Menu

格安SIM老舗の実力はいかに!IIJmioの評判・決め手を徹底解説

男性 笑顔

通信老舗の格安SIM、IIJmio。

通信速度では、Y!mobileやUQ mobileのような業界最速の格安SIMとは言えませんが、その品質と安定性が評価されています。

でも、他の格安SIMに比べてIIJmioはCMもあまり目にしないし、本当の評判を知りたい人も多いのではないでしょうか。

あなたがIIJmioでの契約を考えているなら、IIJmioのユーザーのもっと具体的な、実際の使用感など聞いてみたくありませんか?

この記事では、こんな悩みに答えます

  • IIJmioは、どうも特徴がわからない。
  • IIJmioが自分に合うのかどうか、判断できない。
  • ユーザーはどんなところが気に入って、どんなところが不満なの?
  • 使ってみての、本当の評判が知りたい

IIJmioを格安SIMの選択肢にしている人や、契約すべきかどうか迷っている人、この記事を読めばその悩みが解決するはずです。

IIJmioユーザーの評判や評価をもとにしながら、IIJmioの特徴と、自分に向いているか向いていないかを、はっきりさせましょう。

IIJmioの総合的な内容が知りたい方は、下記の記事も合わせて参考にして下さい。

[関連記事]IIJmioのメリット・デメリット・評判総まとめ、格安SIMオタクがIIJmioの魅力を徹底解説しますのサムネイル
IIJmioのメリット・デメリット・評判総まとめ、格安SIMオタクがIIJmioの魅力を徹底解説します
ソルディのファビコンwww.soldi.jp

目次

【IIJmioの総合評判】最安値ではないが、プラン内容も充実の安定性のある格安SIM

携帯で話す女性

まず、IIJmioの格安SIMプランは表の3プラン。これに必要に応じてオプションを加えます。

プラン別月額料金
プラン名データ通信専用
SIM
SMS機能付きSIM
タイプD(docomo)
SMS機能付きSIM
タイプA(au)
音声通話機能付きSIM
ミニマムスタート
プラン(3GB)
900円/月1040円/月900円/月1600円/月
ライトスタート
プラン(6GB)
1520円/月1660円/月1520円/月2220円/月
ファミリーシェア
プラン(12GB)
2560円/月2700円/月2560円/月3260円/月

参照:IIJmio「料金比較表」

どのプランも業界最安値ではありませんが、IIJのエンジニアによる公式ブログを読むと、IIJmioがより良い通信品質の提供を追求し、企業努力を続けている姿勢が感じ取れます。

通信の老舗のIIJmioが通信品質に定評があるのは、改善を続ける努力と企業姿勢に表われているのです。

そのぶん、最安値の設定は少し難しいようですね。

IIJmioは、料金プランの安さを最優先するよりも、通信品質に信頼を置きたい人に向いている格安SIMと言えます。

では、具体的な評判を紹介しながら、IIJmioをくわしく見ていきましょう。

IIJmioに申し込む

IIJmioの良い評判

IIJmioのユーザーからよく出る良い評判をまとめました。

IIJmioはここがイイ!

  • 「低速/高速モードの切り替え機能」と「バースト転送機能」で、安定した速度と節約を両立
  • シェアプランで複数台を管理しやすく、その上おトクな割引あり
  • みおふぉんダイアルで通話料が半額
  • ドコモ回線とau回線、2回線の利用が可能
  • プランを無料で変更できる
  • 通信品質の安定と、たゆまぬ企業努力
  • OSアップデートにいち早く対応する技術力の高さ

通信品質の良さはもちろんですが、安定した速度やバースト転送もあって、ストレスが少なく節約もできること、通話料も安くできることなど、使い勝手の良い機能が評価されていることがわかります。

一方、評価されていないのは次の点です。

IIJmioのイマイチな評判

IIJmioのユーザーからよく出る悪い評判をまとめました。

IIJmioはここが不満!

