Menu

ビッグローブ光電話の料金は安い?メリット・デメリットを本音で解説

机に置かれた黒い電話機

最近では、ネット回線と光電話をセットで使うケースが多く、ビッグローブ光を利用中の人やビッグローブ光の利用を検討中の人も、ビッグローブ光の光電話が気になっているのではないでしょうか。

実はビッグローブのネット回線と光電話をセットにせず、別の電話回線を使っていると、年間2万円近く損しているかもしれません!
※加入電話の最低基本利用料 1,450円×12ヶ月=18,000円 として計算

そこで、この記事では、

この記事ではこんな疑問に答えます!

  • ビッグローブ光の光電話ってどんなサービスなの?
  • ビッグローブ光の光電話は月々いくらかかる?
  • ビッグローブ光電話に乗り換えるとき、同じ電話番号は使える?
    • お得な申し込み方法ってある?

といった疑問に答えていきます。

ビッグローブ光と光電話が自分に合っているのかどうか?
また自分に合っている場合「いつ」「どのように」申し込めばお得なのか?

がわかるようになるので、ぜひ最後まで読んでくださいね。

目次

ビッグローブ光電話はNTTよりお得に使える

BIGLOBE「ビッグローブ光電話」

画像引用:BIGLOBE「ビッグローブ光電話」

ビッグローブ光電話は、高速インターネット回線「ビッグローブ光 」と一緒に使えるIP電話サービスです。

今まで使っていた固定電話はほぼそのまま使えるだけでなく、NTT加入電話に比べて月額基本料金や通話料金が安価なのが大きな魅力です。

さらに今使っている電話番号がNTT加入電話の番号であれば、ビッグローブ光電話でも継続して同じ番号が使えます。

また、フレッツ光 ひかり電話を利用中であれば、工事不要で乗り換え(転用)できます。

そこで、ここでは「NTT加入電話」「フレッツ光 ひかり電話」との比較を通して、ビッグローブ光電話のサービス内容やお得感を検証してみましょう。

料金体系は?

ビッグローブ光電話・フレッツ光 ひかり電話・NTT加入電話の3つの料金体系を比較すると、基本料金でNTT加入電話が1,450円~1,950円と、他社の3倍〜4倍近くかかることがわかります。

毎月どのくらいの料金が必要になるかのイメージが掴めるように、月額料金・通話料金・スマホとのセット割引について比較してみました。

ビッグローブ光電話フレッツ光 ひかり電話NTT加入電話
月額料金500円(※1)500円(※1)1,450円~1,950円(※2)
通話料金・NTT加入電話、フレッツ光 ひかり電話、ビッグローブ光電話宛:8円/3分
・携帯電話宛:16円~18円/1分(※5)
・国際電話:9円/1分~(※6)
・NTT加入電話、フレッツ光 ひかり電話、INSネット宛:8円/3分
・携帯電話宛:16円~18円/1分(※5)
・国際電話:9円/1分~(※6)
・固定電話宛(市内):8.5円/3分~8.5円/4分(※3)
・固定電話宛(市外):20円/2分~40円/45秒(※4)
・携帯電話宛:16円~17.5円/1分(※5)
スマホとのセット割引・auスマートバリュー
au携帯の利用料金から最大2年間、毎月最大2,000円/1台(※7)割引

※1.基本プランの場合 ※2.回線区分・エリアによって異なる ※3.時間帯によって異なる
※4.距離・時間帯によって異なる ※5.携帯電話会社によって異なる ※6.国によって異なる
※7.家族の携帯10台までが対象。割引金額は契約プランによって異なる
参照:BIGLOBE「ビッグローブ光電話」フレッツ光「ひかり電話|月額利用料」NTT東日本「毎月の基本料金」

このように、NTT加入電話に比べると、ビッグローブ光電話・フレッツ光 ひかり電話の月額料金や通話料金がかなりお得なのがわかります。

特に月額基本料金は4分の1〜3分の1になります。

また、auユーザーであれば、 auスマートバリュー (※)の対象となってauスマホの利用料金が最大2,000円/月の割引を受けることができます。

フレッツ光のひかり電話を利用しているauユーザーなら、ビッグローブ光電話をセットで使うのがおすすめです。

ビッグローブ光に申込む

※auスマートバリューについては「メリット2:auユーザーはスマホもお得!最大2,000円/月の割引」の章でくわしく説明しています。

利用できるオプションは?

