Menu

いつでもどこでもネットが使える便利なモバイルルーター

いつでもインターネットが使えるモバイルルーター

モバイルルーターって何?という人のために、この機器で何ができるかをまず紹介していこう。

モバイルルーターでWi-Fi環境をパワーアップ

モバイルルーターとは、各社が販売する小型の無線LAN親機。

持ち歩くだけで、スマートフォンやゲーム機などのWi-Fi機器をどこでもインターネットに接続できる。

高速通信と低価格なプランが売りで、ビジネスユーザーだけでなく、ネット回線をお得に利用したいユーザーにオススメだ。

モバイルルーターを使う上でのメリットを図でまとめたので、参考にしよう。

モバイルルーターのメリット

複数の機器を接続できる

複数の機器を接続できる

パソコン、ゲーム機、スマートフォンなど、複数のWi-Fi機器を同時に接続できる。

コンパクトで持ち運びも可能

コンパクトで持ち運びも可能

機器は手の平サイズ。

ケースなどに入れてスマートフォンと同じように持ち歩き利用できる。

スマホのバッテリーが長持ち

スマホのバッテリーが長持ち

スマートフォンと一緒に持ち歩く場合、モバイルルーターを使ってネット接続を行うと、スマートフォンのバッテリーが長持ちする。

固定回線が不要に!

固定回線が不要になる

パソコンの配線をすっきりまとめたいなら無線接続。

モバイルルーターならケーブルいらず。

モバイルルーターの通信事業者選び

各通信事業社が販売しているモバイルルーターは、みな高速と低料金を謳ったものばかり。

しかし、値段だけで選んでも、自分の思い描いたプランとかけ離れているということも多い。

下で紹介する3つの項目も参考にして、総合的な面から機種選びを行えば失敗を回避できる。

通信事業者を選ぶ際に重要な3つの項目

項目 内容
最大通信速度 インターネット接続の最大速度。あくまでも理論上の最大値で、回線の混雑具合、電波の強度などによって速度数値は変動する。
月額料金 プランやオプションサービスなどを含めた月額料金。プランを選ぶための条件は、各通信事業者ごとに異なるので注意。基本的に、長期プランを途中で解約すると、違約金が発生する場合が多い。
プロバイダとの契約 通信事業者によっては、プロバイダとの契約が別途必要になる場合もある。

実際の最大通信速度は使用する場所や時間帯に大きく依存する。とはいえ、理論上の数値も大きいに越したことはない。

エリアカバー率は会社ごとにもちろん異なる

キャリアごとの大きな差といえば、エリアによる電波のカバー率。

人ごみの中での安定した通話や、快適な電波受信感度を求めるなら重要なポイントだ。

県庁所在地や都市圏などではどのキャリアもしっかりカバーされているが、全国的なエリアカバー率はdocomo、au、Softbank(Y!mobile含む)の順で優れている。

通信事業者別に規格とカバー率をまとめたので参考にしよう。

対応エリア一覧表

キャリア 規格 特徴
docomo Xi 政令指定都市 人口カバー率100%
FOMAハイスピード 全国実人口カバー率 100%
au(UQ) WiMAX 2+ 全国都市部カバー
WiMAX 全国実人口カバー率99%
au 4G LTE 全国実人口カバー率99%
Softbank Softbank 4G 全国政令指定都市実人口カバー率100%
Softbank 4G LTE 全国実人口カバー率99%
Y!mobile Softbank 4G 全国政令指定都市実人口カバー率100%
Softbank 4G LTE 全国実人口カバー率99%

「人口カバー率」とは?

人が多く住んでいる場所をどれだけカバーしているかを示す数値。

旧規格の場合、エリアカバー率は全社ともほぼ100%。しかし、最新の通信規格は普及するまで時間が必要だ。


以前までは、フレッツなどの高速な光回線は、モバイルルーターの何倍も高速だった。

しかし、無線規格の進化によって、現在は通常の光回線よりも高速な通信規格が主要キャリアの3社ともに採用されている。

光回線よりも高速な通信規格が主要キャリアから提供されている

最短1日でネットが利用できる!

ADSLや光回線の場合、申し込みから工事、さらに提供開始までにかかる日がおよそ2週間程度必要。

さらに、内容によっては、1~2万円の工事費が発生することもあった。

しかし、モバイルルーターなら端末を受け取るだけですぐに利用できるのが特徴だ。

アパートなどで、工事禁止の建物に住んでいる場合にも役立つだろう。

なお、ヨドバシカメラなどの家電量販店では、受け取りに時間がかかることがあるので注意しよう。

※当サイトに掲載している情報は、万全の保証をいたしかねます。
機器、サービスの価格、スペック等の詳細情報は、必ず各公式サイトでご確認ください。