Menu

auスマホが1980円で使えるって本当?ピタットプラン全情報

3人の男女がPLANを考えているイメージ

auが格安スマホへの乗り換えストップに対抗してリリースした「1980円のピタットプラン」。

本当なら、auユーザーにとってとても魅力的な話です。

しかし、これまでの価格とインパクトが大きいだけに

  • オプションなどが乗ったら結局高くなるんじゃない?
  • 格安スマホとどっちがいいの?

と心配に思っていないでしょうか。

そこで今回、格安スマホとauピタットプランを両方契約してみた筆者が、以下の疑問にお答えします。

この記事ではこんな疑問に答えます!

  • auピタットプランのプラン概要が知りたい
  • ピタットプランは本当にお得なの?
  • 格安スマホとピタットプラン、どちらにメリットが大きい?

ピタットプランとは何か:基本を解説

auのピタットプランとは、結論から言うと下記の図のように 使用量に応じて段階的な料金が設定されているプランです。

データ使用量が月に1GBまでであれば、1年間は1980円/月で使えます。

具体的にどうなるかは、下の図を見てください。

au ピタットプラン利用データ別料金表

※画像引用: auピタットプラン | 料金・割引:スマートフォン・携帯電話 | au

表に記載されている通り、データ使用量が1GB以下から最大20GBまでの5段階設定になっています。

ピタットプランでは月々の料金にどのようなメリットが出るのか、見ていきましょう。

ピタットプランのメリット(1):データ料金のムダがない

ピタットプランの一番のメリットとして、「使ったデータ量に合わせた料金を支払える」点が挙げられます。

従来の料金体系「データ定額」の場合、データ量が月間1、2、3、5GB…と決められていて、料金も毎月一定です。

そのため、たとえばデータ定額(5GB)で契約している場合だと、

データ定額(5GB)で契約している場合の注意点

  • 今月は2GBしか使わなかったけど当然料金は5GB分払う
  • 5GBを超過してしまったので128Kbpsの速度制限、解除するために追加で割高のデータを購入

といったケースが発生します。

余ったデータを繰り越しできる仕組みもありますが、期限は翌月末までなので、結局 使い切れずに消えてしまうことも多いです。

その点ピタットプランは、 自分が使ったデータ量に合わせて毎月の料金が自動的に変動するのが最大の特徴です。

0~20GBまでの範囲なら、月によって使用量が多くても少なくても無駄のない料金プランで支払えます。

ピタットプランのメリット(2):通話なしの「シンプルプラン」が選べる

ピタットプランの通話料金体系は、従来の 

  • カケホ(国内通話が全て無料)…2,700円/月
  • スーパーカケホ(1回5分の通話がかけ放題)…1,700円/月

のほかに、「シンプル」というかけ放題が含まれないタイプが追加されました。

これもピタットプランのメリットのひとつです。

これまでのauでスマートフォン(LTE)を利用する場合、カケホかスーパーカケホのいずれかを選択し、そこにデータ定額をプラスする形でした。

かけ放題なしで934円/月の「LTEプラン (※ただしau内なら1~21時は無料)」もありますが、「LTEフラット」と必ずセットで申し込まなければならず、データ量は5,700円/7GBの1種類のみです。

そのため、
「そんなにデータ通信は使わないし、電話もしないんだけど…」
というライトユーザーにピッタリ合うプランがありませんでした。

その点ピタットプランの場合、かけ放題なしの「シンプル(通話料金は30秒につき20円の従量制)」が設定されたので、無駄な通話料を払う必要がなくなります。

電話自体をほとんどしない人はもちろん、通話をアプリで済ませている人にもおすすめです。

ピタットプランのメリット(3):2018年5月末まで ビッグニュースキャンペーン中

auビックニュースキャンペーン

※画像引用: au ビッグニュースキャンペーン

ピタットプランのリリースに合わせ、 auでは利用料金が1年間1,000円/月の割引になる「ビッグニュースキャンペーンを行っています。

適用対象は、

ビックニュースキャンペーンの対象者

  • 新規契約(他社からの乗り換え含む)
  • 機種変更

いずれかでのピタットプラン契約です。

auでは従来のデータ定額プランも残しているものの、今後ピタットプランをメインに据えていく予定としています。

ただし、 ビッグニュースキャンペーン自体は2018年5月末までで終了予定です。

今後別のキャンペーンとして1,000円の割引が継続される可能性はありますが、現状では不明です。

ピタットプランの利用を考えているのであれば、 ビッグニュースキャンペーンを使用すれば価格的なメリットはより大きくなります。

ピタットプランの注意点2つ

ピタットプランはオトクなプランですが、 必ずしもメリットばかりではありません。

以下で具体的な注意点を2つまとめました。

注意点1:月額1,980円はビッグニュースキャンペーン適用時のみ

月額1,980円!と銘打たれているからこそ、格安スマホとの比較でピタットプランが気になった人が多いと思います。

しかし月額1,980円になるのは、

月額1,980円になる条件

  • パターン1
    • スーパーカケホ(5分以内かけ放題)を選択
    • auスマートバリュー に加入している
    • 誰でも割(2年契約)適用
    • ビッグニュースキャンペーン適用

