Menu

データ無制限で使える格安SIM8選 | 速度・テザリング可否・料金を徹底比較

データ無制限で使える格安SIM8選

格安SIMの中には通信容量が設定されているものも多くなっています。近年は、データ無制限で使えるプランも登場しているほどです。
しかし、「そもそも無制限ってなに?」「料金はどの会社が安い?」といった疑問もあるかと思います。
ここでは、格安SIM8社と、その速度や料金、テザリング可否などを比較します。これから格安SIMに乗り換えたいという人はぜひチェックしてみましょう。

データ無制限の他にも、特定のサービスの利用はデータ使用量を0にできる「カウントフリーオプション」もおすすめです。
スマホの利用が特定のアプリに集中している場合は、契約データ量を抑えられるので安く契約できるようになります。

「データ無制限」「カウントフリー」それぞれのおすすめのMVNOも紹介します。
この記事で紹介するおすすめのMVNOは下記の8社です。

データ無制限、カウントフリーで使えるおすすめ格安SIM

  • データ無制限で利用できるおすすめのMVNO
    • mineo
    • UQモバイル
    • 楽天モバイル
    • DTI SIM
    • U-mobile
  • カウントフリーオプションが使えるおすすめのMVNO
    • OCNモバイルONE
    • LINEモバイル
    • BIGLOBEモバイル

記事を参考に、容量が切れや速度制限のストレスから解放されましょう!

目次

格安SIMのデータ無制限プランとは?

「格安SIM」の「SIM」は、スマホの中に入っているICカードのことです。契約した携帯電話会社から発行されるもので、加入者情報や電話番号など、そのスマホを電話機として使うために欠かせない情報が記録されています。

格安SIMの「格安」とは利用料金が格安ということですが、これは厳密にいうと、携帯電話会社の大手3キャリア、NTTドコモ・au・ソフトバンクと比較して格安だということを指しています。

大手のように独自で携帯電話サービス提供に必要な設備を持たず、大手の携帯電話会社の設備を借りているので、格安プランが実現しているのです。
さらに、LTEの高速通信が使い放題といったプランも増えてきていて、ますます格安SIMがお得に使えるようになってきました。

データ無制限だと、通信量や月々の料金の増減を気にしたりする必要がない点はメリットといえます。
ただ実際のところ、データ通信が無制限とは言っても、通信速度や1日あたりに使用できるデータ容量に上限設定されていることが多いということは知っておかなくてはなりません。

速度制限がかかる場合も

「データ無制限」だとしても、1日のデータ通信量が多くなると、速度制限されるSIMが多いので注意が必要です。
その場合には、速度制限がかかるまでの1日あたりの通信量をきちんと把握したうえで契約しましょう。

データ無制限で便利だと思っていても、利用し過ぎるとデータ制限つきのプランより通信速度が遅くなってしまう可能性もあります。
低速データ通信の時間が増えたり、1日の通信量を気にしながら操作したりしていると、意外と大きなストレスになることも。

データ無制限プランのほかに「カウントフリー」も登場

特定の通信量をカウントしない「カウントフリー」というサービスも登場しています。
動画や音楽系アプリ、SNSについては通信量にカウントされないというものです。
画像や動画を含む通信は、データ量が多くなるため、カウントされないとなると使う容量がぐっと抑えられるようになります。

通常の料金プランだと、プランごとに決められた通信料が決まっており、それを超えてしまうと低速通信になります。
これは実はデータ無制限でも同じく注意が必要なポイントということでした。
しかしカウントフリーサービスのついた格安SIMなら、その分のデータ量を気にせずにスマホが利用できます。

通話無制限・かけ放題プランが選べる格安SIMもある

データ無制限の格安SIMのなかには、通話無制限かけ放題など、音声通話が無制限になるプランを設けている会社もあります。
一般的な格安SIMでは通話料が割高になっていることが多いので、音声通話をよく利用する人は、通話の無制限プランも検討されるとよいでしょう。

通話無制限・かけ放題にもさまざまなプランがあります。月々どの程度電話しているのか、1回の通話時間がどれくらいなのか、電話の相手は決まっているのかなど、自分で把握したうえで会社やプランの選択をしましょう。

毎日のデータ通信量・用途に応じて最適プランを選ぼう

格安SIMのデータ無制限プランであっても、たとえば動画視聴などで通信量が多くなると、通信速度が遅くなるものもあります。毎日の使い方や用途に応じて、最適なプランを選ぶことが重要です。

利用用途ごとのデータ通信量がどれくらいなのか、だいたいの目安を知っておくとよいかもしれません。
各用途の通信量の目安と1GBでできることについて、以下にまとめていますので参考にしてみてください。

