Menu

【保存版】ドコモ光は安い?評判や料金、キャンペーン内容を徹底解説

わからない弟リスのイラスト
兄ちゃん、フレッツ光から乗り換えを検討してるんだけど「ドコモ光」ってお得なの?

頷く兄リスのイラスト
ドコモ光は、ドコモのスマホを使っている人にとってはとてもお得な光回線だよ!

ドコモ光は、光コラボと呼ばれる「プロバイダと回線サービスが1本化」されたネット回線サービスです。

いままでのフレッツ光などに加入していた場合は、フレッツ光(回線)とプロバイダの2社と契約する必要がありました。

この2社契約を1社契約にして、料金もスマートにさせたサービスが光コラボとなります。

例えば、戸建でフレッツ光ネクスト加入者の場合5,940円となり、それに1番安いプロバイダー(BB.excite:550円)を選択すると月額料金は6,490円となります。

戸建ての場合 フレッツ光からドコモ光に乗り換えると2290円毎月お得に!

これを光コラボの1本化契約に変更すると、月額5,200円となります。

さらに、スマホがドコモの場合、セット割が適用され毎月500~1,000円(スマホ1台につき)の割引を受けることができます。

家族でドコモの場合、家族全員のスマホが割引の対象となります!

上記イラストの例の場合は、ひとりで契約している例ですので、もし家族契約があれば更に割引額が多くなりお得になります。

回線契約を1本化することで、6,490円が5,200円になり毎月1,290円の節約となります。

これにドコモユーザーなら1,000円の割引の恩恵を受けることで月額4,200円でネットの料金が格段にお安くなるサービスとなります。

マンションタイプの場合も同様で、月額4,620円を3,000円で利用することができます。

集合住宅の場合 フレッツ光からドコモ光に乗り換えると1620円毎月お得に!

これだけでもフレッツ光から乗り換えることをオススメする理由となりますが、更にドコモ光は数ある光コラボレーション回線の中でも契約数シェアで45.4%を獲得して首位を誇っている人気の光回線です。

ドコモ光は「光コラボ契約数№1」

参照:ブロードバンド回線事業者の加入件数調査(2019年3月末時点)|MM総研

みんなが選ぶことは、それだけ内容に魅力を感じるからではないでしょうか。

ですが、ドコモ光がオススメの光回線ではない人もいます。

この記事では、「ドコモ光」について詳しくメリットやデメリットなどから検証していきます。

では早速、詳しく確認していきましょう!

ドコモ光の申込みはこちら

目次

そもそも「ドコモ光」ってどんなインターネット回線?

そもそも「ドコモ光」ってどんなインターネット回線?

ドコモ光の最大の特徴

  • ネット回線とプロバイダの料金をひとまとめにできる
  • ドコモのスマホとのセット割で月額料金を安く使える
  • dポイントが毎月自動的に貯まっていくお手軽さ

ドコモ光は、携帯電話の大手キャリアのNTTドコモが販売している光インターネットサービスです。

いわゆる「光コラボレーション回線」の内のひとつで、インターネット回線自体はフレッツ光と同じ回線を使用しており、ドコモ光の提供エリアはフレッツ光とほぼ同じエリアとなります。

ドコモ光の最大の特徴は、何と言っても「ドコモのスマホとのセット割」「dポイントが自動的に貯まっていく」の2点で、どちらもドコモユーザーにとって非常に魅力的なポイントと言えるでしょう。

なお、ドコモのスマホが割引になるインターネット回線はドコモ光以外には存在しないので、ドコモユーザーが月額料金の割引を受けられる唯一の光回線となります。

光コラボレーション回線って何?

光コラボレーション回線って何?

おすすめのインターネット回線について調べていると必ず目にする「光コラボ」という言葉。

光コラボ(光コラボレーション)とは、各プロバイダがNTT東日本/西日本から回線を仕入れて、回線+自社プロバイダサービスをひとまとめにして販売する形式のことを指します。

本来、インターネットを利用するためには「NTT東日本/西日本(いわゆるフレッツ回線)」と「プロバイダ」の2社とそれぞれ契約する必要がありました。

ですが、ドコモ光は「ネット回線+プロバイダ」をひとまとめにしてインターネットサービスを提供してくれるので、NTTドコモと契約するだけでインターネットが使えるようになります。

簡単に説明すると、ドコモ光はドコモがフレッツ光回線に自社サービスをくっつけて、NTT東日本/西日本の代わりに販売しているインターネット回線だということです。

転用って何?

転用って何?

画像引用:光コラボレーション(転用)のお手続き|NTT東日本

いま使っているインターネット回線が「フレッツ光」の場合、光コラボレーション回線へ変更する手続きを「転用」と呼びます。

通常、インターネット回線を乗り換える場合は、いままで使っていた回線を解約、新しい回線を導入するための開通工事が必要となります。

ですが、フレッツ光から光コラボレーション回線への「転用」の場合は、同じ設備を使って契約を切り替えるだけなので開通工事が必要なく、それに伴う費用も発生しません

これまで利用していた「お客さまID」や「ひかり電話番号」を継続して利用することができ、初期費用が掛からずに済むことがメリットです。

フレッツ光を使っている人がドコモ光やソフトバンク光、BIGLOBE光などの光回線へ乗り換える場合は「転用」となります。

ただし、「auひかり」や「NURO光」はそれぞれ自社の独自回線を利用しているため、フレッツ光からの転用には当てはまらず、通常通り開通工事や初期費用が必要となるのでご注意ください。

プロバイダって何?

プロバイダって何?

