Menu

月3GB~4GB使える最安のおすすめ格安SIMは?料金や速度から比較したMVNO10選

月3GB使えるおすすめの格安SIMは?

「格安SIMを契約したいけど、何GBのプランが良いかわからない」
「3GBの格安SIMで一番安いMVNOキャリアはどこだろう」とお悩みではありませんか。

各キャリアでさまざまな通信容量のプランを設定していますが、月間3GB使用できるプランは最も利用者が多いプランです。
価格.comの調査では、格安SIMを利用している人のうち、3GBの容量帯で契約している人は全体25%に上っています。

(参考:格安SIM・大手携帯キャリア 満足度ランキング2020 - 価格.com

3GBのプランはMVNOの各キャリアがサービスを提供していますが、料金やサービス内容などはさまざまです。
「3GBプランを提供している格安SIMはどこか」「それぞれの料金、サービスはどうなっているか」比較するのは非常に大変ですよね。
かといって比較しないと、契約後に「料金が高い」「もっといいキャリアがあった」などの不満の元となってしまいます。

また2021年以降、各社とも新料金プランを相次いで発表しており、格安SIMで最も利用者が多い3~4GBの容量の価格が大幅に見直されています。
そこでこの記事ではMVNOのサービスを比較し、3~4GBプランを提供している20社のサービス内容を徹底比較しました。
各社の新料金プランを反映させた最新の情報となっています。
結論から述べると、3~4GBで一番おすすめの格安SIMは「OCNモバイルONE」です。
その理由や各サービスの特徴を紹介するので、参考にしてください。

この記事でわかること

  • 3~4GBはどんな人におすすめのプランか
  • 3~4GBプランのサービスを提供している格安SIM
  • 3~4GBプランのあるおすすめの格安SIM

※記事中の料金は注記がない限りすべて税込料金です。

データ通信量3GBってどのくらい?3GBでできること

3GBプランは契約者が最も多いメジャーなプランですが、では3GBはいったいどれだけ利用することができるのでしょうか。

3GBの使用量の目安は下記の表の通りとなっています。

3GBの通信量でできること
内容 1回当たり 3GB
Web Web閲覧(Yahoo!TOPページ) 0.3MB 約10240ページ
メール メールの送信(写真添付あり) 3MB 約1024通
動画 YouTube(480p、5分間) 51MB 約300分
Map Google 2.8MB 1097回
ビデオ通話 LINEによるビデオ電話(1分) 5.1MB 約602分
音楽のダウンロード Spotifyの高音質(160kbps)で5分再生 6MB 約512曲(約2500分)

※端末や通信環境、表示するコンテンツなどによって変動するため、あくまで目安となっています。

たとえば、Webページを一日50ページ閲覧、15分の動画を2日に1回視聴した場合の月の通信量は約2.7GBとなります。
このため、上記のような使い方の場合は3GBプランでも十分足りる計算になります。
ただし、待機時間やその他の操作でも通信量を消費するため、目安から少し余裕を持たせると良いでしょう。

簡単に使用容量ごとのユーザー層は下記の通り分かれています。

GB別使用イメージ
ユーザー層
1GB未満 ほとんど携帯電話でネットやゲームをやらない人
ネットを利用する時は自宅などWi-Fiを利用できる人
3GB 一番利用者が多い層
毎日数十分はネットサーフィンやアプリ利用をしている人
5GB 外出先でもスマホをよく利用する人
一日のうち1時間以上はスマホを利用する人
10GB 外出先でも頻繁にネットや動画視聴をする人
20GB以上 自宅にWi-Fii環境がなく、一日スマホを触っている人
スマホへの依存度が高い学生などに多い

上記表の目安で言えば、3GBを契約する人は「毎日数十分はネットサーフィンやアプリ利用をしている人」です。

スマートフォンを普段からよく利用する人は3GBプランがおすすめです。

3GBプランの格安SIMキャリアを選ぶポイント

契約したいだいたいのデータ容量が決まったら、次は契約するMVNOキャリアを決めましょう。

キャリアを比較する際、料金だけでなく下記の項目を判断軸にすると、選びやすくなります。

3GBプランの格安SIMを選ぶポイント

  • 接続回線の種類
  • 料金
  • 通信速度

それぞれ詳しく解説します。

接続回線の種類

まずは端末を購入したキャリアに対応した回線を選ぶと、SIMロック解除の手続きを省くことができます。

ドコモ、ソフトバンク、auのキャリアで購入した端末には、それぞれの回線以外では使用できないようSIMロックがかけられています。
格安SIMにはそれぞれどの回線を使うことができるか決まっており、端末を購入したキャリアと格安SIMの対応回線を合わせることで、SIMロック解除の手続き不要で、そのまま同じ端末を使うことができます。

例えばドコモで購入した端末は、ドコモ回線に対応したOCNモバイルONEやイオンモバイルに乗り換えた場合、SIMロック解除が不要です。

SIMロック解除の手続きが面倒という方は、端末を購入したキャリアと格安SIMの対応回線を合わせるようにしましょう。

ただし、SIMロック解除の手続き自体はWeb上で簡単に出来るうえ、手続きにかかる費用も無料で出来ます。
対応回線に合わせると、その分格安SIMの選択肢が少なくなってしまうので、SIMロック解除がおすすめです。
SIMロック解除の方法は下記ページでも詳しく解説しているので参考にしてください。

