Menu

格安SIMが初めてでも安心!1台目にLIBMOをおすすめする4つの理由から申込ステップまで解説!

格安SIMが初めてでも安心!1台目にLIBMOをおすすめする4つの理由から申込ステップまで解説!

  • 月々のスマホ代が負担になっている…
  • 月末に来る明細を見ると気分が落ち込んでしまう

というのは、スマホが各家庭に普及したならではの悩みだと思います。

しかし、格安SIM・格安スマホの登場によって、スマホ代を数千円に抑えることは非現実的な話ではなくなりました。

数年前までは、情報に敏感な一部の人が使っている状態でしたが、現在では非常に多くの人が「格安SIM・格安スマホ」の存在を知っています。

ちなみに下記は、MM総研が2017年3月に調査した「国内MVNO利用状況調査」の結果です。

「国内MVNO利用状況調査」の結果
画像引用:MM総研「国内MVNO利用状況調査」

これを見ると 「格安SIM・格安スマホを聞いたことがある」を含む認知率は80%以上におよぶことが分かります。

そして現在、株式会社TOKAIコミュニケーションズが提供する MVNO「LIBMO(リブモ)」が注目を集めています。

今回の記事では、

  • 1台目の格安SIMにLIBMOをおすすめする4つの理由
  • LIBMOのスペックを他社と徹底比較
  • LIBMO申込のかんたんステップ

を徹底解説します。

LIBMOの利用を検討している人にとって、参考・判断基準になる情報をまとめています。ぜひ最後までご覧ください。

前提知識:格安SIMって何?

まず最初に「格安SIMって何?」という人に向けて、格安SIM・MVNOの大まかな仕組みをご説明します。

「格安SIMが何かは大体分かっている」「LIBMOの詳細について知りたい」という人は、下記から次の章へ進んでください。
《LIBMOの特徴・プランを見る》へ進む

1分でわかる「格安SIMとは?」

格安SIMとは、docomoauといったキャリアが持つ通信設備を借り受けて、ユーザーに通信サービスを提供しているものです。

独自に通信設備を開発・維持するコストがかからないため、 キャリア回線よりも安い料金で提供されることが特徴です。

「格安SIM」という名前はここからきているわけです。

またこの記事でも出てくるMVNO・MNOですが、以下のような意味合いで使われます。

  • MNO:通信設備を持つ事業者・docomoやau、ソフトバンクなど
  • MVNO:MNOから通信設備を借り受けてサービスを提供する事業者

弟リスのイラスト
MVNOの通信エリアって、docomoやauとは違うの?

兄リスのイラスト
いや、通信エリアは全く同じ。キャリア(MNO)が持つ通信設備を使っているからなんだ。

この後でご紹介する「LIBMOの強み」とも関わってきますが、MVNOは同じキャリア回線であれば理論上の通信エリアは変わらないため、

  • ユーザーサポート
  • 独自のオプション
  • かけ放題などのサービス

で差別化を図ることが多いです。

格安SIMの3つのプラン

そして格安SIMは、基本的に以下の3種類のプランに分かれます。

格安SIMの3つのプラン

  1. データ通信プラン
  2. データ通信プラン(SMSあり)
  3. 通話つきプラン

データ通信は文字通り、音声通話はできませんがデータ通信が可能なプランです。さらにデータ通信の中には、SMS(ショートメール)が利用できるプランがあります。

意外とありがちな誤解が「LINEを使えば通話はできるのでは?」ということですが、 LINE通話は電話番号認証が必要なため「SMSなしのデータ通信プラン」では利用できません。