  • パターン2
    • シンプルプラン(かけ放題なし)を選択
    • 誰でも割(2年契約)適用
    • ビッグニュースキャンペーン適用

の2パターンで、 かつ月々のデータ使用量が1GB以下だった場合のみです。

auスマートバリューとは?

auスマートバリュー 組み合わせ 画像引用: auスマートバリュー

auで「インターネットの固定回線+電話」もしくは「auスマートポート(wi-fi)」を契約している場合、auのスマートフォン料金が割引になるサービス


前の章でメリットとして挙げたビッグニュースキャンペーン(1,000円割引)の適用期間は1年なので、 月額1,980円で使えるのは1年間限定になります。

ビックニュースキャンぺーンの注意点

  • 1,980円で利用するためには条件がある
  • 2年目からはビッグニュースキャンペーン適用がなくなり料金が値上がりする

以上の2点は押さえておいてください。

注意点2:毎月割が適用されない

機種変更や新規契約でスマートフォン端末を購入した場合、auでは「毎月割」が適用され月々の利用料金が割引になります。

ピタットプランの場合、この毎月割が適用されません。

ただし、

ピタットプランの場合は 毎月割が適用されない代わりに、月額390円でアップグレードプログラムEXが適用できます。

これは端末代金が48回払い(4年間)になるかわりに、25ヶ月目以降に機種変更するとそれ以降の支払いが不要になるプログラムです。

【事例】galaxy S8に機種変更する

具体的にはどういうことか、最新機種のgalaxy S8(auでの販売価格…98,160円)を例にとって見てみましょう。

ピタットプランでgalaxy S8に機種変更して25ヶ月目にまた機種変更する場合

  • 本体価格は48回払いとなるので、月々の端末代金2,045円×24ヶ月=49,080円
  • アップグレードプログラムEX 月額390円×24ヶ月=9,360円
  • 以上2つを合算して、 実質負担する端末代は58,440円

従来の定額プランでgalaxy S8に機種変更した場合

  • 端末は24回払いとなるので、月々の端末代金4,090円
  • 適用される毎月割は1,710円×24ヶ月=41,040円
  • 本体価格98,160円-毎月割41,040円= 実質負担する端末代は57,120円

このように、両者の差は1,300円ほどになりました。

機種変更せず2年間以上使い続けると損をする

ピタットプランは毎月割が適用されない代わりにアップグレードプログラムEXがあるので、負担が大きく増えるわけではありません。

ただ、あくまで24ヶ月利用したら機種変更をする前提でのシミュレーションです。

機種変更せずに使い続ければ、4年後には端末代金を満額支払うことになってしまいます。

アップグレードプログラムEXは端末代の負担が半額になりますが、あくまでも2年後の機種変更が前提だということです。

なお12ヶ月以上使えば機種変更はできますが、その場合も

  • 24回目までの分割支払金 
  • 24回目までのアップグレードEXの使用料

を払うことになるので、25ヶ月目での機種変更と負担額は変わりません。

ピタットプランをオススメする人はこんなタイプ

ここまでピタットプランのメリットや注意点を解説してきましたが、

ピタットプランにおすすめの方

  • タイプ(1) 月ごとのデータ使用量に幅がある人
  • タイプ(2)すでに毎月割の適用が終わっている人
  • タイプ(3)手厚いサポートを希望する人

以上にあてはまる人は、一度ピタットプランを検討するのをオススメします。

引き続き各タイプについて理由を解説していくので、自分に当てはまる項目をチェックしていってくださいね。

一方で、

  • とにかく通信費をおさえることを最優先に考えている人

は格安スマホのほうが向いている可能性が高いです。

ピタットプランは格安スマホへの対抗策としても打ち出されたプランですが、 価格のみ比べればやはり格安スマホのほうが有利です。

こちらについては「 格安スマホの利用の方に向いている人」の章で、筆者おすすめの格安スマホと共にくわしく解説していきます。

タイプ(1)月ごとのデータ使用量に幅がある人

「使った量に応じて月額料金が決まる」というピタットプランの最大の特徴を考えると、月々のデータ量にバラつきがある人はピタットプランに向いています。

具体的には、

「先月は1GBも使わなかったけど今月はもう3GB使っている」というような人です。

他社や格安スマホでは、データ量は固定の契約です。

1ヶ月単位での変更はもちろん可能ですが、事前に翌月のデータ使用量はなかなか予測できないのではないでしょうか?

