Menu

フレッツ光最新キャンペーン比較!おすすめベスト2を徹底解説

沢山のプレゼントが置かれたソファーでパソコンを開きながら両手を挙げて喜ぶ女性

光回線の中で一番のシェアを誇るフレッツ光を申し込もうと考えているあなた。

できれば1円でも安く、また少しでもお得に申し込みたいですよね。

もし、こんな疑問があるなら、この記事をぜひチェックしてみてください。

  • フレッツ光のお得なキャンペーンって何があるの?
  • 余計なオプションを付けずにお得に申し込めないかな?

この記事では、

  • フレッツ光のお得なキャンペーンの内容
  • キャンペーンで特典を受けるための注意事項や手順

について、くわしく解説しています。

そして、最後まで読めば、以下の2点がしっかりと理解できるようになりますよ。

  1. 自分に合ったフレッツ光のキャンペーンの見分け方
  2. キャンペーンの申し込み方法

とはいえ、実はフレッツ光のお得なキャンペーンは、以前に比べてとても少なくなってしまいました。

そのため「思っていたほどお得感を感じられない」という人もいると思います。

そこで、フレッツ光以外のおすすめできる光回線もあわせて紹介しています。

特に、 ドコモ光auひかり 、SoftBank光など、スマホとセットで使えばグッとお得になる回線は見逃せません。

気になる人は「フレッツ光以外のおすすめの光回線」から読み進めてください。

2、3分で読める内容なので、ぜひ最後まで読み進めてくださいね。

フレッツ光のキャンペーン比較

フレッツ光のキャンペーンは、NTT(東西)が公式で実施しているものと、代理店などが独自で実施しているものがあります。

代理店のキャンペーンのほうが高額なキャッシュバックを打ち出しています。

しかし多くの場合、有料のオプションサービスに加入することが条件になっています。

また、高額なキャッシュバックにつられてホームページを確認すると、法人や個人事業主向けのサービスであることも少なくありません。

オプションが不要な人や個人で利用したい人には、トータルで見るとあまりお得にならないといったケースも見られます。

個人で申し込む際におすすめのキャンペーン2選

そこで、個人で利用する場合にお得なキャンペーンをご紹介します。

2018年8月現在におけるフレッツ光のキャンペーンの中から、個人向けのものをNTT主催/代理店主催からピックアップしました。

  1. NTT:にねん割(東日本)、光はじめ割(西日本)
    月々の利用料金からの割引
  2. ブロードバンドナビ:キャッシュバックキャンペーン
    現金でのキャッシュバック

詳細を表にまとめたので、ご覧ください。

キャンペーン主催者内容期限適用条件
NTT東日本
【にねん割】
戸建て:16,800円割引/2年間
集合住宅:2,400円割引/2年間
-(期限なし)・2年間継続して契約すること
・オプション加入不要
NTT西日本
【光はじめ割】
戸建て
1~2年目:26,400円/2年間
3年目以降:30,960円/2年間
集合住宅
1~2年目:8,400円~13,200円/2年間(※1)
3年目以降:12,480円~18,720円/2年間(※1)
-(期限なし)・2年間継続して契約すること
・オプション加入不要
ブロードバンドナビ株式会社
【キャッシュバックキャンペーン】
5,000円~80,000円(※2)キャッシュバック2018年8月10日まで・12か月以上継続利用すること
・加入するオプションによってキャッシュバック額が異なる

※表示価格は、すべて税抜 ※1.プランによって異なる
※2.NTT東日本エリアの場合。NTT西日本エリアのキャッシュバック金額は、5,000円~70,000円
参照:NTT東日本「にねん割」NTT西日本「光はじめ割」ブロードバンドナビ「フレッツ光キャッシュバック|東日本エリア」「フレッツ光キャンペーン情報|西日本エリア」

なお、ブロードバンドナビ主催のキャッシュバックキャンペーンの期間は随時更新されています。

念のため、申し込む前に以下のホームページにて期間を確認してください。

また、これらのキャンペーンは、それぞれ適用条件やキャッシュバックの受け取り方法などが細かく設定されています。

せっかく申し込んでも、お得をつかみそこなったら悲しいですよね。

そうならないために、各キャンペーンの詳細を次から確認していきましょう。

おすすめのキャンペーンベスト2を解説

ここからは、先ほど比較表にまとめたキャンペーンについて、ひとつずつご紹介していきます。

適用条件など、押さえるべきところもしっかり解説しますね。

おすすめ1:確実に受け取れる!NTTの割引サービス

NTT東日本「にねん割 | NTT東日本 | フレッツ光」NTT西日本「《NTT西日本 公式》|お申し込み|「フレッツ光」をご検討中のお客さま」

画像引用:NTT東日本「にねん割」NTT西日本「「フレッツ光」をご検討中のお客さま」

NTTが公式に実施しているキャンペーンとしては、フレッツ光を契約するだけでお得になる

  • にねん割(NTT東日本)
  • 光はじめ割(NTT西日本)

