」
参照:au「マンション タイプE | auひかり マンション:インターネット回線」
参照:au「マンション タイプF | auひかり マンション:インターネット回線」
参照:au「マンション ギガ | auひかり マンション:インターネット回線」
参照:au「マンション ミニギガ | auひかり マンション:インターネット回線」
参照:NURO光「料金・スペック | NURO 光 for マンション」
参照:NURO光「光回線インターネットNURO 光」
参照:NTT西日本「フレッツ・光プレミアム マンションタイプ|フレッツ光公式」
参照:NTT西日本「料金・価格のご案内|フレッツ・光プレミアム(FTTHアクセスサービス) マンションタイプ|フレッツ光公式」
参照:NTT東日本「サービス内容(集合住宅・マンション向け) | フレッツ 光ネクスト | フレッツ光」

フレッツ光(NTT東日本)の場合
プラン
【下り最大速度】
方式プラン1
(8契約以上)
プラン2
(16契約以上)
ミニ
(4契約以上)
プロバイダ
利用料
フレッツ 光ネクスト ギガマンション・スマートタイプ【1Gbps】ひかり方式3,750円3,350円4,350円500円~950円
フレッツ 光ネクスト マンション・ハイスピードタイプ【200Mbps】ひかり方式3,250円2,850円3,850円
フレッツ 光ネクスト マンションタイプ【100Mbps】VDSL方式3,250円2,850円3,850円
LAN方式2,900円2,500円3,500円

※表示価格は、特に記載がある場合を除いて全て税抜となります。
参照:NTT東日本「料金 集合住宅向け(マンション) | フレッツ 光ネクスト | フレッツ光」
参照:NTT東日本「フレッツ光 LAN配線方式の場合 集合住宅向け(マンション) | フレッツ光」
参照:NTT東日本「料金(集合住宅向け) | フレッツ 光ネクスト ギガマンション・スマートタイプ | フレッツ光」

フレッツ光(NTT西日本)の場合
プラン方式プラン1
(8契約以上)
プラン2
(16契約以上)
ミニ
(6契約以上)
プロバイダ
利用料
マンション・スーパーハイスピードタイプ隼【1Gbps】ひかり方式3,700円3,200円4,500円500円~950円
マンション・ハイスピードタイプ【200Mbps】ひかり方式3,700円3,200円4,500円
マンションタイプ【100Mbps】ひかり方式3,700円3,200円4,500円
VDSL方式3,700円3,200円4,500円
LAN方式3,100円2,600円3,900円

※表示価格は、特に記載がある場合を除いて全て税抜となります。
参照:NTT西日本「サービスメニュー|フレッツ 光ネクスト|フレッツ光公式」

地域限定の回線:電力会社系の光回線

各地域の電力会社系列のインターネット回線は、提供エリアが特定地域のみとなるため、全国展開している回線に比べて混雑しにくいというメリットがあります。

以下に、2018年9月現在で提供されている電力会社系の光回線(集合住宅向け)をまとめました。

なお、電力会社系の光回線は、ネットと電話をセットで申し込むとauの携帯電話・スマホの利用料金が最大2,000円割引となる「auスマートバリュー」の対象です。

そのため、月額料金は「ネット+電話」の合計金額を記載しています。

auスマートバリューの適用が不要で、固定電話も必要ないという場合は、月額料金から500円を差し引いて見てください。

光回線提供エリア下り最大速度月額料金(※1)
コミュファ光
(中部電力系)
三重・愛知・静岡・岐阜1Gbps5,550円
300Mbps5,050円
30Mbps4,110円
eo光
(関西電力系)
大阪・兵庫・京都・奈良・和歌山・滋賀・福井の一部100Mbps3,810円
Pikara
(四国電力系)
香川・徳島・愛媛・高知1Gbps/100Mbps4,500円(※2)
MEGA EGG
(中国電力系)
広島・岡山・山口・島根・鳥取1Gbps2,500円~4,500円(※3)
100Mbps2,500円~4,500円(※3)
BBIQ
(九州電力系)
福岡・大分・熊本・宮崎・鹿児島・長崎・佐賀1Gbps3,300円/4,600円(※4)

※表示価格は、特に記載がある場合を除いて全て税抜となります。
※1.すべて「ネット+電話」の合計金額を示す。
※2.「ずっトク割」適用時。
※3.ファミリーコース、3年契約時。契約年数、1棟あたりの契約数によって金額が異なる。
※4.「つづけて割ビッグ(5年契約)」時の2~12か月目までの料金/13か月目以降の料金を示す。
参照:コミュファ光「集合住宅にお住まいの方 | 料金・サービス内容」
参照:eo光「コース案内・初期費用|eo光ネット(マンション向け)」
参照:ピカラ光「auスマートバリュー(光ねっとフラットコース適用)」
参照:メガ・エッグ「料金|光ネット[マンション](集合住宅)」
参照:「ギガコース(1ギガ) | 光インターネット」
参照:BBIQ「光電話」

