Menu

他サービスより簡単!IIJmioの安心・安全な解約の全手順

スマホとハートの紙を持った女性

IIJmioは、格安SIMの中でもシェアNO.1(公式サイトによる)と人気があります。

でも、いろんな格安スマホから魅力的な特典やサービスが次々と登場する今、IIJmioよりお得で使いやすいところに乗り換えたいと解約を検討中の人もいると思います。

その際IIJmioの解約ってややこしいんじゃないの?と不安になっていませんか。

結論から言いますと、IIJmioは解約のときも手続きが簡単で、長く付き合うほど違約金が安くなるなど、独自のシステムも好感が持てました。

公式サイトの記載は意外と分かりにくいし、情報サイトも文字が多くて結局分からなかったのですが、実際に解約してみると簡単なんです。

分かったのは、IIJmioの解約はカンタン! 他のキャリアや格安スマホと比べても良心的! ということです。

その理由のひとつは、IIJmioの音声通話機能付きSIMの場合、契約期間に応じて解約違約金を支払う規約のため解約時期は自分で決められるという点です。

同じ違約金を支払うにしても、契約期間が長いほど解約違約金が安くなるのもありがたいですよね。

そんな解約時に活かしたい利点を踏まえ、できるだけ解約費用をかけずにトラブルなしにスムーズに解約する方法を分かりやすくご紹介します。

ベストなタイミングで手続きができるよう、この記事を読んで準備しておきましょう。

IIJmio公式ページ

基本のIIJmio解約の流れ

スマホを触る女性

基本的な解約の手順を簡単なフローにまとめたので、早速みていきましょう。

IIJmoを解約するとき知っておきたいのは、解約手続きをする月の月額基本料は満額必要だということです。

また、月末までは解約予約扱いとなり、SIMカードは月の末日まで使用できます。

IIJmio	解約

IIJmioの解約:よくある疑問をまず解決!

解約を決めた人が疑問に思うのは、解約違約金を支払わなければいけないのはどんな場合で、支払わないですむようにするにはどうすればよいか、ですよね。

私自身、解約を考えて最初に確認したのは、解約違約金をできるだけ抑える方法でした。

解約違約金の支払いが必要なのは定められた最低利用期間が終わらないうちに解約する場合ですので、まずはIIJmioの最低利用期間がどう決められているのか見ていきましょう。

その他、この章全体では、以下のような疑問を解決します。

よくある解約の疑問(1):2種類ある最低利用期間って?

解約するときに違約金が発生するのは、最低利用期間に達していないうちに手続きする場合です。

IIJmioでは最低利用期間を、データSIM(SMS付きデータSIMを含みます)の場合は2カ月、音声通話機能付きSIMの場合は、12カ月と定めています。

このことを簡単な表にすると次のようになります。

IIJmio	解約

音声通話機能付きSIM(みおふぉん)の最低利用期間は12か月

多くの人はデータSIMより、音声通話機能付きのみおふぉんを利用していますが、最低利用期間は12カ月と短めです。

しかも、契約期間が長いほど解約違約金が安くなる、独自の規約も長期ユーザーに好印象です。

できれば12カ月を過ぎてから解約するほうが違約金を支払わずにすむので良いですが、次に契約するキャリアや格安スマホのキャンペーンとも考え合わせて、お得なベストタイミングを見つけましょう。

mioモバイル(データSIM/SMSつき)の最低利用期間は2か月

カレンダーとスマホと電卓とノート

通常の音声通話機能がセットされていない、データSIMやSMSつきのプランの場合は、最低利用期間が2カ月と短く設定され、その期間は解約自体ができません。

最低利用期間は解約できないので、解約違約金も発生することはないのです。

早期に解約希望の場合も、2カ月は待ちましょう。

2カ月といっても利用開始日からその月の月末までとその翌月末までなので、最長で2カ月、最短は1カ月と1日になります。

よくある解約の疑問(2):音声通話機能付きSIMの違約金とは?