しかしいくらお得とは言え、今現在利用している便利な機能が利用できなくなるのは困りものです。

たとえば、発信者番号表示や自動転送は、迷惑電話対策や不在時の受電対応として、通話オプションの中でもメジャーな機能です。

これまで利用していた人も多いのではないでしょうか。

そこで、次に利用可能なオプションについても比較してみましょう。

次の表で、NTT加入電話やフレッツ光 ひかり電話で利用しているオプションがビッグローブ光電話でも使えるかどうかがチェックできます。

結論から言えば、発信者番号表示や自動転送、通話中着信通知などは、ビッグローブ光電話でも問題なく同等の利用料で使うことができます。

ただし、かかってきた電話番号によって転送・着信を設定できる機能や副番号を有効にすると主番号への着信に不在メッセージが流れる機能などは、未対応となっています。

ビッグローブ光電話で利用できるオプション

以下の表中のオプションはプライベートで使うことが想定されるものに絞っています。

そのため、ここでご紹介したオプションがすべての提供オプションではありません。

また、NTT加入電話、またはフレッツ光のひかり電話で提供されていて、ビッグローブ光電話で提供されていないオプションについては、オプション名の先頭に■をつけています。

オプション(付加サービス)(※1)サービス内容ビッグローブ光電話フレッツ光
ひかり電話
NTT加入電話
発信者番号表示発信元の電話番号を表示400円/月(※2)400円/月(※2)400円/月(※2)
ナンバーリクエスト番号非通知でかかってきた電話に、番号通知をしてかけ直すリクエストメッセージを流す200円/月(※2)200円/月(※2)200円/月(※2)
迷惑電話ブロック登録した電話番号からの着信を拒否200円/月(※2)200円/月(※2)600円~700円/月(※2、3)
通話中着信通知通話中の着信を知らせてボタン操作で切り替え300円/月(※2)300円/月(※2)300円/月
■キャッチホン・ディスプレイ通話中の着信を知らせてボタン操作で切り替え+通話中の着信の番号を表示100円/月(※2)
自動転送かかってきた電話を登録電話番号に転送500円/月(※2)500円/月(※2)500円/月
■ボイスワープセレクトかかってきた電話番号によって転送・着信を設定できる--650円/月
着信お知らせメール着信があったときにメールで知らせる100円/月(※2)100円/月(※2)100円/月(※2)
FAXお知らせメールFAX受信があったときにメールで知らせる100円/月(※2)100円/月(※2)100円/月(※2)
複数チャネル同時に2回線分利用できる200円/月(※2)200円/月(※2)400円/月または200円/月(※2、3)
追加番号同じ回線で異なる電話番号を割り振る1番号100円/月(※2)1番号100円/月(※2)100円/月(※2)
■テレビ電話チョイス定額 2つの登録電話番号へのテレビ電話が30分以内であればかけ放題-500円/月(※4)-
■コールセレクト特定番号、メディア種別によって通信を許可-100円~10,000円/月(※2、4、5)-
■二重番号サービス副番号を有効にすると主番号への着信に不在メッセージが流れる--700円
■ナンバー・アナウンス留守中にかかってきた電話の番号・日時を最大5件まで知らせてくれる--300円/月(※2)
■ナンバーお知らせ136留守中に最後にかかってきた電話の番号・日時を知らせてくれる--30円/1回

※1.ビッグローブ光・フレッツ光によってサービスの名称は異なる
※2.別途工事費が必要。複数の工事を行う場合は減額される場合もある
※3.拒否登録できる番号数によって異なる ※4. NTT東日本のみ提供
※5.プランによって異なる
参照:BIGLOBE「ビッグローブ光電話」フレッツ光「充実した付加サービス」NTT東日本「便利なオプション」

