Menu

auから楽天モバイルへの乗り換えはこれで解決!5つのポイントとMNP手順

auから楽天モバイルへの乗り換えはこれで解決!5つのポイントとMNP手順

auから楽天モバイルへの乗り換えを考えていませんか。

楽天モバイルは2019年4月現在、ドコモ回線とau回線の2つから選べるようになって、auからの乗り換えがしやすくなりました。

とはいえ、au端末をそのまま使ってau回線プランを契約する場合でも、図のように、多くはSIMロック解除が必要です。

引用:楽天モバイル「au回線」
画像引用:楽天モバイル「au回線」

でも心配いりません。この記事では、

  • auから楽天モバイルに乗り換える方法が知りたい
  • 乗り換え時の注意点を知りたい
  • 乗り換えるのに最適なタイミングは?
  • 対応している端末は?

こんな疑問にお答えしながら、損しないでauから楽天モバイルに乗り換える方法と注意点をご紹介します。

MNPの手順も解説しているので、解説に添って手続きをすれば、スムーズに乗り換えを完了できます。

楽天モバイル公式ページ

おすすめ格安SIM5選!

  • Y!mobile
  • キャリアなのに安い・かつ速いと言うイイトコ取りサービス
  • 公式サイトへ
  • UQモバイル
  • auのサブキャリア! Web限定で5,000円の高額キャッシュバックも実施中!
  • 公式サイトへ
  • mineo
  • サービス満足度1位! 安定性が自慢かつ、キャンペーン適用で最安値クラスに!
  • 公式サイトへ
  • BIGLOBEモバイル
  • 動画も音楽も好きなだけ! エンタメフリーオプションが魅力!
  • 公式サイトへ

目次

auから楽天モバイル乗り換えにかかる総費用を確認

auから楽天モバイル乗り換えにかかる総費用

乗り換えでネックになりがちなのが、他社へ契約変更するにあたってかかる諸々の費用。

auから楽天モバイルに乗り換えるとき、どれくらいの費用がかかるのでしょうか?

  1. 契約解除料(対象者すべて)…9,500円または3,000円
  2. MNP転出手数料(MNPでの転出を希望する場合)…3,000円
  3. au端末代金の残額(端末代金の分割支払い残金がある場合)…全残額を分割払いまたは一括払いで

3つの費用をもう少しくわしくお話しします。

1. 契約解除料

「2年契約」または「1年契約」を契約していて、更新期間以外に解約すると、「2年契約」なら9,500円、「1年契約」なら3,000円の契約解除料が発生します。

多くは「2年契約」です。9,500円の契約解除料は結構負担が大きいですね。

その上、「2年契約」で自動更新の場合、解約した月の基本使用料は満額を請求されます。日割でないことにも注意が必要です。

ちなみに「2年契約」で自動更新なしの場合、契約期間2年以内の解約のみ、契約解除料9,500円がかかります。

2. MNP転出手数料 

携帯電話番号ポータビリティ(MNP)による転出には、3,000円の手数料がかかります。

とはいえ携帯電話の番号を新しくしてしまうと、家族や友人だけでなく、その他利用している様々なサービスでも登録変更しなければならなくなるため、できればMNP転出で乗り換えたほうが賢明です。

3. auの端末残金があれば残り全額の支払い

端末代金の分割支払い残金がある場合、解約後も引き続き支払いが残り、全残額を分割払いまたは一括払いで支払います。

数万円単位で残債が残っている場合もありますので、事前に確認しておきましょう。

端末の残債は「My au TOP(ご利用料金)」から確認することができます。

「料金内訳を確認する」をタップすると、契約時に決めた4桁の暗証番号の入力が求められます。

入力後出てくる画面で該当の電話番号を選択すると、端末代金の残債がわかります。

また、毎月割は解約月の前月で終了してしまうので注意して下さいね。

楽天モバイル公式ページ

そもそも、auから楽天モバイルへの乗り換えパターンは2つ

auから楽天モバイルへの乗り換えパターンは2つ

auから楽天モバイルに乗り換えるパターンは以下の2つです。

  1. 今使っている端末のまま、楽天モバイルに乗り換える
  2. 端末を楽天モバイルで新たに購入&乗り換え

今使っている端末のまま、楽天モバイルに乗り換える場合、同じau回線でも多くはSIMロック解除が必要な場合があります。

端末を楽天モバイルで新たに購入して乗り換える場合は、SIMロック解除は必要ありません。

また、楽天モバイルのAPN設定も済んでいるので、乗り換えはとても簡単です。

「APN」とは?

