Menu

ホントにお得?ドコモ光の電話サービスのメリットとデメリットを解説

困った顔で黒電話に出る女性

ドコモ光 とセットで「ドコモ光電話」を契約できますが、光電話にはどんなメリットがあるのかピンとこない人もいるでしょう。

名前を聞いただけではNTTの加入電話と比べてサービス内容や料金がどう違うのかわからず、契約してしまって良いものか心配かもしれません。

この記事ではこんな疑問を解消します

  • ドコモ光電話を契約すると、各種料金はNTTと比べてどのくらい安くなるの?
  • ドコモ光電話は絶対に契約するべき?契約しないほうが得なケースもある?

最後まで読み終えればドコモ光電話のサービス内容や利用するメリット・デメリットを知り、自分にとってドコモ光電話が必要かどうか判断できますよ!

ドコモ光電話ってどんなサービス? サービス内容と利用料金をチェック

白い固定電話

ドコモ光電話は、「 ドコモ光 」の利用者向けに用意された「光電話」サービスです。

ドコモ光電話は、

  • 電話回線に光ファイバーが使われている
  • 月額料金や通話料金が安くなる

主に以上の特徴があるサービスです。
参照:ドコモ光電話|ドコモ光|NTTドコモ

まずはドコモ光のサービス内容や料金設定について、くわしくチェックしましょう。

ドコモ光電話は光ファイバーを使用した電話サービス

NTTで契約できる通常の固定電話(加入電話)は、電話線を使用した電話サービスです。

しかしドコモ光電話は、電話線ではなく「光ファイバー」ケーブルを使った電話サービスです。

ドコモ光やフレッツ光などのインターネット回線と同様に光ファイバーを用いています。

光電話では今までと変わらず電話をかけたり、かかってきた電話に出たりできます。

さらにドコモ光電話ではかかってきた電話を他の電話機に転送できる「転送でんわ」などのオプションを別途契約することで機能を追加し、より便利に使うことも可能です。

オプションについてくわしくは、次項で解説します。

ドコモ光電話の月額料金はNTTより1,200円安い、月額500円から

ドコモ光電話の月額料金は、500円からと割安に設定されています。
参照:ドコモ光電話|ドコモ光|NTTドコモ

NTT東日本(東京都)では加入電話の月額料金が1,700円(税抜)に設定されているので、安さは一目瞭然ですね。
参照:加入電話|新規電話のお申し込み|電話トップ|Web116.jp|NTT東日本

なおドコモ光電話には、2つのプランがあります。それぞれの月額料金は、以下のとおりです。

プラン月額料金
ドコモ光電話500円
ドコモ光電話バリュー1,500円

※2018年4月現在の情報です。
※キャンペーンなど、時期により記載の金額から変更になることがあります。最新の情報はdocomo「料金プラン・通話料|ドコモ光|NTTドコモ|」でご確認ください。

ドコモ光電話とドコモ光電話バリューの違いは、無料通話やオプションの有無です。

ドコモ光電話バリューでは、以下の無料通話やオプションがセットになっています。

  • 480円分の無料通話(固定電話宛なら180分通話可能)
  • 通話中に第三者からの着信を受けられる通話中着信(通常月額300円)
  • 相手の電話番号が表示される発信者番号表示(通常月額400円)
  • 非通知の電話番号を拒否できるナンバー・リクエスト(通常月額200円)
  • かかってきた電話を転送できる転送でんわ(通常月額500円)
  • 着信をメールで知らせる着信お知らせメール(通常月額100円)
  • 迷惑電話をブロックできる迷惑電話ストップサービス(通常月額200円)

上記の無料通話と、オプションを個別に契約した場合の総額は2,180円になります。

6つのオプションを全て使えたうえで、料金が本来の合計金額よりも680円安くなります。

各種オプションを利用したいならドコモ光電話バリューを選ぶのがお得です。
参照:ドコモ光電話向けサービス

ドコモ光電話の通話料金はNTTよりも最大72円安い!