SMSありのデータ通信プランであれば、電話番号認証が可能なのでLINE通話は基本利用できます。

しかし、通常の電話を受けることはできないため要注意です。

通話つきプランは、データ通信および通話ができるプランで、キャリア契約のスマホと同様に使えます。

LIBMOのデータ通信プランと通話プランの機能比較

下記は、LIBMOのデータ通信プランと通話プランの機能を比較した表です。

LIBMOのデータ通信プランと通話プランの機能を比較した表

注意点として、 格安SIMの場合は原則、「キャリアメール」が使えなくなることを覚えておきましょう。

※キャリアメールとは、

  • ~@docomo.ne.jp
  • ~@ezweb.ne.jp
  • ~@softbank.ne.jp

などのドメインがつくメール機能のことです。

LIBMOはこんなMVNO!特徴とプランを解説

さて「格安SIMとは何か?」がおおよそご理解いただけたところで、MVNOとしてのLIBMOの特徴をお話ししましょう。

LIBMOは上述の通り、株式会社TOKAIコミュニケーションズが提供する格安SIMです。

LIBMOは株式会社TOKAIコミュニケーションズが提供する格安SIM

「@T COM(アットティーコム)」というプロバイダーを運営していたTOKAIコミュニケーションズがMVNO事業に参入し、2017年2月にサービス開始しました。

プロバイダーとしてのノウハウによって、 通信速度・安定性など高い信頼性を持っています。

サービスの特徴として、

  • 10分かけ放題サービス
  • iPhoneレンタルサービス「かりスマ」
  • 安心訪問サービス・端末キッティングなどのユーザーサポート

を打ち出しています。

LIBMOの料金プランを解説

格安SIMは、 キャリア回線よりぐっと安くなる料金が魅力です。

「LIBMOの料金はどうなっているの?」と、気になる方も多いですよね。

下記が、LIBMOの月額料金プランです。データ通信・音声通話の有無によって費用は変わります。

データ通信プラン

容量 月額利用料
ライトプラン
(最大通信速度200kbps)
480円
3GBプラン 880円
6GBプラン 1,480円
10GBプラン 2,280円

※参考: LIBMO公式「料金」

データ通信+SMSプラン

容量 月額利用料
ライトプラン
(最大通信速度200kbps)
620円
3GBプラン 1,020円
6GBプラン 1,620円
10GBプラン 2,420円

※参考: LIBMO公式「料金」

音声通話プラン

容量 月額利用料
ライトプラン
(最大通信速度200kbps)
1,180円
3GBプラン 1,580円
6GBプラン 2,180円
10GBプラン 2,980円

※参考: LIBMO公式「料金」

LIBMOの「10分かけ放題」サービスは850円/月

プレフィックス(通知番号)を先頭につけることで、通話開始から10分間の通話料金を無料にできるサービスです。

通知番号をつけることで、NTTコミュニケーションズの指定回線で電話がつながります。

10分を過ぎると、30秒10円の料金となります。 もし長い用事であっても、もう一度かけなおせば通話時間はリセットされます。

電話をよく利用する人で「携帯の通話料金が大変なことになった…」という経験のある人にとくにおすすめです。

他社と比較したLIBMOのおすすめポイントを解説!

さらに、他のMVNOに対するLIBMOのおすすめポイントは以下の3点があります。

LIBMOをおすすめする3つのポイント

  1. 端末を気軽に購入(レンタル)できる「かりスマ」サービス
  2. プロバイダー由来の信頼性
  3. 初めての人でも安心なサポート体制

とくに、初めて格安SIMを申し込むユーザーを手厚くサポートする仕組みと、プロバイダー提供していることによる信頼性がおすすめするポイントといえます。

この後の章で詳しくお話ししましょう。

(1)かりスマ:端末を気軽にレンタルできる

じつは筆者は長らくAndroid端末を利用していたのですが、iPhone 8の発売をきっかけにiPhoneに乗り換えました。

同じように「iPhoneを使ってみたい」と思うものの、これまでの慣れからなかなか踏み切れない人も多いのではないでしょうか。

「かりスマ」は、LIBMOが株式会社オーバー・ザ・エアーと提携し、端末をユーザーに貸し出すサービスです。2017年8月のレンタル端末は「iPhone 6 スペースグレー」です。

端末の好みというのは、実際持って使ってみないと分からないものですよね。

そのため、いざ買ってから後悔しないために、事前にiOS端末をレンタルして使ってみるという利用ができます。

またSIM契約には「2年縛り」という言葉がよく聞かれます。

2年以内に解約すると違約金が発生する仕組みですが、かりスマの場合は最低利用期間が12ヶ月のため「1年間レンタルで使って他の端末に乗り換える(回線契約はそのまま)」ということもできます。