アクセスポイントネームの略。

インターネットに接続するための情報で、携帯情報端末などを携帯電話ネットワークに接続してデータ通信を行う際に必要な情報のこと。接続先やユーザー名、パスワードなどが含まれます。家庭のパソコンからインターネットに接続する際のプロバイダ設定に当たるものです。

端末のAPN設定手順は「auから楽天モバイルへの乗り換え手順」の章でくわしく紹介しています。

auから楽天モバイルへの乗り換え要点5つのポイント

auから楽天モバイルへの乗り換えのポイントは次の5つです。

この5つのポイントをくわしくお話します。

1. 端末をそのまま使う場合、同じ回線プランでも要SIMロック解除がほとんど

冒頭でも説明しましたが、これまで使っていたau端末をそのまま使う場合、SIMフリーでそのまま利用できる端末、SIMロックを解除して利用する端末、さらに、SIMロック解除のできない端末があります。

現在の端末の利用可否を確認

次の図をご覧ください。

引用:楽天モバイル「au回線」
画像引用:楽天モバイル「au回線」

たとえばauのiPhoneの場合、iPhone 8、 iPhone 8 Plus、iPhone X、iPhone XS、iPhone XS Max、Phone XRはそのまま利用できます。

Anroid端末と、iPhone 6s、iPhone 6s Plus、iPhone SE、iPhone 7、iPhone 7 Plusは、SIMフリーであればそのまま利用できます。

SIMフリーでなければ、SIMロック解除が必要です。

iPhone6, iPhone6 Plus の場合も、SIMフリーならそのまま利用できます。

けれど多くは、au端末をそのまま使う場合でもSIMロック解除が必要です。

iPhone5s、iPhone5c は、SIMロック解除しても利用できません。

楽天モバイルで使える端末の詳細は、楽天モバイルの「動作確認から済み端末」から確認できます。

SIMロック解除の条件

SIMロック解除の対象端末をSIMロック解除するために、次の5つの条件を満たしている必要があります。

  • auスマートフォンなら2015年4月23日以降に発売された機種である
    iPhoneなら2015年5月1日以降に発売された機種である
  • 端末購入日から101日目以降である
  • ネットワーク利用制限中のau携帯電話でない
  • 解約済の場合は、解約日から100日以内である
  • 契約者本人の手続きである

SIMロック解除は自分でやるのがおすすめ

SIMロックを解除するには、MY au(Web)から自分で行う方法と、auショップ(店舗)で行ってもらう方法があります。

自分で行えばSIMロック解除手数料は不要ですが、auショップだと3,000円の手数料がかかります。

できれば解除は自分で行えると良いですね。

自分でSIMロック解除する場合

SIMロック解除を自分で行う場合、自分のau携帯電話がSIMロック解除可能かどうかを確認して、パソコン・スマートフォンから My auに進み、手続きをします。

SIMロック解除対応の機種かどうかは、au「SIMロック解除が可能なau携帯電話などの実装周波数帯一覧」から確認できます。

SIMロック解除の受付時間は9:00~21:30です。

auショップでSIMロック解除を申し込む場合

auショップで申し込む場合は、次の3つを準備して店舗に行きましょう。

  • SIMロック解除するau携帯電話
  • 本人確認書類
  • 手数料3,000円
SIMロック解除、申し込みの条件4つ

自分で行う場合も、auショップで申し込む場合も、au携帯電話は次の条件を満たしている必要があります。

  • 2015年4月23日以降に発売されたSIMロック解除機能対応の機種である
  • 現在auで契約中、My auで購入履歴が確認できる機種である
  • ネットワーク利用制限中のau携帯電話でない
  • 機種購入日から101日目以降である