料金

3GBプランの料金相場は音声通話SIMで税込約1,400円/月、データ専用SIMで税込約940円/月です。
この料金相場よりも安いプランを選ぶようにしましょう。

下記は3~4GBの料金プランの比較表です。

音声通話SIMの3~4GB料金比較表
キャリア名 データ容量 月額料金 回線
D A S R
nuroモバイル 3GB ¥792 -
exciteモバイル 3GB ¥880 - -
LinksMate 3GB ¥902 - - -
OCNモバイルONE 3GB ¥990 - - -
BIC モバイル ONE 3GB ¥990 - - -
IIJmio 4GB ¥1,078 - -
BIC SIM 4GB ¥1,078 - -
LinksMate 4GB ¥1,078 - - -
楽天モバイル 3GB ¥1,078 - -
exciteモバイル 3GB ¥1,210 - -
イオンモバイル 3GB ¥1,298 - -
BIGLOBEモバイル 3GB ¥1,3208 - -
イオンモバイル 4GB ¥1,408 - -
bモバイル 3GB ¥1,529 - -
QTモバイル 3GB ¥1,540 - - -
ロケットモバイル 3GB ¥1,540 - -
UQモバイル 3GB ¥1,628 - - -
DTI SM 3GB ¥1,639 - - -
QTモバイル 3GB ¥1,705 - - -
bモバイル 4GB ¥1,749 - -
Nifmo 3GB ¥1,760 - - -
hi-ho SIM 3GB ¥1,796 - - -
QTモバイル 3GB ¥1,980 - - -
ワイモバイル 3GB ¥2,178 - - -

※D:ドコモ回線、A:au回線、S:ソフトバンク回線、R:楽天回線
※表示価格はすべて税込料金です。

データ専用SIMの3~4GB料金比較表
キャリア名 データ容量 月額料金 回線
D A S R
LinksMate 3GB ¥550 - - -
nuroモバイル 3GB ¥627 -
LinksMate 4GB ¥726 - - -
exciteモバイル 3GB ¥770 - -
OCNモバイルONE 3GB ¥858 - - -
イオンモバイル 3GB ¥858 - -
BIC モバイル ONE 3GB ¥858 - - -
ロケットモバイル 3GB ¥924 - - -
ロケットモバイル 3GB ¥924 - - -
DTI SM 3GB ¥924 - - -
bモバイル 3GB ¥935 - -
IIJmio 4GB ¥968 - -
イオンモバイル 4GB ¥968 - -
BIC SIM 4GB ¥968 - - -
BIGLOBEモバイル 3GB ¥990 - -
QTモバイル 3GB ¥990 - - -
QTモバイル 3GB ¥990 - - -
QTモバイル 3GB ¥990 - - -
Nifmo 3GB ¥990 - - -
hi-ho SIM 3GB ¥1,026 - - -
exciteモバイル 3GB ¥1,100 - -
hi-ho SIM 3GB ¥1,549 - - -

※D:ドコモ回線、A:au回線、S:ソフトバンク回線、R:楽天回線
※表示価格はすべて税込料金です。

表をご覧の通り、音声通話SIMではnuroモバイル、データ専用SIMではLinksMateが最安です。

通信速度(実測値)

格安SIMはキャリアによって実際の通信速度(実測値)が異なります。
実測値は通信速度の投稿サイト「みんなの通信速度」等で確認できるため、実測値の速さも併せて確認するようにしてください。

先ほど料金の安さランキングを紹介しましたが、料金の安さだけでMVNOを選んでしまうと後悔する原因となってしまう場合があるからです。

実測値が遅い回線だと、お昼休みや夜間等、アクセスが集中する時間帯の通信速度が遅くなり、ストレスがたまる要因となってしまうことがあります。 このため、料金と実測値の総合的なバランスで格安SIMを選ぶのがおすすめです。

2021年4月2日時点で、3~4GBの容量帯に対応したMVNOのうち、みんなの通信速度のダウンロード速度ランキングは下記の通りとなっています。

3~4GB対応のMVNOのみんなの通信速度ダウンロード速度ランキング
キャリア名 下り速度(Mbps)
bモバイル 64.81 Mbps
DTI SM 58.25 Mbps
UQモバイル 46.65 Mbps
ワイモバイル 45.25 Mbps
OCNモバイルONE 43.39 Mbps
IIJmio 43.17 Mbps
BIC SIM 31.44 Mbps
イオンモバイル 29.38 Mbps
Nifmo 28.32 Mbps
QTモバイル 25.38 Mbps
BIGLOBEモバイル 24.1 Mbps
exciteモバイル 22.2 Mbps
nuroモバイル 21.28 Mbps
LinksMate 20.48 Mbps
ロケットモバイル 9.56 Mbps
ロケットモバイル 9.56 Mbps
楽天モバイル 9.46 Mbps
BIC モバイル ONE データなし
hi-ho SIM データなし

通信速度ではbモバイルが最も早いです。またauやソフトバンクのサブブランドであるUQモバイルやワイモバイルも通信速度の評判が高いです。
反対に料金が最安だったnuroモバイルやLinksMateの実測値は比較的下位となっています。

