Menu

excite MEC光の評判は悪い?速度や料金など口コミでわかるメリット・デメリット

exciteMEC光の評判は悪い?速度や料金の口コミからわかるメリット・デメリット

excite MEC光の契約を検討しているけど速度が遅いか心配ですか?
しかもエキサイトMEC光は月額料金が安くなるソフトバンクやドコモ・auなどの大手キャリアとのセット割引がないから悩んでしまいますよね。

結論から言うと、エキサイトMEC光は料金が安く、シンプルな料金プランのインターネットをご希望の方におすすめできる光回線です。
しかしその一方で、エキサイトMEC光にはスマホのセット割引がなく、ドコモ・au・SoftBankなどのスマホを使っている方はexcite MEC光を選ぶとネット料金が割高になる可能性もあります。

この記事では、excite MEC光を検討している人のために、excite MEC光のメリット・デメリットを紹介していきます。
この記事を読んで、あなたにとってexcite MEC光が最良のインターネットなのかチェックしていきましょう!

excite MEC光とエキサイト光の違い

まず、excite MEC光とはプロバイダサービスで有名なエキサイト株式会社が提供している光回線です。
フレッツ光と同じインターネット回線に、独自のサービスをつけて販売している光コラボの商品になっています。

同じく、エキサイト株式会社が提供している光コラボの商品に、エキサイト光という回線があります。

excite MEC光とエキサイト光の違いは何なのでしょうか?
それは、インターネット回線の接続方式です。

サービスの特徴

(画像引用:光回線は、IPv6 IPoEで速度を快適に!速いインターネットならエキサイトMEC光

一般的な接続に当てはまるエキサイト光にくらべて、excite MEC光は回線速度が速くなる通信方式を採用しています。
そのため、「回線速度が遅いことでストレスを感じたくない!」という人にはexcite MEC光がおすすめです。

また、エキサイト光とexcite MEC光の料金体系には大きな違いはありません。

月額料金(割引適用なし)エキサイト光excite MEC光
戸建て4,796円4,850円
マンション3,696円3,850円

※税込価格

戸建てなら+54円、マンションなら+154円でより速いインターネット回線にできるのは大きな魅力です。

それでは、excite MEC光の良い評判・悪い評判をチェックしていきましょう。

excite MEC光の良い評判

エキサイトMEC光の良い口コミでは「契約期間の縛りがなく、解約金がかからない」など契約のシンプルさに関する投稿が多く見られました。
確かに、契約期間や違約金が設けられている光回線がほとんどなのに対して、好きなタイミングに解約しても違約金が発生しないのは良心的ですよね。

くわしく見てみましょう。

月額料金がファミリー・マンションタイプ共に安い

エキサイトMEC光の大きなメリットの一つが、月額料金の安さです。
エキサイトMEC光と同じく、フレッツ光の回線を使っている光コラボのインターネットの料金プランと比較してみました。

各光コラボの月額料金比較
光回線ファミリー(戸建て)タイプマンションタイプ
So-net光プラス3,647円2,563円
エキサイト光4,004円2,932円
楽天ひかり4,133円3,133円
エキサイトMEC光4,433円3,361円
ぷらら光4,800円3,600円
DTI光4,800円3,600円
nifty光5,156円3,953円
ビッグローブ光5,068円3,993円
ドコモ光5,255円4,040円

※キャンペーン適用時の月額料金
※2021年1月現在の料金を記載

excite MEC光は戸建て・マンションともに光コラボのインターネットの中で4番目に安いことがわかります。

ここで、「それなら1番安いSo-net光プラスにしようかな」と思った人もいるでしょう。
しかし、So-net光プラスは料金こそ安いものの、通信障害がexcite MEC光よりも頻繁に起こっていることが、今回の調査から明らかになっています。

また、excite MEC光は解約金がかかりません。
1~3位のインターネットはすべて最低利用金のある料金プランとなっているので、excite MEC光は解約金のかからないインターネットの中では最安です。

回線の実測速度がTOP3に入る!

