Menu

auひかりの料金っていくら?確認方法と1円でも安くするコツを解説

パソコンを触っている人の近くにある豚の貯金箱と積まれた小銭

auひかりはauのスマホユーザーには非常にお得な光回線です。

auスマホの料金プランによって、最大2,000円/月が家族全員(最大10回線)割引を受けられる「auスマートバリュー」が適用できます。

しかし、よく調べておかないと「本当に自分にとってオトクな回線か」を見落としてしまう場合もあるので気をつけなくてはいけません。

たとえば、東海地方に住んでいる人はコミュファ光のほうがおすすめです。

具体的には、インターネット回線(下り最大1Gbps)を「戸建・割引無し」で契約する場合以下の金額になります。

  • コミュファ光:月額5,550円
  • auひかり:月額6,300円

基本使用料でも750円安く使うことができます。

また、NURO光もおすすめの光回線です。

提供エリア内(関東・東海・関西)なら、下り最大2Gbpsの高速通信ができる回線を4,743円で利用できます。

NURO光については以下の記事でくわしく説明していますので興味がある人はこちらも見てみてください。

[関連記事]日本最速クラス「下り2Gbps」を誇るNURO光のメリット・デメリット徹底解剖のサムネイル
日本最速クラス「下り2Gbps」を誇るNURO光のメリット・デメリット徹底解剖
NURO光は「下り最大2Gbps」に加えて無線LANやセキュリティオプションも無料のかなり魅力的な光回線です。 あなたの居住地が対象エリア内(東名阪)ならNURO光にしておけば間違いない!と自信を持っておすすめできます。 デメリットは「多少手間だが、2Gbpsの速度の恩恵を受けられるメリットのほうが大きい」ものが多いです。
ソルディのファビコンwww.soldi.jp

ほかにも現在使用しているのがau以外のキャリアの場合は、使用しているスマホキャリアに光回線を合わせるほうがオトクにインターネットを楽しむことができます。

また、どのくらいオトクになるのかは「エリア内かどうか」によっても変わります。

お住まいがどんなサービスに対応しているか、auひかりのサイトで確認することができるので、まずはエリア確認をしてみるとよいですね。

料金を確認する方法:3ステップで説明」でもエリアを確認することが可能です。

この記事ではこんな質問に答えます!

  • 「auひかり」の料金っていくらなの?
  • 「auひかり」の料金はオトクなの?
  • 「auひかり」にはどんなキャンペーンがあるの?

この記事では、上記のような疑問を持っている人に向けて、「auひかり」に関する基本的な情報を確認しながら、

  • 「auひかり」のくわしい料金の内訳
  • 「auひかり」で回線以外のサービスをお得にする方法
  • 「auひかり」のプロバイダ「BIGLOBE」の特徴
  • 「auひかり」がおすすめの人、おすすめできない人

までを順に解説します。

この記事を読めば、「auひかり」の料金内訳、プロバイダはどこで利用料金はいくらなのかが分かります。

最終的には、「auひかり」が自分に合っているのかどうかが判断できるようになりますよ。

目次

auひかりの料金プランをシンプルに解説

黒板に書かれたPlanA、PlanBと書かれたパソコンの絵

auひかりの月額料金にはインターネット回線料金の他に機器レンタル料金、プロバイダ料金が含まれています。

そのため、シンプルな料金設定で悩むことがありません。

通信速度は下り最大1Gbpsで戸建住宅は5,200円、集合住宅では3,900円と、ここまでは一般的な光回線とそう変わりありません。

auひかりの料金プランは通信速度と契約する建物が戸建かマンションかによって変わります。

通信速度が速いほうが月額料金の高いプランになり、契約期間が長いほうが月額料金の安いプランになる傾向があります

たとえば戸建住宅の料金プランには使うほど安くなっていく「ずっとギガ得プラン」(契約期間:3年)や、契約期間が2年と少し短い「ギガ得プラン」があります。

他にもauひかり電話などのオプションを付けられます。

料金の支払い方法は基本的には口座振替かクレジットカードでの支払いとなります。

振込用紙での支払いも可能ですが、手数料が毎月400円発生するので注意が必要です。

5Gbps、10Gbpsという世界最速の光回線を提供

auひかりの特徴を説明するうえで通信速度への取り組みは外せません。

現在、auひかりは関東の一部地域のみで5Gbps、10Gbpsという世界最速の通信速度の光回線を提供しています。(主に戸建て向け)

  • 5Gbps…5,600円
  • 10Gbps…6,380円
    ※1年目の金額。2年目、3年目はさらに100円ずつ安くなる

10Gbpsのほうはさすがに高い金額設定ですが、5Gbpsのプランは一般的な1Gbpsプランの料金とそう変わりません。

対応エリアが狭いだけにおすすめしづらいのは事実ですが、もしあなたが対応エリア内に住んでいて「速度重視」なら、ぜひ検討してみてください。

お住まいがどんなサービスに対応しているか、まずはエリア確認をしてみるとよいですね。

エリア確認はこちら

料金を確認する方法:3ステップで説明」でもエリアを確認することが可能です。

とはいえ、ほとんどの人は下り最大1Gbpsの光回線を利用することになりますので、ここからくわしく説明していきます。

料金プランを4つのポイントで解説

この章ではauひかりの料金プランについて以下の4つのポイントに分けてお話ししていきます。

どのプランが自分に合っているか考えならがら読むとよいですね。

スマホセット割「auスマートバリュー」適用で真価を発揮!