ご覧の通り、料金だけでなく、通信速度も併せて比較するのがおすすめです。

3GB・4GBプランの格安SIM料金・サービス比較表

先述した選び方のポイントを軸に、3GB~4GBプランを提供している15社のMVNOサービスを比較しました。

SIM選びの参考にしてください。
ここでは総合点として、速度、料金ともに評価の高いものから順に掲載しています。

音声通話SIM3~4GB対応のMVNOサービス比較表
キャリア名 データ容量 月額料金 回線 速度順位 料金順位 総合点
D A S R
OCNモバイルONE 3GB ¥990 - - - 6 4 1
IIJmio 4GB ¥1,078 - - 7 6 2
BIC SIM 4GB ¥1,078 - - 8 6 3
bモバイル 3GB ¥1,529 - - 1 14 4
exciteモバイル 3GB ¥880 - - 16 2 5
nuroモバイル 3GB ¥792 - 18 1 6
イオンモバイル 3GB ¥1,298 - - 9 11 7
bモバイル 4GB ¥1,749 - - 1 20 8
DTI SM 3GB ¥1,639 - - - 3 18 8
イオンモバイル 3GB ¥1,408 - - 9 13 11
LinksMate 3GB ¥902 - - - 19 3 11
LinksMate 4GB ¥1,078 - - - 19 6 13
exciteモバイル 3GB ¥1,210 - - 16 10 14
QTモバイル 3GB ¥1,540 - - - 12 15 15
BIGLOBEモバイル 3GB ¥1,320 - - - 12 15 15
QTモバイル 3GB ¥1,540 - - - 12 15 15
BIGLOBEモバイル 3GB ¥1,320 - - 15 12 15
楽天モバイル 3GB ¥1,078 - - 22 6 17
ワイモバイル 3GB ¥2,178 - - - 5 24 18
QTモバイル 3GB ¥1,705 - - - 12 19 19
Nifmo 3GB ¥1,760 - - - 11 21 20
QTモバイル 3GB ¥1,980 - - - 12 23 21
ロケットモバイル 3GB ¥1,540 - - 21 15 22
BIC モバイル ONE 3GB ¥990 - - - データなし 4 -
hi-ho SIM 3GB ¥1,796 - - - データなし 22 -

料金はすべて税込価格です。

データ通信専用SIM3~4GB対応のMVNOサービス比較表
キャリア名 データ容量 月額料金 回線 速度順位 料金順位 総合点
D A S R
OCNモバイルONE 3GB ¥858 - - - 3 5 1
DTI SM 3GB ¥924 - - - 2 8 2
イオンモバイル 3GB ¥858 - - 6 5 3
bモバイル 3GB ¥935 - - 1 11 4
IIJmio 4GB ¥968 - - 4 12 5
BIC SIM 4GB ¥968 - - - 5 12 6
LinksMate 3GB ¥550 - - - 16 1 6
nuroモバイル 3GB ¥627 - 15 2 6
exciteモバイル 3GB ¥770 - - 13 4 6
イオンモバイル 4GB ¥968 - - 6 12 10
LinksMate 4GB ¥726 - - - 16 3 11
Nifmo 3GB ¥990 - - - 8 15 12
QTモバイル 3GB ¥990 - - - 9 15 13
QTモバイル 3GB ¥990 - - - 9 15 13
QTモバイル 3GB ¥990 - - - 9 15 13
ロケットモバイル 3GB ¥924 - - - 18 8 16
ロケットモバイル 3GB ¥924 - - - 18 8 16
BIGLOBEモバイル 3GB ¥990 - - 12 15 18
exciteモバイル 3GB ¥1,100 - - 13 21 19
hi-ho SIM 3GB ¥1,549 - - - - 22 -
BIC モバイル ONE 3GB ¥858 - - - - 5 -
hi-ho SIM 3GB ¥1,026 - - - - 20 -

料金はすべて税込価格です。

ご覧の通り、3GB~4GB対応プランでも料金や速度に違いがあることが分かります。

3GB~4GBプランのおすすめ格安SIMランキング

月間3GB使える格安SIMで、料金面・サービス面でお勧めの格安SIMは下記の10社です。

聞きなじみのない格安SIMも含まれているかと思いますが、次項で各キャリアの特徴や、どんな人におすすめか、くわしく紹介していきます。
格安SIM選びにお悩みの方は参考にしてください。

OCNモバイルONE

OCNモバイルone公式サイトTOP

(画像引用:OCN モバイル ONE|格安SIM・格安スマホ | NTTコミュニケーションズ 個人のお客さま

OCNモバイルONEは2021年4月1日に新料金プランを発表し、音声通話SIM3GBの月額料金が税込1,628円から990円に大幅に値引きされました。

もともとOCNモバイルONEの通信速度の評判も高く、3GBの容量帯では音声通話SIM・データ通信専用SIMともに、一番おすすめです。

またOCNモバイルONEは、取り扱いの端末数がほかのMVNOよりも多く、販売価格も非常に安いのが特徴です。
2020年のオリコン顧客満足度調査では、格安スマホのの端末のラインナップの部門で第1位の満足度評価を得ています。
(参考:端末のラインナップ|格安スマホランキング2020年 オリコン顧客満足度調査|調査企業22社の比較・クチコミ・評判
乗り換えの機会に機種変更も検討している方は、お得に買い替えができます。

デメリットはドコモ回線にしか対応していないことです。auやソフトバンク携帯をお使いの方はSIMロック解除の手続きが必要になるため、auやソフトバンクで購入した端末をお使いの方は、下記のページを参考にして、SIMロック解除の手続きを行ってください。