ドコモ光電話の通話料金は、NTTよりも圧倒的に割安です。最大で、72円の差があります。

どれくらい安いのかわかりやすくするために、ドコモ光(東日本)とNTT東日本の加入電話における固定電話や携帯電話宛の通話料金を表にまとめました。

ドコモ光NTT加入電話(東日本)
固定電話3分8円市内/3分8.5円
県内市外/3分20~40円
県外/3分20~80円
ドコモ1分16円1分20円
au1分17.5円1分30円
ソフトバンク1分17.5円1分40円

※表内の金額はすべて税抜きです。 ※2018年4月現在の情報です。
※キャンペーンなど、時期により記載の金額から変更になることがあります。最新の情報はdocomo「ドコモ光電話|ドコモ光|NTTドコモ」でご確認ください。

以上のとおり、ドコモ光電話の通話料金はNTTよりも割安です。

たとえば市外に住む家族の自宅に設置されている固定電話宛に発信するなら、NTTだと通常3分20~40円かかる通話料金がドコモ光に乗り換えれば8円に下がります。

県外の固定電話へ発信する際はドコモ光とNTT加入電話における金額差が特に大きく、最大で72円の差が生まれます。

固定電話宛に発信する場合はNTT加入電話だと自宅からの距離によって料金が変わりますが、ドコモ光なら通話料金が3分8円均一でわかりやすくなるのも嬉しいですね。

固定電話を連絡先として使っている人はドコモ光電話に申し込むべき!

パソコンをしながら電話する女性

現在日常において固定電話を連絡先として日々活用している方は、ドコモ光電話に申し込むべきです。 ドコモ光 には、NTTの加入電話と比べて以下3つのメリットがあります。

  • 料金がNTT加入電話よりも安くなる
  • 支払い先がネットと1つにまとまりシンプルになって、dポイントも貯められる
  • 電話番号や電話機は変わらずそのまま使えるので、番号変更の連絡や電話機の購入などの余計な手間がかからない

ここからはドコモ光電話の各メリットを説明するので、ご覧ください。

理由1:通話料金が下がる

前述の通り、ドコモ光電話は月額500円、NTT東日本の加入電話における月額料金は1,700円で、1,200円の差があります。
参照:ドコモ光電話|ドコモ光|NTTドコモ加入電話|新規電話のお申し込み|電話トップ|Web116.jp|NTT東日本

