Menu

携帯代が払えないとどうなる?どうしても滞納してしまう場合の対処法と相談先

携帯代が払えないとどうなる?どうしても滞納してしまう場合の対処法と相談先

携帯代が払えない場合どうなるのか?その対処法や相談先についてまとめました。
手持ちにお金がなく携帯代金を滞納すると、まず督促状が届きます。さらに期日をすぎると携帯電話での通話やネットが使えなくなり、やがて強制解約となります。未払いが続くと、訴訟問題に発展する可能性も少なくありません。

携帯代金を支払えなくなりそうな場合は、下記の方法を試してみてください。

携帯料金を支払えない時の対処法

  • クレジットカードで支払う
  • 消費者金融等で借金をする
  • 事前に携帯電話の休止手続きを行う
  • 安い格安SIMへ乗り換える

この記事では滞納の流れや、リスク、また携帯代金が払えない方法をわかりやすく解説しています。

携帯料金を支払わなかったときの流れ

携帯代金を期限までに支払わない状態でいると、督促状が送付され携帯電話の利用が出来なくなり、最終的には強制解約されます。

強制解約された後も支払いを無視していると、財産の差し押さえや裁判などに発展する可能性があります。

携帯電話料金を滞納した場合、下記のような流れになります。

ここでは、携帯代金を滞納してからの流れについて紹介します。

①督促状が送付される

携帯代金が一定期間、未納の状態だと契約住所に督促状が送付されます。
督促状が送付されるタイミングは携帯会社によって異なりますが、おおよそ本来の料金支払日から1~2週間で届きます。

督促状に記載されている事項は下記の内容です。

督促状の記載内容

  • 料金の支払いの確認が取れていないこと
  • 請求金額
  • 支払期日
  • 期日までに支払いがない場合は回線の利用を停止すること
  • 振込先口座、支払い方法など

督促状に記載されている期限までに指定の料金の支払いをすれば回線は止まりません。

なお、支払いを促す書面として「催促状」と「督促状」がありますが、持つ意味は下記のように異なります。

催促状と督促状の違い

催促状
初めて支払いを過ぎてしまった時に「料金の支払いが確認できません」など、支払いを忘れていないかといった確認的な意味で通知がされます
督促状
催促状よりも強い効力を持ち、期日までに支払いがなかった場合は利用停止や強制解約などの措置がとられます

督促状は催促状に比べて強い効力を持つので、決して無視せずに必ず期限内に支払いできるようにしてください。

②利用停止の通知が届く

督促状に記載された「支払い期限」までに支払いをしないと、回線の利用停止通知が届きます。

利用停止の通知方法は、携帯会社によって異なりますが、ドコモの場合は、はがきや封書+ショートメッセージで送付されます。
本来の支払い期限の約15日後に支払いが停止されることを公式ホームページで明記しています。

利用停止の通知が届く

(画像引用:ドコモ公式

この利用停止通知は最後通告です。
記載の期日にになっても支払いがないと、次項の回線の利用停止に至ります。

③回線の利用を停止させられる

利用停止の通知に記載された期日を過ぎても支払いがないと、回線が停止されてしまいます。

通話やネットがすべて停止されるケースや、最初は通話のみ停止など、携帯会社によってパターンはさまざまです。 いずれにしても、期日までに料金の支払いがないと、何かしら携帯の大事な機能が使えなくことを覚悟しておきましょう。

また、ファミリー契約など、同一名義で複数回線の契約がある場合、他の回線も強制的に利用が停止されてしまいます。

その場合、他の家族の回線も使えなくなってしまう場合があります。
その際は、事前に家族へ相談しておくことも必要です。

④強制解約させられる

回線停止後も料金の未納が続くと、本来の支払い期日から約1~2か月ほどで契約の強制解約が行われます。

回線の利用が停止された状態だと、通話やインターネットなどは利用できないものの、自身の携帯番号やメールアドレスは存在しています。 強制解約前に料金の納付すれば、再び同じ回線を利用できるようになります。

