Menu

IIJmioのセーフティメールとは?初心者でも安心の取得・設定手順を徹底解説

くつろぎながらスマホを見る女性

大手キャリアのスマートフォン以外でもメールを利用したい。

「IIJmio」はどのように利用するのか。

またはキャリアメールとどのような違いがあるのか。などの疑問を持っている人もいると思います。

この記事では、「IIJmioのセーフティーメール」についての情報を網羅して以下の疑問に答えます。

  • メリットは何?費用は追加でかかる?
  • メールアドレスの作成ルールとドメインはどのような形式で割り当てられるのか?
    ※ドメインとはYahooアドレスを例にすると、「@yahoo.co.jp」など@の後ろについているものを指します。
  • アドレスはどのような手順で取得すればいいの?
  • 携帯キャリア・PCのメールアドレスと何か違いがあるのか?
  • Android/iOSなどの携帯での設定やPCで利用する際の設定方法ってどうすればいいのか?

「IIJmioのセーフティーメール」は、月額300円(税抜)で使える容量10MBまでのメール受信が無制限のメールサービスです。

また、申込みも「IIJmio」の申込み画面の設定(セーフティメール)から希望のメールアドレスを入力するだけで、申込みが可能で、非常に簡単です。「IIJmio」のセーフティメールを利用するまでの流れは以下の通りです。

「mioセーフティメール」の利用開始までの3ステップ

  1. IIJmioセーフティメールを申込みする(SIMカードの申込みは行わないでOK!)
  2. メールパスワードの設定をする
  3. 「スマホ」またはPCブラウザのメール設定を行う

今回の記事では、IIJmioの「セーフティメール」を取得したあなたが必要な設定を携帯・PC共にすべてお伝えします。

事前に見ておくと安心!というセーフティメール関連のQ&Aも紹介しますよ。

ぜひこの記事の通りに設定を行ってみてください。

ではまいりましょう!

IIJmio公式ページ

目次

【IIJmio×soldi】オンライン全ユーザ対象キャンペーン

シェアNo.1記念 スマホ代月額300円キャンペーン

  • 期間2019年2月21日(木)~2019年5月8日(水)
  • 特典内容:
  • 初期費用1円
  • 音声通話機能付きSIM付帯料1,300円×3ヵ月割引
  • データ通信量1GB×12ヵ月増量→当サイトのみ2GB×12ヵ月増量

更に、下記ボタンからお申込みの方限定で、さらにデータ通信量1GB×12ヵ月増量になります。
契約のお申込窓口はいろいろありますが、今なら下記からが1番お得です。

専用キャンペーンサイトから申し込む

IIJmioのmioセーフティメールサービスとは

「mio セーフティメールサービス」は、フリーメールアドレスと違い、安全性に優れたメールサービスです。

以下のセキュリティ機能を搭載して、月額料金300円(税抜)という低価格で提供している点が魅力です。

「mio セーフティメールサービス」3つの注目セキュリティ

  • ウイルス検出・駆除機能
  • STARTTLS/STLS、SMTP認証 ※1
  • メールフィルタリング

※1 メールの送受信プロトコルであるSMTP/POP内でデータを暗号化する通信方式です。

この章ではセキュリティ以外にも「mioセーフティメールサービス」の気になるポイントを、以下の4点に絞ってお伝えしていきます。

「mioセーフティメールサービス」の気になるポイント

  • 利用料金の安さ
  • スペックの高さ
  • 利用するにあたっての注意事項
  • mioセーフティメールサービスの特徴

まずは「利用料金の安さ」から説明したいと思います。

mioセーフティメールサービスの利用料金

SIMカードの申込み/使用料金を掛けることなく、「mioセーフティメールサービス」のみを利用することが可能です。

mioセーフティメールの利用料金
費用種類利用料金
初期費用0円
月額費用324円

参照:IIJmio「セーフティメール概要」 
※mioセーフティメールサービスのみの利用料金は月額料金のみ発生します。
※上記の料金は消費税を含む料金です。
※申込み月の月額料金は日割となります。

mioセーフティメールサービスのスペック

受信メール数が「無制限」などスペックの高いサービスとなっています。そして、以下の3つの特徴があります。

mioセーフティメールサービスの特徴

  • 受信メール容量10MBまで
  • 1日あたりの送信メール数1,000通まで
  • メール保存期間30日間(未読・既読ともに)

