Menu

九州地方のインターネットならBBIQで決まり?特徴・評判をわかりやすく解説

男性はデジタル機器を使用しています。

BBIQ(ビビック)はQTnetという会社が運営している、九州地方限定の光インターネット回線サービスです。

QTnetとは九州の通信会社で、格安SIMでは非常に珍しいドコモ・au・ソフトバンクの3種類から好みの回線を選べる「QTmobile」という格安SIMサービスも運営しています。

BBIQについて口コミや評判を調べてみると、九州地方に住んでいるならBBIQ一択!といった声が多く見受けられます。

その理由はネット回線とプロバイダが一体となっていて料金面が非常にシンプル、独自設備でサービスを運営しているため速度が安定しているという点です。

さらにauスマートフォンを使っている人であれば「auスマートバリュー」が適用されるので、携帯電話の月額料金を安く抑えることができます。

わからない弟リスのイラスト
なんだかBBIQが気になってきちゃった!BBIQについてもっと詳しく教えて!

兄リスのイラスト
オッケー!BBIQの特徴や、他の光回線と比較して「契約すべき人・しない方がいい人」を解説していくね!

この記事では、こんな疑問に答えます!

  • BBIQの評判ってぶっちゃけどうなの?
  • BBIQのメリット・デメリットってなに?
  • BBIQを他の光回線と比較するとどんな感じ?

この記事を最後まで読めば、九州地方限定の光インターネット回線サービス「BBIQ」の特徴や評判がわかります。

自分自身がBBIQを契約すべきか、他の光回線にすべきかの判断ができるようになるので、ぜひ最後までご覧ください!

BBIQってどんなインターネット回線?

Businessman with a white box

まずは「BBIQってなに?初めて聞いた」という人向けに、BBIQの概要から説明していきますね。

すでにBBIQについてある程度知っている人は、ここは読み飛ばして「BBIQとライバル光回線を比べてみよう」へ進んでください。

BBIQの特徴

BBIQは、株式会社QTnetという福岡市に拠点を置く会社が運営する光インターネット回線サービスです。

2017年までは九州通信ネットワーク株式会社という名称で、九州電力株式会社が100%出資の会社です。

光回線といえばフレッツ光を提供するNTT東・西日本が有名ですが、BBIQはいわゆる「電力系光回線」と呼ばれる光回線で、独自で設備を運営して光回線サービスを提供しています。

一般的にインターネットを使うためには「プロバイダ」と「インターネット回線」の2社と契約しなければなりませんが、BBIQはすべてを自社で運営していてプロバイダ料金も含まれているのが特徴です。

また、大手携帯キャリアのauを展開している「KDDI」と提携しています。

そのため、auスマートフォンをお使いの人にはお馴染みの「auスマートバリュー」という割引サービスを受けることができます。

BBIQの対応エリア

BBIQを運営しているQTnetは福岡県福岡市に本社を構えています。

そのため、サービス提供エリアは九州地方限定です。

BBIQ サービス提供エリア

  • 福岡県
  • 佐賀県
  • 長崎県
  • 熊本県
  • 大分県
  • 宮崎県
  • 鹿児島県

    ご覧の通り、九州地方でしかサービスが提供されていないので、それ以外の地域に住んでいる人は利用することができません。

    その他の地域でのインターネット回線選びについてはこちらの記事で紹介しています。

    [関連記事]初心者でもOK!安心して任せられるインターネット接続業者の選び方のサムネイル
    初心者でもOK!安心して任せられるインターネット接続業者の選び方
    インターネットの新規契約時は、誰でも「どうやって選べばいいのかわからない!」と困りがち。回線業者やプロバイダを選ぶコツや、フレッツ光よりお得な「光コラボ」など、ネット契約時に知っておくべきことを解説します。
    ソルディのファビコンwww.soldi.jp

    料金プランは大きく分けて2種類!1ギガコースはコスパが良くてオススメ

    BBIQには、大きく分けて2種類の料金プランがあります。

    BBIQ公式ホームページだと料金表がなく非常に見づらいので、戸建てタイプと集合住宅タイプに分けて表にしてまとめました。

    以下をご覧ください。

    戸建てタイプギガコース(1Gbps)100メガコース
    月額料金5年4,700円4,400円
    3年5,000円4,700円
    無期限5,800円5,500円
    戸建てタイプギガコース(1Gbps)100メガコース
    月額料金16戸以上4,100円3,800円
    8~15戸4,600円4,300円
    2~7戸5,100円4,800円
    1戸5,800円5,500円