  • ピーク時にはつながりにくいことがある
  • 低速通信でも、3日間で366MBを越えると通信制限にかかる
  • 音声通話プランは最低利用期間が1年
  • 料金は各プランとも最安値ではない
  • IIJmio独自の店舗がないため、最適プランは自分で判断

格安SIMならではの不満は、やはりありますね。

では、IIJmioユーザーは、何を決め手に契約を決めたのでしょうか。

IIJmioに申し込む

ユーザーが魅力に感じたIIJmioの5つの「決め手」

スマホを覗き込む若者3人

良い点・悪い点がある中で、IIJmioユーザーはどうして契約を決めたのでしょうか?

  • 通信の安定性に定評・信頼
  • セット購入できる端末の種類が豊富
  • 端末補償がある
  • 家族で利用しやすい
  • 通話サービスも充実

決め手となった上記5つのポイントをくわしく見ていきましょう。

IIJmioの決め手 1:通信の安定性に定評・信頼

IIJmioは通信の老舗であるだけに、その品質には定評があります。

そして、企業努力を怠らず常に改善を続けているので、問題が発生しても対応が早く利用者の信頼を得ています。

例えば、データ容量の大幅増を行ってユーザーが集中し通信速度が大幅に落ちた時には、回線の増強を繰り返しながら持ち直しを図り、再び快適な通信速度で利用できるよう対策を取っています。

では、実際の通信速度はどうなのでしょう。

あるスピードアプリでのある日計測結果では、朝夕はだいたい2〜3Mbps。ちょっと低いですが、日によっては10Mbpsまで上がっている日も多くありました。

ただ、お昼時は0.3Mbpsまで下がってしまいました。

12時~13時の混雑時にはだいたいどの日も1Mbpsを切ってしまいますが、キャリアでない限り、この数字の解決は難しいでしょう。

また、IIJmioには、データ通信量を節約する低速/高速モードの切り替え機能があって、専用アプリかIIJmioのサイトからクーポン(IIJmioの毎月データ通信量)をON/OFFすることで、利用者が高速モードと低速モードを切り替えられます。

通信容量としてカウントされない低速モードに手動で切り替えて、毎月のデータ容量をコントロールできるわけです。

余ったデータ容量は翌月に繰り越すことができます。

バースト転送機能もあって、はじめの一定量だけ高速で通信して読み込み時間を短縮します。

だから、LINE、Twitter、Instagram、Facebookなど通信量の少ないアプリやサイトの読み込み時間が短くなります。

「低速/高速モードの切り替え機能」と「バースト転送機能」で、データ使用量を節約しながらも速度を確保できる、そんなユーザビリティの良さが決め手の一つとなっているようです。

IIJmioの決め手 2:セット購入できる端末の種類が豊富

IIJmioでスマホとのセット購入なら、次の8機種から選べます。

それぞれの特徴をまとめます。

セット購入できる端末1.HUAWEI P20 lite

iijmio「コミコミセット」
画像引用:IIJmio「コミコミセット」

  • 横幅約71.2㎜スリムなボディで、軽量かつコンパクトなデザイン
  • 高精細な大画面フルビューディスプレイ
  • 約1600万画素と約200万画素とのダブルレンズで一眼レフのような美しいボケ味を演出し、薄暗い場所でも高精細をキープ
  • 付属の充電器を使用することで急速充電が可能
  • 3000mAhの大容量バッテリーを搭載
  • 顔認証機能
  • 片手で簡単にロック解除ができる指紋センサー付き

セット購入できる端末2. HUAWEI nova lite 2

ASUS ZenFone 4 Max:iijimio「コミコミセット」
画像引用:IIJmio「コミコミセット」

  • 手のひらサイズのボディに18:9 の超ワイドディスプレイ
  • メインカメラには、より立体感のある写真が撮れるダブルレンズを装着し、一眼レフで撮影したような、雰囲気のあるボケ感を手軽に演出
  • 撮影後のフォーカス位置調整が自由自在なワイドアパーチャ機能で、より印象的な写真に調整可能

