Menu

即日使える格安SIMを徹底比較!契約時の注意点も解説

契約

格安SIMを使い始める時に気になるのは、キャリア同士での乗り換えのように即日開通するのか?すぐに使えるようになるのか?という点です。

今や生活必需品となっているスマホ、使えない期間があると困ってしまいますよね。

この記事ではこんな疑問に答えます!

  • 格安SIMって即日開通できるの?
  • 格安SIMで即日開通(新規契約)できる会社・店舗が知りたい!
  • 格安SIMで即日乗り換え(MNP)できる会社・店舗が知りたい!
  • 格安SIMで即日使えるようにするための注意点はある?

この記事を最後まで読むことで、格安SIMを新規契約・乗り換え(MNP)する際に即日開通が可能な会社や店舗が分かり、自分に合った格安SIMサービスを選ぶことができるようになります!

おすすめ格安SIM5選!

  • Y!mobile
  • キャリアなのに安い・かつ速いと言うイイトコ取りサービス
  • 公式サイトへ
  • UQモバイル
  • auのサブキャリア! Web限定で13,000円の高額キャッシュバックも実施中!
  • 公式サイトへ
  • mineo
  • サービス満足度1位! 安定性が自慢かつ、キャンペーン適用で最安値クラスに!
  • 公式サイトへ
  • BIGLOBEモバイル
  • 動画も音楽も好きなだけ! エンタメフリーオプションが魅力!
  • 公式サイトへ

結論 : 即日開通できる格安SIMはある

指でOKのサインをする女性

結論から言うと、格安SIMでは新規契約の場合も乗り換え(MNP)の場合も即日開通ができます。

ただしすべての格安SIMが即日開通に対応しているわけではなく、即日開通するためには条件が必要な会社もあるので注意が必要です。

2018年12月現在、即日開通できる格安SIMおよび契約方法は以下の通りです。

※スマホの方は表をスワイプできます。

格安SIMサービス店舗で即日開通可能即日MNP開通可能
AEON MOBILE×
BIGLOBEモバイル
DMM mobile×
IIJmio
mineo
NifMo
OCN モバイル ONE
UQ mobile
楽天モバイル

会社ごとに即日開通できる申し込み方法が異なるため、徹底解説!即日開通に対応している格安SIMの特徴と注意点で申し込み方法をしっかりと確認しておいてください。

即日開通できる格安SIMを契約するための2つの方法

即日開通できる格安SIMを契約するには、以下の2種類の方法があります。

それぞれくわしく見ていくことにしましょう。

店頭で即日開通できる格安SIMを契約する

実店舗を持っている格安SIMや家電量販店での取り扱いがある格安SIMでは、店頭で契約手続きが完了すればすぐにSIMカードを受け取って使い始めることができます。

店舗で即日開通できる格安SIMは以下の通りです。

※スマホの方は表をスワイプできます。

格安SIMサービス主な取扱店舗備考
AEON MOBILE全国のイオン店舗即日開通対応店舗のみ当日受渡可
BIGLOBE SIMヨドバシカメラ・ビックカメラ等の家電量販店、iPhone修理工房 、スマホ修理工房即日開通対応店舗のみ当日受渡可
IIJmioビックカメラBIC SIMとして提供、オンライン申し込みにより最短当日に指定の店舗で受渡可
mineo全国のmineoショップ、ヨドバシカメラ・ピーシーデポスマートライフ 等のmineoサポート店mineoショップでは新規契約・MNP共に当日受渡可、mineoサポート店では店舗ごとに異なる
NifMoノジマ NifMo受付カウンター、ヨドバシカメラ・Joshin等の家電量販店新規契約・MNP共に当日受渡可
OCN モバイル ONEヨドバシカメラ・ビックカメラ等の家電量販店、GEO、ヴィクトリー即日受渡は音声SIMのみ
UQ mobileUQスポット(UQ専売ショップ)、ヨドバシカメラ・ビックカメラ等の家電量販店新規契約・MNP共に当日受渡可
楽天モバイル全国の楽天モバイルショップ新規契約・MNP共に当日受渡可