    参照:BBIQ 料金シミュレーション & エリア確認

    BBIQの月額料金は、戸建てタイプの場合だとフレッツ光や光コラボと比較すると若干安めに設定されています。(5年契約の場合)

    ご覧の通り、KDDIが展開する「auひかり 」と比較しても月額料金は安いです。

    そのため、一戸建てにお住まいであればBBIQを選んだ方が月額料金は安く利用できます。

    集合住宅タイプに関しては、お住いの建物の他の部屋でBBIQが導入されている数によって月額料金が変わります

    マンションやアパートに住んでいる人は、QTnetお客さまセンターに電話をして月額料金がいくらになるかを確認してから申し込むようにしましょう。

    QTnetお客さまセンター
    電話番号0120-86-3727
    受付時間9時~20時(年中無休)
    ※12月31日~1月2日は9時~18時

    フレッツ光や光コラボに関しては、以下の記事もあわせてご覧ください。

    [関連記事]ドコモ光って実際どうなの?ドコモユーザー向けの「本当にお得なインターネットの選び方のサムネイル
    ドコモ光って実際どうなの?ドコモユーザー向けの「本当にお得なインターネットの選び方
    「ドコモ光」はフレッツ光についで業界シェア2位のインターネット光回線です。しかし、セット割引が他社と比べて少なめなど、「ドコモだから」と信頼しきってよく中身を検討せずに契約すると後悔する可能性があります。この記事で今ドコモユーザーが 「自分はドコモ光を契約するべきなのか?」を自信を持って判断できるよう解説します。
    ソルディのファビコンwww.soldi.jp

    [関連記事]ソフトバンク光を契約するべき人とは?セット割メリットとリアルな評判まとめのサムネイル
    ソフトバンク光を契約するべき人とは?セット割メリットとリアルな評判まとめ
    ソフトバンク光は2015年から始まった新しいインターネット回線ながら、業界4位のシェアを誇ります。デメリットももちろんありますが、しっかり対策すれば大きなメリットを得ることが出来ます。この記事では、年間で約5万円も節約できる方法も説明します。
    ソルディのファビコンwww.soldi.jp

    [関連記事]auひかりは速くて割引がすごいって本当?通信費を1社にまとめて手間なく節約!のサムネイル
    auひかりは速くて割引がすごいって本当?通信費を1社にまとめて手間なく節約!
    auひかりは「スマホとのセット割」「速度」などが利用者からも好評で、大きなデメリットもなくオススメできる回線です。ただ、人によってはauひかりよりももっとオススメな回線がある場合もあります。この記事では「どんな人ならauひかりを選ぶべきか?」について解説します。
    ソルディのファビコンwww.soldi.jp

    ちなみに、業界最速といわれている「NURO光 」は九州エリア未対応なのでご注意ください。

    スマホとのセット割引対象はauとQTmobileの2つ

    BBIQを運営するQTnetはKDDIの傘下に入っています。
    そのため、auスマートフォンを使っている人であれば「auスマートバリュー」というセット割引を受けることができます。

    auスマートバリューが適用されると、auスマートフォンの月額料金が最大で2,000円割引されます。

    携帯電話の月額料金が2,000円も安くなるので、auスマートフォンをお使いの人であればBBIQを選ぶのがオススメです。

    また、QTnetは「QTmobile」という格安SIMを提供しています。

    残念ながら、auスマートバリューのようなセット割引は提供されていませんが、QTmobileでスマートフォン本体を購入する場合には、最大で6,600円の割引を受けることができます。

    BBIQを利用していれば、「iPhone」の購入も割引されるのでとてもお得に申し込むことができます。

    反対に、ドコモやソフトバンクのスマートフォンを使っている場合は割引サービスが一切ありません。

    セット割引を求めるのであれば、それぞれ「ドコモ光 」「ソフトバンク光といった光インターネット回線サービスが提供されているのでそちらがオススメです。

    BBIQを申し込むとセキュリティソフトや専用メールアドレスが無料

    BBIQを公式ホームページ経由で申し込むと、無料で使える様々な機能があります。

    BBIQのお得なオプション

    • ウイルス対策ソフト「BBIQトータルセキュリティ」が5台分まで無料
    • パソコンの訪問設定サービス「BBIQ設定サービス」が無料
    • 「~@〇〇〇.bbiq.jp」という専用メールアドレスが5個まで無料
    • 4GBの大容量ブログ「BBIQブログ」が無料で使える