アパートでインターネット利用するときに必要な費用

パソコンの上に置かれたお札と建物の模型

ここまで、アパートでインターネットが利用できるのか、アパートで利用できる光回線にはどんなものがあるのか、などを見てきました。

ここでは、実際にアパートでインターネットを利用するときの費用や手順について確認していきましょう。

新規で申し込む場合

共有スペースまで回線が導入されている「インターネット対応」のアパートで、その回線を新規で申し込む場合は、「インターネット対応/光ファイバー対応」でも触れたように、

  • 開通工事および工事費
  • 初期手数料
  • 月額料金

などが必要となります。

これらの費用を確保しておくと共に、工事日までにある程度の日数が必要となる場合が多いので、早めに申し込むことが肝心です。

特に、引っ越しが集中する時期には、開通までにかなり待たされる可能性もあります。

アパートにインターネットを新たに開通させる手順

では、次に、

  • アパートにまったくインターネット回線が導入されていない場合
  • 導入されている回線では不満なので別の回線を開通させたい場合

はどうすればいいのでしょうか。

インターネット回線を新たに開通させる手順を見ていきましょう。

管理会社や大家さんに確認する

まずは、新しい回線を導入してもいいかどうかを、管理会社や大家さんに確認することが必要です。

なぜなら、共有スペースまでの回線の引き込みには、必ず工事が伴うからです。

そのため、

  • 工事が許可されるか
  • 工事の立ち会いを頼めるか
  • 工事費を負担してもらえるか

などもきちんと確認しておきましょう。

また、小規模住宅向けのプランであれば、共有スペースを経由せずに直接部屋に引き込む方法をとる場合もあります。

この場合も、壁に穴を開ける必要があるため、必ず管理会社または大家さんの許可を得ておきましょう。

申し込みたい光回線を申し込む

管理会社や大家さんの許可が得られれば、申し込みたい光回線に申し込みます。

先ほども述べましたが、申し込みから開通工事までには日数を要するため、できるだけ早めに申し込みましょう。

工事の日程を決める

申し込み時、あるいは後日、工事の日程が決められます。

立ち会いが必要となる場合は、必ず予定を開けておきましょう。

中には、有料で土日祝日に工事を実施してもらえるところもあるので、忙しい人は利用すると良いですね。

そして、工事が終われば、モデムやルーターなどの機器を接続し、パソコンでの設定をすれば、インターネットが利用できるようになります。

設定ガイドなどに沿って行えば、接続作業はそれほど難しくありませんが、苦手な人は有料設定サービスなどを利用することをおすすめします。

アパートに環境がない場合や手軽に利用したい人にはWiMAXもおすすめ

UQ mobile「UQ WiMAX|UQコミュニケーションズ
画像引用:UQ mobile「UQ WiMAX|UQコミュニケーションズ」

もし、以下のような状況であるなら、WiMAXもおすすめです。

  • アパートにインターネット環境がなく、今後も導入される見込みがない
  • アパートにインターネット環境がないが、大家さんや管理会社に導入の許可をもらうことや、イチから工事をしてもらうのは面倒
  • 引っ越しが多いので手軽に利用できるインターネット回線が希望
  • NURO光に魅力を感じるが、アパートが提供エリア外

WiMAXはUQ mobileが提供しているインターネット回線で、携帯できる専用Wi-Fiルーターで下り最大440Mbpsの通信が利用できます。

※地域によっては、220Mbps/110Mbpsでの利用となります。また、東名阪の一部エリアでは758Mbpsも利用可能です。

ルーターを家に持ち帰り、電源を入れるだけですぐに利用できるため、面倒な工事は一切不要なのも嬉しいポイント。

インターネット環境が整っていないアパートだけでなく、工事の立ち会いが難しい多忙な人、業者を室内に立ち入らせたくない一人暮らしの女性でも、手軽に安心して利用できます。

また、ルーターはとてもコンパクトなので狭いワンルームでも置き場所を取らず、ルーターの種類によってはバッグの中に入れても邪魔にならない大きさのため、外出先でも手軽に利用できるのも嬉しいポイント。