プロバイダとは、インターネットサービスプロバイダ(ISP)の略称として用いられることが多く、インターネットを利用するために必要不可欠なサービスです。

すでに使っているスマートフォンにおいても、ドコモであればspモードやiモード、auならLTE NET、ソフトバンクならウェブ使用料/S!ベーシックパックなどのインターネット接続サービスがプロバイダに該当します。

インターネット回線に対応している主なプロバイダとしては以下のようなサービスが挙げられます。

主要なインターネットサービスプロバイダ

  • @nifty
  • AsahiNet
  • BB.excite
  • BIGLOBE
  • DTI
  • hi-ho
  • OCN
  • So-net
  • WAKWAK
  • ぷらら

選んだプロバイダによって通信速度や月額料金が異なり、また、提供しているオプションサービスなどが違います。

プロバイダで提供しているサービス一例

  • メールアドレス
  • 迷惑メールやウイルス対策サービス
  • ホームページやブログ開設サービス
  • 独自ドメイン取得手続きの代行サービス
  • IP電話、光ケーブルテレビ
  • ビデオ・オン・デマンドなどのエンタメコンテンツ

回線サービスだけでなく、これらのプロバイダとも契約することで初めてインターネットに接続することができるようになります。

「自分はプロバイダ料金を支払っていないぞ!?」という人は、ネット回線とプロバイダが合体している「一体型サービス」を利用しているものと思われます。

この場合は、インターネット回線利用料としてプロバイダ料金込みの金額がまとめて請求される形となります。

光コラボレーション回線である「ドコモ光」は、NTTドコモからプロバイダ料金込みのインターネット回線利用料が請求されるので覚えておいてください。

ドコモ光の申込みはこちら

ドコモ光の2つのデメリット

ドコモ光の2つのデメリット  新規申し込みから開通までの期間が長い プロバイダが変わるとメールアドレスも変わる

ここまで、ドコモ光の概要について解説してきました。

ここからは、これからドコモ光を契約するにあたって気になる「ドコモ光のメリット・デメリット」について確認していきます。

先にデメリットの部分から解説していきますので、しっかりと目を通すようにしてください。

新規申し込みから開通までの期間が長い

ドコモ光のデメリットの1つ目は、新規申し込みから開通までの期間が長いという点です。

ここで、ドコモ光の開通工事に関する口コミを見てみましょう。

ご覧の通り、ドコモ光の開通工事に関しては悪い口コミが非常にたくさん出てきます。

ドコモ光の開通工事は、ドコモが委託している各地域の工事業者が行います。

開通工事がスムーズに行われるかどうかは各委託業者の規模や人員数によるところが大きく、ドコモ光に申し込んだ時期によっては開通工事が行われるまで1~2か月以上の時間がかかってしまうケースがあります。

2~3月に申し込んだ分の開通工事が5月頃に行われることもあるので、ドコモ光に申し込む際は実際にインターネットを使い始めるまでに時間がかかることを覚悟しておきましょう。

インターネット回線の申し込みが多くなるのは一般的に「2~3月」と「9~10月」なので、これらの時期に被らない様に申し込むと比較的スムーズにドコモ光の開通工事が行われるかと思います。

プロバイダが変わるとメールアドレスも変わる

ドコモ光は、2019年10月時点で24社あるプロバイダの中からひとつを選んで契約します。

選んだプロバイダによって通信速度が異なり、メールアドレスやその他セキュリティサービス、独自のポイントサービスが利用できるようになります。

もし仮に、利用しているドコモ光の通信速度が遅いと感じたらプロバイダを変更することで通信速度が改善される場合がありますが、プロバイダを変更してしまうとそれまで利用していたメールアドレスが使えなくなってしまいます

特に、仕事など重要な連絡手段としてプロバイダのメールアドレスを利用していると困ってしまうかと思うので、ドコモ光を契約する際のプロバイダ選びは慎重に行いましょう。

25社もあるプロバイダの中でどれがおすすめかを知りたい人は「ドコモ光はどこから申し込めばお得になる?」の項目でおすすめのプロバイダを紹介しているのでこちらをご覧ください。

Q.メールアドレスを残す方法はある?

ドコモ光のプロバイダを変更した後でも、プロバイダのプランを変更することで継続してメールアドレスを使えることがあります

これにより、仮にドコモ光を解約した場合でもプロバイダのメールアドレスが消えることなく継続利用できるので、非常に便利なサービスです。

プロバイダによってプラン変更ができるかどうかなど、異なる点があるので以下の「ご利用にあたっての注意事項」をご確認ください。

ドコモ光を契約してプロバイダを変更した場合、今まで使っていたプロバイダを解約するための電話連絡をすることになるので、その際にメールアドレスを残したい旨をオペレーターに伝えてみると良いでしょう。

※スマホの方は表をスワイプできます。

ドコモ光提携プロバイダごと「ご利用にあたっての注意事項」
料金タイプ プロバイダ名称 運営会社
タイプA ドコモnet 株式会社NTTドコモ
plala 株式会社NTTぷらら
GMOとくとくBB GMOインターネット株式会社
DTI 株式会社ドリーム・トレイン・インターネット
@nifty ニフティ株式会社
Ic-net 株式会社IC-NET
Tygers-net.com アイテック阪急阪神株式会社
andline 株式会社アイキューブ・マーケティング
BIGLOBE ビッグローブ株式会社
エディオンネット 株式会社エディオン
SIS 株式会社スピーディア
SYNAPSE 株式会社シナプス
BB.excite エキサイト株式会社
hi-ho 株式会社ハイホー
Rakutenブロードバンド 楽天コミュニケーションズ株式会社
TikiTiki 株式会社エヌディエス
@ネスク 株式会社ネスク
01光コアラ 株式会社コアラ
タイプB OCN NTTコミュニケーションズ株式会社
@TCOM  株式会社TOKAIコミュニケーションズ
TNC 株式会社TOKAIコミュニケーションズ
WAKWAK 株式会社エヌ・ティ・ティエムイー
AsahiNet 株式会社朝日ネット
@ちゃんぷるネット 有限会社メディアちゃんぷる沖縄

