Menu

HUAWEI P40 lite 5G 実機レビュー!4万円で買える5G対応スマホのメリット・デメリット

HUAWEI P40 lite 5G アイキャッチ

HUAWEI P40 lite 5G は2020年6月に発売された、ミドルレンジモデルです。

人気のHUAWEI P30 liteの後継モデルであり、かつ最新の通信方式5Gに対応しているため、発売を楽しみにしていた方も多いのではないでしょうか?

5G対応モデルの端末相場は10万円を超えますが、なんとHUAWEI P40 lite 5Gは、税込み4万円台で手に入ります。

口コミを調べてみても、HUAWEI P40 lite 5Gは安い・コスパ最強という声がありました。


このように、5Gに対応した格安スマホであるHUAWEI P40 lite 5Gですが、ツイートにもあるようにGoogleが利用できないという点が心配ですよね。

<Androidのサービスは非対応です>

Google Playストアをご利用いただくことができません。(GooglePlayストアで提供されているYoutube、Twitterなどのアプリは利用できません )HUAWEI AppGalleryで配信されているアプリケーションをご利用いただくことになります。

IIJmio|HUAWEI P40 lite 5G から引用

HUAWEI P40 lite 5Gを紹介しているIIJmio公式ホームページにも、上記の注意事項が記載されています。

また、価格が安い分、スペックやカメラ機能等、端末自体の性能についても同時に気になるのではないでしょうか。

そこで今回、IIJmio様よりHUAWEI P40 lite 5Gの実機をお借りできたので、実際の使用感・スペック・機能・口コミ等を確認しながら、メリット・デメリットを解説していきます。

この記事でわかること

  • HUAWEI P40 lite 5Gのスペック・デザイン
  • カメラ機能の特徴
  • HUAWEI P40 lite 5Gのメリット・デメリット
  • HUAWEI P40 lite 5Gがおすすめの人

先に結論から述べると、安くて機能性の高いスマホをお求めの方、カメラ機能を重視する方・ビジネス向けに使用したい方にとっては使い勝手が良い機種です。

購入を検討している方は、ぜひレビューを参考にしてください。

IIJmio公式ページ

HUAWEI P40 lite 5Gの内容(付属品)

HUAWEI P40 lite 5Gの実機レビューをお伝えする前に、まずは購入時の付属品から確認していきましょう。

HUAWEI P40 lite 5Gの内容(付属品)は下記の通りです。

HUAWEI P40 lite 5Gの内容物一覧

  • HUAWEI P40 lite 5G本体 
  • 充電器、充電ケーブル
  • イヤホン
  • SIMピン
  • クイックスタートガイド

付属品には、40W給電可能な充電器・充電ケーブルのほかイヤホンも入っています。
しかし、スマホケースは付属品に入っていません。

後述しますが、HUAWEI P40 lite 5Gはカメラ部分の出っ張りが大きいため、机に置いた際はカメラの段差が気になるかもしれません。

また、HUAWEI P40 lite 5Gは防水防塵にも対応していません。

そのため、カメラや本体の傷やホコリが気になる方は、ご自身でケースを用意する必要があります。

HUAWEI P40 lite 5Gの基本スペック

それでは、HUAWEI P40 lite 5Gのスペックを確認していきましょう。

一部に専門用語が入っているので、くわしくない方は下記の用語集を参考にスペック表をご確認ください。

スマホスぺックの用語解説

  • OS:オペレーティングシステムの略で基本的なソフトウェアのこと
  • CPU:中央処理装置の略で、人で言うところの「脳」。Android OS、iOSなど
  • ROM:ストレージのこと。数が大きいほど保存しておけるデータ容量が多い
  • RAM:メモリのこと。同時に処理を行う作業領域の広さを指す

HUAWEI P40 lite 5Gのスペックは下記の通りです。

HUAWEI P40 lite 5G
本体サイズ(縦×幅×厚さ) 約162.3mm×75mm×8.58mm
重量 約189g

ディスプレイ

約6.5インチ、TFT液晶ディスプレイ
解像度2400 x 1080ピクセル

OS

Android 10(初期搭載OS

CPU(SoC)

HUAWEI Kirin820

メモリ(RAM)

6GB

内蔵ストレージ(ROM)

NMカード(最大256GB)

メインカメラ

クアッドカメラ
約6,400万画素(標準)F値 1.8
約800万画素(超広角)F値 2.4
約200万画素(マクロ)F値 2.4
約200万画素(被写界深度)F値 2.4

インカメラ

約1,600万画素、F値 2.0

バッテリー

4,000mAh

充電端子

USB Type-C

防水・防塵

非対応

Wi-Fi(対応通信規格)