      これらの機能がすべて無料で利用できます。

      この中で特にオススメなのが「BBIQトータルセキュリティ」です。

      ウイルス対策や迷惑メール対策、有害サイトブロックといったセキュリティにかかわる様々な機能を無料で利用することができます。

      このセキュリティソフトはWindowsに加えて、MacやiPhone、Androidスマートフォン、タブレット等々、普段よく使う端末すべてに対応しています。

      これらの中から自由な組み合わせで最大5台まで登録して「BBIQトータルセキュリティ」を利用できるので、BBIQに申し込むだけであらゆる端末をウイルスから守ることができます。

      他にも専用メールアドレスが5個まで作れたり、パソコンの設定をしに来てくれたりと様々な特典が受けられます。

      こうしたサポートが、BBIQが人気である所以といえますね。

      BBIQの速度は速くて500Mbps程度

      光回線やスマートフォン、モバイルルーターといった通信機器は、住んでいる地域や周囲の環境によって通信速度にバラつきが出ます。

      それを前提にBBIQの速度について解説していきます。

      BBIQはNTTのフレッツ光回線を利用しておらず、独自設備を利用した光インターネット回線サービスです。

      全国展開していてユーザーが多い光コラボやフレッツ光といった光回線と比較すると、極度のアクセス集中がないため速度が安定しているといえます。

      参考として、BBIQを使っている人の口コミを見てみましょう。

      BBIQの速度に関するTwitterの口コミ

      上記のように、いずれも回線速度が改善されたという内容の口コミです。
      下り100~400Mbps程度でているユーザーが多いですね。

      先ほどもお伝えした通り、エリアと周囲の環境によって通信速度は大きく変わるので一概には言えませんが、九州地方では速度が安定している光回線と言えそうです。

      なお、筆者が口コミを調べたところ、500Mbps以上の速度が出ているという口コミを発見することができませんでした。
      ※BBIQのギガコースは最大通信速度が1Gbps

      光回線の通信速度はベストエフォート型(常に最大通信速度が出る訳ではないというもの)なので一概には言えませんが、BBIQでは下り500Mbps程度までなら通信速度が期待できそうです。

      BBIQ契約前に知っておくべき3つの注意点

      ここからはBBIQを契約する前に知っておくべき注意点について解説していきます。

      知っておくべき注意点は3つあります。

      それぞれを見ていきましょう。

      BBIQの提供エリアは九州地方のみ

      冒頭でも解説しましたが、BBIQは九州地方のみで提供されている光インターネット回線サービスです。

      以下のエリア以外では利用することができません。

      BBIQ対応エリア

      • 福岡県
      • 佐賀県
      • 長崎県
      • 熊本県
      • 大分県
      • 宮崎県
      • 鹿児島県

      違約金が高い

      BBIQには「契約期間」があります。

      契約期間内の解約の場合は「違約金」が発生してしまうのですが、この違約金が他の光回線と比較すると高めに設定されています。
      違約金の金額は住宅タイプごとに異なるため、それぞれ見ていきましょう。

      戸建てタイプ(無期限)・集合住宅タイプ

      戸建てタイプ(無期限)と集合住宅タイプには「最低利用期間」が設定されています。

      簡単にいうと、契約してから2年以内に解約をすると、期間に応じた違約金が発生してしまうということです。

      戸建てタイプ(無期限)と集合住宅タイプの違約金
      違約金
      12か月目まで24,600円
      13~18か月目まで20,000円
      19~24か月目まで10,000円
      25か月目以降無料

      参照:よくある質問|【BBIQ光インターネット】BBIQを解約する際の違約金を教えてください

      ご覧の通り、24か月目までが最低利用期間となります。
      2年間を過ぎてしまえばいつ解約しても違約金はかかりません。

      戸建てタイプ3年契約(BBIQつづけて割)

      続いて、戸建てタイプを3年契約した場合です。
      戸建てタイプの3年契約は、36か月ごと+その翌月が「更新月」となり、その2か月の間であれば違約金が発生しません。

      戸建てタイプを3年契約した場合での違約金
      違約金
      12か月目まで25,000円
      13~18か月目まで20,000円
      25~36か月目まで15,000円
      36・37か月目無料
      38~72か月目まで12,500円
      72・73か月目無料
      74か月目以降10,000円
      以降、36か月ごと+翌月無料