参照:プロバイダ一覧|ドコモ光
   ご注意事項|ドコモ光

納得する弟リスのイラスト
ドコモ光を契約する場合はこれだけのデメリットがあるんだね。

兄リスのイラスト
そうなんだ。でも、どのデメリットも気を付けていれば大きな問題ではないからそこまで気にする心配はないよ。

ドコモ光の申込みはこちら

ドコモ光の6つのメリット

ドコモ光の6つのメリット

ここまで、ドコモ光のデメリットについて解説してきました。

ドコモ光を契約するにあたって、いずれも注意しておかねばならないデメリットと言えますが、その点を踏まえてもドコモ光には大きなメリットがあります。

ここでは、ドコモ光の6つのメリットについても確認していきましょう。

これらのメリットについても、ひとつひとつ丁寧に解説していきます。

ドコモ光の申込みはこちら

フレッツ光からの乗り換え(転用)が楽

いま使っているのがフレッツ光であれば、ドコモ光への乗り換え(転用)はとても楽です。

転用手続きの場合は新たな開通工事を行うことなく、契約変更するだけでドコモ光を利用できるようになるためです。

フレッツ光からドコモ光へ転用をするためには、NTT東日本/西日本から「転用承諾番号」を取得して通常通り申し込みをするだけです。

転用承諾番号は以下のWebサイトか電話で取得することができるので、フレッツ光を利用している人はご確認ください。

※スマホの方は表をスワイプできます。

転用承諾番号取得先:NTT窓口
  NTTフレッツ光東日本 NTTフレッツ光西日本
Webサイト サイトで確認する
受付時間:8時30分~22時
サイトで確認する
受付時間:8時30分~22時
電話で確認 0120-140-202
受付時間:9時~17時
0120-553-104
受付時間:9時~17時
手続きに必要なもの 1.契約ID※、ひかり電話番号のいずれか
2.契約者名
3.利用場所住所
4.支払い方法

※契約IDは「CAFで始まる13桁の番号」か「COPで始まる11桁の番号」です
※開通時にNTT東西から送付される書類「開通のご案内」に記載されています

転用承諾番号はWebサイト/電話のどちらでも簡単に取得できますが、受付時間が長いWebサイトから取得するのをオススメします

フレッツ光と比べて月額料金が安い

ドコモ光は、フレッツ光と比べて月額料金が安いことが特徴です。

※スマホの方は表をスワイプできます。

フレッツ光とドコモ光 料金比較
  フレッツ光 ドコモ光
月額料金 戸建て:6,490円
マンション:4,620円
※どちらも「フレッツ光ネクスト スーパーハイスピードタイプ」+プロバイダBBexcite選択の場合
戸建て:5,200円
マンション:4,000円
スマホセット割 なし 1,000円/スマホ台
家族全員のスマホが対象

上記の表から、ドコモ光の方が戸建てタイプで1,290円、マンションタイプは620円安いことがわかりますね。

フレッツ光ではスマホセット割がないので、ドコモのスマホを使っているならドコモ光に乗り換えた方が上記の金額以上に毎月の通信費(ネット回線+スマホ代)を安くすることができます。

同じフレッツ光回線を利用しているのにドコモ光の方で利用料金が安くなる理由は、元からいるドコモユーザーへフレッツ光を販売することができるからです。

顧客をゼロの状態から探してフレッツ光の契約を獲得するためには膨大な手間と時間がかかりますが、ドコモユーザーに対してセット割引などのサービスをすれば新たな顧客を探す手間を省くことができます。

その分の手間がかからないので、元々のフレッツ光よりも月額料金が安かったりドコモ独自の割引があったりするのです。

さらに、フレッツ光で使っているプロバイダを継続して利用することができるので、ドコモ光への切り替えによって面倒な手続きは一切必要ありません。

ぶっちゃけてしまうと、フレッツ光を使っていてドコモのスマホを持っているならドコモ光へ乗り換えない理由が思い当たらないので、ドコモ光を検討中ならこの機会に乗り換えることを強くオススメします。

ドコモのスマホ代が安くなるセット割がある

ドコモ光の最大の特徴ともいえるのが、ドコモのスマホとの「ドコモ光セット割」でスマホ代が毎月1,000円割引してもらえることです。

割引金額は、ドコモのスマホで契約しているプランによって変わります。

ドコモ光セット割の割引金額については以下の一覧表をご覧ください。

※スマホの方は表をスワイプできます。

(旧プランでご契約の場合)ドコモ光セット割引額一覧
パケットパック名称ドコモ光セット割 割引金額
一人で使うならベーシックパック~1GB-100円
~3GB-200円
~5GB-800円
~20GB-800円
ケータイパック-500円
ウルトラデータLパック-1,400円
ウルトラデータLLパック-1,600円
家族で分け合うならベーシックシェアパック~5GB-800円
~10GB-1,200円
~15GB-1,800円
~30GB-1,800円
ウルトラシェアパック30-2,500円
ウルトラシェアパック50-2,900円
ウルトラシェアパック100-3,500円