2. au回線は組み合わせプランのみ

楽天モバイルはドコモ回線とau回線の2つから選べるようになりましたが、au回線を選ぶ場合、プランの選択肢は「組み合わせプラン」のみです。

人気プランの「スーパーホーダイ」は選べません。「スーパーホーダイ」はドコモ回線のみに対応するプランです。

「組み合わせプラン」とは

好みの高速データ通信容量、通話オプションなどを組み合わせて申し込む月額料金プラン。

データSIM(SMSあり)を利用する場合は、このプランでの申し込み。

au回線、ドコモ回線、どちらにも対応。

「スーパーホーダイ」とは

高速データ通信容量を使い切っても、最大1Mbpsでデータ使い放題。

国内通話10分かけ放題もセットになったプラン。

ドコモ回線のみ対応。

「スーパーホーダイ」プランにしたいなら、ドコモ回線を選ぶ必要があります。

楽天モバイルの「組み合わせプラン」月額基本料はこうです。

組み合わせプラン月額基本料

※スマホの方は表をスワイプできます。

【楽天モバイル】組み合わせプラン - docomo回線
通話SIM
【DoCoMo回線】【au回線】
050データSIM
【DoCoMo回線】【au回線】
データSIM
【DoCoMo回線】
ベーシックプラン 1,250円 645円 525円
3.1GBプラン 1,600円 1,020円 900円
5GBプラン 2,150円 1,570円 1,450円
10GBプラン 2,960円 2,380円 2,260円
20GBプラン 4,750円 4,170円 4,050円
30GBプラン 6,150円 5,520円 5,450円

参照:楽天モバイル_組み合わせプラン

通話をするなら、この「組み合わせプラン(通話SIM)」に、通話オプションを付けます。

「楽天でんわ10分かけ放題by楽天モバイル」は、月額850円で10分以内の国内通話が何度でもかけ放題になる通話オプション。

もし10分を超えても30秒/10円で使えます。

3.au回線はデータSIMには未対応

au回線にはデータSIM(SMSなし)プランはありません。

データSIM(SMSなし)を希望する場合は、ドコモ回線を選びます。

4.iPhone×au回線はテザリングが使えないので注意

iPhone端末をSIM解除して楽天モバイルで利用する場合、au回線を選ぶとテザリング機能は基本的に使えません。

iPhone端末の利用で、テザリング機能を使いたいなら、ドコモ回線での契約をおすすめします。

Androidスマホであれば、au回線でもテザリング機能が使えるので、楽天モバイルでSIMフリーのAndroid端末を購入する方法もあります。

5.auのAndroid×楽天モバイルのドコモ回線なら動作確認が必要

auのAndroid端末をSIM解除して楽天モバイルで利用する場合、ドコモ回線だと電波を拾いにくいという報告があります。

楽天モバイルは、「auのAndroid端末での利用でも、ドコモ回線にした場合の電波は不便なく利用できる」とは言っていますが、「動作確認が必要」とのただし書き付きです。

でも、人気の「スーパーホーダイ」プランはドコモ回線でしか利用できません。

auのAndroid端末をドコモ回線で利用したいなら、次のアドレスから、Android端末の動作確認をしておきましょう。

楽天モバイルが確認した、動作確認済み端末一覧はこちらです。

楽天モバイル側は、「記載のない端末は動作未確認であり、動作保証はできない」と言っています。

記載のない端末を利用する場合は、au回線のほうが安心です。

楽天モバイル公式ページ

契約更新月まで4ヶ月以上あるなら、auから楽天モバイルに今乗り換えよう!

