Menu

静岡県で拡大中!LIBMO公式ショップ情報まとめ&WEB契約との違いを解説

スマホを見ながら喜ぶ女性

この記事は、静岡を拠点にサービスを展開するLIMBOの公式ショップや契約方法について解説する記事です。

格安SIMを検討していて、「LIMBOってどうなの?」と思ったことがある人も多いと思います。

他のキャリアに比べて知名度がそこまで高くないので契約の手順などわかりづらいところがあるのは事実。

そこで、この記事では次のようなことにお答えします。

  • 公式ショップの場所と営業時間
  • Webと店舗、どちらで申し込みすべきか
  • Webの申込み方法と店舗での申込みステップ
  • おすすめの契約プラン

わからない弟リスのイラスト
ところでさ、LIMBOって静岡に住んでいる人しか申し込みできないの?

兄リスのイラスト
そんなことはないよ。Webで申し込みをすれば全国からどこでも申し込みができるさ。

あわてる弟リスのイラスト
でも、Webで申し込みは難しそう。できたら、店員さんに相談しながら店舗で申し込みをしたいな。

頷く兄リスのイラスト
Webでの申し込みは、そんなに難しくないから安心して。それに公式ショップの場所も案内するし、Webと店舗のどちらで契約すべきか見極めポイントも紹介するよ

筆者がおすすめする申込み方法は「LIBMOはWebで申し込むべき!」です。

その理由は3つあります。

  1. 24時間365日、自分の都合の良いときに申し込める
  2. Webでの申込みなら、カウンターで待つ必要がない
  3. 店舗までの交通費と時間が節約できる

24時間いつでも好きなときに申し込みができて、自ら店舗に足を運ばなくてよいというメリットがあります。

この記事には、LIMBOの申し込みに対する疑問や不安を解決できる情報が詰め込んであります。

そして、LIMBOに用意されている3つのプランから自分がどのプランを申し込むべきかまでご案内します。

ぜひ最後までご覧ください。

LIBMO公式ページ

LIBMO取り扱い店舗情報

店舗に並ぶスマートフォン

まずは静岡県内にあるLIBMOの取り扱い店舗の内5つの店舗をご紹介します。

これらの店舗では19時までに契約をすれば、即日開通ができるのが特徴です。

その前に、即日開通を含めた「店舗でできること」4点を表にまとめてみました。

お店で何ができるかを知っておくと、お店選びも間違えないはずです。

即日店頭開通受付各店舗の営業開始時間から19時までなら、当日SIMカード/端末の持ち帰りが可能
他社からLIBMOへの乗り換え他社で契約中の電話番号を変更しなくて済むMNPの手続きも、その日のうちに対応
専門スタッフとの相談専門スタッフによるサービス案内と相談ができることで不安をしっかり解消
LIBMOの通信速度体験実際のLIBMOの通信速度をスマートフォンやモバイルルーターを使って体験できます

