Menu

【2019年版】b-mobileの評判ってどうなの?格安SIMオタクが教える契約前に知っておきたい11個の本音

わからない弟リスのイラスト
兄ちゃん、格安SIMの「b-mobile」が気になってるんだけど使用感ってどうなの?

兄リスのイラスト
格安SIMの中でもそこそこ速度が速くて、月額料金が圧倒的に安いから総合的に見て悪くないよ!

考える兄リスのイラスト
ただ、メリットとデメリットが合計で11個あるから、それらを見比べてから申し込むのがいいね!

納得する弟リスのイラスト
そうなんだ~!じゃあ、全部で11個のメリット・デメリットを教えてよ!

兄リスのイラスト
OK!本音も交えて解説していくから、しっかりと参考にしていってね!

格安SIMが普及し始める前からMVNOとしてサービスを開始していた日本通信が運営する「b-mobile」。

使った分だけ支払う従量課金制の料金プランで、データ利用量が1GBまでなら、たったの990円で音声通話SIMを利用することができます。

また、データ通信専用の料金プランも提供されており、1GBまでなら480円、データ利用量が100MB以下なら驚異の190円しか月額料金がかかりません。

「従量課金だと知らない内に高額請求が来るんじゃないの?」と思うかもしれませんが、データ利用量の上限値を決めておけるので使い過ぎを心配する必要もありません。

通信速度も格安SIMの中でそこそこ速い部類に入るので、月額料金をとにかく安く抑えたい人に向いている格安SIMだといえます。

一見良さそうに思える「b-mobile」ですが、メリットがあれば当然ながらデメリットもあるので注意が必要です。

そこでこの記事では、b-mobileが気になっている人に向けて、こんな疑問にお答えしていきます。

この記事では、こんな疑問にお答えします!

  • b-mobileの特徴やメリット・デメリットが知りたい
  • b-mobileの料金プランって
  • b-mobileの口コミってどんな感じなの?
  • b-mobileを使うための具体的な手順って?

この記事を最後まで読むと、b-mobileがあなたに合う格安SIMであるかどうかが判断できるようになります。

また、具体的な申し込み手順についても解説しているので、格安SIMの乗り換えになれていない人でもこの記事を読めば安心して申し込むことができますよ。

b-mobile公式ページ

それでは早速、b-mobileのメリット・デメリットから見ていきましょう。

b-mobileのメリット・デメリット

格安SIMとして歴史の長い「b-mobile」における、2019年時点のメリット・デメリットは下記の通りです。

b-mobileのメリット・デメリット
メリットデメリット
  • 音声通話SIMが業界最安の990円で利用できる
  • 従量課金制の料金プランで支払い料金に無駄がない
  • すべての料金プランで最低利用期間や解約金が廃止
  • タブレットやサブスマホに合ったプランがある
  • プリペイドSIMが購入できる
  • 従量課金制のみで定額プランがない
  • プラン変更・ネットワーク変更ができない
  • 端末のセット購入はできない
  • 光回線とのセット割がない
  • auスマホの場合はSIMロック解除が必須
  • MNP予約番号は即時発行できない(4営業日前後)

b-mobileの最大の特徴は、従量課金制の料金プランが提供されており、最も安い金額なら1GB990円で音声通話SIMが使えるという点です。

1GBまで使える音声通話SIMの料金プランで、月額1,000円以下の格安SIMは他にありません。

さらに、b-mobileではすべての料金プランにおいて最低利用期間や解約金が設けられていないので、気軽に利用することができます。

喜ぶ弟リスのイラスト
月額料金は安いし、最低利用期間とか解約金の縛りもないなんて無敵の格安SIMだね!

兄リスのイラスト
そうだね!すごいメリットが多いのは間違いないけど、その反対にデメリットもあるから注意が必要だよ!

その一方、b-mobileではプラン変更やネットワーク(回線種別)の変更ができません

そのため、プランやネットワークを変更したい場合は、一旦解約した後で再度申し込みをし直す必要があり、その都度、事務手数料が発生します。

また、b-mobileではスマホ端末の取り扱いがないので、別途端末を用意しておかなければなりません

その他、auスマホを使いたい場合はSIMロックの解除が必須であったり光回線とのセット割がなかったり、所々で気になるデメリットも存在するので、それらをしっかりと理解した上で申し込むようにしてください。

ちなみに、b-mobileのメリットとして「SIMロック解除ができないソフトバンクのiPhoneが使える」という項目があるウェブサイトが多いですが、2019年10月時点ではLINEモバイルやnuroモバイルなどの他の格安SIMでも使えるようになっています。

