Menu

auひかりの評判は悪い?速度や料金の口コミから見るメリット・デメリット

auひかりの評判は悪い?速度や料金の口コミから見るメリット・デメリット

光回線を設置するとお金も手間もかかるので、本当に安心できる会社のサービスを利用したいですよね。

そこで、ここでは、「auひかりを契約しようか迷っている」と考えている方に向けて、ネットの口コミ評判を見て分かった、auひかりのメリット・デメリットについて紹介します。

結論から述べると、auひかりは良い評判の多い光回線です。

また、auひかりの特徴としては以下があげられます。

  1. 光コラボ回線より通信速度が速い
  2. auスマホとのセット割引がある
  3. サービス提供エリアが限られている
  4. 戸建てプランの場合、撤去工事費(31,680円)が必ず発生する

当記事ではauひかりの特徴を踏まえ、メリットやデメリットについてご紹介していきます。
「auひかりを契約しても大丈夫だろうか?」と悩んでいる方は、ぜひ評判や口コミ等を参考にしてください。

auひかりがおすすめの人

「auひかりを契約しようか迷っているけれど、本当に契約してしまっても良いのか迷っている」

上記ツイートのように、auひかりに興味を持ちつつ契約しようか悩んでいる方は少なくありません。
光回線は設置工事が必要になるケースも多く、月額料金もそれなりに発生するため、簡単に契約を決めにくいですよね。

そこで、こんな人にこそauひかりとの契約をおすすめしたい、という特徴をご紹介します。

auひかりはこんな人におすすめ!

  • auのスマホやケータイを使っている人
  • 速度が速い光回線を引きたい人
  • 他社回線から乗り換えたい人
  • キャッシュバックなどキャンペーンをお得に利用したい人
  • auひかりの提供エリア内にお住まいの人

auひかりのメリット・デメリットやより多くの口コミを知りたい方は、さっそく詳しく見てみましょう。

auひかりの6つのメリットと良い評判

ここからは、auひかりの良い評判や利用するメリットを紹介します。

auひかりを利用するメリットは以下の6つが挙げられます。

  1. 他社と回線を共有しないため通信速度が速い
  2. auスマートバリューで月額最大1,100円割引
  3. auひかりの月額料金は平均的
  4. プロバイダを8社から選べる
  5. 開通工事費が実質無料
  6. 他社違約金を最大3万円負担

それぞれのメリットについて、具体的にどういうことか、詳しく見てみましょう。

①他社と回線を共有しないため通信速度が速い

auひかりは自社回線を保有するサービスのため、インターネットの通信速度が他社よりも速くて混雑しにくいです。

一般的に多くの光回線ではNTT東西の提供する回線を利用した「光コラボ」サービスが多いのですが、auなど独自回線は自社で回線を用意して通信回線を提供するため、混雑時間帯でも通信速度が遅くなりにくく、光コラボよりも通信速度が速いです。

実際にどれぐらい通信速度が速いのか、みんそくの結果をまとめた表を確認してみましょう。

主な光回線の通信速度とPing値の平均値
通信速度Ping値
下り回線速度上り回線速度
auひかり382.32Mbps286.05Mbps18.89ms
ドコモ光252.25Mbps193.92Mbps20.95ms
ソフトバンク光305.23Mbps198.0Mbps17.76ms
NURO光480.35Mbps417.94Mbps12.65ms
フレッツ光ネクスト260.91Mbps195.09Mbps20.95ms
楽天ひかり196.55Mbps173.35Mbps29.49ms
平均約300Mbps約220Mbps25~30ms
※2021年8月23日時点

光コラボの通信速度は、平均下り速度が約300Mbps、Ping値が25~30程度です。
auひかりやNURO光など、独自回線は光コラボよりも通信速度が速いことが分かりました。