      参照:よくある質問|【BBIQ光インターネット】BBIQを解約する際の違約金を教えてください


      ご覧の通り、申し込んでから36か月目と37か月目は違約金がかかりません。

      「契約した月から数えて36の倍数+その翌月が更新月」と覚えておきましょう。

      戸建てタイプ5年契約(BBIQつづけて割ビッグ)

      最後の5年契約ですが、月額料金が4,700円と安くなる代わりに違約金がかなり高額に設定されています。

      5年契約の場合、契約してから最初の更新月(60・61か月目)を迎えたあとは「36か月単位での自動更新」となります。

      戸建てタイプ5年契約した場合での違約金
      違約金
      12か月目まで30,000円
      13~24か月目まで25,000円
      25~60か月目まで20,000円
      60・61か月目20,000円
      62~96か月目まで15,000円
      96・97か月目無料
      98~132か月目12,500円
      134か月目以降10,000円
      60か月以降、36か月ごと+翌月無料

      参照:よくある質問|【BBIQ光インターネット】BBIQを解約する際の違約金を教えてください

      ご覧の通り、5年目を迎えたあとの更新月は10年目ではなく8年目となり、以降3年ごとの自動更新となるので注意が必要です。

      戸建てタイプの解約には「撤去工事費」がかかる

      さらに、戸建てタイプでBBIQを解解約をする場合は「撤去工事費」として5,000円の費用がかかります。

      もし仮に、BBIQ戸建てタイプの5年契約を1年以内に解約してしまうと「30,000円の違約金+5,000円の工事費用」で35,000円もの費用が掛かってしまいます。

      他の光回線は2年契約や3年契約、且つ違約金が20,000円程度のところが多い中で「5年契約・違約金30,000円」というのは契約の縛りが大きいです。

      ずっと住む予定の戸建住宅ファミリーなど、「ネット回線なんてそんなすぐに変えないよ!」という人であればデメリットではありませんが、全国転勤が多い(BBIQが九州地方のみのため)人には向かないネット回線といえるでしょう。

      工事が遅い

      BBIQの口コミを調べていると「設置工事が遅い」という口コミが多く見受けられます。

      弟リスのイラスト
      同じBBIQでも工事がはやく終わったって人もいるけど…何が違うの?

      一般的に、光回線の設置工事は工事専門業者が請け負って行います。
      そのため、その工事専門業者によって工事実施日までの期間やその後の対応が異なります。

      工事業者について、BBIQ公式ホームページのチャット機能を使って問い合わせを行いました。

      BBIQ公式ホームページのチャット機能

      オペレーターより、BBIQの工事を行うのは委託会社であるという回答が得られましたが、地域によって業者が異なるそうです。


      工事を請け負っている専門業者の数は多くないため、せっかく申し込んでも工事実施まで時間がかかる場合が多いのです。

      これはBBIQだけに限らず、他の光回線でも起こりえることですので、もし万が一工事実施日のスケジュール調整の連絡や、工事実施日になっても業者が来なかった場合は「BBIQお客さまセンター開通工事窓口」に連絡をしましょう。

      BBIQお客さまセンター開通工事窓口の電話番号は以下の通りです。

      • BBIQお客さまセンター開通工事窓口:0120-986-060

      BBIQの特徴まとめと契約すべき人・しない方がいい人

      それでは、ここまで解説してきたBBIQの特徴を「メリット・デメリット」に分けてまとめていきます。

      BBIQを利用するメリット

      • QTnet独自の設備で光回線を提供しており、他の光回線と比較するとユーザーが少なく回線速度が安定している
      • 他の光回線と比較するとBBIQギガコース5年契約の月額料金が安くてコストパフォーマンスが良い
      • 無料でセキュリティソフトが使える・専用メールアドレスが5個まで作れる等の無料機能が充実
      • auスマートフォンを使っていれば「auスマートバリュー」で最大2,000円の割引が受けられる
      • BBIQを使っていればQTmobileでスマートフォンを購入する時に最大6,600円の割引が受けられる

      BBIQを利用する場合のデメリット

      • 九州地方限定の光回線
      • 違約金が高い
      • 工事が遅い

      BBIQにはこういったメリットとデメリットがあります。

      これらを踏まえた上で、BBIQを契約すべき人としない方がいい人をまとめてみます。

      BBIQを契約すべき人

      • 九州地方に住んでいる・住む予定がある人で安定した光回線を使いたい人
      • パソコンやスマートフォン等の端末を多く使っている人
      • パソコン操作や設定に詳しくない人
      • auスマートフォンを使っている人