セット購入できる端末3.ASUS ZenFone 4 Max


ASUS ZenFone 4 Max:iijimio「コミコミセット」
画像引用:IIJmio「コミコミセット」

  • 5.2インチのコンパクトなボディ
  • 4,100mAhの超・ロングバッテリーを内蔵
  • 他の端末などを充電できるリバースチャージ機能で従来のモデルと比べて約2倍速く給電、一般的なスマートフォンなら約1回~1.5回の充電が可能
  • デュアルレンズカメラ
  • 120°の広角レンズカメラで広大な景色や大人数も1枚に写し込み可能
  • 2枚のSIMカードとmicroSDカードを同時に使用できるトリプルスロット搭載
  • 2つの番号を同時に待受できるデュアルSIMデュアルスタンバイに対応
  • 8つのコアを内蔵するQualcomm Snapdragon 430プロセッサー搭載で、モバイルゲームも動画も快適

セット購入できる端末4.AQUOS sense lite SH-M05

AQUOS sense lite SH-M05:iijimio「コミコミセット」
画像引用:IIJmio「コミコミセット」

  • AQUOSならではの美しいディスプレイ、高精細フルHD IGZO搭載
  • 従来機の約2倍の画素数により、液晶のシャープならではの繊細で微妙な色合いまで忠実に再現
  • 透過率の高いIGZOディスプレイで、バックライトの消費電力を下げて省エネルギーを実現
  • 濡れても誤動作しにくく、手が濡れたままでも快適に使える
  • 大容量メモリと指紋センサーで軽快な操作感
  • 余裕の3GB RAM搭載でたくさんのアプリを立ち上げてもサクサク快適
  • 32GB ROM搭載で、データもアプリも余裕の保存
  • ローズゴールドのような高級感のあるピンクはMVNO取扱店限定のプレミアムカラー

セット購入できる端末5.ASUS ZenFone 4 カスタマイズ

ASUS ZenFone 4 カスタマイズ:iijimio「コミコミセット」
画像引用:IIJmio「コミコミセット」

  • ZenFone 4のカスタマイズモデル
  • 約7.5mmの薄型ボディーで、5.5インチ画面とは思えないコンパクトさ
  • 高性能・省電力のQualcomm Snapdragon 630プロセッサーに、大容量4GBメモリを搭載し、負荷の大きい作業も楽々
  • メインカメラには大口径レンズを搭載し、一般的なスマホカメラの約5倍の光を取り込んで、薄暗い場所や夜間でも明るく鮮明に撮影
  • 広角レンズを搭載したセカンドカメラにより、風景や人をワイドに取り込んだ撮影が可能
  • 120°の広角カメラに切り替えると通常の約2倍のワイドさで撮影が可能で、ダイナミックな風景や、大人数の記念撮影も1枚に収められる

セット購入できる端末6.HUAWAI honor 9

HUAWAI honor 9:iijimio「コミコミセット」
画像引用:IIJmio「コミコミセット」

  • 美しい3Dカーブのボディデザイン
  • パワフルなパフォーマンス
  • ファーウェイ史上最速・最強の頭脳を誇るCPUで、ストレスフリーな使い心地
  • メモリーは充実の RAM 4GB、 ROM 64GB
  • 高感度指紋認証センサーにより、スピーディーなロック解除と便利な画面操作機能
  • ローライトに強いダブルレンズ
  • honor 9にBand 2 Proをセットすると、生活のサポート、健康管理やトレーニングアドバイスまでできる
  • 5気圧防水やGPS機能搭載

セット購入できる端末7.富士通 arrows M04

富士通 arrows M04:iijimio「コミコミセット」
画像引用:IIJmio「コミコミセット」

  • ボディはマットでシンプルな美しいデザイン
  • 泡タイプのハンドソープでなら洗うことも可能
  • 画面割れに強いことが富士通独自の落下テストで検証済み
  • 屋外・屋内を問わず人物や風景、料理も自然な色合いで撮影
  • 独自の「かんたんセット」で、ホームとよく使う基本のアプリの操作がわかりやすく、文字も見やすいので、スマホ初心者も安心
  • 日本製ならではの安心感

セット購入できる端末8.Trinity NuAns NEO [Reloaded]

