Menu

OCN光とOCN 光 with フレッツって何が違うの?転用のメリットと注意点を解説

疑問を持ちながらYESとNOの札を持つ女性

OCNのプロバイダでインターネットを使うに当たり、「OCN光 withフレッツ」と「OCN光」の違いはわかりにくいですよね。

結論から言うと、「OCN光 withフレッツ」はフレッツ光の光回線で利用できるOCNのプロバイダサービスで、「OCN光」はOCNのプロバイダとフレッツ光の光回線をセットにして、月額料金を安く設定しているサービスです。

  • OCN光とOCN光 withフレッツのどちらを利用するべきか悩んでいる
  • OCN光の契約方法をくわしく知りたい

以上2つの悩みを持っている人のため、この記事では

  • OCN光 withフレッツとOCN光の違い
  • フレッツ光からOCN光に乗り換える方法

についてくわしく解説します。

それぞれわかりやすくまとめているので、ぜひご覧ください。

※以降、本記事内での金額表記はすべて税抜とします

OCN光とOCN 光 with フレッツの違い

パソコンを見ながら考える男性

OCN光とOCN光withフレッツにおける大きな違いは、

  • 回線設備はそのままでの、プロバイダの変更可否
  • 月額料金

主に以上の2点です。

「OCN光」も「OCN光withフレッツ」も、「フレッツ光の光回線」と「OCNのプロバイダサービス」の組み合わせによるサービスであることは共通しています。

「OCN光withフレッツ」では速度や料金などに不満が生じた際、必要に応じてプロバイダを解約し、回線設備はそのままでプロバイダだけを変更できます。

しかし「OCN光」はフレッツ光の回線とOCNが完全にセットになっていて、プロバイダの変更ができません。つまり将来的にプロバイダをOCNからBIGLOBEやSo-netなどの他社に変更する可能性がある人は、要注意です。

気になる月額料金は、実際に比べれば一目瞭然です。

「OCN光withフレッツ」と「OCN光」の月額料金を比較し、以下の2つの表にまとめました。

戸建住宅
月額料金
OCN光(全国共通)5,100円(2年自動更新型)
OCN光withフレッツ(NTT東日本)6,100円(にねん割、ギガ推し!割引適用)
OCN光withフレッツ(NTT西日本)5,400円(光はじめ割適用)
集合住宅
月額料金
OCN光(全国共通)3,600円(2年自動更新型)
OCN光withフレッツ(NTT東日本)4,550円(8世帯以上向け・プラン1、にねん割、ギガ推し!割引適用))
OCN光withフレッツ(NTT西日本)4,060円(8世帯以上向け・プラン1、光はじめ割適用)

※表内の金額はすべて税抜きです。
※2018年5月現在の情報です。
※キャンペーンなど、時期により記載の金額から変更になることがあります。最新の情報はNTTコミュニケーションズ公式サイトでご確認ください。
参照:(NTTコミュニケーションズ)「料金(OCN光)」
参照:(NTTコミュニケーションズ)「OCN 光withフレッツ」

比較結果からわかる通り、「OCN光withフレッツ」よりも「OCN光」の方が月額料金は安価です。

年間の総額では戸建住宅の場合、OCN光では「OCN光withフレッツ」と比べて最大12,000円(税抜)、集合住宅では最大11,400円ほど、OCN光のほうがお得に使えます。

今から新規契約するならOCN光

パソコンを開きながら考え事をする女性

もしも将来的にOCN以外のプロバイダを利用する可能性がなく、今から新規で契約するならOCN光を選びましょう。

前項で解説したとおり「OCN光withフレッツ」よりも「OCN光」を選んだほうが、月額料金は年間最大12,000円もお得になるからです。

「OCN光」ではなく「OCN光withフレッツ」を選ぶべき人は、通信速度や月額料金の設定に不満を持って他のプロバイダに移る可能性がある人のみです。

「OCN光」を一度契約すると、解約してから新規契約をし直さない限り、「 ドコモ光 」など他のフレッツ光を使ったインターネットサービスや「フレッツ光と他社プロバイダ」の組み合わせでの契約はできません。

