Menu

転入も!転出も!DMMモバイルのMNP乗り換え手順と4個のポイント

スマホを持ちながら見る女性

「キャリアや格安SIMサービスを利用していて、DMMモバイルに乗り換えたい」

「DMMモバイルから別のサービスに乗り換えたい」

と思った時、意外につまずく事が多いのがMNPではないでしょうか。

ご存知の方も多いと思いますが、MNPは別名・携帯番号ポータビリティ制度とも呼ばれ、今の番号をそのままに他社サービスへ乗り換える事ができる仕組みです。

しかし、MNPは何やら面倒そう…と思っている人も多いはず。

筆者自身、最初の携帯会社乗り換えはMNPが面倒で、番号を変えて知人に知らせる方を選びました。

ただMNPは実際やってみるとそこまで難しくありません。数十人の知人や家族に番号を知らせるのも結構な手間ですよね。

そこでこの記事を参考にして、DMMモバイルでのMNP手順を全て押さえておきましょう!

それでは参ります。

DMMモバイル公式ページ

目次

DMMモバイルへMNP乗り換え(転入)のポイントは3つ

座ってスマホを見る女性

今使っている携帯電話の番号はそのままで、DMMモバイルを使う場合のポイントは、3つです。

DMMモバイルへの転入のポイント

  • MNP乗り換え(転入)できるのは通話対応SIMのみ
  • MNP予約番号発行から5日以内に申し込む
  • 新しいSIMカードが到着したらマイページから電話番号切替を申し込む

では、くわしくみていきましょう。

ポイント1:MNP乗り換え(転入)できるのは通話対応SIMのみ

DMMモバイルにMNP乗り換え(転入)できるのは、音声SIMの契約のみです。データSIMでは利用できません。

ポイント2:MNP予約番号発行から5日以内に申し込む

MNP予約番号の有効期限は、予約番号発行日を含めて15日間です。

DMMにMNP転入するためには、MNP予約番号の有効期限が10日以上残っている必要があります。

ですので、MNP予約番号の発行は、転入する直前に行いましょう。

ポイント3:新しいSIMカードが到着したら、マイページから電話番号切り替えを申し込む

新しいSIMカードが届いたら、マイページから電話番号の切り替えを行います。

電話番号の切り替えの申し込みから、新しいSIMカードで電話使えるようになるまでに1時間程度かかります。

また、データ通信が利用可能になるまで、電話番号切り替え後、最大1時間程度かかります。

MNP乗り換え(転入)にかかる3つの費用

3つのビンに入れられた小銭

MNP乗り換えには、3つの費用がかかります。

MNP乗り換えに必要な3つの費用

  • 契約解除料
  • 転出手数料
  • 新規契約手数料

くわしく見ていきましょう。

1 契約解除料(解約金)

