Menu

LINEモバイルのメリット・デメリット解説!おすすめの料金プランと評判を格安SIMオタクが斬る!

LINEモバイルのメリット・デメリット解説!おすすめの料金プランと評判を格安SIMオタクが斬る!

LINEモバイルは、主要なSNSのデータ通信量を消費しない「データフリー」が人気の格安SIMです。

LINEをはじめTwitter、Instagram、Facebookのデータ通信量を気にせず利用できるので、SNSの通信制限を懸念して格安SIMへの乗り換えを戸惑っていた人におすすめです。

また、数ある格安SIMの中で唯一LINEアプリでID検索ができ、普段からLINEをよく使う人にも合わせておすすめです。

一方で混雑時の通信速度や専用ショップでの契約にキャンペーンが併用できないなど、知っておくべき注意点やデメリットもありますので、

  • LINEモバイルのメリット・デメリット
  • LINEモバイルの料金プランや契約時の注意点

を中心に、あなたがLINEモバイルをお得に契約できるように分かりやすく解説していきます。

LINEモバイルに申し込む

また、LINEモバイルのキャンペーンに関しては以下の記事でくわしく解説していますので、こちらも合わせて確認しておきましょう。

[関連記事]【12月】LINEモバイルのキャンペーンまとめ!1番お得に申し込む方法のサムネイル
【12月】LINEモバイルのキャンペーンまとめ!1番お得に申し込む方法
ソルディのファビコンwww.soldi.jp

LINEモバイルのメリット・デメリット

まずはじめにLINEモバイルの主なメリット・デメリットを以下にまとめました。

ここから、LINEモバイルが本当に自分に合っているかを確認していきましょう。

メリット1. 主要3キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)の回線に対応

LINEモバイルは主要3キャリアの回線に対応しています。

ですので、キャリアからそのまま同じ回線に乗り換えるなら、多くの場合SIMロック解除は不要です。

一部、古い機種などはSIMロック解除が必要な場合もありますので、申し込みの前に確認しておきましょう。

メリット2. 主要なSNSのデータ通信量をカウントしない「データフリー」

LINEモバイルの大きな特徴のひとつとして、冒頭でも挙げた「データフリー」があります。

これによってLINE、Twitter、Instagram、Facebookはデータ通信量を気にすることなく利用できます。(※)

また、SNS以外に音楽も楽しみたいという人には、上記に加えてLINE MUSICもデータフリーになる「MUSIC+」プランがおすすめです。(※)

データフリーに似たサービスとしてBIGLOBEモバイルに「カウントフリー」というオプションがあり、月額480円と有料ではあるものの、こちらはYouTubeをはじめとした音楽・動画配信アプリを中心にデータ通信量を消費せず利用できます。

自分のよく使うアプリによっては、LINEモバイルよりBIGLOBEモバイルの方が合っている場合もありますので、気になる方は以下の記事も合わせて参考にして下さい。

[関連記事]BIGLOBEモバイルのメリット・デメリット総まとめ、格安SIMオタクが使い勝手と評判を全力レビューのサムネイル
BIGLOBEモバイルのメリット・デメリット総まとめ、格安SIMオタクが使い勝手と評判を全力レビュー
ソルディのファビコンwww.soldi.jp

※一部の機能はデータフリー対象外です。また「MUSIC+」プランではミュージックビデオはデータフリー対象外です。

メリット3. クレジットカードなしでも契約できる

多くの格安SIMは契約にクレジットカードが必須ですが、LINEモバイルはクレジットカードを持っていなくても契約、支払いが可能です。

口座振替には対応していないのですが、LINEモバイルではLINE payカードでの支払いが可能で、クレジットカード払いと同等に扱われるため、LINE payカードに銀行口座を紐づけておくことで実質口座振替と同じように支払い可能です。

LINE payカードは無料で作成できますので、

  • クレジットカードを持っていない
  • クレジットカードで支払いをしたくない

という場合は、LINE payカードをあらかじめ用意して申し込みを行うようにすればOKです。

メリット4. LINEのID検索・年齢認証ができる

ほとんどの格安SIMは、LINEのID検索・年齢認証ができません。

しかし、LINEモバイルはLINEの運営元ということもありID検索・年齢認証に対応しています。

実際にやってみると遠方の人などをID検索以外から追加する場合、電話番号での追加やQRコードを送付したりと、意外と手間がかかり、LINEモバイル特有の大きな差別化ポイントと言えます。