OCNモバイルONEの3GB料金表
プラン名 月額料金 通信容量 対応回線
音声対応SIMカード 990円 3GB ドコモ回線
SMS対応SIM 1,320円 3GB ドコモ回線
データ通信専用SIMカード 1,188円 3GB ドコモ回線

オプション

  • あんしんモバイルパック(月額640円)
    セキュリティ対策アプリ、128GBのマイポケット、OCNプレミアムサポート for スマートフォンがセットになったパッケージ
  • OCNでんわ10分かけ放題(月額850円)
    1回につき10分の通話がかけ放題
  • OCNでんわトップ3かけ放題(月額850円)
    良く通話した3つの番号への通話料が無料

【キャンペーン】

キャンペーンはございません。

OCNモバイルONEは、端末とのセット購入で乗り換える予定の人におすすめです。

OCN モバイル ONE公式ページ

IIJmio

IIJmioのTOPページ

(画像引用:格安SIM/格安スマホ・インターネットサービスのIIJmio

IIJmioも2021年4月に新料金プランを発表しています。
IIJmioの新料金プランでは3GBのプランはなく、4GBが近いプランになりますが、音声通話SIMの料金は月額1,078円(税込)と3GBの料金相場(月額1,400円)よりも安い料金で利用できます。

またIIJmioは通信速度の評判も高く、みんなの通信速度の実測値では、今回調査した24社の中では7番目の速度となっています。

さらにIIJmioはau回線にも対応しているため、auの携帯電話をお使いの方には最もおすすめです。

IIJmioの4GB料金プラン
2GB 4GB 対応回線
音声 858円 1,078円 ドコモ回線/au回線
SMS 825円 1,045円 ドコモ回線/au回線
データ 748円 968円 ドコモ回線
※表示価格はすべて税込料金です。

オプション

  • 通話定額オプション
    10分もしくは3分の通話が無料。さらに同一契約のSIM同士(家族間)の通話は無料時間がそれぞれ30分、10分に拡大
  • 大容量オプション
    契約のデータ容量に、20GB、30GBを追加できる
    それぞれ月額3,100円、5,000円で追加できる

【キャンペーン】

端末補償オプション2ヶ月無料

IIJmioサプライサービスを申し込みの際に、端末補償オプションを申し込むと月額料金418円~が最大2ヵ月無料になります。
期間:終了日未定

G-Call スマホの通話料が50%OFF

みおふぉんの電話番号をG-Callに無料登録すれば、電話番号はそのままで通話料が半分以下になります。国際電話もおトクに!
期間:終了未定

IIJmioプレミアム特典[長得]

IIJmioモバイルサービスの利用期間が2年以上だと下記の特典が受けられます。
特典①下記いずれかひとつの対象のモバイルオプションがずーっと無料・・・対象オプション
「llJmio WiFi BYコネクト月額362円」
「マカフィーモバイルセキュリティ月額250円」
「i-フィルターforマルチデバイス月額360円」
「トビラフォンモバイル月額300円」
特典②データ容量1GB分×3枚プレゼント
期間:終了日未定

3年連続シェアNo.1記念キャンペーン【第一弾 スマホ大特価セール】

音声SIM(MNP転入)で申し込みかつ、対象端末をセットで申し込むと対象機種が大幅割引で購入できます!
【スマホ価格】
iPhone SE(第2世代)
一括:29,980円(税込)、24回:1,250円(税込)
美品 iPhone 11 [64GB]
一括:45,980円(税込)、24回:1,918円(税込)
未使用品 iPhone 12 mini [64GB]
一括:63,000円(税込)、24回:2,626円(税込)
未使用品 iPhone 12 [64GB]
一括:74,000円(税込)、24回:3,083円(税込)
・Xiaomi Redmi 9T
一括:110円(税込)、24回:5円(税込)
期間:2021年6月1日~2021年10月31日 23:59まで※キャンペーンは予告なく変更、終了する可能性あり

3年連続シェアNo.1記念キャンペーン【初期費用割引】

期間中に、新規でIIJmioモバイルサービスおよびIIJmioモバイルプラスサービスを申し込んだ方を対象に、通常3,300円(税込)かかる契約時の初期費用が1円になるキャンペーンです。
期間:2021年2月4日~2021年10月31日

ご愛顧感謝キャンペーン

現在IIJmioモバイルサービスを契約中の人が、期間中にIIJmioサプライサービスにて対象端末を申し込みした場合、最大10,000円相当のGooglePlayギフトカードがもらえます。※データプランゼロをのぞく
期間:~2021年10月31日まで

ローソン限定 IIJmioクーポンカード&クーポンカード/セレクタブル&クーポンカード/デジタル増量キャンペーン

期間中にローソンにてIIJmioクーポンカード・クーポンカード/セレクタブル、LoppiでIIJmioクーポンカード/デジタルを購入するとデータ量を20%増量してもらえます。
期間:2021/9/1~2021/10/4

IIJmio会員限定で買取金額増額キャンペーン実施中!