フレッツ光からOCN光への「転用」

現在既にフレッツ光を契約している人は、「転用」という手続きを行ってフレッツ光からOCN光に契約先を変更できます。

ここからは「転用」の詳細やメリット・デメリット、そしてOCN光にあまり魅力を感じなかった人のため、他のおすすめの乗り換え候補も合わせて解説します。

「転用」とは

フレッツ光(OCN光withフレッツなど)を契約している人が、今宅内に設置されている回線設備はそのままで契約先だけを変更することを「転用」と言います。

OCN光に限らず、「ドコモ光」や「 ソフトバンク光 」などフレッツ光の光回線を使用しているインターネットサービスへは転用が可能なケースがたくさんあります。

フレッツ光からOCN光への転用に必要なもの(情報)は、以下の7点です。

用意してから、手続きを始めましょう。

フレッツ光からOCN光への転用に必要なもの(情報)

  • フレッツ光のお客さまIDまたはひかり電話番号
  • フレッツ光の契約者名
  • フレッツ光の利用場所住所
  • フレッツ光の利用料金の支払い方法・関連情報
  • 有効期限が10日以上残っている転用承諾番号
  • OCN契約中の場合、お客様番号(OCNマイページに記載)かOCNメールアドレス
  • 契約者名や連絡先、住所の情報

OCN光への転用の流れを、かんたんに以下にまとめました。

1. 「転用承諾番号」を取得する(NTT東日本: https://flets.com/app4/input/index/?link_id=out_fdhikari_top_0004、NTT西日本: https://flets-w.com/collabo/?link_id=out_fdhikari_top_0005)

2. OCN光公式サイトよりOCN光の契約手続きをする

3. NTTコミュニケーションズから「OCN会員登録証のご案内」の書類が届く

4. 「OCN光withフレッツ」を今まで使っていなかった人は、OCNから届いた書類を元にパソコンやルーターに保存されたプロバイダ情報をOCN光用のものに変更する

以上の流れで、転用は完了です。

転用のメリット・デメリット

現在OCN光withフレッツなどフレッツ光+プロバイダのサービスを契約している人が転用する場合、メリット・デメリットがそれぞれ存在します。

くわしく解説するので、転用を考えている方は参考にしてください。

転用のメリットは工事が不要で工事費もかからないこと

現在OCN光withフレッツ等を契約している人が転用をせずにOCN光へ乗り換える場合は、一度現在の契約を解約してから再度OCN光を新規契約しなければいけません。

たとえばNTT東日本(にねん割適用時)だと契約から25~26ヶ月目以外など、フレッツ光の契約が満了していないタイミングで解約をすると戸建住宅では9,500円、集合住宅は1,500円の解約金がかかってしまいます。
参照:NTT東日本|料金(戸建向け)

さらにOCN光は、新規契約だと以下の表のように初期費用がかかります。

戸建住宅工事費18,000円
集合住宅工事費15,000円
初期費用3,000円

※表内の金額はすべて税抜きです。
※2018年5月現在の情報です。
※キャンペーンなど、時期により記載の金額から変更になることがあります。最新の情報はNTTコミュニケーションズ公式サイトでご確認ください。
参照:(NTTコミュニケーションズ)「料金(OCN光)」

合計で最大30,000円程度もの費用がかかってしまい、負担が大きいことがわかるでしょう。

OCN光新規契約時の工事費は一括払いだけでなく30回分割も選べますが、もし分割支払時に残債が残っているタイミングで解約するとその分違約金も高くなってしまいます。

しかしもしもフレッツ光からOCN光へ「転用」するなら、契約時にかかる費用は最大速度の変更がない限り事務手数料3,000円のみとなるのです。
参照:OCN光 料金

最大で10分の1程度にまで費用を節約できるのが、新規契約ではなくフレッツ光の設備はそのままでの「転用」を選択するメリットです。

転用のデメリットは手続き時に必要な「転用承諾番号」取得の手間

OCN光へ転用で乗り換えるデメリットは、契約の際にNTTの公式サイトなどから転用承諾番号を入手する手間がかかることです。

工事やフレッツ光の解約金が不要なことを考えると大きなデメリットではありませんが、転用承諾番号の発行手続きがわずらわしいと感じる方もいるでしょう。

転用承諾番号の発行手続きは、フレッツのIDや住所などの情報を用意してからフレッツ光の専用Webサイト(NTT東日本・NTT西日本)で必要事項を入力して行います。

手続きはWeb上で行えますし、あなたが想像するよりも簡単に完了できます。

しかし乗り換え後は月額料金を節約できるので、よりお得にインターネットを利用したいのであれば少々手間のかかる手続きであることを踏まえても転用を行うのがおすすめです。

また新規契約の場合は開通工事というより時間も手間もかかる工程が必要になってしまうので、総合的には転用のほうが楽になります。

フレッツ光からの乗り換えでOCN光よりもおすすめな光回線

わからない弟リスのイラスト
OCN光以外にもインターネット回線っていっぱいあるよね?OCN光以外にもっとおすすめなのってないの?