auひかりはauスマホとセットにすることで、月額使用料金を安く使うことができる光回線です。

auスマートバリューを使うとauスマホの使用料金からauスマホ1台につき毎月最大2,000円の割引を受けることができます。

くわしくは「ポイント1.スマホ:auのスマホに「auスマートバリュー」適用で最大2,000円/月安くなる!」でお話ししています。

戸建て向けの料金

auひかりの戸建向け料金プランは契約年数と速度で料金プランを選ぶことができます。

auひかり戸建向けの通信速度は10Gbps/5Gbps/1Gbpsの3種類があります。

料金プランは以下の3種類です。
※1Gbpsの場合の金額

  • 3年契約の「ずっとギガ得プラン」
    ⇒~5,100円/月
  • 2年契約の「ギガ得プラン」
    ⇒5,200円/月
  • 契約期間の定めがない「標準プラン」
    ⇒6,300円/月

また、戸建でauひかりを契約するときにどのプランを選択しても共通して必要な費用は

  • 申込金 3,000円
  • 工事費 37,500円

の2つになり、開通工事の日が土日祝日の場合は別途3,000円必要になります。

この章では戸建でauひかりを使うための料金プランや、速度プラン、auひかりホームについてくわしく説明していきます。

一番オトクなのは「ずっとギガ得プラン」!

まず、速度1Gbpsでの各プランの料金を簡単な表にまとめてみました。

料金プランについて考えるときの参考にしてみてください。

なお、無線LAN機器をレンタルする場合は、別途レンタル料が500円/月必要になります。

月額料金
ずっとギガ得プラン(3年契約)ギガ得プラン(2年契約)標準プラン
1年目まで5,100円/月5,200円/月6,300円/月
2年目まで5,000円/月
3年目まで4,900円/月

3つのプランの中で月額料金を一番安く使うことができるのが「ずっとギガ得プラン」です。

契約期間の定めがない「標準プラン」では利用料金が6,300円/月ですが、「ずっとギガ得プラン」の場合、

  • 12か月までは5,100円/月
  • 24か月までは5,000円/月
  • 36か月目以降はずっと4,900円/月

で使うことができるので、「標準プラン」よりも最大1,400円/月安く利用することができます。

ただし、「ずっとギガ得プラン」は3年契約のプランなので、契約期間内に解約する場合は解約金が15,000円必要になります。

ですので3年以内に引っ越しをする予定のある人にはお勧めできないプランになります。

2年以内の利用なら「ギガ得プラン」がおすすめ

「ギガ得プラン」は2年契約のプランで、契約時からずっと5,200円/月で使用することができます。

「標準プラン」の使用料金6,300円/月よりも1,000円以上安い月額料金で使うことができます。

「ギガ得プラン」を契約期間内にプラン変更や解約をする場合、解約金が9,500円発生します。

そのため、1年以上2年以内の期間インターネットを契約したい人にはおすすめのプランになります。

「標準プラン」はほとんどおすすめできない

「標準プラン」は契約期間の定めがないプランなので、解約金は発生しません。

ですが月額料金が6,300円/月とほかの契約プランよりも1,000円以上高くなります。

インターネットの利用期間が1年未満の人にしか「標準プラン」はおすすめできません。

高速エリア内なら1Gbpsよりも5Gbpsがオトク!

速度のプランは3種類あり、「10Gbps/5Gbps/1Gbps」から選ぶことができます。

1Gbpsの料金が基本料金となります。

今はまだ関東(※)だけの提供ですが、高速サービス利用料を追加で支払えば10Gbps/5Gbpsを使用することができます。
※東京、神奈川、埼玉、千葉の一部地域のみ

高速サービス利用料は10Gbpsで1,280円/月、5Gbpsで500円/月かかります。

ですが、超高速スタートプログラムが適用されると3年間高速サービス利用料から500円/月の割引を受けることができます。

超高速スタートプログラムの条件

超高速スタートプログラムを適用するための条件は2つあります。

  1. ずっとギガ得プランを契約すること
  2. プロバイダを「au one net」で契約すること

以上の2点を両方満たした場合、超高速スタートプログラムが適用され、10Gbps もしくは5Gbpsを安く使用することができます。

とくに1Gbpsと同じ料金で5倍の速度で使える5Gbpsのプランはとてもオトクになるのでおススメです。

ちなみに「10Gbps/5Gbps/1Gbps」それぞれの通常の料金は、以下のようになります。

月額使用料auひかりホーム10ギガauひかりホーム5ギガauひかりホーム1ギガ
1年目6,380円/月5,600円/月5,600円/月
2年目6,280円/月5,500円/月5,500円/月
3年目6,180円/月5,400円/月5,400円/月
4年目以降6,180円/月 ※15,400円/月 ※15,400円/月