実際に、auひかりの通信速度に満足している口コミ評判も多く確認できました。

通信速度を重視するなら、auひかりはおすすめです。

②auスマートバリューで月額最大1,100円割引き

auスマートバリューとは、対象のスマホプランとauひかりのプランを契約すると、スマホの通信量が毎月割引になるサービスです。

auスマホをご利用中の方は、auひかりを契約すると「auスマートバリュー」の適用対象となり、スマホの月額料金が最大1,100円引きになります。

しかも、遠くで暮らしている家族も含めて最大10人まで対象となるため、家族全員でauを利用すると月額料金がおトクになります。

たとえば家族10人がauスマホを利用している場合、最大11,000円スマホの料金が割引されます。

実際「auスマートバリューを契約して得をした」という口コミ評判も確認できました。

ただしauスマートバリューを適用するには、事前の申し込みや対象プランでの利用など、条件もあります。

「auスマートバリューを活用して、おトクにauひかりを利用したい」という方は、あらかじめauスマートバリューの公式ページをチェックしておきましょう。

③auひかりの月額料金は他社と比べて平均的

auひかりの月額料金は高いと思っていませんか?
実は、auひかりの月額料金は他社と比較しても平均的な金額です。

さっそく各光回線サービスの月額料金を比較してみましょう。

auひかりと他社回線の月額料金比較
光回線戸建てマンション
auひかり1年目:5,610円
2年目:5,500円
3年目以降:5,390円
※「ずっとギガ得プラン」の「ネットのみ」契約の場合
4,510円
※「マンションタイプG 8契約以上」の「ネットのみ」料金
ドコモ光【タイプA:2年定期契約】
5,720円
【タイプB:2年定期契約】
5,940円
【タイプA:2年定期契約】
5,500円
【タイプB:2年定期契約】
5,720円
ソフトバンク光5,720円
※ファミリータイプ。2年自動更新プラン
4,180円
※2年自動更新プラン
NURO光5,700円
※NURO 光 G2D プラン
フレッツ光ネクスト5,940円3,355~4,455円
楽天ひかり1年目:3,080円
2年目以降:5,280円
1年目:1,980円
2年目以降:4,180円

契約するプランやオプションの有無、キャンペーンの適用などによって若干料金は変わります。
とはいえauひかりの月額料金は、他社と比較しても平均的か、若干安いです。

実際、auひかりの月額料金の安さに満足している口コミ評判も確認できました。

auひかりの月額料金は、特別安くはありませんが高くもない、平均的な価格だとわかります。

④プロバイダを8社から選べる

auひかり(戸建てタイプ)は8社のプロバイダの中から、好きなプロバイダを自分で選べます。
どのプロバイダを選んでも最大通信速度はそのままで、もちろん月額料金も変わりません。

またプロバイダによって支払方法や実施しているキャンペーンなどが異なるため、自分にあったプロバイダを好きに選べるのが魅力的です。

auひかりで契約できるプロバイダ8社と各社のキャンペーンなどを、以下にまとめました。

auひかりのプロバイダ
プロバイダキャンペーンセキュリティサービス支払方法
@nifty最大3万円のキャッシュバックキャンペーン常時安全セキュリティ 24口座振替、クレジットカード払い、KDDIまとめて請求
@T COMインターネット新規申し込み限定で5万円キャッシュバックキャンペーンノートンオンラインサービスクレジットカード払い、KDDIまとめて請求
ASAHIネット最大毎月580円の月額料金割引キャンペーンマカフィー・セキュリティスイートクレジットカード払い、KDDIまとめて請求
au one net「ネットと電話」新規加入で1万円キャッシュバックキャンペーン安心ネットセキュリティ口座振替、クレジットカード払い、窓口払い、KDDIまとめて請求
BIGLOBE最大6万円のキャッシュバックセキュリティセット・プレミアム口座振替、クレジットカード払い、KDDIまとめて請求
DTI新規入会で38,000円キャッシュバック-口座振替、クレジットカード払い、KDDIまとめて請求
So-net新規契約・コース変更された方に3年間毎月2,588〜2,824円の割引※ずっとギガ得プランの場合So-net セキュリティサービス口座振替、クレジットカード払い、KDDIまとめて請求
とくとくBBネット限定特典 最大61,000円キャッシュバックインターネット安心セキュリティクレジットカード、口座振替、請求書、KDDIまとめて請求
※2021年8月23日時点

