Menu

実店舗が多い格安SIMはどこ? 店舗でのサービス内容を徹底比較

格安SIMを契約する際、わからない点をくわしく聞きながら契約できるよう店舗に足を運びたいと思っている人もいるかもしれませんね。

しかし、一方で

  • 格安SIMの店舗はあまり見たことがない
  • どこに店舗があるの?
  • 店舗の場所は知っているが、店舗では何ができるの?
  • 店舗で格安SIMを契約する際の注意点は?

といった疑問を持っている人も少なくないはず。

結論から言うと、格安SIMの店舗は増えてきているとはいえ、まだまだ少ないのが現状です。

この記事では、

「格安SIMの店舗でスムーズに契約したい、トラブルに対応したい」という人のために、実店舗の多い格安SIMをご紹介します。

各格安SIMの店舗でできることやメリット・デメリットについても解説しますので、格安SIMを店舗で契約する際の参考にしてください。

おすすめ格安SIM5選!

  • Y!mobile
  • キャリアなのに安い・かつ速いと言うイイトコ取りサービス
  • 公式サイトへ
  • UQモバイル
  • auのサブキャリア! Web限定で5,000円の高額キャッシュバックも実施中!
  • 公式サイトへ
  • mineo
  • サービス満足度1位! 安定性が自慢かつ、キャンペーン適用で最安値クラスに!
  • 公式サイトへ
  • BIGLOBEモバイル
  • 動画も音楽も好きなだけ! エンタメフリーオプションが魅力!
  • 公式サイトへ

どうして格安SIMの実店舗は少ないの?

キャリアに比べて月額の利用料が安い格安SIMは、大手キャリアの通信設備を借りて通信サービスを提供しています。

そのため、設備投資やメンテナンスにかかるコストが少なくて済み、料金を抑えることができます。

また、企業は一般的に利益を確保しつつユーザーへのサービス充実、安さ実現のためにコスト削減を図ります。

店舗はテナント料や人件費がかかるため、格安SIMでは最小限の店舗しか持たない、もしくは店舗自体を持たないという判断をしているのです。

また、格安SIMは料金プランがそれほど複雑ではないため、公式サイトのチャットで質問に答えてくれるなど、店舗以外のサービスを用意しているところも見受けられます。

とはいえ、以前に比べて店舗を持つ格安SIMは増えてきています。

店舗がある主要格安SIM一覧

店舗数の多い少ないにかかわらず、店舗を持っている主要な格安SIMを一覧にしてみましょう。

SIM名サービス内容
Y!mobile新規契約、機種変更、契約内容の変更、修理受付、解約、支払い、下取り(一部店舗のみ)
イオンモバイル新規契約、MNP、SIMカード・端末即日渡し、プラン変更や故障修理受付等のアフターサービス
楽天モバイル新規契約や機種変更、NMPによる乗り換え、契約した端末の即日受け取り
U-mobile新規契約、MNP
mineo新規契約、機種変更、初期設定サポート
IIJmio新規契約、MNP、即日渡し、
UQモバイル新規契約、機種変更、UQ WiMAXの新規契約、機種変更※UQコミュニケーションズでの契約者のみ
OCNモバイルONE音声対応SIMカードの即日受渡し、MNP転入、容量シェアの申し込み
nuroモバイル新規契約、ネットワーク設定・メール設定など
LINEモバイル新規契約、MNP、即日渡し

店舗と一口に言っても、自社の看板を掲げた独立型の店舗と、家電量販店などに入っているカウンターの2種類があります。

複数の格安SIMを比べてどこにするか選びたい場合は、家電量販店での契約を選ぶとよいでしょう。

契約したい格安SIMがすでに絞られていて、それについてくわしく確認しながら契約を進めたい、契約後も使用に関してサポートを受けたいという場合は独立型店舗を利用するのがおすすめです。

