Menu

光コラボ間の乗り換えが気軽にできる「事業者変更(再転用)」まとめ!おすすめの光コラボはコレだ!

光コラボ間の乗り換えが気軽にできる「事業者変更(再転用)」まとめ!おすすめの光コラボはコレだ!

わからない弟リスのイラスト
兄ちゃん、気になる光コラボがあるんだけど、一度転用しちゃったから乗り換えられないよ…どうしたらいいかなぁ?

兄リスのイラスト
ちょうど良いタイミングで、光コラボ間の乗り換えが手軽にできる「事業者変更(再転用)」ができるようになったよ!

兄リスのイラスト
工事費用はかからないし、ひかり電話の電話番号を継続利用できるから、普通に乗り換えるよりもお得だよ!

わからない弟リスのイラスト
なんていいタイミング!ボク、早速「事業者変更」をしてみるよ!…ところで、どうすれば再転用ができるの?

兄リスのイラスト
それじゃあ、事業者変更のやり方やメリット、デメリットについて教えてあげるよ!

2019年7月1日より、光コラボレーションの光回線同士であれば「事業者変更(再転用)」で気軽に乗り換えられるようになりました。

今までは「解約→新規契約」の流れで手続きをする必要があった光コラボへの乗り換えが、事業者変更ができるようになったことで、新たに工事を行う必要がなく気軽に乗り換えが可能となります。

光コラボの乗り換えをすることで毎月の利用料金が安くなったりスマホとのセット割が使えるようになったり、様々なメリットがあるので光コラボの乗り換えを検討中の人にとっては朗報とも言える制度です。

ですが、事業者変更の受け付けは始まったばかりなので、どのような手続きを行う必要があるのか、デメリットや注意点はないのか、といった不安要素も多いかと思います。

また、気軽に乗り換えられるようになったといっても頻繁に変更するものでもありませんし、どうせ乗り換えるなら絶対に失敗したくないですよね。

そこでこの記事では、新たに開始された制度の「事業者変更(再転用)」についてのこんな疑問やご要望にお答えしていきます。

この記事では、こんな疑問や要望にお答えします!

  • 光コラボの事業者変更(再転用)について知りたい
  • 光コラボの事業者変更(再転用)のメリット・デメリットって何?
  • 光コラボの事業者変更(再転用)を利用して、お得にインターネットを利用したい

 現在、光コラボの光回線を利用中の人は、新たな工事を行うことなく月額料金を安くすることができる可能性があるので、ぜひ最後まで見てみてください。

 また、乗り換えにおすすめの光回線の特徴や料金プラン、乗り換えるメリットなど、お役立ち情報についても分かりやすくまとめているので、事業者変更を検討中の人は以下のリンクから気になる光コラボの光回線の詳細をご確認ください。

 まずは、光コラボの事業者変更(再転用)の詳細解説から見ていきましょう。

 「そもそも転用って何?」「光コラボって何?」といった疑問にもお答えしていくので、インターネットに詳しくない人は順番に読み進めてみてください。

[関連記事]プロバイダ20社比較!1分でわかる、おすすめプロバイダの選び方のコツ!【完全版】のサムネイル
プロバイダ20社比較!1分でわかる、おすすめプロバイダの選び方のコツ!【完全版】
「どの光回線プロバイダが自分に合っているのかわからない」といった悩みが解決!料金プランの内容が複雑すぎて「わからないことが、わからない?それは自分に最適な光回線プロバイダの選び方知らないだけです。そこで、この記事では光回線プロバイダの選び方が分からないという人に向けて、最適な光回線プロバイダの選び方を伝授していきます。
ソルディのファビコンwww.soldi.jp

目次

 光コラボの事業者変更(再転用)とは

再転用の説明画像(ドコモ光)
画像引用:他社光サービスからの切り替え(事業者変更)|NTTドコモ

 光コラボの事業者変更(再転用)は、フレッツ光回線を使っている光コラボレーション間の乗り換えであれば、新たに工事を行うことなく手数料3,000円だけで自由に乗り換えることができる制度のことです。

 事業者変更ができるようになったことで、こんなことができるようになりました。

事業者変更でできるようになったこと

  • いま使っている光コラボから他の光コラボへ乗り換えることで月額料金を安くできる
  • 携帯キャリアを乗り換えた際、セット割が使える光コラボへ乗り換えられる
  • 光コラボ独自のサービスやオプションが使えるようになる

これまでの光コラボの光回線は、一度転用をすると二度と転用ができないというデメリットがありました。

光コラボの光回線を乗り換える場合は、一旦解約をしてから新規契約をする必要があり、契約解除料+撤去工事費+新規工事費用+事務手数料という高額な費用が発生していたのです。

ですが、今回、新たに始まった「事業者変更」によって、セット割が使える光回線や月額料金が安い光コラボへ気軽に乗り換えられるようになりました。

わからない弟リスのイラスト
あれ?光回線の乗り換えって、普通は解約して新規契約するよね?普通の乗り換えと転用って何が違うの?

兄リスのイラスト
いいところに気が付いたね!転用っていうのは、フレッツ光回線の設備を流用して自分の好きな光コラボに乗り換える手続きのことを言うんだ!

わからない弟リスのイラスト
なんでいきなりフレッツ光が出てきたの?フレッツ光も光回線でしょ??

兄リスのイラスト
ちょっとややこしいよね…!わかりやすく説明するから安心してね!

そもそも「転用」って何?