利用用途通信量の目安1GBでできること
※1か月を30日と仮定
Webブラウザ1ページごとに約300KB・1GBで約3,490ページ
・1日約116回ページ
メール300文字で5KB・1GBで約20万通
・1日約6800通
※添付ファイルあり:1日約33通
電話
※LINE通話
1分間で約300KB1日約1時間51分
LINE
(メッセージ)
500文字で約2KB
スタンプの送受信:1回あたり約5~6KB
メッセージの送受信1日約16,667回
Twitterタイムライン5分間閲覧で約20MB1日約8.3分間タイムラインを閲覧
Instagram5分ごとに約50~70MB
ストーリーズ:1分ごとに約36MB
・タイムラインの閲覧1日約3.3分
・ストーリーズの閲覧1日1分弱
動画コンテンツ(YouTubeなど)1分間で10MB以上1日約3分
音楽コンテンツ4分間の楽曲DLに約4MB1日約83曲DL可能

格安SIM5社のデータ無制限プランを比較!

データ無制限で利用できる格安SIMは次の5社がおすすめです。

データ無制限で使えるおすすめMVNO

  • mineo
  • UQモバイル
  • 楽天モバイル
  • DTI SIM
  • U-mobile

それぞれの特徴などについて紹介します。

mineo(マイネオ)

mineoホームページTOP

(画像引用:格安スマホ・SIM【mineo(マイネオ)】

NTTドコモ・au・ソフトバンクのトリプルキャリア対応なのがmineo(マイネオ)の特徴です。
データ通信量が500MB~30GBまでとプランが豊富で、フリータンク、パケットギフト、マイネ王などの独自のサービスがあります。
ユーザー同士の意見交換ができるコミュニティがあるのもmineoならでは。2020年3月からは、データ通信が無制限で使えるオプション「パケット放題」がスタートしています。

mineo公式ページ

マイネオのデータ無制限プランの料金体系

プランの名称月額料金最大通信速度
パケット放題350円500kbps

mineoの「パケット放題」は、料金プランにプラスして使えるオプションサービスです。
mineoスイッチをONにすることで、最大500kbpsで使えるデータ通信が無制限で使い放題となります。

速度制限・テザリング可否について

速度制限データ繰り越しテザリング可否
Aプランのみありできる端末によって利用できない場合あり

au回線を使用するAプランにおいては、3日間で6GB以上利用した場合は通信制限になる可能性があります。
テザリングについては、mineo契約者の場合は、オプション申し込みの必要もなく、無料で利用できます。ただし、端末仕様によっては利用できない場合も。

mineo(マイネオ)のおすすめポイント◎

  • NTTドコモ・au・ソフトバンクの大手3社対応
  • NTTドコモ・au・ソフトバンクの大手3社対応
  • 高速・低速通信の切り替えができてデータ通信の節約が可能
  • データ通信が無制限で使えるオプション「パケット放題」あり

UQモバイル

UQモバイルTOP

(画像引用:【公式】UQ mobile(モバイル)│安心・お得の格安スマホ/格安SIMで【顧客満足度No.1】

auのサブブランドとして展開されているUQモバイル。高速回線で使いやすくキャリアに近い料金プランの設定が特徴です。
ベストバイ・オブ・ザ・イヤーを受賞したり、ユーザー満足度も88%だったりと、高い支持を得ています。
料金を少しでも安くしたいが通信速度は落としたくない、そんな人にぴったりです。

UQ mobile公式ページ

UQモバイルのデータ無制限プランの料金体系

プランの名称月額料金最大通信速度
データ無制限プラン1,980円500kbps

速度制限・テザリング可否について

速度制限データ繰り越しテザリング可否
ありできる

0~24時までを1日として、前日までの直近3日間の通信量が6GBを超えた場合に、速度制限がかかります。
テザリングについては、iPhone5S以降の製品、 Android製品で無料で利用可能。
ただし、一部利用できない機種もあるので注意しましょう。

UQモバイルのおすすめポイント◎

  • SMS、テザリング機能の利用が無料
  • auスマホがそのまま使える
  • データ容量の翌月繰越ができるので賢く使えば便利
  • 信速度が速くて料金が安い

楽天モバイル

楽天モバイル公式TOP

(画像引用:楽天モバイル

楽天モバイルは、楽天回線を用いた携帯キャリアサービスを本格開始。
対象エリア内での利用であれば、月々2,980円で高速データ通信対応の音声通話プランを容量無制限で利用できるようになりました。
データ無制限+かけ放題でこの料金はかなり安いといえるでしょう。

