Menu

auの新プラン「povo(ポヴォ)」はMNP転出が必要?乗り換え方法を徹底解説

auが新たに発表した料金プラン「povo」。

月額2,728円(税込)で月間データ容量が20GBまである、これまでの料金プランよりも格安な料金プランです。
複数の格安料金プランが発表されていますが、月額料金が他社よりも安かったり、独自のシステムがあったりと唯一無二の料金プランが注目を集めています。

そんな「povo」の概要や乗り換えにあたるMNP転出について、詳しく解説します。

auの新プラン「povo」とは

2021年3月23日に、auの新料金プラン「povo」がサービス開始となりました。
2020年末から発表され始めたドコモの「ahamo」やソフトバンクの「LINEMO」に対抗したauの格安プランで、月額2,728円(税込)で月間20GBのデータ容量を利用できます。

「povo」という名前は、英語で「新たな視点」を意味する「point of view」と、ラテン語で「卵から/最初から」を意味する「ab ovo」を組み合わせてつけられています。

povoには5分以内の通話が無料になる定額通話が標準オプションとしてついていない分、ahamoよりも月額料金が安くなっています。通常のau回線を利用でき、夏からは5Gにも対応するため、安いから通信が不安定になるということはありません。

そんなpovoの最大の特徴は、「トッピング」という独自のシステムがあることです。「トッピング」では必要なオプションを追加することで、それぞれの利用状況に応じた料金のみを支払えるシステムです。

第1弾のトッピングとして「データ使い放題 24時間」、「5分以内かけ放題」、「通話かけ放題」の3種類が発表されており、提供開始とともに利用可能。トッピングのオプションは随時導入されていきますが、現時点では「2時間 ムービー見放題」や「24時間 SNS使い放題」などが今後導入されていくことが発表されています。

月額料金の安さの理由として、店舗でのサポートや一部の機能の制限などがあります。特に手続きやサポートは全てオンラインのみでしかできません。店舗や電話での受付はなく、公式サイトで申し込みをしたり、チャットで問い合わせを行う必要があります。

povoはauからの乗り換えはMNPの手続きが不要

auからpovoへ移行する場合は、MNPの手続きは不要です。

ただし、同じKDDIグループであるUQモバイルからの乗り換えの場合はMNP予約番号の取得が必要になります。UQ以外の携帯電話会社からの乗り換えの場合も同様にMNPの手続きが必要になります。

詳しい方法は次項以降で紹介します。

転出手数料等は実質無料

auやUQモバイルから、povoへ移行する場合、転出費用は実質無料で乗り換えできます。

通常は「契約解除料」「番号移行手数料」「新規事務手数料」(UQモバイルは「SIMパッケージ料金」に相当)が必要です。
auやUQモバイルからpovoへ乗り換える際も、一度は請求されますが、翌月以降povoの利用料金から相当分が割引されます。

乗り換えに伴う費用は実質0円でpovoへ移行できるので、auやUQモバイルからpovoへ乗り換えを検討している方は簡単な手続きだけで乗り換えができます。

povoへ乗り換える方法

ではpovoへ乗り換える方法を紹介します。
auからpovoに乗り換える場合と、他社からpovoに乗り換える場合の手順をそれぞれご紹介します。

au従来のプランから変更する場合

auからpovoへ乗り換える場合は下記の手続きが必要です。

  1. povo申し込みサイトから「申し込み」ボタンをクリックする
  2. au IDでログインする
  3. 契約内容を入力し、同意事項を確認する
  4. 一部端末の場合au ICカードを交換する

下記の端末を利用している人は、au ICカード(SIMカード)の交換が必要です。

  • iPhone 7
  • iPhone 7 Plus
  • iPhone 6s
  • iPhone 6s Plus
  • iPhone SE(第1世代)

申し来み完了後、自宅に郵送されるSIMカードを交換する必要があります。
さらに上記端末の場合は受付開始が未定で、2021年4月にずれ込む見込みとなっています。

またpovoは基本auで購入したスマートフォンは利用できますが、下記の機種は対応外となっています。

  1. 2014年10月以前にauで販売したAndroidスマートフォン
  2. auケータイ
  3. 「au Nano IC Card 04」「au Nano IC Card 04 LE」以外のSIMカードでご利用可能な端末

上記の機種に該当しないかどうか事前に確認するようにしてください。

au以外のキャリアから乗り換える場合

au以外からpovoへ乗り換える場合には、MNPの手続きが必要です。
MNPはMNP予約番号の取得が必要です。MNP乗り換えの手順は下記の通りです。

  1. 公式サイトでpovoの対応機種を確認する
  2. MNP予約番号を取得する
  3. povo申し込みサイトから「申し込み」ボタンをクリックする
  4. 契約内容を入力する
  5. eKYCで本人確認をする
  6. 契約している携帯電話会社にSIMロック解除を申請する
  7. SIMの開通手続きをする