キャッシュバックを狙うなら、還元額の多い「BIGLOBE」や「DTI」「@T COM」「@nifty」がおすすめです。
また支払い方法の多様さを重視するなら「au one net」との契約もおすすめです。

また、上記のように「キャッシュバックを獲得できた」といった口コミ評判も確認できました。

マンションタイプは4~7社からプロバイダを選ぶ

auひかり(マンションタイプ)は、8社ではなく4~7社の中からプロバイダを選ぶことになります。
また選べるプロバイダは、マンションの契約しているプランによっても異なります。

まずは、契約プランごとに利用できるプロバイダを確認してみましょう。

契約プラン対象プロバイダ
マンション タイプG(G契約)・都市機構G DX-G
  • @nifty
  • au one net
  • BIGLOBE
  • So-net
マンションタイプG(V契約)・タイプV・都市機構・タイプE・ミニギガ
  • @nifty
  • @T COM
  • ASAHIネット
  • au one net
  • BIGLOBE
  • DTI
  • So-net
マンション ギガ
  • @nifty
  • ASAHIネット
  • au one net
  • BIGLOBE
  • So-net
マンション タイプF
  • ASAHIネット
  • au one net
  • BIGLOBE
  • So-net

引用:auひかりマンション:プロバイダサービス一覧

賃貸アパートやマンションでauひかりを利用する場合は、現在マンションが契約している通信プランを管理会社や大家に確認するところから始めましょう。

⑤開通工事費が実質無料

auひかりは、「初期費用相当額割引キャンペーン」を適用することで、初期費用が実質無料になります。

auひかりの初期費用は、以下の通りです。

ホームタイプマンションタイプ
41,250円(税込)33,000円(税込)

ただし「初期費用相当額割引キャンペーン」を適用するには、以下の条件を満たす必要があります。

  • auひかり電話(月額550円)に加入が必須
  • キャンペーンを行っているプロバイダに申し込む
  • 毎月の料金から割引されるため、途中で解約すると工事費残債が発生する

「初期費用相当額が割引されるキャンペーン」を実施しているプロバイダは、以下の通りです。

  • GMOとくとくBB
  • @nifty
  • @T COM
  • au one net

※2021年8月時点

auひかりの開通工事は、通常であれば高額な費用がかかります。
しかし、キャンペーンを活用すれば実質無料となります。

以下はキャンペーンについての口コミです。

これからauひかりとの契約を考えている方は、キャンペーンを活用しておトクに契約しましょう。

auひかり(NEXT)の申込みはこちら

⑥他社違約金を最大3万円負担

auひかりでは、他社からの乗り換え時に発生する違約金を最大3万円までauが負担してくれる「auひかり 新スタートサポート ホーム」キャンペーンを実施しています。

ただしプロバイダによって還元額が変わる点に注意しましょう。

対象プロバイダと還元額は、以下の通りです。

対象プロバイダau PAY 残高(au WALLET 残高)へキャッシュバック(チャージ)または郵便為替合計
au one net、@nifty、@TCOM、BIGLOBE、So-net最大30,000円最大30,000円
Asahi Net、DTI最大15,000円最大15,000円
引用:auひかり

またキャッシュバックは、受け取り方によって還元される時期が異なります。
早めにキャッシュバックを受け取るなら、au PAY残高へのキャッシュバックがおすすめです。

還元時期
au PAY 残高(au WALLET 残高)申請受付から約1カ月後
郵便為替申請受付から約1.5~2カ月後

口コミ評判を確認すると、「auひかり 新スタートサポート ホーム」を活用しておトクに契約できた、といった旨の書き込みが確認できました。

これからauひかりを申し込もうと考えている方は、「auひかり 新スタートサポート ホーム」キャンペーンを活用するのがおすすめです。
ただしキャンペーン適用には以下の条件を満たす必要がある点に注意しましょう。