楽天モバイル公式サイト

楽天モバイルのデータ無制限プランの料金体系

プランの名称月額料金最大通信速度
Rakuten UN-LIMIT2,980円400Mbps

「Rakuten UN-LIMIT」は、月額2,980円で完全データ使い放題という格安プランです。
国内通話かけ放題もこの料金プランに含まれているのが大きなメリット。
楽天モバイル同士だけでなく、他キャリア携帯にかける際の通話も無料となっています。
楽天モバイルは自社回線のBand3とパートナー回線のBand18のみを使用するため、複数のBandを利用する会社に比べると通信速度が少し劣ります。

速度制限・テザリング可否について

速度制限データ繰り越しテザリング可否
ありできない

明確な基準が明記されているわけではありませんが、1日10GB以上使用すると通信制限がかかるといわれています。楽天モバイルではテザリングも利用できて、Wi-Fiテザリングを利用すれば、ポケットWi-Fiよりも速い通信速度ができるということです。

楽天モバイルのおすすめポイント

  • 月額2,980円で完全データ使い放題
  • かけ放題も料金に含まれている
  • 他社携帯への通話もかけ放題で無料に
  • 楽天カードによる支払でポイントが貯まりやすい

DTI SIM

「DTI SIM」は日本の電気通信事業者として実績のある株式会社ドリーム・トレイン・インターネットが提供している格安SIMです。ドコモ回線を使っていて、データ専用プランではとてもお得な使い放題のプランがあるのも特徴。料金面でとても力を入れているともいわれます。

DTI SIMのデータ無制限プランの料金体系

プランの名称月額料金最大通信速度
毎日1.4ギガ使い切り2,200円370Mbps

「毎日1.4ギガ使い切り」プランでは、1日1.4GBまで高速通信が可能です。しかもそれが「毎日」なので、使い切ったとしても翌日には制限が解除されます。
1ヶ月あたり、最大約43GBの通信ができるという計算になります。
それが月額2,200円で契約できるのは、非常に格安。

速度制限・テザリング可否について

速度制限データ繰り越しテザリング可否
ありできる

1日1.4GBまで利用まで高速で使えるというプランなので、それを超えると速度制限がかかります。
ただし、翌日になれば制限は解除されるのがポイント。他社にはないお得なプランといえるでしょう。
テザリングも可能なので、自宅の固定回線の代わりとして使うのもありかもしれません。

DTI SIMのおすすめポイント

  • DTI SIMの3GBコースを無料で試せる「半年お試しプラン」がある
  • ライトユーザーからヘビーユーザーまで使い方に合わせた豊富なプランあり
  • 「毎日1.4ギガ使い切り」は他社にはないお得なプラン
  • 通信速度の制限がかかっても、翌日には解消

U-mobile

「U-mobile」はU-NEXTの会社が展開している格安SIMです。U-mobileではさまざまなプランあり、それによって用いる回線が異なりますが、LTE使い放題プランではドコモ回線を使用しているということです。
LTEで動画を快適に見られること、WiFiスポットの利用などを売りにしています。

U-mobile公式ページ

U-mobileのデータ無制限プランの料金体系

プランの名称月額料金最大通信速度
U-mobile通話プラスLTE使い放題2,980円NTTドコモのXiエリア、FOMAエリアに準じる
U-mobile通話プラスLTE使い放題22,730円NTTドコモのXiエリア、FOMAエリアに準じる
U-mobile
データ専用LTE使い放題
2,480円NTTドコモのXiエリア、FOMAエリアに準じる

NTTドコモの回線、そしてLTE使い放題ということで、高速で安定した通信ができるといわれます。
電話も使いたい人にとっては、お得な通話プラスプランがあるのも嬉しいところ。
ただし公式サイトでは、「LTE使い放題プランは、LTEのご利用を保証するものない」といった注意書きがあるので、確認が必要です。

速度制限・テザリング可否

速度制限データ繰り越しテザリング可否
ありできない

公式サイトによると、「短期間での大容量データの送受信は、公平なサービス提供のため、一時的に通信速度の制限を行うことがあります」とのこと。
明記はされていませんが、通信環境によって、1~3GB/3日が制限の目安だといわれています。テザリングについては利用可能です。

U-mobileのおすすめポイント

  • 通話プラスなら映画が1本無料になる
  • U-NEXT WiFiのアクセスポイントが無料で使用可
  • 無料でスマホの訪問設定サービスあり
  • LTEなので通信速度が速く、動画を快適に視聴できる

データ無制限の格安SIM5社の比較まとめ

mineoUQモバイル楽天モバイルDTI SIMU-mobile
料金350円1,980円2,980円2,200円2,480円~
通信速度500kbps500kbps400kbps370Mbps明記なし
通信制限ありありありありあり
データ繰り越し××
テザリング

動画やSNSを使う人に!カウントフリー対応の3社を比較!