最後に、フレッツ光から乗り換えるにあたりおすすめとなるOCN光以外の光回線サービスについて解説します。

「スマホ代も含めた月額料金の節約」と「通信速度の速さ」、それぞれのどちらを重視するかで、おすすめとなる光回線は変わります。

順番に解説するので、OCN光以外の契約に抵抗がない方は合わせて参考にしてください。

スマホのセット割重視なら、auひかりやドコモ光、ソフトバンク光

スマートフォンのセット割を利用したい場合おすすめなのはauひかりドコモ光 、そしてソフトバンク光NURO光 (東名阪エリア限定)です。

まずはそれぞれの月額料金を、OCN光と比較して表にまとめたので、ご覧ください。

戸建住宅
月額料金
OCN光(全国共通)5,100円(2年自動更新型)
auひかり(ずっとギガ得プラン)1年目:5,100円
2年目:5,000円
3年目:4,900円
ドコモ光(プロバイダ:OCN)5,400円
ソフトバンク光(2年契約)5,200円
NURO光4,743円
集合住宅
月額料金
OCN光(全国共通)3,600円(2年自動更新型)
auひかり(マンションギガ)4,050円
ドコモ光(プロバイダ:OCN)4,200円
ソフトバンク光(2年契約)3,800円
NURO光4,743円

※表内の金額はすべて税抜きです。
※2018年5月現在の情報です。
※キャンペーンなど、時期により記載の金額から変更になることがあります。最新の情報は公式サイトでご確認ください。
参照:(au)「料金・割引:光ファイバー auひかり」
参照:(docomo)「料金プラン|ドコモ光|NTTドコモ」
参照:(ソフトバンク)「光回線でネットが速い!SoftBank 光(ソフトバンク光)」
参照:(NTTコミュニケーションズ)「料金(OCN光)」
参照:(ソニーネットワークコミュニケーションズ)「NURO光」

比較してみると、月額料金設定は戸建住宅における auひかり の2年目以降や NURO光 を除いてOCN光の方が安価であることがわかりました。

しかしここからスマホのセット割が適用されるので、表にまとめた時点ではOCN光より高額な光回線でも、それぞれに対応するスマホを契約している対象者なら、スマホ+光回線の月額料金はOCN光よりも安くなります。

それぞれのスマホセット割における割引額と対象回線数をまとめたので、ご覧ください。

割引内容
auひかりau回線毎月最大2,000円引き(最大10回線)
ドコモ光ドコモ回線毎月最大3,500円引き(1つのパケットパックのみ)
ソフトバンク光、NURO光ソフトバンク回線毎月最大1,000円割引(最大10回線)

※表内の金額はすべて税抜きです。
※2018年5月現在の情報です。
※キャンペーンなど、時期により記載の金額から変更になることがあります。最新の情報は公式サイトでご確認ください。
参照:(au)「auスマートバリュー」
参照:(docomo)「料金プラン|ドコモ光|NTTドコモ」
参照:(ソフトバンク)「光回線でネットが速い!SoftBank 光(ソフトバンク光)」

auひかりは家族の回線も含めて、毎月最大20,000円(2,000円×10回線)もの割引を受けられます。 ソフトバンク光 は、最大10,000円(1,000円×10回線)の割引です。

それに対して、 ドコモ光 はセット割対象になる回線が主回線の1つのみです。

ドコモ光のセット割を紹介するWebサイトでは、複数人でパケットをシェアする「シェアプラン」への割引適用のことを、「複数人分の回線に対して割引を適用することが可能」という見せ方をしていることが多いです。