※送信メール数:1日1,000通もメールを送るということはなかなか無いと思いますが、制限がある点を認識しておくようにしましょう。

スペック早見表
受信メール数無制限
受信メール容量無制限(ただし、1通あたりの容量は10MBまで)
送信メール数1日あたり1,000通まで
メール保存期間未読・既読ともに30日間
メール転送2ヶ所まで指定可能
(転送したメールをサーバに残す設定も可能)
APOP ※1対応
メールフィルター受信・削除したいメールを任意に設定可能
なりすましメール対策フィルタSPF及びDKIM ※2を利用した、メールのフィルタリング
MailViewerWebブラウザでメールの送受信が可能
携帯版MailViewer携帯電話でメールの送受信が可能

参照:IIJmio「セーフティメール概要」
※1:POPによるメール取得時に行われるユーザ認証の際に、毎回異なるパスワードを利用する認証方式です。暗号化されたパスワードがネットワーク上を流れる為、通常の認証方式に比べて安全な運用が可能です。
※ 2:送信ドメイン認証に利用される手法のひとつです。電子署名を利用します。 DNSサーバ上に公開鍵を、メール送信サーバ上に秘密鍵を設置し、秘密鍵 で生成した署名情報を送信されるメールのヘッダに記述します。メール 受信サーバにおいて、メールの署名情報と公開鍵とを照合することにより、メールが正当なメールサーバから送信されたものかを判別することが可能となります。

mioセーフティメールの注意事項

先ほどは主に「メール容量」や「保存期間」などのデメリットについて説明しました。

今度はメール転送時や、大量送信に対する注意事項についてまとめました。

mioセーフティメールサービスの注意事項

  • 最低利用期間は申込み日より1ヵ月となります。
  • 転送先メールアドレスの誤りなどでメール転送が失敗した場合は、差出人のメールアドレスに返信されます。
    ※なお、返信されるエラーメールには、転送先メールアドレスが記載される場合があります。
  • メールサーバに大量のメールを保存したままにすると、メール送受信が遅くなることがあります。
  • 短時間に大量のメールを送信した場合は、メールの送信速度が下がる可能性があります。
  • 送信ドメイン認証によりすべてのなりすまし等の行為がなくなるものではありません。

参照:IIJmio「セーフティメール概要 注意事項」

最後に「mioセーフティメールサービス」の特徴についてピックアップしたいと思います。

特徴(1)メールアカウント名が選択可能

2~20文字の間でお好みのメールアカウント名を指定できます。

作成後のメールアドレスは以下の例を参照してください。

※メールアドレス例:sample9999@miomio.jp

※ただし、他のユーザで既に指定したメールアカウントが利用済みであった場合は別のメールアカウント名に指定し直す必要があります。

※上記以外の条件については「取得できるメールアドレスのサンプル」を参照してください。

また、mioセーフティメール 11契約につき、1メールアドレスのみの提供となっております。

※複数のメールアドレスを取得したい場合は、mioセーフティメールを複数申込みする必要があります。

その場合は月額費用も申込み分掛かってきますので注意してください。

特徴(2)ドメインは5種類から選べる

携帯・PCのキャリアでは決められたドメインを利用するケースもありますが、「IIJmio」のセーフティメールでは以下の5つのドメインの中から好きなドメインを選択することができます。

選択可能なドメイン

  • iijmio-mail.jp
  • miomio.jp
  • miobox.jp
  • e23.jp
  • X-IL.jp

取得できるメールアドレスのサンプル

メールアドレスの指定には以下の「メールアドレス取得条件」があります。

申込み時に「希望のメールアカウント」と「メールドメイン」の指定を行います。

その2つの組み合わせで他の利用者と重複していない場合に限り、申込みの手続きに進めます。

実際に申込みが通ったメールアドレスをサンプルで記載したので参考にしてください。

メールアドレス例:sample9999+@miomio.jp

その他メールアドレスサンプル
IIJmioの「mio」を含むドメイン名メールアドレス例
iijmio-mail.jpiij-taro@iijmio-mail.jp
miomio.jpiij-taro@miomio.jp
miobox.jpiij-taro@miobox.jp
短いドメイン名メールアドレス例
e23.jp[3文字+.jp]iij-taro@e23.jp
X-IL.jp[4文字+.jp]iij-taro@X-IL.jp