契約更新月まで4ヶ月以上あるなら、auから楽天モバイルに今乗り換えよう!

auの契約解除料は9,500円と高額ですが、だからといって更新月を待たないほうが良い場合があります。

楽天モバイル「組み合わせプラン」(データ容量3.1GB、通話SIM)に「楽天でんわ10分かけ放題by楽天モバイル」(月額850円)をオプションで追加すると、月額利用料は1,600円+850円=2,450円。

楽天モバイル「スーパーホーダイ」(プランS、2GB)なら、月額利用料は最初の2年間は1,480円。

auピタットプラン(スーパーカケホ)3GB契約の場合、月額利用料は4,480円(1年間は2,980円)なので、月額利用料は、「組み合わせプラン」なら2,030円、「スーパーホーダイ」なら2,500円、au契約時より安くなります。

プランごとの差額を表にすると、こうなります。

au→楽天モバイル乗り換えの差額
楽天モバイル
プラン名
月額利用料 au同様プラン
との差額
組み合わせプランの場合 3.1G 通話SIM
+10分かけ放題
2,450円 -2,030円
※1
3.1G データSIM
(SMSあり)
1,020円 -2,960円
※2
スーパーホーダイの場合 プランS(2G) (最初の2年間)
1,480円
-2,500円
※1
プランM(6G) (最初の2年間)
2,480円
-3,000円
※1

※1 「auピタットプラン(スーパーカケホ)」スマートバリュー適用時で比較
※2 「auピタットプラン(シンプル)」スマートバリュー適用時で比較
参照:楽天モバイル「組み合わせプラン」
  :楽天モバイル「スーパーホーダイ」
  :au「auピタットプラン」

「組み合わせプラン」(+「楽天でんわ10分かけ放題」)の場合なら5ヵ月目、「スーパーホーダイ」(プランS)の場合なら4ヵ月目で、契約解除料の元が取れるわけです。

auの契約更新月まで4ヵ月以上あるなら、更新月を待たずに解約して、楽天モバイルへの乗り換えを検討してみましょう。

auから楽天モバイルへの乗り換え手順

兄リスのイラスト
MNP乗り換え手順は通常の乗り換え手順と同じだよ!

次のステップに従って乗り換えましょう。

STEP1:MNP予約番号を取得する

現在契約中のauに電話あるいはショップでMNP予約を申し込み、MNP予約番号を受け取ります。

  • MNP予約受付窓口電話番号:0077-75470
  • 受付時間:9:00~20:00

MNP予約番号の有効期限は予約番号発行日を含めて15日間ですから、この期間中に必ず乗り換え手続きを行いましょう。

STEP2:楽天モバイル公式ページから契約申し込み

楽天モバイル公式ページから契約申し込みをします。

申し込みは楽天モバイルショップ(※)でもできますが、店舗数が少ないので、基本的にはWebでの申し込みです。

※ショップ一覧はこちらから確認できるので参考にして下さい。

楽天モバイル公式ホームページから申し込む時、MNP予約番号の有効期間が「10日以上」残っていることが必要です。

申し込みの際には、次の4つを準備しておきます。

  1. 支払いのためのクレジットカードまたは金融機関口座
  2. 本人確認のための運転免許証、マイナンバーカードなど
  3. MNP予約番号
  4. 楽天会員ログインIDとパスワード
    ※楽天会員であれば会員特典が受けられるので、もし会員でないなら登録しておくことをおすすめします。

