Menu

iPhone 7/7 Plusから始める格安スマホ/おすすめプランから手順まで徹底解説

2016年に発売された新型のiPhone 7やiPhone 7 Plusでも格安SIMを利用することができます。

iPhone 7/7 Plusはシリーズ初の防水や、おサイフケータイに対応するなど様々な点で進化しました。

特に7 Plusのカメラは広角と望遠の2種類のレンズを搭載し、光学2倍のズームが可能になりました。

それだけ高性能なのですから当然のことではありますが、本体価格は高いです。


前作iPhone 6に比べるとストレージが倍増したため割安感もありますが、それでも毎年気軽に買い替えられる値段ではありません。

特にキャリアモデルに関しては、毎月の割引額が減少したため実質価格が上昇しています。24か月の分割払いで購入したとすると、毎月の料金は7,000円を超えるでしょう。


iPhone 7が欲しいけど月額料金はできるだけ安く抑えたい…そんな人には格安SIMでの運用がオススメです。

利用スタイルにもよるので一概には言えませんが、 キャリアで利用するのと比べると概ね2,000円/月程度安くすることが可能です。

現在キャリアのiPhoneを利用している方も、iPhone 7の購入を機に格安スマホデビューしてみませんか?

SIMフリーのiPhone 7/7 Plusを購入しよう!

iPhone 7 iPhone 7 Plus
32GB 72,800円 85,800円
128GB 83,800円 96,800円
256GB 94,800円 10,780円

Apple Storeで販売されているSIMフリー版iPhone 7/7Plusの価格は上記の通りです。


格安SIMで利用するためには、SIMフリーのiPhone 7/7 Plusが必要です。

キャリア版のiPhoneにはSIMロックが施されているため、これを解除しなければ格安SIMでは利用できません。

そして、SIMロックを解除できるのは原則として購入から半年後です。


ただし、ドコモ版に関してはドコモ系の格安SIMに限り、SIMロックを解除しなくても利用することができます。

なので今すぐ格安SIMで利用したい場合はドコモ版のiPhoneを購入するか、Apple StoreからSIMフリー版を購入するしかありません。

SIMフリーのiPhoneを入手する方法については下記の記事で詳しく解説しています。記事タイトルはiPhone SEとなっていますが、内容は7/7 Plusにも共通しています。

参考記事:「 iPhone SEで格安SIMを利用するための方法

格安SIMだとどれくらいお得?

それではキャリアでiPhone 7を購入した場合と、SIMフリー版のiPhone 7を購入して格安SIMで利用した場合の月額料金をシミュレーションしてみましょう。

比較しやすいように、月間データ容量が5GBで5分以内の通話が定額で利用可能なプランを想定してみます。


キャリア版はドコモのiPhone 7 32GBモデル(本体価格76,200円、月々サポートによる割引総額51,600円、実質価格24,600円)を24回分割払いで購入したとしましょう。

本体価格から月々サポートの割引総額を引いたものが実質負担額となり、1か月当たりの負担額は1,025円/月となります。

基本プランは5分以内の通話が定額で利用できるカケホーダイライトプランを選択。

インターネットに接続するためにはISPのspモードが必須で、5GBまで高速通信が可能なデータMパックと組み合わせると月額料金の合計は8,025円です。

ドコモ版iPhone 7 32GB
カケホーダイライトプラン 1,700円/月
spモード 300円/月
データMパック(5GB) 5,000円/月
iPhone 実質負担額 1,025円/月
合計 8,025円/月


格安SIM側は楽天モバイルで計算してみます。SIMフリー版iPhone 7 32GBモデルの一括販売価格は72,800円ですが、これを24で割った約3,034円を実質負担額としました。

通話SIMの5GBプランで楽天でんわの5分かけ放題オプションに加入すると月額料金は3,000円。iPhone 7の1か月当たりの負担額を加えると6,034円となります。

楽天モバイル+iPhone 7 32GB
通話SIM 5GBプラン 2,150円/月
5分かけ放題オプション 850円/月
iPhone 実質負担額 3,034円/月
合計 6,034円/月


両社の差額は1,991円/月。 2年間の総額で比較すると格安SIMのほうが約48,000円も安く抑えられることが分かりますね。

もちろんキャリアにはキャリアのメリットがありますが、とにかくコストを抑えたいならSIMフリーiPhone+格安SIMの運用がオススメです。

参考記事:「 格安スマホとキャリアスマホの違いを徹底比較!