がおすすめです。

この2つは割引額や適用システムが以下のように異なります。

にねん割(NTT東日本)光はじめ割(NTT西日本)
割引額(※1)戸建て700円/月1~2年目:1,100円/月
3年目以降:1,290円/月
集合住宅100円/月1~2年目:350円~550円/月(※2)
3年目以降:520円~780円/月(※2)
対象サービス戸建てフレッツ 光ネクストの以下のタイプ
ギガファミリー・スマートタイプ
ファミリー・ギガラインタイプ
ファミリー・ハイスピードタイプ
ファミリータイプ
フレッツ 光ネクストの以下のタイプ
ファミリー・スーパーハイスピードタイプ 隼
ファミリー・ハイスピードタイプ
ファミリータイプ
集合住宅フレッツ 光ネクストの以下のタイプ
ギガマンション・スマートタイプ
マンション・ギガラインタイプ
マンション・ハイスピードタイプ
マンションタイプ
フレッツ 光ネクストの以下のタイプ
マンション・スーパーハイスピードタイプ 隼(ひかり配線方式)
マンション・ハイスピードタイプ(ひかり配線方式)
マンションタイプ(ひかり配線方式/VDSL方式/LAN方式)
適用期間2年単位(2年ごとに自動更新)2年単位(2年ごとに自動更新)
適用条件・2年間契約すること
・更新月以外で解約した場合、以下の解約金が発生する
戸建て:9,500円
集合住宅:1,500円
・2年間契約すること
・更新月以外で解約した場合、以下の解約金が発生する
戸建て:10,000円
集合住宅:7,000円

※表示価格は、すべて税抜 ※1.月額料金(プロバイダ利用料を除く)からの割引 ※2.プランによって異なる
参照:NTT東日本「にねん割」「「にねん割」の更新月の見直しについて」NTT西日本「光はじめ割」「光はじめ割対象サービスの月額利用料・解約金等について」

なお、NTT東日本/NTT西日本のサービス提供地域は以下のようになっているので、フレッツ光を利用予定のエリアに対応するキャンペーンをご覧ください。

■NTT東日本のサービス提供地域 → にねん割

北海道、青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、新潟県、山梨県、長野県

■NTT西日本のサービス提供地域 → 光はじめ割

富山県、石川県、福井県、岐阜県、静岡県、愛知県、三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県、鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県、徳島県、香川県、愛媛県、高知県、福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県

上で示したように、「にねん割」も「光はじめ割」も、プロバイダ利用料金を除く月々の利用料から一定金額が割り引かれます。

対象サービスを契約するだけで割引が適用されるため、不要なオプションに加入する必要がありません。

月々の割引金額は高額ではありませんが、

  • 確実に割り引かれること
  • 利用する期間中、ずっと割り引かれること

から、余計な手間をかけずに確実にお得をゲットしたいという人にぴったりです。

ただし、「にねん割」と「光はじめ割」では、次にご紹介する点において割引のシステムに違いがあります。  

2つの割引システムに違いがある点に注意

NTT東日本の「にねん割」は、フレッツ光を申し込んだときからずっと同じ金額が割り引かれます。

一方、NTT西日本の「光はじめ割」は、フレッツ光を申し込み後2年間の割引金額と3年目以降の割引金額に違いがあります。

「光はじめ割」は、戸建て向けプランも集合住宅向けプランも3年目以降の割引金額のほうが大きくなっているので、3年以上利用するとよりお得になるというシステムです。

また、最初の2年間を比べてみても、

  • NTT東日本の「にねん割」
    • 戸建て:16,800円割引/2年間
    • 集合住宅:2,400円割引/2年間
  • NTT西日本の「光はじめ割」
    • 戸建て:26,400円/2年間
    • 集合住宅:8,400円~13,200円/2年間

