Menu

「フレッツ光からSo-net光への転用」ってどういうこと?メリットと注意点を解説

フレッツ光からso-net光へ転用しよう

フレッツ光からSo-net光への転用とは、フレッツ光契約時に自宅に設置された回線設備はそのままで、契約先をSo-net光に乗り換えることです。

So-net光はフレッツ光とプロバイダのSo-netをまとめて契約できて、さらに値段も別々に契約していたときよりも安くなるという注目のサービスです。

そのため、現在フレッツ光を契約していて、フレッツ光からSo-net光への転用について検討している人も増えてきています。

もしあなたが、以下のような悩みを抱えているなら、この記事を読みましょう。

  • So-net光に乗り換えて今よりもっと月額料金を安くしたいが、転用とはなんなのかわからない
  • 転用は難しくないのか、余計な違約金や工事費がかからないのか知りたい
  • フレッツ光からSo-net光へ転用を検討しているが、他にもっと良いネット回線があるのでは?と思っている

読み終えれば、

  • 転用のメリットやデメリットを理解し、転用するかどうかを決められる
  • So-net光以外も含めて、フレッツ光からの最適な乗り換え先を理解できる

以上のように疑問を解消できます。

フレッツ光を契約していて、So-net光などへの乗り換えを検討している人はぜひ参考にしてください。

※以降、本記事内での金額表記はすべて税抜とします

フレッツ光からSo-net光への「転用」とは

黒板に書かれたハテナとひらめきマークの前に立つパソコンを持った男性

フレッツ光からSo-net光への「転用」とは、現在フレッツ光を契約していて宅内に設置されているONUや光電話のルーターなどの回線設備は全てそのままで契約先をSo-net光に乗り換えることです。

So-net光は、フレッツ光の光回線とSo-netのプロバイダ、そしてSo-net光独自のキャンペーン割引や特典がセットになったサービスです。

フレッツ光ユーザーなら、So-net光への乗り換え後も使用する光回線の設備が同じであるため、工事不要でSo-net光に契約先を「転用」できます。

転用には契約時にNTTへの電話やホームページからの手続きにより取得した「転用承諾番号」が必要になります。

転用は工事費や工事の手間を大幅に節約できるメリットがありますが、いくつか注意しておきたいデメリット・注意点もあるのでしっかり理解してから手続きを始めましょう。

次項よりメリット・デメリットをそれぞれ解説します。

転用に関する疑問を解消!転用するメリット・デメリットは?

フレッツ光からSo-net光に転用する際によくある以下の疑問を解消します。

  • 転用の際も工事は必要?工事費がかかる?
  • フレッツ光の違約金はかかる?
  • キャンペーン内容や月額料金は変わってしまうの?
  • 通信速度はフレッツ光とSo-net光で共通している?

疑問を解消し、So-net光へ転用するかどうかをじっくり検討しましょう。

転用なら工事作業や通常24,000円の工事費が不要

フレッツ光からSo-net光に転用する場合、基本的に工事は不要です。

転用手続きをすれば、数日後に転用完了の書類が届いて手続きは完了となります。

工事が不要なため、工事費もかかりません。

So-net光を新規契約する場合と転用でフレッツ光から乗り換える場合における、初期費用の違いを以下の表にまとめました。

新規契約転用
通常回線工事費24,000円(800円×30ヶ月)0円
事務手数料800円1,800円

※表内の金額はすべて税抜きです。
※2018年5月現在の情報です。
※キャンペーンなど、時期により記載の金額から変更になることがあります。最新の情報は「So-net 光 コラボレーション 料金」でご確認ください。

So-net光は通常24,000円の工事費がかかりますが、フレッツ光からの転用なら0円です。

ただし代わりに事務手数料は1,800円に上がるので、注意しておきましょう。

転用時はフレッツ光の違約金がかからない

フレッツ光では、NTT東日本エリアなら「にねん割」、NTT西日本エリアでは「光はじめ割」を適用して契約していた場合に契約期間満了の翌月・翌々月以外に解約すると以下の違約金がかかります。