※2018年12月現在の情報です。

この表からも分かる通り、格安SIM独自で店舗を展開している場合には実店舗で、また家電量販店などでも即日開通の取り扱いがあります。

ただし店舗によってSIMカードは後日発送だったり、待ち時間が長い場合には当日中にSIMカードを受け取れないこともあるので注意が必要です。

即日MNPできる格安SIMを契約する

MNPで格安SIMに乗り換える場合には、インターネットや家電量販店で契約手続きを行ない、後日SIMカードが自宅に届いたら自分でMNPの切り替え手続きをすることで、即日MNPで格安SIMを使い始めることもできます。

即日MNPできる格安SIMは以下の通りです。

※スマホの方は表をスワイプできます。

格安SIMサービスSIMカード到着までの日数SIMカード到着後の手続き
BIGLOBE SIM2日~1週間程度モバイル契約情報 ページから手続き
DMM mobile3日以内DMM mobileマイページから手続き
IIJmio最短3~4日程度IIJmioオンデマンド開通センター(0120-711-122)に電話して手続き
mineo1週間程度mineoマイページから手続き
NifMo3日程度SIMカードに同梱されている案内資料に記載のURLから手続き
OCN モバイル ONE1週間程度MNP転入 開通手続受付専用ページから手続き
UQ mobile翌日~1週間程度my UQ mobileから手続き
楽天モバイル最短2日楽天モバイル開通受付センター(0800-805-1111)に電話して手続き

※2018年12月現在の情報です。

表からも分かる通り、SIMカード到着後に各社公式サイトのマイページまたはMNP転入の受付専用電話番号に電話をして開通手続きを行ないます。

開通手続きをした時間によって回線の開通が翌日にずれ込んでしまう場合があるので、受付時間についても事前に確認しておくと安心です。

徹底解説!即日開通に対応している格安SIMの特徴と注意点

2台のスマホを持つ様子

即日開通に対応している格安SIMと契約方法が分かったところで、ここからは即日開通に対応している格安SIMの特徴と契約する際の注意点についてくわしく解説していきます。

申し込み方法によっては即日開通にならず、スマホが使えない期間が生じてしまう場合もあるので、しっかりチェックしておいてください。

AEON MOBILE

AEON MOBILEは、全国のイオン店舗またはWebからの申し込みのいずれかで契約できます。

店舗で申し込む場合、「ご契約即日お渡し店舗」では契約当日にSIMカードや端末を持ち帰れますが、「後日配送お渡し店舗」では申し込みパッケージを店頭で購入して商品は後日配送で受け取ることになります。

「ご契約即日お渡し店舗」と「後日配送お渡し店舗」は、AEON MOBILEの「店舗一覧|業界最安級 イオンの格安スマホ・格安SIM【イオンモバイル】」から検索できます。

またWebからMNPで申し込みをした場合も、SIMカードや端末は回線開通後の発送です。

商品が手元に届くまでの日数は、後日配送の場合は5~10日、Webからの申し込みの場合は3~7日が目安となっており、SIMカードや端末が手元に届くまでは手持ちの端末でのデータ通信はできません。

店舗申し込みで後日配送の場合とWeb申し込みでMNPの場合は、最長で10日程度、スマホが使えなくなる期間が生じることに注意が必要です。

BIGLOBEモバイル

BIGLOBEモバイルは、ヨドバシカメラ・ビックカメラ等の家電量販店、iPhone修理工房、スマホ修理工房等の店舗、またはWebからの申し込みのいずれかで契約できます。

即日開通対応店舗では契約当日にSIMカードや端末を持ち帰れますが、パッケージ販売のみの店舗では商品は後日配送で受け取ることになります。

即日開通対応店舗は、BIGLOBEモバイルの「店舗を探す|格安SIM/スマホのBIGLOBEモバイル」のページから検索できます。

なお即日開通対応店舗で申し込みができるのは音声通話SIM(新規契約・MNP共)のみで、スマホやデータ通信専用SIMはWebからの申し込みが必要です。

また即日開通対応店舗でも混雑状況によってはSIMカードや端末を当日には受け取れない可能性もあるので、時間に余裕を持って申し込みをしましょう。

Webから申し込みをしたSIMカードを受け取った後は、「モバイル契約情報」のページから自分で手続きをするか、商品に同梱されている書類に記載されている電話番号に電話をかけて手続きをするかのいずれかにより回線が開通します。