TOKAIモバイルショップ 静岡中吉田店

〒422-8001 静岡県静岡市駿河区中吉田46-5
営業時間 10:30~19:30
電話番号 054-267-4181
定休日 なし
駐車場 あり

TOKAIモバイルショップ 袋井田町店

〒437-0063 静岡県袋井市田町1-9-12
営業時間 10:30~19:30
電話番号 0538-41-1061
定休日 なし
駐車場 あり

TOKAIモバイルショップ 浜松名塚店

〒430-0811 静岡県浜松市中区名塚町162-1
営業時間 10:30~19:30
電話番号 053-411-6351
定休日 なし
駐車場 あり

TOKAIモバイルショップ 富士瓜島町店

〒417-0057 静岡県富士市瓜島町47
営業時間 10:30~19:30
電話番号 0545-54-2205
定休日 なし
駐車場 あり

TOKAIモバイルショップ 沼津大岡店

〒410-0022 静岡県沼津市大岡1237-5
営業時間 10:30~19:30
電話番号 055-954-2733
定休日 なし
駐車場 あり

LIBMOは「Webで申し込むべき」

パソコンを見てくつろぐ女性

冒頭でもお話ししたように筆者のおすすめは、「LIBMOはWebで申し込むべき!」です。

その理由は3つあります。

  1. 24時間365日いつでも申し込める
  2. 混雑するカウンターで待つ必要がない
  3. 店舗までの交通費と時間が節約できる

店舗の住所もわかったことだし、さっそく申し込みに行こうと思っても店舗が意外と少ないのがLIBMOの残念なところ。

店舗に行っても混んでいたり、契約に必要な書類を忘れてしまっては申し込みができず困ってしまうなんてことも。

そうなると店舗まで行くのも面倒だし、でもWebで申し込みするのもなんだか難しそう…。

しかし、案外Webでの申し込みは簡単なのです。

それにWebで申しみをすれば自分のペースで、待ち時間なく申し込みをすることができます。

また、Webと店頭で利用できるキャンペーンに差がないのも特徴です。

弟リスのイラスト
Webがおすすめというのはわかったけど、自分1人でできるか不安だなぁ。

兄リスのイラスト
店頭とWebどちらで申し込みをすべきか見極めるポイントがあるから、それをチェックして自分にあったほうを選ぶと良いよ。

店舗で申し込んだほうが良い人

時間がかかってしまっても、じっくりと選びたい人は店舗で申し込みをすると良いでしょう。

店舗で申し込むべき人のタイプ

  • その日のうちに携帯電話がほしい
  • お店のスタッフに相談しながらじっくり決めたい
  • サービスの内容がよくわからないので説明を受けたい
  • 実際に機種を触って確かめたい
  • 初期設定が不安な人

上記のような人は店舗でくわしく説明を聞いたり、技術的なサポートを受けるほうが確実です。

そして、店舗での申込みの際には必要な本人確認書類を絶対に忘れないでください。

本人確認書類(次の中から1点が必要)

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • 日本国パスポート
  • 身体障がい者手帳
  • 在留カード
  • 外国人登録証明書

本人確認書類と申込住所が異なる場合は、以下の補助書類も必要となります。

「住民票」または「公共料金領収書」(電気/都市ガス/水道)。

いずれも発行から3カ月以内で住所の記載があるものではないといけませんの注意しましょう。

忘れてしまうと申し込みができずに、ドライブでだけで終わってしまうなんてことになってしまいます。

Webで申し込んだほうが良い人

手軽に契約がしたい、Webでの契約に不安を感じない人はぜひWebから契約をしてみてください。

初めてWebから契約をするという人でも、このあとにしっかり説明をするので安心してトライしてみてください。

Webで申し込むべき人のタイプ

  • 契約に時間があまりかけられない
  • 店舗まで行くのが面倒
  • 欲しい機種が決まっている
  • サービスについて知識がある
  • ある程度MMVNOについての知識がある

上記のような人は、ぜひWebで申し込みをしてみましょう。

もし疑問があっても安心してください。

疑問や不安な点があれば、チャット形式でオペレーターとやりとりできるシステムを利用することもできます。

画面の右下にオペレーターの画像がポップアップしてくるので、それをクリックするとチャットを開始できます。

LIBMO チャットサポート画像引用:LIBMO 

それでは次にどんな風に申し込みをしていくかを見ていきましょう。

LIBMOの申し込みステップ

申し込み書に記入する人

ここではWebと店舗の申込み手順について解説していきます。

自分がWeb申し込みタイプか、店舗申し込みタイプか確認したら、いよいよ具体的な申し込みのステップです。

Webの申し込みステップ

libmo Web申し込み

まずは申し込みページにアクセスしましょう。

ページの中盤くらいに申し込み開始のボタンがあります。

お申込み - LIBMO(リブモ)
画像引用: 「お申込み - LIBMO(リブモ)」

そこをクリックすると、申込み開始です。

STEP1. プランを決定する

まずは申し込むプランを決めましょう。

プランは大きく音声通話つきSIM、SMS機能付きSIM、データ通信専用SIMの3つがあります。

多くの人は通話をしたいと思いますので、音声通話つきSIMプランを選ぶと良いでしょう。

すでに通話可能な電話を持っており、モバイルルーターを活用したいなどデータ通信を中心にしたい人は、音声通話つきSIMもしくはSMS機能付きSIMを選ぶと良いでしょう。

次にどれぐらいの容量を契約するか決める必要があります。

すでにスマートフォンをお使いの方は『設定』→『データ使用量』で現在の使用量を簡単に確認できます。

今現在、どの程度の使用量なのかを確認して契約データ容量を決めましょう。

LIBMOのプラン表

月額利用料
容量音声通話付きSIMSMS機能付きSIMデータ通信専用SIM
ライトプラン(最大通信速度200Kbps)1,180円620円1,180円
3GBプラン1,580円1,020円480円
6GBプラン2,180円1,620円880円
10GBプラン2,980円2,420円1,480円
20GBプラン4,680円4,120円2,280円
30GBプラン6,580円6,020円3,980円

※表内の金額はすべて税抜きです。
※2018年8月現在の情報です。
※キャンペーン適用など、時期により記載の金額から変更になることがあります。
参照: 「料金 - LIBMO(リブモ)」

音声通話付きSIM(データ通信+音声通話+SMS)

電話はもちろん、ネット、アプリ、SMSも使いたい人向けのプラン。

このプランを選べば、なにも困ることはないので安心できるすべての人におすすめしたいプランです。

ただし、課金開始日から1年以内にこのプランを解約する場合には、契約解除料9,500円が発生しますのでご注意を。

SMS機能付きSIM(データ通信+SMS)