IIJmio会員限定で買取金額増額キャンペーン実施中です。
期間:2020/4/24~終了日未定

家族間でそろって格安SIMに移行しようと考えている方や家族間の通話機会が多い人は、IIJmioがおすすめです。

IIJmio公式ページ

BIC SIM

BIC SIMの公式サイトTOP

(画像引用:【公式】BIC SIM|ビックカメラの格安SIM

BIC SIMは大手家電量販店のビックカメラが提供する格安SIMです。
ただし、サービス自体は先述したIIJmioが運営しています。BIC SIMもお得な格安SIMですが、基本的なサービス内容や料金はIIJmioとほぼ同じです。
このためBIC SIMではなく、IIJmioで契約した方が問い合わせ窓口を一元化できるので、IIJmioで契約する方がおすすめです。

BIC SIMの4GB料金プラン
2GB 4GB 対応回線
音声 858円 1,078円 ドコモ回線/au回線
SMS 825円 1,045円 ドコモ回線/au回線
データ 748円 968円 ドコモ回線
※表示価格はすべて税込料金です。

b-mobile

bモバイルの公式サイト

(画像引用:b-mobile公式 世界初のMVNO 日本通信|b-mobile(bモバイル)

bモバイルは日本通信が運営する格安SIMです。
2001年からPHS網を借りたMVNOサービスを実施しており、日本の格安SIMの先駆けとして始まりました。

bモバイルは特に通信速度の評判が非常に高いです。
みんなの通信速度のランキングでは今回調査した24社中1番早い速度となっています。

音声通話SIMタイプの「JUST FIT SIM」とデータ専用SIMの「190PadSIM」のプランがあります。
どちらも基本は従量課金タイプで使った分だけ課金がされる仕組みです。
料金は音声通話SIMの3GBで1,529円(税込)と、相場よりも若干高めですが、従量課金タイプなので、使用量が少なかった月はその分料金が安くなります。
3GBを超過しても料金が切り替わるだけで速度制限はなく、通信速度の評判も高いので、bモバイルでは速度でストレスを感じることは少ないとみられます。

料金は多少高くても、スピードが速い格安SIMがいいという方にはbモバイルがおすすめです。

bモバイルの3GB~4GBの料金プラン
SIMタイプ プラン名 通信容量 月額料金 対応回線
音声通話SIM JUST FIT SIM 3GB 1,529円 ドコモ回線/ソフトバンク回線
4GB 1,749円 ドコモ回線/ソフトバンク回線
データ専用SIM+SMS 190PadSIM(SMSオプション) 3GB 1,078円 ドコモ回線
データ専用SIM 190PadSIM 3GB 935円 ドコモ回線/ソフトバンク回線
※表示価格はすべて税込料金です。

【キャンペーン】
なし

b-mobileはとにかく月額料金を安くしたい人や、月によって使用量の違いが大きな違いがある人などにおすすめの格安SIMです。

b-mobile公式ページ

nuroモバイル

nuroモバイルTOP

(画像引用:nuroモバイル

nuroモバイルは光回線で有名な「NURO光」を運営するソニーネットワークコミュニケーションズが運営する格安SIMです。
nuroモバイルはとにかく月額料金を安くしたい人におすすめの格安SIMです。

4月1日から新料金プラン「バリュープラス」を開始し、料金は3GB帯で最安値の水準まで値下げされました。
新料金プランでは音声通話付きSIMが月額792円、データ専用SIMが627円と最安値の水準となっています。

従来プランでは音声通話2GBの料金が月額1,540円~1,848円(税込)と決して安くない料金でした。また使用する回線によって月額料金が変わっていたため、料金が少しわかりにくいプランとなっていました。

しかしバリュープラスでは容量が2GBから3GBに増えたにもかかわらず、料金は半額以下に値下げされています。またどの回線で契約しても月額料金は変わらないため、分かりやすいプランとなっています。3GBの容量帯の料金相場である1,400円を大幅に下回るため、料金を安くしたい方にはおすすめの格安SIMです。

デメリットとしては2021年4月現在の通信速度の評判がそれほど高くないことです。みんなの通信速度のランキングでは、今回調査した24社中18番目の通信速度となっています。

ただし、それ以上に料金の安さがメリットとなっているので、「多少速度が遅くてもお得な格安SIMがいい」という方にはnuroモバイルがおすすめです。

nuroモバイルの3GB料金プラン
プラン名 SIMタイプ 月額料金 通信容量 対応回線
VSプラン 音声通話付き 792円 3GB ドコモ回線/au回線/ソフトバンク回線
データ+SMS 792円 3GB ドコモ回線/au回線
データ専用 627円 3GB ドコモ回線/au回線/ソフトバンク回線
※表示価格はすべて税込料金です。

【キャンペーン】
なし

nuroモバイル公式ページ

exciteモバイル

exciteモバイル公式サイトTOP

(画像引用:格安SIM・格安スマホのエキサイトモバイル

exciteモバイルも2021年4月に新料金プランを発表しています。
音声通話SIM3GBの料金は、先述したnuroモバイルに次いで2番目に安い月額880円(税込)となっています。

exciteモバイルは使用量に応じて料金が変動する従量課金プラン「Fitプラン」と、毎月使用量を定める定額制プラン「Flatプラン」の2種類があります。
料金はFitプランの方が安く、3GBの場合は月額880円(税込)で利用できます。新料金プランは従来の旧料金プランと比較して88円安くなっています。

exciteモバイルの大きな特徴は、低速データ通信時は容量が消費されません。低速データ通信時は通信速度が最大200kbpsに制限されてしまいますが、容量を超過してしまいそうなときや、それほど通信速度が必要ないときなどは、低速モードに切り替えることで通信容量の節約が可能です。
低速モードへの切り替えはexciteのマイページ上で簡単に切り替えが可能です。