転用とは、フレッツ光を使っている人が光コラボレーションの光回線へ変更する手続きのことをいいます。

通常、インターネット回線を変更する際には契約解除料や初期工事費用など、合計で30,000~40,000円程度の費用がかかってしまいます。 

ですが、フレッツ光から光コラボレーションの光回線に乗り換える場合は「転用」という専用の手続きとなり、フレッツ光の契約解除料や初期工事費用を支払わずに自分の好きな光回線に変更することができるのです。

転用をすることでのメリット・デメリットは以下の通りです。

転用するメリット・デメリット
メリットデメリット
  • フレッツ光よりも月額料金が安くなる
  • 支払いを光コラボ事業者1か所にまとめることができる
  • トラブルが起きた場合の連絡先が光コラボ事業者のみで済む
  • 光コラボ事業者が提供するオプションやサービスが利用できる
  • フレッツ光の契約解除料や新規工事費用を払わずに光コラボの光回線へ乗り換えることができる
  • フレッツ光の一部料金プランからの転用だと逆に月額料金が高くなる可能性がある
  • 住んでいる物件の配線方式の変更が必要な場合は工事費用が発生する
  • 転用承諾番号はフレッツ光の契約者でなければ取得できず、15日間しか猶予がない
  • 一度転用するとフレッツ光に戻す/他の光コラボへの再転用ができない→2019年7月1日から出来るように!

ご覧の通り、フレッツ光から光コラボへ転用をすることで月額料金が安くなったり、トラブルが起きた時の連絡先や支払いを1か所にまとめることができます。

その一方で、一度フレッツ光から光コラボへ転用をしてしまうと、その後はフレッツ光に戻したり他の光コラボへの再転用ができなかったりなど、非常に大きなデメリットがありました。

正確には、フレッツ光や他の光コラボに乗り換えること自体はできるのですが、解約をしてから新規契約をすることとなり、乗り換えにあたっての出費が非常に大きくなってしまいます。

また、光コラボへ転用を勧める販売者も、転用後の再転用ができない旨の説明をしないことも多く、トラブルの原因となっていました。

しかし、2019年7月1日からは事業者変更(再転用)によって、いままで使っていた光コラボの契約解除料が発生する可能性はあるものの、撤去工事費や新規工事費用などを支払うことなく、気軽に他の光コラボへ乗り換えられるようになったのです。

光コラボ(光コラボレーション)って何?

光コラボレーションの説明画像

この記事で何度も登場している「光コラボレーション(通称“光コラボ”)」は、光回線+プロバイダをひとまとめにして提供する販売モデルのことをいいます。

ドコモ光やソフトバンク光、So-net光プラスなどの「光」とついているインターネット回線は、すべて「光コラボ」という販売モデルで、光回線+プロバイダがセットになったパッケージを購入していることになります。

これまでは、NTT東日本/西日本が提供する「フレッツ光」と、インターネットへ接続する際に必須の「プロバイダ」の2社と契約することで、初めてインターネットへ接続することができました。 

そのため、トラブルが起きた時にNTTとプロバイダのどちらが原因であるかがわかりづらく、連絡をしてもたらい回しにされて無駄に時間がかかるという大きな問題を抱えていました。

また、NTTとプロバイダ事業者それぞれと別に契約する必要があったため、請求も別々に行われて支払いが複雑化するという難点もありました。

これらを解消すべく考案された販売モデルが「光コラボレーション」です。

光コラボレーションは、プロバイダ事業者がNTTからフレッツ光回線を仕入れて、自社のプロバイダサービスとセットにして販売しているため、支払い窓口が一本化でき、トラブルが起きた場合もプロバイダ事業者に連絡するだけで良くなったのです。

 光コラボレーションの事業者推移のグラフ画像
画像引用:「光コラボレーションモデル」における光アクセスサービスの700万件突破について|お知らせ・報道発表|NTT東日本

2018年8月時点で光コラボの光回線契約件数が700万件を突破しているので、いかに光コラボというモデルが人気であるかがお分かりいただけるのではないでしょうか。

なお、稀に「光コラボレーション回線」や「光コラボ回線」という名称で説明しているWebサイトがありますが、光コラボレーションは光回線そのものの名称ではなく販売モデルの名称です。

厳密には「光コラボレーションというパッケージで販売されている光回線」という意味なので間違えないようにしてください。

auひかり、NURO光、コミュファ光などは「光コラボ」ではない

光と付いているインターネット回線は「光コラボ」だと上述しましたが、光コラボはあくまでフレッツ光回線を流用している光回線のことを指します。

実は、auひかりやNURO光、コミュファ光などの光回線も「光」とついてはいるものの、フレッツ光とは全く別の独自回線を使っているため、光コラボではありません

そのため、この記事で解説している「事業者変更(再転用)」の乗り換え先として、これらの光回線を選ぶことはできないので注意してください。

光コラボではない光回線は以下の通りです。

光コラボではない光回線一覧

  • auひかり:KDDI独自回線を使用
  • NURO光:NTTの敷設したダークファイバ―を使用
  • コミュファ光:中部地方限定
  • eo光:関西地方限定
  • MEGA EGG:中国地方限定
  • Pikara:四国地方限定
  • BBIQ:九州地方限定

これらの光回線へと事業者変更することはできないので覚えておきましょう。

 事業者変更(再転用)プチまとめ!手軽に光コラボへ乗り換えられる便利な制度

ここまで、事業者変更の概要と「転用」「光コラボレーション」についてのおさらいをしてきました。

解説してきた内容を簡単にまとめると以下のようになります。

事業者変更(再転用)のまとめ

  • 一度利用した光コラボは再転用できなかったが、2019年7月1日から始まった「事業者変更」によって再転用ができるようになった
  • これまでは契約解除料+撤去工事費用+新規工事費用+事務手数料と高額な初期費用が必要だったが、事業者変更によってシム手数料のみでよくなった(契約解除料が発生する可能性はある)
  • 光コラボとは「フレッツ光+プロバイダ」をセットにして販売するモデルのこと
  • auひかり、NURO光、コミュファ光などへの事業者変更はできない

いままでは光コラボへ一度転用をしてしまうと、その後、二度と転用をすることはできませんでした。

そのため、携帯キャリアを変えたとしてもセット割が使える光回線への乗り換えができないなどの問題がありました。

ですが、今回新たに「事業者変更(再転用)」という制度ができたことにより、光コラボ同士であれば気軽に乗り換えることができるようになりました

ただし、auひかりやNURO光、コミュファ光などの一部の光回線は、フレッツ光ではなく独自の回線設備を使っているため、事業者変更での乗り換え先として選べない点にはご注意ください。

今までの光コラボシステムとの違い

 

わからない弟リスのイラスト
兄ちゃん、事業者変更ができるようになって、いままでの手続きと何が変わるの?