IIJmio「コミコミセット」
画像引用:IIJmio「コミコミセット」

  • 端末本体とカバーを分離して、デザインや機能性を自由に選択できる
  • TWOTONEと名付けられたシンプルなバックカバータイプは、上下を自由に組み替えることで、異なる素材の2トーンデザインに仕上げ可能
  • 5.2インチフルHDの液晶ディスプレイは、カバーガラスにDragontrailProを採用して高い強度を保持
  • OSにAndroid7(Nougat)搭載
  • メインメモリー3GB、ストレージ32GB、microSDカードは1TBまで対応
  • USB Type-C端子を採用
  • 急速充電に対応
  • 指紋認証センサー搭載
  • ソニー製の高性能カメラ採用

コミコミセットでおトク

スマホとセットでの申し込み「コミコミセット」は、やはりおトクです。

IIJmioは、スマホ代(24回の分割払い)を払い終わったら、24ヵ月目以降は月額料金が大幅に(たとえばnova lite 2の場合、3GBのプランで毎月660円)安くなります。

IIJmioの決め手 3:端末補償がある

セット購入の場合も、端末は持ち込みでSIMカードのみ契約した場合も、もしもの時に端末を保証する「端末補償オプション」があります。

セット購入の端末を対象とした「端末補償オプション」は月額380円から。

画面割れ、水漏れ、全損・部分破損まで幅広く補償されます。

端末補償オプション申し込み時の注意

  • 申し込み時にのみ付けられるオプションで、後で追加することはできない。
  •  IIJmioの公式サイト(IIJmioサプライサービス https://www.iijmio.jp)から購入した端末のみ申し込みできる。量販店等で購入した端末に追加することはできない。

また、持ち込みの端末を対象とした「つながる端末保証」は、SIMフリー端末やiPhoneにも適用できますよ。

IIJmioの決め手 4:家族で利用しやすい

IIJmio「料金比較表」
画像引用:IIJmio「料金比較表」

IIJmioはマルチキャリア対応です。

複数枚のSIMを利用する場合、au回線を利用するタイプAと、docomo回線を利用するタイプDの間でも、データ量を分け合うことができます

ファミリーシェアプランなら、SIMタイプは違っても、12GBの契約を家族間あるいは同一契約間で分け合うことができるので、複数の端末も一括管理しやすくなります。

ファミリーシェアプランで使用できるSIMカードの枚数は最大10枚!

ただし、音声通話機能付きSIMは5枚までです。

スマホだけでなく、タブレットもモバイルルータもまとめて使えるので、さまざまな利用に対応でき、家族数が増えても余裕です。

IIJmioの決め手 5:通話サービスも充実

IIJmioは通話料割引サービスが充実しています。

通話もするなら、まずは「かけ放題(通話定額オプション)」がおトクです。次の章でくわしくお話しします。

加えて、利用料なしで使える「ファミリー通話割引」と「みおふぉんダイアル」があって、全てを組み合わせると通話料が最大60パーセントも安くなります。

IIJmioに申し込む

IIJmioには「かけ放題」のオプションがある

IIJmioには2つのかけ放題オプション(通話定額オプション)があります。

1回の通話時間が短い人なら月額料金600円のプランで、誰とでも3分以内、家族間(あるいは同一契約間)なら10分以内の通話を、何度でもかけ放題です。

1回の通話時間が長い人なら月額料金830円のプランで、誰とでも10分以内、家族間(あるいは同一契約間)なら30分以内の通話を、何度でもかけ放題です。

ちなみに「家族間」あるいは「同一契約」とは、1つのmioIDで契約しているということです。

「かけ放題」料金プラン
月額料金600円830円
国内通話3分以内の通話無料
超過時は10円/30秒
10分以内の通話無料
超過時は10円/30秒
同一契約間通話(家族間通話)10分以内の通話無料
超過時は8円/30秒
30分以内の通話無料
超過時は8円/30秒

参照:IIJmio「通話定額オプション」

IIJmioは2つの「通話料金割引サービス」でさらにお得

IIJmioには月額利用料無料の「ファミリー通話割引」と「みおふぉんダイアル」の2つの通話料金割引サービスがあります。

具体的にお話ししましょう。

ファミリー通話割引で家族間(または同一契約間)の通話がお得

「ファミリー通話割引」は、ファミリーシェアプランで利用する場合、月額利用料0円、申し込み不要で、家族間(または同一契約間)の通話料が20パーセントOFFになるサービスです。