「モバイル契約情報」から自分で手続きをする場合には数分で切り替えが完了しますが、電話の場合には切り替えが完了するまでに約2時間程度かかることに注意しましょう。

BIGLOBEモバイルについては、以下の記事でくわしく解説しているのであわせて参考にしてみてください。

[関連記事]格安SIMオタクが本音でレビュー!BIGLOBEモバイル(SIM)の使い勝手と評判・プラン選びの全力まとめのサムネイル
格安SIMオタクが本音でレビュー!BIGLOBEモバイル(SIM)の使い勝手と評判・プラン選びの全力まとめ
ソルディのファビコンwww.soldi.jp

DMM mobile

DMM mobileはWebからの申し込み限定で、店舗での申し込みはできないので注意しましょう。

またDMM mobileのパッケージ商品を持っている場合でもWeb上での手続きが必要です。

DMM mobileでは、新規契約の場合には開通手続きを、MNPの場合には電話番号切り替え手続きを、それぞれSIMカードが手元に届いてから自分で行ないます。

手続きの完了後にAPN設定をすればすぐにデータ通信ができるようになるので、スマホが使えなくなる期間は生じません。

DMM mobileについては、以下の記事でくわしく解説しているのであわせて参考にしてみてください。

[関連記事]100日検証して分かった!DMMモバイルのメリット・デメリットと使い方ガイドのサムネイル
100日検証して分かった!DMMモバイルのメリット・デメリットと使い方ガイド
ソルディのファビコンwww.soldi.jp

IIJmio

IIJmioは、ビックカメラからBIC SIM タイプD(ドコモ回線)およびBIC SIM タイプA(au回線)として提供されており、Webからの申し込みでは配送による受け取りのほか、指定の店舗での受け取りもできます。

なお即日開通で契約するためには、BIC SIM 即日発行カウンターでの申し込みが必要です。

BIC SIM即日発行カウンターの設置されている店舗は、ビックカメラの以下のページから検索できます。

格安スマホ・格安SIMカード即日発行カウンター

SIMカードを配送で受け取った場合は、商品に同梱されている書類に記載されている「IIJmioオンデマンド開通センター」へ電話をかけて開通手続きをする必要があります。

手続きが完了すると10分ほどで回線が切り替わり、IIJmioでのデータ通信ができるようになるため、スマホが使えなくなる期間はほとんどありません。

IIJmioについては、以下の記事でくわしく解説しているのであわせて参考にしてみてください。

[関連記事]生粋の格安SIMオタクが教える「IIJmio」メリット・デメリットのすべてのサムネイル
生粋の格安SIMオタクが教える「IIJmio」メリット・デメリットのすべて
ソルディのファビコンwww.soldi.jp

mineo

mineoは、全国のmineoショップ、ヨドバシカメラ・ピーシーデポスマートライフ 等のmineoサポート店、またはWebからの申し込みのいずれかで契約できます。

即日開通が可能な店舗では契約当日にSIMカードや端末を持ち帰れますが、パッケージ販売のみの店舗では商品は後日配送で受け取ることになります。

即日対応が可能な店舗は、mineoの「店舗検索 | mineo(マイネオ)」から検索できます。

パッケージ販売で購入またはWebから申し込みをしたSIMカードを受け取った後は、「mineoマイページ」から回線開通の手続きが必要です。

MNPの場合は受付時間が決まっているので、回線開通の手続きをする時間帯に注意してください。

※スマホの方は表をスワイプできます。

プラン種別MNP受付時間開通が翌日以降になる可能性がある時間帯
Aプラン(au回線)9:00~21:0020:00~21:00
Dプラン(ドコモ回線)9:00~21:0020:00~21:00
Sプラン(ソフトバンク回線)10:00~19:0018:00~19:00

※2018年12月現在の情報です。
※参照:mineo「MNP転入切替/回線切替/プラン変更(番号引き継ぎ)切替|各種設定|ご利用時の各種設定|初期設定と各種設定|mineoユーザーサポート」