兄リスのイラスト
工事をする必要がないから短い期間で気になる光コラボに乗り換えられるようになったよ!

ここまで、光コラボの事業者変更の概要についてご紹介してきました。

 新たに事業者変更ができるようになったことで、これまでの乗り換え手続きと何が変わったのかを見ていきましょう。

これまでの乗り換え手続きの流れと今後の事業者変更の流れの違い
これまでの乗り換え手続きの流れ事業者変更の流れ(2019年7月1日以降)
  1. 乗り換えたい光回線に新規申込み
  2. 工事日のスケジュール調整
  3. いま使っている光回線の解約申込み
  4. 工事立ち合い
  5. ルーター、パソコンの設定
  6. 乗り換え完了
  1. 事業者変更承諾番号の取得
  2. 乗り換えたい光回線に事業者変更の申込み
  3. ルーター、パソコンの設定
  4. 乗り換え完了

※旧回線は事業者変更が完了した時点で自動解約

 ご覧の通り、事業者変更ができるようになったことで光コラボへの乗り換えがスムーズに行えるようになったことがお分かりいただけるかと思います。

これまでは、他の光コラボへ乗り換える際、新規契約をして工事日のスケジュール調整を行い、工事日が確定してから利用中の光回線を解約する必要がありました。

この手順を踏まなければインターネットが使えない期間が発生してしまって非常に不便です。

また、工事が行われるまでに2週間~1か月程度も待たなければならないケースも多く、光回線の乗り換えには多大な時間と手間が必要で非常に大きなストレスがかかっていました。

しかし、今後は「事業者変更」の手続きを行うことで、新たな工事を行う必要なくスムーズに自分の好きな光回線へ乗り換えられるようになりました

事業者変更の手続きの詳細な流れについては「光コラボの事業者変更(再転用)の手順」で詳しく解説していきます。

次の項目では、光コラボの事業者変更(再転用)をする上での3つのメリットについてご紹介します。

光コラボの事業者変更(再転用)のメリット3つ

この項目では、事業者変更をする上での3つのメリットについて解説をしていきます。

3つある事業者変更のメリットは以下の通りです。

それぞれについて見ていきましょう。

いま使っている光コラボよりも月額料金を安くできる可能性がある

光コラボ 勧誘

2019年現在において、光コラボレーションの事業者は約600社を超えています。

光コラボは、フレッツ光を使っている性質上、通信速度に差はありませんが、それぞれで月額料金が異なります

そのため、事業者変更をすることで毎月の通信費を安くできる可能性があります。

以下、主要な光コラボの月額料金をまとめた一覧表です。

光コラボレーション月額料金一覧表
光回線名称月額料金セット割(キャリア)
戸建てマンション
フレッツ光5,400~5,700円3,350~4,350円なし
ドコモ光5,200~5,400円4,000~4,200円ドコモ光セット割(ドコモ)
ソフトバンク光5,200円3,800円おうち割 光セット(ソフトバンク)
おうち割 光セット(Y!mobile)
So-net光プラス
※割引キャンペーン適用時
3,980円2,980円auスマートバリュー(au)
エキサイト光4,360円3,680円なし
ビッグローブ光4,980円3,980円auスマートバリュー(au)
光☆SIMセット割(BIGLOBEモバイル)
OCN光5,100円3,600円OCN光モバイル割(OCNモバイルONE)
@nifty光5,200円3,980円auスマートバリュー(au)
※NifMoとのセット割「まるっと割」は新規受付終了
Rakuten光4,800円3,800円なし
ぶらら光4,800円3,600円なし
IIJmio光4,960円3,960円mio割(IIJmio)
DTI光4,800円3,600円DTI光×auセット割(au)
DTI光×SIMセット割(DTI SIM)
DMM光3,720~5,420円3,780円DMMモバイルセット割(DMMモバイル)
※2019年9月より楽天モバイル株式会社にサービス提供事業者が変更

ご覧の通り、月額料金は光回線によって大きく異なるので、事業者変更を上手く活用することで月額料金の節約が可能です。

また、光コラボによってスマホとのセット割があるので、スマホ+ネット代の通信費をさらに安く節約してお得に使うことができます。

 特に、携帯キャリアを変えたものの、固定回線の契約解除料が嫌で乗り換えを断念していた人にとっては大きなチャンスだと言えるでしょう。

光コラボの乗り換えで工事費用を支払わなくて良い

通常、光コラボの乗り換えをする時は撤去工事費+新規工事費用を支払わなくてはなりませんでした。

ですが、事業者変更であれば工事費用を支払うことなく、自分の好きな光回線に乗り換えることができます

また、開通工事を行わないので光コラボへの乗り換えがスムーズにできるのも魅力的なポイントです。

ひかり電話で使っている電話番号を継続利用できる(アナログ戻しも不要)

これまでの光回線の乗り換えは、光回線を利用している「ひかり電話」の電話番号を継続することができませんでした

ですが、「事業者変更」であれば、これまで使っていたひかり電話の電話番号を乗り換えた後も継続利用することができます

また、NTT加入電話を使っていた時の電話番号を、番号ポータビリティをしてひかり電話として使っていた人は、アナログ戻しをする必要もないので、本当に手軽に乗り換えられるようになりました。

ひかり電話の電話番号が変わってしまうのが嫌で、光回線の乗り換えを断念してきた人にとっては大変嬉しい仕様と言えるのではないでしょうか。

アナログ戻しとは?