楽天モバイルやY!mobileなど大手格安SIMの店舗では、新規の契約申し込みはもちろん、MNPによる乗り換えも可能です。

また、在庫があればその場で端末を持ち帰ることもできますし、スタッフに直接質問をしたり、中古スマホを買い取ってもらえる場合もあります。

ただし、店舗によっては契約のみで、アフターメンテナンスなど対応していない場合があるので注意してください。

店舗で契約する際に必要なもの

店舗で格安SIMを契約する際に必要なものは次の通りです。

  • 本人確認のための身分証明書(免許証やパスポートなど)
  • 支払いに使う本人名義のクレジットカード
  • 呼び出しのためのメールアドレス
  • 格安SIMに対応している端末(SIMカードのみの契約で端末を持っている場合)
  • MNP予約番号(MNP乗り換えをする場合)

本人確認のための身分証明書(免許証やパスポートなど)

キャリアの場合もそうですが、契約をする際には本人確認が行われます。

また、未成年は契約者になれないなどの条件もあるため年齢確認も必要です。

契約の際には、免許証やパスポート、写真付きの住民基本台帳カードなどを持っていくようにしましょう。

健康保険証も身分証明書として使用できますが、公共料金領収証や住民票などの補助書類も必要なケースがありますので注意しましょう。

支払いに使う本人名義のクレジットカード

格安SIMでは支払いは契約者本人名義のクレジットカードのみと限定されていることが多いです。

そのため、契約時には月額料金を支払うためのクレジットカードを持参しましょう。

呼び出しのためのメールアドレス

店舗によっては順番がくるとメールアドレスで呼び出してくれるところもあります。

長い時間待ちたくない、待ち時間で用事を済ませたいと思っている人は、呼び出しに使えるメールアドレスを用意していきましょう。

格安SIMに対応している端末(SIMカードのみの契約で端末を持っている場合)

すでに格安SIMに対応している端末を持っていて、SIMカードのみの契約を希望している場合は、使用予定の端末を持参してください。

契約予定の格安SIMに対応していることを確認して購入しているとは思いますが、念のため店頭でも利用予定の端末で使える格安SIMであるかどうか見てもらうと安心です。

MNP予約番号(MNP乗り換えをする場合)

現在、使用中のスマホの電話番号を変更せずに乗り換えをしたい場合は、NMP番号も必要です。

契約中の通信会社でMNP番号を発行してもらったうえで、格安SIMの店舗に足を運びましょう。

NMP番号がない場合は乗り換え手続きができません。

楽天モバイル

楽天モバイルショップでは、新規契約や機種変更、NMPによる乗り換え、契約した端末の即日受け取りができます。

そのほか、サービスについてくわしく聞いたり、端末を実際に触って確認も可能です。

楽天モバイルについてくわしく知りたい人はこちらを参考にしてください。

[関連記事]格安SIMオタクが教える!楽天モバイルの契約前に知っておきたい8つのメリット・デメリットのサムネイル
格安SIMオタクが教える!楽天モバイルの契約前に知っておきたい8つのメリット・デメリット
ソルディのファビコンwww.soldi.jp

楽天モバイル公式ページ

mineo

mineoショップでは、新規契約、機種変更のほかに初期設定サポートにも対応しています。

有料にはなりますが、電話帳やデータの移行などの追加サポートも行ってくれますので、契約後の操作に不安がある人におすすめです。

mineoについてくわしく知りたい人はこちらを参考にどうぞ。

[関連記事]格安SIM「mineo(マイネオ)」の評判やデメリットも解説!【2019】乗り換えマニュアルのサムネイル
格安SIM「mineo(マイネオ)」の評判やデメリットも解説!【2019】乗り換えマニュアル
ソルディのファビコンwww.soldi.jp

mineo公式ページ

UQモバイル

UQモバイルの専売ショップであるUQスポットでは、UQ mobileの新規申し込み、機種変更だけでなく、UQ WiMAXの新規契約や機種変更(UQコミュニケーションズでの契約者に限る)も可能です。

そのほか、修理の受付や、契約情報の変更もできて契約後も安心です。

UQモバイルについてくわしく知りたい人はこちらをご覧ください。

[関連記事]スマホ代はどれくらい安くなる?格安SIMオタクが教えるUQモバイルの使い勝手まとめのサムネイル
スマホ代はどれくらい安くなる?格安SIMオタクが教えるUQモバイルの使い勝手まとめ
ソルディのファビコンwww.soldi.jp