mioモバイル(データSIM/SMSつき)の場合は、2カ月最低利用期間中は解約できないので、解約違約金が生じることがないことは、ご説明しました。

では、契約期間によって解約違約金が変わるという、音声通話機能付きSIM(みおふぉん)の場合をくわしくみていきましょう。

音声通話機能付きSIM(みおふぉん)は、最低利用期間の12か月に満たす前に解約しない限り、違約金はかかりません。

12カ月を満たす前に解約する場合は、残り月×1,000円が解約違約金となります。

利用を開始した月を残り12カ月とし、翌年の利用開始月と同じ月が残り0カ月とします。

2017年6月に利用開始した場合の解約違約金を表にしました。

 残りカ月×1,000円解約違約金(税抜)
6月 (利用開始月)に解約の場合残り12カ月×1,000円12,000円
7月に解約の場合残り11カ月×1,000円11,000円
8月に解約の場残り10カ月×1,000円10,000円
9月に解約の場残り9カ月×1,000円9,000円
10月に解約の場残り8カ月×1,000円8,000円
11月に解約の場残り7カ月×1,000円7,000円
12月に解約の場残り6カ月×1,000円6,000円
1月に解約の場残り5カ月×1,000円5,000円
2月に解約の場残り4カ月×1,000円4,000円
3月に解約の場残り3カ月×1,000円3,000円
4月に解約の場残り2カ月×1,000円2,000円
5月に解約の場残り1カ月×1,000円1,000円
6月に解約の場残り0カ月0円

参照:IIJmio「解約時に違約金や手数料が発生することはありますか?」

よくある解約の疑問(3):MNP転出手数料って?

解約違約金がかからない場合でも、MNP転出の場合は手数料3,000円(税抜)が必要になります。

MNP転出は、携帯番号をそのまま次に契約するキャリアや格安スマホでも使用する場合に行う手続きです。

MNP転出については、解約手続きのみと、解約手続き+MNP転出の違いでくわしくご紹介します。

よくある解約の疑問(4):端末代はどうなる?

分割で端末代を支払っている場合は、一緒に解約できるかどうか気になりますよね。

IIJmioでは端末代金の分割支払いが終了していなくても、継続して支払いを続けることで音声通話機能付きSIMやデータSIMを解約することができます。

引き続きこれまでと同じクレジットカードで月決めの端末料金が引き落とされます。

よくある疑問(5):解約月の費用はどうなる?

IIjmioでは、解約月の月額基本料は日割りではなく、満額支払いとなります。

日割りしてもらえないのはちょっと残念な気がしますが、その分月末までは解約予約扱いになり、SIMカードは月の末日まで使用できるのです。

次に格安スマホと契約する場合、SIMカードが郵送されて来るまでwedサイトで申し込みをしてから2~3日かかるので月末までの解約予約期間を利用することができます。

よくある解約の疑問(6):SIMカードの返却は必要か

SIMカードは、レンタルしているので返却の必要があります。

解約を申請した月の最終日までを解約予約期間として引き続きSIMカードを使うことができますが、解約予約期間を終わった時点で速やかに、SIMカードを下記宛に郵送にて返却します。

送料は、ご自身の負担となります。

▼SIMカード返送先住所

〒143-0006
東京都大田区平和島3-6-1
東京団地倉庫A-2 棟 住友倉庫内
IIJ モバイル 解約受付センター
TEL:0570-09-4400
参照: SIMカードの返却方法を教えてください。

よくある解約の疑問(7):複数SIMのうち1枚を解約したい場合はできる?

ひとつのプランで複数のSIMカードを契約していて、そのうち1枚だけ削除することができます。

その際の解約違約金や月額使用料金は、通常の解約時と同様の扱いとなります。

また、SIMカードの返却も同様の必要です。

削除方法は、IIJmio公式サイトの会員専用マイページからログインして、SIMカードの削除を手順通りに行います。

この通りにすればOK!IIJmioの解約全手順

解約手続きは、IIJmio公式サイトの会員専用マイページから行います。

解約自体は、ここであっという間に完了することができます。

この時に必要なのは、IIJmioのIDまたは登録メールアドレスと、IIJmioパスワードだけです。

IIJmioの解約は会員専用マイページから行う

IIJmio公式サイト会員専用マイページのログイン画面はこちらです。

IIJmio公式サイト会員専用マイページ

ここからログインして、解約手続きに進んでいきます。

手続きが完了すると、月末までは、解約予約期間となります。

「解約手続きのみ」と、「解約手続き+MNP転出」の違い

ここまで、IIJmio解約の疑問点をクリアにしてきました。

次に契約するキャリアや格安スマホに、現在使っている携帯番号を使用しない場合は、これまでご紹介してきた解約手続きのみで完了です。

現在使用している携帯番号を、次に契約するキャリアや格安スマホでも使いたいときは、解約手続きに加えてMNP転出手続きが必要です。

MNP転出の際に必要となるMNP予約番号は、IIJmio公式サイトの会員専用マイページからログインして取得します。

気をつけたいのは、MNP予約番号の発行までに4日ほどかかるということです。

またMNP転出には、手数料として3,000円(税抜)が必要です。

MNP転出後は、次に契約をするキャリアや格安スマホに、MNP転入を行います。

その際に、MNP予約番号が必要となるのです。

続いて各キャリアや他の格安スマホのMNP転入方法をみていきましょう。

ひと目でわかるキャリア別・MNP転入手続き方法!