音声通話はしないが、登録認証にSMS(ショートメッセージサービス)が必要なアプリを使いたい人向けのプラン。

自分ひとりで無料通話アプリを設定できるなど、中級者向けのプランと言えます。

無料通話アプリやメールアプリ「LINE」など、一部のSMSを利用した認証方式を行うアプリの登録が簡単になります。

データ通信専用SIM(データ通信のみ)

「音声通話はいらない!」ネット、アプリ、メールをとにかく安く使いたい人向けの上級者プラン。

音声通話ができる端末をすでに持っている人や、データ通信を安くしたい人向けです。

データ通信のみだけなので、モバイルルーターを使いたい人におすすめのプランです。

LIBMOで利用できるオススメキャンペーン

お電話応援プログラム

10分かけ放題に申込みした場合、10分かけ放題の月額利用料金850円から1年間550円/月が割引されるキャンペーンです。

月に550円の割引ですから、年間12ヶ月で6,600円のお得となります。
参照: 「お電話応援プログラム - LIBMO(リブモ)」

【終了】シェア割

データシェアオプションで追加された2回線目や3回線目にて10分かけ放題を申込みした場合に、2回線目や3回線目にも「お電話応援プログラム」が適用されるキャンペーンのことです。

ただし、このキャンペーンには注意点が2つあります。

1つ目はライトプランはデータシェアが不可であること。

2つ目は対象回線にて「10分かけ放題」を解約した場合、このキャンペーンは適用外ととなります。
参照: 「シェア割 - LIBMO(リブモ)」

【終了】夏得(ナットク)キャンペーン

音声通話機能付きSIMを申込んだ場合、月額利用料が1年間450円割引になるキャンペーンです。

こちらは1年間で5,400円がお得になります。

対象となるのは音声通話機能付きSIMをお申込みいただいた人の全プラン(データシェア除く)です。

音声機能付きSIMを契約し、開通から12カ月以内に解約した場合は、契約解除料1万260円がかかるので注意してください。

キャンペーン期間:2018年5月11日(金)~2018年9月2日(日)
参照: 「夏得(ナットク)キャンペーン - LIBMO(リブモ)」

STEP2. 支払い方法を決定しておく

LIBMOはクレジットカードでの支払いが基本となります。

銀行支払やコンビニ払いはありませんので気をつけてください。

別の支払方法としては@T COMまたはTNCの固定回線を契約している人は「ISPまとめて請求」があります。

「ISPまとめて請求」であれば、@T COMまたはTNCで利用中の支払い方法が選択できます。

クレジットカードかISPまとめて請求、どちらかの支払い方法を決めておきましょう。

STEP3. 必要な書類を準備する

音声通話機能付きSIMもしくはLIBMO取り扱い端末の新規購入の場合、本人確認書類が必要となります。

申込み完了後に、登録したメールアドレス宛に本人確認書類提出の案内メールが届きます。

メールに記載された手順に沿って、本人確認書類を携帯電話のカメラ、デジタルカメラ、スキャナーなどで読み取り、その画像データをアップロードしましょう。

本人確認書類(次の中から1点が必要)

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • 日本国パスポート
  • 身体障がい者手帳
  • 在留カード
  • 外国人登録証明書

本人確認書類と申込住所が異なる場合は、以下の補助書類も必要となります。

「住民票」または「公共料金領収書」(電気/都市ガス/水道)。

いずれも発行から3カ月以内で住所の記載があるものではないといけませんの注意しましょう。

店舗での申し込みステップ

libmo 店頭申し込み

店舗で契約する最大のメリットは、店員さんと相談しながら決められることです。

時間がかかってしまっても、疑問や不安をすべて解消してくれます。

ただし、本人確認書類とクレジットカードだけは絶対に持っていきましょう。

この2つを忘れると契約ができませんのでご注意を。

STEP1. プランを決定する

店頭でほしい機種が決まったら、次に申し込むプランを決めましょう。

プランは大きく音声通話つきSIM、SMS機能付きSIM、データ通信専用SIMの3つがあります。

多くの人は通話をしたいと思いますので、音声通話つきSIMプランを選ぶと困ることはありません。

すでに通話可能な電話を持っており、モバイルルーターを活用したいなどデータ通信を中心にしたい人は、音声通話つきSIMもしくはSMS機能付きSIMを選ぶと良いでしょう。