参照:IIJmio「サービス仕様」

■メールアドレス取得条件

1.文字数は2文字以上20文字まで。

2.使用できる文字は、英小文字(a~z)、数字(0~9)、"-"(ハイフン)のみ。

3.先頭文字として"-"(ハイフン)は使用できません。

4.他の利用者が使用しているメールアカウントは使用できません。

IIJmio「お見積もり条件の設定」(セーフティメール) から引用

特徴(3)PCブラウザでも利用できる

「mioセーフティメール」は「Mailviewer」という機能を利用することで、ブラウザ上でもメール送受信を行うことが可能です。

ただ利用する場合には条件がありますので、詳細については、「PCブラウザでも使いたい!Mailviewerの設定方法」を確認してください。

IIJmioメールアドレスの取得・設定手順

スマホに届いた新着メールを確認する女性

mioセーフティメールは「IIJmioホームページ」から「ご購入/お申込み」に進んでいくと、SIMカード/端末&SIMカードの申込み画面に進んでしまうため注意が必要です。

別途、お見積り画面から進む必要があるため、以下の「お見積り画面」の手順を参照してください。

取得手順に続いてメールの設定作業については「設定STEP1.セーフティメールのパスワード設定」を参照してください。

1.IIJmioの以下「お見積り」ページより「セーフティメール」の「選択」ボタンを押下します。

IIJmio「お見積り」
画像引用:IIJmio「お見積り」

2.希望する「メールアカウント」の入力と、5つの中で希望する「ドメイン」の選択を行います

入力と選択が終了後は「設定」ボタンを押下します。

※押下後に入力された「メールアカウント」と「ドメイン」の組み合わせが他のユーザ重複していないかチェックが掛かります。

IIJmio「お見積もり条件の設定(セーフティメール) 」
画像引用:IIJmio「お見積もり条件の設定(セーフティメール) 」

3.重複していないことが確認できるとお見積り結果が表示されるので、内容に誤りが無ければ「申込みへ進む」へ押下してください

IIJmio「お見積り」
画像引用:IIJmio「お見積り」

4.「mioID」の入力画面が表示されるので、既に「mioID」を所有している人は「mioID」と「mioパスワード」を入力して「ログイン」を押下してください。

※「mioID」を所有していない人は「IIJmio会員登録」を押下してください。

※この後の流れは「IIJmio会員登録」のボタンを押下したケースで説明していきます。

IIJmio「ログイン」
画像引用:IIJmio「ログイン」 

5.「個人情報保護ポリシー」と「当社が個人情報を取得するにあたって示すべき事項」が表示されるので、中身を確認の上で「同意する」を押下します。

IIJmio「メールアドレスの登録 - 個人情報の取扱いについて 」
画像引用:IIJmio「メールアドレスの登録 - 個人情報の取扱いについて 」

6.「これから申し込むメールサービスのメールアドレスを登録する」もしくは「下記に指定するメールアドレスを登録する」のどちらかを選択し、「下記に~」を選んだ場合のみ、登録するメールアドレスを入力してください。

申し込むメールサービスのメールアドレスを登録する場合は既に「IIJmio」を既に利用しているユーザー向けです。

セーフティメールのみ利用したい場合には「下記に~」を選択し、別アドレスを登録することになります。

どちらかを選択後に「次へ」を押下すると、指定されたメールアドレスへ「認証コード」が送付されます。

IIJmio「メールアドレスの登録」
画像引用:IIJmio「メールアドレスの登録」

7.認証コードを入力する画面が表示されるため、メールに記載されている認証コードを入力し、「次へ」を押下します。

IIJmio「メールアドレスの登録 - 完了」
画像引用:IIJmio「メールアドレスの登録 - 完了」

8.申込み者の登録情報の入力画面が表示されます。

主に以下の点について入力します。

  • 氏名/生年月日/住所などの個人情報
  • 引き落とし先となるクレジットカード情報
  • mioパスワード

※mioパスワードは「IIJmio」のユーザ情報確認ページや各サービスマニュアルなどの情報を参照できるページへ接続する際に利用するパスワードとなります。

パスワードには以下の「パスワード設定条件」を守って設定してください。

 ■パスワード設定条件

パスワードの長さは、6文字以上20文字以内です。

•使用できる文字は以下のとおりです。

◦"a"から"z"の半角英小文字

◦"A"から"Z"の半角英大文字

◦"0"から"9"の半角数字

◦以下に示す記号 " # $ % & ' * + , - . / : ; = ( ) [ ] { } ? @ ^ _ ` | ~ !