アナログ戻しとは、NTT加入電話(アナログ回線)を利用していた時の電話番号を、番号ポータビリティをしてひかり電話でも使えるようにしたものを、再度NTT加入電話(アナログ回線)に戻す手続きのことをいいます。

アナログ戻しをすることで、光回線を乗り換える場合においてもひかり電話の電話番号が消えてしまうことなく、乗り換えた後の光回線でも同じ電話番号を継続利用することができます。

アナログ戻しは2,000~11,000円の費用がかかり、別途回線工事を行う必要があります。

ですが、今回新たに「事業者変更」でひかり電話の電話番号をそのまま継続利用することができるので、費用が掛からずお得になったと言えます。

わからない弟リスのイラスト
おー、事業者変更によってこれだけのメリットがあるんだね!

兄リスのイラスト
そうなんだ!でも、事業者変更をする前に知っておきたいデメリットや注意点もあるから、それもあわせてチェックしていこう!

光コラボの事業者変更(再転用)のデメリットと注意点4つ

クエスチョンマークの書かれた黒板の近くで悩む男性

ここまで、光コラボの事業者変更(再転用)のメリットについて解説してきました。

月額料金が安くなったりひかり電話の電話番号が継続利用できたり、非常に魅力的なメリットがある事業者変更ですが、その一方で気を付けておくべきデメリットや注意点もあります。

この項目では、事業者変更におけるデメリットや注意点について確認していきましょう。

事業者変更のデメリットや注意点は全部で4つあります。それぞれ解説していきます。

いま使っている光回線の契約解除料が発生する可能性がある

光コラボレーションの画像

画像引用:事業者変更をご検討中のお客さま 事業者変更とは|NTT西日本

事業者変更を行うことで自分の好きな光回線へ乗り換えられるようになりますが、これまで使っていた光コラボは「解約」の扱いとなります。

そのため、いま使っている光コラボが更新月でない場合、契約解除料が発生する可能性があります。

光コラボの契約解除料は7,500~20,000円程度かかってしまうので、できる限りはいま使っている光コラボの更新月になってから事業者変更の手続きをした方が良いでしょう。

NTTのオプションを利用している人は個別に連絡をする手間がある

NTT東日本/西日本が提供する独自のオプションやサービスを直契約で利用している場合、事業者変更をする際、個別にNTTへ連絡を行う必要があります

対象のオプションサービスとは以下の通りです。

対象オプションサービス

  • ひかり電話
  • ひかり電話不可サービス(ナンバー・ディスプレイ等)
  • フレッツ・テレビ
  • 愛媛CATV&フレッツ光
  • ホームゲートウェイ
  • 無線LANカード
  • リモートサポートサービス
  • 24時間出張修理オプション
  • フレッツ・v6オプション

 参照:SoftBank光(光回線)のお申込みからご利用までの流れ(新規・転用・事業者変更)|ソフトバンク

NTTへの連絡先は以下の通りです。

※スマホの方は表をスワイプできます。

NTT東日本/西日本 連絡先
NTT東日本NTT西日本
Webサイト事業者変更のお手続き
※8時30分~22時まで
事業者変更のお手続き
※7時~25時まで
電話番号0120-112-335
※9時~17時まで
0800-200-1057
※9時~17時まで

 上記に連絡をした際、事業者変更をした先の事業者への情報開示に同意しなければならない場合があるとのことなので、電話連絡をした際にオペレーターへどういった情報が開示されるのかを確認するようにしてください。

プロバイダドメインのメールアドレスは引継ぎができない

事業者変更を行うと、これまで使っていたプロバイダドメインのメールアドレスは引き継ぐことができません

プロバイダによっては、プラン変更をすればメールアドレスだけを継続利用できる場合があるので、事前にいま使っている光コラボ事業者へ確認を取ってみてください。

もしくは、新たに申し込んだ先の光コラボで新たにメールアドレスを取得するか、Yahoo!やGoogleが提供するフリーメールアドレスを利用するようにしましょう。 

auひかりやNURO光には「事業者変更」ができない

auひかりやNURO光、コミュファ光などはフレッツ光回線ではなく、それぞれ独自の通信回線を使っています。

そのため、この記事で紹介している「事業者変更(再転用)」で乗り換え先の光コラボとして選ぶことができません

事業者変更で選ぶことができない光回線は以下の通りです。

中でも通信速度が速くて人気の「NURO光」、高額キャッシュバックの「auひかり」へ事業者変更をすることはできないのでご注意ください。

光コラボではない光回線一覧

  • auひかり:KDDI独自回線を使用
  • NURO光:NTTの敷設したダークファイバ―を使用
  • コミュファ光:中部地方限定
  • eo光:関西地方限定
  • MEGA EGG:中国地方限定
  • Pikara:四国地方限定
  • BBIQ:九州地方限定

兄リスのイラスト
これで事業者変更のデメリットや注意点の解説は終わりだよ

わからない弟リスのイラスト
事前に確認しておけば大したことはなさそうだね!

兄リスのイラスト
その通り!どう?事業者変更してみたくなった?

わからない弟リスのイラスト
うんうん!スマホのセット割が使える光コラボに再転用したくなったよ!

兄リスのイラスト
それじゃあ、次の項目で事業者変更をする時の具体的な手順について確認していこうか!