また、中古で購入したスマホでもキャリアショップに持っていけばSIMロックを解除してもらえるようになったので、ソフトバンクのiPhoneが使えるという点は気にしなくとも良いでしょう。

メリット・デメリットから分かる「b-mobileが向いている人の特徴」

b-mobileのメリット・デメリットをご確認いただきましたが、そこから分かる「筆者が考えるb-mobileに向いている人の特徴」は下記の通りです。

筆者が考えるb-mobileが向いている人の特徴

  • 毎月のスマホ代を極限まで安く抑えて節約したい人
  • 普段はあまりスマホを使わず無駄に料金を支払いたくない人
  • サブ機で使うためのSIMカードが欲しい人

    いま、b-mobileに申し込むかを悩んでいる人は、上述のメリット・デメリットやb-mobileが向いている人の特徴を参考にしてもらえれば幸いです。

    b-mobile公式ページ

    わからない弟リスのイラスト
    兄ちゃん、「b-mobile」の料金プランってどんなのがあるの?

    兄リスのイラスト
    格安SIMでよくある「月額課金制プラン」は4種類、プリペイドSIMは2種類あるよ!

    頷く兄リスのイラスト
    けど、基本的に選ぶことになるのは2種類しかないから特に迷うこともないかな!

    b-mobileの料金プラン

    ここまで、b-mobileのメリット・デメリットを解説してきました。

    この項目では、b-mobileに申し込んでみようかな?と思っている人に向けて、b-mobileで選べる料金プランについて解説をしていきます。

    b-mobileでは新しい料金プランが登場する機会が多く、2019年10月現在で選べる料金プランは全部で6種類あります。

    b-mobileの料金プラン
    月額課金商品プリペイド商品
    音声通話SIMデータ通信専用SIM

    参照:b-mobile公式サイト

    特に、音声通話SIMは3種類も料金プランがあるのでどれに申し込むか迷ってしまうかもしれませんが、選ぶべき料金プランは月額料金の観点で「990ジャストフィットSIM」一択となります。

    それぞれの料金プランの内容について見ていきましょう。

    990ジャストフィットSIM(=音声通話SIM)

    b-mobile|990ジャストフィットSIM

    画像引用:990ジャストフィットSIM|b-mobile

    990ジャストフィットSIM料金プラン
    データ容量ドコモ回線ソフトバンク回線
    ~1GB990円990円
    ~3GB1,290円1,690円
    ~6GB1,790円2,390円
    ~10GB2,590円3,190円
    ~15GB3,590円4,390円

    参照:990ジャストフィットSIM|b-mobile

    b-mobileで音声通話SIMを契約する、となった時に選ぶのが「990ジャストフィットSIM」です。

    990ジャストフィットSIMは従量課金制の料金プランで、ドコモ回線・ソフトバンク回線のいずれにおいても1GBまでなら990円しか利用料金がかかりません。

    「従量課金制だと使い過ぎが心配…」という人でも、データ利用量の上限設定をしておけば使い過ぎを防止することができます。

    さらに、「5分かけ放題オプション」は月額500円なので、他の格安SIMと比べても圧倒的に月額料金を安く抑えることが可能です。

    b-mobileに申し込んだ後は届いたSIMカードを端末に差し替えて初期設定をするだけなので、連絡先のデータ移行やスマホアプリの引っ越し手続きをする必要はありません。

    手間なく簡単に毎月のスマホ代を節約できるようになるので、音声通話SIMでとにかく月額料金を安くしたいと考えている人におすすめの料金プランです。

    兄リスのイラスト
    他にもb-mobileで選べる音声通話SIMはあるけど月額料金が高いから、通話機能を使いたいなら990ジャストフィットSIM一択になるよ!

    190 Pad SIM(=データ通信専用SIM)

    b-mobile|190 Pad SIM

    画像引用:190 Pad SIM|b-mobile

    190 Pad SIM料金プラン
    データ通信のみSMS付きSIM
    回線種別ドコモ、ソフトバンクドコモ
    ~100MB190円320円
    ~1GB480円610円
    ~3GB850円980円
    ~6GB1,450円1,580円
    ~10GB2,190円2,320円
    ~15GB3,280円3,410円

    参照:190 Pad SIM|b-mobile

    b-mobileで唯一提供されているデータ通信専用SIMが「190 Pad SIM」です。

    データ通信SIMといえば、主にサブ機で使う用として契約されることが多いSIMタイプです。

    サブ機の運用として頻繁に使う時もあれば全く使わない時もあるかと思いますが、190 Pad SIMならデータ利用量が100MB未満の時は月額190円しかかかりません。