参照:料金プラン|NTTドコモ

※スマホの方は表をスワイプできます。

(新料金プランでご契約の場合)ドコモ光セット割引額一覧
料金プランドコモ光セット割ドコモ光セット割適用後 月額料金
※()内はドコモ光セット割適用前
1回線2回線3回線以上
ギガホ-1,000円5,980円
(6,980円)
5,480円
(6,480円)
4,980円
(5,980円)
ギガライト<ステップ4:~7GB>-1,000円4,980円
(5,980円)
4,480円
(5,480円)
3,980円
(4,980円)
<ステップ3:~5GB>-1,000円3,980円
(4,980円)
3,480円
(4,480円)
2,980円
(3,980円)
<ステップ2:~3GB>-500円3,480円
(3,980円)
2,980円
(3,480円)
2,480円
(2,980円)
<ステップ1:~1GB>-2,980円2,480円1,980円

旧プランの場合は、家族でまとめてドコモを使っていたとしても、ドコモ光1契約に対して1パケットパックしか割引されないので最大3,500円の割引となりますが、新プランでご契約の場合はスマホ契約1台につき毎月1,000円割引してもらえるので、家族が多ければそれだけ割引額も大きくなります。

離れた家族でも、ファミリー契約をしている契約なら割引適用となります。但し最大の割引回線数は20回線となります。

ドコモ光とドコモスマホのセット割

もう一つのセット割「ずっとドコモ割プラス

実は、ドコモ光とドコモスマホの組み合わせでは「ドコモ光セット割」以外にも適用されるサービスがあります。

それが「ずっとドコモ割プラス」というサービスです。

ずっとドコモ割プラスは、いままでのドコモスマホの利用期間か直近6か月間で獲得したdポイントの総額によってステージが決まり、そのステージによって料金割引かdポイント進呈のどちらかを選択することができるお得な割引特典です。

ステージが高ければ高いほど、利用料金割引やdポイント進呈の金額が大きくなるので、ドコモのサービスを長年使っているユーザーにとって非常に嬉しいサービスであると言えます。

ずっとドコモ割プラスで得られる特典内容やステージの決定方法については以下をご覧ください。

dポイントクラブのステージ
ステージ到達条件1st2nd3rd4thプラチナ
ドコモ回線
継続利用期間
4年未満
and
600pt未満
4年以上
or
600pt以上
8年以上
or
1,800pt以上
10年以上
or
3,000pt以上
15年以上
or
10,000pt以上
dポイント獲得数
(6か月間累計)

参照:dポイントクラブのステージとは|d POINT CLUB

毎月自動的にdポイントが貯まっていく

ドコモ光の新規申し込み特典や、継続利用をしていると毎月自動的にdポイントが貯まっていきます

貯まった「dポイント」は、ドコモ回線の支払いに使うことができ、それ以外にもdポイント払いでお店を利用したり様々な商品と交換ができたりなど、使い道はたくさんあります。

毎月自動的に貯まっていくので、以下の口コミのように知らぬうちにたくさんのdポイントが貯まっていてお得にお店を利用することができます。

なお、dポイントを効率よく貯めるのであれば、ドコモユーザーに嬉しい特典が盛りだくさんの「dカードGOLD」というクレジットカードで料金を支払うのがオススメです。

dカードGOLDの概要

dカードGOLDの概要

画像引用:dカードGOLDの特徴

ドコモ光やドコモのスマホの利用料金を「dカードGOLD」で支払うと利用料金の10%がdポイントとして自動的に貯まっていきます

dカードGOLDの嬉しい特典

  • 毎月のドコモスマホやドコモ光の利用料金から最大10%のポイントが自動的に貯まっていく
  • ケータイ補償3年間で最大10万円
  • 国内空港ラウンジが無料で利用可能
  • ショッピングで100円=1ptのdポイントが貯められる
  • 特約店での支払いでdカード利用の1%がdポイントとして貯まる
  • お買い物あんしん保険が年間300万円まで利用可能

参照:dカードGOLDのご紹介|d CARD

dポイントが貯まる以外にも魅力的な特典が満載なので、ドコモ光を検討中の人やすでにドコモのスマホを使っている人は「dカードGOLD」の申し込みも検討してみてください。

プロバイダへの支払い・サポートの窓口がひとつになる

ドコモ光は、インターネット回線とプロバイダがひとまとめになった「光コラボ」の内のひとつです。

本来であればネット回線を提供する「NTT」と、インターネットに接続するための「プロバイダ」、それぞれと契約する必要があったので、別々に利用料金の請求が届いたりサポートの窓口が分かれていたり、管理が煩雑になることが多くありました。

特に、「インターネットにつながらなくなった」などのトラブルが発生した場合、トラブルが起きているのがネット回線側なのかプロバイダ側なのかを確認しなければならず、非常に手間がかかっておりました。

サポートセンターに問い合わせをしても、それぞれの窓口をたらいまわしにされることが多く、時間と労力を無駄に使うことも少なくありません。

ところが、光コラボである「ドコモ光」なら、料金支払いを一本化することができ、トラブル時の窓口もドコモひとつにまとめることができます

最寄りのドコモショップに行けば専任スタッフもいるので、インターネットに詳しくない人や管理が面倒くさいと感じる人こそドコモ光に申し込むことをオススメします。

転用だと、違約金や回線工事が必要ない

転用だと、違約金や回線工事が必要ない

画像引用:ドコモ光への転用について

ドコモ光は、フレッツ光回線を流用している光コラボレーション回線の内のひとつであるため、フレッツ光から乗り換える場合は「転用」をすることができます。

フレッツ光から転用をする場合、基本的には事務手数料3,000円のみで新たな工事費用や解約金は発生しません

喜ぶ弟リスのイラスト
デメリットがまったく気にならないくらい魅力的なメリットが盛りだくさんだね!