と、「光はじめ割」のほうがお得になっています。

2年ごとの自動更新なので解約金にも注意

「にねん割」も「光はじめ割」も、2年間の利用が条件となっています。

携帯電話によく見られるシステムと同じように、2年が経過すると、解約しない限り契約は自動更新され、以降も2年単位で自動更新されます。

そして、2年ごとに設定されている更新月以外に解約すると、1,500円~10,000円の解約金が発生してしまうため、解約する際には注意が必要です。

ただし、更新月以外であっても、たとえば引っ越し先がフレッツ光の提供されていないエリアである場合など、解約金が発生しないケース(※)もあります。

NTT西日本「光はじめ割対象サービスの月額利用料・解約金等について」で確認できます。

おすすめ2:プロバイダにこだわらないならムダなくキャッシュバック

NTTの代理店であるブロードバンドナビ株式会社が実施しているキャッシュバックキャンペーンは、法人や個人事業主だけでなく、個人契約の場合でも適用されるサービスがあるのが特徴です。

そのうえ、余計なオプション加入の必要がないのも、嬉しいポイント。

個人契約でキャッシュバックを受け取るには、フレッツ光と同時にプロバイダ(Yahoo!BBまたは楽天BB)を契約する必要があります。

しかし、NTTに直接フレッツ光を申し込む場合もプロバイダは別途(あるいはセットで)契約の必要があります。

そのため、プロバイダにこだわりがなければ、特に問題とはならないでしょう。

一方、どうしてもYahoo!BBまたは楽天BB以外のプロバイダを利用したい場合、残念ながらこのキャンペーンは利用できません。

適用サービスとキャッシュバック金額は、以下をご覧ください。

なお、NTT東日本とNTT西日本では適用サービスの内容やキャッシュバック金額が若干異なりますが、個人向けについてはいずれも同じです。

NTT東日本エリア向けキャッシュバック内容

ブロードバンドナビ「フレッツ光キャッシュバック | 東日本エリア」
画像引用:ブロードバンドナビ「フレッツ光キャッシュバック」

NTT西東日本エリア向けキャッシュバック内容

ブロードバンドナビ フレッツ光キャッシュバック
画像引用:ブロードバンドナビ「フレッツ光キャッシュバック」

このキャンペーンはブロードバンドナビが独自に行っているため、フレッツ光の「にねん割」や「光はじめ割」は通常通り申し込むことができます。

つまり、NTTに直接申し込むより、キャッシュバック分お得になるということですね。

ですが、キャンペーンを利用するに当たって、こまごまとした注意点もあります。

キャッシュバックをちゃんと受け取るために、しっかりと確認しておきましょう。

キャッシュバックを受けとるための注意点

このキャンペーンでキャッシュバックを受け取るためには、以下の条件を満たす必要があります。

キャッシュバック受け取りの条件

  • キャンペーン申込日から120日以内に開通すること
  • フレッツ光開通工事日から60日以内に到着するよう工事完了証明書類(工事料金等内訳書)を送付すること
    (FAX送信、またはPDF・画像データをメール送信)
  • フレッツ光+プロバイダを12か月以上継続利用すること

このキャンペーンは、12か月以上の継続利用が条件となっているため、12か月以内に解約した場合はキャッシュバック相当額を請求されてしまうので、注意してください。

また、12か月経てば解約しても大丈夫、と思ってしまいがちですが、「にねん割」や「光はじめ割」を同時に申し込んでいる場合は2年以内に解約すると解約金が発生します。

最低でも2年間は継続利用することが、一番のお得につながるというわけですね。

キャッシュバックの受取方法

工事完了証明書類がブロードバンドナビに到着した時点を1か月目とし、3か月目の下旬に申し込み時のプランの利用が確認できれば、キャッシュバック額相当の郵便為替が送られてきます。

その郵便為替に記名・捺印のうえ、最寄りの郵便局で換金すれば、キャッシュバック完了です。

フレッツ光以外のおすすめの光回線

青い貯金箱とパソコンを見ながらガッツポーズする女性

ここまで、フレッツ光のお得なキャンペーンについてご紹介しました。

でも、

  • 思ったほどお得なキャンペーンがなかった!
  • フレッツ光以外にも安く利用できる光回線ってないのかな?

そう思われた人もいるのではないでしょうか?