SIMフリーiPhoneにオススメの格安SIM

従来のMVNOは保証面が手薄いというデメリットがありましたが、最近はSIMフリー端末向けの保証サービスを提供しているMVNOが登場してきています。


例えば格安SIMの老舗 IIJmioが提供している「つながる端末保証」は、IIJmio以外から購入したSIMフリースマートフォンや、ドコモやauが販売したキャリア端末を対象としています。

au版はSIMロック解除が必要ですが、iPhoneも対象の保証サービスです。

つながる端末保証に加入した端末を修理する際、サービスを利用するとメーカー正規の修理代金が上限額50,000円まで保証されます。

また修理不可の場合はIIJmioが指定する端末と交換してもらうことも可能です(1回目4,000円、2回目8,000円)。

修理と交換合わせて1年間に2回までサービスを利用することが可能です。


例として iPhone 7/7 Plusの正規修理料金は以下のようになっています。

AppleCare+ に加入していて、過失や事故による損傷がある場合 AppleCare+ 未加入、または保証対象外の場合
画面のみ 画面およびその他の損傷 画面のみ 画面およびその他の損傷
iPhone 7 3,400円 11,800円 12,800円 32,000円
iPhone 7 Plus 14,800円 34,800円

Apple StoreでiPhoneを購入するとAppleCare+に加入することができますが、まず加入時点で14,800円の費用が発生します。

そしてAppleCare+に加入していても、サービス利用時にはさらに上記の費用が発生します。

またサービスの利用は2年間で2回までで、それ以上利用することはできません。


つながる端末保証に加入していれば、「画面のみ」の破損ならAppleCare+未加入で3回修理しても、5万円を超えないので実際の費用は0円となります。

「画面およびその他の損傷」で2回修理したとしても自己負担額は2万円以下、AppleCare+加入時よりも安く済みます。

修理不可能なほどの全損さえしなければ、つながる端末保証のほうがコスト面でお得と言えそうです。

このつながる端末保証は、ほぼ同様のサービスが 楽天モバイルなど他のMVNOでも提供されています。

ただし 事業者によってはiPhoneを対象外としていることもあるので注意してください。


IIJmioと楽天モバイルはiPhoneの正規修理にも対応しているので安心です。

特にIIJmioはサポートに定評があり、楽天モバイルは比較的通信速度が速くてどちらもオススメできる格安SIMです。

格安SIMを申込もう!

SIMフリーのiPhone 7、あるいはドコモ版のiPhone 7を入手できたら、格安SIMを申込む前にMNP予約番号を発行する必要があります。

これがないと、現在使用している電話番号を他社へ引き継ぐことができません。

MNP予約番号は現在利用している事業者が発行する10桁の番号です。


多くの場合はキャリアショップか、インフォメーションセンターに電話で問い合わせれば即日で発行してもらうことができます。

予約番号の有効期限は発行日も含め15日間です。


予約番号が発行できたら、有効期限に余裕があるうちに格安SIMを申込みましょう。各MVNOのWEBサイトや、事業者によっては店舗でも申込みを受け付けています。

申込内容に不備がなければ1週間以内にSIMカードが到着するでしょう。

iPhoneにSIMカードを挿入し、同封されている案内に従ってiPhoneに設定プロファイルをインストールすれば乗り換え作業は完了です。

※当サイトに掲載している情報は、万全の保証をいたしかねます。
機器、サービスの価格、スペック等の詳細情報は、必ず各公式サイトでご確認ください。