UQ mobile公式ページ

Y!mobile

Y!mobileのショップでは、新規契約、機種変更、契約内容の変更、修理受付、解約、支払いなどの基本的なサービスが受けられます。

そのほか、一部の店舗では店頭下取りサービスも行っています

Y!mobileの詳しい情報はこちらもご覧ください。

[関連記事]ワイモバイルの料金・口コミ総まとめ!ソフトバンクや他社格安SIMと徹底比較!のサムネイル
ワイモバイルの料金・口コミ総まとめ!ソフトバンクや他社格安SIMと徹底比較!
ソルディのファビコンwww.soldi.jp

Y!mobile公式ページ

実店舗が多い格安SIMのメリット

先述の店舗のある主要格安SIMの中でも、店舗数の多い主要な格安SIMをいくつかピックアップしてみましょう。

イオンモバイル200店舗以上
Y!mobile1000店舗以上
楽天モバイル180店舗以上
mineo120店舗以上

店舗での契約を検討している人は、店舗数の多い上記のような格安SIMを選ぶことをお勧めします。

また、実店舗を持つMVNOで格安SIMを契約するメリットには次のようなものがあります。

後にデメリットも解説しますが、まずはメリットについてくわしく解説します。

疑問があれば店舗スタッフに聞ける

格安SIMを店舗で契約する際のメリットの一つに、「疑問があればその場ですぐにスタッフに聞くことができる」ことがあげられます。

インターネットでの契約では、疑問があるたびに調べて解決していかなければならず、手間や時間がかかってしまいます。

素早く質問に答えてくれるチャット機能を用意しているところもありますが、うまく文章にできず聞きたいことを的確に伝えられないこともあるでしょう。

その点、店舗に足を運べば、スタッフに直接質問をすることができるため安心です。

ただし、契約をするための窓口として設置されている店舗もあります。

対応するスタッフによっては格安SIMにくわしくなかったり、アフターサービスにかかわるような細かな内容まで答えられなかったりすることもありますので注意しましょう。

端末を見ながら選べる

実際の端末を見ながらどれにするか選べるのもメリットでしょう。

手に持った感覚や重さ、操作のしやすさなどは、実際に手に取ってみないとわからないものです。

インターネット上で端末の写真やスペック表などを見て購入を決めたものの、いざとどいてみたらイメージと違った、使いづらかったということもあります。

また、数万円もする端末を実際に見ることができないまま購入するのは気が引けるという人もいるはずです。

その点、格安SIMの店舗に足を運べば、店頭においてある端末の実機やモックを手に取って選ぶことができ、より納得感の高い買い物ができるはずです。

ただし、店舗では取り扱っていない端末や、店舗によっては売り切れていて実機を確認できないこともありますので気を付けてください。

即日契約可能な場合は、すぐスマホを受け取れる

購入を希望している端末が店舗に在庫としてある場合、契約したその日に格安スマホを持ち帰ることができるのも店舗で契約するメリットです。

インターネットで購入する場合、契約申し込みから手続き完了、指定住所への端末発送、到着・受け取りと時間がかかります。

格安SIMへの乗り換え手続きをする際にはNMP番号が必要です。

使用中のスマホの契約先で発行してもらったNMP番号を使って乗り換え手続きを行うと、手続きができた時点で手元にあるスマホが使用できなくなります。

乗り換え手続き完了から端末やSIMカードが手元に届くまでに時間があるということは、新しいスマホが届くまで電話の使用ができないということです。

しかし、即日契約ができる店舗での契約ならば、契約したその日に端末を持って帰ることができるため空白期間が生まれません。

店舗限定の特典もある

格安SIMを店舗で契約すれば、その場で特典を受け取ることができる場合もあります。

もちろん、インターネット限定のキャンペーンもありますので、どちらが自分にとってメリットが大きいのかを比較したうえで判断するようにしてください。

ただし、多くの場合インターネット契約特典は、申し込み後に特典を受け取るための手続きを自分で行わなければならなりません。

