Menu

IIJmioのメリット・デメリット・評判総まとめ、格安SIMオタクがIIJmioの魅力を徹底解説します

IIJmioのメリット・デメリット総まとめ、格安SIMオタクがIIJmioの魅力を徹底解説します

IIJ社が運営する「IIJmio」はフルMVNOの代表格で、乗り換えを検討している方も多いのではないでしょうか。

最近では音声SIMの解約金を1,000円に統一したり、同時申し込みのSIM枚数の拡大など、サービス改革にも力を入れています。

IIJmioは新機種やサービスのアップデートが速く、家族・法人向けサービスも充実していて幅広い人におすすめの格安SIMです。

一方で混雑時の速度やデータ量の選択肢の少なさ、専用の店舗がないなどの点もありますが、これらをデメリットだと感じない方であれば乗り換えを検討してOKです。

この記事では、あなたにとって一番お得にIIJmioを使うためのプラン選びを中心に分かりやすく解説します。

【10月限定】IIJmio×soldiタイアップキャンペーン

当サイト経由でIIJmioに新規申し込みされた方限定のキャンペーンです。

1. ファミリー向けプラン契約でSIMカード枚数分1,300円割引×4ヶ月

キャンペーン詳細

データ通信専用SIM・SMS機能付きSIM・音声通話機能付きSIM(みおふぉん)利用開始の翌月から3ヶ月間、1,300円の割引がsoldi経由で申し込みの方は1ヶ月増加 → 合計4ヶ月に!

キャンペーンからIIJmioに申し込む

2. 【iPhoneも】みんなオトクに!人気スマホ999円キャンペーン

キャンペーン詳細

soldi経由で新規に「音声SIM」と同時に以下「対象端末」を申し込むと対象端末の販売価格が以下の割引価格になります。

端末一括24回
APPLE iPhone7(128GB)29,800円1,245円
ASUS Zenfone Live (L1)999円42円
OPPO AX74,800円200円
HUAWEI nova lite39,800円435円
HUAWEI P30 lite19,800円830円
SHARP AQUOS sense2 SH-M0819,800円830円
HUAWEI P3050,000円2,175円

キャンペーンからIIJmioに申し込む

3. みんなオトクに!音声SIMギフト券プレゼントキャンペーン

キャンペーン詳細

soldi経由で新規にIIJmioの音声SIMと同日に「対象端末」を申し込むと「選べるe-GIFT」プレゼント。

端末売価ギフト額
ASUS Zenfone6(6GB)64,800円5,000円
ASUS Zenfone6(8GB)79,800円5,000円
SHARP AQUOS zero SH-M1069,800円5,000円
ASUS Zenfone MAX(M2)24,800円3,000円
Motorola moto g7 plus29,800円3,000円
OPPO Reno 10x Zoom94,800円5,000円
SHARP AQUOS R2 compact SH-M0959,800円5,000円

キャンペーンからIIJmioに申し込む

IIJmioのメリット・デメリット

まずはじめにIIJmioの主なメリット・デメリットを以下にまとめました。

ここから、あなたが本当にIIJmioを契約するべきか検討していきましょう。

IIJmioに申し込む

メリット1. 大手フルMVNOならではの高い信頼性

IIJmioは格安SIM業界の老舗で、昔から安定感があることで個人・法人ともに評判のフルMVNOです。

「フルMVNO」とは?

大手キャリアの回線を借りずに、自ら運用したサービス提供を行う事業形態のこと。

IIJmioを運営する「IIJ」は1993年、日本で最初にインターネット接続の商用サービスを開始したインターネットサービスプロバイダです。

サポート相談やユーザーのことを考えた動作検証を活発に行っていて、特にiPhone新機種やiOSの新バージョンが登場するとすぐに動作確認を行って結果を公開するなど、安心感・信頼感は抜群です。