※ずっとギガ得プランをauひかり電話とセットで契約している場合
※1:auスマートバリュー加入限定の月額500円割引適用時の金額。適用外の場合は利用料が10Gbpsで6,680円/月、5Gbpsで5,900円/月かかります
参照:au「世界最速超ひかり」

戸建でなら「auひかりホーム」がオトク!

auひかりには「auひかりホーム」という割引プランがあります。

「auひかりホーム」は月額料金から初期費用相当の金額を割引できるプランになります。

割引金額は625円/月で、60か月間割引を受けることができます。

合計で37,500円の割引を受けることができるので、auスマホを使っていない人にもおすすめのプランです。

auひかり電話を契約することで「auひかりホーム」を利用することができるようになります。

ただし、auスマートバリューと併用することはできないのでauスマホのユーザーは注意が必要です。

集合住宅向けの料金

auひかりの集合住宅向けの契約プランは契約期間から選ぶことができます。

集合住宅向けの料金プランは、住んでいる建物によってタイプ分け(マンションタイプ)されています。

料金プランや回線速度もこのマンションタイプによって変わります。

マンションタイプは下記の通りです。

  • タイプV「16契約以上」
  • 都市機構デラックス
  • タイプV「8契約以上」
  • タイプE「16契約以上」
  • タイプE「8契約以上」
  • マンションギガ
  • マンションミニギガ
  • タイプF

マンションタイプは8種類もあり、どのタイプなのか調べるのがとても大変です。

そのため、住んでいるマンションがどのタイプなのか契約プランを検討する前に必ず確認しておきましょう

料金を確認する方法:3ステップで説明」の章で対応タイプを確認する方法を解説しています。

集合住宅でどのプランを契約しても共通して必要になる費用は

  • 申込金3,000円
  • 工事費30,000円

の2つになります。

開通工事の日が土日祝日の場合は別途3,000円必要になります。

この章では集合住宅向けの料金プランや、おうちトラブルポートについてくわしく説明していきます。

料金プランの中でおススメなのは「お得プランA」!

auひかりの集合住宅向けの料金プランは、

  • 2年契約の「お得プランA」
  • 契約期間の定めがない「標準プラン」

の2種類となります。

「お得プランA」と「標準プラン」は月額料金に違いはありませんが、オプションサービスなどに違いがあります。

「お得プランA」を契約すると標準プランであれば月額料金400円が必要になるオプションの「おうちトラブルサポート」を月額料金不要で使うことができます。

オトクにおうちトラブルサポートを使いたい人は「お得プランA」の契約がおすすめです。

おうちトラブルサポートについてはこちらでくわしく説明をしています。

なお、「お得プランA」は契約期間が2年あるので、契約期間内に解約をすると7,000円の解約金が発生します。

そのため2年以内に引っ越しをする人にはおすすめできないプランになります。

「標準プラン」は契約の定めがないので解約金は発生しません。

そのため、2年以内に引っ越しの予定がある人にお勧めです。

マンションタイプ別<料金・速度比較>

お住まいのプランの料金や回線速度の確認のために月額料金と回線速度を契約タイプ別に表にまとめてみました。

なお、無線LAN機器をレンタルする場合は、別途レンタル料が500円/月必要になります。

タイプ月額料金下り速度上り速度
タイプV「16契約以上」
都市機構デラックス
3,800円/月最大100Mbps最大35Mbps
タイプV「8契約以上」4,100円/月
タイプE「16契約以上」3,400円/月最大100Mbps最大100Mbps
タイプE「8契約以上」3,700円/月
マンションギガ4,050円/月最大1Gbps最大1Gbps
最大1Gbps5,000円/月
タイプF3,900円/月最大100Mbps最大100Mbps

参照:au「料金一覧:auひかり マンション」

一番速度が速いマンションギガ、マンションミニギガでは、最大1Gbpsの速度でインターネットを使用することができます。

もし、集合住宅に住んでいて、上り速度100Mbpsよりも早い速度でインターネット契約をしたい場合は上り速度が最大440 Mbps で使えるWiMAX回線を検討するのもおすすめです。

WiMAXについてくわしく知りたい人はこちらの記事もご覧ください。

[関連記事]WiMAXにひとまとめ!固定回線の代わりに使える4つの理由を解説のサムネイル
WiMAXにひとまとめ!固定回線の代わりに使える4つの理由を解説
WiMAXを固定回線の代わりに使うことはできるのか、どんな人に向いているのかを解説します。また、固定回線(光回線)が向いている人は、どんなポイントで回線を選べば良いのでしょうか。この記事では、どちらを選択すべきかズバッと解説します!
ソルディのファビコンwww.soldi.jp

マンションでauひかりを契約するなら「auひかりマンション」がオトク!

auひかりの集合住宅のプランには「auひかりマンション」という割引プランがあります。

「auひかりマンション」はauスマホを使っていない人でも月額料金から1,250円/月の割引を24か月間受けることができる割引プランです。

2年間で合計、初期費用相当の30,000円の割引を受けることができます

auひかり電話を契約することで利用できますが、「auスマートバリュー」と併用はできないので注意が必要です。

auひかりマンションの注意点2つ

注意点として、以下の二点があります。

「auひかりマンション」の注意点

  1. 割引期間が終了した後は自動的に通常料金が適応される
  2. 割引期間中に引っ越しをした場合は割引が終了する

「auひかりマンション」の割引期間の2年間は月額料金から1,250円/月が安くなりますが、25か月目以降は割引がなくなり月額料金が高くなるので注意が必要です。

また、割引期間中に引っ越しをすると2年経過していなくても割引が適用されなくなってしまいます。

2年以内に引っ越しをする予定がある人は気を付けておくと良いですね。

困ったときに使える「おうちトラブルサポート」!