キャッシュバックキャンペーンなど、手続きが複雑になっていることもあります。

手続きを忘れていた、手続きが複雑でわからなかったため対応できなかったなど、特典を受け取れないこともありますので気を付けてください。

店舗で格安SIMを契約するデメリット

メリットの次はデメリットを見ていきましょう。

店舗で格安SIMを契約する際のデメリットには、主に以下のようなものがあります。

それぞれくわしく解説します。

Web独自のキャンペーンなどは適用されない

店舗契約のメリットにもあげましたが、インターネットで契約した場合にのみ適用されるキャンペーンもあります。

店舗で契約した場合には、Web限定の特典は受け取れません。

店舗限定特典と比較し、どちらの特典が自分にとってメリットが大きいのかを判断し、契約窓口を決めましょう。

数万円単位の高額キャッシュバックなどは、Web限定であることが多いです。

店舗では扱っていない・在庫切れの端末もある

「Web限定販売」など、端末によっては店舗では契約できないものがあるのはデメリットでしょう。

また、店舗での取り扱いがあるにもかかわらず、足を運んだ店舗ではたまたま在庫が切れていて契約できなかったということもあります。

欲しいと思っている端末があるならば、店舗での取り扱いがあるのか、最寄りの店舗に在庫があるのかを事前に確認するようにしましょう。

店舗数が少ないと混雑することも

店舗はあるが数が少ない格安SIMの場合、一つの店舗に人が集まって混雑することがあります。

インターネットで申し込めば数分で終わるものが、店舗では数時間かかってしまうことも。

土日などは特に混雑する傾向があり、来店から契約完了まで何時間がかかって一日つぶれてしまう場合もあります。

忙しい人や休みの日には予定が詰まっている人などは、Web申し込みのほうがスムーズかもしれません。

アフターサービスなど専門的な対応はできない店舗もある

店舗によっては契約のみを担当している窓口もあります。

そのため、アフターサービスに対応していないこともあります。

また、対応するスタッフが契約以外のことにくわしくなく、疑問を解消するのに時間がかかってしまうケースも見受けられます。

疑問を解消しながら契約を判断したいと思って店舗での契約を希望する人は注意しましょう。

まとめ:格安SIMでも店舗で契約ができる

店舗を持っている格安SIMや、格安SIMの店舗でできることについて解説しました。

要点をまとめると以下の通りです。

  • 店舗数は少なくても主要な格安SIMは店舗を持っている
  • 実機を見たい、スタッフに質問しながら契約を進めたい人は店舗での契約がおすすめ
  • 店舗で申し込む際は身分証明書やクレジットカードなどを忘れずに
  • サービスが充実した店舗を持つ格安SIMなら楽天モバイル、mineo、UQモバイル、Y!mobileがおすすめ
  • 忙しくて時間がない場合などは、Web申し込みのほうが早くて楽なこともある

キャリアに比べて店舗数は少ないものの、店舗を持つ格安SIMも増えつつあります。

Web手続きが不安な人は、店舗のサービス内容に重きを置いて、格安SIMを選ぶとよいでしょう。

おすすめ格安SIM5選!

  • Y!mobile
  • キャリアなのに安い・かつ速いと言うイイトコ取りサービス
  • 公式サイトへ
  • UQモバイル
  • auのサブキャリア! Web限定で5,000円の高額キャッシュバックも実施中!
  • 公式サイトへ
  • mineo
  • サービス満足度1位! 安定性が自慢かつ、キャンペーン適用で最安値クラスに!
  • 公式サイトへ
  • BIGLOBEモバイル
  • 動画も音楽も好きなだけ! エンタメフリーオプションが魅力!
  • 公式サイトへ

この記事の著者

編集

Soldi編集部

Soldi編集部は「おうちのお金をスマートに」をコンセプトにコンテンツの配信を行っています。

※当サイトに掲載している情報は、万全の保証をいたしかねます。
機器、サービスの価格、スペック等の詳細情報は、必ず各公式サイトでご確認ください。

【完全版】自分に合った格安SIMが見つかる!

【28社比較】おすすめのWiMAXプロバイダはこれ!