メリット2. 契約者の名義だけで家族もまとめてMNP転入できる

IIJmioは家族での利用に非常に適した格安SIMです。

これまでは他社からIIJmioに乗り換える際、電話番号の契約者名義が異なる場合は、代表者に名義を統一した上でMNP転入しなければなりませんでしたが、

2019年9月24日から、契約名義が異なっていても名義変更の必要がなく、一括でMNP転入手続きが可能になりました。

異なる名義でMNP転入した場合は、申し込み完了と同時にIIJmioの契約者名に変更されます。

同時に、家族向けのファミリーシェアプランで申し込み可能なSIMカードの枚数も最大3枚から5枚に拡大されています。

セット購入できる端末台数も増えるため、他社の格安SIMに比べて家族での乗り換えが検討しやすくなっています。

メリット3. セット販売されるスマホの機種が充実

IIJmioでは契約と同時に端末のセット購入も可能です。

この端末のラインナップが、iPhoneこそ中古端末ですが、Android端末は他社と比較しても群を抜いて充実しています。

IIJmioの主な人気機種ラインナップ

  • OPPO AX7
  • OPPO R17 Pro
  • SHARP AQUOS sense2 SH-M08
  • ASUS ZenFone Max Pro(M2)
  • ASUS ZenFone 6
  • Sony Xperia Ace

上記は主な人気機種の一部ですが、時期によって大幅な値引きキャンペーンなども行っていますので、詳しくはSIMフリースマートフォン端末ラインナップを参照して下さい。

メリット4. 「バースト機能」で低速状態でもページ読み込みが快適

データ通信量を節約するための機能は他の格安SIMにもよくありますが、IIJmioの「バースト機能」は、ページを読み込ん瞬間だけ高速通信を行う機能で、読み込みにかかるストレスを大幅に軽減してくれます。

通信速度は遅くなりますがデータ消費の節約につながり、テキストベースのサイトやTwitterのタイムラインなどは問題なく読み込むことができるでしょう。

メリット5. 「みおフォンダイアル」で通話料が半額

IIJmioの通常時の通話料は20円/30秒ですが、専用アプリ「みおフォンダイアル」を利用すれば半額の10円/30秒で通話することができます。

さらに、家族間では通話料がさらに20%安くなるため「みおフォンダイアル」を利用すれば実質8円/30秒で通話することが可能です。

通話に関してはLINEなどの無料通話アプリを使う人が多いですが、場所や環境によって思った通りに通話できない場合などにも、通話へのハードルが非常に低くおすすめです。

なお「みおフォンダイアル」ではフリーダイヤルや110、119等に通話をすることはできませんので、その点は注意しましょう。

メリット6. ほとんどの機種でテザリング可能

IIJmioは、iPhoneを含む多くの機種でテザリングが可能(無料)です。

具体的な対応機種一覧はIIJmioの動作確認端末のページを参照下さい。

IIJmioに申し込む

デメリット1. 支払いはクレジットカードのみ

IIJmioの支払い方法はクレジットカードのみで、口座振替やその他の支払い方法には対応していません。

毎月月末締めとなっており、クレジットカード会社への請求は翌日の7日頃になります。

デメリット2. 低速通信も使いすぎると利用制限がかかる

IIJmioの高速・低速通信の切り替えは非常にかんたんで、専用のアプリ(IIJmioクーポンスイッチ)からオン、オフの切り替えだけで適用できます。

低速通信は下り最大200kbpsでデータ通信量はカウントされませんが、この状態でも3日間の通信量が366MBを超えると、さらに通信制限がかかりますのでご注意下さい。

デメリット3. 専用の店舗がない

IIJmioは、他の大手の格安SIMのような専用のショップがありません。

申し込みやプラン変更等の手続きは基本的にネット経由がメインとなります。

  • 何かあったときに対面でサポートしてほしい
  • 申し込みもショップ店員に説明を受けながら行いたい

といった場合は、ショップのある他の格安SIMを検討しましょう。

ショップのある格安SIMではUQモバイルや楽天モバイルが店舗数も多くおすすめです。

デメリット4. 通信速度は遅いわけでないが、高速な部類ではない

最後にIIJmioの実際の通信速度についてです。

検証やアップデート対応にかなり力を入れているIIJmioですが、通信速度はUQモバイルやY!mobileのような 「業界最速クラス」には遅れを取っています。

MMD研究所の通信速度比較

2019年3月格安SIM・格安スマホ通信速度調査より引用

緑の枠がIIJmioのドコモ回線(Dプラン)とau回線(Aプラン)です。

上記はMMD研究所が2019年3月に発表した主要3都市の通信速度調査の結果ですが、通信速度のランキングでは今ひとつの印象が否めません。

IIJmioに申し込む

IIJmioの料金プラン

IIJmioの料金プランはドコモ回線(Dプラン)とau回線(Aプラン)で異なります。

データ容量は3種類から選べるようになっており、表にまとめましたので自分が契約したいプランを確認しましょう。

選べるデータ容量は3種類と少ないものの、価格的にはかなり良心的です。

※スマホの方は表をスワイプできます。

ドコモ回線(Dプラン)の料金表
容量データ通信専用SIMSMS機能付きSIM音声通話機能付きSIM
3GB
ミニマムスタートプラン
900円1,040円1,600円
6GB
ライトスタートプラン
1,520円1,660円2,220円
10GB
ファミリーシェアプラン
2,560円2,700円3,260円
初期費用3,000円
SIMカード発行手数料394円