契約解除料は、今使っている携帯電話会社に支払う料金になります。

通常2年の契約期間があるものの毎月の料金が安くなるプランを契約している場合が多いです。

その場合、契約更新月以外に解約すると、「契約解除料」がかかります。

3大キャリアの場合、通常は、9,500円 契約満了月の翌月(25ヶ月目)/翌々月(26ヶ月目)は、解約金はかかりません。

2年契約の割引プランは自動継続されている場合がほとんどです。

格安SIMの場合、会社によって最低利用期間も契約解除金も変わってきます。

契約解除料がかかるかどうかについては、現在契約中の携帯電話会社に確認してください。

2 転出手数料

転出手数料は、今使っている携帯電話会社に支払う料金になります。

携帯電話会社によってMNP転出手数料が異なりますのでご注意下さい。

携帯電話会社MNP転出手数料
Docomo2,000円
au、SoftBank3,000円

格安SIMの場合は、2,000円~3,000円がほとんどですが、利用期間によっては高額の場合もありますので、現在利用中の携帯電話会社に確認してください。

3 新規契約手数料

新規契約手数料は、転出先のDMM mobileに支払う手数料です。

3,000円(税抜)です。

DMMモバイルのお得なキャンペーン:Wで半額キャンペーン

プレゼントボックスに入っている50%の文字

2018.8.1~2018.8.31 15:00まで、DMM mibileでは、おとくなキャンペーンをやっています。

DMM mobile 「Wで半額キャンペーン」
画像引用:DMM mobile 「Wで半額キャンペーン」

  • 新規契約手数料 3,000円が半額の1,500円
  • 月額基本料が契約月の次月から6か月間半額

最大19,740円がおとくになるキャンペーンです。

なお、キャンペーンは予告なく変更・終了・期間を延長する場合があります。

このキャンペーンに関する公式ページはこちらです。

DMMモバイルにMNP乗り換えする4ステップ

階段状に表現された4ステップの書かれた電球

MNP転入の流れは、次の通りです。

DMMモバイルへのMNP転入の流れ

  1. 「MNP予約番号」を取得する
  2. 「MNP予約番号」を記入して申し込む
  3. SIMカード発行
  4. マイページから切替申し込みを行う

では、くわしくみていきましょう。

STEP1:「MNP予約番号」を取得する

現在利用している携帯電話会社にて、MNPの予約を行い、「MNP予約番号」を取得します。

MNP予約番号には有効期限があります。

DMM mobileに転入する直前に「MNP予約番号」を取得しましょう。

携帯電話会社とMNP予約窓口
利用方法MNP予約受付窓口受付時間
NTTドコモ
携帯電話1519:00~20:00
一般電話0120-800-000
パソコンMy docomo→各種お申し込み・お手続き24時間(システムメンテナンス時間を除く)
au/沖縄セルラー
携帯電話
一般電話
0077-75709:00~20:00
EZWebトップ→auお客さまサポート→申し込む/変更する9:00~21:30
ソフトバンク
携帯電話
一般電話
0800-100-55339:00~20:00
Yohoo!ケータイトップ→My SoftBank→各種変更手続き9:00~21:30
Y!mobile
携帯電話
一般電話
【STREAM S、Nexus 5、ARROWS S、AQUOS PHONE ef、DIGNO DUAL 2、AQUOS PHONE es、STREAM、DIGNO DUAL】
0570-039-157
【Nexus 5、ARROWS Sを除く旧イー・モバイルスマートフォン】
0120-736-157
9:00~20:00
Emnetトップ→料金&各種申し込み24時間(システムメンテナンス時間を除く)
パソコンMy Ymobile

参照:DMMモバイル「お乗り換え(MNP)について」

STEP2:「MNP予約番号」を記入して申し込む

インターネットで、DMM mobileを申し込みます。申し込みの際に、MNP予約番号を入力します。

注意:申し込みの際に、MNP予約番号の有効期限が10日以上残っている必要があります。

本人確認書類(いずれか1点)、クレジットカード、MNP予約番号を用意して、申し込みを行います。

本人確認資料として利用できるもの

  • 運転免許証
  • 健康保険被保険者証
  • パスポート
  • 在留カード・特別永住者証明書など
  • 住民基本台帳カード
  • 個人番号カード

引っ越しなどで、公的書類と現住所が異なる場合は、公的書類1点のほかに、補助書類も1点必要になります。

補助資料

  • 住民票(発行から3ヶ月以内)
  • 公共料金領収書(ガス・電気・水道/発行日から3ヶ月以内)

DMM mobileの申し込みはこちら

申し込みページに必要内容を入力していきます。

1 DMM mobileの申し込みページをひらく

DMM mobileの申し込みページをひらきます。

DMM mobile「お申し込み内容の選択」
画像引用:DMM mobile「お申し込み内容の選択」

2 プラン内容を選択する

「SIM種類」、「データ通信量」、「SIMカード種類」、端末を購入する場合は、「購入端末の選択」、「オプションの選択」を行い、「次へ進む」をタップします。

DMM mobile「お申し込み内容の選択」
画像引用:DMM mobile「お申し込み内容の選択」

3 お客様情報を入力する

名前、生年月日、性別、連絡先番号、住所、利用者、その他確認事項を入力して、利用規約への同意にチェックして、「次へ進む」をタップ。

DMM mobile「お申し込み内容の選択」
画像引用:DMM mobile「お申し込み内容の選択」

4 MNP予約番号を入力

申し込み種別を「お乗り換え(MNP)を利用する」を選び、「MNP予約番号」、「MNPを利用する電話番号」、「MNP予約番号の有効期限」を入力して「次へ進む」をタップします。