•メールアカウント名等、安易に類推できる語句の利用は避けてください。

IIJmio「お客様情報の登録」 から引用

IIJmio「お客様情報の登録」
画像引用:IIJmio「お客様情報の登録」

「次へ」のボタンを押下すると、入力情報の確認画面が表示されますので、内容の不備がないか確認後に「登録」ボタンを押下してください。

登録完了すると、「mioID」と「mioパスワード」が記載された画面が表示されて会員登録は完了となります。

IIJmio「お客様情報の登録 - 確認」
画像引用:IIJmio「お客様情報の登録 - 確認」

設定STEP1.セーフティメールのパスワード設定

登録内容の確認まで完了すれば、申込みは完了です。

続いて申込みする内容に対して、設定を行う必要があります。

始めの設定は「セキュリティメール」のパスワードを別途設定する必要があります。

※申込み時に設定を行った「mioパスワード」とは別のパスワードとなりますので注意してください。

設定可能なパスワードには以下の制限があります。

「mioパスワード」と同じく以下の設定制限がありますので該当するものを入力してください。

パスワードの設定条件

  • パスワードの長さは、6文字以上8文字以内です。
  • 使用できる文字は以下のとおりです。
  • "a"から"z"の半角英小文字
  • "A"から"Z"の半角英大文字
  • "0"から"9"の半角数字
  • 以下に示す記号
  • " # $ % & ' * + , - . / : ; = ( ) [ ] { } ? @ ^ _ ` | ~ !
  • メールアカウント名等、安易に類推できる語句の利用は避けてください

参照:IIJmio「メールパスワード変更」

mioセーフティメールの設定画面

「設定」ボタンを押下し、「メールパスワード」を入力し「設定」ボタンを押下してください。

IIJmio「お申し込みサービスの詳細設定」
画像引用:IIJmio「お申し込みサービスの詳細設定」 

IIJmio「詳細設定(セーフティメール)」
画像引用:IIJmio「詳細設定(セーフティメール)」

設定STEP2.設定内容を確認後に契約を実施

最後に申込み内容の確認画面が表示され、申込み内容以外に「IIJmioサービス注意事項」「IIJmioセーフティメールサービス注意事項」「IIJmioサービス契約約款」を確認します。

「上記の内容を確認・同意して」のチェックボックスにチェックを入れて、「ご契約」ボタンを押下して詳細設定については完了となります。

契約内容の確認画面

IIJmio「IIJmioお申し込みサービスの詳細設定 - 確認」

IIJmio「IIJmioお申し込みサービスの詳細設定 - 確認」
画像引用:IIJmio「IIJmioお申し込みサービスの詳細設定 - 確認」 

スマホ端末への設定手順

スマホでメールを送る女性

IIJmio以外のキャリアメールのアドレスを利用している人もいると思います。

この章では、「IIJmio以外のキャリアメール」を利用している人もしていない人も、「iOS」「Android」それぞれのスマホで「mioセーフティメール」を利用できる方法を説明したいと思います。