さらに低速モードのみの利用の場合、音声通話SIMで最安月額495円で利用できます。

ただし、exciteモバイルの通信速度は平均的となっています。
exciteモバイルはそれほど速さは求めないけど、「料金が安い格安SIMを選びたい」という方にお勧めです。

exciteモバイルの3GB料金プラン
プラン名 Fitプラン Flatプラン 対応回線
低速通信のみ ~3GB 低速通信のみ 3GB
音声対応SIMカード 495円 880円 660円 1,210円 ドコモ回線/au回線
SMS対応SIM 462円 847円 627円 1,177円 ドコモ回線/au回線
データ通信専用SIMカード 385円 770円 550円 1,100円 ドコモ回線
※表示価格はすべて税込料金です。

主なオプション

  • エキモバでんわ3分かけ放題X(月額690円)
  • 高速データ通信チャージ(580円/1GB)

【キャンペーン】

【期間限定/100台限り】でんわパックプランのご契約で「OPPO Reno3 A」が13,600円!

でんわパックプランを選択の上、SIM+端末セットで「OPPO Reno 3 A(特別価格)」をお申し込みの方を対象に、でんわパックプランの最低利用期間(通常12カ月)が24カ月となることを条件として「OPPO Reno 3 A」が特別価格(13,600円/税抜)にて購入可能になるキャンペーン
期間:2020年12月1日(火)12:00~2020年12月15日(火)11:59

新規お申込者限定 デジタルギフト3,000円プレゼントキャンペーン

エキサイトモバイルに新規でお申込みをされた方(最適料金プラン、定額プラン)を対象に3,000円のデジタルギフト(デジコ)をプレゼント
期間:2020年11月2日(月)12:00~2021年1月4日(月)11:59

exciteモバイル公式ページ

DTI SIM

DTI SIM

(画像引用:DTI SIM|用途で選べる格安SIM

DTI SIMは大手プロバイダDTIが運営する格安SIMです。
プロバイダとして有名なDTIが運営するだけに、bモバイルと同等に速度の評判が高い格安SIMです。
DTI SIMは今回調査した24社中bモバイルに次いで2番目に早い速度となっており、通信品質に定評があります。

ただし、他のMVNOとは異なり、直近で新料金プランの発表はなかったため、月額料金は相場よりも高くなっています。
音声通話SIMで月額1,639円と、相場よりも料金が高くなっています。
一方でデータ専用SIMに関しては月額924円(税込)と比較的料金が安くなっています。

データ専用SIMで速度の早い格安SIMをお探しの方にはおすすめの格安SIMです。

DTI SIMの3GB料金プラン
月額料金 通信容量 対応回線
音声プラン 1,639円 3GB ドコモ回線
データSMSプラン 1,089円 3GB ドコモ回線
データプラン 924円 3GB ドコモ回線
※表示価格はすべて税込料金です。

オプション

  • おとくコール10(820円)
    通常20円/30秒の国内通話料金が、10分以内であれば何度でもかけ放題10分経過後も10円/30秒の半額の料金で利用できます。
  • おとくコール(月額0円)
    「おとくコールアプリ」を使って電話発信すれば、国内通話料金が通常の半額の10円/30秒で利用できます。

イオンモバイル

イオンモバイル公式サイトTOP

(画像引用:業界最安級 イオンの格安スマホ・格安SIM【イオンモバイル】

イオンモバイルは全国にあるイオンモールなどの店舗で購入できます。
格安SIMは直販店舗を持たない会社が多いですが、わからないことを専任スタッフに尋ねながら購入できる点がイオンモバイルの大きなメリットです。
またイオンモバイルは販売する端末の種類が豊富で、初めて格安SIMを持つという方にオススメの格安SIMです

料金プランも種類が多く、自分の使い方に合ったプランを選べる点がイオンモバイルの特徴です。

またイオンモバイルの公式アプリ上で「速度切り替え」が可能です。
低速通信モード中は、通信速度が制限される代わりにデータの消費量がカウントされません。
通信容量の節約をしたい場合などは便利な機能です。

イオンモバイルの3~4GBプラン詳細
プラン名 月額料金 回線
音声プラン 3GBプラン 1,298円 ドコモ回線/au回線
4GBプラン 1,408円 ドコモ回線/au回線
データプラン 3GBプラン 858円 ドコモ回線/au回線
4GBプラン 968円 ドコモ回線/au回線

※表示価格はすべて税込料金です。

イオンモバイルの主なオプション
SMS月額料金 音声プラン 無料
データプラン 154円
イオンでんわ10分かけ放題 935円
050かけ放題 1,650円
データ容量追加 528円/1GB
※表示価格はすべて税込料金です。

【キャンペーン】

イオンモバイル紹介トク

イオンモバイル紹介(音声プラン、シェア音声プラン)で1契約につき紹介した人に3,000WAONポイント、紹介された人に1,000WAONポイントをプレゼント。
さらに紹介した人、された人に1GBクーポンを進呈。
期間:2020年9月4日(水)~終了日未定

