Menu

ドコモのahamoでテザリングは無料で使える|使用方法や注意点を紹介

ドコモのahamoでテザリングは無料で使える|使用方法や注意点を紹介

2021年3月26日からドコモの新料金プラン「ahamo」のサービスが開始されます。

スマホを使ってパソコンやタブレット端末に通信機能を持たせることができる「テザリング」ですが、ahamoでもテザリングを無料で使用できます。 20GBの大容量の範囲内でテザリングも無料で利用できるとポケットWiFiやWiMAXなどのモバイルルーターを契約する必要がなくなるため、通信費の節約にもつながります。

ただし、ahamoでテザリングを行う際はデータの使用量などいくつか注意点があります。 またテザリングを行う機会が多い人は、キャリアの新料金プランの中ではahamoよりもauのpovoの方がサービスメリットがあります。

この記事ではahamoのテザリングの特徴や利用方法、他社サービスとの違いなどを解説します。

記事を参考にして、最適なプランでテザリングを利用できるようにしましょう。

テザリングとは

テザリングとは、スマートフォンの通信回線を使って、ノートパソコンやタブレット端末などをインターネットに接続する機能のことを指します。

外出先でWiFi環境にない時など、WiMAX端末やポケットWiFiなどのモバイルルーター代わりにスマートフォンを利用できるので、非常に便利な機能です。

ahamoのテザリングのメリット

ahamoで利用できるテザリングは下記のメリットがあります。

  • 無料で利用できる
  • データ容量が大きく速度制限の心配が少ない

それぞれについて詳しく紹介します。

無料で利用できる

ドコモのahamoでもテザリングは無料で利用することができます。

従来のスマホプランではオプションとして追加料金が発生する場合もありましたが、 ahamoではテザリングは基本料金に含まれているため、テザリングオプションの契約を結ぶ必要はありません。

通常テザリングオプションを有料としているキャリアは500円/月のオプション料金を設定していることが多いですが、ahamoではこれが無料です。
申し込みも不要なため、簡単に利用できるのがahamoのテザリングの大きなメリットとなっています。

データ容量が大きく速度制限の心配が少ない

ahamoは月間20GBも使うことができるため、テザリング用に利用できるデータ容量が多くなります。

パソコンはスマホよりも通信量が多く必要なため、テザリングはデータ容量を多く使ってしまいます。しかしドコモのahamo(アハモ)は20GBと大容量なプランなので、パソコンで容量の大きなファイルをやり取りする場合でも使いやすいです。
たとえ容量制限を超えてしまった場合でも、速度制限は最大1Mbpsです。従来のスマホの速度制限は128kbpsだったので、制限時の速度も約8倍に緩和されています。
また容量が20GBを超えてしまいそうな場合は、必要に応じて500円/1GBで追加データを購入することもできます。

ahamoのテザリングを活用すれば、WiMAXやモバイルルーターなどを個別に契約する必要がなく、仕事などでも使いやすくなっています。

大手キャリア新料金プランのテザリングサービス比較

2021年3月にドコモ、au、ソフトバンクは相次いで新料金プランを開始します。

テザリングサービスはどのように異なるのでしょうか。

LINEモバイルの3GBプランの料金やサービス詳細
ドコモ「ahamo」au「povo」ソフトバンク「LINEMO」
月額料金2,970円2,728円2,728円
データ容量20GB/月20GB/月20GB/月
無料通話5分間国内通話無料なしなし
テザリングオプション料金無料無料無料
申し込み不要不要不要
容量20GBの範囲内20GBの範囲内20GBの範囲内
その他オプション5分以内国内通話定額オプション:550円/月
無制限国内通話定額オプション:1,650円/月
5分以内国内通話定額オプション:550円/月
無制限国内通話定額オプション:1,650円/月