頻繁にスマホを替えたくなる…という人にもおすすめです。

(2)プロバイダーを提供しているため、信頼性が高い

冒頭でお話しした通り、LIBMOのサービスを提供するTOKAIコミュニケーションズは「@T COM」としてプロバイダーサービスを提供しています。

「@T COM」としてプロバイダーサービスを提供しています。
画像引用:@T COM

BIGLOBEしかり、プロバイダーから格安SIMに裾野を広げたサービスはその実績から、「安定性・信頼性の高いMVNO」と評価されています。

機種アップデートや、万一回線不具合が発生した場合にも安心して使うことができるでしょう。

また、自宅にインターネットを新しくつなぐことを考えている人にとっては、光回線とあわせて申し込むことで割引を受けられるのも嬉しいですね。

(3)初めての格安スマホで設定が不安な人も安心

LIBMOのおすすめポイントとして最も大きなものは、「ユーザーへのサポートの手厚さ」です。

筆者の周りにも、孫や息子と連絡がとりたくてスマホ(格安スマホ)を購入したという人も多いのですが、

「どう設定していいかわからない…」
「お金がかかる設定にしてしまっていないか不安」

という言葉をよく聞きます。

そういった人にとって、LIBMOが提供する以下のサービスはかなり助かるはずです。

  • 安心訪問サポート
  • 端末キッティング

下記で詳しくご説明していきましょう。

安心訪問サポート:面倒な設定もプロに依頼できる

じつは半年ほど前、筆者の母が「スマホ代を節約したい」と、格安SIMへの切り替えを相談してきました。

その時は筆者が手続きや契約についてアドバイスましたが、初めて格安SIMを申し込む人や年配の人などの中には「どうやれば使えるようになるのか?」と不安でいっぱいな人もいると思います。

主に、以下のようなお悩みがあるのではないでしょうか。

  • 格安スマホをどう設定していいか分からない
  • SIM乗り換えでMNP転出を申し込んだはいいが、そこからの手続きが不安
  • 電話帳などのデータはどうやって移行するのか
  • SNSアカウントやLINEの履歴は引き継げるのか

身内に詳しい人がいたとしても、お願いするには限度がありますよね。

そこで、LIBMOでは「安心訪問サポート」というサービスを提供しています。

これはLIBMOを申し込んだユーザーの自宅に提携する設定業者が訪問し、スマホ・タブレットの初期設定を行うサービスです。

また操作の不明点について、直接説明してくれるというメリットもあります。

安心訪問サポートの料金設定

安心訪問サポートは、どこまで依頼するかでプラン金額が変わります。

  1. パックメニュー(基本パック)
  2. オプションサポート

の2つに分かれます。

パックメニューは、段階的に一通りのサポートを受けられるメニューです。

オプションサポートでは、

  • データ移行のみ
  • メール設定のみ

など、「この作業をお願いしたい」というピンポイントのサポート依頼ができます。

パックメニューに含まれていない

  • LINEトーク引継ぎ
  • ペアレンタルコントロール設定

などを申し込むこともできます。金額については下記一覧をご覧ください。

補足しておくと、支払い方法は現金のみです。クレジットカード等は利用できないため、注意してください。

家族での同時申込など、複数台を申し込めばお得になる料金体系
画像引用:LIBMO「安心訪問サポートご利用料金/基本パック」

家族での同時申込など、複数台を申し込めばお得になる料金体系になっています。

また、各パックメニューの違いは以下の通りです。

各パックメニューの違い
画像引用:LIBMO「安心訪問サポート/パック内容表」

「すべておまかせパック」は文字通り、全てのメニューが入っています。

筆者の見解を述べると、スマホの設定でつまづく人が多いのは

  • MNP転出切り替え
  • ネットワーク設定
  • Apple ID
  • アプリの移行
  • 電話帳、写真などのデータ移行

などだと思います。

そう考えると、「データ移行パック(MNPあり:10,000円・MNPなし:8300円 ※1台目)」がバランスが良いのではないでしょうか。

オプションサポートの内容についても、一覧を記載しておきます。

オプションサポートの内容
画像引用:LIBMO「安心訪問サポートご利用料金/オプションサポート」

端末キッティング:あとは電源を入れるだけで利用開始できる

自宅にSIMとスマホが届いたものの「モバイルネットワーク設定」という聞きなれない言葉でつまづいた経験はないでしょうか?

「端末キッティング」は、端末とSIMをあわせて申し込んだ際に、APN設定やアプリインストールを行ったうえで納品されるサービスです。

実施内容は下記です。

  • 初期設定:SIMカードをスマホにセットして使える状態に
  • APN設定:APN設定をして出荷
  • 0035アプリ:LIBMOでんわアプリのインストール
  • TOKAI SAFEアプリ
  • LIBMOマイページ:LIBMOマイページのショートカットをスマホに設定

注意点として、MNP(他社からの乗り換え)の場合は、MNP転出・転入手続きはユーザーが自分で行う必要があります。

一般的なMNPの流れを簡単に説明しておきましょう。

  1. MNP予約
  2. MNP予約番号の取得
  3. 本人確認書類の準備
  4. MNP予約番号照会・SIM発行
  5. SIM到着
1.MNP予約

まず、契約中のキャリア(携帯電話会社)でMNPの予約を依頼します。

以下の番号・情報が通知されるので、控えを取っておきましょう。これらを失くすとMNP転入手続きが進まないためです。

  • MNP予約番号
  • MNP予約番号有効期限
  • MNP予約をした利用者名義
2.MNP予約番号と本人確認書類を用意して申し込み

MNP予約番号を使って、移行したいMVNOに申し込みます。

その際、MNP予約の有効期限が6日未満だと申込ができないため、MNP予約の再申請が必要になります。

また申し込み書類に不備があった場合、再度提出をするまでにMNP予約の有効期限が切れてしまうことがあります。できる限り、番号を発行されてからすぐに申し込むようにしましょう。

