Menu

SIMフリーのiPhoneやiPadを購入する

SIMフリーのiPhoneやiPadを購入する

2013年の11月、待望のSIMフリー版iPhoneがアップルストアにて販売開始されました。

好きなSIMカードを選択できるのは嬉しいところです。

しかも、AppleIDを使いこなせば常に同じ状態に保てるところがiOSのメリットです。


海外旅行や出張でも現地のSIMを挿入することができるので、1台ですべてを賄うことができます。

さらに、2014年7月より、SIMフリーのiPadも販売が開始されました。

SIMフリーiPhone・iPadをアップルストアで購入する

2013年の11月、アップルストア(オンラインストア含む)にてSIMフリー版のiPhone5s・5cが発売されました。

日本では最初にソフトバンクでの取り扱いが始まり、次いでau、ドコモの順ですべてのキャリアで購入できる状況です。


各キャリア間における料金プランにほぼ差がないということもあり、スマートフォンの料金が高いと感じているユーザーからは、正式にアップルより販売されたことに高い注目が集まりました。

格安SIMを使って毎月の料金をリーズナブルに抑えたいユーザーにとって、メーカー保証の効くSIMフリーiPhoneは魅力的な選択肢でしょう。

さらに2014年7月より、iPadシリーズも加わり、屋外通信回線付タブレット、という使い方がiPadでも実現できるようになりました。

ここでは、オンラインのアップルストアでSIMフリーiPhoneの購入方法を説明します。

SIMフリーiPhoneとキャリア版iPhoneの違い

ドコモ版のiPhoneはSIMロック解除をしなくても格安SIMが利用できますが、テザリングに対応していない場合が多いようです。

アップルストアや海外通販で購入可能なSIMフリー版のiPhoneでも同様に、国内の格安SIM事業者が用意している格安プランではテザリングが利用できない場合があるようです。

これは端末の仕様というよりは、大手通信業者の都合により制限されています。

格安SIM事業者に回線を借りているドコモを例に挙げると、通常はテザリング用に用意されたAPNに自動切り替えによって、テザリングが可能となりますが、格安SIM事業者への回線が開放されていないため、通常のデータ通信しかできない状態になっています。

今後テザリング問題が解決されるのかは、現状では難しい問題となっています。

アップルストアでのSIMフリーiPhone・iPadの購入方法

アップルが直販を行うオンラインのアップルストアにて、SIMフリー版iPhoneを購入してみましょう。

STEP1 ブラウザでアップルストアにアクセスする

http://store.apple.com/jpにアクセスして「iPhoneストア」をクリックします。

STEP2 iPhoneを選ぶほしい

機種・カラー・容量を選び、決定したら画面右側の「選択」をクリックします。

STEP3 オプションを選択してカートの内容を確認する

ケースなどのオプションは必要に応じて追加できます。

決定したら「カートに追加」をクリックして最終の購入画面に進みます。

STEP4 支払い方法を決定し確定する

普段、iTunesで使用しているAppleIDでも購入することができます。また、代金引換やコンビニでの前払いにも対応しています。

届け先住所の情報やクレジットカード情報を入力して注文を確定したら、自宅に届くのを待つだけです。

支払い方法は豊富に選べる

AppleIDを利用すれば、アプリや楽曲を購入するのと同様の決済スタイルとなります。

ゲスト購入を選択すれば、都度支払い方法を選択することができるので、クレジットカード以外の支払いをしたいときに有効です。

※当サイトに掲載している情報は、万全の保証をいたしかねます。
機器、サービスの価格、スペック等の詳細情報は、必ず各公式サイトでご確認ください。