2台のスマホを持つ女性

MNP予約番号を受け取ったら、有効期限は予約当日を含めて15日間なので、この間にMNP転入を行います。

MNP転入先によってはMNP予約番号の期限を10日以上必要とするところもあります。

MNP転入の基本は、取得したMNP予約番号を持って、次に契約するキャリアや格安スマホの店舗か公式サイトでMNP転入の手続きを行います。

ソフトバンクへのMNP転入の場合
  1. MNP予約番号を取得
  2. ソフトバンクショップかオンラインショップで申し込み
    準備するもの:MNP予約番号、本人確認書類、クレジットカード、印鑑
auへのMNP転入の場合
  1. MNP予約番号を取得
  2. auショップかauオンラインショップで申し込み
    準備するもの:MNP予約番号、本人確認書類、クレジットカード、印鑑
docomoへのMNP転入の場合
  1. MNP予約番号を取得
  2. docomo取り扱い店で申し込み
    準備するもの:MNP予約番号、本人確認書類、クレジットカード、印鑑
他の格安SIMサービスへのMNP転入

格安スマホの場合のMNP転入には、キャリアと同様の手続きステップに加えて、SIMカードを受け取る必要があります。

そのため、手続きには大手キャリアに乗り換える場合より日数が必要となります。

MNP予約番号の15日の期限にも注意しましょう。

詳しいMNP転入方法は、各格安スマホの公式サイトのMNP転入についてのページをご参照ください。

UQ mobileへの転入方法はこちら

楽天mobileへの転入方法はこちら

Y!mobileへの転入方法はこちら

mineoへの転入方法はこちら

IIJmio公式ページ

まとめ

IIJmioの解約は、簡単でしかもユーザーの立場で利用しやすい規約内容になっていることが分かりました。

スムーズに解約して、解約予約期間を利用しながら次の契約先へと乗り換えれば、快適に新しいスマホライフが始められます。

最後に、IIJmioの解約メリットを活かして、上手に乗り換えるためのステップを簡単にご紹介します。

ベストな解約時期の確認からSIMカードの返却まで

解約を決めたら解約違約金が発生しないよう、ベストな解約時期を決めてから実際の解約手続きに進みましょう。

次の6つのステップをクリアすれば解約作業は終了です。

  1. 利用開始月から計算し、解約違約金が発生しないか確認する。
  2. 新規契約先の特典とIIjmioの解約違約金の金額からお得な解約時期を算出し、解約時期を決定
  3. IIJmio公式サイトから解約手続き
  4. IIJmio公式サイトからMNP予約番号を取得(申請から4日ほど必要)
  5. 乗り換え先に申し込み(MNP転入手続き、新規への契約先に申し込み)
    格安スマホの場合は申し込み後SIMカードを受け取る。
  6. SIMカードの返却

2017年6月に利用開始した場合の解約違約金 (税抜)

 残りカ月×1,000円解約違約金(税抜)
6月 (利用開始月)に解約の場合残り12カ月×1,000円12,000円
7月に解約の場合残り11カ月×1,000円11,000円
8月に解約の場残り10カ月×1,000円10,000円
9月に解約の場残り9カ月×1,000円9,000円
10月に解約の場残り8カ月×1,000円8,000円
11月に解約の場残り7カ月×1,000円7,000円
12月に解約の場残り6カ月×1,000円6,000円
1月に解約の場残り5カ月×1,000円5,000円
2月に解約の場残り4カ月×1,000円4,000円
3月に解約の場残り3カ月×1,000円3,000円
4月に解約の場残り2カ月×1,000円2,000円
5月に解約の場残り1カ月×1,000円1,000円
6月に解約の場残り0カ月0円
※当サイトに掲載している情報は、万全の保証をいたしかねます。
機器、サービスの価格、スペック等の詳細情報は、必ず各公式サイトでご確認ください。

【完全版】自分に合った格安SIMが見つかる!