しかし、強制解約された場合は携帯電話番号やキャリアのメールアドレスが今後使えなくなります。

連絡先を知っている友人からすると、突然連絡できなくなってしまいます。

また一度強制解約させられていると、同じキャリアでの再契約も難しくなる恐れがあるので、回線利用停止後でも支払い能力があれば支払うようにしてください。

⑤財産差し押さえ・裁判

強制解約されたからといって、支払が帳消しになる訳ではありません。自分が使った分の料金は支払いが必要です。

強制解約されても、端末をWi-Fi接続すれば、タブレットのようにインターネット通信ができます。
そのため、「強制解約されたけど、もう支払いもしなくて良い?」と考える人もいるかもしれません。

しかしそれは大きな間違いです。

支払いの延滞が続いて無視をすると、下記のようなデメリットが生じます。

料金の滞納で生じるデメリット

  • 訴訟・裁判
  • 財産の差し押さえ
  • 信用情報に傷がつき、ブラックリスト入りし、クレカなどの審査が通りにくくなる

詳しくは「携帯代を滞納するリスク」で解説しますが、携帯料金を滞納してよいことは一つもありません。

強制解約後も支払い義務がなくなったわけではなく、使った分の料金は必ず支払わなければいけません。

滞納するといつ止まる?キャリア別の回線停止タイミング

料金の支払いを滞納し、回線の利用の停止の通知を受けとってもなお期日まで支払いがなかった場合、回線が利用できなくなってしまいます。
回線が停止するタイミングは、キャリアによって異なります。
ドコモ、au、ソフトバンクの回線停止のタイミングは下記の表を参考にしてください。

大手キャリアの督促状送付と回線停止のタイミング
キャリア督促状が届くタイミング回線利用停止のタイミング
ドコモ本来の支払日の約1週間後本来の支払日の約20~30日後
au本来の支払日の約15日後本来の支払日の約30日後
ソフトバンク本来の支払日の約15日後本来の支払日の約25日後

いずれにしても料金の未納から1か月以内に回線が停止させられます。

未納分の支払い方法なども含めて、各キャリアのケースを紹介します。

【ドコモ】本来の支払日から約20日~30日後

ドコモの場合、本来の支払い期限経過後20~30日後に携帯電話回線の利用が使えなくなります。

回線の利用が停止されるまでの流れは下記のとおりです。

ドコモ回線の利用停止の流れ

  1. 本来の支払日の約10~20日後に督促状が届く
  2. 約20日~30日後に回線の利用が停止

なお、未払いの料金をコンビニエンスストアなどで支払いをすれば、数分で再び利用できるようになります。金融機関窓口等で支払いした場合は、支払いの確認に時間がかかる場合があります。

NTTファイナンス ビリングサービス

(引用:NTTファイナンス ビリングサービス

【au】本来の支払日から約30日後

auは本来の引き落とし日から15日前後ほどが支払い期限です。支払い期限を過ぎても支払いがない場合15日前後、本来の支払日から約30日で携帯の利用が停止されます。

一度目の引き落としが出来なかった場合、後日auから振込用紙が送付されます。送付されてきた振込用紙の期日までに支払いがないと、支払い期限の翌日から回線の利用が停止されます。

au回線の利用停止の流れ

  • 利用停止:支払い期限から15日程度
  • 未納の支払いを支払った場合:コンビニエンスストアや、auショップ/au Styleにて20時までに入金後、30分程で利用停止が解除/20時以降の支払いの場合は、翌日の朝9時頃より利用が可能

8月請求のau料金の引き落としができませんでした。いつまでに支払えばよいですか?| よくあるご質問 | サポート | au

(引用:8月請求のau料金の引き落としができませんでした。いつまでに支払えばよいですか?| よくあるご質問 | サポート | au

コンビニエンスストアや、auショップ/au Styleにて20時までに入金すれば、支払い後30分程で利用停止が解除されます。
(※20時以降の支払いの場合は、翌日の朝9時頃より利用が可能になります。)