集合住宅でauひかりを使うときにぜひ活用したいのが月額料金400円で使える「おうちトラブルサポート」です。

集合住宅のお得プランAを契約した人が無料で使えるサポートになります。

「おうちトラブルサポート」は、水回りや電気機器、鍵のトラブルなどが生じたときに役に立つサポートです。

部品交換や特殊な作業はできませんが、たとえば以下のようなトラブルに対応してもらえます。

  • エアコンから異音がする
  • 給湯器からお湯が出ない
  • 排水溝がつまった
  • 部屋の照明が点灯しない
  • 居間のドアが開きにくい
  • 玄関の鍵をなくして入ることができない

上記以外でも、生活の中でおきるちょっとしたトラブルに対応してくれるので、とても助かるサービスです。
参考:au「おうちトラブルサポート」

料金を確認する方法:3ステップで説明

さて、ここまで戸建、集合住宅ともに料金プランをご説明してきました。

ですが、お住まいがどの料金プランに対応しているのか、確認しないと検討しにくいですよね。

料金を確認する方法はとっても簡単!

auひかり 料金

以上の3ステップで確認することができます。

もっとわかりやすく、画像も交えてくわしく3ステップをご紹介します。

参照:au「提供エリアの確認」

ステップ1:住居タイプを選択し、郵便番号を入力する

ステップ1:住居タイプを選択し、郵便番号を入力する

住所タイプを選択し、auひかりを開設したい住所の郵便番号を入力します。

「エリアを確認する」をクリック。

住所の番地などをクリックしていくとお住まいに対応した料金プランが表示されるので、ステップ2へ進む。

ステップ2:気になるプランの「このままWebで申し込む」をクリックし回線速度を選択!

ステップ2:気になるプランの「このままWebで申し込む」をクリックし回線速度を選択!

ご希望のサービスのなかの「このままWebで申し込む」をクリック。

回線速度を選択するとプロバイダーの選択

回線速度を選択するとプロバイダの選択が出てくるのでステップ3へ進む。

ステップ3:気になるプロバイダとプラン名をクリックすると金額がでてくる!

ステップ3:気になるプロバイダーとプラン名をクリックすると金額がでてくる!

複数のプロバイダが出てくるので、気になるプロバイダ名とプラン名に対応したボタンを押す。

画面上にキャンペーン割引適用後の料金シュミレーション画面が出てきて料金を確認することができます。

キャンペーン割引適用後の料金シュミレーション画面

電話サービスやテレビサービスなどのオプションを利用する場合は希望サービスにもチェックを入れましょう。

すると、オプション金額を加えた月額料金が表示されます。


以上の3ステップでお住まいが対応しているプランや月額料金の確認ができます。

ここまでauひかりについて契約プランや料金設定、エリアの確認などについてお話してきました。

次の章からはauひかりをオトクに使うポイントについてくわしく説明していきます。

auひかりを契約するのであれば損をしないようにしっかり押さえておきましょう。

「auひかり」はauスマホやau Walletを活用するとお得

パソコンを開きながらスマホとカードを見る女性

割引が無くても月額料金が安めなauひかりですが、もっとオトクに使えるポイントがあるんです。

auスマホや電子マネーの一種であるau Walletと合わせて使うともっとお得になるポイントを4つご紹介します。

auひかりとセットにすると安くなるポイント4つ

auひかりとセットにすると安くなるポイントは4つ!

  1. 1回線で毎月最大2,000円安くなる「auスマートバリュー」
  2. 電話使用料金が最大1,000円オトクに使える「auひかり電話」
  3. Walletポイントがもらえてオトクな「auでんき」
  4. たくさんの番組をオトクに楽しむことができる「auひかりテレビ」

上記のポイントをしっかり押さえておかないと、もっとお得に使えたはずなのに損をしてしまうかもしれません。

くわしく4つのポイントを説明していきますので、使えるオトクポイントが無いか探してみてください。

ポイント1.「auスマートバリュー」適用で最大2,000円/月安くなる!

auスマホユーザーなら、auひかり1契約につきスマホやタブレットの回線を10回線まで割引が適用できて断然お得な「auスマートバリュー」がおすすめです。

この章ではauスマートバリューについて、

  • 使えるauの回線数
  • auスマホなどのプラン別割引料金
  • スマートバリューの適用条件

以上のポイント別にお話しします。

auスマートバリューの割引は最大10回線まで使える!