頷く兄リスのイラスト
そう、だからドコモ光は光コラボの中でも人気がある光回線なんだ。次は、ドコモ光のリアルな口コミを紹介するね!

ドコモ光の申込みはこちら

ドコモ光のリアルな口コミや評判

ドコモ光のリアルな口コミや評判

ここまで、ドコモ光のメリット・デメリットについて解説してきました。

しっかりと読み込んでくれた人なら、ドコモ光を契約する際にどんなことに気を付けなければならないのか、どれだけ魅力的なメリットがあるのかをお分かり頂けたかと思います。

ですが、メリットやデメリットが分かったといっても、実際にドコモ光を使っている人のリアルな口コミや評判は誰もが気になる所かと思います。

そこで、この項目ではドコモ光に関するリアルな口コミや評判を見ていきましょう。

ただし、インターネットの速度や使いやすさは実際に使う地域や環境によって大きく変わるため、あまりアテにならないことも多々あります。

ここでまとめている口コミや評判は、あくまで参考程度に留めておくようにしてください。

ドコモ光の良い口コミ

ドコモ光の良い口コミまとめ

  •  通信速度が速くなった
  •  毎月のネット料金・ドコモのスマホ代が安くなった
  •  ドコモ光契約時のdポイントがもらえて買い物に使えた

ドコモ光の良い口コミについて見てみると、通信速度が速くなったり料金が安くなったり、とにかくインターネットが快適に使えるようになったという声が非常に多く上がっています。

また、ドコモ光を契約すると特典としてdポイントをもらうことができ、dポイントが使える店舗での買い物やサービス利用時の支払いに使うことができます。

新規契約することで10,000pt以上のdポイントがもらえることが多く、特典を受け取り忘れたという口コミは一切出てこなかったので、キャッシュバックってちゃんともらえるの?と不安な人でも安心してご利用いただけます。

上記に挙げた口コミ以外にも「プロバイダから現金キャッシュバックがもらえた」「毎月自動的にdポイントが貯まって嬉しい」といった声が多く、総じて満足度が高い光回線であることがお分かりいただけるかと思います。

わからない弟リスのイラスト
ん?プロバイダから現金キャッシュバックがもらえるってどういうこと?

兄リスのイラスト
ドコモ光はネット回線とプロバイダがひとまとめに販売されている「光コラボ」の内のひとつだけど、自分で好きなプロバイダを選ぶことができるんだe

兄リスのイラスト
選んだプロバイダによってはdポイント以外に現金キャッシュバックがもらえるんだけど、これについては「ドコモ光はどこから申し込めばお得になる?」で詳しく解説していくね!

ドコモ光の悪い口コミ

ドコモ光の悪い口コミまとめ

  •  サポートセンターへの電話がとにかくつながらない
  •  ドコモユーザー以外にとってはメリットが少ない

続いて、ドコモ光の悪い口コミについても見ていきましょう。

ドコモ光の悪い口コミに関して調べてみると、とにかく「サポートセンターへの不満」が非常に多く出てきます

ドコモ光の故障に関する問い合わせ窓口は、365日24時間受付なのでいつ電話をしてもサポートが受けられるのが嬉しいポイントですが、時間帯によってはオペレーターの人数が少ないため対応までに時間がかかってしまうことがあります。

さらに、平日12~13時頃や土日祝日の午前中などはサポートセンターが込み合いやすく、ドコモ光は光コラボ回線の中でトップのシェアを誇っているので利用者が多いことも原因かと思われます。

ドコモ光に関するお問い合わせ方法は以下の4つがありますが、どうしても電話がつながらない場合は「来店予約」をして最寄りのドコモショップに行くことをオススメします。

ドコモ光問い合わせ方法

  •  おたすけロボット(チャットサポート)を利用する
  •  LINEを利用して問い合わせをする
  •  電話で問い合わせをする
  •  最寄りのドコモショップに行く

また、メリットでもお伝えしたように顧客からの満足度が高いドコモ光ですが、ドコモユーザー以外にとってはメリットが少ないので他の光回線を選んだ方が良いです。

光回線を選ぶ際のポイントは、いま使っているスマホとのセット割があるかどうかという点なので、まずはいまの携帯キャリアでセット割がある光回線について調べてみましょう。

ドコモユーザー以外にオススメの光回線

  •  auを使っているなら:auひかり
  •  ソフトバンクを使っているなら:NURO光
  •  Y!mobileを使っているなら:ソフトバンク光
  •  格安SIMを使っているなら:So-net光プラス