エキサイトMEC光は光コラボの15社の中では3番目に速いです。
今回は比較のためにみんなのネット回線速度から2020年5~8月の3ヶ月の光コラボ速度を調べてみました。

光コラボ各社の速度比較
回線名速度(Mbps)
enひかり451.93
So-net光プラス393.98
エキサイト光347.92
DTI光329.56
ソフトバンク光328.47
ドコモ光313.18
ビッグローブ光308.12
ぷらら光296.64
@nifty光279.34
OCN光276.48
楽天ひかり260.26
@T COM(アットティーコム)ヒカリ256.93
U-NEXT光198.96
Marubeni光(丸紅)108.25

各回線の速度の平均が299Mbpsなので、エキサイトMEC光は50Mbpsほど速いです。
とくに速度が遅くなりがちな動画やゲームを同時に利用してもストレスなく快適に利用することができます。

実際のユーザーの声も見てみましょう。

動画を見ながらゲームをするなど、一度に色々なネットサービスを利用したい方にはぴったりですよね。
また、MEC光と同じく契約期間や違約金のないぷらら光やDTI光より料金がお得なだけでなく、速度も速いです。

料金も安く、回線速度も速いという点で、excite MEC光はおすすめです。

夜間も安定した通信速度を維持できる

エキサイトMEC光は通信速度が混み合う夜間も安定しています。
通常、21:00~あたりから回線が混み合うので遅くなる回線も多いですが、エキサイトMEC光は安心して使うことができます。

エキサイトMEC光の通常時と夜間の速度をくらべてみました。

通常夜間
エキサイトMEC光の速度348.25Mbps365.485Mbps

このデータは一般ユーザーから投稿された回線速度の実測値から集計していますが、通常時よりも夜間のほうが回線速度が速いインターネットはとてもめずらしいです。

ただし、インターネット回線の速度は、建物の光回線の使用状況やWi-Fiルーターの性能によっても変わります。
そのためあなたのご自宅での回線速度を確約できるものではありませんが、エキサイトMEC光そのものの速度の評判は良いといえるでしょう。

契約期間の縛りがなく解約金が無料

通常、光回線の契約には2~3年の契約期間の縛りがあり、その契約期間に解約してしまうと違約金が発生します。
しかし、excite MEC光では最低利用期間を設けていません。

つまり、excite MECはどのタイミングで解約しても解約金が無料です。
excite MEC光の契約期間や解約金に関してメリットを感じる方も多いようです。

契約プランなどによりますが、他の光回線だと2~3年に一度訪れる契約更新月以外に解約をすると10,000円~20,000円ほどの解約金がかかってしまいます。
それが無料で解約できるのはexcite MEC光の大きなメリットの一つです。
口コミにもありますが、仕事による転勤などで引越しが多い人にとって契約期間の縛りがないのはうれしいポイントですよね。

また、excite MEC光では解約時に必要な撤去工事費が無料です。

撤去工事費用が無料

撤去工事とは、開通時に自宅内に設置した光コンセントなどを解約時に撤去する工事のことをいいます。
撤去工事が必須という訳ではありませんが、賃貸マンションによっては退去時に義務付けているところもあります。

なんと、エキサイトMEC光ではこの撤去工事費も無料です。

光回線各社の撤去工事費
光回線名撤去工事費
excite MEC光なし
auひかり28,800円
eo光10,000円

解約するインターネット回線で3万円ほどの支払いが発生するのは嫌だと思う人も多いのではないでしょうか。
この工事費が無料にできるのはとても有難いです。

さらに、excite MEC光解約時の月額料金は日割りができます。

解約月の月額料金は日割りされる

excite MEC光の解約月の月額料金は、日割りされます。
解約月の月額料金が日割りされるため、解約の申し込みが早ければ早いほど余分な費用をかけずに済みます。

例えば、月額料金4,500円のファミリー(戸建て)プランを利用しているとします。
6月の1日付の解約と6月30日付の解約ではこんなにも料金の差が出てしまいます。

6月1日に月額4,500円のインターネットを解約する場合

  • 日割りされるエキサイトMEC光の場合:150円
  • 日割りされない他のインターネットの場合:4,500円

日割りされないインターネット回線では、1日に解約したにもかかわらず1か月分の料金支払いが求められます。
それに対してエキサイトMEC光なら、解約月にも使った分だけの料金の支払いになるので無駄な出費がかかりません。