上の表からわかるように、ビッグローブ光電話で提供されていないオプションは7個あります。

これらのオプションを利用している人は、使わなくても問題ないかどうかの検討が必要です。

しかし、フレッツ光ひかり電話にあってビッグローブ光電話で提供されていないサービスは、「テレビ電話チョイス定額」と「コールセレクト」の2つのみです。

たとえば、テレビ電話チョイス定額は、スカイプやLINEといったアプリによる無料のテレビ電話で代用ができます。

会社などでコールセレクトがどうしても必要な場合は、フレッツ光ひかり電話のまま利用するのが得策です。


ここまでで、NTT加入電話やフレッツ光 ひかり電話からの乗り換えの際に押さえておくべきポイントが把握できましたね。

では、次にビッグローブ光電話のメリット・デメリットを掘り下げてみましょう。

ビッグローブ光電話はビッグローブ光×auスマホ利用中の家庭におすすめ!

筆者がビッグローブ光電話を自信を持っておすすめするのは、ズバリ、ビッグローブ光利用中でかつauスマホユーザーのご家庭です。

なぜなら、次のようなメリットがあるからです。

ただし、ビッグローブ光電話を導入する上で、次のようなデメリットもありますので、本当にぴったりのサービスかどうかを順番に確認していきましょう。

まずはメリットから見ていきましょう。

メリット1:ビッグローブ光利用料と同額で固定電話が導入可能

ビッグローブ光を利用している人は、高速通信(IPv6方式)が利用できる専用無線LANルータ(月額料金500円)を使用している場合が多いです。

しかし、ビッグローブ光電話を契約すると、光電話対応機器によって常時IPv6通信が可能になるため、専用無線LANルータの月額料金500円が不要になります。

つまり、ビッグローブ光電話の基本料金500円/月かかっても、プラスマイナスゼロで、ビッグローブ光(高速通信)利用料と同じ金額のまま固定電話が導入できるというわけです。

そのため、ビッグローブ光電話はビッグローブ光ユーザーにおすすめと言えます。

メリット2:auユーザーはスマホもお得!最大2,000円/月の割引

BIGLOBE「auスマートバリュー」
画像引用:BIGLOBE「auスマートバリュー|おトクが続く!家族全員もおトク!」

ビッグローブ光(インターネット回線)とビッグローブ光電話を同時に利用すると、auスマホの料金が割り引かれる「 auスマートバリュー 」が適用されます。

そのため自分や家族がauユーザーである場合、とてもお得になります。

auスマートバリューの割引額は、利用しているデータ定額プランによって異なります。

データ定額30に契約している場合、最大2年間は月に2,000円ずつ割引され、それ以降は同じ料金プランを利用している限りずっと毎月934円が割引になります。

auスマートバリューなら家族みんな適用で6,000円/月以上割引も!

さらに、家族もauユーザーなら最大で10回線まで適用できるため、家族で利用するのがおすすめな割引プランです。

たとえば…

4人家族でみんなauのスマホユーザーの場合…

それぞれ、

  1. データ定額10(2,000円割引
  2. データ定額5(1,410円割引
  3. データ定額8(1,410円割引
  4. データ定額8(1,410円割引

を契約している場合、毎月6,230円安くなります(最大2年間)。
※データ定額10(2,000円)+データ定額5(1,410円)+データ定額8(1,410円)+データ定額8(1,410円)で計算した場合
参照:BIGLOBE「auスマートバリュー」

下の表はスマホのみですが、3G/4G携帯やタブレットもデータ定額プランによっては対象となります。
補足:対象となるプランは、3G携帯「カケホ(電話カケ放題プラン/ケータイ・データ付)」、4G携帯「データ定額2/3データ定額2(VK)/3(VK)」、タブレット「LTEダブル定額 for Tab/Tab(i)(ゼロスタート定額)」