みおふぉんダイアルにしてお得

「みおふぉんダイアル」は、月額利用料0円、申し込み不要で、誰とでも通話料が50パーセントOFFになるサービスです。

相手の電話番号の先頭に専用番号「0037-691」をつけることで通話料が50%OFFになります。

提供される専用アプリで発信すると、自動的に「0037-691」を先頭につけて発信することができます。

通話相手には「0037-691」は表示されず、利用している電話番号のみが表示されます。

「ファミリー通話割引」と「みおふぉんダイアル」の組み合わせで、家族間(または同一契約間)の通話料は最大60パーセントOFFになります。

IIJmioに申し込む

IIJmio以外の格安SIMをおすすめするのはこんな時!

スマホ 女性

ここまでIIJmioのオススメポイントをお話ししました。

IIJmioの強みは通信品質。業界最安値に当たるプランはありませんが、安定した通信品質と企業努力が売りです。

でももし他に最優先するポイントがあるなら、IIJmioは選択肢から外れるでしょう。

ここではIIJmio以外の格安SIMがオススメになる場合をお話しします。

格安SIMでも通信速度はなるべく速くしたい なら、「Y!mobile」か「UQ mobile」

キャリアに匹敵しないまでも、なるべく速いサービスを求める人には、Y!mobileかUQ mobileがオススメです。

格安SIMの多くは通勤時間帯の7~8時台、ランチタイムの12時30分~13時台、帰宅ラッシュの18時~19時にかけて通信速度が一気に遅くなります。

でも、Y!mobileでは 全ての時間帯で下り40Mbpsを記録し、いつでも快適に通信できることが証明されています。

一方UQ mobileも、時間帯に左右されず本家au回線と遜色ない速度が出ています。

詳しくは、次の記事も合わせて読んでみてください!

[関連記事]ワイモバイルの料金・口コミ総まとめ!ソフトバンクや他社格安SIMと徹底比較!のサムネイル
ワイモバイルの料金・口コミ総まとめ!ソフトバンクや他社格安SIMと徹底比較!
ソルディのファビコンwww.soldi.jp

[関連記事]スマホ代はどれくらい安くなる?格安SIMオタクが教えるUQモバイルの使い勝手まとめのサムネイル
スマホ代はどれくらい安くなる?格安SIMオタクが教えるUQモバイルの使い勝手まとめ
ソルディのファビコンwww.soldi.jp

とにかく安く!もっと細かい料金体系でぴったりのものを選びたい! それなら「DMMモバイル」

DMMモバイルは、標準速度を維持しながら、なんと高速データ通信1GBプランが480円という業界最安値クラスの価格を実現しています。

通信速度は格安SIMの中では遅めで安定といったところですが、この安さなら良く頑張っていると言えます。

DMMモバイルについては、こちらの記事もぜひ読んでみてください!

[関連記事]100日検証して分かった!DMMモバイルのメリット・デメリットと使い方ガイドのサムネイル
100日検証して分かった!DMMモバイルのメリット・デメリットと使い方ガイド
ソルディのファビコンwww.soldi.jp

SNSを頻繁に利用したいなら「LINEモバイル」

LINEモバイルはLINEがカウントフリー、つまりデータ消費なしで使える、というのが最大のポイントです。

他に、TwitterやFacebook、Instagramといったよく使われるSNSもカウントフリーで使えるので、SNSをよく使う人にとっては、データ消費がないのでとてもありがたいですね。

しかも1GBプランが500円という安さなので、データ通信をできるだけ安くしたい人に向いています。

ただ、通信速度は全体的に遅めで、LINEモバイルのユーザーに速度のストレスはあるようです。

LINEモバイルを検討したい人は、こちらの記事を参考にしてみてください。

[関連記事]【9月】LINEモバイルに乗り換えるとおトク?最新キャンペーン情報や口コミ・評判まで徹底解説!のサムネイル
【9月】LINEモバイルに乗り換えるとおトク?最新キャンペーン情報や口コミ・評判まで徹底解説!
LINEモバイルに乗り換えるメリット・デメリットLINEモバイルに向いている人LINEモバイルの料金プラン・オプション大手キャリアからの乗り換え手順を徹底解説(iPhone・Android)
ソルディのファビコンwww.soldi.jp