携帯キャリア別のオススメ光回線は上記の通りなので、ドコモユーザー以外の人は参考にしてみてください。

弟リスのイラスト
サポートセンターに電話がつながりにくいのは困るけど、そこまで問い合わせする機会も多くないだろうからボクはドコモ光に申し込んでみようかな

考える兄リスのイラスト
最寄りのドコモショップで来店予約をすれば、比較的スムーズに案内されるからそれを利用するのも一つの手だね

ドコモ光がオススメなのはこんな人

ドコモ光がオススメなのはこんな人

ここまで、ドコモ光に関するリアルな口コミをまとめてご紹介しました。

ドコモユーザー以外にとってはメリットが少ない光回線ですが、逆に言えばドコモのスマホやdポイントを利用している人にとってはピッタリの光回線であるとも言えます。

そんなドコモ光がオススメなのは、以下のような特徴のある人です。

この項目では、上記3つの特徴がある人に何故ドコモ光がオススメなのか?その理由について解説していきます。

ドコモ光の申込みはこちら

フレッツ光でネットを利用している人

ドコモ光は、いまフレッツ光でインターネットを使っている人にオススメです。

その理由は、ドコモ光の方が月額料金は安いからです。

※スマホの方は表をスワイプできます。

フレッツ光とドコモ光 料金比較
  フレッツ光 ドコモ光
月額料金 戸建て:6,490円
マンション:4,620円
※どちらも「フレッツ光ネクスト スーパーハイスピードタイプ」+プロバイダBBexcite選択の場合
戸建て:5,200円
マンション:4,000円
スマホセット割 なし 1,000円/スマホ台
家族全員のスマホが対象

ドコモのスマホを使っている人

ドコモ光は、ドコモのスマホを使っている人にオススメです。

ドコモのスマホを使っていると、「ドコモ光セット割」の割引サービスが受けられるからです。

スマホの契約が旧プランの場合は最大3,500円の割引で、新プランのギガホやギガライトの契約の場合は、家族全員のスマホが割引の対象となります。

すなわち家族が多ければ多いほど割引額が大きくなります。(最大20回線まで)

dポイントを普段から貯めたり使ったりする人

ドコモ光は、普段からdポイントを貯めたり使ったりする人に向いています

ドコモ光やドコモのスマホを使っていると、利用料金1,000円につき10~100ポイントが毎月自動的に貯まっていくからです。

特に「dカード GOLD」というクレジットカードを使ってドコモ光やドコモのスマホの料金を支払えば、利用料金の10%が確実に貯まっていくのでオススメです。

dカード GOLDにはdポイントが毎月自動的に貯まっていく点以外にも、ケータイ補償が3年間で最大10万円まで受けられたり国内・ハワイの主要空港ラウンジ利用が無料だったり、様々な特典があります。

ドコモ光を使うのであれば、合わせて申し込みを検討したいクレジットカードであると言えます。

兄リスのイラスト
総合的に見て、ドコモ光はドコモのサービスを利用している人にとってもオススメの光回線だと言えるよ!

納得する弟リスのイラスト
お~!これだけ魅力的なポイントがあるなら、今すぐに申し込まないと損だね!

頷く兄リスのイラスト
そうだね。ただ、ドコモ光の料金プランは少し複雑だから、次の項目でドコモ光の料金プランの仕組みを理解していこうね!

ドコモ光の料金プランについて確認

ここまで、ドコモ光がオススメの人の特徴について解説してきました。

ドコモ光はドコモユーザーにとって魅力的なポイントが多い光回線ですが、ドコモ光公式サイトを見ても料金プランが複雑で実際にどれくらいの費用がかかるのかイメージしづらいという人も多いかと思います。

そこで、この項目でドコモ光に関する初期費用や料金プランについて確認していきましょう。

ドコモ光の初期費用

これからドコモ光を契約する場合、初期費用として契約事務手数料3,000円と工事費用が必要です。

ただし、2019年9月1日より新規工事料が無料となっていますので、今が申し込みのチャンスではないでしょうか。

ドコモ光(GMOとくとくBB)の申込みはこちら

ドコモ光の料金タイプ別月額料金一覧表

ドコモ光には、大きく分けてマンションタイプと戸建ての料金プランがあります。

マンションタイプの場合はさらに3つのプランがあり、戸建ての場合は4つのプランがあります。

マンション戸建
タイプA2年定期契約 4,000円/月
(契約期間なし:月額5,000円/月)
2年定期契約 5,200円/月
(契約期間なし:月額6,700円/月)
タイプB2年定期契約 4,200円/月
(契約期間なし:月額5,200円/月)
2年定期契約 5,400円/月
(契約期間なし:月額6,900円/月)
単独タイプ2年定期契約 3,800円/月
(契約期間なし:月額4,800円/月)
2年定期契約 5,000円/月
(契約期間なし:月額6,500円/月)
ドコモ光ミニなし2年定期契約 2,700~5,700円/月
(契約期間なし:月額4,200~7,200円/月)

タイプAとタイプBの違いは選べるプロバイダが異なります。

タイプA

選べるプロバイダーは、以下の18社となります。

ドコモ光 タイプAのプロバイダ一覧

タイプB

選べるプロバイダは、以下の6社となります。

ドコモ光 プロバイダ タイプB

単独タイプ

また単独タイプとは、ドコモ光の契約とは別に自分でプロバイダを選択して契約できるプランです。

ですので、上記金額にプロバイダ料金が別途加算されるので割高なプランとなります。

ドコモ光ミニ

ドコモ光ミニとは、インターネットのデータ利用料に応じて料金が変わる戸建て限定のプランです。

ドコモ光ミニ
引用:ドコモ_ドコモ光ミニ

基本的に、ドコモ光で利用者が多いのは「タイプA」と「タイプB」の2つで、中でもタイプAがドコモ光の中で一番月額料金が安いのでオススメです。

ドコモ光はどこから申し込めばお得になる?

ドコモ光はどこから申し込めばお得になる?

ドコモ光の申込みはこちら

喜ぶ弟リスのイラスト
よーし、ドコモ光のメリット・デメリットもわかったし、料金プランも完ペキ!早速、ドコモショップに行って申し込んでくるよ!

驚く兄リスのイラスト
ちょっと待って!ドコモショップでも申し込めるけど、プロバイダのWebサイトから申し込んだ方がキャッシュバックを受け取れるからお得だよ!