戸建住宅集合住宅
NTT東日本9,500円1,500円
NTT西日本10,000円7,000円

※表内の金額はすべて税抜きです。
※2018年5月現在の情報です。
※キャンペーンなど、時期により記載の金額から変更になることがあります。最新の情報はNTT東日本NTT西日本の公式サイトでご確認ください。

しかしフレッツ光を解約せずSo-net光に転用するなら、違約金が発生しません。一度解約してからSo-net光を新規契約すると違約金が発生してしまうので、現在フレッツ光を契約しているなら転用で乗り換えたほうが違約金の点でもお得になるのです。

注意!転用と新規契約でキャンペーン特典が変わる

So-net光は、新規契約と転用でキャンペーンによって還元・割引される金額が異なります。

わからない弟リスのイラスト
あれ?それって転用じゃなくて新規契約したほうがお得になる可能性があるってこと?

兄リスのイラスト
そうとも限らないんだ。既にフレッツ光を契約しているなら転用を選んだほうがお得だよ。

それぞれのキャンペーン内容をまとめたので、以下をご覧ください。

新規契約者向けキャンペーン

  • ネット月額料金大幅割引キャンペーン(1~30ヶ月目、月額1,500円割引)
  • コラボ電話同時申込みで割引キャンペーン(~12ヶ月目、月額500円割引)
  • Amazonギフト券プレゼントキャンペーン(20,000円分プレゼント+30ヶ月間月額800円割引)
    参照:キャンペーン一覧|So-net 光 コラボレーション

転用キャンペーン

  • 月額料金割引キャンペーン(戸建30ヶ月間月額400円割引、マンション30ヶ月間月額100円、31~60ヶ月目月額200円割引)
  • コラボ電話同時申し込みで割引キャンペーン(1~12ヶ月目月額500円割引)
  • Amazonギフト券プレゼントキャンペーン(10,000円分プレゼント)
    参照:キャンペーン一覧|So-net 光 コラボレーション

一見、転用キャンペーンよりも新規契約者向けのキャンペーンのほうが充実して見えます。

ところが、フレッツ光を解約してからSo-net光を契約する場合には以下の費用がかかります。

So-net光 解約時にかかる費用

  • 工事費:24,000円
  • フレッツ光違約金:最大10,000円(西日本・戸建住宅)

合計で、最大34,000円(税抜)もの乗り換え費用が別途かかってしまいます。もちろん別途、フレッツ光の解約工事やSo-net光の開通工事作業も必要です。

月額料金割引のキャンペーンを戸建住宅で適用した場合の、新規契約と転用での割引の差額を表にまとめました。

割引額
新規契約45,000円(1,500円×30ヶ月)
転用12,000円(400円×30ヶ月)
差額33,000円

※表内の金額はすべて税抜きです。
※2018年5月現在の情報です。
※キャンペーンなど、時期により記載の金額から変更になることがあります。最新の情報は公式サイトでご確認ください。

上記の例では差額が33,000円となりました。新規契約をする場合に別途かかる費用や工事作業の手間を踏まえて考えると、転用できるなら転用で乗り換えたほうがお得と考えられるでしょう。