画像引用:DMM mobile「お申し込み内容の選択」
画像引用:DMM mobile「お申し込み内容の選択」

画面の指示通りに申し込みを行います。

STEP3:SIMカード発行

DMM mobileから、SIMカードが発行されます。

申し込み手続き完了後、5日間程度で登録の住所に発送されます。

照会の結果、MNP転入が出来ない場合もあります。

STEP4:マイページから切り替え申し込みを行う

SIMカードが届いたら、電話番号切り替えの申し込みをマイページから行います。

申し込み受付時間10:00~19:00(土日祝日含む)

電話番号の切り替えは、1時間程度かかります。この間は電話を使うことが出来ません。

また。データ通信が利用できるのは、電話番号切り替えから最大1時間後になります。

切り替え中の約2時間は、携帯端末でデータ通信が利用できなくなりますので、ご注意下さい。

DMMモバイルから転出のポイントは10個

2台のスマホに入った機能を表す様子

DMMモバイルからのMPN転出ポイントは、10個あります。

DMMモバイルからのMNP転出ポイント

  • MNP転出できるのは音声対応SIMのみ
  • MNP予約番号発行は、4日程度かかる
  • 解約日は解約申込日の末日になる
  • 解約日は、MNP予約番号が発行された日ではなく、MNP転出が完了した日
  • 毎月最終日(末日)は解約の申し込みができない
  • 解約時は手数料がかかる
  • 最低利用期間内に通話SIMカードを解約した場合、解約手数料9,000円(税抜)がかかる
  • MNP転出時に端末分割購入代金が残っている場合は、解約翌月に請求される
  • 解約した後に利用代金の請求がくる
  • DMM mobileのSIMカードは返却が必要

では、くわしくみていきましょう。

ポイント 1:MNP転出できるのは音声対応SIMのみ

MNP転出できるのは、音声対応SIMのみです。データ通信SIMでは、MNP転出は利用できません。

ポイント 2:MNP予約番号発行は4日程度かかる

MNP予約番号発行は、DMM mobileへMNP転出を申し込んだ後、4日程度かかります。

4日程度で、登録されたメールアドレスに「転出用のMNP予約番号」のお知らせが届きます。

ポイント3:解約日は解約申込日の末日になる

解約月の利用料金は、日割り計算されません。

MNP予約番号を月の前半に取得して、月末までにMNP転出が完了するようにしましょう。

ポイント4:解約日は、MNP予約番号が発行された日ではなく、MNP転出が完了した日

解約日は、MNP予約番号が発行された日ではなく、新しい携帯電話会社へMNP転出が完了した日になります。

月末までにMNP転出が完了せず、月をまたいでMNP転出した場合、次月の利用料金も請求されてしまいますので、ご注意ください。

ポイント5:毎月最終日(末日)は解約の申し込みができない

毎月最終日(末日)は解約の申し込みができません。

MNP転出完了日が末日にならないようにしましょう。

ポイント6:解約時は手数料がかかる

MNP転出完了後は、DMM mobileは解約になります。

MNP転出手数料が3,000円/回線(税別)かかります。

また、最低利用期間内にMNP転出すると、解約手数料もかかります。

ポイント7:最低利用期間内に通話SIMカードを解約した場合、解約手数料9,000円(税抜)がかかる

通話SIMカードの最低利用期間は、利用開始日を含む月の翌月から12ヶ月後の末日です。

たとえば、2017年12月23日に利用開始の場合、2018年12月31日までにMNP転出を行うと、解約手数料9,000円/回線(税別)が発生します。 

ポイント8:MNP転出時に端末分割購入代金が残っている場合は、解約翌月に請求される

MNP転出時に端末分割購入代金が残っている場合は、解約翌月に、利用料金とあわせて請求されます。

ポイント9:解約した後に利用代金の請求がくる

料金請求のタイミングと請求内容は以下の通りです。解約後に利用代金の請求がきます。

請求のタイミング請求内容
利用月の翌月追加チャージ料金、SIMカード発行手数料
利用月の翌々月通話料、SMS通信料

ポイント10:DMM mobileのSIMカードは返却が必要

MNP転出完了後、DMM mobileのSIMカードは返却となります。捨てないようにしてくださいね。

返送先住所

〒143-0006

東京都大田区平和島3-6-1 東京団地倉庫A-2棟 住友倉庫内

DMM mobile窓口

送料は自己負担です。

DMMモバイルからのMNP転出にかかる費用

電卓とお札

ここからは、DMMモバイルからのMNP転出で

  • MNP転出にかかる費用
  • MNP転出するのに損するタイミング

についてくわしく見ていきましょう

MNP転出にかかる費用

DMMモバイルからのMNP転出にかかる費用は、2つです。

DMMモバイルからのMNP転出にかかる費用

  • MNP転出手数料 3,000円/回線(税抜)
  • 最低利用期間内に転出する場合、9,000円/回線(税抜)