【ソフトバンク】本来の支払日から約25日後

ソフトバンクは本来の支払期日からの約25日後に回線の利用が停止されます。

流れとしては下記のとおりです。

ソフトバンク回線の利用停止の流れ

  • 振込用紙:本来のの引き落とし日から7日~10日ほどに送付
  • 利用停止:本来の支払い期限から25日程度

ソフトバンク公式

(引用:ソフトバンク公式

ソフトバンクの場合、下記の方法で未納分の支払いが可能です。

ソフトバンクの未納分の料金の支払い方法

コンビニ払い
8~20時までの支払いで約30分後に再開可能
上記以外の場合は翌8時以降の利用再開
金融機関
はがきタイプの振込用紙付き請求書での支払いで約2時間後に利用再開
上記以外の場合は翌営業日の10時以降に利用再開
通常の振込用紙
支払いから4~7営業日で利用再開

上記ではコンビニ払いが一番手軽で復旧も早いので、未納分はコンビニで請求書払いをするようにしてください。

携帯代を滞納するリスク

携帯代を滞納すると様々なデメリットが発生します。
強制解約になると未払いの料金が帳消しになる訳ではありません。

使用した携帯代金を滞納したままにしていると、ブラックリストに登録されるほかにも、延滞利息が発生したり裁判で訴えられたりするリストが生じます。

ここでは、携帯代を滞納すると発生する様々なリスクについて解説します。

携帯料金の未払いが続くことで生じるデメリット

  • 信用情報に傷がつきブラックリストに登録される
  • 遅延損害金・延滞利息が発生する
  • 今後携帯電話を契約できなくなる

それぞれについて詳しく解説します。

信用情報に傷がつきブラックリストに登録される

強制解約後も携帯代金を滞納し続けると、今後、新しいクレジットカードやローンの審査が下りないといった不利益を被る可能性があります。

世の中でいわれている「ブラックリスト」に登録されてしまいます。

ブラックリストに掲載されるとどうなる?

  • 新しくローンを組めなくなる
  • クレジットカードを作成できなくなる
  • スマートフォンの分割購入などができなくなる

お金を支払う・借りる・滞納したなど情報は「信用情報機関」に登録されています。

貸し手側からすると、滞納や未納がある=支払いをしてくれない可能があり、貸すリスクが高いです。
そこで、クレジットカードを作ったり、ローンを組んだりする際は、金融機関側が信用情報機関の情報を参照して、借り手が”信用”できるかどうかを確認しているのです。

信用情報機関に、滞納の情報があると金融事故として保存されてしまいます。
金融事故履歴のある人は、信用が得られず、クレジットカードやローン審査に落とされてしまいます。世でいわれている「ブラックリストに載る」ということは「信用情報の中に滞納した過去」があるということです。

信用情報機関には、5~10年間ほど情報が登録されるため、金融事故の発生から少なくとも5年はクレジットカードやローンの審査に通りにくくなってしまいます。
滞納した情報は、たとえ未払いした料金を払ってもすぐに消えることはないため、可能な限り金融事故を発生させないことが重要です。

遅延損害金・延滞利息が発生する

携帯料金の支払いが遅れると「遅延損害金」「延滞利息金」と呼ばれる追加費用が発生します。

たとえば、ドコモの場合は「延滞利息」として、年14.5%の利息金が加算されます。
利息金は一般的に下記の式で計算します。

利息額=元金額×金利(利率)×借入期間

NTTファイナンス

(引用:NTTファイナンス

たとえば、5万円未納した場合、1年間でかかる利息金は4,012円となります。

滞納する期間が長くなればなるほど、支払う金額が増えてしまいます。滞納した料金以外にも遅延損害金・延滞利息が発生することに注意しましょう。

今後携帯電話を契約できなくなる

携帯料金を滞納し、強制解約となった場合、新しく携帯電話を契約できなくなる可能性があります。

前述したように、滞納の状況は「信用情報機関」に登録され、共有されています。
そのため、新たに違うキャリアで携帯を契約しようとしても、滞納していた履歴により契約を断られる可能性が高いです。

