Menu

【要注意!】格安SIMへの乗り換えで後悔しないために知っておくべきポイント9つ

格安SIMに乗り換えようと思っても、UQモバイル、mineo、楽天モバイルなど、たくさんの格安SIMがある中でどこを選べばいいか分からないという人は多いですよね。

また、「スマホ代が安くなるっていうけど、本当に乗り換えによるデメリットはないの?」と不安に感じる人もいるでしょう。

実際、格安SIMをただ料金やデータ利用量だけで選んでしまうと、かえって損をしてしまったり、乗り換えに失敗してしまったりすることもあります。

この記事では、新しく格安SIMを契約するにあたり、事前に知っておくべき・注意するべきポイントと、対処法をまとめて紹介しています。

  • おすすめ格安SIM6選

  • 格安SIM料金表

      • UQモバイル
        • 3GBが月額1,628円(税込)で使えてとってもお得
        • 格安スマホの速度ランキング1位
        • 最大10,000円のキャッシュバック実施中
      • 公式サイトへ
      • 楽天モバイル
        • 3ヵ月間月額料金無料キャンペーン!
        • データ無制限の使い放題
        • Rakuten Linkアプリで通話もし放題
      • 公式サイトへ
      • Y!mobile
        • UQモバイルと同じく通信速度が速い
        • ネット割併用で3GBが月額990円(税込)〜
        • ソフトバンク直営で安心
      • 公式サイトへ
      • BIGLOBEモバイル
        • ポイント還元で最新スマホが実質0円
        • iPhoneSEが最安値で買える
        • エンタメフリーでYouTube等が見放題
      • 公式サイトへ
      • mineo
        • サービス満足度1位!
        • 最大20GBの大容量プランあり
        • ドコモ・au・ソフトバンクの3回線に対応
      • 公式サイトへ
      • OCNモバイルONE
        • 新料金プラン移行で1GB:770円/月
        • iPhone 12など端末のラインナップが充実
        • 新品スマホが1円~!端末セールが6/15まで開催中
      • 公式サイトへ
  • 3GB 6GB 10GB 12GB
    UQ
    モバイル
    1,628円 2,728円
    (15GB)
    楽天
    モバイル
    1,078円 2,178円
    (20GB)
    2,178円
    (20GB)
    Y!mobile 2,178円 3,278円
    (15GB)
    BIGLOBE
    モバイル
    1,320円 1,870円 3,740円
    mineo 1,518円
    (5GB)
    1,958円 2,178円
    (20GB)
    OCN
    モバイルONE
    990円 1,320円 1,760円 -

※料金はすべて税込価格です。

こんなにある! 事前に知っておきたい格安SIMの注意点

格安SIMの契約の前に知っておきたい注意点は以下の9つです。

それでは、それぞれの注意点をくわしく見ていきましょう。

注意点1:決済方法がクレジットカードのみの場合が多い

多くの格安SIMは、クレジットカードでの支払いが基本です。

「クレジットカードを持っていないと、格安SIMは使えないの?」と驚く人もいるかもしれませんね。

しかしながら、数は少ないものの、口座振替に対応している格安SIMもあります。

これで解决!口座振替に対応している格安SIM

口座振替に対応している格安SIMは以下になります。

  • UQモバイル
  • BIGLOBEモバイル
  • OCNモバイルONE
  • 楽天モバイル
  • mineo ※eo光を利用中の場合のみ口座振替可能

口座振替の1回の手数料は、UQモバイルは無料、BIGLOBEは200円(税抜)、楽天モバイルは100円(税抜)などとなっています。

UQモバイルは、口座振替の手続きが完了するまでに、1ヶ月ほどかかりますのでその間は請求書での支払いになります。口座振替依頼書を1週間以内に返送すれば、請求書での支払いも1回で済みます。

口座振替の手数料がかからず手続きもスムーズに済むのでおすすめです。

注意点2:iPhoneなど一部機種でテザリングが使えない

こちらも意外な落とし穴。

今まで快適に使えていたテザリングも、格安SIMになると機種によっては使えない場合がありますので注意が必要です。

iPhoneについてテザリングが使えない機種(iPhone5以降)を以下にまとめました。

※スマホの方は表をスワイプできます。

購入したところ iPhone5 iPhone5s iPhone5c iPhone6 iPhone6s iPhone7以降
Appleストア
ドコモ
au × △※1 △※1 △※1
ソフトバンク × × × ×