「カウントフリー」とは、対象のサービス利用に関する通信を、通信利用量にカウントしないというものです。
各プランで定められている基本通信容量から消費されないため、対象サービスに関しては通信の制限を気にせずに使えるようになります。
特に、動画・音楽系アプリ、SNS等の利用が多い人にとってはメリットが多いシステムです。
カウントフリーサービスを提供している主要の3社を比較してみました。

カウントフリーオプションが使えるおすすめMVNO

  • OCNモバイルONE
  • LINEモバイル
  • BIGLOBEモバイル

OCN モバイル ONE

OCNモバイルone公式サイトTOP

(画像引用:OCN モバイル ONE|格安SIM・格安スマホ | NTTコミュニケーションズ 個人のお客さま

NTTコミュニケーションズが提供するMVNOの通信サービスを用います。高いシェアを誇る有名プロバイダということで、格安SIM「OCN モバイル ONE」も優れたサービス内容だと評判です。
高速データ通信量は5〜6種類から選ぶことができる、公衆Wi-FiスポットやSIMカード追加など、選べるオプションが多いのも特徴。

OCN モバイル ONE公式ページ

OCN モバイル ONEのカウントフリープランの料金体系

プランの名称基本料金オプション料金
MUSICカウントフリー980円0円

OCN モバイル ONEでは、音楽系サービスがフリーになる「MUSICカウントフリー」を提供しています。
OCN モバイル ONEを契約中であれば、別途利用料金がかからないのが大きなメリットです。
また、音楽配信サービスだけでなく、NTTコミュニケーションズの一部サービスも併せてカウントフリーで利用できるのも魅力。

カウントフリー対象の主なサービス

サービス機能
050 plus音声通話(発信・着信)、メッセージ機能
マイポケットファイルアップロード・ダウンロード・閲覧、動画視聴(ストリーミング)、SNS連携、動画共
OCN モバイル ONE アプリ節約モードON/OFF、利用量参照、各種申し込み
申し込みサイトOCNマイページ
音楽配信サービス9種類のアプリが対象Amazon Music/ANiUTa/AWA/dヒッツ/Google Play Music/LINE MUSIC/Spotify/ひかりTVミュージック/レコチョクBest

OCN モバイル ONEのおすすめポイント

  • MUSICカウントフリーの申込みは必要だが、オプション料金はゼロ
  • 通話アプリ「050 plus」など一部サービスもカウントフリーで利用可
  • 用途に合わせて選べるプランが豊富
  • Wi-Fiスポットが多く、通信容量を抑えられる

LINEモバイル

LINEモバイルTOP

(画像引用:LINEモバイル【公式】選ばれる格安スマホ・格安SIM

今やSNS・メッセージツールとして多くの人が活用しているLINEの格安SIMが「LINEモバイル」です。
メールではなくLINE、電話ではなくLINE通話を利用している人が多いのではないでしょうか。
そのようにLINEを中心にやり取りしている人や、スマホでSNSをよく利用する人にはおすすめといえます。
NTTドコモ・au・ソフトバンク全ての回線が使えるのも特徴。

LINEモバイル公式ページ

LINEモバイルのカウントフリープランの料金体系

プランの名称基本料金オプション料金
LINEデータフリー600円~0円
SNSデータフリー600円~月額+280円
SNS音楽データフリー600円~月額+480円

LINEモバイルでは、LINEがデータフリーで利用可能となっています。
さらに、追加オプションとして「SNSデータフリー」や「SNS音楽データフリー」に加入すれば、SNSの利用も通信制限を気にすることなく使えます。
LINEをよく使う人、SNSサービスを使う人におすすめの内容といえるでしょう。

カウントフリー対象の主なサービス

サービス機能
LINEデータフリーLINE
SNSデータフリーLINE / Twitter / Facebook
SNS音楽データフリーLINE / LINE MUSIC / Instagram / Twitter / Facebook

LINEモバイルのおすすめポイント

  • 500MBから12GBまで選べる種類豊富な料金プランあり
  • 大手3キャリアすべての回線が使えるLINEポイントやLINE Pay残高還元キャンペーンでお得になることも
  • LINEポイントやLINE Pay残高還元キャンペーンでお得になることも
  • LINEは追加料金0円で、データ消費が0になる