光コラボの事業者変更(再転用)の手順

ステップ1 ステップ2 ステップ3

 ここまで、事業者変更のメリット・デメリットについて解説をしてきました。

 この項目では、事業者変更をする際の具体的な手順について確認をしていきましょう。

事業者変更の具体的な手順

  1. 利用中の光コラボ事業者から「事業者変更承諾番号」を取得する
  2. NTTオプションサービスを利用中の人は別途NTTへ連絡を行う
  3. 乗り換えたい光コラボに事業者変更の申込みをする
  4. 申し込んだ光コラボから契約者情報が送られてくる(SMS、もしくは郵送)
  5. 申し込んだ光コラボへの切り替えが行われる(基本的に工事が行われることはないが、内容によっては必要な場合もある)
  6. ルーター、パソコンの設定を行う
  7. 完了

事業者変更は上記の手順で行います。

ここで覚えておくべきことは「事業者変更承諾番号」を取得するという点です。

次の項目で、事業者変更承諾番号について解説していきます。

事業者変更承諾番号とは

事業者変更承諾番号とは、事業者変更を行う際に必要となるアルファベットと英数字が組み合わさった11桁の番号のことです。

例)事業者変更承諾番号の体系について

事業者変更承諾番号
画像引用:事業者変更と事業者変更承諾番号について|エキサイト光

事業者変更承諾番号は、現在ご利用中の光コラボ事業者へ連絡をすることで取得が可能です。

ただし、取得して日から数えて15日間の有効期限が定められています。

スマホでいうところの「MNP予約番号」と全く同じイメージの番号なので、事業者変更承諾番号を取得したらなるべく早い内に事業者変更の申し込み手続きを行うようにしてください。

工事費用は事務手数料の3,000円だけ

事業者変更を行うことでかかる費用は、事務手数料の3,000円のみです。

これまでは、光回線の乗り換えに際し撤去工事費+新規工事費用などもかかっていたため、少なくとも30,000~40,000円程度の初期費用が必要でした。

ですが、事業者変更を行うことでこれまでの通信設備をそのまま使い、事業者だけを切り替えることができるので新たに工事を行う必要がありません。

工事を行わないため、切り替えまでの期間が短くスムーズに行われるので時間と手間がかからず、気軽に乗り換えることが可能です。

わからない弟リスのイラスト
意外と簡単に事業者変更ってできるんだね!

兄リスのイラスト
そうなんだ!事業者変更承諾番号を取得すること、15日間の有効期限がある点だけはしっかりと覚えておいてね!

おすすめ光コラボのご紹介

パソコンを広げて資料を見ながら電卓をたたく男性

 ここまで、事業者変更の手続きの具体的な手順について解説をしてきました。

 事業者変更は、新たに工事を行う必要がなく、事務手数料3,000円だけで自分の好きな光回線へスムーズに乗り換えられるということがお分かりいただけたかと思います。

 この項目では、事業者変更をする際のおすすめ光コラボのご紹介をしていきます。

光コラボレーション月額料金一覧表
光回線名称月額料金セット割(キャリア)
戸建てマンション
フレッツ光5,400~5,700円3,350~4,350円なし
ドコモ光5,200円4,000~4,200円ドコモ光セット割(ドコモ)
ソフトバンク光5,200円3,800円おうち割 光セット(ソフトバンク)
おうち割 光セット(Y!mobile)
So-net光プラス
※割引キャンペーン適用時
3,980円2,980円auスマートバリュー(au)
エキサイト光4,360円3,680円なし
ビッグローブ光4,980円3,980円auスマートバリュー(au)
光☆SIMセット割(BIGLOBEモバイル)
OCN光5,100円3,600円なし
@nifty光5,200円3,980円auスマートバリュー(au)
※NifMoとのセット割「まるっと割」は新規受付終了
Rakuten光4,800円3,800円なし
ぷらら光4,800円3,600円なし
IIJmio光4,960円3,960円mio割(IIJmio)
DTI光4,800円3,600円DTI光×auセット割(au)
DTI光×SIMセット割(DTI SIM)
DMM光3,720~5,420円3,780円DMMモバイルセット割(DMMモバイル)
※2019年9月より楽天モバイル株式会社にサービス提供事業者が変更


上記の光コラボの月額料金一覧表の通り、選んだ光コラボによって毎月のネット代は変わってきます。

あなたにピッタリな光コラボを選ぶコツは、いま使っている携帯キャリアとのセット割があるかどうかで選んでみてください。

事業者変更をするにあたって、筆者がおすすめするセット割がある光コラボは以下の通りです。

ご紹介する光コラボは、主にスマホとのセット割がある光コラボをピックアップいたしました。

スマホとのセット割を上手く活用することで、毎月のスマホ+ネット代の通信費を大幅に安く節約することが可能です。

また、光コラボはフレッツ光回線を流用しているため、通信速度はフレッツ光と同じ1Gbpsで固定です。

もし通信速度に不満があるという人は、ここは思い切って光コラへの事業者変更ではなく、NURO光やauひかりへの乗り換えも検討してみましょう。

まずは、いまご自身が使っている携帯キャリアの確認をして、それから事業者変更をする光コラボをお選びください。

ドコモユーザーの人は「ドコモ光」

ドコモ光バナー画像

画像引用:ドコモ光×GMOとくとくBB 

ドコモ光の特徴やおすすめポイント

  • ドコモスマホが割引になる唯一の光コラボ
  • 自分で好きなプロバイダを選ぶことができて自由度が高い
  • GMOとくとくBB経由でドコモ光を申し込むと現金15,000円キャッシュバック

ドコモのスマホを使っている人におすすめなのが「ドコモ光」です 

ドコモ光は、戸建てタイプで5,200~5,400円、マンションタイプで4,000~4,200円で最大通信速度1Gbpsのインターネットが使えるようになる光コラボです。

セット割の「ドコモ光セット割」は、最新プランのギガホ/ギガライトを使っていれば最大1,000円、旧料金プランを使っていても最大で3,500円の割引が受けられるお得な割引サービスです。