auスマートバリューは、auスマホの使用料金がauスマホ1台につき最大2,000円/月安くなるプランです。

スマホ1台分(1回線分)の割引だと最大1か月2,000円の割引ですが、最大10回線まで適用することができます。

そのため、条件を満たした契約回線があれば最大1か月20,000円の割引をうけることも可能です。

割引はauスマホの料金プランによって変わる!

auスマートバリューの割引料金は、auスマホ等の契約料金プランによって変わってきます。

割引料金を表にまとめてみたので、どのくらいオトクになるか計算するときの参考にしてみてください。

料金プランまたはデータ(パケット)定額サービス割引金額
auピタッとプランシンプル割引対象外
スーパーカケホ/カケホ
シンプル
翌月から500円/月割引
スーパーカケホ/カケホ/シンプル翌月から1,000円/月割引
auフラットプラン20/30
データ定額30翌月から 最大2年間2,000円/月割引
3年目以降934円/月割引
データ定額5/20
LTEフラット
ISフラット
翌月から 最大2年間1,410円/月割引
3年目以降ずっと934円/月割引
データ定額2/3
ジュニアスマートフォンプラン
翌月から934円/月割引
データ定額1翌月から 最大2年間934円/月割引
3年目以降ずっと500円/月割引

※割引はauスマートバリューを申し込んだ翌月からの適用
※ガラケーを使用している場合の割引は翌月からずっと934円/月
※タブレットを使用している場合の割引は翌月から最大2年間は1,410円/月、3年目以降はずっと934円/月
※その他スマホケータイや受付が終了している料金プランであっても割引対象のプランがあります
くわしくはこちらで確認ができます。参照:au「auスマートバリュー:料金・割引一覧」 

たとえば4人家族で、それぞれauスマホの契約をしている場合

  • 父:データ定額10
    • 2,000円/月割引
  • 母:データ定額5
    • 1,410円/月割引
  • 子:データ定額5
    • 1,410円/月割引
  • 子:ジュニアスマホ
    • 934円/月割引

となり、最大2年間、毎月5,754円がauスマホ使用料金から割引されます。

もし戸建でずっとギガ得プランを契約している場合、月額料金が

  • 1年目 5,100円/月
  • 2年目 5,000円/月

となり、毎月の割引料金でauひかりの月額料金をまかなうことができ、オトクです。

3年目以降でも、ずっと
934円/月×4回線=3,736円/月
がauスマホ使用料金からずっと割引されます。

戸建でずっとギガ得プランを契約している場合、3年目以降月額料金は4,900円/月です。

実質auひかりを1,164円/月で使うことができずっとオトクに使うことができます。

「auスマートバリュー」の適用条件

スマートバリューが適用される契約回線は、

  • auひかりに登録された会員の住所・姓と、auに登録された住所・姓が同一の回線
  • auひかりに登録された会員と住所異なる場所にお住まいの50歳以上のご家族の人

になります。

もし、別姓やau携帯電話の回線が累計5回線以上になる場合は、ご家族で、同一住所であることがわかる証明書が必要になります。

5回線以上の状態で別の住所の50歳以上の家族にも適用したい場合はご家族の証明書のみが必要になります。

ほかにも無線LAN対応機器のレンタル料500円/月がずっと無料で使える特典もついてくるのでお得に無線でインターネットを楽しめますね。

ポイント2.NTTからauひかり電話にすると1,000円/月安くなる!

auひかり電話は月額使用料金500円で使うことができる、格安なのに高品質な電話サービスです。

今現在プッシュ回線でお使いの電話番号や電話機をそのまま使用することができるので、電話番号変更を伝える手間も、電話機を買い替える手間もありません。

通話料もNTTのアナログ電話からauひかり電話に切り替えると1,000円以上オトクに使うことができるんです。

auひかり電話のオプション

他にも便利なオプションをオトクに使用することができるんです。

たとえば発信してきた相手の電話番号を表示したり、話し中でも電話を取ることができたりすると、とても便利ですよね。

  • 発信者通知
  • 番号通知リクエスト
  • 割込み電話
  • 電話転送

上記のオプションを利用する場合の料金をNTTとauひかり別に表にしました。

オプション名NTTの月額使用料auひかりの月額使用料
発信者通知100円/月400円/月
番号通知リクエスト200円/月200円/月
割込み電話300円/月300円/月
電話転送500円/月500円/月
合計1,100円/月 1,400円/月

これだけ見るとauひかかり電話のオプション月額使用料金のほうが高く思えますが、そうではありません。

auひかりはオプションを使うための回線工事費は無料ですが、NTTは割込み電話以外のオプションを使用する場合、回線工事費が1回線につき2,000円かかります。

また、auひかり電話には、発信者番号表示など対象の電話オプションを2つ以上かつ合計500円以上申し込むと、最大1,000円/月お得に使うことができる「電話オプションパック」があります。

「電話オプションパック」を使用すると、合計1,400円分のオプション利用料が500円となります。

NTTと比べると600円/月も安く使うことができ、オトクに固定電話を便利に使うことができます。

「電話オプションパック」は申し込みなしで自動的に切り替わるプランになっているので、割引を確実に受けることができます。

auひかり電話・KDDIまとめて請求を利用でお得な「auまとめトーク」が使える!