特に、受付時間の最終1時間以内の手続きについては、回線開通が翌日にずれ込む可能性があるので、時間に余裕を持って手続きを進めるのが安心です。

mineoについては、以下の記事でくわしく解説しているのであわせて参考にしてみてください。

[関連記事]mineoの評判やデメリットも解説!【2019】乗り換えマニュアルのサムネイル
mineoの評判やデメリットも解説!【2019】乗り換えマニュアル
ソルディのファビコンwww.soldi.jp

NifMo

NifMoは、ノジマ NifMo受付カウンターが設置されている店舗、またはWebからの申し込みのいずれかで契約できます。

ノジマNifMo受付カウンターが設置されている店舗では契約当日にSIMカードや端末を持ち帰れますが、パッケージのみを購入した場合には商品は後日配送で受け取ることになります。

ノジマNifMo受付カウンターが設置されている店舗は、NifMoの「店頭で即日開通・利用開始ができるカウンター「ノジマ NifMo受付カウンター」 | スマホ(スマートフォン)ならNifMo(ニフモ)」のページから検索できます。

なおノジマNifMo受付カウンターでのMNP転入の最終受付時間は19:00です。

また受付営業時間内でも混雑状況によってはSIMカードや端末を当日には受け取れない可能性もあるので、時間に余裕を持って申し込みをしましょう。

パッケージ販売で購入またはWebから申し込みをしたSIMカードを受け取った後は、商品に同梱されている書類に記載されているURLから回線切り替えの申請をする必要があります。

「回線切り替えを申請する」ボタンをクリックした時刻により回線切り替え日が変わるので、回線切り替えの申請手続きをする時間帯に注意してください。

※スマホの方は表をスワイプできます。

「回線切り替えを申請する」ボタンをクリックした時刻回線切り替え日
~18:00当日
18:00~20:00当日または翌日
20:00~翌日

※2018年12月現在の情報です。
※参照:NifMo「お申し込みの流れ |音声通話対応SIMカード(MNP転入) | 格安SIMのNifMo(ニフモ)」

表からも分かる通り、即日開通させるためには18:00よりも前に「回線切り替えを申請する」ボタンをクリックする必要があります。

特に18:00~20:00の間は、混雑状況によっては当日に回線切り替えが完了しない可能性があるので、時間に余裕を持って手続きを進めましょう。

NifMoについては、以下の記事でくわしく解説しているのであわせて参考にしてみてください。

[関連記事]格安SIMオタクが1年使って分かったNifmoのガチ評価!良い点&悪い点を本音で解説のサムネイル
格安SIMオタクが1年使って分かったNifmoのガチ評価!良い点&悪い点を本音で解説
ソルディのファビコンwww.soldi.jp

OCN モバイル ONE

OCN モバイル ONEは、ヨドバシカメラ・ビックカメラ等の家電量販店、GEO、ヴィクトリー、またはWebからの申し込みのいずれかで契約できます。

即日受渡カウンターが設置されている店舗では契約当日にSIMカードや端末を持ち帰れます。

即日受渡カウンターが設置されている店舗は、OCN モバイル ONEの「即日受渡カウンター|OCN モバイル ONE | NTTコミュニケーションズ 個人のお客さま」のページから検索できます。

なお即日受渡カウンターで申し込みをした場合でも混雑状況によってはSIMカードや端末を当日には受け取れない可能性もあるので、時間に余裕を持って申し込みをしましょう。

Webから申し込みをしたSIMカードを受け取った後は、「MNP転入 開通手続受付」専用ページからMNP開通の申し込みが必要です。

開通手続きをした時点でOCN モバイル ONEへの回線切り替えが完了するので、スマホが使えない期間は発生しません。

OCN モバイル ONEについては、以下の記事でくわしく解説しているのであわせて参考にしてみてください。

[関連記事]OCNモバイルONEの料金と特徴、メリット・デメリットからオプションまで徹底解説!のサムネイル
OCNモバイルONEの料金と特徴、メリット・デメリットからオプションまで徹底解説!
ソルディのファビコンwww.soldi.jp