メリット5. キャンペーン経由で申し込むとさらにお得に契約できる

LINEモバイルはキャンペーンを頻繁に行っており、他社と比較しても還元率が高く非常に魅力的である場合が多いです。

直近では、音声通話SIMを対象に月額利用料が5ヶ月半額になるキャンペーンや、秋の格安スマホ祭りと称して人気端末のセールを実施しています。

ひとつ注意点としてこれらのキャンペーンはWEB限定の場合が多く、店舗では取り扱われていない場合があります。

ですので、LINEモバイルはWEB経由の申し込みが一番楽で、かつお得です。

自分に合ったキャンペーンに合わせて申し込みを検討するのもひとつの選択肢です。

メリット6. LINEアプリで繋がっている人とデータシェアができる

多くの格安SIMが当月に余ったデータ通信量を次月に繰り越したり、家族などに分けることができる「データシェア」を採用していますが、LINEモバイルではデータの繰り越しだけでなくLINEアプリでつながっている人であれば友だちにもデータシェアができます。

家族でデータ通信量を分け合ったり、追加購入したデータ容量をプレゼントするサービスは他社にもありますが、自分の余ったデータ容量をLINEアプリからプレゼントできるのはLINEモバイルだけです。

もちろんデータ容量はプレゼントするだけでなく相手からもらうこともできるので、家族や友人とかしこくシェアすれば、よりお得にスマホを使うことができます。

LINEモバイルに申し込む

デメリット1. 通信速度は他社と比較してもそこまで速くない

LINEモバイルのデメリットとしては、通信速度は他社の格安SIMと比較してもそこまで高速ではないという点です。

LINEモバイルの速度調査

2019年3月格安SIM・格安スマホ通信速度調査より引用

緑の枠がLINEモバイルのドコモ回線とソフトバンク回線です。

上記はMMD研究所が2019年3月に発表した主要3都市の通信速度調査の結果ですが、通信速度のランキングでは今ひとつの印象が否めません。

デメリット2. トリプルキャリア対応でも、場合によってSIMロック解除が必要

LINEモバイルは現在、主要3キャリア(au・ドコモ・ソフトバンク)の回線に対応しているトリプルキャリアの格安SIMです。

そのため、一見SIMロック解除が不要に思われるかもしれませんが、以下の場合はSIMロック解除が必要になります。

LINEモバイルでSIMロック解除が必要になるケース

  • 各回線で、他社のスマホを使う(例 : au回線でドコモのスマホを使う)場合
  • ソフトバンク回線・au回線で、2017年8月以前に発売されたAndroid端末を使う場合
  • ソフトバンク回線で、iPhone4s以前のiPhoneを使う場合
  • au回線で、auのiPhoneSE・6s・7を使う場合

基本的に同じキャリアの回線へMNPする場合(auのスマホでau回線に乗り換える)は、SIMロック解除は基本的に不要です。

しかしながら、古い端末などは一部SIMロック解除が必要になる場合がありますので、くわしくはLINEモバイル公式の動作確認済み端末検索を参照しましょう。

SIMロック解除の方法については、以下の記事でくわしく説明していますのでぜひ合わせて参考にして下さい。

[関連記事]SIMロック解除は自分でできる! キャリア別の条件と解除方法を徹底網羅!のサムネイル
SIMロック解除は自分でできる! キャリア別の条件と解除方法を徹底網羅!
「SIMロック」を解除することで、端末を契約したキャリア以外でも使えるようになります。しかし、各キャリアのSIMロック解除への対応は統一されていません。この記事ではSIMロック解除の方法やSIMの選び方をわかりやすく解説します。
ソルディのファビコンwww.soldi.jp

デメリット3. キャリアメールが使えない

こちらはLINEモバイルのというよりは格安SIM全般のデメリットですが、キャリアから格安SIMに乗り換えると、それまで使っていたキャリアメールは使えなくなります。