なおキャンペーン割引額の変化により、新規契約と転用で月額料金も変化します。次項でSo-net光の月額料金について解説しているので、続けてご覧ください。

So-net光は、転用と新規契約で月額料金が変わる

So-net光ではキャンペーン割引額の変化により、1~30ヶ月目の月額料金が変わります。

戸建住宅は30ヶ月目、集合住宅だと60ヶ月目までは、新規契約を選んだほうが月々の支払額が安く抑えられるしくみです。

新規契約時と転用時のSo-net光月額料金を、それぞれ表にまとめました。

新規契約時
戸建住宅集合住宅
開通月800円(事務手数料)
1~30ヶ月目4,500円(長割、大幅割引キャンペーン適用)3,400円(長割、大幅割引キャンペーン適用)
31ヶ月目以降5,200円(長割適用)4,100円(長割適用)
転用時
戸建住宅集合住宅
開通月1,800円(事務手数料)1,800円(事務手数料)
1~30ヶ月目4,800円(長割、大幅割引キャンペーン適用)4,800円(長割、大幅割引キャンペーン適用)
31ヶ月目~60ヶ月目5,200円(長割適用)3,900円(長割、So-net限定割引適用)
61ヶ月目~4,100円(長割、So-net限定割引適用)

※表内の金額はすべて税抜きです。
※2018年5月現在の情報です。
※キャンペーンなど、時期により記載の金額から変更になることがあります。最新の情報は「So-net 光 コラボレーション 料金」でご確認ください。

以上のとおり、月額料金は最終的には新規契約と転用で変わらなくなりますが、戸建住宅は30ヶ月目、集合住宅だと60ヶ月目までは、新規契約を選んだほうが月々の支払額が安く抑えられます。

なおSo-net光は、フレッツ光と違い「auスマートバリュー」にも対応しています。

auユーザーなら2年間毎月最大2,000円×最大10回線の割引を受けられるのも、見逃せないメリットです。
参照:So-net光 auスマートバリュー

注意!転用で速度が変わる場合がある

So-net光では、So-netのプロバイダとフレッツ光の光回線が使われます。

つまり転用前にSo-netを使っていたなら基本的に速度の傾向は変わらないと考えられますが、フレッツ光でOCNやBIGLOBEなどSo-net以外のプロバイダを利用していた場合は通信速度の傾向が変わる可能性があります。

現在使っている他社プロバイダの速度に不満がある場合はSo-net光への乗り換えで速度が向上する可能性もありますし、反対に満足していたのに転用後速度が下がってしまう可能性もあります。

これは地域や周辺でのインターネット利用状況など、複雑な条件によって変わるため、よくなるか悪くなるかは一概には言えないのです。

速度が変わる可能性があることについては、納得したうえで乗り換えましょう。

今から新規契約するならSo-net光

パソコンを開きながらOKサインする女性

ここまでSo-net光へ転用するメリット・デメリットをくわしく解説してきました。

次に、この章では現在インターネット回線を契約していない人向けに、新規契約時は「フレッツ光」と「So-net光」のどちらを選ぶべきかについて解説します。

引っ越ししたばかりなどの理由でインターネット回線をこれから契約予定の方は、参考にしてください。

新規でインターネット回線を開通させ、So-netのプロバイダをフレッツ光回線で使いたい場合は、以下2つの契約方法があります。

  • フレッツ光とSo-netのプロバイダを契約する
  • So-net光を契約する

どちらを契約すればいいのか悩んでいる人は、So-net光を選択するのがおすすめです。

以下の表に分割払いの工事費を含めたフレッツ光とSo-net光の月額料金の違い、そして工事費をまとめました。

フレッツ光(NTT東日本)+So-net・長割フレッツ光(NTT西日本)+So-net・長割So-net光
2年間(初月:8,700円)
6,100円
(初月:7,300円)
5,700円
4,500円
3年目以降~30ヶ月目:6,100円
31ヶ月目以降:6,000円
~30ヶ月目:5,510円
31ヶ月目以降:5,110円
~30ヶ月目:4,500円
31ヶ月目~:5,200円

※表内の金額はすべて税抜きです。
※2018年5月現在の情報です。
※キャンペーンなど、時期により記載の金額から変更になることがあります。最新の情報は公式サイトでご確認ください。
参照:(ソニー・ネットワーク・コミュニケーションズ)「So-net 光 コラボレーション 料金」
参照:(NTT東日本公式ホームページ)「フレッツ 光ネクスト ギガマンション・スマートタイプ料金」
参照:(NTT西日本公式ホームページ)「光はじめ割」

