Menu

口コミ好評のauひかり、うちでも使える?対応エリアの調べ方と代替案まとめ

auひかりの対象エリアかしって乗り換え検討

おうちのネット環境、どの会社を利用してますか?選択肢が多くてどこがいいか迷ってしまいますよね。

auひかりは「スマホとのセット割」「速度」などが好評でおススメの回線です。

auひかりは全国対応ですが、自宅がたまたまauひかりのサービス対象エリア外ということもあります。その場合は利用することができません。

  • うちの家はauひかりの対象エリアなの?
  • スマホとのセット割引を勧められるけど、本当にお得なの?
  • 光回線は速いと聞くけど料金も高いんじゃないの?

ここで改めて、簡単にauひかりの特徴について説明します。

auひかりのメリット

  • 「スマホとのセット割(auスマートバリュー)」や「速度」などが利用者から好評
  • 「auスマートバリュー」・・・auスマホとのセット割引
    • 割引額は500~2,000円/スマホ1台。スマホの加入プランによって割引額が変わる
    • 家族10人まで割引対象 
  • 速度のコスパが高い

    auひかりのデメリット

    • 全国対応ではあるが、エリアカバー率がNTTのフレッツ光ほどではない。
      →自宅がエリア対象外の可能性がある。

    あなたの家がauひかりの対象エリアではない場合、代わりにどこの回線を契約したらいいのかも「auひかりがエリア対象外でも使えるおすすめインターネット回線」の章で解説します。

    auひかりの申込みはこちら

    auひかりは全国対応、しかし非対応地域も多い

    スマホをかけながら困る女性

    auひかりは日本全国に対応しているインターネット回線です。

    ただし、対象エリアであっても一部対応していない地域や建物のタイプもあります。

    auひかり非対応エリア・建物タイプ

    1. 沖縄県全域の戸建て・マンション
      • 「auひかり ちゅら」の対応エリアのため。
    2. 関西エリアの戸建て
      • KDDIグループの「 eo光 」と競合するエリアのため。
    3. 中部エリアの戸建て
      • KDDIグループの「コミュファ光」の競合するエリアのため。

    また、対応都道府県内でも現状では非対応の地域も少なくありません。

    今後エリアが拡大していくことも予想できますが、まず最初に、自宅が対象エリアかどうかを調べる必要があります。

    対象エリアかどうかは「auひかり対象エリアかどうかの調べ方」の章で紹介します。

    そもそもauひかりってどんなインターネット回線?

    兄リスのイラスト
    エリアの調べ方の前に、まずはauひかりの特徴を簡単に説明するね。

    既にauひかりの特徴はわかっているという人は「auひかり対象エリアかどうかの調べ方」の章へ進んで大丈夫です。

    auひかりの特徴

    • 回線とプロバイダ契約が一つにまとまっている
    • フレッツ光、ドコモ光に次ぐ光回線シェア3位
    • 料金設定が標準的…マンションタイプ:月額3,900円、戸建てタイプ:月額5,200円
      ※一般的なプロバイダ込み一体型サービスの相場は、マンション:3,500~5,000円程度、戸建て:4,500~5,200円程度

    兄リスのイラスト
    大きなメリットは2つあるよ。

    auひかりのメリット

    auスマートバリューのイメージ
    画像引用:auスマートバリュー

    • auスマートバリュー(auスマホとのセット割引)
      →スマホの加入プランで割引額が変わるが、スマホ1台につき割引額500~2,000円。
      スマホはガラケーやタブレットでもOK。家族10人まで対象。割引を受けるには申し込みが必要。
    • 速度は最大1Gbpsで、フレッツ光よりも利用者が少ないため快適

    フレッツ光、 ドコモ光 、auひかり、Softbank光の4社で日本の光通信契約全体の約3分の2を占めています。(2017年3月時点)