イオンモバイル新料金カウントダウンキャンペーン

期間中にイオンモバイルに他社から乗換え(MNP)&契約と同時に下記の対象のスマートフォンいずれかを購入すると10,000電子マネーWAONポイントがもらえます。
① AQUOS sense4 やさしいスマホ2(SH-M15P5S)
② AQUOS sense4(SH-M15)
③ Xiaomi Redmi Note 10 Pro
④ Xiaomi Redmi 9T
※AQUOS sense4 やさしいスマホ2は契約者が60歳以上の場合に限り、5,000電子マネーWAONポイントを上乗せして15,000電子マネーWAONポイントおプレゼント
期間:2021年9月1日(水)~2021年9月30日(木)

イオンスマホ→イオンモバイル店舗限定乗り換えキャンペーン

イオン店舗にてイオンスマホからイオンモバイルに乗り換えするとSIMカード代金が1円&3,000WAONポイントをプレゼント!
期間: 2017年12月8日(火)~終了日未定

エントリーパッケージご契約特典2,000ポイントプレゼント

エントリーパッケージで音声プランもしくはシェア音声プランを申し込みをすると2,000ポイントがもらえます。
期間:終了日未定

イオンモバイルは料金も決して高くありません。
格安SIMへの乗り換えが不安な人は、イオンの店舗でスタッフに聞きながらイオンモバイルに乗り換えると良いでしょう。

イオンモバイル公式ページ

UQモバイル

UQモバイルTOP

(画像引用:【公式】UQ mobile(モバイル)│安心・お得の格安スマホ/格安SIMで【顧客満足度No.1】

UQモバイルはauのサブブランドの位置づけとなっており、通信速度・品質に関する評判が非常に高いか格安SIMです。

利用者数に比べて通信速度が速く、今回比較した24社の中ではbモバイル、DTI SIMに次いで実測値が高いです。
またMMD研究所が格安SIMユーザーに実施した「2020年3月格安SIMサービスの利用動向調査」では、UQモバイルは「データ通信品質・安定性」において9キャリア中1位の満足度(72.2%)となっています。
span class="caption">(参考:2020年3月格安SIMサービスの満足度調査

またUQモバイルは2021年2月に新料金プラン「くりこしプラン」を発表しました。
音声通話3GBのプランは2,178円から1,628円に大幅に割引されました。
余ったデータ容量は翌月に繰り越すことができるようになり、使用量が毎月変動する方でも使いやすくなっています。

ただし、料金が安くなったとはいえ、サブブランドであるために相場よりも料金は高めです。
「サブブランドで通信品質が高い格安SIMにしたい」、「キャリアから乗り換えるのにいきなり良く知らない格安SIMに乗り換えるのは不安…」という方にはUQモバイルがおすすめです。

UQモバイルの3GB料金プラン
月額料金 データ容量 対応回線
くりこしプランS 1,628円 3GB au回線
※表示価格はすべて税込料金です。

【キャンペーン】

UQ家族割で2回線目以降月々500円割引

家族でUQモバイルに契約すると、2人目からのスマホ代が月々500円お得になります。
例:月々1,980円のスマホプランSプランなら、月々1,480円まで安くなります。
期間:終了日未定

Try UQ

無料でスマートフォン+SIMが15日間レンタルできるキャンペーン。
スマホの使い心地や、電波が入るかなどを購入前に試すことが可能です。
SIMだけの貸出も行っています。
期間:終了日未定

UQ mobile 下取りサービス

指定プランに乗り換えや機種変更をした人を対象に、利用していた機種を下取りしてくれるキャンペーン。
下取り対象機種に応じた金額が還元されます。
期間:2019年10月1日(火)~

指定ページより申し込みで10,000円キャッシュバック

指定フォーム(https://uqmobile-store.jp/campaign/cashback.php)よりクレジットカードでUQモバイルへの申し込みで、最大10,000円キャッシュバック
※SIMのみの申し込みでauからのMNPはキャッシュバック対象外です。
キャッシュバック金額
UQ mobileを申込みで下記金額をキャッシュバック。
【キャッシュバック】 SIMのみ(MNP+プランML):10,000円
SIMのみ(MNP+プランS):6,000円
SIMのみ(新規):3,000円

【ガラスコーティングシートとセット申し込みのキャッシュバック】
さらにUQ mobileとガラスコーティングシート同時申込みで下記金額をキャッシュバック。
SIMのみ(MNP+プランML)+ガラスコーティング:12,000円
SIMのみ(MNP+プランS)+ガラスコーティング:8,000円
SIMのみ(新規)+ガラスコーティング:5,000円
期間:2019年12月16日〜終了日未定

【3%還元】ローソン生活応援企画

ローソン(ローソン・スリーエフ、ローソン・ポプラ含む)、ナチュラルローソン、ローソンストア100でのau PAY(コード支払い)のご利用で、200円(税込)毎に6ポイント(3%)を還元
期間:2021年4月1日(木)0:00~終了日未定

店頭にて簡単なアンケートに回答すると「UQオリジナルハイチュウ(ガクワリチュウ)」プレゼント

UQモバイル店頭に来店し、簡単なアンケートに回答をするともれなく、「UQオリジナルハイチュウ(ガクワリチュウ)」を1本プレゼントしてもらえます。(一人につき1本まで)。
期間:2020年2月5日(水)~無くなり次第終了

UQ→au番号以降プログラム

UQモバイルからauへ番号移行し、対象料金プランに加入すると番号移行翌月から6か月間はお使いの料金プランとほぼ同額でデータ使い放題になる特典が適用されます。
期間:終了日未定

くりこしプラン +5G データプレゼントキャンペーン

「くりこしプラン +5G」へのプラン変更で、下記のデータ容量をプレゼント
・くりこしプランL +5G 25GB/月
・くりこしプランM +5G 15GB/月
・くりこしプランS +5G 3GB/月
期間:2021年9月2日(木)~終了日未定

今だけ!ドトールコーヒならダブルでおトク!!