BIGLOBEモバイル

BIGLOBEモバイルTOPページ

(画像引用:【公式】格安SIM・スマホのBIGLOBEモバイル@【公式】格安SIM・スマホのBIGLOBEモバイル

「BIGLOBEモバイル」は、光回線やプロバイダを提供するビックローブ株式会社が運営する格安SIMです。
格安SIMの中でも特に知名度が高いといえるでしょう。
動画や音楽をたくさん使いたい人におすすめの格安SIMといわれます。
プランは音声通話あり・なしでそれぞれ5~6種類から選ぶことができます。

BIGELOBEモバイルに申し込む

BIGLOBEモバイルのカウントフリープランの料金体系

プランの名称基本料金オプション料金
エンタメフリー・オプション
音声通話プラン
2,430円~月額+480円
エンタメフリー・オプション
データ専用プラン
900円~月額+980円

BIGLOBEモバイルが提供するカウントフリーは「エンタメフリー・オプション」です。
YouTubeやGoogle Play Musicなどの動画・音楽のサービスのデータ通信がフリーで使えます。
動画・音楽系サービスの代表的なものを網羅しているのもポイント。音声通話プランでは月額480円、データ専用プランでは月額980円プラスで利用可能です。

カウントフリー対象の主なサービス

サービス機能
動画サービスYouTube / AbemaTV / U-NEXT / YouTube Kids
音楽サービスGoogle Play Music / YouTube Music / Apple Music / Spotify / AWA / Amazon Music / LINE MUSIC / radiko.jp / らじる★らじる / dヒッツ / RecMusic / 楽天ミュージック
書籍・雑誌dマガジン / dブック / 楽天マガジン / 楽天Kobo
SNSFacebook Messenger

BIGLOBEモバイルのおすすめポイント

  • ドコモとauの回線が使える
  • ポイント還元や割引などキャンペーンがお得
  • 運営元がビッグローブ株式会社で安心
  • 人気のYouTubeやGoogle Play Music、dマガジンなどのアプリのデータ消費が0になるエンタメフリー・オプション

カウントフリー対応の格安SIM3社の比較まとめ

OCN モバイル ONELINEモバイルBIGLOBEモバイル
基本料金980円600円~
  • 音声通話2,430円~
  • データ専用900円~
カウントフリー
0円オプション料金
0円
  • 0円
  • 月額+280円
  • 月額+480円
  • 音声通話:月額+480円
  • データ専用:月額+980円
対象サービス
  • 音楽配信サービス
  • NTTコミュニケーションズのサービス
  • LINE
  • SNS
  • SNS音楽
  • 動画
  • 音楽
  • 書籍/雑誌
  • SNS

データ無制限とカウントフリー、どちらを選ぶ?

「データ無制限」ならばある程度通信量を気にせず使えるため、メールやLINEでやり取りしたり、ブラウザで閲覧する機会が多い人はデータ無制限プランの利用でストレスフリーになるかもしれません。

ただし多くの場合、格安SIMの無制限には通信速度制限など何かしらの制約があるため、完全な使い放題のプランではないといえます。
格安SIMを制限なく使いたい場合には大容量の格安SIMがおすすめです。
また、通話もたくさんしたい人はかけ放題も選べるプランにするなど、スマホの利用の仕方によって選択しましょう。

SNSの投稿・閲覧、YouTubeなどの動画視聴などを頻繁にする人には、「カウントフリー」のほうがおすすめかもしれません。
通信量が多くかかるのは、画像や動画を用いった利用のときです。
そのためデータ無制限であっても、データの使い過ぎによる速度制限で、利便性が感じられないことも。

SNSや動画アプリのヘビーユーザーにとっては、カウントフリーはメリットが大きいといます。
ただしカウントフリーでは通信速度が少し遅めだったり、画質や音質のレベルを下げないと使用できない場合もあるので注意が必要です。

料金や通信速度だけで判断するのではなく、どのような制約があるのか、どういった制限がかかる可能性があるのかなどもきちんと把握したうえで選ぶのが、格安SIMの賢い選び方といえるでしょう。

この記事の著者

編集

Soldi編集部

Soldi編集部は「おうちのお金をスマートに」をコンセプトにコンテンツの配信を行っています。

※当サイトに掲載している情報は、万全の保証をいたしかねます。
機器、サービスの価格、スペック等の詳細情報は、必ず各公式サイトでご確認ください。

【完全版】自分に合った格安SIMが見つかる!

【28社比較】おすすめのWiMAXプロバイダはこれ!