    ドコモ光、Softbank光はフレッツ光の回線を使う「光コラボ」のため、回線が混み合いやすく、遅いと感じやすいようです。

    auひかりは他の会社へ回線を貸し出していないので、auひかりユーザーだけで光回線を使うことができます。フレッツ光よりは利用人数が少ないため、結果、フレッツ光より速いと感じやすいということになります。

    他にも、プロバイダが選べたり(7社)、光回線を使うために必要な機器(ホームゲートウェイ)のレンタル料が無料になる特典(auスマートバリュー加入時)といったメリットもあります。

    auひかりで選べるプロバイダ

    1. au one net
    2. So-net
    3. BIGLOBE
    4. @nifty
    5. @TCOM
    6. ASAHIネット
    7. DTI

    プロバイダのアドレスを継続して使いたいなど、こだわりのある方にはうれしいポイントです。

    他社のインターネットだと、 ソフトバンク光 など、プロバイダが決まっていて選べない回線もあります。

    喜ぶ弟リスのイラスト
    お得で速いなんて、すぐにでもauひかりを使いたいね!

    兄リスのイラスト
    そうしたら、自分の家が対象エリアに入っているかどうかをちゃんと調べないとね。次の章で調べ方を説明するよ。

    auひかり対象エリアかどうかの調べ方

    世界地図に表示されたSNS回線を表すアイコンが散らばった様子

    自宅が提供エリアかどうかの判断は「auひかり公式サイト」で確認ができます。

     <手順>

    1. 郵便番号入力(必須)…都道府県から検索も可能
    2. 住居タイプを入力…戸建てかマンション/アパートなど(必須)

    auひかり エリア

    auひかりが非対応でもauスマホとの割引がきくパターンがある

    残念ながらauひかりがエリア対象外だった場合でも、「auスマートバリュー」対象の光回線は他にもあります。

    同じくauスマホとのセット割引対象になるのであきらめずにチェックしましょう。

    auひかり以外のauスマートバリュー対象回線は、各地域限定のインターネット回線が多いです。

    auひかり以外のauスマートバリュー対象回線

    1. eo光→関西エリア
    2. コミュファ光→東海エリア
    3. MEGA EGG→中国エリア
    4. ピカラ光→四国エリア
    5. BBIQ→九州エリア
    6. auひかり ちゅら→沖縄エリア