各データ定額プランの割引料金は、ビッグローブ光のホームページ で確認できます。

BIGLOBE「auスマートバリュー」
画像引用:BIGLOBE「auスマートバリュー」

なお、「auスマートバリュー」は申し込みが必要です。

申し込み手続きは最寄りのauショップ で、auスマートバリューについての問合せはau総合案内で行うことができます。

窓口が分からない場合は「総合案内」へおかけください。

  • au携帯電話から:157
  • 一般電話から :0077-7-111
  • 上記番号がご利用になれない場合:0120-977-033
    ※年中無休(9:00~20:00)音声ガイダンス(ご利用料金照会、回線停止、再開など)は24時間利用可能
au「サポート|KDDIの電話問い合わせ窓口の連絡先を教えてください から引用

メリット3:オプションに申し込めば3時間通話無料

ビッグローブ光電話には、基本プランのほかに「ビッグローブ光電話A(エース)」というプランがあります。

  • 発信者番号表示
  • 通話中着信通知
  • 自動転送

などよく使われる6つのオプションのほか、最大3時間分の通話料も込みで月額2,680円分のサービスが1,500円で利用できるとてもお得なプランです。

これはフレッツ光の「ひかり電話A」と同等のサービスとなるため、フレッツ光でひかり電話Aを利用していた人はそのまま同じ環境で電話が使えることになります。

ただし、月額料金に含まれる通話料金を超過した後の通話料については、NTT東日本は8円/3分でビッグローブ光電話Aと同じですが、NTT西日本は7.2円/3分で計算されるため異なります。

そのため、NTT西日本のフレッツ光 ひかり電話Aからビッグローブ光電話Aに乗り換えると、無料分の480円分を超えて電話した場合の通話料金が高くなるということに注意が必要です。

基本プランビッグローブ光電話A
月額料金500円1,500円
通話料金8円/3分480円分まで無料(※)(超過した通話分は8円/3分)
月額料金で利用できるオプション-・発信者番号表示
・通話中着信通知
・自動転送
・ナンバー・リクエスト
・迷惑電話ブロック
・着信お知らせメール

※NTT東西の加入電話・ISDN・IP電話への通話が対象。携帯電話やナビダイヤルなどへの通話は対象外
※参照:BIGLOBE「ビッグローブ光電話」NTT東日本フレッツ光「月額利用料」NTT東日本フレッツ光「通話料・通信料」

喜ぶ弟リスのイラスト
兄ちゃん!ビッグローブ光電話ってお得なんだね!

弟リスのイラスト
ボクたちの家でもビッグローブ光を使っているし、兄ちゃんもボクもスマホはauだから、ビッグローブ光電話にしようよ!

頷く兄リスのイラスト
そうだね!でも、実はメリットばかりじゃないんだ。

わからない弟リスのイラスト
え…!そうなの!?

兄リスのイラスト
デメリットについてもきちんと確認してから、電話も乗り換えるかどうか検討しようね。

では、デメリットについて、次の章からは、これらのデメリットをくわしく説明します。

デメリット1:工事費が回線工事とは別で発生する

ビッグローブ光電話の工事費は、ビッグローブ光の回線工事とは別に発生します。
参照:BIGLOBE「ビッグローブ光電話」

現在ビッグローブ光回線を利用している場合でも、ビッグローブ光電話を追加で申し込むと工事費が発生します。(金額は工事内容によって異なります)

ここでは、ビッグローブ光電話を申し込むときに工事費が発生する場合と発生しない場合についてまとめます。

工事費が発生するパターン

  • ビッグローブ光回線を利用中で、ビッグローブ光電話を追加で申し込む場合
  • フレッツ光回線を利用中だが、ひかり電話を利用していない場合

工事費が発生しないパターン

  • フレッツ光回線とひかり電話を利用中で、ビッグローブ光回線に「転用」と同時にビッグローブ光電話に引き継ぐ場合

したがって、今現在、フレッツ光回線とフレッツ光 ひかり電話を利用していない人は、

  • 申し込みのタイミングを考えたり
  • キャンペーンなどを利用したり

して、賢く節約することをおすすめします。

たとえば、2018年6月1日〜7月31日の期間、「選べる特典25,000円キャッシュバックまたは1,480円/月値引き×12ヵ月(回線新規)」として、月々にかかる標準工事費相当額値引きするキャンペーンを実施しています。
参照:BIGLOBE「キャンペーン・料金」

