Menu

au端末で格安SIMを利用する方法

auの端末についてはSIMフリーと謳ってはいますが、ドコモやソフトバンクのSIMの利用はできません。

以前auではSIM交換が可能なタイプの端末でも、SIMを差し替えて他の端末で利用するには、auショップに持ち込んでセンター側で登録を変更する必要がありました。

2015年9月現在のLTE端末では、そうした作業を必要とせず、auの端末間であればユーザーが任意で差し替えが可能となっています。

これをau内ではSIMフリーと呼んでいますが、他の回線では利用できないため一般的には「キャリアロックフリー」と呼ばれています。

au端末はSIMロック解除できない

au端末は3G携帯時代ではできなかったSIMの差し替えがLTE 端末で可能となりましたが、依然として格安SIMや、他社のSIMカードが使用できない状態です。

格安SIMの「mineo」のみがau 端末に対応している形となります。

au回線の格安SIM「mineo」を使う

MVNOといえばドコモの回線をレンタルしている業者がメインでしたが、au回線の格安SIM事業者「mineo」が登場しました。

auの通信エリアで格安SIMを利用したいユーザーにとっては待望のブランドが登場したといえます。

もちろん、通常のSIMフリー端末でも使用できますので、auの4G LTEのスピードを利用してみたいユーザーにとっては魅力のある選択肢といえます。


なお、通話プランも用意されていますが、こちらは3Gのサービスエリアとなっています。

また、 データ通信に関しては4G LTEエリアのみで使用可能となっており、下位互換的に3Gエリアでの利用は不可となっています。

ウェブサイトから使用できる端末が確認できる

mineo公式

mineoサイトから対応端末を確認

データは4Gのみ、通話は3Gのみに限定される

mineoはauのLTE通信網に特化したMVNOサービスであるため、3G端末でのデータプランの利用はできません。

端末が3GとLTE(4G)をサポートしていても、3Gのエリアでは通信ができないということで、4G LTEの整備が進んでいないエリアでは注意が必要です。

ドコモの格安SIMでは利用できていた3G回線への下位互換性が通信を保証していた部分もありますが、3Gに入った途端に切り替わらない(利用できない)ので都市部など、整備が進んでいる箇所に限定されるといえます。

対応機種の確認が必要

ドコモとソフトバンクが採用していたW-CDMAではなく、au独自のCDMA2000という規格で運用されていた影響により、最新のLTE端末、もしくはSIMフリー端末が条件となります。

さらに、通信もLTE限定ということを覚えておきましょう。

通話プランも用意されていますが、auのCDMA2000規格での提供ですので、対応機種の確認が必要です。


データプラン 通話プラン 備考
au端末(4G LTE) △:CDMA2000に対応している端末のみ
au端末(3G) ―:4Gのみのプランなのでデータ通信不可
SIMフリーiPhone

※当サイトに掲載している情報は、万全の保証をいたしかねます。
機器、サービスの価格、スペック等の詳細情報は、必ず各公式サイトでご確認ください。