auひかり電話を契約している状態で、auケータイとauひかりの請求書をまとめる「KDDIまとめて請求」を使うことによって、「auまとめトーク」が適用されます。

「auまとめトーク」は、国内通話なら24時間、auひかり電話からかけるすべてのau携帯とすべてのauひかり電話への通話料が無料になる、お得なプランです。

auまとめトークを利用するために新たに申し込みを行う必要性はありません。

  • auひかり電話を契約している
  • auケータイとauひかりの請求を「KDDIまとめて請求」にしている

以上の条件を満たせば自動的に「auまとめトーク」が適用されます。

「auまとめトーク」の申し込みは「Web」、「auショップ」、「電話」のいずれかで手続きをする必要性があります。

くわしくはこちらでご確認ください。

ポイント3.auでんきにするだけでWalletポイントがもらえる!

auスマホやauひかりを契約している人がauでんきを契約すると、「auでんきポイントで割引」を申し込むことができます。

「auでんきポイントで割引」は、月額料金無料で電気料金の最大5%相当分がau Walletのポイントとして還元されるという割引サービスです。

ポイント還元率

auひかり 料金

月々8,000円の電気代を使用する場合、1か月で400円、1年間で4,800円のau Walletポイントをためることができます

貯まったポイントはau Walletプリペイドカードにチャージをし、現金のように使うことができるので、実質キャッシュバックと考えられます。

au Walletはauの利用料金やコンビニなどで現金のように使うことができるので、とても便利です。

知らないまま電気代とauひかりが別々の契約でいると、電気代を月々8,000円使用している場合「au Walletポイント」をためることができず1年間で4,800円分の損をしてしまうかもしれません。

auひかりを契約するときに合わせて「auでんき」への加入も検討してみると良いですね。

auでんきをオトクに使うために気を付けておくべき2つのポイント!

「auでんきポイントで割引」を利用するためには押さえておくべきポイントが2つあります。

  1. auでんきポイントで割引を使用するには申し込みが必要
  2. auひかりの契約住所と同じ住所での電気使用量のみが割引の対象

「auでんきポイントで割引」は申し込みをしないと適用されないので、必ず申し込みを忘れないようにしましょう。

申し込みはこちらから行うことができます。

身分証明書や現在の電気料金の請求書があればau取扱店でも申し込みを行うことができます。

「auでんきポイントで割引」はauひかり回線を契約している住所の電気代のみにしか適用されないため、auひかりとauでんきの契約住所が同じになるよう気を付けることが必要です。

「auでんき」についてくわしくはこちらでご確認ください。

ポイント4.auひかりテレビで好きな番組が見られる!

auひかりテレビは好みに合わせた番組を選んで視聴することができるテレビ番組サービスです。

視聴するためにはセットトップボックス(STB)という機器を月額500円でレンタルする必要があります。

選べるチャンネルは、

  • 月額1,980円で映画やドラマ、スポーツ、音楽、アニメなど全43チャンネルの番組が見放題の「プラチナセレクトパック」
  • 好きなチャンネルを選べて月額1,000円から使える「プレミアムチャンネル」
  • 月額634円で音楽を楽しめる「ミュージックセレクトパック」

といったバラエティに富んだメニューから選ぶことができます。

他にも月額料金562円で映画やテレビ、ドラマが見放題になるビデオパスといったサービスもあります。

auひかりと一緒に「auひかりテレビ」を申し込むと手数料800円が不要になり、オトクに申し込めますよ。

セットトップボックスに外付けハードディスクを接続するとauひかりテレビを録画することができ、もっと便利に使うことができます。

au「セットトップボックス」

画像引用:au「セットトップボックス」

プラチナパック利用料最大2か月分が無料になるキャンペーンや、au Walletポイント500ポイントプレゼントキャンペーンも行っているので、ぜひ検討してみてはどうでしょうか。

キャンペーン申込みなどはこちらからどうぞ。
※2018年6月現在

auひかりテレビでは地デジが見られない点に注意!

ただ、auひかりテレビで注意しなければいけないのは、地デジを見ることができないという点です。

他にもBS/CS放送も未対応です。

もし地デジを見たい場合はアンテナを設置するか、ケーブルテレビ等を利用して視聴することが可能です。
参照:au「auがおすすめする地デジ対策!」

代理店から申し込むことで工事費を浮かせることもできる

公式サイトから申し込むと、初期費用相当額の割引か、auスマホ料金からの割引かのどちらかを選択しなければなりませんでした。

しかし、代理店から申し込めば工事費分のキャッシュバックを受けることができます。

たとえばKDDI正規代理店の「株式会社NNコミュニケーションズ」では、公式サイトで受けられる初期費用相当額の割引もしくはauスマホ料金からの割引を受けられるうえに、戸建であれば

  • 代理店から最大30,000円のキャッシュバック
  • BIGLOBEもしくはSo-netをプロバイダにした場合は最大30,000円のキャッシュバック

合わせて最大60,000円のキャッシュバックを受けることができます。

マンションでも

  • 代理店から最大30,000円のキャッシュバック
  • BIGLOBEもしくはSo-netをプロバイダにした場合は最大20,000円のキャッシュバック

合わせて最大40,000円のキャッシュバックを受けることができます。

だから公式サイトで行っている「初期工事費最大37,500円の割引」や「月額料金から500円/月の割引を3年間受けるキャンペーン」だけを受けるよりもぐっとオトクに契約をすることができます。