いまやライフラインとなっているスマホを新しく契約できないと、生活や仕事に大きな不便が生じます。
必ず料金は滞納しないようにしてください。

携帯電話代金を支払えない時の対処法

滞納すると様々なリスクが発生することがわかりました。しかし、お金がなくては携帯代を支払うことができません。

携帯電話代金を支払えない際に、どのように対処法があるのか紹介します。

  • クレジットカードのカードローンで支払う
  • 消費者金融等で借金をする
  • 事前に携帯電話の休止手続きを行う
  • 安い格安SIMへ乗り換える

それぞれ詳しく紹介します。

クレジットカードのカードローンで支払う

現金が手持ちでない場合、クレジットカードのカードローンで携帯代金を支払うのも一つの手段です。

通常クレジットカードは買い物等に使いますが、現金を振り込んでもらう“キャッシング”のサービスがあります。
キャッシングは翌月のカードの支払日に借りた分を利息を付けて返す必要がありますが、手元に現金がない場合は便利なサービスとなります。

ただし、クレカのキャッシング枠を使った支払いはその場しのぎにしかなりません。
翌月には借りた金額を返済する必要があるうえ、利息も付きます。

クレジットカードのキャッシングは翌月の返済計画が立たない人は使わないようにしてください。
キャッシングは“今月は特別に出費が多くて足りなくなった”という人だけが使うようにしてください。

消費者金融や家族・友人に借金をする

家族や友人に借りられるのであれば、お金を貸してもらえないか交渉してみましょう。滞納して、信用情報に傷がつく前に、周りの人を頼ってみましょう。

万が一、断られた場合は、消費者金融に借りるという方法があります。
主な消費者金融の年利は下記のとおりです。

消費者金融の金利

  • アコム:3%~18%
  • プロミス:4.5%~17.8%
  • アイフル:3%~18%
  • レイク:年4.5%~年18.0%

借金は、自分手持ちのお金を一時的に増やしてくれるように感じます。しかしあくまでも借金であることを忘れないようにしましょう。
消費者金融で借りた場合は、利息が大きなため、支払うお金は増えていきます。

消費者金融での借金も、クレカのキャッシング同様、翌月の返済計画が立たない人は使わないようにしてください。
あくまでも、未納している携帯の料金を支払うための借金にとどめておきましょう。

アローのWEBキャッシング公式ページ

事前に携帯電話の休止手続きを行う

事前に料金を滞納してしまいそうなことがっわかっている人は、あらかじめ携帯電話の休止手続きを行うのも一つの手です。

休止手続きは、海外出張などで長期間、携帯電話を使う機会ない場合に400円程度の月額料金を払うことによって、電話番号とメールアドレスを保管できるサービスです。

各キャリアの休止手続きの月額料金と手数料、保管期間を下記にまとめました。

LINEモバイルの3GBプランの料金やサービス詳細
事務手数料保管期間の月額料金保管期間
電話番号保管メールアドレス保管
ドコモ1,100円440円110円最大3年
au2,200円409円最大5年
ソフトバンク-429円最大5年

休止手続きを解除すれば、少ない月額料金で電話番号やメールアドレスを保管できます。

休止期間中は携帯電話は利用できなくなりますが、使用料の負担を一時的に抑えることが可能です。

安い格安SIM等へ乗り換える

そもそもキャリアの携帯料金が毎月が負担になっている場合は、料金が安い格安SIMへ乗り換る方法も検討しましょう。
格安SIMの場合、月額料金が1,000円以内のプランもあるので、毎月の通信費をかなり節約することができます。

株式会社MM総研の「携帯電話の月額利用料金とサービス利用実態」の調査によると、キャリアの月額利用料金(端末代込)は3社平均で6,755円です。
一方でサブブランド(UQmobile・ワイモバイル)は平均3,818円、MVNO (格安SIM)平均で2,394円と大幅に利用料金が割安になっています。

1,000円以下で音声通話が利用できる格安SIMを、下記の表にまとめました。

1,000円以下で音声通話SIMを利用できる格安SIM
月間のデータ容量月額料金
楽天モバイル1GB未満0円(※1台目)
exciteモバイル3GB880円
LinksMate100MB517円
OCN モバイル ONE1GB770円
IIJmio2GB858円
nuroモバイル3GB・5GB792円・990円