デメリット2:同じ番号が使えないこともある

ビッグローブ光電話に乗り換える場合、無条件で今までの電話番号をそのまま使えるわけではありません。

同じ電話番号を引き続き使える場合と使えない場合を以下の図でまずはざっと確認してみましょう。

ビッグローブ_光_電話

NTT加入電話番号→○、NTT以外の電話番号→×

今までと同じ電話番号をビッグローブ光電話でも使えるのは、NTT加入電話の番号である場合のみです。

今利用している電話が初めての固定電話であり、かつNTT以外の光電話などであった場合は、そこで発番された番号となるため引き継ぐことはできません。

この場合、ビッグローブ光電話申し込み時に発番される新しい電話番号を使うことになります。

なお、各インターネット回線は、今後どのようなサービス展開を進めていくかわかりません。

よりよいサービスを求めて、再度インターネット回線の乗り換えをすることも十分に考えられます。

そのため、ビッグローブ光電話への乗り換え前にNTT加入電話番号を取得しておくのもおすすめです。

フレッツ光 ひかり電話を利用している→△

フレッツ光 ひかり電話を利用している場合は「転用」となるため、基本的にはそのままの電話番号が利用できます。

ただし、以下の契約プランを利用している場合は、そもそもビッグローブ光電話でそれらのプランが提供されていないため、転用することができません。

  • ひかり電話オフィスタイプ
  • オフィスA(エース)
  • 安心プラン
  • もっと安心プラン
  • ナンバーゲート
  • ビジネスタイプ

フレッツ光の方で契約プランを「基本プラン」または「ひかり電話A」に変更した上でビッグローブ光に転用する必要があります。

フレッツ光 ひかり電話で3つ以上の番号を利用している→△

転用の際には、電話番号は2つまでしか引き継ぐことができません。

つまり、追加番号サービス(マイナンバー)などの付加サービスを利用して3つ以上の電話番号を利用している場合は、そのままでは転用を受け付けてもらえません。

フレッツ光 ひかり電話で付加サービスを解約し、電話番号を2つまでに絞ってから転用の申し込みをしましょう。

フレッツ光 ひかり電話で特定の付加サービスを利用している→△

フレッツ光 ひかり電話で以下の付加サービスを利用している場合は、そのままではビッグローブ光電話に転用できません。

  • ひかり電話#ダイヤル
  • コールセレクト
  • フリーアクセス・ひかりワイド
  • グループ通話定額
  • テレビ電話チョイス定額

フレッツ光 ひかり電話でこれらの付加サービスを解約した後、ビッグローブ光電話を申し込んでください。


ここまでで、ビッグローブ光電話のメリット・デメリットが理解できましたね。

また、フレッツ光から転用する場合に注意してほしい点についてもご紹介しました。

そこで、次からは、ビッグローブ光のインターネット回線と電話を新規で導入する場合におすすめの申し込み方について解説します。

申込みは回線と同時がベスト!代理店経由でさらにお得

$とかかれた袋を持つ黒電話

ビッグローブ光電話を新規に導入しようと考えている場合、できるだけお得に申し込みたいですよね。

その方法として2つほどご紹介していきます。

では、ひとつずつ見ていきましょう。

1.回線と電話を同時に申し込むとお得!

先の「デメリット1:工事費が回線工事とは別で発生する」でも解説しましたが、ビッグローブ光は回線工事と光電話の導入工事が別となっています。

そのため、「とりあえずビッグローブ光回線だけ契約しよう。電話はあとでもいいや」と考えている人がいれば、ぜひ回線と電話を同時に申し込むことをおすすめします。

理由は以下の2つです。

同時申し込みすると工事費が減額される

回線と光電話を同時に申し込んだ場合、工事が同時に行われるため、ビッグローブ光電話の基本工事費が減額されます。

先にビッグローブ光回線を申し込んで後ほどビッグローブ光電話を追加申し込みした場合、この減額はされませんので、同時に申し込んだほうがお得というわけです。
※基本工事費は工事内容によって異なります。交換機等工事のみの場合は1工事1000円、NTT東日本・NTT西日本が訪問して機器工事を行う場合は4500円です
参照:BIGLOBE「ビッグローブ光電話」

auスマートバリューが早く適用される

先ほどの「メリット1」で説明したとおり、ビッグローブ光回線とビッグローブ光電話をセットで利用している場合のみ、 auスマートバリュー が適用され、auスマホ料金が割り引かれます。