代理店のよくあるキャッシュバック条件2つ

代理店によってキャッシュバックを受け取るために発生する必要な条件がある場合があります。

よくある条件は以下の2つになります。

  1. 代理店に新規で契約する人を紹介する
  2. 代理店が行っている有料オプションを契約する

上記の条件を満たすことでキャッシュバック金額が上がる代理店もあります。

たとえばKDDI正規代理店の「株式会社25 」という代理店では新規契約をしたい人を2人紹介すると、最大で95,000円のキャッシュバックを受けることができます。

かなり高額なキャッシュバックが受け取れはしますが、

  • 身近に「auひかり」で契約したい人が居ない場合
  • 使いたい有料オプションが無い場合

はお勧めできないキャッシュバックキャンペーンです。

他にもauひかりのプロバイダのサイトから直接申し込むことで、プロバイダごとのキャンペーンを利用することができます。

上記のプロバイダホームページも確認しておくことをおすすめします。

申し込み方法

笑顔でパソコンを触る女性

auひかりを契約する場合、以下の方法が考えられます。

  • KDDIに電話して申し込む
  • auショップから申し込む
  • auのサイトから申し込む
  • 家電量販店などにある代理店から申し込む
  • 代理店のサイトを通して申し込む

といった方法での申込みになります。

auひかりが1番お得に契約できる窓口は代理店サイトからの申し込み!

1番お得に契約できる契約窓口は、auひかりの代理店サイトからの契約です。

au公式サイトのキャンペーンにプラスされる形で代理店独自のキャッシュバックや割引キャンペーンが行われているので、代理店が一番おすすめできる窓口となります。

中でもおすすめなのはプロバイダが運営している代理店です。

プロバイダの代理店は、契約後のサポートがしっかりしているので、安心して契約をすることができます。

おススメの代理店は「auひかりのプロバイダはSo-netがおすすめ」でくわしく説明しています。

2番目にオトクに契約できる窓口はauのサイトからの申し込み

auの公式サイトから申し込む場合でも、代理店ほどではないですが、割引やキャッシュバックキャンペーンが行われています。

公式サイトのキャンペーンページはこちらです。

ですので、2番目にオトクに契約できる窓口はauのサイトからの申し込みになります。

ただしKDDIへ電話で申し込むのは開設は早いですが、割引キャンペーンなどを実施していないためおすすめできません。

かならずKDDIのサイトではなくauのサイトから申し込むよう注意が必要です。

おススメできないのは家電量販店とauショップ。

家電量販店などの代理店から申し込むのは、au公式サイトや代理店のサイトと比べ割引やキャッシュバックが安いのでおすすめできません。

パソコンやタブレットなどの家電がプレゼントとしてもらえるキャンペーンの時もあります。

ですが、プレゼントが必要なものでなかったり、定価がほかのキャッシュバックや割引総額より安くなってしまう場合があるのでおすすめできません。

auショップは基本的にスマホや携帯電話を販売する店舗のため、インターネット関連のキャンペーンが少なめになります。

他の契約窓口と比べオトク感が薄めです。

So-neやBIGLOBE、@niftyなどたくさんあるプロバイダの中からおススメのプロバイダをご紹介します。

auひかりのプロバイダはSo-netがおすすめ

auひかりの料金はプロバイダ料金が含まれた料金設定のため、サービスや登録時のキャンペーンを比較して決めていくことが大切です。

今回はプロバイダの中でもキャッシュバックや月額料金の割引が多いSo-netとBIGLOBEを表で比較しました。

工事費を分割で支払う場合、60回に分割して支払うため60か月使用したと仮定して比較しています。

どちらがオトクに使うことができるか、月額料金やキャッシュバックをみて確認してください。

So-netとBIGLOBEで60回払いすると「So-netがお得」

ホームタイプ「ずっとギガ得プラン」(3年契約)をBIGLOBEで契約し、工事費を60回に分割して支払う場合を例にして解説します。

プロバイダ:BIGLOBEで60か月利用した場合
  特典A:キャッシュバック特典B:月額料金から割引
月額料金11か月目まで5,600円/月4,900円/月
23か月目まで5,500円/月
35か月目まで5,400円/月
60か月目まで5,400円/月
60か月目までの合計327,400円294,000円
61か月目以降の月額料金4,900円/月4,900円/月

特典Aのキャッシュバックは、

  • 11か月目 30,000円
  • 24か月目 20,000円

の2回に分けて支払われ、合計50,000円キャッシュバックされます。

ホームタイプ「ずっとギガ得プラン」(3年契約)をSo-netで契約し、工事費を60回に分割して支払う場合は以下の表のようになります。
※1か月目のみ登録料込の金額です