対応機種を確認する

他社からの乗り換えの場合、下記ページから対応機種を必ず確認するようにしてください。
対応端末|新料金プラン「povo」誕生|au

povoの場合、auから販売された機種の動作確認は進んでいますが、ドコモやソフトバンクなどから購入した端末の動作確認ができていないからです。

iPhoneに関しては、販売元に関わらずiPhone 6sシリーズ以降のiPhoneの動作確認が完了しています。
しかしAndroidに関しては基本的にauで販売された端末しか動作確認が完了していません。ドコモやソフトバンクなどから購入した端末は同じ機種名であっても、一部機能が使用できなかったり、通話やデータ通信ができなかったりすることがあります。

動作確認は順次更新される可能性が高いですが、動作確認が済んでからの乗り換えをお勧めします。

MNP予約番号を取得する方法

まずは乗り換える前の通信事業者から「MNP予約番号」を取得する必要があります。

MNP予約番号は契約している携帯電話会社の受付窓口から取得できます。
ネットや店舗で取得することもできますが、電話窓口が簡単でおすすめです。
ドコモやソフトバンク、UQモバイルのMNP予約番号受付窓口は下記の通りです。

  • ドコモ
    ドコモ携帯から:局番なしの「151」
    一般電話から:0120-800-00(ドコモインフォメーションセンター)
    ※受付時間:午前9時~午後8時
  • ソフトバンク
    ソフトバンク携帯から:「*5533」
    一般電話から:0800-100-5533
    ※受付時間:午前9時~午後8時
  • UQモバイル
    UQ携帯・一般電話から:0120-929-818(UQ mobile お客様センター)
    ※受付時間:午前9時~午後8時

格安SIMなどの専用窓口が設けられていない場合には、会員サイトにログインをし予約番号を発行します。数日待ち再度会員サイトにログインをすると、予約番号が確認できます。

MNP予約番号には15日間の有効期限があります。
au側の手続き分の猶予も必要なため、MNPは有効期限の残日数が10日以上ある予約番号が必要です。失効しても再取得は可能ですが、MNPの予約番号の取得からできるだけ早く乗り換え手続きに移ることがおすすめです。

eKYCとは

手順にあるeKYCとは、「electronic Know Your Customer」の略で、本人確認をオンライン上で行える仕組みのことです。

本人確認書類の顔写真と、自身で撮影した顔写真をアップロードすることで、顔を照合し簡単に本人確認ができます。

これによりショップなどに行かなくても本人確認ができるので、手続きが簡単になります。
また手続き自体もすぐに完了するため、契約完了までの時間が短縮できるのもメリットです。

SIMロック解除する方法

SIMロック解除は携帯電話を購入したキャリアに連絡することで簡単に可能です。

オンライン上でSIMロック解除が可能なため、それぞれ下記のサイトにアクセスして手続きを行ってください。

SIMロック解除をしても機能性に変化はなく、全くデメリットはありません。携帯を購入したらすぐにSIMロック解除する人もいるほどです。

ただし、下記のような一部の古い機種はSIMロック解除ができない端末もあります。

  • iPhone:iPhone5以前のシリーズ
  • Android:2015年4月以前に発売された機種

SIMロック解除できない機種をお使いの場合は、まず機種変更してから乗り換えるようにしてください。

SIMロック解除の方法は下記ページで詳しく解説しているので参考にしてください。

まとめ

auでは、「トッピング」という独自のシステムを持ち合わせた新料金プラン「povo」の提供が開始予定です。
多くの魅力がある「povo」は、他社からの乗り換えであっても、MNPを行うことで電話番号を変更せずに乗り換えることができます。
さらに2021年4月からはMNP転出手数料が無料となるため、ますます手軽に乗り換えができるようになります。
MNP乗り換えの注意点を踏まえ、auのお得な料金プラン「povo」に乗り換えましょう。

この記事の著者

編集

Soldi編集部

Soldi編集部は「おうちのお金をスマートに」をコンセプトにコンテンツの配信を行っています。

※当サイトに掲載している情報は、万全の保証をいたしかねます。
機器、サービスの価格、スペック等の詳細情報は、必ず各公式サイトでご確認ください。

【完全版】自分に合った格安SIMが見つかる!

【28社比較】おすすめのWiMAXプロバイダはこれ!