また、ドコモスマホやドコモ光の利用料金支払いを「dカード GOLD」で行えば、支払った料金の10%がdポイントとして還元されます。

dポイントは、全国のdポイント加盟店舗での食事や買い物、サービス利用時の支払いに充てることができて非常にお得です。

ドコモユーザーしか受けられない特典ともいえるので、ドコモのスマホを使っている人はぜひドコモ光への事業者変更をご検討ください。

以下の記事で、ドコモ光へ乗り換えるメリット・デメリットについて詳しくまとめているのであわせて参考にしてください。

[関連記事]【保存版】ドコモ光は安い?評判や料金、キャンペーン内容を徹底解説のサムネイル
【保存版】ドコモ光は安い?評判や料金、キャンペーン内容を徹底解説
「ドコモ光」はフレッツ光についで業界シェア2位のインターネット光回線です。しかし、セット割引が他社と比べて少なめなど、「ドコモだから」と信頼しきってよく中身を検討せずに契約すると後悔する可能性があります。この記事で今ドコモユーザーが 「自分はドコモ光を契約するべきなのか?」を自信を持って判断できるよう解説します。
ソルディのファビコンwww.soldi.jp

ドコモ光の申込みはこちら

ドコモ光
通信速度(最大)下り1Gbps
上り100Mbps~1Gbps
月額料金戸建てタイプ5,000~5,400円
マンションタイプ3,800~4,200円
初期工事費用戸建て:18,000円
マンション:15,000円
※設備状況により変動の可能性あり
契約解除料戸建て:13,000円
マンション:8,000円
※2年間の自動更新
セット割ドコモ:ドコモ光セット割
キャッシュバックキャンペーン最大15,000円キャッシュバック(GMOとくとくBB)
提供エリア東日本エリア東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、茨城県、栃木県、群馬県、新潟県、福島県、北海道
西日本エリア大阪府、和歌山県、京都府、奈良県、滋賀県、兵庫県、愛媛県、静岡県、岐阜県、三重県、広島県、岡山県、香川県、徳島県、福岡県、佐賀県

ドコモ光セット割

ドコモスマホとドコモ光の組み合わせで適用可能な「ドコモ光セット割」。

ドコモのスマホで使っているパケットパックに応じて割引される金額が異なります。

以下の一覧表で、いま使っている料金プランでどれだけの割引が受けられるのかをご確認ください。

ドコモ光セット割パケットパック別割引額一覧
パケットパック名称ドコモ光セット割 割引金額
ギガホ-1,000円
ギガライト~1GB-
~3GB-500円
~5GB-1,000円
~7GB-1,000円
ベーシックパック~1GB-100円
~3GB-200円
~5GB-800円
~20GB-800円
ケータイパック-500円
ウルトラデータLパック-1,400円
ウルトラデータLLパック-1,600円
ベーシックシェアパック~5GB-800円
~10GB-1,200円
~15GB-1,800円
~30GB-1,800円
ウルトラシェアパック30-2,500円
ウルトラシェアパック50-2,900円
ウルトラシェアパック100-3,500円

参照:ドコモ光セット割 | NTTドコモ

ドコモ光の申込みはこちら

ソフトバンク・Y!mobileユーザーの人は「ソフトバンク光」

ソフトバンク光バナー画像
画像引用:ソフトバンク光

ソフトバンク光の特徴やおすすめポイント

  • ソフトバンクとY!mobileスマホが割引になる光コラボ
  • 料金内容がシンプルで非常に分かりやすい
  • 代理店経由で申し込むと50,000円前後のキャッシュバックが受け取れる

ソフトバンク、Y!mobileユーザーにおすすめの光コラボが「ソフトバンク光」です。 

セット割の「おうち割 光セット(ソフトバンク)」「おうち割 光セット(A)(Y!mobile)」は、スマホで使っている料金プランに応じて最大1,000円の割引が受けられます。

最大10回線まで同じ割引が受けられるので、家族でまとめてソフトバンクやY!mobileを使っていれば、回線数分だけお得に利用することができます。

ソフトバンク光の事業者変更ができる代理店は非常に数が多いですが、その中でもおすすめなのが「NEXT」と「アウンカンパニー」の2社です。

キャッシュバックがもらえる他、最新の高性能WiFiルーターを受け取ることができるので、ソフトバンク光への事業者変更を検討している人は参考にしてみてください。

以下の記事で、ソフトバンク光がおすすめな人の特徴について解説しているので、こちらもあわせてご覧ください。

[関連記事]ソフトバンク光がおすすめな人とは?セット割メリットとリアルな評判まとめのサムネイル
ソフトバンク光がおすすめな人とは?セット割メリットとリアルな評判まとめ
ソフトバンク光は2015年から始まった新しいインターネット回線ながら、業界4位のシェアを誇ります。デメリットももちろんありますが、しっかり対策すれば大きなメリットを得ることが出来ます。この記事では、年間で約5万円も節約できる方法も説明します。
ソルディのファビコンwww.soldi.jp

ソフトバンク光の申込みはこちら

ソフトバンク光
通信速度(最大)下り1Gbps
上り100Mbps~1Gbps
月額料金戸建てタイプ4,700~6,300円
マンションタイプ3,800~4,900円
初期工事費用24,000円
契約解除料5年:15,000円
2年:9,500円
※自動更新
セット割ソフトバンク:おうち割光セット(最大1,000円割引/月)
キャッシュバックキャンペーン最大32,000円キャッシュバック
提供エリア東日本エリア東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、茨城県、栃木県、群馬県、山梨県、長野県、新潟県、宮城県、福島県、岩手県、青森県、山形県、秋田県、北海道
西日本エリア福井県、石川県、富山県、愛知県、岐阜県、三重県、静岡県、兵庫県、大阪府、奈良県、和歌山県、島根県、鳥取県、岡山県、山口県、広島県、愛媛県