※スマホの方は表をスワイプできます。

au回線(Aプラン)の料金表
容量データ通信専用SIMSMS機能付きSIM音声通話機能付きSIM
3GB
ミニマムスタートプラン
なし900円1,600円
6GB
ライトスタートプラン
なし1,520円2,220円
10GB
ファミリーシェアプラン
なし2,560円3,260円
初期費用3,000円
SIMカード発行手数料406円
  • データ通信専用SIM … データ通信のみが使用でき、通話はできません
  • SMS機能付きSIM … 電話番号で短文のメッセージが送受信できます、LINEなどSNSの本人確認に使用します
  • 音声通話機能付きSIM … データ通信、SMS、通話も可能な標準的なSIMです

使いきれなかったデータ容量は、自動的に翌月に繰り越されます。

ドコモ回線(タイプD)の方がau回線(タイプA)に比べて若干下りの通信速度が速い(788Mbpsと370Mbps)ですが、ドコモ回線(タイプD)のみ、SMS機能の有無によって料金が140円変わります。

その他の料金についても以下の表で確認しておきましょう。

※スマホの方は表をスワイプできます。

IIJmio その他料金表
追加SIM利用料400円(税抜)/月
SIM追加手数料2,000円
ユニバーサルサービス料金2円
通話料金20円/30秒
家族間通話は16円/30秒
MNP転出手数料3,000円
  • ※SIM追加手数料 … 初回申し込み以外で追加SIMを申し込んだ場合の料金です

最後にオプションです。特に、家族でIIJmioの契約を検討している方には「家族でかけ放題オプション」がおすすめです。

※スマホの方は表をスワイプできます。

IIJmioの主要なオプションの料金表
オプション名内容料金
誰とでも3分&家族と10分かけ放題「みおフォンダイアル」を利用して通話すると、記載の時間の通話量が定額600円/月
誰とでも10分&家族と30分かけ放題830円/月
端末保証ご利用の端末に故障・破損・水濡れなどのトラブルが起きた際、交換端末を2日以内にお届け。
IIJmio提供の端末に適用可能です。
端末により値段が異なります。
380円~500円/月
つながる端末保証IIJmio提供の端末以外の持ち込みも可。500円/月
スマホの操作サポートスマホの使い方などをオペレータが画面共有でサポート。500円/月
IIJmio WiFi by エコネクト日本全国75,000ヶ所以上のWi-Fiスポットが利用可能に。362円/月
大容量オプション各プランに、データ量を毎月追加して利用可能に。3,100円/月(20GB)
5,000円/月(30GB)
データ容量の追加会員ページからデータ容量の追加が可能。
「IIJmioクーポンカード」で追加する場合は追加容量が異なります。(1,500円/500MB、3,000円/2GB)
200円/100MB

プラン選びが難しい人は、IIJmioのコミコミセット

IIJmioの料金プランは他の格安SIMと比較してもシンプルで分かりやすいですが、中には自分が乗り換える際どのプランに乗り換えるべきか、分からないという人もいるはずです。

そんな方のために、IIJmio側が用意したコミコミセットというものがあり、

  • IIJmio側の指定した9種類の端末から自分に合ったものを選択(料金は端末によって変わります)
  • データ容量は3GB
  • 3分以内であれば通話かけ放題

で、IIJmioにかんたんに申し込むことができるようになっています。

※スマホの方は表をスワイプできます。

IIJmioのコミコミセットの料金表
音声通話機能付きSIM(3GB)
かんたん入門モデル1,880円
標準モデル2,480円
高機能モデル2,980円

プラン選びやオプションの選択に迷ってしまうという人は、コミコミセットも検討してみて下さい。

IIJmioに申し込む

IIJmioの評判は?利用者の口コミをご紹介

ここまでIIJmioについてご紹介しましたが、実際のユーザーの満足度を口コミで探ってみましょう。

IIJmioの通信速度には満足している?

通信速度については、これ以外にも最近遅くなったという声が散見されました。

しかし通信速度は利用環境や利用時間の影響を大きく受けるため、一概にIIJmioが遅いとは言えません。

IIJmioの料金には満足している?