ここまでのメリットの説明からもわかる通り、エキサイトMEC光の良いところはお客様に想定外の出費をさせない、わかりやすく良心的な配慮が料金プランやサービスに表れているところです。

MEC光専用の無線ルーターを使ってIPoEIPv6通信できる

excite MEC光ではMEC光対応の専用ルーターを使い、IPoEIPv6通信をすることができます。

「IPoEのIPv6」は別名v6プラスともしてと呼ばれ、「次世代インターネット接続環境」として これからスタンダードとなる回線接続方式のことです。
通信方式をこのIPoE IPv6に変えるだけでインターネットの回線速度は改善される可能性が高いのですが、この高速通信を多くのサイトで楽しむには、IPv4 over IPv6に対応したWi-Fiルーターが必要です。

しかし、Wi-Fiルーターの規格などは専門用語が多く、はじめての人が自分でルーターを選ぶのは大変です。
ですが、excite MEC光では月額100円で専用ルーター(Aterm WG1810HP)の貸し出しを行っています。

NEC Aterm WG1810HP(MF)

(画像引用:サービス概要 | 光回線の乗り換えは、IPv6 IPoEで速度を快適に!エキサイトMEC光

このレンタルを活用すれば、自分でルーターを選ばなくてもexcite MEC光の高速通信に対応したルーターが送られてきます。

サービス利用開始日の当日に合わせてレンタル無線ルーターが届く

excite MEC光からMEC光対応の専用ルーターAterm WG1810HPをレンタルする場合、利用開始日に受け取ることができます。

通常、ルーターが届くのが光回線を開通した1週間後になることが多いです。
他のインターネット回線を契約した方はこんな不満を漏らしていました。

せっかく光回線が開通していざとなったときにルーターが届かずネットを利用できないのは不便ですよね。
その点、エキサイトMEC光ではMEC光の利用開始日に合わせてルーターが届くので安心です。

12ヵ月間の基本料金が割引されるキャンペーンを実施中

エキサイトMEC光では12ヶ月間基本料金が割引されるお得なキャンペーンを実施しています。

下記、キャンペーン詳細です。(税込価格)

新規・ファミリーキャンペーン

契約事務手数料:1,100円 → 無料
開通手続料:3,300円 → 無料
標準工事費:19,800円 → 無料
月額:517円割引×12ヶ月 ⇒ 最大6,204円割引
⇒合計: 30,404円割引

新規・マンションキャンペーン

契約事務手数料:1,100円 → 無料
開通手続料:3,300円 → 無料
標準工事費:16,500円 → 無料
月額:489円割引×12ヶ月 ⇒ 最大5,868円割引
⇒合計: 26,768円割引

転用・事業者変更キャンペーン

事務手数料:2,200円 → 無料月額:880円割引×12ヶ月 ⇒ 最大10,560円割引

※上記のキャンペーン割引額がすべて税込価格
※こちらのキャンペーン情報は2021年1月28日時点のものです

もともと料金の安いexcite MEC光ですが、キャンペーンを使えばよりお得に契約ができます。
ただし、後述しますが転用・事業者変更キャンペーンを適用すると、最低契約期間が設けられ24ヵ月以内の解約で税込11,000円の違約金がかかります。

解約金ゼロ円に魅力を感じてexcite MEC光に申し込もうとしている人は、このキャンペーンは使わずに申し込みましょう。

回線の通信障害の回数が断トツで少ない

エキサイトMEC光の次のメリットは、回線の接続やサーバーなどの不具合による障害回数が少ないことです。
光回線の選びはこの障害回数の少なさも決め手の1つになります。

障害の頻度を調べるために2019年12月から2020年5月の間に各インターネット回線で発生した通信障害の回数を調べました。

光回線の障害頻度
回線名障害回数
excite MEC光0回
auひかり0回
エキサイト光0回
ドコモ光0回
NURO1回
コミュファ光1回
BIGLOBE光2回
DTI光5回
So-net光プラス10回
eo光12回