使わなかったのに料金を払ったり、少な目の契約をして追加購入をしたりするのは「無駄」ですよね。

月によってデータ量に差がある人は、その無駄をなくせるピタットプランがオススメです。

ただしピタットプランは5GBを超えると20GBまで同料金です。

5GBを超える程度の使用だと格安スマホに比べて大きく割高になってしまうので、その場合はよく料金を比較する必要があります。

タイプ(2)すでに毎月割の適用が終わっている人

今現在auを使っていて、すでに 端末代の支払いが終わっている(=毎月割が切れている)人はピタットプランへの変更でオトクになる可能性が高いです。

ピタットプランは機種変更や新規購入の時だけではなく、機種はそのままでプラン変更の受付も可能です。

すでに端末代の支払いが終わっている場合には、毎月割が適用外になってしまう点を気にする必要がありません。

今後格安スマホへの乗り換えを検討している場合でも、まずは一度ピタットプランのシミュレーションをしてみてください。

今より月額料金が安くなる場合はすぐに変更しておくとよいでしょう。

タイプ(3)手厚いサポートを希望する人

現在キャリアを使っていて、日ごろからよくショップへ行ってサポートを受ける機会が多い人は、格安スマホではなくピタットプラン向きです。

格安スマホは店舗を持たない会社が多く、サポートはWebがメインになります。

キャリアほどのサポート体制がない分コストカットが可能で、回線を安くできるわけです。

「実店舗で直接スマホを見ながら操作を教えてもらいたい」タイプの人が格安スマホかピタットプランが迷った場合は、ピタットプランを選択したほうがよいでしょう。

ただし Y!mobileやイオンモバイル(イオン店舗内)、TONEモバイル(TSUTAYA内)のように店舗を持つ格安スマホもあります。

自宅から行きやすい場所に店舗がある場合は一度店舗に行きサポート体制を確認するのもひとつの手です。

ピタットプランの申込の流れを解説

ピタットプランを申し込む流れは以下の通りです。

ピタットプランの申し込みの流れ

  • 現在auの契約があり、プラン変更でピタットプランを申し込む
    • auショップ窓口
    • KDDIお客様センター
    • My auからWeb申し込み
      のいずれか

  • 新規契約・機種変更でピタットプランを申し込む
    • auショップ窓口
    • au online shop
      のいずれか

参照: サポート/料金プランの変更

ショップ窓口やお客様センターで申し込む場合、係員やオペレーターの指示に従って手続きをすればOKです。

格安スマホの利用の方に向いている人

ここまでピタットプランの詳しい内容や手続き方法について、一通り解説してきました。

一方で「 ピタットプランをオススメする人はこんなタイプ」の章でも触れたように、格安スマホのほうが向いているタイプの人もいます。

それが
とにかく通信費をおさえることを最優先に考えている人
です。

ここからは2つのケースで比較していきます。

~2GB/月のデータ量を使うライトユーザーの場合

月1GB以下しかデータを使わないようなライトユーザーであれば、ピタットプランは確かに1,980円/月で利用できます。

しかし、同じく1,980円を打ち出している格安スマホのほうがさらに条件が良く、価格面で有利です。

1,980円プランを積極的に売り出しているY!mobileとUQモバイルを例にとってみましょう。

Y!mobileとUQモバイルの比較
Y!mobileUQモバイル
プランスマホプランS
1,980円/月
(光回線セットならさらに500円割引)
プランS
1,980円/月
データ量2GB
(3年目以降は1GB)
2GB
(3年目以降は1GB)
通話10分以内の国内通話無料(1)5分以内の国内通話が無料
(2)60分/月の国内通話が無料(3年目以降は30分/月)
のいずれか
注意点2年目からは
2,980円/月
2年目からは
2,980円/月