ということは、回線を先に導入しても光電話が利用開始とならない限り、auスマートバリューは適用されません。

最初からセットで申し込めば、それだけ早い時期からauスマホ料金がお得になります。

2.代理店経由で申し込む

期間内にビッグローブ光回線を新規に申し込むと、以下の3つの特典が受けられます。
参照:BIGLOBE「キャンペーン・料金」

特典1.25,000円キャッシュバック

利用開始月から12か月目まで継続して利用した場合、12か月目に25,000円を口座経由で受け取ることができます。

このキャッシュバックは、「メリット2:auユーザーはスマホもお得!最大2,000円/月の割引」の章で説明したauスマートバリューや、セット割などの割引を受けていても受け取れます。

auスマートバリューで2,000円/月の割引を受けられる人なら、1年間で約5万円もトクする計算です!
※auスマートバリュー 2,000円×12ヶ月+キャッシュバック 25,000円=49,000円

ただし、12か月以内に解約したり、コース変更した場合は対象外となるので注意しましょう。
※参照:BIGLOBE「回線新規お申し込みのお客様」

特典2.標準工事費相当額が実質0円

40か月に渡って毎月の利用料金から750円(ファミリータイプ)/675円(マンションタイプ)が割り引かれるため、標準工事費相当額が実質タダになります。

ただし、40か月経過しないうちにビッグローブ光を解約すると、残金を一括で支払わなくてはならないため注意が必要です。

特典3.IPv6対応無線LANルータが1年間0円

2年目(13カ月目)以降は500円/月。

しかし、ビッグローブ光電話を同時に申し込むなら無線LANルータが不要となり、この特典は適用されません。

また、代理店経由でビッグローブ光を申し込むとこれらの特典がさらにお得になる場合があります。

代理店によるおすすめ新規契約キャンペーン3つ

お得な代理店をいくつかご紹介しますが、キャンペーン期間やキャッシュバック金額などに変更がある場合もあるため、申し込む前に改めて比較や確認をしてくださいね。

代理店名株式会社Wiz(2018年4月1日~2018年4月30日)株式会社NNコミュニケーションズ株式会社 NEXT
キャッシュバック金額最大35,000円25,000円 もしくは、 20,000円+ルーター

最大33,000円

キャッシュバック受け取り期間利用開始月から6か月目利用開始月から2か月目利用開始月から2か月目
ポイント指定サービスに加入の必要があるものの、高額なキャッシュバックが魅力有料オプションの加入は必要ない最大33,000円のキャッシュバックは3年プラン申込時のみ

参照:株式会社WizNNコミュニケーションズ株式会社NEXT

【中部地域限定】auユーザーはコミュファ光がおすすめ

コミュファ光 by ctc画像引用:コミュファ光

同じauスマホとの割引が適用されるインターネット回線のひとつに「コミュファ光 」があります。
参照:BIGLOBE「auスマホがおトク!」

コミュファ光は、愛知県、岐阜県、三重県、静岡県でサービス展開をしている高速インターネット回線で、ビッグローブ光同様、上り下り最大1Gbpsが特徴です。

このコミュファ光でも光電話サービスが提供されているため、東海エリアに住んでいるauユーザーにはおすすめです。

ここではイメージを掴みやすいよう、コミュファ光のサービス内容をビッグローブ光と比較してみます。

コミュファ光電話はau携帯にかけても通話料タダ!