申し込みは、楽天モバイル公式ホームページ右上の「お申し込み」から行います。

では、申し込み画面に進みましょう。

端末そのまま、または自分で調達して乗り換える場合

「プラン選択」画面でau回線かドコモ回線かを選択し、「SIMのみ」を選びます。

画像引用:楽天モバイル「申し込み」
画像引用:楽天モバイル「申し込み」

続いて料金プランなどを選んでいきます。

画面右側に順次利用料金が表記されていくので、参考にしながら選びましょう。

端末をセット購入する場合

まず、「プラン選択」画面でau回線かドコモ回線かを選択し「端末+SIMセット」を選択します。

製品一覧と機器代金が表示されるので、希望する端末をタップし、カラー、端末オプション、料金プランなどを選んでいきます。

画面右側に順次利用料金が表記されていくので、参考にしながら選びましょう。

STEP3:SIMカードの受け取りと開通手続き

MNPを行うには2通りの方法があり、申し込みの際にどちらかを選びます。

2つの申し込みの違いをお話しします。

「ご自宅MNP」を利用してMNPを行う

WebでMNPを申し込むと、2~3日で自宅に新しいSIMカードが届くのですが、この間、スマホで電話・ネットができません。

「ご自宅MNP」は、それを避ける方法です。

MNP手続きの際に「ご自宅MNP」を選ぶと、スマホで電話・ネットができない期間はゼロです。

SIMカードを受け取ったら、楽天モバイル開通受付センターに電話し、開通作業を行ってもらいます。

楽天モバイル開通受付センター
0800-805-1111
※通話料無料

10:00~18:50までに開通受付が完了した場合、当日中に切替が完了します。

18:51~翌9:59までに開通受付が完了した場合、10:00以降に切替が完了します。

の電話をしておかないと、MNPの有効期限終了の2日前からの自動開通作業になってしまい、すぐにスマホが使えるメリットがなくなりますから、注意して下さい。

「ご自宅かんたん本人確認」を利用する場合、MNP手続きの選択肢は「ご自宅MNP」のみです。

「ご自宅かんたん本人確認」とは?

申し込み画面で端末や料金プランを選択して、「お客様情報入力」画面まで進み、「本人確認方法」の項目で「ご自宅かんたん本人確認」を選択した場合、SIMカード配達時に、自宅で本人確認書類を配達員に提示して本人確認します。そのため、本人確認書類のアップロードなどの手間がありません。

本人確認の際は、次のいずれか1点を提示する必要があります。

  • 運転免許証
  • 日本国パスポート
  • マイナンバーカード
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書

「ご自宅MNP」を利用する場合、次の2つができません。

  • 支払い方法を口座振替に指定
  • 端末/アクセサリー料金の支払いの代金引換

注意が必要です。

Web申し込みと同時にMNPを行う場合

WebでMNP手続きを申し込むと、2~3日で自宅に新しいSIMカードが届きます。

ただしこの期間はスマホで電話・ネットができなくなります。

支払いが口座振替、あるいは機器代金などの代金引換を利用する場合は、この「Web申し込みと同時にMNPを行う」方法を選びます。

STEP4:SIMカードの交換と設定

SIMカードのみを申し込んだ場合は、自分でSIMカードをスマホに挿入する必要があります。

新品のスマホにはSIMカード取り出しツールが入っているので、それを使ってSIMカードトレイを開けます。

端末の電源を一度オフにした状態で楽天モバイルのSIMカードを挿し、次の手順でAPN設定を行いましょう。

APN(アクセスポイントネーム)とは、インターネットに接続するための情報で、接続先やユーザー名、パスワードなどが含まれます。

楽天モバイルのAPN設定については、以下の記事でくわしく手順を説明していますので、実際に行う時には確認しながら設定してみてくださいね。

ちなみに、楽天モバイルでセット販売している端末にはすでに楽天モバイルの設定が登録済みですから、あとは、契約した回線とプランを一覧から選ぶだけで完了です。

楽天モバイル公式ページ

auから楽天モバイルに乗り換える時に気をつけておくべきポイント3つ

auから楽天モバイルに乗り換える時に気をつけておくべきポイント3つ

auから楽天モバイルに乗り換える際、気をつけておくとよいポイントが3つあります。

一つずつ確認していきましょう。

1.auで貯まったポイントは事前に使っておこう

auのサービス利用や日常の買い物で貯まり、貯まったポイントは1P=1円で使えるau WALLET ポイント。

でも、解約するとWALLET ポイントは自動的に消滅してしまいます。

せっかくのポイントを無駄にしないために、次の2つの方法をおすすめします。

ポイントをauWALLETプリペイドカードにチャージ

解約してもauWALLETプリペイドカードは利用できます。

これがauWALLETプリペイドカードです。

au「au WALLET プリペイドカード
画像引用:au「auWALLETプリペイドカード」

もしauWALLETプリペイドカードを持っているなら、au解約前に、auWALLETポイントをauWALLETプリペイドカードにチャージしておくと、無駄なくポイントが使えます。