※1:mineoのAプランのみ

iPhone6s以降は基本テザリング可能ですが、それより前のものは使えない機種がありますので、上記の表を参考に検討しましょう。

また、格安SIMによっては、機種によってテザリングの動作を保証していないものもあります。

主な格安SIM各社のテザリングに関する情報が掲載しているページは以下になります。

注意点3:時間によって通信速度が遅いことも

格安SIMの大きなデメリットとしてよく挙げられるのが「通信速度が遅い」というものです。

結論から言うと、キャリアに比べると確かに格安SIMの通信速度は不安定と言えます。

これは、格安SIMが各キャリアの回線を借りてサービスを提供しているためです。

ですので、各キャリアより格安SIMの通信速度が速くなるということは理論上、ありません。

お昼休みや夜など、時間帯によって回線が混雑することで、ゲームや動画閲覧、SNSの閲覧、WEBページの閲覧などに支障が出ることがあります。

兄リスのイラスト
格安SIMの中でも、UQモバイルやワイモバイルは速度に定評があるから、心配な人はこの2社から選ぶといいよ!

[関連記事]UQモバイルを2年使って分かったこと!キャリアとの比較!メリットデメリットからおすすめスマホの乗り換え方法までのサムネイル
UQモバイルを2年使って分かったこと!キャリアとの比較!メリットデメリットからおすすめスマホの乗り換え方法まで
ソルディのファビコンwww.soldi.jp

[関連記事]ワイモバイルの料金プラン・口コミから乗り換え手順解説!ソフトバンクやUQモバイルと徹底比較!のサムネイル
ワイモバイルの料金プラン・口コミから乗り換え手順解説!ソフトバンクやUQモバイルと徹底比較!
ソルディのファビコンwww.soldi.jp

注意点4:割引や独自のサービスが少ない

格安SIMでは、会社ごとに使用するデータ量などによってプランは細かく設定されていますが、よくキャリアのCMで謳われているような「家族割」「学生割」などは、格安SIMでは少なめです。

独自のサービスなどのキャンペーンも、格安SIMでは多くはありません。

また、キャリアで契約するとメールアドレスが提供されますが、UQモバイルを除いてほとんどの格安SIMではメールアドレスの提供はありません。

ただ、GmailやYahoo!などのフリーメールを事前に用意しておけば、格安SIMに切り替えた後も引き続き利用できますので、キャリアのアドレスにこだわりがなければそこまで大きな問題ではないでしょう。

これで解説! 家族割やかけ放題プランがある格安SIM

少ないですが、格安SIMでも割引サービスを行っているところはあります。

また、家族割は提供していなくても、データ通信量を複数の回線でシェアできるプランがあるため、お得に利用することが可能です。

以下に主なサービスを以下にまとめました。

※スマホの方は表をスワイプできます。

家族でお得に使える格安SIM
格安SIM 詳細
Y!mobile ●【割引】二台目以降は毎月500円割引。
●【シェア】親回線から子回線にデータ通信容量を分け合える「子回線専用プラン(シェアプラン)」がある。※音声通話非対応
UQ mobile ●【割引】スマホプランSは月額1,980円のところ、2台目以降は、月額1,480円で利用可能。
mineo ●【割引】2回線以上契約すると「家族割引」で1回線ごとに50円が割引になる。
●【シェア】データ通信量をシェアできる「パケットシェア」がある。
楽天モバイル ●【割引】2回線目の契約プランに応じて、3000円~還元される「プラス割」のキャンペーンを実施。
IIJmio ●【シェア】「ファミリーシェアプラン」で、最大10枚のSIMカードで月10GBをシェアできる。
LINEモバイル ●【割引】2回線以上の契約は事務手数料が最大無料。
●【シェア】家族や友達にデータ通信量をLINEアプリでプレゼントできる。
BIGLOBE MOBILE ●【シェア】3GB以上のプランで、家族でデータ通信量をシェアできる。

※2019年10月時点の情報です。

注意点5:キャリアに比べてショップが少ない

格安SIMは、店舗数を多く持たないことによって利用料を下げているという側面もあるため、キャリアに比べて店舗の数が少なめです。

ただし、一部の大手の格安SIMでは、全国にショップを展開しています。次にまとめていますので、格安SIMの選択肢にショップを重視される方は、参考にして下さい。 

これで解决!全国にショップがある格安SIM

以下の格安SIMでは、全国にショップが展開されています。

やはり、実際に目の前にいる担当スタッフに分からないことを聞けるというのは安心ですね。

あまりスマホに慣れていない年配の方にもおすすめです。

格安SIMのショップ展開
格安SIM ポイント
Y!mobile 店舗数はキャリアとほとんど変わらず、格安SIMの中では一番の店舗数を持っています。
楽天モバイル 全国的に店舗を持っている楽天モバイル。店舗数は200以上。さらに、店舗は増えていく予定。
UQ mobile Y!mobileまで数は及びませんが、全国に実店舗があります。
イオンモバイル イオンに店を構えるイオンモバイル。近所にイオンがある方にはおすすめです。
mineo 全国に店舗を展開していますが、店舗によってできるサービスの差があります。事前にサイトから確認していきましょう。