一度キャリアメールから「mioセーフティメール」へ切り替えを行った場合、その端末ではキャリアメールが利用できなくなりますので注意してください。

※同じ設定手順で「キャリアメール」に戻せば再度利用できるようになります。

Androidの場合

申込みを行った「mioセーフティメール」をAndroid携帯メールで利用設定する方法について説明します。

「iOS」の設定との違いは「オプションの設定」ができる点がメリットとなります。

ただ、「アカウント追加」「Eメールの設定」それぞれの画面でメールアドレスとメールパスワードの設定が必要となる点は若干の面倒を感じるかもしれません。

設定手順としては以下の4点となります。

設定手順のポイント4つ

  1. 新規アカウントの追加
  2. Eメールの設定
  3. 受信/送信時の設定
  4. オプションの設定

画像付きで説明しますので、参考にして頂ければと思います。

STEP1.新規アカウントの追加

始めに「IIJmioセーフティメール」を申込み時に選択したメールアドレスに対する、アカウントを追加します。

1.画面上の「Eメール」を選択します

IIJmio「Eメール(GALAXY Tab付属)」
画像引用:IIJmio「Eメール(GALAXY Tab付属)」

2.端末のメニューボタンを押下し、「アカウント管理」を選択します。

IIJmio「Eメール(GALAXY Tab付属)」
画像引用:IIJmio「Eメール(GALAXY Tab付属)」

3.アカウント追加を押下します

IIJmio「Eメール(GALAXY Tab付属)」
画像引用:IIJmio「Eメール(GALAXY Tab付属)」

STEP2.Eメールの設定

続いて追加したアカウントに対して、「メールアドレス」と「パスワード」を設定していきます。

1.「Eメールアドレス」の入力画面が表示されますので、「mioセーフティメール」申込み時に入力した「メールアドレス」と「メールパスワード」を入力し、「手動設定」を押下してください。

例:sample@iijmio-mail.jp ※

※「@」マーク以降のドメイン名については、申込み時に選択したドメインになります。

IIJmio「Eメール(GALAXY Tab付属)」
画像引用:IIJmio「Eメール(GALAXY Tab付属)」

2.アカウント種類の選択

Eメールアカウントの種類は「POP3アカウント」を選択してください。

IIJmio「Eメール(GALAXY Tab付属)」
画像引用:IIJmio「Eメール(GALAXY Tab付属)」

STEP3.受信/送信時の設定

メールを受信、送信それぞれのサーバ設定を行います。

1.受信サーバ設定の入力

以下の必要項目を入力後に「次へ」を押下してください。

ユーザ名:mioセーフティメール申込み時のメールアドレスを入力

パスワード:mioセーフティメール申込み時の「メールパスワード」

POP3サーバ:「mbox.iijmio-mail.jp」を入力※

※サーバ名はどのユーザであっても共通設定となります。

その後に「セキュリティタイプ」を選択し、「次へ」ボタンを押下してください。

セキュリティタイプ:「TLS(全ての証明書を受け入れ)」

IIJmio「Eメール(GALAXY Tab付属)」
画像引用:IIJmio「Eメール(GALAXY Tab付属)」

IIJmio「Eメール(GALAXY Tab付属)」
画像引用:IIJmio「Eメール(GALAXY Tab付属)」

2.送信サーバの入力・設定

・SMTPサーバ:「mbox.iijmio-mail.jp」を入力 ※

※サーバ名は全ユーザ共通ドメインとなります。

・セキュリティタイプ:「TLS(全ての証明書を受け入れ)」を選択

続いて、申込み時の「メールアドレス(ユーザ名)」と「メールパスワード」を入力し「次へ」を押下します。

ユーザ名:お客様のメールアドレスの「@」を「.」に置き換えたものを入力(例:iij-taro.iijmio-mail.jp)

パスワード:お客様のメールパスワードを入力

IIJmio「Eメール(GALAXY Tab付属)」
画像引用:IIJmio「Eメール(GALAXY Tab付属)」

STEP4.オプションの設定

作成したアカウントに対して、オプション設定することが可能です。

※この設定は任意設定のため、行いたい人向けの設定となります。

  1. アカウントオプションに追加
    • 設定追加を行った「アカウント」に名前を付けたい場合
    • 送信メッセージに表示される名前の設定を行うことができる

上記2点を行いたい場合は追加作業を実施してください。

ちなみに設定を行う場合はアカウントに「任意の名前」と、「ユーザー名」を入力します。

それぞれ入力後は「次へ」を押下してください。

  • このアカウントに名前を付ける(オプション):任意の名前を入力(例:IIJ)
  • ユーザ名(送信メッセージに表示):好きな名前を入力(例:iij-taro)