auWALLETプリペイドカードは、解約以後もプリペイドカードとして使えるのですが、マスターカード加盟店での利用です。

ただし、解約後はauWALLETプリペイドカードの更新が行われないので、カードの有効期限内にチャージを使いきりましょう。

ポイントを商品に交換

auWALLETポイントは商品に交換することもできます。

方法は次の3通りです。

  • auのネットショッピング(Wowma!)で代金の一部に充てて使い切る
  • 4000ポイント以上あれば、au STARの厳選ギフトと交換できる
  • 500ポイント単位で次の3つの提携ポイントに交換できる。

換金例:
・CCORDIA GOLFポイントプログラム(500ポイント~)、マツモトキヨシ現金ポイント(500円~)、スターバックス カード(500円~)など

auWALLETポイントは、auのウェブサイトかauWALLETアプリで確認できます。

2.au提供のアプリやコンテンツも解約とともに終了

auを解約すると、au提供のアプリやコンテンツも終了します。

auスマートパスでダウンロードしたアプリケーションは使えなくなり、アドレス帳の保存・復元サービスを行うauのクラウドサービスにもアクセス出来なくなります。

アドレス帳は、解約前にデータを他の媒体に移行しておきましょう。

「@ezweb.ne.jp」送受信メールも閲覧できなくなりますから、大切なものは移行しておきましょう。

3.Webから乗り換えを申し込むなら、MNP番号の有効期限が残10日以上必要

MNP予約番号の有効期限は予約番号発行日を含めて15日間です。

でも、楽天モバイル公式ホームページから乗り換えを申し込む場合は、MNP予約番号の有効期間が10日以上残っている必要があるので、くれぐれもご注意下さい。

まとめ

ここまで、

  • 損しないでauから楽天モバイルに乗り換える方法と注意点
  • SIMロックの解除法
  • MNP手続き
  • 楽天モバイル設定手順をご紹介しました。

auの契約更新月まで4ヶ月以上あるなら、今から楽天モバイルに乗り換えたほうがお得です。

また、auから楽天モバイルに乗り換える時には次の3つに気をつけておきましょう。

  • auで貯まったポイントが解約とともに消えてしまうので、事前に使いきる
  • au提供のアプリやコンテンツも解約とともに終了する
  • Webからの乗り換え申し込みには、MNP番号の有効期限が残10日以上必要

この記事を読んでくださった皆さんが、auから楽天モバイルへの乗り換えを、損なくスムーズに行うことができますよう願っています。

楽天モバイル公式ページ

おすすめ格安SIM5選!

  • Y!mobile
  • キャリアなのに安い・かつ速いと言うイイトコ取りサービス
  • 公式サイトへ
  • UQモバイル
  • auのサブキャリア! Web限定で5,000円の高額キャッシュバックも実施中!
  • 公式サイトへ
  • mineo
  • サービス満足度1位! 安定性が自慢かつ、キャンペーン適用で最安値クラスに!
  • 公式サイトへ
  • BIGLOBEモバイル
  • 動画も音楽も好きなだけ! エンタメフリーオプションが魅力!
  • 公式サイトへ

この記事の著者

編集

Soldi編集部

Soldi編集部は「おうちのお金をスマートに」をコンセプトにコンテンツの配信を行っています。

※当サイトに掲載している情報は、万全の保証をいたしかねます。
機器、サービスの価格、スペック等の詳細情報は、必ず各公式サイトでご確認ください。

【完全版】自分に合った格安SIMが見つかる!

【28社比較】おすすめのWiMAXプロバイダはこれ!