UQ mobile

UQ mobileは、UQスポット(UQ専売ショップ)、ヨドバシカメラ・ビックカメラ等の家電量販店、またはWebからの申し込みのいずれかで契約できます。

店舗で申し込みをした場合は最短30分で契約手続きが完了し、契約当日にSIMカードや端末を持ち帰れます。

Webから申し込みをしたSIMカードを受け取った後は、「my UQ mobile」ページから回線切り替えの手続きが必要です。

なお回線切り替えの受付可能時間は9:30~20:30で、それ以外の時間は回線切り替えの手続きができないので、時間に余裕を持って手続きを進めましょう。

UQ mobileについては、以下の記事でくわしく解説しているのであわせて参考にしてみてください。

[関連記事]乗り換えの価値は本当にある?格安SIMオタクが教えるUQモバイルの使い勝手まとめのサムネイル
乗り換えの価値は本当にある?格安SIMオタクが教えるUQモバイルの使い勝手まとめ
ソルディのファビコンwww.soldi.jp

[関連記事]【8月】UQモバイルキャッシュバック最速・最高額の受け取り方、iPhone・SIMのみ・MNPも対象のキャンペーン条件を解説のサムネイル
【8月】UQモバイルキャッシュバック最速・最高額の受け取り方、iPhone・SIMのみ・MNPも対象のキャンペーン条件を解説
UQモバイルが運営するWeb専用のキャンペーンサイトから申し込むことで、最大10,000円のキャッシュバックを受けることができます。UQモバイルで最大10,000円のキャッシュバックを安全、かつ簡単に受け取る方法を優しく、分かりやすく解説しています!
ソルディのファビコンwww.soldi.jp

楽天モバイル

楽天モバイルは、全国の楽天モバイルショップ、またはWebからの申し込みのいずれかで契約できます。

楽天モバイルショップのある場所は、楽天モバイルの「楽天モバイル:店舗(楽天モバイルショップ)」から検索できます。

なおWebから申し込む場合にMNP手続き方法で「Web」を選択するとSIMカードや端末が手元に届くまでは手持ちの端末でのデータ通信ができません。

Webからの申し込みで即日開通させたい場合には「楽天モバイル開通受付センターに電話」を選ぶようにしましょう。

パッケージ販売で購入またはWebから「楽天モバイル開通受付センターに電話」で申し込みをしたSIMカードを受け取った後は、楽天モバイル開通受付センター(0800-805-1111)に電話して回線開通の手続きが必要です。

回線開通の手続きは、以下の通り回線種別と受付時間によって切替実施時間が異なるので、時間に余裕を持って手続きを進めましょう。

※スマホの方は表をスワイプできます。

回線種別受付時間帯回線切替実施時間[h1]
ドコモ回線9:00~20:39当日中
ドコモ回線20:40~翌8:599:00以降
au回線10:00~18:50当日中
au回線18:51~翌9:5910:00以降

※2018年12月現在の情報です。
※参照:楽天モバイル「楽天モバイル: MNP(携帯電話ナンバーポータビリティ)」

楽天モバイルへの乗り換えについては、以下の記事でくわしく解説しているのであわせて参考にしてみてください。

[関連記事]格安SIMオタクが教える!楽天モバイルの契約前に知っておきたい8つのメリット・デメリットのサムネイル
格安SIMオタクが教える!楽天モバイルの契約前に知っておきたい8つのメリット・デメリット
ソルディのファビコンwww.soldi.jp