      BBIQの契約をしない方が良い人

      • 全国転勤が多い人(違約金が高いため)
      • ドコモ、ソフトバンク、他の格安SIMを使っている人
      • キャッシュバック目的でインターネット回線を頻繁に乗り換える予定がある人

      筆者の考える「BBIQを契約すべき人としない方が良い人」をまとめました。

      BBIQは契約期間が長く、違約金も高めに設定されているので全国転勤が多い人やキャッシュバック目的で頻繁に乗り換える人には向きません。

      逆に、長く使うことを想定していて安定した光回線を利用したいという人にはうってつけの光回線です。

      また、auスマートフォンを使っている人であれば携帯電話料金まで安くすることができるのでオススメです。

      BBIQとライバル光回線を比べてみよう

      Young woman comparing smartphone A with smartphone B.

      兄リスのイラスト
      BBIQの特徴は理解できたかな。

      弟リスのイラスト
      うん!でもまだBBIQと他の光回線で迷ってるんだけど…どうやって決めればいいかなあ?

      それでは次に、BBIQとライバル光回線を比べてみましょう。
      この章では、BBIQをそれぞれ「スマホキャリア系光回線」、「光コラボ(So-net光)」と比較していきます。

      BBIQ VS スマホキャリア系光回線

      まずは、BBIQとスマホキャリア系光回線を比較していきます。

      結論から言うと、あなたがキャリアのスマホ(ドコモ、au、ソフトバンク)を使っているなら、提携している光回線を利用した方が通信費の合計金額が安くなります。

      ただし、auに限ってはBBIQでもauひかりでも同じ割引額の「auスマートバリュー」が適用されます。

      QTnetとKDDIは提携関係にあるため、あなたがお住まいのエリアによってはどちらか一方しか使えないというパターンがあるので、エリアを確認して対応しているものを選びましょう。

      auひかり 対応エリア検索BBIQ 対応エリア検索

      以下、一覧表での比較です。

      BBIQ(ギガコース)ドコモ光 ソフトバンク光 auひかり
      料金(戸建て)4,100円5,200円5,200円5,200円
      料金(集合住宅)4,100円4,000円3,800円3,800円
      速度(下り最大)1Gbps1Gbps1Gbps1Gbps  
      回線設備BBIQ独自回線フレッツ光回線フレッツ光回線KDDI独自回線
      セット割対象となるスマートフォン  auドコモソフトバンクau

      ※BBIQ戸建て料金については5年契約、集合住宅は16戸以上の場合の価格です
      ※auひかり 戸建て料金についてはギガ得プラン(2年契約)適用後、集合住宅は標準プランの価格です
      ※2018年6月現在の情報です

      ご覧の通り、下りの通信速度最大値はいずれも「1Gbps」です。

      ですが、ここで挙げた4つのサービスの中で、ドコモ光とソフトバンク光は全国的にユーザー数が多いフレッツ光回線を利用しています。

      独自回線を利用しているBBIQとauひかりは、フレッツ光系の光回線と比較するとユーザー数が少ないため、通信速度が速く感じられます。

      BBIQは「契約期間が長い・違約金が高い」といったデメリットがありますが、戸建てであれば月額料金は最も安い光回線なので、このデメリットが気にならないのであればBBIQを選びましょう。

      BBIQ VS 光コラボ(So-net光)はBBIQに軍配

      続いて、BBIQと光コラボの比較です。

      光コラボとは、ネット回線とプロバイダを1社がパッケージングして提供しているインターネット回線サービスのことです。
      これまでインターネット契約といえば「ネット回線(フレッツ光)+プロバイダ」の2社と契約して利用するのが主流でしたが、光コラボの登場によって手間も値段も減るようになりました。

      なお、先ほど紹介した「ドコモ光」や「ソフトバンク光」も「光コラボ」の一種なのですが、スマホとのセット割引という特徴が大きかったため前の章にて別枠として比較しました。

      ちなみに「auひかり」はフレッツ光回線ではなくKDDI独自の回線を使っているので、名称は似ていますが光コラボではありません。

      BBIQ光コラボ(So-net光)
      料金(戸建て)4,100円4,500~5,200円
      料金(集合住宅)4,100円3,400円~4,100円
      速度下り最大1Gbps(BBIQ独自回線)下り最大1Gbps(フレッツ光回線)
      スマートフォンとのセット割auユーザーならセット割ありauユーザーならセット割あり