  • 申請書送付までにau PAY プリペイドカード(au WALLET プリペイドカード)のお申し込み(郵便為替での還元の場合は不要)、およびauひかり申込日から申込月を含めて12カ月以内に「スタートサポート共通申請書」にて申請
  • 他社固定インターネットまたは他社モバイルデータ通信端末からのauひかり「ずっとギガ得プラン」+「電話」+「電話オプションパックEX」に新規お申し込みかつ36カ月以上継続利用のお約束

auひかりの5つのデメリットと悪い評判

ここからは、auひかりのデメリットを、口コミ評判を交えてご紹介します。
結論を述べると、auひかりのデメリットは以下の5つが挙げられます。

  1. 提供エリアが限られている
  2. 工事費が他社平均より21,450円高い
  3. 戸建てプランは解約時に撤去工事が必要
  4. 地デジ、BSにテレビサービスが非対応
  5. カスタマーサポートセンターが混んでいる

どういうことか、詳しく見てみましょう。

①提供エリアが限られている

auひかりは一部の都道府県およびエリアでのサービス提供に限られます。

auひかり非対応エリア

静岡県、愛知県、岐阜県、三重県、大阪府、京都府、兵庫県、和歌山県、奈良県、滋賀県、沖縄県

また対応エリア内でも一部の場所ではauひかりを利用できないケースがあります
自分が住んでいる場所でauひかりが利用できるかどうかは、auひかり公式サイトの「提供エリアの検索」から確認できます。

「auひかりのサービス提供エリア外に住んでいるため、契約できない」という口コミ評判も少なくありません。

auひかりを検討しているなら、まずはサービス提供エリアをしてみましょう。

提供エリア外の方におすすめの光回線

残念ながらauひかりのサービス提供エリア外だった方は、auスマートバリューが適用される、下記の光回線との契約を考えてみませんか?

  • ソネット光プラス
  • BIGLOBE 光
  • eo光(関西エリアと福井県の方におすすめ)
  • コミュファ光(中部エリアの方におすすめ)
  • auひかりちゅら(沖縄県の方におすすめ)

auひかり以外でもauスマートバリューが適用される光回線を選ぶことで、毎月のスマホ料金がお得になりますよ。

②工事費が他社平均より21,450円高い

auひかりの工事費は、他社平均より21,450円高いです。

一般的な光回線の工事費は19,800円ほどですが、auひかりは工事費を含んだ初期費用が41,250円発生するからです。

auひかりと他社の工事費を比較した表をご覧ください。

プロバイダ名工事費
auひかり新規登録料:3,300円
初期費用(工事費含む):41,250円
ドコモ光新規登録料:3,300円
初期費用(代表的な場合):19,800円
ソフトバンク光新規登録料:3,300円
初期費用:26,400円
NURO光新規登録料:3,300円
基本工事費:44,000円
フレッツ光ネクスト新規登録料:880円
工事費:19,800円
楽天ひかり初期登録費:880円
標準工事費:19,800円

ご覧のように、auひかりの工事費は他社より高いことがわかります。
そのため、新規登録料や標準工事費の安さで光回線を選ぶならauひかりはおすすめできません。

実際にネットでも、以下のような口コミ評判が確認できました。

ただし一部プロバイダでは、標準工事費などが無料になる「初期費用無料キャンペーン」を実施しています。

「auひかりを契約したいけど、少しでも初期費用を抑えたい」という方は、初期費用無料キャンペーンを活用してみてはいかがでしょうか。

③戸建てプランは解約時に撤去工事が必要

auひかりの戸建てプランを解約する場合、撤去工事費(31,680円)が発生します。

契約更新月(解約違約金が発生しないタイミング)で解約しても撤去工事費は必ず発生するため、撤去工事費はあらかじめ用意しておきましょう。

ネットの口コミ評判を見ても、「撤去工事費が高い」といった旨のツイートは多く確認できました。

④地デジ、BSにテレビサービスが非対応

auひかりテレビは地デジやBSに非対応です。
他社ひかりテレビサービスの多くは地デジやBSに対応していますが、auひかりテレビでは視聴できません。

もしひかりテレビを利用して地デジやBSを視聴したいなら、auひかり以外のサービスを選びましょう。

⑤カスタマーサポートセンターが混んでいる

混雑時間帯やauひかりの通信障害が発生した時などは、カスタマーサポートが混んで電話が繋がりにくくなります。
カスタマーサポートに連絡するときは、比較的繋がりやすい日時に連絡するのがおすすめです。