これからドコモ光に申し込もうと考えた時、まっさきに思いつくのがドコモショップか家電量販店かと思います。

ですが、ドコモ光をお得に契約したいのであれば、プロバイダのWebサイトから申し込むことを強くオススメします

その理由は、各プロバイダの独自キャンペーンによって現金キャッシュバックが受け取れるからです。

キャッシュバックに関しては家電量販店でドコモ光を申し込んでも受け取れる場合がありますが、オプションやタブレットの追加購入、不要なサービスへの加入が必須であるケースが多々あります。

そのため、結果的に毎月支払う利用料金が非常に高額となるパターンがあるのでご注意ください

ドコモ光を契約するなら「GMOとくとくBB」が1番オススメ!

ドコモ光を契約するなら「GMOとくとくBB」一択!オススメの理由

24社もあるドコモ光のプロバイダの中で、最もオススメなのは「GMOとくとくBB」です。

GMOとくとくBBには、現金キャッシュバックがもらえるポイント以外にも数多くのメリットがあるので「ドコモ光を契約するならGMOとくとくBB一択!」と言っても過言ではありません。

ドコモ光のプロバイダとしてGMOとくとくBBを選ぶメリットは以下の通りです。

ドコモ光×GMOとくとくBBの7メリット

  1. 新規工事料が0円!
  2. 最大20,000円のキャッシュバック!
  3. dポイント最大10,000ptがもらえる!
  4. ドコモ光専用無料訪問サポート!
  5.  WiFiルーター0円キャンペーン!
  6. セキュリティソフトが1年間無料!
  7. dカードGOLD加入でGMOとくとくBB会員限定「GMOポイント5,000円」

これだけたくさんのメリットがあるプロバイダは、GMOとくとくBBの他にはありません。

また、数あるプロバイダの中でもGMOとくとくBBは通信速度が速いことで評価が高いです。

上記のように、ドコモ光のプロバイダをGMOとくとくBBにしたことで通信速度が驚くほど速くなったという口コミも多く出てきます。

これらのメリットについては「【納得】ドコモ光はGMOとくとくBBで契約したい!8つのメリットを徹底解説!」にて、ひとつひとつ詳しく解説しているので、これからドコモ光に申し込もうと思っている人はぜひ参考としてみてください。

ドコモ光の申込みはこちら

ドコモ光のよくある質問

ドコモ光のよくある質問

最後に、ドコモ光の契約にあたって耳にすることが多い「よくある質問」に対しての回答をご紹介して終わりたいと思います。

上記に挙げた点が気になっている人は、ドコモ光に申し込む前に確認しておきましょう。

ドコモ光の通信速度ってどれくらい?

わからない弟リスのイラスト
ドコモ光の通信速度ってどれくらいなの?

頷く兄リスのイラスト
フレッツ光と同じで最大通信速度1Gbpsに対応しているよ

ドコモ光の最大通信速度は、フレッツ光と同じで最大1Gbpsに対応しています。

ただし、1Gbpsという数値はあくまで技術上の最大値なので、常にこの速度が出るという訳ではありません。

また、実際に使う際の体感速度はドコモ光の契約で選んだプロバイダによっても異なる場合が多々あります。

実際に使う際の体感速度が遅いと感じたならば、プロバイダの変更を検討するということを覚えておきましょう。

ドコモ光の対応エリアって?

わからない弟リスのイラスト
ドコモ光の対応エリアってどうなの?

兄リスのイラスト
基本的にはフレッツ光と同じエリアに対応しているよ

ドコモ光の提供エリア

  • 東日本エリア・・・東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、茨城県、栃木県、群馬県、新潟県、福島県、北海道の各一部
  • 西日本エリア・・・大阪府、和歌山県、京都府、奈良県、滋賀県、兵庫県、愛知県、静岡県、岐阜県、三重県、広島県、岡山県、香川県、徳島県、福岡県、佐賀県の各一部

参照:提供エリア・提供条件|ドコモ光

ご覧の通り、日本全国の広いエリアで提供されているのでどの地域に住んでいてもドコモ光を利用することができます。

上記記載のエリアであれば基本的にドコモ光を利用することができますが、一部では利用できない場合があるので申し込んだ際にオペレーターへ確認するようにしましょう。

ドコモ光で電話とテレビは使える?

わからない弟リスのイラスト
ドコモ光で固定電話とテレビって使える?

兄リスのイラスト
初期費用が必要だけど、固定電話もテレビも使えるよ

ドコモ光では、固定電話サービスとテレビサービスがオプションとして利用することができます

利用できるオプションは以下の通りです。

ドコモ光の電話/テレビオプション
オプション名月額料金
電話オプションドコモ光電話500円
ドコモ光電話バリュー1,500円
テレビオプションドコモ光テレビオプション750円
ひかりTV for docomo2,500円
スカパー!2,223~4,152円

参照:料金プラン|ドコモ光

月額料金の他に初期費用や工事費用が必要な場合があるので、詳細については上記のリンクから該当ページをご覧ください。

ドコモ光のキャンセルってできる?

わからない弟リスのイラスト
ドコモ光に申し込んだものの別の回線にしたくなっちゃった…キャンセルってできる?