プロバイダ:So-netで60か月利用した場合
 A:月額料金大幅割引キャンペーンB:キャッシュバックキャンペーン
月額料金1か月目7,200円/月1か月目8,600円/月
36か月目まで4,200円/月11カ月目まで5,600円/月
60か月目まで5,400円/月23カ月目まで5,500円/月
60カ月目まで5,400円/月
60か月目までの合計283,800円330,400円
61か月目以降の月額料金4,900円/月4,900円/月

Aのキャンペーンは料金の支払いにも使えるソネットポイントプレゼントつきです。

ソネットポイントは、

  • 12か月目と24か月目に5,000ソネットポイント
  • 36か月目と48か月目に6,000ソネットポイント

の4回に分けて付与され、合計22,000ソネットポイントがプレゼントされます。

Bのキャッシュバックは11か月目以降に行われ、50,000円がキャッシュバックされます。

BIGLOBEとSo-netそれぞれの60か月分の月額料金の合計金額からキャッシュバックの合計金額を引いた金額を比べると、

BIGLOBE特典A: 327,400円-50,000円=277,400円

BIGLOBE特典B: 294,000円-0円=294,000円


So-net特典A:283,800円-22,000円=261,800円(ソネットポイントを現金と考え計算)

So-net特典B:330,400円-50,000円=280,400円

となり、工事費を支払い終わる60か月間使用した場合、一番お得に使えるのが So-netです。

3年間の費用を比較してもSo-netのほうがお得!

「ずっとギガ得プラン」契約期間の3年間使用した場合でも工事費が15,000円分残ってはいますが、36か月分の月額料金からキャッシュバック金額を引いた金額を比べると、

BIGLOBE特典A:197,800円-50,000円=147,800円
BIGLOBE特典B:176,400円-0円=176,400円


So-net特典A:154,200円-10,000円=144,200円(ソネットポイントを現金と考え計算)
So-net特典B:192,200円-50,000円=142,200円

となっており、やはりSo-netのほうがお得に使用することができます

Walletポイントに交換できる22,000ポイントプレゼントと工事費込の割引が魅力のSo-net

So-netの「月額料金大幅割引キャンペーン」は、工事費込で3年目までは1,000円/月以上の割引が適用されるキャンペーンです。

月額料金の割引だけでなく、ソネットポイントのプレゼントも一緒にもらうことができます。

ソネットポイントは、Walletポイントに交換できるのでインターネット代金の支払いにも使えて便利なポイントです。

「月額料金大幅割引キャンペーン」ではソネットポイントを合計22,000ポイント分もらうことができるので、とてもオトクにauひかりを使用することができます。

たとえば戸建でずっとギガ得プランを契約した場合、3年目までは月額4,200円で使用することが可能になります。

また、ネットセキュリティや安心サポートなども契約と同時申し込みで月額500円かかるサービスが1年間無料で利用することができてオトクです。

ほかにも他社からのりかえする人にもおすすめできるキャンペーンも行っています。

のりかえの場合、他社ネット回線の解約違約金(最大30,000円分)を返還するキャンペーンが利用できます。

au WALLETプリペイドカードへのチャージか郵便為替のどちらかを返還方法として選べます。

参照:So-net「auひかりスタートサポート」
※48か月目まで使用するともらえるソネットポイントの合計が22,000ポイント
※キャンペーン期間は2018年7月1日~2018年8月31日(2018年7月現在)

まとめ

パソコンを開きながら電話してメモを取る女性

ここまで、auひかりの料金はいくらなのか、本当にauひかりはお得なのか、そしてどんなキャンペーンを行っているのかについてお話してきました。

他にもよりお得にできるサービスや、おすすめのプロバイダもご紹介いたしました。

今回の記事のポイントを以下にまとめます。

  • 「auひかり」の料金はauスマホやケータイ、タブレットユーザーにはとってもオトク!
  • 「auひかり」には初期費用相当額の割引やauスマホ資料料金からの割引のキャンペーンがある
  • 「auひかり」契約で、電気代がお得になる「auでんきポイント」がつかえる
  • 「auひかり」お勧めのプロバイダ
    ⇒特典をキャッシュバックと割引から選べる「So-net」がおすすめ

auひかりを契約するのがおすすめなのは、すでにauスマホなどを使用している人です。

逆に、おすすめできないのは、au以外のキャリアのスマホを使用している人や東海地方に住んでいる人。

東海地方に住んでいる人はauひかりより安く使える「コミュファ光」のほうがおすすめです。

⇒「コミュファ光」が気になる人は コミュファ光、うちでも使える?対応エリアの調べ方と代替案まとめ も見てみてください。

インターネットはサクサク心地よく、そしてお得に使えたら一番良いですよね。

どこが安いのかしっかりと検討して「この回線なら大丈夫」と確信を得てから契約したいものです。

今回の記事が少しでも安心材料となっていれば幸いです。

まずはお住まいの地域がauひかりの対応エリアかどうかの確認からされてみてはいかがでしょうか。

auひかりの申込みはこちら

※当サイトに掲載している情報は、万全の保証をいたしかねます。
機器、サービスの価格、スペック等の詳細情報は、必ず各公式サイトでご確認ください。

【完全版】自分に合った格安SIMが見つかる!

【28社比較】おすすめのWiMAXプロバイダはこれ!