IEEE802.11a/b/g/n/ac

Bluetooth

Bluetooth 5.1

本体カラー

スペースシルバー
クラッシュグリーン
ミッドナイトブラック

その他

おサイフケータイ対応
顔認証/指紋センサー
イヤホンジャック
最大40W急速充電

参照:HUAWEI P40 lite 5G

基本的なスペックは以上です。

スマホの性能はCPUで表しますが、HUAWEI P40 lite 5Gは、最新かつ高性能な「HUAWEI Kirin820」を採用しています。

そのため、日常的に使用する分にはまったくストレスがない性能だと言えます。

また、顔認証や指紋センサー機能が搭載されており、併用できるため便利です。

しかし、先述していますが、残念なことに防水防塵には対応していません。
アウトドア派の方やお風呂でスマホを楽しみたい方には不向きの機種となります。

長く快適に使用するには、ケース購入は必須でしょう。

最新の通信方式5Gに対応

HUAWEI P40 lite 5Gは、最新の通信方式5Gに対応しています。

国内キャリアの5G網対応のSIMカードを契約すると利用が可能です。
しかし、5Gが対応可能な場所は限られているため、購入後にメリットを感じられない方もいらっしゃるようです。


こちらの方のように、宝の持ちぐされと感じるのも無理はないでしょう。
なぜなら現在、5Gはエリアではなくスポット単位での利用が可能だからです。

例えば、ドコモの2020年5月末時点の5G通信利用可能施設・スポット一覧によると、5Gが利用できるスポットに、東京スタジアム・オリンピックアクアティクスセンター等の施設やスポットを挙げています。

そのため、5G利用については少し期待から外れてしまう可能性があることもお伝えいたします。

HUAWEI P40 LITE 5Gで使用できる通信キャリア

HUAWEI P40 lite 5Gは、SIMロック解除されているSIMフリー機種です。

ドコモ・au・ソフトバンク・楽天モバイルの国内4台キャリアで利用可能です。
対応バンドは下記の通りです。

HUAWEI P40 lite 5G 対応バンド  4G:B1/2/3/4/5/6/7/8/12/17/18 /19/20/26/28/34/38/39/40/41/66
5G:N1/3/28/38/41/77/78/79

一部の格安SIMでは5Gに対応していない場合があります。
購入を検討している方は、必ず事前に確認をしてください。

HUAWEI P40 lite 5Gのベンチマークスコア

スマホのスペックを数値で確認ができるのが「ベンチマークスコア」です。

ベンチマークスコアによるスペック指標(参考値)は下記の通りです。

ベンチマークスコアのスペック指標
ベンチマークスコア 端末スペック
300,000点~ ハイエンドモデル
200,000点~ ミッドハイモデル
100,000点~ ミッドレンジモデル
80,000点~ ミッドローモデル
~79,999点 エントリーモデル


こちらは数値が高いほど高性能になります。

実際にHUAWEI P40 lite 5Gを測定した数値を確認してみましょう。

HUAWEI_P40_lite_5G ベンチマークテスト

なんと、ハイエンドモデルの指標となる35万のAnTuTuスコアが出ました!

このパフォーマンスの高さは、ゲームをサクサク楽しみたい方にとって安心できる数値ではないでしょうか。

ゲーム中のカクつきはない

ベンチマークテストで高パフォーマンスが確認できたので、HUAWEIのAppGalleryからエレメンタルナイツ(エレナイ)をダウンロードして実際にゲームをしてみました。

エレナイ(レメンタルナイツオンラインR)

ゲーム中は画面がカクつくことがなく、思った以上に動作がスムーズだったことが印象的です。

AppGalleryはメジャーなゲームアプリが少ないことがネックですが、まったくゲームが楽しめないわけではありません。

ゲーム使用がメインではない方も快適に遊べますよ。

HUAWEI P40 lite 5Gのデザイン

HUAWEI P40 lite 5Gは、3Dガラスのボディや洗練されたデザインが特長です。

IIJmio HUAWEI P40 lite 5Gの外観デザイン

画像引用:IIJmio HUAWEI P40 lite 5G

寸法(縦×幅×厚さ) 162.3×約75mm×約8.58mm
重さ 189g(バッテリー含む)
カラー スペースシルバー・クラッシュグリーン・ミッドナイトブラック

ここからは、細かく外観デザインや特徴をご紹介していきます。

HUAWEI P40 lite 5Gのディスプレイ

とても見やすい!6.5インチの大画面ディスプレイです。

HUAWEI P40 lite 5G 背面

HUAWEI P40 lite 5Gの背面デザイン。
カメラが目立ちますね。

HUAWEI P40 lite 5G クアッドカメラ

カメラはクアッドカメラ(4眼カメラ)です。

HUAWEI P40 lite 5G (右)音量・電源・指紋認証

右側面には音量ボタン、電源ボタン一体型指紋認証があります。
指紋センサーは、側面の電源キーと一体になっているのが特徴です。

HUAWEI P40 lite 5G (左)SIMスロット

左側面にSIMスロットがあります。

HUAWEI P40 lite 5G (上)イヤホンジャック・スピーカー

下部側面には、イヤホンジャック・マイク・スピーカーがあります。

HUAWEI P40 lite 5G とiPhone大きさ比較

ちなみに、どれほどの大きさかわかりやすいよう、iPhone6とサイズを比較してみました。

HUAWEI P40 lite 5Gをミンティアで比較

縦長サイズで、ちょうどミンティア2個分の長さですね!