カスタマーサポートへ繋がりやすさは、auひかり公式サイトにある「混雑予想カレンダー」から、混雑する日の予測を確認できます。

スムーズに問い合わせを行うなら、混雑予想カレンダーをあらかじめチェックしておきましょう。

混雑予想カレンダー

(画像引用:混雑予想カレンダー

口コミ評判を確認すると、「なかなかサポートセンターに繋がらない」という旨の投稿も確認できました。

一方で、「サポートセンターに電話したら、すぐに問題へ対応してくれた」といった、サポートを評価する書き込みもあります。

サポートセンターに問い合わせるなら、混雑しない日を狙って問い合わせるのがおすすめです。

auひかりのお得な申込み窓口:代理店NEXT

「おトクにauひかりと契約したい」と考えている人は、最大52,000円のキャッシュバックが最短1ヶ月で受け取れる、auひかりの正規代理店である「株式会社NEXT」経由での申し込みがおすすめです。

代理店経由でauひかりを申し込むメリットは、公式サイトとは別に代理店同時のキャッシュバックや特典を受け取れることです。

サービス料金や通信品質などはauひかりと同じなのに特典が充実しているため、auひかり公式サイトで申し込むよりおトクです。

NEXTからauひかりを申し込むメリット

  • オプション加入なし
  • 最大52,000円キャッシュバック
  • キャッシュバック受け取りまで最短1か月
  • auひかりの公式キャンペーンも併用可能
  • KDDIから何度も感謝状を貰っている優良代理店

たとえば代理店NEXT経由で「auひかり ずっとギガ得(ホームタイプ、So-netプロバイダ、ネット+電話)」を申し込んだ場合、以下のキャッシュバックを受け取れます。

  • 代理店独自キャッシュバック:27,000円
  • プロバイダキャッシュバック:25,000円

さらにKDDI公式キャンペーンを活用すれば、他社サービス解約時の解約違約金も還元してくれます。

「とにかくおトクにauひかりと契約したい」という方は、ぜひ代理店NEXT経由でauひかりに申し込みましょう。

auひかり(NEXT)の申込みはこちら

auひかりのよくある質問

ここからは、auひかりとの契約を考えている方に向けて、契約前によくある質問について解説します。

auひかりのよくある質問

  • auひかりの申し込みから開通までの期間は?
  • auひかりのホーム5ギガ・10ギガプランとは?
  • auひかりはプロバイダの変更や乗り換えはできる?
  • auひかりの引っ越し・移転方法は?
  • auひかりの解約違約金はいくら?

それぞれの質問と回答を、詳しく見てみましょう。

auひかりの申し込みから開通までの期間は?

auひかりを申し込んでから工事・開通までにかかる時間は、一般的に1~2ヶ月ほどかかります。
ただし時期によってはこれより遅くなる可能性もあるので、早めに申し込んでおくことをおすすめします。

特に進学・就職・転勤が多い3~4月になると、工事依頼が多くなり、申し込みから工事まで2ヶ月以上かかることも珍しくありません。

また最近では新型コロナウイルスの影響で、通常よりも工事まで時間がかかるケースもあります。
実際、ネットの口コミ評判では「ぜんぜん工事できない」といった投稿が多く確認できました。

auひかりとの契約を決めたら、早めに工事の依頼をしておきましょう。

auひかりのホーム5ギガ・10ギガプランとは?

auひかりには、通常回線よりも通信速度が速い「ホーム5ギガ・10ギガプラン」があります。

多くの人が申し込む「ホーム1ギガプラン」よりも通信速度が速いため、「とにかく通信速度が速いほうがいい」という人におすすめです。

ただし一般利用で1Gbps以上の通信速度が求められるケースはほとんどありません。

たとえば4K動画を再生する場合でも、必要になる通信速度は25Mbps以上です。

これは1ギガプランでもまったく問題なく出せる通信速度です。
よって仕事でより高速な通信回線が必要など一部の人を除き、5ギガ以上のプランを契約するメリットはそれほどありません

auひかりはプロバイダの変更や乗り換えはできる?