最低利用期間の13ヶ月を過ぎている場合は、9,000円/回線(税抜)はかかりません。

MNP転出するのに損するタイミング

DMMモバイルの通話SIMカードの場合、利用開始月を含む翌月から12ヶ月後の末日までにMNP転出や解約、データSIMカードへの変更を行うと、解約手数料9,000円(税抜)が発生します。

MNP転出は、利用開始から13ヶ月目以降に行うと解約手数料がかからず、おすすめです。

4ステップで完了!DMMモバイルからのMNP転出

黒板に書かれた人がゴールまでの階段を上る様子

DMMモバイルのMNP転出手順は、4ステップです。

DMMモバイルのMNP転出手順

  1. マイページで、MNP転出をえらぶ
  2. MNP予約番号を受け取る
  3. 他の携帯電話会社へMNP転入を申し込む
  4. SIMカードを返却する

ではくわしく見ていきましょう。

STEP1.マイページでMNP転出を選ぶ

マイページにログインします。

DMM.com「ログイン」
画像引用:DMM.com「ログイン」

MNP転出を選んで、手続きを進めます。

STEP2.MNP予約番号を受け取る

MNP予約番号は、4日ほどで、メールで届きます。

STEP3.他の携帯電話会社へMNP転出を申し込む

他の携帯電話会社へMNP転出を申し込みます。

手続きが完了して、今使っている電話番号で、他の携帯会社のSIMカードが使えるようになった時点で、DMM mobileは解約となります。

STEP4.SIMカードを返却する

使わなくなったDMM mobileのSIMカードを返却して完了です。送料は自己負担になります。

DMMモバイル公式ページ

まとめ

今回はDMM mobileへのMNP転入とMNP転出のポイントと手順を解説しました。

もう一度内容をおさらいしましょう。

MNP転入や転出ができるのは、通話対応SIMだけです。データ通信SIMでは、MNP転入や転出はできません。

MNP転入の場合、手順は4つあります。

DMMモバイルへのMNP転入の流れ

  1. 「MNP予約番号」を取得する
  2. 「MNP予約番号」を記入して申し込む
  3. SIMカード発行
  4. マイページから切替申し込みを行う

通話が使えない時間は1時間程度、データ通信が使えない時間は2時間程度です。

MNP転出の場合、ポイントは10個、手順は4つです。

DMMモバイルのMNP転出の10個のポイント

  • MNP転出できるのは音声対応SIMのみ
  • MNP予約番号発行は、4日程度かかる
  • 解約日は解約申込日の末日になる
  • 解約日は、MNP予約番号が発行された日ではなく、MNP転出が完了した日
  • 毎月最終日(末日)は解約の申し込みができない
  • 解約時は手数料がかかる
  • 最低利用期間内に通話SIMカードを解約した場合、解約手数料9,000円(税抜)がかかる
  • MNP転出時に端末分割購入代金が残っている場合は、解約翌月に請求される
  • 解約した後に利用代金の請求がくる
  • DMM mobileのSIMカードは返却が必要

月の前半にMNP予約番号を取得して、同じ月内に新しい携帯会社にMNP転出するのがおススメのタイミングです。

DMMモバイルのMNP転出4つの手順

  1. マイページで、MNP転出をえらぶ
  2. MNP予約番号を受け取る
  3. 他の携帯電話会社へMNP転入を申し込む
  4. SIMカードを返却する

この記事をみながら手続きを進めれば、思ったより簡単にできますよ!

ぜひ、参考にしてくださいね。

※当サイトに掲載している情報は、万全の保証をいたしかねます。
機器、サービスの価格、スペック等の詳細情報は、必ず各公式サイトでご確認ください。

300種類以上のプランから自分にピッタリな格安SIM・スマホが見つかる!