    関西電力、中部電力など、電力会社が独自で持っている回線は、多くがKDDIと提携されているためauスマートバリューの割引対象になります。

    これらはフレッツ光とは違う独自回線のため、混雑も回避できる傾向があります。

    また、各地域のケーブルテレビ(CATV)も割引対象なのですが、ここで紹介した光回線に比べると速度・コストパフォーマンスが劣ります。

    どうしてもケーブルテレビの回線設備しかないという場合以外はオススメしません。

    auひかりがエリア対象外でも使えるおすすめインターネット回線

    パソコンを見ながらガッツポーズする女性

    次に、auひかりおよび、先ほど説明したauスマートバリュー対象の回線が引かれていない場合に選ぶべき回線をご紹介します。

    NURO光…関東・関西・東海エリアを中心とした「下り最大2Gbps」を誇る光回線

    対象エリアはこちらから確認できます。

    関西・東海エリアは2018年1月からの提供開始されたばかりのため、まだこれからエリア拡大が見込まれます。

    auひかりに比べて速度が2倍なのに月額料金は4,743円とあまり変わらないので、コスパが最高です。

    エリア内であれば、おススメの回線です。

    また、スマホキャリアのセット割引もあります。

    NURO光 はソフトバンクのスマホとのセット割である「おうち割 光セット」という月1,000円台の割引が受けられます。

    ドコモ光、So-net光などの「光コラボ」

    auひかり・各地方の回線もNURO光も提供エリア範囲外で、スマホもau以外という場合、フレッツ光の回線を使う「光コラボ」を検討しましょう。

    フレッツ光回線を使うのでauひかりよりもエリアの対象範囲が広がりますが、混雑しやすいため速度低下の恐れもあります。

    ドコモ光 にはドコモと、So-net光にはauとのセット割引があります。
    参照:So-net光 キャンペーン

    WiMAXなどのモバイル回線

    また、固定回線にこだわりがないのであれば、WiMAXなどのモバイル回線を選ぶ道もあります。

    モバイルWi-Fi系の回線には据え置き型と持ち運び型があります。特徴は以下の通りです。

    モバイル回線:ルーターの特徴

    • 据え置き型(L01など)
    • 開通工事不要、コンセントを挿すだけで利用可能
    • モバイルルーターよりもアンテナが高性能で、ファミリー向けの宅内など広範囲でも通信が安定
    • 持ち運び型(W05など)
      • 開通工事不要、充電式で外出先でも使える
      • これまで使っていたWi-FiルーターのWi-Fi接続情報をコピーでき、スマホやパソコン側の再設定が不要の「Wi-Fiお引越し機能」がある(※WX04、W05など)

    据え置き型は安定性と通信速度が優れているので、おうちでたくさんインターネットをする方におすすめです。

    逆に持ち運び型はパワーより機動性がメリットなので、外でもインターネットをする人に向いています。

    ケーブルテレビ(CATV)

    さらに、ケーブルテレビの設備がすでにある場合で、ケーブルテレビの契約をしている、または考えている人はケーブルテレビ回線を利用する方法もあります。

    ただし、CATVには下り最大300Mbpsといプランも多く、これだと光回線より速度が3分の1以下という差がありますので、速さを求める人には向いていないといえます。

    スマートフォンのテザリングを使う

    動画を見たりせず、たまにメールしたりWeb検索したりという程度の人はお手持ちのスマホでのデザリングで十分な場合もあります。
    ※デザリングとは、スマホの電波を使ってノートPCなどをインターネットにつなげる機能です。

    契約しているスマホのプランのデータ容量からあふれない場合はそのままデザリングで良いです。

    あふれる場合でも、追加料金が3,000円を超えない場合はデザリングのほうがお得です。(固定回線の契約は最低でも月額3,000円程度であるため)

    まとめ

    兄リスのイラスト
    auひかりは全国対応だけど対応していない地域もあったね。

    自宅が対象エリアかどうかをまず調べることが大切です。

    auひかりの対象エリアを調べる

    弟リスのイラスト
    auひかりのエリア対象外だった場合のおすすめは次の通り!

    • eo光、コミュファ光など地方の電力系回線…auスマートバリューの割引対象
    • NURO光…速度がとにかく速い!
    • 「光コラボ」…フレッツ光回線を使うので対象エリアが広い。

      いかがでしたか?

      まずはご自宅がエリア対象かどうかをチェックしてみてくださいね。

      また「実際、auひかりって総合的にどうなの?」 という方は以下の記事もぜひ合わせて参考にして下さい。

      [関連記事]auひかりは速くて割引がすごいって本当?通信費を1社にまとめて手間なく節約!のサムネイル
      auひかりは速くて割引がすごいって本当?通信費を1社にまとめて手間なく節約!
      auひかりは「スマホとのセット割」「速度」などが利用者からも好評で、大きなデメリットもなくオススメできる回線です。ただ、人によってはauひかりよりももっとオススメな回線がある場合もあります。この記事では「どんな人ならauひかりを選ぶべきか?」について解説します。
      ソルディのファビコンwww.soldi.jp

      auひかりの申込みはこちら

      この記事の著者

      編集

      Soldi編集部

      Soldi編集部は「おうちのお金をスマートに」をコンセプトにコンテンツの配信を行っています。

      ※当サイトに掲載している情報は、万全の保証をいたしかねます。
      機器、サービスの価格、スペック等の詳細情報は、必ず各公式サイトでご確認ください。

      【完全版】自分に合った格安SIMが見つかる!

      【28社比較】おすすめのWiMAXプロバイダはこれ!