料金については満足度の高い口コミが見られました。

家族で契約できる「ファミリープラン」があるのも、満足度が高いポイントのようです。

IIJmioに申し込む

IIJmioのよくある質問Q&A

IIJmioに関するQ&A、よくある質問

最後に、IIJmioの契約を検討している方からよくいただく質問に回答していきます。

Q. 解約はかんたんにできる?

A. 音声通話機能付きSIMは、解約した月によって解除調停金(違約金)の金額が変わります。ただし、初期契約解除制度を利用した契約解除の場合は、音声通話機能解除調停金はかかりません。

まず、IIJmioの最低利用期間は翌月の末日までとなっており、この期間を過ぎればいつでも解約することは可能です。

音声通話機能付きSIMの場合は、利用開始から12ヶ月以内に解約すると音声通話解除調停金と呼ばれる違約金最大12,000円かかり、解除調停金の金額は利用した期間に応じて以下のように変わります。

※スマホの方は表をスワイプできます。

IIJmioの解約月と解約調停金の早見表
解約月解除調停金
契約月に解約12,000円
1ヶ月後11,000円
2ヶ月後10,000円
3ヶ月後9,000円
4ヶ月後8,000円
5ヶ月後7,000円
6ヶ月後6,000円
7ヶ月後5,000円
8ヶ月後4,000円
9ヶ月後3,000円
10ヶ月後2,000円
11ヶ月後1,000円
12ヶ月後0円

利用開始から12ヶ月が経過していれば、音声通話機能付きSIMでも解約時に解除調停金がかかることはありません。

Q. 今の端末でそのまま乗り換えできる?

A. 一部端末によって「SIMロック解除」が必要です。

基本的にIIJmioはau、ドコモで契約した端末であればそのまま利用可能ですが、一部au端末ではSIMロックの解除が必要になります。

動作確認端末一覧のページから、乗り換え時に持ち込みたい機種が対応しているか、確認しておきましょう。

Q. プラン変更はかんたんにできる?

A. 会員ページからかんたんに切替可能です。

プランの変更はIIJmio契約後にログイン可能になる会員ページからかんたんに変更することができます。

変更したプランは、申し込んだ翌月1日からの適用になります。この際、データ容量が残っていた場合は翌月に繰り越すことができます。

ただし、プラン変更の手続きと追加SIMカードの乗り換え(MNP転入)を同時に申し込むことはできませんのでご注意下さい。

IIJmioに申し込む

まとめ

ここまでで、IIJmioの特徴・料金プランの詳細、あなたが一番お得にIIJmioを使うためのプラン選びのポイントを分かりやすく解説しました。

最後に振り返りをしていきます。まずは、IIJmioの主なメリット・デメリットです。

上記から、IIJmioがあなたに合った格安SIMかどうか検討していきましょう。

総評としては、IIJmioは通信速度こそ最速ではないものの、サポートの対応や新しい取り組みなどが盛んなフルMVNOの代表格で、家族での利用を想定している方には特におすすめの格安SIMです。

また、セット購入で選べる端末が多いのも魅力的なポイントと言えます。

料金プランもシンプルかつ良心的な金額で、現在あなたがキャリアで契約されているなら、月の携帯代を大幅に節約できるでしょう。

これから格安SIMの乗り換えに際し、IIJmioのメリット・デメリットが自分に合うか検討してみて下さい。

IIJmioに申し込む

おすすめ格安SIM5選!

  • Y!mobile
  • キャリアなのに安い・かつ速いと言うイイトコ取りサービス
  • 公式サイトへ
  • UQモバイル
  • auのサブキャリア! Web限定で5,000円の高額キャッシュバックも実施中!
  • 公式サイトへ
  • mineo
  • サービス満足度1位! 安定性が自慢かつ、キャンペーン適用で最安値クラスに!
  • 公式サイトへ
  • BIGLOBEモバイル
  • 動画も音楽も好きなだけ! エンタメフリーオプションが魅力!
  • 公式サイトへ

この記事の著者

編集

Soldi編集部

Soldi編集部は「おうちのお金をスマートに」をコンセプトにコンテンツの配信を行っています。

※当サイトに掲載している情報は、万全の保証をいたしかねます。
機器、サービスの価格、スペック等の詳細情報は、必ず各公式サイトでご確認ください。

【完全版】自分に合った格安SIMが見つかる!

【28社比較】おすすめのWiMAXプロバイダはこれ!