キャンペーン①最大10%還元
期間中、対象のドトールグループ各店舗にてau PAY(コード支払い)を利用して支払いをすると、1回の支払いごとにPontaポイントを最大10%還元してもらえます
キャンペーン②クーポン配布
対象のドトールグループ各店舗にてau PAY(コード支払い)で1回200円(税込)以上の支払いに使える50円クーポンを、各期間先着40,000名様、4週間で合計160,000名様にプレゼント
期間:2021年9月1日(水) ~ 9月30日(木)

SIM変更手数料がおトク!0円

VoLTE非対応SIMカードを、契約中の人がUQ mobileのVoLTE対応SIMカードに変更SIM変更手数料が実質0円になります。
期間:終了日未定

【UQモバイル】キャッシュバック公式ページ

LinksMate

LinksMateホームページTOP

(画像引用:LinksMate(リンクスメイト) | ゲームプレイヤーのためのお得なSIM

LinksMateはLogicLinksが運営する格安SIMです。
聞きなじみのない格安SIMかもしれませんが、LogicLinksは「グランブルーファンタジー」などのスマホゲームを開発するCygamesの関連会社です。
ゲーム会社の関連会社が運営する格安SIMなだけに、LinksMateはゲーマーには非常におすすめの格安SIMです。

月額500円のカウントフリーオプションで対象のゲーム・コンテンツ・SNSの通信量が90%OFFとなります。
対象となるサービスも下記のように利用者の多い有名アプリが含まれています。

カウントフリー対象サービスの一例

  • ゲーム
    ウマ娘 プリティーダービー、グランブルーファンタジー、荒野行動、モンスターストライク、アイドルマスターシンデレラガールズなどコンテンツ
  • コンテンツ
    AbemaTV、niconico、U-NEXT、AWAなど
  • SNS
    Instagram、Twitter、Facebook

また音声通話SIM3GBの料金も月額902円と、今回比較した24社中3番目に安い料金となっています。
ただし、LinksMateは速度の評判がそれほど高くなく、24社中19番目の速度となっています。

ゲームを良く利用するものの通信速度はそれほど求めていないユーザーにはLinksMateがおすすめです。

LinksMateの3GB料金プラン
月額料金 通信容量 対応回線
音声通話+SMS+データ通信 902円 3GB ドコモ回線
SMS+データ通信 682円 3GB ドコモ回線
データのみ 550円 3GB ドコモ回線
※表示価格はすべて税込料金です。

格安SIMの通信速度が気になる人はプリペイドSIMがおすすめ

格安SIMの通信速度が遅くないか心配な人は、「プリペイドSIM」を利用してみましょう。

プリペイドSIMとは、容量や利用時間があらかじめ決められたSIMカードを購入して、利用するSIMです。
決められた容量や利用時間を超えると、自動的に解約される使い切りのSIMカードです。

また面倒な契約手続きも必要ないため、手軽に利用できるメリットもあります。

プリペイドSIMサービスの有無
MVNO プリペイドSIMの有無 サービス名称 料金
LINEモバイル
mineo マイネオプリペイドパック 200円/200MB
BIGLOBEモバイル BIGLOBE NINJA SIM 4,900円/3GB
OCNモバイルONE OCN モバイル ONE プリペイド 3,200円/1GB
UQモバイル
b-mobile b-mobile 10GBプリペイド 3,850円/10GB
QTモバイル
DTI SIM
IIJmio IIJmioプリペイドパック 3,791円/2GB
ロケットモバイル

通常の契約よりも料金は高めになってしまいますが、お試しで短期間利用してみたい場合には最適です。

3GB~4GBプランのおすすめ格安SIMランキングのまとめ

ここまで格安SIMの3GB~4GBプランについて紹介しました。

月間3GB使えるおすすめ格安SIMのまとめ

  • 3GBは契約者が一番多いメジャーな契約プラン
  • 3GBは、毎日数十分ネットサーフィンやアプリ利用をしている人におすすめ
  • 3GBプランの料金相場は音声通話SIMで税込約1,400円/月、データ専用SIMで税込約940円/月
  • 3GBプランはOCNモバイルONEがおすすめ
  • お試しでプリペイドSIMを購入する方法もある

以上です。
各社の特徴を比較検討して、一番ご自身に合った格安SIMを選んでください。

家計の見直しは「固定費」の削減から始めよう!支出の見直しポイントとプロが教えるおすすめの方法はコレ!

この記事の著者

編集

Soldi編集部

Soldi編集部は「おうちのお金をスマートに」をコンセプトにコンテンツの配信を行っています。

※当サイトに掲載している情報は、万全の保証をいたしかねます。
機器、サービスの価格、スペック等の詳細情報は、必ず各公式サイトでご確認ください。

【完全版】自分に合った格安SIMが見つかる!

【完全版】自分に合った格安SIMが見つかる!

【28社比較】おすすめのWiMAXプロバイダはこれ!

【28社比較】WiMAXを契約するなら! おすすめプロバイダ厳選5社!



ナビナビ保険