IIJmio「Eメール(GALAXY Tab付属)」
画像引用:IIJmio「Eメール(GALAXY Tab付属)」

IIJmio「Eメール(GALAXY Tab付属)」
画像引用:IIJmio「Eメール(GALAXY Tab付属)」

2.アカウントオプションの設定

この画面では特に変更作業は実施せず、「Eメール受信時に通知」にチェックが入っている状態で「次へ」を押下してください。

ここまでがアカウント作成~オプション設定方法となります。

IIJmio「Eメール(GALAXY Tab付属)」
画像引用:IIJmio「Eメール(GALAXY Tab付属)」

iOSの場合

「iOS」の場合は主にアカウント追加と設定を行うだけで設定完了となります。

そのため「Android」と比べて「受信サーバ」「送信サーバ」の設定画面が1つに集約しているなど、設定画面がシンプルになっています。

以下のオプション設定ができませんが、オプション利用をしない人にとっては大したデメリットにならないでしょう。

  • 設定追加を行った「アカウント」に名前を付けたい場合
  • 送信メッセージに表示される名前の設定を行うことができる

設定手順としては以下の2点となります。

  1. 新規アカウントの追加
  2. 受信/送信時の設定

STEP1.新規アカウントの追加

「mioセーフティメール」を申込み時に取得したメールアドレスを設定するために、まず新規アカウントを追加します。

1.画面上の「設定」を押下します

IIJmio「メール(iPhone付属)」
画像引用:IIJmio「メール(iPhone付属)」

2.「設定」内の「メール/連絡先/カレンダー」を選択します

IIJmio「メール(iPhone付属)」
画像引用:IIJmio「メール(iPhone付属)」

3.続いて「アカウント」内の「アカウントを追加」を選択します

IIJmio「メール(iPhone付属)」
画像引用:IIJmio「メール(iPhone付属)」

4.「ようこそメールへ」の中から「その他」を押下します

IIJmio「メール(iPhone付属)」
画像引用:IIJmio「メール(iPhone付属)」

5.メール内部にある「メールアカウントを追加」を選択します

IIJmio「メール(iPhone付属)」
画像引用:IIJmio「メール(iPhone付属)」

6.新規アカウントへ必要事項を入力

新規作成に必要な以下の項目の入力を行います。

名前:任意の名前を入力(例:iij-taro)

  • メール:「IIJmioセーフティメール」で取得したメールアドレスを入力(例:iij-taro@iijmio-mail.jp)
  • ※「@」以下は申込み時に選択したドメイン名を入力します。
  • パスワード:「IIJmioセーフティメール」申込み時のメールパスワードを入力
  •  説明:任意のアカウントに対する説明内容を入力(例:IIJ)

IIJmio「メール(iPhone付属)」
画像引用:IIJmio「メール(iPhone付属)」

STEP2. 受信/送信時の設定

続いて追加アカウントに対して、受信/送信時のメールサーバ情報を追加します

  1. タブ設定
    • 「POP」をタップします。
  2. 受信メールサーバ
    •  ホスト名:「mbox.iijmio-mail.jp」を入力
      ※サーバ名は全ドメイン共通です。
    • ユーザ名:「IIJmioセーフティメール」申込み時に取得したメールアドレスの「@」を「.」に置き換えたものを入力(例:iij-taro.iijmio-mail.jp)
  3. 送信メールサーバ
    • ホスト名:「mbox.iijmio-mail.jp」を入力
    • ※サーバ名は全ドメイン共通です。
    • ユーザ名:「IIJmioセーフティメール」申込み時に取得したメールアドレスの「@」を「.」に置き換えたものを入力(例:iij-taro.iijmio-mail.jp)
    • パスワード:「IIJmioセーフティメール」申込み時に設定したメールパスワードを入力