店舗サービスのあるところがいい なら「Y!mobile」

インターネットからの契約には不安がある、やはり店舗で対面して契約したい、と思っている人にはワイモバイルをオススメします。

Y!mobileのショップは全国展開されているので、必ず近くの店舗を見つけることができますよ。

店舗では、新規契約、機種変更、乗り換え、故障修理、解約などができますが、多くは予約が必要です。

[関連記事]ワイモバイルの料金・口コミ総まとめ!ソフトバンクや他社格安SIMと徹底比較!のサムネイル
ワイモバイルの料金・口コミ総まとめ!ソフトバンクや他社格安SIMと徹底比較!
ソルディのファビコンwww.soldi.jp

3日間の通信制限が気になる人にオススメの4プラン、「UQ mobile」「楽天モバイル」「DTI SIM」「U-mobile」

IIJmioのデメリットには、低速通信でも3日間で366MBを越えると通信制限にかかることが挙げられます。

ついつい使いすぎて通信制限が気になる人にとって、これは困りますね。

通信量の上限に制限がないプランを4つ紹介しているので、参考にしてください。

データ無制限プラン4つ
UQmobileデータ無制限プラン1,980円/月UQ mobile公式サイト
楽天モバイルスーパーホーダイ1480円~/月楽天モバイル公式サイト

DTI SIMデータプラン ネットつかい放題2,200円/月DTI SIM公式サイト

U-mobileU-mobile LTE使い放題2480円~/月U-mobile公式サイト

まとめ

ここまでをまとめます。

IIJmioは通信の老舗。高い技術力で通信品質を保ち、さらなる改善努力も続けている企業です。

広告やCMではあまり目立たないながら、安定した人気があります。

高評価を得ているポイントは、

  • 「低速/高速モードの切り替え機能」と「バースト転送機能」で、安定した速度と節約を両立
  • シェアプランで複数台を管理しやすく、その上おトクな割引あり
  • みおふぉんダイアルで通話料が半額
  • ドコモ回線とau回線、2回線の利用が可能
  • プランを無料で変更できる
  • 通信品質の安定と、たゆまぬ企業努力
  • OSアップデートにいち早く対応する技術力の高さ

反対に、評価の良くないポイントは、

  • ピーク時にはつながりにくいことがある
  • 低速通信でも、3日間で366MBを越えると通信制限にかかる
  • 音声通話プランは最低利用期間が1年
  • 料金は各プランとも最安値ではない
  • 店舗がないので、最適プランは自分で判断

などです。

でも、品質への信頼度よりも、求めるものがある人は、次のような選択肢も検討候補に入れてみてくださいね。

  • キャリアには匹敵はしなくても、とにかく速度は速いのがいい:UQmobile、Y!mobile
  • とにかく安く利用したい:DMMモバイル
  • よく使うのはSNSなので、それに見合った料金体系で節約したい:LINEモバイル
  • やはり店舗がないと不安:Y!mobile
  • 通信制限があるのは困る:UQmobile、楽天モバイル、DTI SIM、U-mobile

IIJmioの評判から出てくる答えは、ひと言で言えば「信頼の通信品質」という評価。

「キャリアより料金を安くしたい」けれど「安定した通信品質は必要」、そんな人にオススメできる格安SIMがIIJmioです。

IIJmioに申し込む

この記事の著者

編集

Soldi編集部

Soldi編集部は「おうちのお金をスマートに」をコンセプトにコンテンツの配信を行っています。

※当サイトに掲載している情報は、万全の保証をいたしかねます。
機器、サービスの価格、スペック等の詳細情報は、必ず各公式サイトでご確認ください。

【完全版】自分に合った格安SIMが見つかる!

【28社比較】おすすめのWiMAXプロバイダはこれ!