 HUAWEI P40 LITE 5Gのディスプレイ

それでは、HUAWEI P40 lite 5Gを手に取りディスプレイを確認します。
縦長で画面も大きいですが、手に自然とフィットするため持ちやすいですよ。

HUAWEI P40 lite 5Gを手に持ちディスプレイを確認

HUAWEI P40 lite 5Gは、約90.3%の画面占有率を誇る約6.5インチの液晶ディスプレイを採用しています。

写真をご覧いただくとわかりますが、とても発色が良く見やすいです。
よく動画を観る方・写真撮影をする方は、見やすくて迫力のあるディプレイ画面に満足されるでしょう。

有機ELディスプレイではありませんが、日中や逆光時でも文字や画面が見やすいです。

ひとつ気になる点をあげるとしたら、ホームボタンがないことです。

スクロール中、意図せずホーム画面に行ってしまうことがあったので、慣れるまではストレスを感じる方もいらっしゃるかもしれません。

HUAWEI P40 lite 5Gの「カメラ」をレビュー

HUAWEI P40 lite 5Gは、AI対応のクアッドカメラ(4眼カメラ)を搭載しているため、さまざまなシーンに対応した写真が撮影可能です。

カメラ構成は下記の通りです。

HUAWEI P40 lite 5Gのカメラ構成

  • 約6,400万画素の標準レンズ(F値1.8)
  • 約800万画素の超広角レンズ(F値2.4)
  • 約200万画素のマクロレンズ(F値2.4)
  • 約200万画素の被写界深度レンズ(F値2.4)

ポートレートや接写撮影、ナイトモードによる暗所・夜間撮影でも美しい写真が撮れる万能なカメラとなっています。
また、インカメラは、約1,600万画素でF値2.0のシングルカメラです。

それでは、HUAWEI P40 lite 5Gのカメラで撮影した写真を見ていきましょう!

4眼レンズ搭載!6400万画素の美しさ

こちらは、HUAWEI P40 lite 5Gのメインカメラで撮影した夜景写真です。

 HUAWEI_P40_lite_5G 普通カメラ 夜景

夜景モードで撮影していないにも関わらず、とてもキレイな画像です。

ちなみに、HUAWEI nova lite3で同じ場所を撮ってみたのがこちらです。

HUAWEI nova lite3 夜景写真

比較すると、HUAWEI P40 lite 5Gで撮った写真よりも画像がボヤけて見えますね。

画像の美しさは、HUAWEI P40 lite 5Gの圧勝です!

HUAWEI_P40_lite_5G メインカメラ

室内で撮った写真も、きめ細かな画像のため色鮮やかです。

HUAWEI_P40_lite_5G 広角カメラ

広角で撮ってみても、画像の粗さやボヤけた感じは全くありません。
レベルの高い画質は、SNSによく投稿する方・動画を観る方には満足いくものとなるでしょう。

HUAWEI P40 lite 5Gのメリット

ここまでは、HUAWEI P40 lite 5Gの特徴について紹介してきました。

ここからはHUAWEI P40 lite 5Gを起動させて、実際の使用感やメリットやデメリットをまとめています。

HUAWEI P40 lite 5Gのメリット

  1. 大容量バッテリーで長持ち!40wの急速充電に対応
  2. 指紋認証機能が搭載されている

まずはメリットから確認していきましょう。

1.大容量でバッテリーが長持ち!40Wの急速充電に対応

HUAWEI P40 lite 5Gは、バッテリーが4000ⅿAhと大容量で、最大40Wの急速充電に対応しています。

一般的にミドルスペックではバッテリーは3000ⅿAhで、20Wほどの充電に対応する場合が多いのですが、HUAWEI P40 lite 5Gだと充電がすぐ減る・充電時間が遅くて困ることがないのは嬉しいポイントですよね。

また、充電は30分で約70%まで回復が可能となっています。 
急ぎで充電しないといけない場合があっても、安心して使用することができますね。

ちなみに、今回はレビュー用にお借りした端末のため、国内用の充電器ではありませんでした。
試しにiPhoneの充電ケーブルにつないで充電すると3時間で50%とかなり遅かったです。