豊富なオプションや480円分の無料通話が付帯されているドコモ光電話バリューとNTT東日本を比べても、200円ほど安価です。

さらに通話料金にも、大きな違いがあります。

たとえばNTT東日本で3分20円の発信先と1時間通話すれば、通話料金は400円です。

しかしドコモ光なら160円と、通話料金を半額以下にまで節約できます。
参照:「ドコモ光電話|ドコモ光|NTTドコモ」

以上の通り、NTTの固定電話からドコモ光電話に乗り換えれば通話料金・月額基本料金も含めてお得にできることを覚えておきましょう。

理由2:支払いが光回線や携帯電話とまとまり、ポイントも貯まる

ドコモ光電話は、請求をドコモのスマートフォン・携帯電話やドコモ光とまとめられます。

固定電話と光回線や携帯電話の契約先が別だと支払いがバラバラで複雑ですが、すべてドコモのサービスにまとめてしまえば支払いをシンプルにできるのもメリットです。

もちろん、ドコモ光電話の利用金額に応じて100円につき1ポイントのdポイントも貯められます。

理由3:NTTの電話番号や電話機を使い回せる

光電話へ乗り換えると電話番号が変わったり、電話機を新しく買い直さなければいけなかったりするのではないかと不安に思ったかもしれません。

ドコモ光電話はNTTの加入電話の電話番号を引き継げますし、電話機も基本的にそのまま使えるのでご安心ください。

導入に余計な費用がかからないのも、ドコモ光電話に乗り換えるメリットなのです。
参照:ドコモ光電話|ドコモ光|NTTドコモ

電話番号をそのままで乗り換える方法・費用

今までNTTで利用していた電話番号をドコモ光電話でそのまま使う際は、ドコモ光電話の契約時に「番号ポータビリティ」の申請が必要です。

番号ポータビリティ利用時は、通常1,000円に設定されているドコモ光電話の工事料が3,000円に増額されるので注意しましょう。

またNTTから別途「利用休止工事料」が2,000円請求される場合もあります。

ちなみにドコモ光とドコモ光電話を同時に申し込む場合は光電話の工事料が減額されます。

請求される工事費についてくわしく知りたい人は、契約時にドコモに問い合わせて確認しましょう。
参照:初期費用|ドコモ光|NTTドコモ

固定電話を一切使わない人など、ドコモ光電話をおすすめできない人もいる

胸元で罰点をを作る女性と電話機

ドコモ光電話は、必ずしも ドコモ光 の契約者全員が契約するべきサービスではありません。

  • スマホ代の割引に必要だと思っていた人
  • 固定電話を一切使っていない人
  • 停電時に連絡先として固定電話を使いたい人

上記に当てはまる人は、ドコモ光電話を契約しなくても大丈夫です。

ここからはドコモ光電話のデメリットや注意点を解説するので、合わせて参考にしてください。

ドコモ光では、ドコモ光電話なしでスマホの割引を受けられる

auの「 auひかり 」やソフトバンクの「 ソフトバンク光 」といった他社の光回線サービスでは、契約の際に合わせて光電話を契約することで、スマホ代などのセット割引を受けられます。

たとえばauひかりは毎月最大2,000円の割引、ソフトバンク光は永年毎月最大1,000円割引です。

言い換えれば、他社の場合スマホのセット割を利用したければ不要でも光電話の契約が必須なケースがあります。

しかしドコモ光電話ではスマートフォンのセット割引の適用に光電話の契約は必須ではなく、スマホとドコモ光を契約するだけで毎月最大3,500円の割引を受けられます。

ちなみに各社の割引額は、以下のとおりです。

光回線月々の最大割引額光電話の契約
ドコモ光3,500円(1回線)不要
auひかり2,000円(10回線)必要(月額500円)
ソフトバンク光1,000円(10回線)必要(月額500円)

※2018年4月現在の情報です。
※キャンペーンなど、時期により記載の金額から変更になることがあります。最新の情報はdocomo「料金プラン|ドコモ光|NTTドコモ」、au「auスマートバリュー | 料金・割引:スマートフォン・携帯電話 | au」、ソフトバンク「おうち割 光セット | キャンペーン一覧 | キャンペーン | モバイル | ソフトバンク」でご確認ください。

つまりドコモ光では、スマホ代などのセット割引を受けたい場合に光電話を契約する必要はないのです。

携帯電話でしか通話しないなら契約不要

光回線サービスのドコモ光を契約する場合、ほとんどの場合ドコモで携帯電話・スマートフォンを契約していますよね。

固定電話を現在一切利用しておらず、携帯電話やスマホのみで家族や知人と連絡し合っているなら、ドコモ光電話を無理に契約する必要はありません。

ドコモ光電話は最低でも月額500円、「ドコモ光電話バリュー」なら1,500円のコストがかかるサービスです。

せっかく契約しても使わないなら年間6,000円~18,000円が無駄になってしまうので、不要ならドコモ光電話を契約せず、家族や知人とは携帯電話やスマートフォンで連絡しましょう。

ドコモ光電話は停電時に使えない

ドコモ光電話は光回線を用いた電話なので、電話機が電源不要なタイプでも停電時は電話できません。

NTTの加入電話を電源不要な電話機で使うなら停電時にも使えるので、災害時などにも連絡先として固定電話を使う予定の人はドコモ光電話ではなくNTTの加入電話を利用しましょう。
参照:ドコモ光電話ご利用ガイド

ドコモ光電話の申込み方法

ドコモ光電話の申込み方法は、これからドコモ光を契約する場合と既にドコモ光を利用中の場合で異なります。

それぞれ解説するので、参考にしてください。

ドコモ光とセットで申込む場合の窓口は3つ

ドコモ光 は、

  1. ドコモオンライン手続き
  2. ドコモショップ
  3. 電話(0120-800-000、受付時間:9時~20時)