注意点6:乗り換え時、数日スマホが使用できない期間が発生する

契約したい格安SIMが決まっても、すぐに契約するのはちょっと待って下さい。

選んだサービスによっては、格安SIMに乗り換える際、申込みからSIMカードが届くまでスマホが使えなくなる期間が発生する場合があるからです。

申込みからSIMカードが届く日数の目安は以下になります。

申し込みからSIMカードが届くまでの日数
格安SIM 申込みからSIMカードが届く日数
UQモバイル 申込みの翌日に発送。
(申込みから商品発送まで状況により当日~1週間程度)
BIGLOBEモバイル 2日~1週間程度
OCNモバイルONE 1週間程度
楽天モバイル 2日~3日程度
mineo 1週間程度

これで解决!即日対応ができる格安SIM

即日対応ができる格安SIMは以下になります。

仕事で使用している人などにもおすすめです。

  • UQモバイル
  • LINEモバイル
  • 楽天モバイル
  • U-mobile 
  • IIJmio
  • mineo

格安SIMへのMNPの申込み手続きはインターネットとショップで手続きを行うことができます。

MNPの手続きを自分で行うのに不安がある人は、ショップがある格安SIMで行うとよいでしょう。

先ほどの章で述べたショップがある格安SIMのうち、即日対応が可能なのは以下の4社です。

  • Y!mobile
  • 楽天モバイル
  • UQモバイル
  • mineo

注意点7:乗り換え後のAPN設定などは自分でやる必要がある

格安SIMでは、今までキャリアがやってくれていたSIMカードの設定も、自分でやる必要があります。

これで解决! ANP設定の方法を解説

以下のページで、APNの設定方法を詳しく説明していますので、参考にしてください。

[関連記事]接続設定(APNの設定)を手動で行う(Android編)のサムネイル
接続設定(APNの設定)を手動で行う(Android編)
SIMカードをセットしたら、端末の接続設定(APNの設定)を行いましょう。Androidでも端末によって多少設定方法が異なりますが、基本的には「設定」メニューを開いて、「接続」の項目から新しいネットワークを登録する作業になります。
ソルディのファビコンwww.soldi.jp

今まで格安SIMに馴染みがなかった方にとってはハードルが高く感じられるかもしれませんが、上記のサイトを参考に、手順を踏んで行えば問題ありません。

注意点8:LINEでID検索ができない

格安SIMの大きなデメリットとして通信速度と一緒によく挙がるのが「LINEのID検索ができない」というものです。

今やスマホユーザーには必須のアプリであるLINEでID検索ができないというのは、特にSNSを頻繁に利用する若いユーザーにとっては大きなデメリットです。

しかしながら、こちらもID検索以外の方法を利用してIDを追加したり、「PC版のLINEを利用する」「LINEモバイルを利用する」といった方法がありますので、あわせて紹介しておきます。

これで解决! LINEモバイルならID検索が可能

LINEが運営しているLINEモバイルであれば、格安SIMでありながらLINEモバイルを利用することが可能です。

通常、他の格安SIMでは行えない年齢確認が、「利用コード」を使用して行えるため、大手キャリアユーザーと同様にID検索が行えます。

LINEユーザーには大きなメリットですね。

LINEモバイル公式ページ

注意点9:故障時のサポートが不十分の場合も

「スマホの電源がつかない!」「急に音が聞こえない!」など、スマホを長く利用しているとトラブルも起こってくるものです。

大手キャリアはこうした故障時のサポート体制も充実していますが、格安SIMはサービスによってはサポート体制が不十分な場合があります。サポートをオプションサービスとして提供しているところを選択したり、また、自分の家から近いところに実店舗を持っている格安SIM会社を選択するのをおすすめします。

これで解决! 端末補償がある格安SIM

格安SIM各社の端末補償サービスは以下の通りです。

なお、iPhoneの修理には対応していない格安SIMが多いため、iPhoneを利用していて端末補償を受けたい場合には、Appleの補償である「AppleCare+」を利用するといいでしょう。