2社ともデータ通信の条件はほぼ同じです。

通話面ではかけ放題が10分無料のY!mobileがやや有利です。

ピタットプランの1,980円プランのデータ量は1GB、格安スマホ2社の半分です。

また ピタットプランはかけ放題(5分)付きを選択する場合、 auスマートバリュー に加入していなければ月額1,980円にはなりません。

  • 確実に毎月1GB以下しか使わない
  • 通話は一切しない

という超ライトユーザーなら3社のうちどこを選んでも1,980円で使えますが、割合としてはかなり少ないはずです。

一般的な使い方をする場合、やはり格安スマホのほうが有利だと言えます。

月5GB~のデータ量を使うユーザーの場合

次に、月5GB以上のデータ通信をするケースです。

ピタットプランの場合、

  • かけ放題なしのシンプルで契約
  • 5GB~20GB/月のデータ量を使う

上記の条件でかかる料金は「4,980円/月(2年目以降は5,480円)」です。

一方 おすすめの格安スマホの章でも紹介する業界最安級のロケットモバイルの場合、「5GB+通話SIMで1,800円/月」になります。

同条件のピタットプランと比較すると、1年目で3,000円・2年目以降は4,000円以上も安いです。

ピタットプランは5GB~20GBが同料金なので、20GBをフルに使うようなユーザーならともかく、 5GBを超えても最大料金を支払うことになります。

これが格安スマホと比較すると特に割高になる理由です。

とにかく価格をおさえることを最優先にスマホ会社を選びたいと考えているのであれば、格安スマホが第一選択です。

では具体的にどんな会社を選べばいいのか、引き続き筆者オススメの格安スマホをご紹介していきます。

オススメの格安スマホ(1)UQモバイル

※画像引用: UQモバイル公式

UQコミュニケーションズが提供しているUQモバイル。

KDDIのグループ企業で、格安スマホはauの4G LTE回線を使用しています。

格安スマホとしては大手で、CМなどでも目にする機会も多いのではないでしょうか?

2GB/月、5分以内の通話込みで1,980円のプラン(ただし2年目以降は1GB/月・2,980円)があり、 初めて格安SIMを使うライトユーザーさんにもおすすめです。

また、5分以内の通話ではなく「月最大60分まで無料のぴったりプラン」も用意されているのが特徴で、自分の使い方に合わせた選択ができます。

UQモバイルについては以下の記事でくわしく解説しているので、ぜひあわせてご覧ください。

[関連記事]乗り換えの価値は本当にある?格安SIMオタクが教えるUQモバイルの使い勝手まとめのサムネイル
乗り換えの価値は本当にある?格安SIMオタクが教えるUQモバイルの使い勝手まとめ
ソルディのファビコンwww.soldi.jp

UQ mobile公式ページ

オススメの格安スマホ(2)ロケットモバイル

ロケットモバイル公式トップページ

※画像引用: ロケットモバイル公式ページ

株式会社エコノミカルが運営するdocomo回線の格安スマホ、ロケットモバイル。

データ5GB+音声通話SIMが月額1,800円と、業界最安級です。

なお、キャンペーン価格ではなく通常の月額価格になります。

スマホは各種キャンペーンや契約の縛りで料金体系が分かりにくくなりがちなのが難点ですが、ロケットモバイルはシンプルな料金設定も魅力です。

ロケットモバイルのメリット

  • 申し込みの初月は利用料が無料 
  • アプリのダウンロードやお手伝い案件でたまる「ロケモバポイント」は、1ポイント1円として利用料金に使える

など とにかく料金面でメリットが大きいので、 通信料金のオトクさを求める人におすすめしたい格安SIMです。

ロケットモバイル 公式サイト

まとめ

この記事では、auのピタットプランについて解説してきました。

auの「ピタットプラン」とは

使ったデータ量に応じて料金が変動するプラン。


  • メリット
    • ムダな料金を支払わずに済む
    • 従来auにはなかったかけ放題なしの通話プランが選べる
    • 2017年末まではビックニュースキャンペーンでオトクに契約できる
  • デメリット
    • 1,980円で利用できるのはビッグニュースキャンペーン適用になる1年間だけ
    • 毎月割が適用されない
    • iPhoneの機種変更/新規契約ではピタットプランを選べない

ピタットプランに向いている人

  1. 月ごとのデータ使用量に幅がある人
  2. すでに毎月割の適用が終わっている人
  3. 手厚いサポートを希望する人

一方で

  • とにかく通信料金をおさえたい人

はピタットプランより格安スマホ向きだと言えます。

あなたはどちらに当てはまりましたか?

毎月の料金スマホ代をよりオトクに、かつ快適なスマホライフを送るために、ぜひ自分に合った会社・プランを選択しましょう。

※当サイトに掲載している情報は、万全の保証をいたしかねます。
機器、サービスの価格、スペック等の詳細情報は、必ず各公式サイトでご確認ください。

【完全版】自分に合った格安SIMが見つかる!