しかし、購入時は国内用のコンセント対応なので、こちらは気にしなくても大丈夫でしょう。

2.指紋認証機能が搭載されている

新型コロナ感染症予防のため、マスクを着用することが日常となりました。

そのため、顔認証機能だけのスマホだと認識されずイラついてしまうこともあります。
しかし、HUAWEI P40 lite 5Gは電源ボタンと一体型の指紋認証センサーを搭載しているので、認証速度がスムーズです。

もちろん、前面カメラを使っての顔認証も併用可能なので、場面に応じてロック解除できるので非常に便利です。

HUAWEI P40 lite 5Gのデメリット

では、次はHUAWEI P40 lite 5Gのデメリットをお伝えします。

HUAWEI P40 lite 5Gのデメリット

  1. Google Mobile Services(GMS)は非搭載
  2. 独自規格NMカードに対応!microSDカードは利用できない


高性能なスマホだからこそ、デメリット部分があれば悩んでしまいますよね。
どのようなデメリットがあるか、さっそく確認しましょう。

1.Google Mobile Services(GMS)は非搭載

Google Playをよく利用する人は、HUAWEI P40 lite 5Gは使いづらいかもしれません。

なぜなら、冒頭でも述べましたがHUAWEI P40 lite 5GにはGoogle Mobile Services(GMS)は非搭載だからです。
代わりにHuawei端末向けの公式アプリ配信プラットフォームの「HUAWEI Mobile Services(HMS)」が採用されています。

Huaweiのアプリストア「AppGallery」には、LINE・TikTok・Zoomなどの一部の人気アプリが確認できます。

HUAWEI P40 lite 5G TicTok

しかし、Twitter・Facebook・Instagram等のSNSアプリや、Netfrix・Amazon Prime Video等は利用できません。

HUAWEI P40 lite 5Gで利用できないアプリ

画像引用:IIJmio HUAWEI P40 lite 5G

また、先述していますがメジャーなゲームアプリもまだまだ少ないです。

YouTubeやGmailなど一部のサービスはブラウザ経由で利用可能ですが、それよりも利用できないアプリが多いこと自体がデメリットとなるでしょう。

2.独自規格NMカードのためマイクロSDカードは利用できない

HUAWEI P40 lite 5GはmicroSDカード非対応です。

代わりにファーウェイ独自規格「NMカード」に対応しています。

このNMカードは他社スマホでの利用ができないのがデメリットです。
これまでmicroSDカードでデータ移行していた方にとっては注意して頂きたいポイントでもあります。

外部ストレージで拡張したい場合は、別途購入が必要です。

HUAWEI P40 lite 5Gの価格は?

メリット・デメリットを確認してきましたが、実際の価格が気になりますよね。

IIJmioでは、HUAWEI P40 lite 5Gを下記の価格で販売しています。

24回払い 1,580円(税抜)
一括払い 37,800円(税抜) 

価格やキャンペーン情報は下記より確認してください。

IIJmio公式ページ

HUAWEI P40 lite 5Gのレビューまとめ

ここまで、HUAWEI P40 lite 5Gを実際に使った感想をご紹介しました。

以下にレビューをまとめます。

HUAWEI P40 lite 5Gのレビューのまとめ

  • スペックが高性能でコストパフォーマンスが高い
  • 最新の通信方式5G対応
  • 4眼レンズでどんなシーンにも対応できる
  • 4000mAhの大容量バッテリーと40wの急速充電
  • Google Mobile Services(GMS)は非搭載

HUAWEI P40 lite 5Gは価格は高性能でありながら価格が安いスマホです。
しかし、一部利用できないアプリがある等のデメリットもあります。

以上を踏まえて、HUAWEI P40 lite 5Gをおすすめするのは以下の方です。

HUAWEI P40 lite 5Gがおすすめの人

  • 手ごろな価格でスマホをお探しの方
  • バッテリー容量の大きさを重視したい方
  • アプリやゲームよりカメラ機能を重視したい方
  • サブ機としての使用をお考えの方

どちらかといえば、ゲームやアプリを使いこなしたい方よりも、カメラをよく撮る方やバッテリー容量の大きさを重視する方、仕事用やサブ機として持ちたい方に向いている機種だといえます。

購入する際は、安く購入できるIIJmioからの購入をおすすめします!

お得なプランやキャンペーンも、ぜひチェックしてみてくださいね。

IIJmio公式ページ

この記事の著者

編集

Soldi編集部

Soldi編集部は「おうちのお金をスマートに」をコンセプトにコンテンツの配信を行っています。

※当サイトに掲載している情報は、万全の保証をいたしかねます。
機器、サービスの価格、スペック等の詳細情報は、必ず各公式サイトでご確認ください。

【完全版】自分に合った格安SIMが見つかる!

【28社比較】おすすめのWiMAXプロバイダはこれ!