    1GBまで使っても490円、3GBまで使っても850円と破格の安さで、余っているスマホでインターネットが使えるようになるので、動画視聴やゲームアプリを楽しむために契約する人が多いです。

    SMS付きデータSIMでも他の格安SIMの平均額よりかなり安く、データSIMなので契約期間や解約金の縛りは一切ありません。

    そのため、190 Pad SIMは余っているスマホやタブレットを使う用、且つ無駄な料金を支払いたくない人に向いている料金プランだといえます。

    START SIM

    b-mobile|START SIM

    画像引用:START SIM|b-mobile

    START SIM料金表
    データ容量月額料金(ドコモ回線のみ)
    1.5GB1,380円

    参照:START SIM|b-mobile

    ※2019年10月時点では本プランを選ぶメリットは一切ないので、990ジャストフィットSIMをお選びください

    START SIMは、2019年3月5日にリリースされた「音声通話SIMでありながら最低利用期間も解約金も一切ない料金プラン」です。

    2019年3月時点では非常に珍しいタイプの料金プランだったために注目を集めましたが、2019年10月時点ではb-mobileのメインプラン「990ジャストフィットSIM」でも最低利用期間や解約金が廃止となりました。

    START SIMは1.5GBまで使えて1,380円ですが、990ジャストフィットSIMよりも月額料金が高いです(1GB:990円、3GB:1,290円)。

    そのため、これからb-mobileに申し込むのであればSTART SIMは真っ先に候補から外してしまってOKです。

    なお、現時点でSTART SIMを利用している人は、最低利用期間や解約金を気にすることなく990ジャストフィットSIMに移行できます。

    最低利用期間や解約金がないことがメリットの料金プランでしたが、2019年10月時点では全く意味をなさない料金プランとなってしまったので今すぐに変更手続きをしてしまって問題ないでしょう。

    b-mobile S スマホ電話SIM

    b-mobile|b-mobile S スマホ電話SIM

    画像引用:b-mobile S スマホ電話SIM|b-mobile

    b-mobile S スマホ電話SIM料金表
    データ容量ソフトバンク回線のみ
    ~1GB1,950円
    ~2GB2,300円
    ~3GB2,650円
    ~4GB3,000円
    ~5GB3,350円
    ~6GB3,700円
    ~7GB4,050円
    ~8GB4,400円
    ~9GB4,750円
    ~10GB5,100円
    ~11GB5,450円
    ~12GB5,800円
    ~13GB6,150円
    ~14GB6,500円
    ~15GB6,850円

    ※5分かけ放題オプション利用の場合は+500円
    参照:b-mobile S スマホ電話SIM|b-mobile

    ※2019年10月時点では本プランを選ぶメリットは一切ないので、990ジャストフィットSIMをお選びください

    b-mobile S スマホ電話SIMは、SIMロック解除ができないソフトバンクのiPhoneでも使える料金プランです。

    ですが、2019年10月時点では他の格安SIMでもSIMロック解除ができないソフトバンクのiPhoneが使えるようになった上、中古スマホでもSIMロック解除ができるようになりました。

    b-mobileの「990ジャストフィットSIM」と見比べてみても月額料金が非常に高いので、本プランを選ぶ必要は一切ありません。

    すでに使っている人は、990ジャストフィットSIMへ無料でサービス変更ができるので、この機会にマイページより変更手続きを行いましょう。

    兄リスのイラスト
    音声通話SIMなら「990ジャストフィットSIM」、データ通信SIMなら「190 Pad SIM」って覚えればOKだよ!

    納得する弟リスのイラスト
    次はプリペイドSIMだね!

    7GBプリペイドSIM

    b-mobile|7GBプリペイドSIM

    画像引用:7GBプリペイドSIM|b-mobile

    7GBプリペイドSIMラインナップ
    ネットワーク対応SIM期間bマーケット価格
    ドコモマルチカットSIM7GB/月3,850円(税込)
    7GB/月×6か月分19,046円(税込)
    7GB/月×12か月分30,352円(税込)
    ソフトバンクnanoSIM、microSIM7GB/月5,073円(税込)
    7GB/月×6か月分25,259円(税込)
    7GB/月×12か月分34,426円(税込)