      ※BBIQ戸建て料金については5年契約、集合住宅は16戸以上の場合の価格です
      ※2018年6月現在の情報です

      ご覧の通り、戸建てタイプに関しては月額料金の面でBBIQに軍配が上がります。

      通信速度に関しても、全国的にユーザー数が多いフレッツ光回線は混雑しやすく通信速度が遅くなりがちなので、時間帯によっては独自回線を利用しているBBIQの方が速く感じられるでしょう。

      光回線で速いといえば「NURO光 」ですが、九州地方は提供エリアではないので割愛しています。

      BBIQのプランと料金

      Designer looking at colour swatches


      最後にいよいよBBIQのプランと料金について詳しく解説していきます。

      BBIQの料金とプランの選び方

      BBIQ公式ホームページは料金シミュレーション形式で若干みづらい(一覧表がない)ので、以下の一覧表をご参照ください。

      BBIQの料金プランは「戸建てタイプ」と「集合住宅タイプ」の2種類に分けられます。

      戸建てタイプギガコース(1Gbps)100メガコース
      月額料金5年4,700円4,400円
      3年5,000円4,700円
      無期限5,800円5,500円

      戸建てタイプの場合は、契約期間によって月額料金が変わってきます。

      契約期間が長ければ長いほど毎月の料金は安くなっていきますが、契約期間内に解約した場合の違約金が高くなってしまいます。

      違約金については「BBIQ契約前に知っておくべき3つの注意点:違約金が高い」をご覧ください。

      ギガコースと100メガコースの違いは、下り(ダウンロード)最大通信速度の違いによるものです。

      100メガコースだと速度が遅くて快適にインターネットを使えない、ギガコースだから常に通信速度が速いという訳ではありません。

      音楽や動画のダウンロードをすることがとても多い人は「ギガコース」、インターネットや動画を見るだけという人であれば「100メガコース」を選びましょう。

      集合住宅タイプギガコース(1Gbps)100メガコース
      月額料金16戸以上4,100円3,800円
      8~15戸4,600円4,300円
      2~7戸5,100円4,800円
      1戸5,800円5,500円

      集合住宅タイプは、あなたが住んでいるマンションやアパートで導入されているBBIQの部屋数によって月額料金が変わります。

      建物全体でBBIQを導入していればいるほど、月額料金が安くなっていくということです。
      そのため、あなたが住んでいる建物内でBBIQを導入していなかった場合は月額料金が高めになります。

      その場合はauひかりや他の光回線を導入した方が安く利用できるケースが多いです。

      QTnetお客さまセンターに電話をすると、あなたが住んでいるマンションやアパートでBBIQの月額料金がいくらになるかを確認できるので、必ず確認してから申し込むようにしましょう。

      QTnetお客さまセンター
      電話番号0120-86-3727
      受付時間9時~20時(年中無休)
      ※12月31日~1月2日は9時~18時

      ちなみに、100メガコースには「2段階定額プランSTEP」という2段階定額の料金プランがあります。

      BBIQ2段階定額プランSTEP|BBIQ

      画像引用:BBIQ2段階定額プランSTEP|BBIQ

      使わなければ最低3,800円、どれだけ使っても最大で6,500円という料金プランです。

      ただし、通信量が多い場合はギガコースを選んだ方が月額料金を安く抑えることができるので、基本的には「ギガコース」を選んだ方が良いでしょう。

      主要オプションについて

      BBIQに申し込むと、以下の機能が無料で利用できます。

      • ウイルス対策ソフト「BBIQトータルセキュリティ」が5台分まで無料
      • パソコンの訪問設定サービス「BBIQ設定サービス」が無料
      • 「~@〇〇〇.bbiq.jp」という専用メールアドレスが5個まで無料
      • 4GBの大容量ブログ「BBIQブログ」が無料で使える

      中でも「BBIQトータルセキュリティ」は、パソコンのほかにスマートフォンやタブレットを含む最大5台までの端末を登録してセキュリティソフトをインストールすることができます。