また、docomoやau、ソフトバンクの携帯電話を利用している場合、スマホとのセット割引のないフレッツ光は、はっきり言ってあまりお得とは言えません。

そこで、ここからは、フレッツ光以外の光回線の中から、おすすめをご紹介します。

  • docomo/au/ソフトバンクのスマホを使っている人
  • 評価の高い回線を探している人

は、ぜひチェックしてくださいね。

docomo/au/ソフトバンクのスマホユーザーの場合

docomoやau、ソフトバンクのスマホとのセット割引が受けられる光回線を選ぶと、トータルで見た場合の月額料金がお得になります。

キャッシュバックなどのキャンペーンは一時的なものですが、スマホとのセット割引は毎月適用されるので、永く利用すればするほどお得になるとも言えます。

代表的なものと言えば、やはり ドコモ光auひかり /SoftBank光でしょう。

ドコモ光とSoftBank光は、フレッツ光の回線を利用する光コラボレーション(光コラボ)です。

回線の品質はフレッツ光と同等なので、フレッツ光を検討していた人にはおすすめです。

一方、auひかりは独自の回線を使用しており、戸建ての場合は下り最大10Gbps(※)、マンションの場合は下り最大100Mbpsが特徴です。

※「auひかりホーム10ギガ」と「auひかりホーム5ギガ」は、東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県の一部エリアのみの提供です(2018年8月現在)

戸建てに住んでいる人は高速通信をぞんぶんに楽しむことができますね。

大手キャリアの光回線のセット割を比較

なお、ドコモ光とSoftBank光では、ネット回線のみの契約でスマホとのセット割引が適用されます。

auひかりではネット回線と光電話をセットで契約した場合にスマホとのセット割引が適用されます。

そのため、固定電話を必要としないauスマホユーザーには、あまりお得感を感じられないかもしれません。

ただし、1,000円/月割引となる料金プランを利用していれば、500円/月の電話利用料金を支払っても、差し引き500円/月がお得になります。

もちろん、家族のスマホ10台までが対象となるので、家族もauユーザーであればさらにお得になります。

では、ドコモ光/auひかり/SoftBank光のサービス内容を下表にまとめたので、ご覧ください。

ドコモ光auひかりSoftBank光
速度下り最大1Gbps戸建て:下り最大10Gbps(※1)
マンション:下り最大100Mbps
下り最大1Gbps
月額料金戸建て:5,200円(タイプA)(※2)
マンション:4,000円(タイプA)(※2)
戸建て:5,100円(1年目)
5,000円(2年目)
4,900円(3年目以降)(※3)
マンション:3,800円
戸建て:5,200円(※4)
マンション:3,800円(※5)
スマホとのセット割引「ドコモ光セット割」が適用され、docomoスマホ利用料金が100円~1,800円割引(※6)光電話(500円/月)とセットで申し込むと、「auスマートバリュー」が適用され、家族のauスマホ利用料金が500円~2,000円/月割引(最大10台まで)(※7)「おうち割 光セット」が適用され、家族のソフトバンクスマホ利用料金が1,000円/1台割引(永年、最大10台まで)

※表示価格はすべて税抜 ※1.10Gbps、5Gbpsのプランは、東京・神奈川・埼玉・千葉の一部エリアのみ提供 ※2.2年間の継続契約。2年未満で解約時、解約金13,000円(戸建て)、8,000円(マンション) ※3.ホーム1ギガプランで「ずっとギガ得プラン」適用時(3年継続契約)。3年未満で解約時、契約解除料15,000円 ※4.ファミリー・ギガスピード/ファミリー・ハイスピード/ファミリーの各タイプ(東日本エリア)、ファミリー・スーパーハイスピード/ファミリー・ハイスピード/ファミリーの各タイプ(西日本エリア)の2年自動更新プランの場合。2年未満で解約時、解除料9,500円 ※5.マンション・ギガスピード/マンション・ハイスピード/マンションの各タイプ(東日本エリア)、マンション・スーパーハイスピード/マンション・ハイスピード/マンションの各タイプ(西日本エリア)の2年自動更新プランの場合。2年未満で解約時、解除料の9,500円 ※6.料金プランによって異なる ※7.割引額・期間は、スマホの料金プランによって異なる
参照:NTTドコモ「料金プラン」auひかり「世界最速 超ひかり」「auひかり ホーム」「auひかりマンション」「auスマートバリュー」ソフトバンク「SoftBank 光(光回線)料金・価格」「おうち割 光セット」

なお、auスマホの場合は、 auひかり の他にもSo-net光や、このあと紹介するの eo光 でもセット割引が適用されます。

また、ソフトバンクスマホの場合は、後述の NURO光 でもセット割引となります。

くわしくは、「関東・東海・関西で利用するならNURO光/eo光」の章で説明します。

SoftBank光なら費用負担なく乗り換え可能!