おうち割 光セット・光セット(A)

ソフトバンク、Y!mobileスマホとソフトバンク光の組み合わせで適用可能な「おうち割 光セット」。

ソフトバンク、Y!mobileそれぞれで使っている料金プランによって割引される金額が異なります。

以下の一覧表で、いま使っている料金プランでどれだけの割引が受けられるのかをご確認ください。

おうち割 光セット割引金額
料金プラン割引金額
データ定額 50GBプラス/ミニモンスター
データ定額 50GB/20GB/5GB
パケットし放題フラット for 4G LTE
-1,000円/月
データ定額ミニ2GB/1GB
データ定額(3Gケータイ)
-500円

参照:おうち割 光セット|SoftBank

おうち割 光セット(A)割引金額
料金プラン割引金額
スマホプランS
データプランL
Pocket WiFiプラン2

-500円/月

スマホプランM-700円
スマホプランL-1,000円

参照:おうち割 光セット(A)|Y!mobile

ソフトバンク光の申込みはこちら

 auユーザーの人は「So-net光プラス」


画像引用:So-net光プラス

So-net光プラスの特徴やおすすめポイント

  • auスマホが割引になる光コラボ
  • 割引キャンペーン適用で光コラボの中でも圧倒的に月額料金が安い
  • 代理店経由で申し込むと30,000円前後のキャッシュバックが受け取れる

 auユーザーにおすすめの光コラボは「So-net光プラス」です。

So-net光プラスは月額料金が最初から割引されているので、他の光コラボと比べても圧倒的に月額料金が安いことが特徴です。

また、auスマホとの組み合わせで「auスマートバリュー」が適用されるので、新プランなら最大で1,000円、旧料金プランなら最大2,000円の割引が受けられて非常にお得です。

auスマートバリューも最大10回線まで割引が受けられるので、家族でまとめてauを使っていれば全員の通信費をまとめて節約することができます。 

なお、auスマートバリューが適用できる光コラボは、ビッグローブ光や@nifty光など数多く存在しますが、その中でも月額料金が群を抜いて安いので、基本的にはSo-net光プラスを選んだ方が良いでしょう。

auスマホを使っていて事業者変更を検討中の人は、ぜひ「So-net光プラス」をご検討ください。

以下の記事で、So-et光プラスの安さの仕組みと注意点について解説しているので、こちらもあわせてご覧ください。

[関連記事]業界最安クラスの光回線「So-net光コラボレーション」安さのしくみと注意点まとめのサムネイル
業界最安クラスの光回線「So-net光コラボレーション」安さのしくみと注意点まとめ
So-net光(So-net光コラボレーション)は、 インターネット回線契約で最安値の光回線として紹介されることが多い光回線です。料金プランやお得な申し込み方のコツを説明していきます。また、「So-net 光 (auひかり) 」との違いや「どんな人にはどちらの回線がオススメなのか?」の見分け方を解説します。
ソルディのファビコンwww.soldi.jp

So-net光の申込みはこちら

So-net光
通信速度(最大)下り1Gbps
上り100Mbps~1Gbps
月額料金戸建てタイプ3,980~5,580円
マンションタイプ2,980~4,480円
初期工事費用24,000円
契約解除料20,000円
※3年間の自動更新
セット割au:auスマートバリュー(最大2,000円割引/月)
キャッシュバックキャンペーン最大30,000円キャッシュバック(ネットモバイル)
提供エリア東日本エリア東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、茨城県、栃木県、群馬県、山梨県、長野県、新潟県、宮城県、福島県、岩手県、青森県、山形県、秋田県、北海道
西日本エリア福井県、石川県、富山県、愛知県、岐阜県、三重県、静岡県、兵庫県、京都府、滋賀県、大阪府、奈良県、和歌山県、島根県、鳥取県、岡山県、山口県、広島県、愛媛県、香川県、高知県、徳島県、福岡県、大分県、宮崎県、佐賀県、長崎県、熊本県、鹿児島県、沖縄県

auスマートバリュー

auスマホとKDDIが提携している光コラボ事業者との組み合わせで適用可能な「auスマートバリュー」。

auスマホで使っている料金プランによって割引される金額が異なります。

以下の一覧表で、いま使っている料金プランでどれだけの割引が受けられるのかをご確認ください。

料金プラン名割引金額
新auピタットプラン1GBまで割引対象外
1~7GBまで-500円/月
auフラットプラン7プラス-1,000円/月
auデータMAXプラン-1,000円/月
auピタットプラン(S)
auピタットプラン
2GBまで
※シンプルの場合1GBmだえは割引対象外
-500円
2~20GBまで-1,000円/月
auフラットプラン20
auフラットプラン30
auフラットプラン25 Netflixパック
-1,000円/月
データ定額30-2,000円/月
※最大2年間
データ定額5/20
LTEフラット
-1,410円/月
※最大2年間
データ定額2/3
カケホ(3Gケータイ・データ付)
-943円/月
データ定額1-943円/月
※最大2年間

参照:auスマートバリュー

So-net光の申込みはこちら

通信速度に不満がある人は「NURO光」へ乗り換え

NURO光バナー画像
画像引用:NURO光キャッシュバックキャンペーン特設サイト

NURO光の特徴やおすすめポイント

  • 通信速度が世界最速の2Gbpsに対応一部地域なら10Gbps/6Gbpsにtも対応
  • ソフトバンクスマホとのセット割が適用可能
  • NURO光キャッシュバックキャンペーン特設サイトからの申込みで35,000円のキャッシュバック

通信速度に不満があるという人は、光コラボへの事業者変更ではなく「NURO光」への乗り換えをご検討ください。 

NURO光は、通信速度が世界最速タイを誇る2Gbpsに対応し、一部の地域であれば10Gbpsや6Gbpsといった驚異的な速度でインターネット接続をすることができます。