これで完璧!確実に格安SIMを即日契約する方法と注意点

ビルを背景にスマホ画面を見せる女性

ここまで、即日開通できる格安SIMとその手続き方法について解説してきました。

会社によって手続き方法が異なり、特にWebから申し込む場合には回線切替が当日中には行なえないケースもあります。

確実に格安SIMを即日契約したいなら店頭で即日開通できる格安SIMを契約するのが最善の方法であると筆者は考えます。

格安SIMの即日契約をスムーズに進めるためのポイントは以下の3点です。

それぞれ簡単に見ていくことにしましょう。

MNPで今のスマホを使い続ける場合は乗り換え先で使えるか確認しておく

格安SIMをMNPで契約したい場合、今のスマホを使い続けるか、乗り換え先で新しく端末を購入するかを選ぶ必要があります。

各社の公式サイトで動作確認済端末が公開されているので、あなたのスマホが動作確認済端末かどうかをチェックしておきましょう。

※スマホの方は表をスワイプできます。

※2018年12月現在の情報です。

基本的にSIMロック解除をしていない端末では、ドコモ端末はドコモ回線、au端末はau回線、ソフトバンク端末はソフトバンク回線しか利用できません。

またSIMロック解除をしている端末でもデータ通信が正しく行えない、電波が入りにくいなどの障害が起きることがあります。

動作確認済端末として各社のサイトに掲載されていない端末での利用は基本的に自己責任となりますので、十分に注意してください。

契約に必要な書類を過不足なく揃えておく

店舗で格安SIMサービスの契約をスムーズに進めるためには、契約に必要な書類を過不足なく揃えておくことも大切です。

足りない書類があると契約を進めることができず、即日開通ができなくなってしまうからです。

格安SIMの契約で必要な書類は会社によって異なりますが、ほとんどの格安SIMでは以下の書類が必要になります。

  • 契約者本人の本人確認書類
  • MNP(乗り換え)の場合、MNP予約番号およびMNP予約番号の有効期限
  • 契約者本人名義のクレジットカード

本人確認書類は運転免許証や保険証などが使えますが、会社によって本人確認書類として認められないものもあるため、各社の公式サイトで事前にチェックしておきましょう。

またMNPで契約したい場合、MNP予約番号の有効期限に注意が必要です。

契約手続きを進める間に有効期限が切れると手続きを最初からやり直す必要が出てくるので、格安SIMの申し込みをする直前にMNP予約番号を取得し、有効期限に余裕のある状態で契約手続きを進めましょう。

本人名義のクレジットカードは支払方法の登録のために必要になります。

後から口座振替に変更できる会社もありますが、即日開通で契約する場合にはクレジットカードが必須と考えておくのが安心です。

いずれにしても店舗に出向く前に、あなたが契約する格安SIMの公式サイトで必要な書類を確認しておくことを忘れないでください。

受付時間に余裕を持って手続きに行く

店舗で格安SIMの契約をする際には、受付時間にも注意しましょう。

格安SIMの契約受付時間は店舗自体の営業時間よりも短く設定されていることが多いこと、また平日の夜や休日には店舗が混み合うため、即日開通ができない可能性があるからです。

会社によっては事前に来店予約ができる店舗もあるので、予定が分かっている時にはあらかじめ予約をしておくと、手続きをスムーズに進めることができます。

まとめ

この記事では、即日契約・開通できる格安SIMについて、手続き方法や注意点について解説してきました。

今回の記事のポイントをまとめます。

  • その日のうちに使い始めたいなら店頭で即日開通できる格安SIMを契約する
  • 即日MNP開通が可能な格安SIMなら店舗に出向かず自分の好きなタイミングで切り替えができる

店舗で即日開通できる格安SIMなら、契約手続きが完了すると同時にSIMカードや端末を受け取れるので、その日のうちに使い始めることができます。

また即日MNP開通ができる格安SIMなら、店舗に出向かずインターネット等で契約手続きを進め、SIMカードや端末が手元に届いてから自分の好きなタイミングで回線の切り替えができます。

今回の記事を参考に、即日開通できる格安SIMの中からあなたのライフスタイルに合った格安SIMを探してみてくださいね。

おすすめ格安SIM5選!

  • Y!mobile
  • キャリアなのに安い・かつ速いと言うイイトコ取りサービス
  • 公式サイトへ
  • UQモバイル
  • auのサブキャリア! Web限定で13,000円の高額キャッシュバックも実施中!
  • 公式サイトへ
  • mineo
  • サービス満足度1位! 安定性が自慢かつ、キャンペーン適用で最安値クラスに!
  • 公式サイトへ
  • BIGLOBEモバイル
  • 動画も音楽も好きなだけ! エンタメフリーオプションが魅力!
  • 公式サイトへ

この記事の著者

編集

Soldi編集部

Soldi編集部は「おうちのお金をスマートに」をコンセプトにコンテンツの配信を行っています。

※当サイトに掲載している情報は、万全の保証をいたしかねます。
機器、サービスの価格、スペック等の詳細情報は、必ず各公式サイトでご確認ください。

【完全版】自分に合った格安SIMが見つかる!

【28社比較】おすすめのWiMAXプロバイダはこれ!