SoftBank光では、他社の解約に伴う違約金と撤去工事費を最大10万円まで還元してくれる

を実施しています。

今利用している光回線の解約手数料のために乗り換えタイミングを計ったりすることなく、いつでも乗り換えられますね。

関東・東海・関西で利用するならNURO光/eo光

光コラボはユーザーの多いフレッツ光回線を使用しているため、回線が混雑し、時間帯によってかなり速度が低下するというデメリットもあります。

そのデメリットを持ちにくいのが、地域限定の光回線です。

なかでも下記の光回線は安定した速度やしっかりとしたサポート体制などで高評価を得ています。

  • 関東・東海・関西で利用できる「NURO光
  • 関西で利用できる「eo光

NURO光は下り最大2Gbps/上り最大1Gbpsの高速通信が特徴であるにもかかわらず、月額利用料金が比較的安価なのも人気のポイントです。

キャリアスマホとのセット割が利用できる

また、 eo光 も上り下り最大1Gbpsのコース(ホームタイプ/メゾンタイプ)を提供しています。

さらに、いずれもオプションの光電話を申し込めば、NURO光はソフトバンクスマホと、eo光はauスマホとのセット割引が適用されます。

利用しているスマホに合わせて選ぶのも良いですね。


画像引用: ソフトバンク「おうち割 光セット」


画像引用:eo「eo光×au「auスマートバリュー」」

加えて、eo光は光電話が月額0円で利用できるのも見逃せません。

NURO光とeo光のサービス内容比較

NURO光 とeo光のサービス内容については下表にまとめていますので、ご覧ください。

NURO光eo光
提供エリア関東1都6県 (東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬)(※1)大阪・京都・兵庫・奈良・滋賀・和歌山・福井の7府県の一部エリア(※2)
東海4県 (愛知、静岡、岐阜、三重)(※1)
関西2府3県 (大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良)(※1)
速度下り最大2Gbps/上り最大1Gbps下り最大1Gbps/上り最大1Gbps
月額料金戸建て:4,743円(※3)
マンション:1,900円~2,500円(※3、4)
戸建て:4,953円(※5)
マンション:3,524円(※6)
スマホとのセット割引NURO光でんわ(関東:500円/月、東海・関西:300円/月)とセットで申し込むと「おうち割 光セット」が適用され、家族のソフトバンクスマホ利用料金が1,000円/1台割引(永年、最大10台まで)eo光電話(0円/月(※7))とセットで申し込むと、「auスマートバリュー」が適用され、家族のauスマホ利用料金が500円~2,000円/月割引(最大10台まで)(※8)

※表示価格はすべて税抜 ※1.NURO光が利用可能かは公式サイトで検索可能 ※2.eo光が導入済のマンションは「導入マンション検索ページ」から検索可能 ※3.2年間の継続契約。2年未満で解約時、契約解除料9,500円 ※4.同一マンション内での契約数により異なる ※5.「標準工事費分割払い」および「即割」適用時。1年未満で解約時、解約精算金12,000円、1年以上2年未満で解約時、解約精算金6,000円 ※6.VDSL方式/モデルレンタルプラン ※7.別途、eo光多機能ルーター(eo光電話アダプター)利用料286円/月が必要 ※8.割引額・期間はスマホの料金プランにより異なる
参照:NURO 光「光回線のインターネット料金プラン」「NURO 光 for マンション」「NURO 光 でんわ」ソフトバンク「おうち割 光セット」eo光「各種料金一覧」「コース案内・初期費用」「auスマートバリュー」「eo光電話(戸建て向け)」「eo光電話(マンション向け)」「サービス提供エリア」

まとめ

最後にここまでの内容をおさらいします。

フレッツ光のキャンペーン

  • NTT主催
    • にねん割(NTT東日本):2,400円~16,800円/2年間
    • 光はじめ割(NTT西日本):8,400円~30,960円/2年間
  • 代理店(ブロードバンドナビ)主催
    • キャッシュバックキャンペーン:5,000円~8,000円

フレッツ光以外のおすすめ光回線

  • docomoスマホを使っているなら
    ドコモ光
  • auスマホを使っているなら
    → auひかり
  • ソフトバンクスマホを使っているなら
    → ソフトバンク光
  • 関東/東海/関西でソフトバンクスマホを使っているなら
    → NURO光
  • 関西でauスマホを使っているなら
    → eo光

フレッツ光もその他の光回線も、かしこく選んでお得に利用しましょう!

※当サイトに掲載している情報は、万全の保証をいたしかねます。
機器、サービスの価格、スペック等の詳細情報は、必ず各公式サイトでご確認ください。

【完全版】自分に合った格安SIMが見つかる!

【28社比較】おすすめのWiMAXプロバイダはこれ!