最後に「保存」をタップし設定は終了です。

IIJmio「メール(iPhone付属)」
画像引用:IIJmio「メール(iPhone付属)」

PCブラウザでも使いたい!Mailviewerの設定方法

パソコンにメールが来ている様子

mioセーフティメールには、PCブラウザで利用できる「MailViewer」と携帯環境で利用できる「携帯版MailViewer」とがあります。

残念ながら「携帯版MailViewer」は2018年6月をもって提供終了となりました。

ただ、「MailViewer」は引き続き利用が可能です。

そのためPCブラウザで利用できる「MailViewer」の仕様と概要について紹介していきます。

仕様と概要1. 受信メール一覧について

ログインができるとまず表示される画面が「受信メール一覧」画面です。

受信メール一覧の概要は以下の通りです。

受信メール概要

  • 到着しているメールの一覧が、新着順に20件ずつ表示されます。
    ※表示順や表示件数を指定して「表示」ボタンをクリックすると、表示を切替えることができます。
  • 受信メールの削除は一覧のチェックボックスにチェックをし「チェックしたメールを削除」ボタンをクリックします。
  • その後、メール削除画面に移動しますので、確認して「削除」をクリックします。
    ※一度削除したメールは再度表示できませんので注意
  • 受信メール一覧の件名(Subject)をクリックすると、そのメールの参照画面へ移動します。メール参照画面ではメールの返信、転送、削除、印刷、テキスト形式の表示を行うことができます。
  • メールを作成したい場合は「新規メール作成・送信」を押下します。

詳細については「仕様と概要2. 新規メール作成・返信について」にて説明したいと思います。

IIJmio「MailViewer概要 - MailViewerの仕様」
画像引用:IIJmio「MailViewer概要 - MailViewerの仕様」

仕様と概要2. 新規メール作成・返信について

続いて「新規メール作成・送信」画面の概要についてです。

「新規メール作成・送信」画面の概要

  • 「ヘッダ編集」をクリックして、メールヘッダ部分(Subject,To,Cc,Bcc,Reply-To,References,In-Reply-to)の編集が可能です。
  • ヘッダ部分の編集後、「ヘッダ設定」をクリックすると新規メール作成・送信の画面に戻ります
  • メール Subjectを空欄のままでも送信が可能です。
  • ToまたはCcに複数のメールアドレスを入力して送信したい場合は、","(半角カンマ)で区切ることにより可能です。
  • Fromの編集はできません

次は「添付ファイル」の方法と利用概要について説明します。

IIJmio「MailViewer概要 - MailViewerの仕様」
画像引用:IIJmio「MailViewer概要 - MailViewerの仕様」

仕様と概要3. ファイル添付について

メールを送る際に添付ファイルが重たい場合、やはりパソコンのブラウザ上で送信できると、送信速度が速くできて助かりますよね。

今度はファイル添付についての概要を取りまとめました。

ファイル添付を行う場合のポイント

  • 「ファイル添付」をクリックして、添付ファイルの送信が可能です。添付するファイルの追加後、「本文編集へ」をクリックすると新規メール作成・送信の画面に戻ります。
  • ファイルの中身が空のファイルは添付できません。
  • 一部のメールソフトでは、日本語のファイル名が正しく表示できない場合があります。
  • ご利用のブラウザ・環境によっては、ファイルのアップロードに時間がかかる場合があります。
  • 添付ファイルはエンコード後、元のファイルよりもサイズが大きくなります。「追加できるファイルサイズの目安」に表示されたサイズ以下のファイルでも送信できない場合があります。

ブラウザ版(Mailviewer)の機能も充実していると思います。

利用したいと少しでも思った人は、続いて利用するためのブラウザ環境の確認を行います。

IIJmio「MailViewer概要 - MailViewerの仕様」
画像引用:IIJmio「MailViewer概要 - MailViewerの仕様」

続いて「MailViewer」を利用可能か確認する方法について説明していきます。

設定STEP1.利用ブラウザの確認

「MailViewer」での動作確認は以下のWebブラウザの最新状態へ、アップデートした上で利用する必要があります。

最新のブラウザかどうか確認する方法はIIJmio公式ページ内の「Webブラウザのバージョン確認」を参照してください。

※対象のWebブラウザについては以下の「Windows」「Macintosh」それぞれのWebブラウザを参照してください。

Windows

  • Internet Explorer
  • Mozilla Firefox
  • Google Chrome

Macintosh

  • Firefox
  • Google Chrome
  • Safari

IIJmio「このサイトのご利用について」
画像引用:IIJmio「このサイトのご利用について」 

設定STEP2. ログイン方法について

ご契約のIIJmioメールサービスのメールアドレスとメールパスワードを入力して、「ログイン」ボタンをクリックしてください。

※Webブラウザを第三者と共用する場合(インターネットカフェ等)には、ログインに使用したメールアドレス及びメールパスワードをパスワードマネージャやオートコンプリート等でブラウザに保存しないことをお勧めします。