通信障害回数が最多のeo光では半年間で12回も障害発生の報告が上がっているのに対して、エキサイトMEC光は一回も障害は起こっておりませんでした。

障害が起こってしまうと、インターネットが使えずに、速度が遅くなってしまいます。
エキサイトMEC光はその点安心できるのでうれしいですね。

ここまでは、excite MEC光の良い評判を紹介してきました。
ここからは悪い評判を紹介していきます。

excite MEC光の悪い評判

今回の評判の調査では、ツイッター上のexcite MEC光の口コミを参考にしています。
その中では、エキサイトMEC光は「速度が遅い!」という口コミがもっとも多く投稿されていました。
ですが、前述のとおり実測値の平均でいえばexcite MEC光は速いインターネットのはずです。
ここについては後ほどくわしく説明していきます。

速度に続いて多かった口コミは、携帯・スマホ割が適用されないことです。

それでは、それぞれのデメリットをくわしく見ていきましょう。

エキサイトMEC光は速度が遅い!

ツイッター上でエキサイトMEC光の口コミを分析していくと、「速度が遅い」「夜間に速度が遅くなる」という速度に関する不満が多く見られました。

インターネットを快適に利用するためには20Mbps以上の速度が必要といわれているので、確かに1Mbpsは遅いですね。
また、エキサイト光からMEC光に乗り換えしてからも速度で悩まされている方もいました。

しかし、前述の【回線の実測速度がTOP3に入る!】にも記載されている通り、excite MEC光は他の光コラボにくらべて速いインターネット回線のはずです。

実は、インターネット回線の速度を決めるのは光回線そのものだけではありません。
マンションの場合はインターネット回線を分け合っている部屋数や、プロバイダそのものの良し悪しも回線速度を左右します。

エキサイトMEC光を使って「遅い」と感じる場合には、まずはWi-FiルーターがエキサイトMECの通信規格に合ったものかどうかを確認してください。

携帯・スマホのセット割引が適用されない

excite MEC光は携帯・スマホセット割引が適用されません。

auやドコモ・ソフトバンクなど大手キャリアとのスマホとセット割引を利用すると、1人当たりの割引額が500円~1,000円まであります。
毎月1,000円の割引でも1年で12,000円、2年で24,000円割引とかなり大きいですよね。

下記、大手キャリアのスマホのセット割が適用される光回線とエキサイトMEC光の料金比較です。

光回線の障害頻度
光回線スマホ割戸建て料金マンション料金セット割による割引額
エキサイトMEC光なし4,950円3,850円なし
ドコモ光ドコモ光セット割5,720円4,400円1,100円
auひかりauスマートバリュー5,610円4,730円1,100円
ソフトバンク光おうち割 光セット5,170円4,180円1,100円

※auひかりマンションの月額料金はタイプGの金額を参照、のセット割はデータMAX 5G契約時の料金を記載
※上記はすべて2021年1月現在最低価格の税込を記載

スマートフォンのセット割が適用されると、上記の料金からさらにセット割の割引が入ります。
その結果、もとから料金が安いエキサイトMEC光よりもドコモ光やauひかりのほうが安くなってしまいます。

auやソフトバンク、ドコモの携帯を利用している方はエキサイトMEC光ではなく、スマホセット割引が適用される下記の光回線がお得です。

ただし、格安スマホのようなインターネットとのセット割引がないスマホを利用しているかたは、元々の料金の安いエキサイトMEC光をおすすめします。

キャッシュバックキャンペーンがない

光回線を選ぶ基準の一つとしてキャッシュバックキャンペーンがありますが、excite MEC光は現金がプレゼントされるようなキャッシュバックキャンペーンがありません。

下記のように、新規契約者向けに高額キャッシュバックキャンペーンを実施している光回線もあるので、excite MEC光の大きなデメリットの1つです。

  • NURO光「4.5万円キャッシュバック 」
  • ドコモ光「dポイントプレゼント 」
  • @nifty光「最大30,000円キャッシュバック 」など

例えばNURO光は、公式サイトからの申し込みで最大45,000円ものキャッシュバックを受けることができますが、excite MEC光はそのようなキャッシュバックはありません。

しかし、エキサイトMEC光には月額料金の割引キャンペーンがあります。
キャッシュバックは会社によっては「契約から半年後に送られるメールからエントリーすれば受け取れる」など、ユーザーが忘れてしまいそうなものもあります。