※スマホの方は表をスワイプできます。

端末補償サービスがある格安SIM
持ち込み端末 購入端末
UQモバイル × 〇(418円/月)
BIGLOBEモバイル 〇(550/月) 〇(550円/月)
ワイモバイル × 〇(550円/月)
楽天モバイル × 〇(550円/月)
mineo 〇(550円/月) 〇(407円/月)
LINEモバイル 〇(550円/月) 〇(495円/月)
IIJmio 〇(550円/月) 〇(418円/月)

まとめ

こんなにある! 事前に知っておきたい格安SIMの注意点

格安SIMの契約の前に知っておきたい注意点は以下の9つになります。

  1. 注意点1:決済方法がクレジットカードのみの場合が多い
    これで解决!口座振替に対応している格安SIM
  2. 注意点2:iPhoneなど一部機種でテザリングが使えない
  3. 注意点3:時間によって通信速度が遅い
  4. 注意点4:割引や独自のサービスが少ない
    これで解説! 家族割やかけ放題プランがある格安SIM
  5. 注意点5:キャリアに比べてショップが少ない
    これで解决!全国にショップがある格安SIM
  6. 注意点6:乗り換え時、数日スマホが使用できない期間が発生する
    これで解决!即日対応ができる格安SIM
  7. 注意点7:乗り換え後のAPN設定などは自分でやる必要がある。
    これで解决! ANP設定の方法を解説
  8. 注意点8:LINEでID検索ができない
    これで解决! LINEモバイルならID検索が可能
  9. 注意点9:故障時のサポートが不十分
    これで解决! 端末補償がある格安SIM

格安SIMのデメリットとしても、使う人の希望や条件によっては、大してデメリットにならないこともあります。

自分の使い方や使う端末を考えて、最適な格安SIMの会社を選んで、後から失敗した!とならないようにしましょう。

  • おすすめ格安SIM6選

  • 格安SIM料金表

      • UQモバイル
        • 3GBが月額1,628円(税込)で使えてとってもお得
        • 格安スマホの速度ランキング1位
        • 最大10,000円のキャッシュバック実施中
      • 公式サイトへ
      • 楽天モバイル
        • 3ヵ月間月額料金無料キャンペーン!
        • データ無制限の使い放題
        • Rakuten Linkアプリで通話もし放題
      • 公式サイトへ
      • Y!mobile
        • UQモバイルと同じく通信速度が速い
        • ネット割併用で3GBが月額990円(税込)〜
        • ソフトバンク直営で安心
      • 公式サイトへ
      • BIGLOBEモバイル
        • ポイント還元で最新スマホが実質0円
        • iPhoneSEが最安値で買える
        • エンタメフリーでYouTube等が見放題
      • 公式サイトへ
      • mineo
        • サービス満足度1位!
        • 最大20GBの大容量プランあり
        • ドコモ・au・ソフトバンクの3回線に対応
      • 公式サイトへ
      • OCNモバイルONE
        • 新料金プラン移行で1GB:770円/月
        • iPhone 12など端末のラインナップが充実
        • 新品スマホが1円~!端末セールが6/15まで開催中
      • 公式サイトへ
  • 3GB 6GB 10GB 12GB
    UQ
    モバイル
    1,628円 2,728円
    (15GB)
    楽天
    モバイル
    1,078円 2,178円
    (20GB)
    2,178円
    (20GB)
    Y!mobile 2,178円 3,278円
    (15GB)
    BIGLOBE
    モバイル
    1,320円 1,870円 3,740円
    mineo 1,518円
    (5GB)
    1,958円 2,178円
    (20GB)
    OCN
    モバイルONE
    990円 1,320円 1,760円 -

※料金はすべて税込価格です。

家計の見直しは「固定費」の削減から始めよう!支出の見直しポイントとプロが教えるおすすめの方法はコレ!

この記事の著者

編集

Soldi編集部

Soldi編集部は「おうちのお金をスマートに」をコンセプトにコンテンツの配信を行っています。

※当サイトに掲載している情報は、万全の保証をいたしかねます。
機器、サービスの価格、スペック等の詳細情報は、必ず各公式サイトでご確認ください。

【完全版】自分に合った格安SIMが見つかる!

【完全版】自分に合った格安SIMが見つかる!

【28社比較】おすすめのWiMAXプロバイダはこれ!

【28社比較】WiMAXを契約するなら! おすすめプロバイダ厳選5社!



ナビナビ保険