      セキュリティソフトが無料で利用できるのでとても嬉しいポイントです。

      また、BBIQのサービスとして「光電話」と「光テレビ」があります。

      月額料金
      光電話500円
      光テレビ 地デジ・BSプラン500円

      特に「光テレビ」は、上記のプランの他にもCS放送を楽しめる「ベーシックプラン」、WOWOWを楽しめる「地デジ・BSプランWOWOWパック」等があり、人気のサービスとなっています。

      詳しくは、BBIQ光テレビをご覧ください。

      初期費用

      BBIQを申し込む際、工事費用や事務手数料が発生します。

      契約事務手数料800円
      初期工事費用戸建てタイプ24,600円
      集合住宅タイプ11,000円

      2018年6月現在では、上記の初期工事費用が「2,000円」になるキャンペーンが行われています。

      他にも様々な特典が受けられるキャンペーンなので、キャンペーンの申し込み方法と内容を確認しましょう。

      2018年6月現在のお得なキャンペーン

      2018年6月現在、BBIQ公式ホームページから申し込むとお得なキャンペーンが適用されます。

      Web・お客さまセンター新規お申し込みキャンペーン
      適用期間2018年5月1日~2018年7月31日まで
      対象BBIQ公式ホームページから申し込んだ方が対象




      内容
      ●BBIQ開通月(無料)の翌月からBBIQ月額基本料金が6か月間3,000円割引(ギガコースの場合)
      ●BBIQ開通月(無料)の翌月からBBIQ月額基本料金が6か月間1,500円割引(100メガコースの場合)
      ●初期工事費用24,600円(集合住宅タイプは11,000円)が2,000円
      ●BBIQ開通工事後、10,000円分のJCB商品券が進呈


      注意事項(一部抜粋)
      ●契約事務手数料800円が必要
      ●過去6か月以内にBBIQを利用していた人はキャンペーン対象外
      ●JCB商品券はBBIQ工事日の翌々月にQTnetから日本郵便で送られる

      まとめ

      ノート パソコンで美しいアジアの少女を祝う、手を伸ばしたり仕事成功ポーズ、スタートアップまたは技術教育のビジネス コンセプト、近代的なオフィスやコピー スペース付きのリビング ルームを終了


      以上、九州地方でオススメの光回線「BBIQ」についてのご紹介でした。

      最後に、この記事をおさらいしていきましょう。

      BBIQを利用するメリット

      • QTnet独自の設備で光回線を提供しており、他の光回線と比較するとユーザーが少なく回線速度が安定している
      • 他の光回線と比較するとBBIQギガコース5年契約の月額料金が安くてコストパフォーマンスが良い
      • 無料でセキュリティソフトが使える・専用メールアドレスが5個まで作れる等の無料機能が充実
      • auスマートフォンを使っていれば「auスマートバリュー」で最大2,000円の割引が受けられる
      • BBIQを使っていればQTmobileでスマートフォンを購入する時に最大6,600円の割引が受けられる

      BBIQを利用する場合のデメリット

      • 九州地方限定の光回線
      • 違約金が高い
      • 工事が遅い

      BBIQにはこういったメリットとデメリットがあります。

      このメリットとデメリットを踏まえた上で、BBIQを契約すべき人は以下の通りです。

      BBIQを契約すべき人

      • 九州地方に住んでいる・住む予定がある人で安定した光回線を使いたい人
      • パソコンやスマートフォン等の端末を多く使っている人
      • パソコン操作や設定に詳しくない人
      • auスマートフォンを使っている人

      独自回線で安定した光回線で、且つ様々な機能が無料で使えるので九州地方に住んでいる人であればBBIQがオススメです。

      反対に、BBIQを契約しない方が良い人は以下の感じです。

      注意・警告・デメリットのポイント

      • BBIQの契約をしない方が良い人
      • 全国転勤が多い人(違約金が高いため)
      • ドコモ、ソフトバンク、他の格安SIMを使っている人
      • キャッシュバック目的でインターネット回線を頻繁に乗り換える予定がある人

      契約期間が長い・違約金が高いというデメリットがあるので、全国転勤が多い人にはオススメできません。

      また、ドコモやソフトバンク、格安SIMを使っている人はスマホセット割が適用される他の光回線を選んだ方がお得に使えるでしょう。

      ご自身に合った光回線を選んで、快適にインターネットを利用していきましょう!

      ※当サイトに掲載している情報は、万全の保証をいたしかねます。
      機器、サービスの価格、スペック等の詳細情報は、必ず各公式サイトでご確認ください。

      300種類以上のプランから自分にピッタリな格安SIM・スマホが見つかる!