    参照:7GBプリペイドSIM|b-mobile

    b-mobile 7GBプリペイドSIMは、国内旅行などでスマホのデータ容量を消費したくない時に便利なプリペイド型のSIMカードです。

    ひと月あたり7GBまで使えて、1か月・6か月・12か月と好きな機関を選べるので、かなり自由度が高いと言えるでしょう。

    サービス期間が終了した時やデータ容量を使い切ってしまった時でも、チャージすれば同じSIMカードのまま継続利用が可能なので、万が一の場合でも安心です。

    b-mobileのWebサイト・家電量販店で購入できるので、b-mobileにプリペイドSIMがあることを覚えておくと、短期間だけ利用したい場合に役立つかと思います。

    ちなみに、プリペイドタイプは物品購入と同様の扱いができるため、会社・個人事業の経費として精算可能なのも嬉しいポイントですね。

    VISITOR SIM(=訪日外国人向け)

    b-mobile|VISITOR SIM

    画像引用:VISITOR SIM|b-mobile

    VISITOR SIM料金表
    データ容量期間価格
    5GB10日1,980円
    7GB21日2,970円

    参照:VISITOR SIM|b-mobile

    ※本商品は訪日外国人向けのSIMカードです

    VISITOR SIMは、訪日外国人向けのSIMカードです。

    10日間で5GBまで、21日間で7GBまで使えるので、海外に住んでいる家族が一時的に帰国する際や友人が観光に来る際、紹介してあげると便利かと思います。

    ただし、日本国内に住んでいる人にとっては使用するメリットがないSIMカードなので、上記に当てはまらない人であれば無視してしまって構いません。

    b-mobile公式ページ

    兄リスのイラスト
    続いて、b-mobileの口コミを見ていこう!

    b-mobileの口コミ

    ここまで、b-mobileの料金プランについて解説をしてきました。

    全部で6種類の料金プラン(SIMカード)がありますが、音声通話SIMなら「990ジャストフィットSIM」、データ通信SIMなら「190 Pad SIM」を選んでおけば大丈夫です。

    この項目では、b-mobileに関する口コミについて見ていきましょう。

    b-mobileに関する口コミを調べてみたところ、通信速度に関する口コミばかりが出てきます。

    実際に速度について見てみると、ソフトバンク回線は速度が速くて使いやすいといった口コミが多く見られました。

    一方でドコモ回線は速度が遅めで、平日のお昼時に格安SIMを使いたい人にとってはかなりストレスになるかと思います。

    サービスリリース当時は「990ジャストフィットSIM」はドコモ回線しか提供されていませんでしたが、2019年10月時点ではソフトバンク回線も選べるようになっています。

    そのため、月額料金を安くしつつ快適にインターネットを使いたい人はソフトバンク回線を選ぶのが良いでしょう。

    b-mobile公式ページ

    あわてる弟リスのイラスト
    こんなに速いなんてビックリ!ところで、どうすればb-mobileに申し込みができるの?

    兄リスのイラスト
    それじゃあ最後にb-mobileno申し込み手順を確認して終わりにしようか!

    b-mobileを使うための具体的な手順の流れ

    ここまで、b-mobileの口コミに関してご紹介してきました。

    最後に、b-mobileの申し込み手順について確認して終わりにしたいと思います。

    まずは、申し込みに必要な持ち物を準備してください。

    b-mobileの申し込みに必要な持ち物

    • My b-mobileアカウント:新規作成はコチラ
    • クレジットカード
    • 本人確認書類
    • MNP予約番号(MNP乗り換えの場合のみ)
    • WiFi環境(初期設定をするために必要)

    参照:990ジャストフィットSIM利用開始まで|b-mobile

    これらの持ち物が準備できたら、下記の手順に従ってb-mobileに申し込みをしましょう。

    b-mobile申し込み手順

    1. b-mobile公式サイトで「購入・申込」ボタンを押す
    2. 画面の指示に従って契約者情報を入力する
    3. 本人確認書類をスマホのカメラなどで撮影して画像をアップロードする
    4. 日本通信で本人確認が済んだ後にSIMカード発送、2~3営業日程度でSIMカードが届く
    5. SIMカードを受け取ったら開通手続きを行う
    6. スマホの初期設定を行う
    7. b-mobile電話アプリをダウンロードする
    8. 端末を再起動してインターネットに接続する
    9. 無事に接続できれば完了

    これでb-mobileへの申し込み手順はOKです。

    契約者情報を入力する際は、必ず提出する予定の本人確認書類に記載されている情報と同じ情報を入力するように気を付けてくださいね。

    b-mobile公式ページ

    兄リスのイラスト
    b-mobileの申し込み手順はこれで分かったかな?