■タイムゾーンについて

受信メール一覧の日付(Date)表示や、MailViewerより送信するメールの日付(Date)表示に利用するタイムゾーンを指定します。(例:「-0500」を指定した場合、アメリカ東部標準時に合わせた時刻で日付が表示されます)

※「システム指定」を選択した場合には、ご利用の端末に設定されたタイムゾーンが利用されます。「システム指定」を利用する場合には、JavaScriptをONにしてください。

■ログイン画面表示

以下の「ログイン画面URL」を起動すると、「MailViewer」画面が起動します。

ログイン画面URL:https://mailview.iijmio.jp/login/

申込み時に入力した「メールアドレス」と「メールパスワードを入力します。

※タイムゾーンの変更を行う場合は変更した上で「ログイン」ボタンを押下してください。

IIJmio ログイン
画像引用: IIJmio ログイン

IIJmioメールのよくあるQ&A

mioセーフティメールについて申込み時のポイントと設定時のポイントについて説明してきました。

説明してきた中で出てきていない質問事項についてまとめてみました。

Q.mioセーフティメールは、契約後すぐに利用できますか?

A. 申込み直後から利用することが可能です。

セーフティメールは「IIJmio」サイトから直接申込みできることもあり、申込みから利用開始までのタイムラグをなくすことができます。

Q.mioセーフティメールのアドレスは後から変更できる?

A. メールアドレスの変更はできません。

メールアドレスを変更する場合には、現在のメールアカウントを解約し新規に申し込む必要があります。

Q.mioセーフティメールのパスワードは後から変更できる?

A. メールアドレス同様にメールパスワードは変更できません。

※ただし、mioへログインするパスワードであれば「IIJmio」へログイン後に「お客様情報」から変更が可能です。

Q.アドレス帳のようなメールアドレスの保存はできますか?

A. アドレス帳などの機能はなく、メールアドレスの保存はできません。

IIJmio公式ページ

まとめ

ここまで、「IIJmio」が提供するmioセーフティメールのアドレス取得する方法・利用手順について、そして利用にあたっての「利用料金」や「注意事項」について見てきました。

今回の記事のポイントを改めて以下にまとめます。

  • IIJmioはSIMカードの申込みをせずに「mioセーフティメールアドレス」の取得をすることが可能
  • メールアドレスのみの取得であれば、月額300円(税抜)で利用することが可能
  • メールアカウント名が指定できる+5つのドメインから選択する事ができる
  • mioセーフティメールは申込み完了時点から利用することができる
  • mioセーフティメールはPCブラウザから「MailViewer」を利用することがメールの送受信ができる
    ※ただし、携帯版MailViewerは2018年6月現在で提供中止している。

現在メールアドレスの取得を行うために別プロバイダに契約していて、プロバイダでの利用料金が「高いな」と感じている人は「mioセーフティメール」をうまく利用してお得に利用してみてください。

【IIJmio×soldi】オンライン全ユーザ対象キャンペーン

シェアNo.1記念 スマホ代月額300円キャンペーン

  • 期間2019年2月21日(木)~2019年5月8日(水)
  • 特典内容:
  • 初期費用1円
  • 音声通話機能付きSIM付帯料1,300円×3ヵ月割引
  • データ通信量1GB×12ヵ月増量→当サイトのみ2GB×12ヵ月増量

更に、下記ボタンからお申込みの方限定で、さらにデータ通信量1GB×12ヵ月増量になります。
契約のお申込窓口はいろいろありますが、今なら下記からが1番お得です。

専用キャンペーンサイトから申し込む

また以下の記事で、IIJmioで契約するメリットやデメリットについてご紹介していますのでご参考ください。

[関連記事]生粋の格安SIMオタクが教える「IIJmio」メリット・デメリットのすべてのサムネイル
生粋の格安SIMオタクが教える「IIJmio」メリット・デメリットのすべて
ソルディのファビコンwww.soldi.jp

※当サイトに掲載している情報は、万全の保証をいたしかねます。
機器、サービスの価格、スペック等の詳細情報は、必ず各公式サイトでご確認ください。

【完全版】自分に合った格安SIMが見つかる!

【28社比較】おすすめのWiMAXプロバイダはこれ!