また、ソフトバンクユーザーであれば「おうち割 光セット」が適用可能なので、料金プランによっては最大1,000円の割引が受けられてお得です。

さらに、NURO光公式が運営しているキャッシュバックキャンペーン特設サイトから申し込みをすれば、光電話やその他オプションに加入することなく、誰でももれなく35,000円のキャッシュバックを受け取ることができます。

初期工事費用はNURO光を使っている限り割引されて実質0円で利用できるので、通信速度に不満があるという人は思い切って「NURO光」への乗り換えをご検討ください。

以下の記事で、NURO光のメリット・デメリットの徹底解説をしているので、こちらもあわせご覧ください。 

NURO光の申込みはこちら

NURO光
通信速度(最大)下り2Gbps~10Gbps
上り2Gbps
月額料金戸建てタイプ4,743~7,124円
マンションタイプ1,900~2,500円
初期工事費用40,000円
※基本工事費実質無料特典あり
契約解除料9,500円
※2年間の自動更新
セット割ソフトバンク:おうち割光セット(最大1,000円割引/月)
キャッシュバックキャンペーンNURO光のみ:35,000円キャッシュバック
提供エリア東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県、栃木県、群馬県、愛知県、静岡県、岐阜県、三重県、大阪府、京都府、兵庫県、滋賀県、奈良県
NURO光の申込みはこちら

高額キャッシュバックが欲しい人は「auひかり」へ乗り換え

au光のバナー画像
画像引用:auひかり

auひかりの特徴やおすすめポイント

  • 標準プランの通信速度は1Gbpsであるものの、一部地域では最大10Gbpsに対応
  • auスマホが割引されるセット割が使える
  • 代理店経由で申し込むと最大110,000円の超高額キャッシュバックが受け取れる

「インターネット回線の乗り換えをするなら、できるだけ高額なキャッシュバックを受け取りたい!」という人も多いかと思います。

そんな人におすすめなのが「auひかり」です。

auひかりを販売している代理店は非常に数が多いですが、その中でも「フルコミット」で申し込むと違約金負担も含めて最大110,000円の超高額キャッシュバックが受け取れます。

その上、auスマホを使っていれば「auスマートバリュー」が適用されて毎月の利用料金まで安くお得に使うことができるの、auユーザーにとっては損することがありません。

通信速度は標準プランで1Gbpsとフレッツ光の光コラボと差はありませんが、独自回線を使っていることもあって混雑が起きづらく体感速度は速めです。

また、一部の地域であれば10Gbpsや5Gbpsといった超高速インターネットが使えるので、満足度は非常に高い光回線と言えるでしょう。

高額キャッシュバックを受け取りつつ、お得にインターネット回線を使いたいという人は「auひかり」をご検討ください。

以下の記事で、auひかりに関して詳しくまとめているので、こちらもあわせて参考にしていただければ幸いです。

auひかりの申込みはこちら

兄リスのイラスト
これで事業者変更をする時の乗り換え先としておすすめの光コラボの紹介は終わりだよ!

兄リスのイラスト
光コラボは、全部フレッツ光回線を流用している性質上、最大通信速度に差はないんだ。速度が遅いと感じたらNURO光やauひかりへの乗り換えも検討してみてね

わからない弟リスのイラスト
よーし、教えてもらったことを参考にして、ボクにピッタリの光コラボへ事業者変更してみるよ!
 

まとめ

以上、「光コラボ間の乗り換えが気軽にできる「事業者変更(再転用)」まとめ!おすすめの光コラボはコレだ!」をお送りしました 

今までは、一度転用をしてしまった光コラボは二度と転用することができず、撤去工事費や新規工事費用を払った上で乗り換えをしなければなりませんでした

ですが、今回新たに受け付けが開始された「事業者変更(再転用)」によって、乗り換えのハードルが低くなり、気になった光コラボへ気軽に変更することができるようになりました

光コラボの事業者変更をすることで、毎月の通信費が安くなることも含めて多くのメリットがあります。

新たな工事をしなくとも気軽に乗り換えられるので、携帯キャリアを乗り換えたのと同時にセット割が使える光コラボへの乗り換えも容易になりました。 

その一方で、事業者変更をする際のデメリットや注意点もあります。

これらのメリットとデメリットを見比べた上で、問題がなさそうと判断できらなら以下の手順に沿って、実際に事業者変更をしてみましょう。

事業者変更の具体的な手順

  1. 利用中の光コラボ事業者から「事業者変更承諾番号」を取得する
  2. NTTオプションサービスを利用中の人は別途NTTへ連絡を行う
  3. 乗り換えたい光コラボに事業者変更の申込みをする
  4. 申し込んだ光コラボから契約者情報が送られてくる(SMS、もしくは郵送)
  5. 申し込んだ光コラボへの切り替えが行われる(基本的に工事が行われることはないが、内容によっては必要な場合もある)
  6. ルーター、パソコンの設定を行う
  7. 完了
ポイントは、いま使っている光コラボ事業者から「事業者変更承諾番号」を取得する点です。
事業者変更承諾番号には、取得日を含めて15日間しか使えないという有効期限が設けられているのでご注意ください。
事業者変更をする際、乗り換え先の光コラボがまだ決まっていないという人は「おすすめの光コラボのご紹介」を参考にして、あなたにぴったりの光回線を選んでみてください。

この記事の著者

編集

Soldi編集部

Soldi編集部は「おうちのお金をスマートに」をコンセプトにコンテンツの配信を行っています。

※当サイトに掲載している情報は、万全の保証をいたしかねます。
機器、サービスの価格、スペック等の詳細情報は、必ず各公式サイトでご確認ください。

【完全版】自分に合った格安SIMが見つかる!

【28社比較】おすすめのWiMAXプロバイダはこれ!