なお、WiMAXは月額最大1,000円が割り引かれる「auスマートバリューmine」の対象なので、auユーザーには特におすすめです。

提供エリア

WiMAXはほぼ全国で利用できますが、山間部など住居数が限られた地域では提供されていないこともあります。

しかし、提供エリアは順次拡大しているので、最新のエリア情報をホームページで確認しましょう。

料金プラン

WiMAXの料金プランは、ひと月に利用できる高速データ通信容量が異なる2種類が提供されています。

  • UQ Flatツープラス ギガ放題(4,380円/月):データ量の上限がなく使い放題
  • UQ Flatツープラス(3,696円/月):月7GBの高速データ通信が可能

そして、「UQ Flatツープラス ギガ放題」には、2年契約プラン/3年契約プランの2種類が、「UQ Flatツープラス」には、2年契約プラン/3年契約プラン/4年契約プランの3種類があります。

どの契約プランも月額料金は同じですが、3年契約プラン/4年契約プランを選ぶと、LTEオプション料金(1,005円/月)が無料となります。

LTEオプションを申し込むと、地下街や山間部などWiMAXがつながりにくい所でも、auの4G LTE(800MHz)でつながるため、より一層、幅広いエリアでインターネットを楽しむことができます。

UQコミュニケーションズ「料金・サービス
画像引用:UQコミュニケーションズ「料金・サービス|【公式】UQ WiMAX」

固定回線に負けないコスパ

先ほどご紹介したように、auひかりやフレッツ光で下り最大100Mbpsのプランを選んだ場合の月額料金は、

  • auひかり:3,400円~3,900円/月
  • フレッツ光(東日本):3,000円~4,800円/月
  • フレッツ光(西日本):3,100円~5,450円/月
    ※フレッツ光はプロバイダ利用料を含んだ金額を示します。

となっています。

月額料金だけを比較すれば、WiMAXはauひかりやフレッツ光に比べて必ずしも安いとは言えません。

しかし、WiMAXは下り最大440Mbpsなので、速度を含めて見れば固定回線に負けないコスパと言えます。

もちろん、引っ越しの度に工事費がかかることもありません。

普段、あまりインターネットを使わないのであれば「UQ Flatツープラス」にすればよりコストを押さえられますね。

そして、引っ越しの多い人やデータ容量を気にせずに使いたい人は、「UQ Flatツープラス ギガ放題」を3年プランで契約することをおすすめします。

そうすれば、全国どこに引っ越してもLTE接続(無料)でカバーできるので、気軽かつ快適にインターネットを楽しむことができます。

安定度は固定回線に劣る:15日間無料で試してみよう

多くのマンションに導入されている下り最大100Mbps/200Mbpsの固定回線に比べれば、WiMAXの440Mbpsは確かに速いイメージがあります。

しかし、WiMAXは携帯電話などと同じ無線で通信するシステムのため、固定回線(有線の引き込み)に比べて通信品質が不安定になりがちというデメリットも。

自宅や自宅周辺の環境でどの程度の通信品質が望めるのかは、実際に試してみないとわかりません。

そこで、快適に使えるのかどうか気になる人は、15日間ルーター無料貸し出しサービスを利用してみましょう。

公式ホームページの「無料お試し」ページの下の方に以下の申し込みボタンがあるので、申し込んでみてください。

UQ WiMAX「Try WiMAX|超高速モバイルインターネットWiMAX2+」
画像引用:UQ WiMAX「Try WiMAX|超高速モバイルインターネットWiMAX2+」

まとめ

では、ここまでの内容をおさらいします。

  • アパートでインターネットを利用する前には、そのアパートのインターネット状況を確認することが重要
    • 回線名・料金プランなど
  • 物件資料の表記に注意する
    • インターネット対応/光ファイバー対応:個別に申し込みが必要、工事費・月額料金も個人負担となる
    • インターネット完備:各部屋まで開通しているので申し込み不要ですぐに利用でき、工事費も不要(月額料金は家賃に含まれる場合が多い)
  • アパートでインターネットを利用できる光回線
    • auひかり/NURO光/フレッツ光/電力会社系の光回線など
  • 新たにインターネットを開通させる場合は、必ず管理会社や大家さんに確認する
  • アパートに環境がない場合や手軽に利用したい人にはWiMAXもおすすめ

これで、今住んでいるアパートや、引っ越し先のアパートでインターネットがスムーズに利用できますね。

自分の部屋でくつろぎながら、快適なインターネットライフを楽しんでください。

※当サイトに掲載している情報は、万全の保証をいたしかねます。
機器、サービスの価格、スペック等の詳細情報は、必ず各公式サイトでご確認ください。

【完全版】自分に合った格安SIMが見つかる!