    喜ぶ弟リスのイラスト
    はーい!早速ボクもb-mobileに申し込んでくるよ!

    まとめ

    以上、「b-mobileの評判ってぶっちゃけどうなの?格安SIMオタクが教える契約前に知っておきたい10個の本音」をお送りしました。

    改めてお伝えすると、b-mobileは従量課金制の料金プランを提供しており、音声通話SIMで1GBまでならたったの990円で使えます。

    他の格安SIMと比べて見ても破格の安さで、通信速度もそこそこ速いので、月額料金をとにかく安く抑えたい人に向いています。

    その他、b-mobileにはたくさんのメリットがありますが、その一方でデメリットもあるので、下記の一覧表をしっかりと確認してから申し込むようにしてください。

    b-mobileのメリット・デメリット
    メリットデメリット
    • 音声通話SIMが業界最安の990円で利用できる
    • 従量課金制の料金プランで支払い料金に無駄がない
    • すべての料金プランで最低利用期間や解約金が廃止
    • タブレットやサブスマホに合ったプランがある
    • プリペイドSIMが購入できる
    • 従量課金制のみで定額プランがない
    • プラン変更・ネットワーク変更ができない
    • 端末のセット購入はできない
    • 光回線とのセット割がない
    • auスマホの場合はSIMロック解除が必須
    • MNP予約番号は即時発行できない(4営業日前後)

    b-mobileに申し込む際は、音声通話SIMなら「990ジャストフィットSIM」、データ通信SIMなら「190 Pad SIM」を選べばOKです。

    最低利用期間や解約金は一切ないので、ぜひこの機会に申し込んでb-mobileを利用してみてください。

    b-mobile公式ページ

    おすすめ格安SIM5選!

    • Y!mobile
    • キャリアなのに安い・かつ速いと言うイイトコ取りサービス
    • 公式サイトへ
    • UQモバイル
    • auのサブキャリア! Web限定で5,000円の高額キャッシュバックも実施中!
    • 公式サイトへ
    • mineo
    • サービス満足度1位! 安定性が自慢かつ、キャンペーン適用で最安値クラスに!
    • 公式サイトへ
    • BIGLOBEモバイル
    • クーポンコード【DGC】入力で豪華特典プレゼント!
    • 公式サイトへ

    この記事の著者

    編集

    Soldi編集部

    Soldi編集部は「おうちのお金をスマートに」をコンセプトにコンテンツの配信を行っています。

    T.M

    ライター

    T.M

    職業
    Webライター
    専門・得意分野
    携帯キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)全般 / 格安SIM全般 / 光回線 / WiMAX / レンタルWiFi
    などなど、通信ジャンル全般を専門に活動中

    初めまして、T.Mと申します。
    2017年12月から専業Webライターとして、格安SIMや光回線、WiMAXなどの通信ジャンルを専門としたライティングを行っております。

    携帯代理店の法人部門に勤務していた経歴があり、携帯キャリアの料金プランやサービス内容について日々勉強をしておりました。
    その経験と知識を活かし、昨今の通信ジャンルにおける複雑な料金プランやサービス比較を分かりやすくご紹介できるよう努めております。

    通信ジャンルは料金プランの複雑さも相まって、非常にとっつきにくいイメージを持たれている方が多いかと思います。
    ですが、実際に調べてみればその内容は意外と単純で、サービスとしても素晴らしい内容のものもあります。
    上手く活用すれば、日々のインターネット活用がより快適なものになり、料金を節約することにもつながります。

    そんなお役立ち情報を発信できるよう常に心がけております。
    読者の皆さま方に「この記事を読んで良かったな」と感じていただけるよう精進してまいります。

    経歴:
    2015年5月~2017年12月:某携帯代理店の法人部門に在籍
    ・ドコモ、au、ソフトバンクの全キャリアを取り扱っていたため料金プランやサービス内容に精通
    ・某民泊代行法人へビジネスモデルとして「レンタルWiFi」を提案、600台以上の回線契約を獲得
    2017年12月~現在:独立。専業Webライターとして活動中
    ・格安SIM・光回線・WiMAXなどの通信ジャンル全般の専門Webライターとして活動
    ・月間20万文字以上を執筆、通信ジャンルの記事納品本数は200本以上
    ※当サイトに掲載している情報は、万全の保証をいたしかねます。
    機器、サービスの価格、スペック等の詳細情報は、必ず各公式サイトでご確認ください。

    【完全版】自分に合った格安SIMが見つかる!

    【28社比較】おすすめのWiMAXプロバイダはこれ!