auひかりは、一度契約すると途中でプロバイダの変更・乗り換えができません

フレッツ光や光コラボなどでは、契約中でもプロバイダを乗り換えたりできました。
しかし、auひかりはプロバイダの変更ができないため、もし乗り換える場合は一度auひかりを解約して再度申し込む必要があります。

また解約して再度契約するまで、ネットが使えなくなる期間が発生する点にも注意が必要です。

auひかりを契約するときは、プロバイダ選びは慎重に行いましょう。

auひかりの引っ越し・移転方法は?

auひかりを引っ越し先で利用するには、以下7つの手続きを行う必要があります。

手続きには1ヶ月ほどかかるため、余裕を持ってKDDIに連絡しておきましょう。

  1. KDDIへ連絡
  2. KDDI受付
  3. KDDIから「回線工事日」と「新しい電話番号(電話サービスを申し込んだ方のみ)」をお知らせ
  4. 「ご利用開始日のご案内」と「宅内機器」のお届け
  5. 光回線工事
  6. 宅内機器の接続
  7. 利用開始

(画像引用:auひかり「auひかり:お引っ越しお手続き」

また回線の引っ越しには、以下費用が発生します。

ホームマンションマンションミニ ギガ
初期費用(工事費含む)41,250円33,000円33,000円
登録料880円880円880円
土日祝日工事割増料金3,300円--
かけつけ設定サポート7,480円7,480円7,480円

(画像引用:auひかり「お手続き費用について」

このように4万~5万程度はかかるため、事前に用意しておきましょう。

auひかりの解約違約金はいくら?

auひかりの解約違約金および更新月(無料で解約できる期間)は、以下の通りです。

戸建てプランマンション
ずっとギガ得プランギガ得プラン標準プランお得プランA標準プランB
契約期間3年2年-2年-
契約解除料16,500円10,450円-10,450円-

たとえばずっとギガ得プランの場合、ご利用開始月を1ヶ月目として、3年後の契約更新月とその翌月および翌々月に解約すると、解約違約金は発生しません。

仮に2021年8月に利用開始した場合、2024年の8〜10月に解約すると、解約違約金は発生しないことになります。

まとめ

auひかりの評判・メリット・デメリットについて、ネットの口コミを交えつつ紹介しました。
ここまでの内容をまとめると、auひかりは以下の方におすすめする光回線です。

auひかりはこんな人におすすめ

  • auのスマホやケータイを使っている人
  • 速度が速い光回線を引きたい人
  • 他社回線から乗り換えたい人
  • キャッシュバックなどキャンペーンをお得に利用したい人
  • auひかりの提供エリア内にお住まいの人

auひかりは「auスマホを利用している方」や「通信速度が速くて安定している固定回線が欲しいと考えている方」におすすめです。

ただし途中でプロバイダを変更できなかったり、工事費が他社より高かったりする点が残念なポイントです。
うまく乗り換えキャンペーンやキャッシュバックを活用して、工事費の負担を減らしましょう。

auひかり(NEXT)の申込みはこちら

家計の見直しは「固定費」の削減から始めよう!支出の見直しポイントとプロが教えるおすすめの方法はコレ!

この記事の著者

編集

Soldi編集部

Soldi編集部は「おうちのお金をスマートに」をコンセプトにコンテンツの配信を行っています。

※当サイトに掲載している情報は、万全の保証をいたしかねます。
機器、サービスの価格、スペック等の詳細情報は、必ず各公式サイトでご確認ください。

【完全版】自分に合った格安SIMが見つかる!

【完全版】自分に合った格安SIMが見つかる!

【28社比較】おすすめのWiMAXプロバイダはこれ!

【28社比較】WiMAXを契約するなら! おすすめプロバイダ厳選5社!



ナビナビ保険