このため勘違いしやすいのですが、実際お得になる総額で言うとau・ソフトバンクには負けてしまいがちです。

なお、シェアパックに加入しているけど支払いは別々でしている場合など、「少額でもいいから割引額を家族で分けたい」という家族もいると思います。

この場合は「シェアパック分割請求オプション」を利用すれば、割引適用後の料金が均等に分けて請求されます。
参照:(docomo)「提供条件書[ドコモ光パック]」

ちなみにドコモ光の1人用プランである月額6,000円の「ウルトラデータLLパック」だと割引額は月々1,400円。

30GBの容量を複数人でシェアできる月額13,500円の「ウルトラシェアパック30」なら2,500円の割引を受けられます。

対象となる光回線サービスとスマートフォンの契約を組み合わせて、月額料金を削減しましょう。

速度重視ならNURO光(関東、関西、東海のみ)

OCN光は最大1Gbpsの光回線サービスですが、関東や東海、そして関西でのみ契約できる NURO光 なら下り最大2Gbpsとより高速で通信できます。

オンラインゲームをする、高画質な動画を再生するなどの理由から通信速度を何よりも重視する方は、NURO光を検討しましょう。

NURO光のメリットは速度だけではなく、月額料金も戸建住宅ならOCN光より357円以上安価です。

そしてNURO光の月額料金は入会キャンペーンを利用すれば1年目は月額2,980円になり、戸建住宅だけでなく集合住宅でもOCN光より安上がりになります。
参照:(NURO光)「NURO 光 の料金プラン詳細」

戸建住宅
月額料金
NURO光4,743円(キャンペーン適用時1年目2,980円)
OCN光(全国共通)5,100円(2年自動更新型)
集合住宅
月額料金
NURO光4,743円(キャンペーン適用時1年目2,980円)
OCN光(全国共通)3,600円(2年自動更新型)

※表内の金額はすべて税抜きです。
※2018年5月現在の情報です。
※キャンペーンなど、時期により記載の金額から変更になることがあります。最新の情報は公式サイトでご確認ください。
参照:(NURO光)「NURO 光 入会キャンペーン」
参照:(NTTコミュニケーションズ)「料金(OCN光)」
参照:(NTTコミュニケーションズ)「OCN 光withフレッツ」

安さと速さを重視していて対応エリア内に住んでいる人は、OCN光でなくNURO光 も合わせて検討してみましょう。

まとめ

最後に、ここまでの内容をおさらいします。

  • OCN光は後からプロバイダを他社に変更できない代わりに、月額料金がOCN光withフレッツより安い
  • 既にフレッツ光を契約している人は、事務手数料3,000円のみの支払いでOCN光に「転用」できる
  • OCN光にこだわりがないなら、スマホのセット割に対応するauひかりやドコモ光、ソフトバンク光や、速度が下り最大2Gbps対応で高速なNURO光もおすすめ

また、OCN光withフレッツとOCN光の金額は以下の通りでした。

戸建住宅
月額料金
OCN光(全国共通)5,100円(2年自動更新型)
OCN光withフレッツ(NTT東日本)6,100円(にねん割、ギガ推し!割引適用)
OCN光withフレッツ(NTT西日本)5,400円(光はじめ割適用)
集合住宅
月額料金
OCN光(全国共通)3,600円(2年自動更新型)
OCN光withフレッツ(NTT東日本)4,550円(8世帯以上向け・プラン1、にねん割、ギガ推し!割引適用))
OCN光withフレッツ(NTT西日本)4,060円(8世帯以上向け・プラン1、光はじめ割適用)

※表内の金額はすべて税抜きです。
※2018年5月現在の情報です。
※キャンペーンなど、時期により記載の金額から変更になることがあります。最新の情報はNTTコミュニケーションズ公式サイトでご確認ください。
参照:(NTTコミュニケーションズ)「料金(OCN光)」
参照:(NTTコミュニケーションズ)「OCN 光withフレッツ」

現在フレッツ光をOCN光withフレッツで契約している人も、これから光回線サービスを契約予定の方も、ぜひ今回の記事を参考に契約先を検討してみてください!

※当サイトに掲載している情報は、万全の保証をいたしかねます。
機器、サービスの価格、スペック等の詳細情報は、必ず各公式サイトでご確認ください。

【完全版】自分に合った格安SIMが見つかる!

【28社比較】おすすめのWiMAXプロバイダはこれ!