3.MVNO側でMNP予約番号の照会、SIMカード発行作業を行う

MNP予約番号と共に本人確認書類がMVNO側に到着すると、 予約番号の照会を行います。

それで間違いなければ、SIMカードの発行が行われます。

4.SIMカードを本人確認書類の住所に送付

SIMカードが指定の住所に送られてきますが、これで終わりではないので気をつけてください。

LIBMOの場合、お客様センターに電話していただき、

  • MNP転入を行う携帯電話番号
  • 届いたSIMカード製造番号の下4ケタ

をプッシュすることで手続きが完了します。

これは本人のもとに間違いなくMNP番号に一致するSIMカードが届いたかの確認にもなります。

アプリインストールは「でんわアプリ」「TOKAI SAFEアプリ」が対象

もうひとつ注意点として、アプリインストールは「0035アプリ(LIBMOでんわアプリ)」「TOKAI SAFEアプリ」が対象です。

TOKAI SAFEアプリは、TOKAI SAFEに加入している・いないに関わらずインストールされます。加入していない人は、アプリは入っていても使えないので注意しましょう。

LINEやSNSなどの各種アプリは、ご自身でインストールをする必要があります。


まとめると、端末キッティングは

  • APN設定
  • でんわアプリ設定

を行うことで「今すぐ最低限使える端末」にして届けてくれるサービスといえます。

スマホの機能に多くを求めないが、設定に不安がある場合に役立つサービスといえるでしょう。

LIBMOのスマホ・SIMをとくにおすすめするのはこんなユーザー

ここまでの話を踏まえ「LIBMOの利用をおすすめする人」というのは、下記のようなタイプだと考えられます。

LIBMOの利用をおすすめする人はこんなユーザー

  • 初めての格安スマホ購入の人
  • 機器の設定が不安な人
  • 自分に合った機種を見つけたい人
  • iPhoneを安く利用したい人

この中でもとくに、初めての格安スマホ・SIM契約の人、機器設定が不安な人にとってはぜひおすすめしたいサービスだと思います。

LIBMOの申込みはコチラ

LIBMOの申込みステップを解説!

では最後に、LIBMOの申込方法をステップ形式で解説していきましょう。

(1)事前チェック項目:端末購入の有無・SIMプランを決める

申込む前に、以下の2つを検討・決定しておきましょう。

  • 端末とセットで購入するか、SIMカードのみ購入するか
  • SIMプランを何にするか

今回は、端末もセットで購入するものとして進めます。

こちらのページから「お申込み」画面へ進みます。

約款が表示されますので、内容を確認して問題なければ先へ進みましょう。

約款が表示されますので、内容を確認して問題なければ先へ進みましょう。

端末+SIMカードを選びます。

(2)端末を探す

端末を選択し、下に進みましょう。

端末を選択し、下に進みましょう。

ちなみに、LIBMOで利用可能な端末は、以下のページから探すことができます。

(3)SIMサイズを選ぶ

SIMのサイズを選びます。

SIMのサイズを選びます。上記端末情報にSIMサイズも記載されているため、間違えないように注意しましょう。

(4)データ容量とプランを選ぶ

データ容量とプランを選びます。

そのまま、データ容量とプランを選びます。

ここでは、

  • データ容量:3GB
  • プラン:データ通信+SMS+音声通話

に設定しました。

(5)MNP利用・オプションを選ぶ

MNP転入の有無と、オプションを選択します。

MNP転入の有無と、オプションを選択します。

(6)フォームに必要事項を入力する

あなたの情報、支払い方法などを入力して、送信すれば完了です。

あなたの情報、支払い方法などを入力して、送信すれば完了です。


今回は、

  1. 1台目の格安SIMにLIBMOをおすすめする4つの理由
  2. LIBMOのスペックを他社と徹底比較
  3. LIBMO申込のかんたんステップ

を徹底解説しました。

兄リスのイラスト
LIBMOは、手厚いユーザーサポートと安心感で、これからユーザーもどんどん増えていくはず。これから格安SIMに乗り換えようという方は、ぜひ参考に!

LIBMOの申込みはコチラ

※当サイトに掲載している情報は、万全の保証をいたしかねます。
機器、サービスの価格、スペック等の詳細情報は、必ず各公式サイトでご確認ください。