各社の新料金プランの中ではauのpovoがテザリングの利便性が高くなっています。
1回220円のオプション料金で24時間データが使い放題となる「データ使い放題24時間」はテザリングも含めて利用できるからです。
例えば出張や旅行等で数日間パソコンを持って外出する場合、期間中データ使い放題24時間を契約し、スマホをモバイルルーター代わりに使うことができます。

ahamoやLINEMOには使い放題オプションがないため、テザリングの使い勝手としてはpovoの方が利便性は高くなっています。
ただし、20GBも使い切らないという人は、使い放題オプションがなくても差異がないので、ahamoでも十分メリットを感じられるはずです。

テザリングの方法は3種類

ahamoのテザリングについて、2021年3月現在無料で利用できること以外は詳細の発表はありませんが、一般的なテザリングと比べて速度や接続方法は大きく違いがない可能性が高いです。

テザリングの接続方法には、「Wi-Fiテザリング」「Bluetooth®テザリング」「USBテザリング」の3種類があり、下記のようにそれぞれメリットとデメリットがあります。

テザリングの接続方法とそれぞれのメリット・デメリット
メリットデメリット
Wi-Fiテザリング通信速度が低くなりにくい
対応端末が多い
バッテリーの消耗が早い
テザリングのON/OFFに手間がかかることがある
Bluetooth®テザリングバッテリー消費が少ないK
テザリングのON/OFFが簡単
通信速度が遅い
USBテザリング通信速度が最も速い
充電しながらテザリングできる
USB端子が必要でタブレットやスマホは子機にできない
1台しかテザリングできない

それぞれの特徴を見ていきましょう。

Wi-Fiテザリング

3つのテザリングの中でも最も一般的な方法が、Wi-Fiを用いた「Wi-Fiテザリング」です。

スマホの通信をWi-Fi接続の親機という形で利用する、という使い方ですが、通信速度が速いという長所に対して、バッテリーの消費が速くなってしまう、というデメリットがあります。

長時間接続する予定がない場合はWi-Fiテザリングが快適でおすすめです。

Bluetooth®テザリング

「Bluetooth®テザリング」は、Bluetoothでスマホと通信端末をペアリングして、インターネット回線に接続する方法です。

Wi-Fiで行うテザリングと比較するとバッテリー消費が少ないメリットが魅力のひとつとなります。またあらかじめスマホと子機をペアリングするため接続のON/OFFが簡単にできます。
その一方で、Wi-Fi接続より速度は遅くなります。

バッテリー容量に余裕がない場合や、長時間作業する予定の場合はBluetooth接続がおすすめです。

USBテザリング

「USBテザリング」とは、パソコンなどの他媒体とスマホを直接USBでつなぎ、テザリングを行う方法です。

有線接続のため、Wi-FiやBluetoothに比べて接続が安定しやすく、通信速度は3つの接続方式の中では一番速いです。
ただし、子機にUSB端子がないと接続ができません。スマホやタブレット端末を子機にしてテザリングしたい場合はUSBの差込口がないためUSBテザリングができません。またスマホ1台につき1台の端末しか接続できません。

パソコンでテザリングしたい場合はUSB端子があるため、USBテザリングが可能です。
パソコンをテザリングしたい場合はUSBテザリングがおすすめです。

ahamoでテザリング接続する方法

それではここからは、ahamoのテザリング方法をiPhone、iPad、ドコモスマートフォン、ドコモタブレットそれぞれで見ていきます。それぞれ違ったやり方になるのでご注意ください。
基本的には設定から入り、インターネット関連から設定が行えるようになっています。今持っているものでできるか確認してみましょう。

ドコモスマートフォン

  1. ホーム画面の「設定」を押す。
  2. 「ネットワークとインターネット」を押す。
  3. 「テザリング」を押す。
  4. 利用したいテザリング方法を選択。
  5. 「Wi-Fiテザリング」のON・OFF切り替えボタンを押す。
  6. 画面上部などでテザリングマークが表示されます。
  7. Wi-Fiテザリングをご利用の際は表示されるパスワードを確認し、パソコンやゲーム機器などさまざまな外部機器(子機)側で設定。

iPhone

  1. ホーム画面の「設定」を押す。
  2. 「インターネットの共有」を押す。
  3. 「他の人の接続を許可」のon、off切り替えボタンを押す。
  4. ポップアップが表示された場合は、利用したいテザリング方法を選択。
  5. Wi-Fiテザリングをご利用の際は表示されるパスワードを確認し、パソコンやゲーム機器などさまざまな外部機器(子機)側で設定。
  6. テザリングで子機と接続された場合、ホーム画面の上部などで青いラベルなどが表示されます。