以上3つの方法で申し込めます。

申し込み手続きの際に、合わせてドコモ光電話の利用を申し込みましょう。

申し込み後に必要に応じて開通工事が行われ、光電話の設備も設置されます。

ちなみにドコモ光契約時には、契約事務手数料が3,000円かかるので覚えておきましょう。
参照:お申込み|ドコモ光|NTTドコモ

なおドコモオンライン手続きにおける申込手順は、以下のとおりです。

ドコモ「ドコモ光」
画像引用:ドコモ「ドコモ光」

  • ドコモ光公式サイトの「お申込み」ボタンをクリックする
  • ドコモユーザー向けアカウント「dアカウント」でログインする
  • 画面の指示に従って、必要事項を入力する

ドコモ光電話を単体で申し込む窓口は2つ既にドコモ光を契約している方は、2つの窓口を選べます。

  1. ドコモショップ、量販店
  2. 電話のインフォメーションセンター(0120-800-000、受付時間:9時~20時)

なおドコモ光を既に契約している人がドコモ光電話を申し込む際は、

  • 契約事務手数料2,000円
  • 携帯電話番号やネットワーク暗証番号などによる本人確認

以上2点が必須となるので、覚えておきましょう。
参照:お申込み|ドコモ光|NTTドコモ

お得に申し込むならキャンペーンを利用しよう

ドコモ光やドコモ光電話をもっとお得に利用開始したい場合は、新規契約者向けのキャンペーンを利用しましょう。

2018年4月時点では、

  •  新規工事料(最大18,000円)無料キャンペーン(期間:~2018年5月7日)
  •  ドコモ光dポイントプレゼントキャンペーン(最大10,000ポイント、期間:~2018年5月7日)

主に以上のキャンペーンが展開されています。

ドコモ光の新規契約者向けキャンペーン
画像引用:ドコモ光キャンペーン

ドコモ光新規工事料無料キャンペーンでは、新規契約時にかかる工事費最大18,000円を無料にできます。

ドコモ光dポイントプレゼントキャンペーンでは、ドコモ光を新規契約するとローソンなどでの買い物に使えるdポイントをもらえます。
新規契約なら10,000ポイント、フレッツ光からの転用なら5,000ポイントもらえます。

なおキャンペーンには期間が設定されていて、内容が定期的に変わります。

キャンペーンの最新情報を知りたい方はドコモの公式サイトから確認しましょう。

まとめ

モニターを見ながら電話する女性

この記事では、ドコモ光電話のサービス内容やメリット・デメリットを解説しました。

最後に、記事の内容を改めて振り返りましょう。

ドコモ光電話のメリット

  • 月額基本料金や通話料金を削減できる
  • 支払先が1つにまとまる
  • 電話番号や電話機は、NTTで使っていたものを引き続き使える

つまり、

ドコモ光電話の利用が向いている人は…

  • 固定電話を連絡先として使っている人
  • 固定電話の支払先とインターネットを1つにまとめてシンプルにしたい人

ドコモ光電話のデメリット

  • 他社と違い、契約の有無はセット割に関係ない
  • 固定電話を連絡先として使っていない人には不要
  • 停電時には使えない

つまり、

ドコモ光電話の利用が不向きな人は…

  • 現在固定電話を利用していない人(利用予定のない人)

固定電話を使う機会がある人は、月額料金や通話料金が安く抑えられるドコモ光電話の利用を検討しましょう。

この記事の著者

編集

Soldi編集部

Soldi編集部は「おうちのお金をスマートに」をコンセプトにコンテンツの配信を行っています。

※当サイトに掲載している情報は、万全の保証をいたしかねます。
機器、サービスの価格、スペック等の詳細情報は、必ず各公式サイトでご確認ください。

【完全版】自分に合った格安SIMが見つかる!

【28社比較】おすすめのWiMAXプロバイダはこれ!