コミュファ光とビッグローブ光について月額料金と通話料を比較してみましょう。

次の表を見るとわかるように、コミュファ光電話では、コミュファ光電話同士や、auおうち電話宛、au携帯宛にかけた場合は、通話料金が発生しません。

この点が、auユーザーや家族にauユーザーがいる人にとっては、大きな魅力ポイントです。

コミュファ光ビッグローブ光
インターネット回線基本料金(月額)5,550円(※1)ファミリータイプ:4,980円(※1)
マンションタイプ:3,980円(※1)
光電話基本料金(月額)基本プラン:500円
通話料
  • コミュファ光電話、auおうち電話、au携帯宛:0円
  • 一般加入電話、提携IP電話宛:8円/3分
  • 携帯電話宛:18円/1分
  • 国際電話:8円/1分~(※4)
  • NTT加入電話、フレッツ光 ひかり電話、ビッグローブ光電話宛:8円/3分
  • 携帯電話宛:16円~18円/1分(※3)
  • 国際電話:9円/1分~(※4)
auスマートバリュー適用(au携帯の利用料金から最大2年間、毎月最大2,000円/1台(※5)割引)有り有り

※料金はすべて税抜です ※1.契約期間は2年間 ※2.3年プランの場合 ※3.携帯電話会社によって異なる
※4.国によって異なる ※5.家族の携帯10台までが対象。割引金額は契約プランによって異なる
参照:BIGLOBE「ビッグローブ光電話」コミュファ光「戸建住宅にお住まいの方」コミュファ光「通話料金のご案内」コミュファ光「付加サービス」

オプションもほぼ同等!

コミュファ光電話で利用できるオプションサービスは、ビッグローブ光電話とほぼ同等です。

しかし、「FAXお知らせメール」が使えないことと、オプションによっては月額料金に違いがあることに注意してください。

オプション(付加サービス)(※1)サービス内容コミュファ光電話ビッグローブ光電話
発信者番号表示発信元の電話番号を表示400円/月400円/月
ナンバーリクエスト番号非通知でかかってきた電話に、番号通知をしてかけ直すリクエストメッセージを流す200円/月200円/月
迷惑電話ブロック登録した電話番号からの着信を拒否200円/月200円/月
通話中着信通知通話中の着信を知らせてボタン操作で切り替え300円/月300円/月
自動転送かかってきた電話を登録電話番号に転送500円/月500円/月
着信お知らせメール着信があったときにメールで知らせる100円/月100円/月
FAXお知らせメールFAX受信があったときにメールで知らせる-100円/月
複数チャネル同時に2回線分利用できる400円/月200円/月
追加番号同じ回線で異なる電話番号を割り振る100円/月1番号100円/月

※料金はすべて税抜です ※1. コミュファ光の場合は1番号のみ追加(プラスナンバー)
参照:コミュファ光「付加サービス」BIGLOBE「ビッグローブ光電話」

中部地域に住んでいる人は、コミュファ光もビッグローブ光とほぼ同じように使える上、auユーザーであれば大変お得だということがわかりましたね。

コミュファ光の申込みはこちら

まとめ

笑顔で固定電話で話す女性

では、これまでのポイントをおさらいしましょう。

ビッグローブ光のメリット

  1. NTT加入電話に比べて安価に利用できる
  2. フレッツ光 ひかり電話とほぼ同等のサービス内容・料金
  3. auユーザーであればよりお得になる

ビッグローブ光のデメリット

    1. 回線工事費と光電話工事費が別に必要
      回線と電話を同時に申し込むことで減額される
    2. NTT加入電話番号でない場合は電話番号を引き継げない
      → 他の光電話も同様
    3. 3つ以上の番号を使っている場合は電話番号を引き継げない
      → オプションを外すなどして2番号までにすれば引き継ぎ可能

お得に申込むには…

    1. 回線と電話を同時に申し込む
    2. 代理店経由で申し込む

その他

中部地域のauユーザーにはコミュファ光電話もおすすめ

ビッグローブ光を検討中の人も利用中の人も、自分のライフスタイルに合った内容でお得に光電話を導入できますね。

なお、キャンペーン内容や対象期間は予告なく変更されることがあるので、こまめにホームページをチェックすることをおすすめします!

※当サイトに掲載している情報は、万全の保証をいたしかねます。
機器、サービスの価格、スペック等の詳細情報は、必ず各公式サイトでご確認ください。

【完全版】自分に合った格安SIMが見つかる!

【28社比較】おすすめのWiMAXプロバイダはこれ!