兄リスのイラスト
工事実施前なら簡単にキャンセルできるよ

ドコモ光に申し込んだものの、他の光回線にしたいと感じた場合は開通工事が行われるまでに電話連絡をすればキャンセルすることができます。

ドコモインフォメーションセンター
受付時間:9時~20時、年中無休

  • ドコモ携帯:151
  • ドコモ携帯以外:0120-800-000

また、すでに申し込みをして開通工事も完了している場合は、申し込み後に郵送される「ドコモ光契約申込書」を受領してから8日以内であれば「初期契約解除書」の対象となります。

初期契約解除に関するお問い合わせ先は以下の通りです。

ドコモ光サービスセンター
受付時間:9時~21時、年中無休

  • ドコモ携帯:15715
  • ドコモ携帯以外:0120-766-156

「家族がスマホの機種変更に行ったはずなのに帰ってきたらドコモ光の契約をしていた!」といったトラブルはよく耳にするので、まずは落ち着いて上記のインフォメーションセンターへ電話をしてみてください。

ドコモ光の解約は簡単?

わからない弟リスのイラスト
ドコモ光を解約しなきゃいけない時の手続きって簡単?

兄リスのイラスト
ドコモインフォメーションセンターに電話をすれば簡単に解約できるよ

ドコモ光を契約する前に解約手続きの手順を知りたい人も多いかと思います。

ドコモ光の解約は、以下の2通りの方法で簡単に手続きをすることができます。

ドコモ光の解約方法

ドコモインフォメーションセンターは非常に込み合いやすいので、平日14~16時、土日祝の午後を狙って電話をすると比較的スムーズに電話がつながるかと思います。

もしくは、来店予約をして最寄りのドコモショップへ行くのも一つの手なので、都合の良い方法で解約手続きをしてみてください。

納得する弟リスのイラスト
これでドコモ光の疑問点が解決したよ!

兄リスのイラスト
ドコモユーザーであれば間違いなくお得な光回線だから、ぜひ検討してみてね!

ドコモ光の申込みはこちら

まとめ:ドコモ光はドコモユーザーにとってピッタリの光回線!

以上、「【保存版】ドコモ光ってどう?契約前に知っておきたいメリット・デメリットとおすすめプロバイダまとめ」をお送りしました。

ドコモ光は、ネット回線とプロバイダがひとまとめにして販売されている「光コラボレーション回線」の内のひとつです。

そのため、フレッツ光からの転用であれば開通工事が必要ないので初期費用を大幅に節約することができます。

さらに、ドコモのスマホを使っていれば毎月の利用料金が割引される「ドコモ光セット割」が適用となるので非常にお得です。

総合的にまとめると、ドコモユーザーには一番ピッタリな光回線サービスであると言えます。

光コラボレーション回線の中で最も利用者が多いことからも満足度が非常に高い光回線であることがわかるかと思うので、ぜひドコモ光を契約することをご検討ください。

おすすめネット回線!

  • NURO光
  • 圧倒的な回線速度でコスパは最強。対象エリア内なら最優先で検討を
  • 公式サイトへ
  • ドコモ光(GMOとくとくBB)
  • ドコモユーザーにおすすめ、高額キャッシュバックが魅力的!
  • 公式サイトへ
  • ソフトバンク光
  • 家族みんなでソフトバンクスマホを使ってるなら、光回線はソフトバンク光1択!
  • 公式サイトへ
  • WiMAX2+(GMOとくとくBB)
  • ネット環境は欲しいけど工事や面倒な手続きはしたくない…という人はWiMAXがおすすめです
  • 公式サイトへ
  • eo光
  • 関西で快適なインターネット環境を手に入れるなら、「顧客満足度NO.1」のeo光!
  • 公式サイトへ

この記事の著者

編集

Soldi編集部

Soldi編集部は「おうちのお金をスマートに」をコンセプトにコンテンツの配信を行っています。

T.M

ライター

T.M

職業
Webライター
専門・得意分野
携帯キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)全般 / 格安SIM全般 / 光回線 / WiMAX / レンタルWiFi
などなど、通信ジャンル全般を専門に活動中

初めまして、T.Mと申します。
2017年12月から専業Webライターとして、格安SIMや光回線、WiMAXなどの通信ジャンルを専門としたライティングを行っております。

携帯代理店の法人部門に勤務していた経歴があり、携帯キャリアの料金プランやサービス内容について日々勉強をしておりました。
その経験と知識を活かし、昨今の通信ジャンルにおける複雑な料金プランやサービス比較を分かりやすくご紹介できるよう努めております。

通信ジャンルは料金プランの複雑さも相まって、非常にとっつきにくいイメージを持たれている方が多いかと思います。
ですが、実際に調べてみればその内容は意外と単純で、サービスとしても素晴らしい内容のものもあります。
上手く活用すれば、日々のインターネット活用がより快適なものになり、料金を節約することにもつながります。

そんなお役立ち情報を発信できるよう常に心がけております。
読者の皆さま方に「この記事を読んで良かったな」と感じていただけるよう精進してまいります。

経歴:
2015年5月~2017年12月:某携帯代理店の法人部門に在籍
・ドコモ、au、ソフトバンクの全キャリアを取り扱っていたため料金プランやサービス内容に精通
・某民泊代行法人へビジネスモデルとして「レンタルWiFi」を提案、600台以上の回線契約を獲得
2017年12月~現在:独立。専業Webライターとして活動中
・格安SIM・光回線・WiMAXなどの通信ジャンル全般の専門Webライターとして活動
・月間20万文字以上を執筆、通信ジャンルの記事納品本数は200本以上
※当サイトに掲載している情報は、万全の保証をいたしかねます。
機器、サービスの価格、スペック等の詳細情報は、必ず各公式サイトでご確認ください。

【完全版】自分に合った格安SIMが見つかる!

【28社比較】おすすめのWiMAXプロバイダはこれ!