楽天モバイルは1GB未満であれば、料金はなんと0円です。
毎月の使用料を大きく節約ができます。

携帯代をどうしても払えないときの相談窓口

期限までに携帯電話料金を支払えない場合、各キャリアに支払えないことを相談してみましょう。

各キャリアの相談窓口は下記のとりです。

電話受付時間
ドコモ・ドコモの番号から:151
・一般電話から:0120-800-000
午前9時~午後8時
※年中無休
au・auの番号から:157
・それ以外の番号:0077-7 ー111
午前9時~午後8時
※年中無休
ソフトバンク・ソフトバンクの番号から:1577
・それ以外の番号:0800-919-0157
午前9時~午後8時7
※年中無休

弁護士に債務整理を依頼するなどの方法もありますが、ひとまずキャリアに連絡することで、何かしら措置を取ってくれる可能性もあります。

新型コロナウイルス流行に伴う支払期限の延長

現在、ドコモ、au、ソフトバンクの3社とも、「新型コロナウイルス感染症の影響拡大に伴う料金支払期限の延長」を行っています。
支払い延滞の理由が、新型コロナウイルスの流行に伴う収入減の場合、携帯電話料金の支払いを猶予してくれる措置を行っています。

いずれれも221年10月現在、支払い期限を2021年11月末日まで延長をしてもらえます。

下記の窓口にそれぞれ問い合わせてみましょう。

新型コロナウイルスの流行に伴う料金の支払い期限延長に関する問い合わせ先
電話受付時間
ドコモNTTファイナンス料金センター
0800-333-0500
土日祝日年末年始を除く
午前9時~午後5時
auau携帯から:(局番なし)157
一般電話から:0077-7-111

LINEなどのメッセージでの問い合わせ
年中無休
午前9時~午後10時

※メッセージサポートは24時間
ソフトバンク0800-170-4535平日のみ
午前10時~午後6時

まとめ

最後に記事のおさらいをしてみましょう。

携帯代金を滞納してからの流れ

  1. 督促状が送付される
  2. 利用停止の通知が届く
  3. 回線の利用を停止させられる
  4. 強制解約させられる
  5. 財産差し押さえ・裁判

料金の支払いを滞納し、回線の利用の停止の通知を受けとってもなお、期日まで支払いがなかった場合、回線が利用できなくなってしまい

キャリア別の回線停止タイミング

  • ドコモ:約20日~30日後
  • au:約30日後
  • ソフトバンク:約30日後

回線停止後、されに未払いが続くと強制解約となり、電話番号もメールアドレスも自分のものではなくなってしまい、存在自体が消えてしまいます。
また、利息により、支払い額も膨れ上がってしまいます。さらに滞納が続くと訴訟リスクが高くなり、ブラックリストに登録されてしまう可能性も高いです。信用情報に傷がつくと、今後、新しく携帯電話を契約したり、ローンを組んだりすることが難しくなるでしょう。

したがって、未払いの携帯代金はなるべく

  • 消費者金融等で借金をする
  • 事前に携帯電話の休止手続きを行う
  • 安い格安SIMへ乗り換える
  • 新型コロナウイルス感染症の影響拡大に伴う料金支払期限の延長制度を利用する

などで対処しましょう。

家計の見直しは「固定費」の削減から始めよう!支出の見直しポイントとプロが教えるおすすめの方法はコレ!

この記事の著者

編集

Soldi編集部

Soldi編集部は「おうちのお金をスマートに」をコンセプトにコンテンツの配信を行っています。

※当サイトに掲載している情報は、万全の保証をいたしかねます。
機器、サービスの価格、スペック等の詳細情報は、必ず各公式サイトでご確認ください。

【完全版】自分に合った格安SIMが見つかる!

【完全版】自分に合った格安SIMが見つかる!

【28社比較】おすすめのWiMAXプロバイダはこれ!

【28社比較】WiMAXを契約するなら! おすすめプロバイダ厳選5社!



ナビナビ保険