それに対してエキサイトMEC光は、キャンペーンに申し込めば自動的に毎月割引が入るので、うっかりキャッシュバックを受け取り忘れるような心配がありません。

Wi-Fiルーターの無料レンタルがない

エキサイトMEC光の高速通信を最大限に利用するには、v6プラス対応のWi-Fiルーターが必要です。
そしてそのレンタルには月額110円(税込)のオプション料金が必要です。

しかし、このWi-Fiルーターのレンタルは無料で提供している光回線の会社も多々あります。

光回線の名前Wi-Fiルーターの貸し出し
excite MEC光月額110円(税込)
ドコモ光無料(一部のプロバイダのみ)
NURO光無料
ぷらら光無料

(※2021年1月28日 時点)

ルーターのレンタルはオプションのため、すでにWi-Fiルーターを持っている人はオプションの申し込みは不要です。
しかし、「ルーターは無料でレンタルできるもの」と思っている人も多く、ユーザーからは不満の声が挙がっています。

とはいえ、【月額料金がファミリー・マンションタイプ共に安い】で紹介したとおり、エキサイトMEC光はWiFiルーターを無料で貸し出しているドコモ光・NURO光・ぷらら光よりも月額料金が100円以上安いです。
WiFiルーターのレンタル料金を+100円支払っても、他の光回線よりも安い価格であることに違いはないので、エキサイトMEC光はお得なインターネット回線といえます。

無線LANルーターの接続サポートがない

ルーターをレンタルした方はご自身でルーターの接続設定をしなければいけません。
契約時の無料訪問サポートを利用してルーター接続をお願いできる光回線もありますが、MEC光は料金がかかってしまします。
なので、ご自身で接続するか月額550円(税込)のBB.excite光リモートワークを利用することをおすすめします。

接続方法は以下のサイトで確認することができます。

MEC光専用ルーターの接続設定方法を確認する

ドコモ光やSo-net光だと無料の訪問サポートなどを利用して接続設定をお願いすることもできます。
しかし、上記のサービスは新規契約時の1回のみしか無料で利用できません。
ルーター設置後も続けてサポートを希望する場合はexcite MEC光のBB.excite光リモートワークサービスを利用することをおすすめします。

転用キャンペーン利用時は違約金11,000円が発生する

解約金がかからないメリットがあるエキサイトMEC光ですが、転用・事業者変更のキャンペーンを利用した人が24ヵ月以内に解約すると違約金が11,000円(税込)かかります。

転用・事業者変更のキャンペーンを使えば月々880円(税込)の割引が12ヵ月間適用されるのでとてもお得なキャンペーンですが、違約金がかかった場合にはキャンペーンの割引額よりも違約金のほうが高くなってしまいます。

キャンペーンを利用するかどうかは契約時に選べます。
最低利用期間や違約金に縛られたくない場合はキャンペーンを利用せずに契約しましょう。

excite MEC光が一番おすすめなのはこんな人

今回の調査からエキサイトMEC光は以下のような人におすすめできます。

  • 契約期間や違約金に縛られたくない方
  • 速度が速くコスパの良いインターネットが良い方
  • docomo・au・SoftBankのスマホを利用してない方

とくにMEC光は一般的な光回線とは違い、契約期間や違約金に縛られない点でおすすめできます。

わかりやすく、良心的なサービスを提供しているexcite MEC光。
コスパの良い光回線探している方はぜひこちらから公式ホームページをご覧ください。

家計の見直しは「固定費」の削減から始めよう!支出の見直しポイントとプロが教えるおすすめの方法はコレ!

この記事の著者

編集

Soldi編集部

Soldi編集部は「おうちのお金をスマートに」をコンセプトにコンテンツの配信を行っています。

※当サイトに掲載している情報は、万全の保証をいたしかねます。
機器、サービスの価格、スペック等の詳細情報は、必ず各公式サイトでご確認ください。

【完全版】自分に合った格安SIMが見つかる!

【完全版】自分に合った格安SIMが見つかる!

【28社比較】おすすめのWiMAXプロバイダはこれ!

【28社比較】WiMAXを契約するなら! おすすめプロバイダ厳選5社!



ナビナビ保険