ドコモタブレット

  1. ホーム画面の「設定」を押す。
  2. 「ネットワークとインターネット」を押す。
  3. 「テザリング」を押す。
  4. 利用したいテザリングを押す。
  5. 「Wi-Fiテザリング」のON・OFF切り替えボタンを押す。

iPad

  1. ホーム画面の「設定」を押す。
  2. 「インターネットの共有」を押す。
  3. 「他の人の接続を許可」のon、off切り替えボタンを押す。

テザリングを利用する際の注意点

テザリングを利用する際は下記の注意点があります。

テザリング使用時の注意点

  • テザリング時はデータ容量を消費しやすい
  • セキュリティー対策を万全にする

詳しく解説します。

端末によっては正常に動作しない可能性もある

テザリングは端末によっては正常に動作しない場合があります。

回線や端末、子機の端末など相性があり、相性が悪い場合は正しい接続方法でもうまく接続できなかったり、途中で接続が切れてしまったりすることもあります。

通常格安SIMなどでは公式サイト上で動作確認のテスト結果を公表してくれますが、ahamoの場合まだサービス開始前ということもあり、動作確認ページがないので注意してください。

テザリング時はデータ容量を消費しやすい

スマホのテザリング機能を使ってパソコンをインターネットする際は、データ消費量が多くなりやすいので注意が必要です。

パソコンは、スマートフォンに比べてバックグラウンドで動くプログラムが多いため、自分で通信していなくても知らない間にデータ消費をたくさんしてしまっています。

バックグラウンドでのデータ通信を減らすには、テザリング時にパソコン側の「従量課金接続として設定する」をオンにするとデータ量を節約できるようになります。
下記の手順で設定を変更できます。

  1. 「設定」
  2. 「Wi-Fi」
  3. テザリング中のネットワークを選択
  4. 「従量課金接続として設定する」をオンにする

パソコンでテザリングを利用する際は、従量課金接続の設定を変更して、無駄なデータ容量を消費しないようにしましょう。

セキュリティー対策を万全にする

テザリングを行う際は必ずパスワードの設定を忘れないようにしてください。

とくにWi-Fiテザリングを行う際、パスワードの設定がないと周辺にいる誰でも親機の回線を利用できてしまいます。
余分なデータ消費となるばかりか、大事なデータを盗まれる危険性もあるため、必ずパスワードを設定し、セキュリティー対策を万全に行うようにしてください。

ahamoのテザリングはモバイルルーター代わりに活用できる

ドコモのahamoは基本20GBのデータ容量内であれば無料で利用できます。
これまで月間10GBなどの容量ぎりぎりでスマホを利用していた人は、単純計算で10GB分をテザリングで利用できるようになります。
外出先でノートパソコンをインターネット接続させたい時などには、モバイルルーター代わりにスマホを使えるので、非常に便利になります。

ただし、記事で紹介した通り、パソコンはスマートフォンに比べてデータの消費量が多くなります。スマホと同じように使用しているとすぐに20GBの容量を超過してしまう危険があります。
「従量課金接続として設定する」の設定をオンにするなどして、データ容量の無駄使いがないようにしましょう。

2021年3月26日のサービス開始まで、さらにドコモのahamoについてはまだ続報がある可能性があります。
料金やオプション、テザリングの機種等、定期的に最新情報をチェックしておきましょう。

この記事の著者

編集

Soldi編集部

Soldi編集部は「おうちのお金をスマートに」をコンセプトにコンテンツの配信を行っています。

※当サイトに掲載している情報は、万全の保証をいたしかねます。
機器、サービスの価格、スペック等の詳細情報は、必ず各公式サイトでご確認ください。

【完全版】自分に合った格安SIMが見つかる!

【28社比較】おすすめのWiMAXプロバイダはこれ!