プランを選んだら、どれぐらいの容量を契約すべきかを決めましょう。

すでにスマートフォンをお使いの方は『設定』→『データ使用量』で現在の使用量を簡単に確認できます。

今現在、どの程度の使用量なのかを店員さんと確認して契約データ容量を決めましょう。

店員さんはあなたのことをしっかりと考えてプランを検討してくれます。

店頭での契約のメリットはどんな疑問も店員さんが答えてくれることなので、どんどん質問して不安を解消しましょう。

LIBMOのプラン表(再掲)

月額利用料
容量音声通話付きSIMSMS機能付きSIMデータ通信専用SIM
ライトプラン(最大通信速度200Kbps)1,180円620円1,180円
3GBプラン1,580円1,020円480円
6GBプラン2,180円1,620円880円
10GBプラン2,980円2,420円1,480円
20GBプラン4,680円4,120円2,280円
30GBプラン6,580円6,020円3,980円

※表内の金額はすべて税抜きです。
※2018年8月現在の情報です。
※キャンペーン適用など、時期により記載の金額から変更になることがあります。
参照: 「料金 - LIBMO(リブモ)」

音声通話付きSIM(データ通信+音声通話+SMS)

電話はもちろん、ネット、アプリ、SMSも使いたい人向けのプラン。

このプランを選べば、なにも困ることはないのですべての人におすすめしたいプランです。

ただし、課金開始日から1年以内にこのプランを解約する場合には、契約解除料9,500円が発生しますのでご注意を。

SMS機能付きSIM(データ通信+SMS)

音声通話のために自分ひとりで無料通話アプリなどを設定できるなど、中級者向けのプランと言えます。

登録認証にSMS(ショートメッセージサービス)が必要なアプリを使いたい人などアプリを中心に使いたい人向けです。

無料通話アプリやメールアプリ「LINE」など、一部のSMSを利用した認証方式を行うアプリの登録が簡単になります。

データ通信専用SIM(データ通信のみ)

音声通話ができる端末をすでに持っている人や、データ通信を安くしたい人向けの上級者プラン。

「音声通話はいらない!」ネット、アプリ、メールをとにかく安く使いたい人向けです。

データ通信のみだけなので、モバイルルーターを使いたい人にもおすすめのプランです。 

利用できるオススメキャンペーン

お電話応援プログラム

10分かけ放題に申込みした場合、10分かけ放題の月額利用料金850円から1年間550円/月が割引されるキャンペーンです。

月に550円の割引ですから、年間12ヶ月で6,600円のお得となります。
参照: LIBMO キャンペーン

【終了】シェア割

データシェアオプションで追加された2回線目や3回線目にて10分かけ放題を申込みした場合に、2回線目や3回線目にも「お電話応援プログラム」が適用されるキャンペーンのことです。

ただし、このキャンペーンには注意点が2つあります。

1つ目はライトプランはデータシェアが不可であること。

2つ目は対象回線にて「10分かけ放題」を解約した場合、このキャンペーンは適用外となります。

参照: 「シェア割 - LIBMO(リブモ)」

【終了】夏得(ナットク)キャンペーン

音声通話機能付きSIMを申込んだ場合、月額利用料が1年間450円割引になるキャンペーンです。

こちらは1年間で5,400円がお得になります。

対象となるのは音声通話機能付きSIMをお申込みいただいた人の全プラン(データシェア除く)です。

キャンペーン期間:2018年5月11日(金)~2018年9月2日(日)

参照: 「夏得(ナットク)キャンペーン - LIBMO(リブモ)」

STEP2. 支払い方法を決定しておく

LIBMOはクレジットカードでの支払いが基本となります。

銀行支払やコンビニ払いはありませんので気をつけてください。

クレジットカードを持っていかないと契約ができませんので、注意してください。

どうしても他の方法で支払いたい場合、@T COMまたはTNCの固定回線を契約している人は「ISPまとめて請求」があります。

「ISPまとめて請求」であれば、@T COMまたはTNCで利用中の支払い方法が選択できます。

クレジットカードかISPまとめて請求、どちらかの支払い方法を決めておきましょう。

STEP3. 必要な書類を準備する

音声通話機能付きSIMもしくはLIBMO取り扱い端末の新規購入の場合、本人確認書類が必要となります。

店頭契約の際には絶対に必要ですので忘れずに持っていてください。

本人確認書類(次の中から1点が必要)

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • 日本国パスポート
  • 身体障がい者手帳
  • 在留カード
  • 外国人登録証明書

本人確認書類と申込住所が異なる場合は、以下の補助書類も必要となります。

「住民票」または「公共料金領収書」(電気/都市ガス/水道)。

いずれも発行から3カ月以内で住所の記載があるものではないといけませんので注意しましょう。

LIBMO公式ページ

※当サイトに掲載している情報は、万全の保証をいたしかねます。
機器、サービスの価格、スペック等の詳細情報は、必ず各公式サイトでご確認ください。

【完全版】自分に合った格安SIMが見つかる!