以上の通り、工事費も含めて考えると、30ヶ月間はSo-net光を選んだほうが確実に安価です。

さらにSo-net光では、auユーザーなら「auスマートバリュー」を適用し、2年間毎月最大2,000円×最大10回線の割引を受けられるため、契約者や家族がauユーザーならさらに割引額は広がります。

よって今からインターネット回線を契約するなら、So-net光を選ぶのがおすすめです。

フレッツ光からの乗り換えでSo-net光よりもおすすめな光回線

スマホとタブレットを持ちながら情報を探す男性

ここまでSo-net光への転用や新規契約について解説してきましたが、フレッツ光回線にこだわりがないなら、スマホ代の割引により月額料金をお得にできる他社光回線や、速度面での評判が良い他社回線の契約もおすすめです。

ここからは、以下の2つのパターンに分けて、おすすめの光回線を解説します。

  • 値段重視
  • 速度重視

値段重視:スマホとのセット割がある光回線

スマホとのセット割がある光回線は、主に3種類です。

スマホ契約先ごとのおすすめ回線

  • ドコモユーザー:
    • 日本全国で契約できる ドコモ光
    • 毎月最大3,500円割引
  • auユーザー:
    • 全国展開の auひかり や関西のeo光、日本各地で展開中のJCOMなどの「auスマートバリュー」対応回線
    • 2年間毎月最大2,000円×最大10回線割引
  • ソフトバンクユーザー:
    • 日本全国対応のSoftBank光・関東・東海・関西対応のNURO光
    • 永年毎月最大税抜き1,000円×最大10回線割引

※すべて税抜き金額

自分の契約しているスマホとのセット割を適用できる他社回線も検討しましょう。

速度重視:地域ごとにおすすめが異なる

速度を重視する場合、住んでいる地域によっておすすめの光回線サービスが異なります。

以下に地域ごとのおすすめ光回線をまとめたので、ご覧ください。

地域限定の光回線

関東や東海、そして関西に住んでいるなら、下り最大2Gbpsで通信できる NURO光 を選びましょう。

ちなみにNURO光は、2年契約時にプロバイダ料込みで月額4,743円と標準的な金額です。

戸建てであれば相場は5,000円前後なので、相場よりも安いと言えます。

中部や関西、中国、四国、九州では、電力会社系の光回線サービスで最大1Gbpsの高速通信ができます。

eo光の戸建住宅プランを例に挙げると、通常月額4,953円で利用できます。

東北や北海道は電力会社系の光回線サービスがないので、フレッツ光以外から選ぶ場合 auひかり がおすすめです。

たとえばauひかりの戸建住宅向けプランである「ギガ得プラン」の月額料金は、5,200円です。

まとめ

ソファーでタブレットを触る女性

最後に、ここまでの内容をおさらいします。

  • フレッツ光からSo-net光へは「転用」により、工事不要・違約金なしで乗り換えられる
  • So-net光には割引キャンペーンがあり、新規契約と転用で割引額が変わる
  • So-net光には、auユーザー向けの割引「auスマートバリュー」がある
  • So-net光は、フレッツ光からプロバイダが変わる場合は速度が変わるので注意が必要
  • So-net光にこだわりがないなら、速度が最大2GbpsのNURO光やSo-net光と同様auスマホとのセット割がある「auひかり」などの他社光回線も要検討

これからインターネット回線を契約予定の人も、今までフレッツ光を使っていた人も、ぜひSo-net光を検討してみましょう!

この記事の著者

編集

Soldi編集部

Soldi編集部は「おうちのお金をスマートに」をコンセプトにコンテンツの配信を行っています。

※当サイトに掲載している情報は、万全の保証をいたしかねます。
機器、サービスの価格、スペック等の詳細情報は、必ず各公式サイトでご確認ください。

【完全版】自分に合った格安SIMが見つかる!

【28社比較】おすすめのWiMAXプロバイダはこれ!