ですので、LINEモバイルに乗り換える前にYahoo!メールやGmailなどのフリーメールでアドレスを取得しておく必要があります。

キャリアのメールアドレスを使って外部のサービスに登録している人は、合わせてそれらの登録情報も最新の情報に更新してからLINEモバイルに申し込むようにして下さい。

LINEモバイルに申し込む

LINEモバイルの料金プラン

LINEモバイルの料金プラン

LINEモバイルの料金プランは3回線とも共通で、かつ非常にシンプルで分かりやすいです。

用途に合わせて3種類のプランから選ぶことができ、必要に応じて各種オプションをつけてもトータルコストはキャリアに比べると大幅に安くなるはずです。

※スマホの方は表をスワイプできます。

LINEモバイルの料金プラン「LINEフリー」を解説
容量データSIMデータSIM(SMS付き)音声通話SIM
1GB500円620円1,200円

LINEフリープランは、LINEアプリの通話・トークがデータ消費ゼロで使えて、もっとも価格を抑えたプランです。

データ容量は1GBのみですが、通信制限がかかってもLINEアプリの利用には制限がかからないため、まさに日常からLINEを多用する方に向けたプランです。

※スマホの方は表をスワイプできます。

LINEモバイルの料金プラン「コミュニケーションフリー」を解説
容量データSIM(SMS付き)音声通話SIM
3GB1,110円1,690円
5GB1,640円2,220円
7GB2,300円2,880円
10GB2,640円3,220円

コミュニケーションフリープランはLINE、Twitter、Facebook、Instagramがデータ消費量ゼロで使い放題になるLINEモバイルの主要プランです。

特に動画や写真が多いFacebook、Instagramは日常使いでも意外とデータ容量を消費してしまいます。

これらの主要SNSがまるっとデータフリーなのは、LINEモバイルの大きな魅力です。

※スマホの方は表をスワイプできます。

LINEモバイルの料金プラン「MUSIC + プラン」を解説
容量データSIM(SMS付き)音声通話SIM
3GB1,810円2,390円
5GB2,140円2,720円
7GB2,700円3,280円
10GB2,940円3,520円

最後が、主要SNSにLINE MUSICもデータフリーで利用することができるMUSIC +プランです。

ストリーミングだと音楽を聴くのもデータ通信量を地味に消費しますので、音楽好きな人におすすめのプランです。

  • データSIM … データ通信のみが使用でき、通話はできません
  • データSIM(SMS) … 電話番号で短文のメッセージが送受信できます、LINEなどSNSの本人確認に使用します
  • 音声通話SIM … データ通信、SMS、通話も可能な標準的なSIMです

LINEモバイルのその他の料金・オプション

次にLINEモバイルのその他の料金とオプションを解説します。

かけ放題や端末保証など標準的なオプションはすべてカバーされていますので、下記の表を参考に自分に合ったオプションをつけて申し込むようにしましょう。

※スマホの方は表をスワイプできます。

LINEモバイルのその他の料金・オプションの表
その他の料金
通話料20円/30秒
初期費用3,400円
解約手数料9,800円または1,000円
MNP転出手数料3,000円
オプション一覧
10分かけ放題880円
端末保証450円
持ち込み端末保証500円
LINE MUSIC750円
WiFiオプション200円
ウイルスバスター420円
フィルタリングオプション無料

解約時の料金について

2019年10月1日に電気通信事業者法が改正され、LINEモバイルでも解約時の手数料に一部変更がありました。

少しややこしいですが、解約時は以下の条件によって解約金が変わる可能性があることを覚えておきましょう。

  • 2019年10月1日以降に音声通話SIMを契約し、最低利用期間内に解約 … 解約手数料は1,000円
  • 2019年9月30日までに音声通話SIMを契約し、最低利用期間内に解約 … 解約手数料は9,800円

最低利用期間についても、契約した時期によって認識が変わりますので、合わせて覚えておいて下さい。

  • 2019年4月30日までに契約した場合 … 利用開始日から起算し、利用開始日の翌月を1ヶ月目として12ヶ月目の末日まで(末日を含む)
  • 2019年5月1日以降に契約した場合 … 利用開始日から起算し、利用開始日が属する月を1ヶ月目として12ヶ月目の末日まで(末日を含む)

ちなみに、LINEモバイルには大手キャリアのような更新月の概念はないため、最低利用期間(12ヶ月)を過ぎればいつ解約しても解約手数料はかかりません。

LINEモバイルに申し込む

LINEモバイルでよくある質問Q&A

LINEモバイルに関するQ&A、よくある質問

最後に、LINEモバイルの契約を検討している方からよくいただく質問に回答していきます。

Q. プラン変更はかんたんにできる?

A. 契約後に利用できるマイページからかんたんにプラン変更、オプションの追加が行えます。手数料も無料で、適用は翌月1日からとなります。

しかし、SIMカードの種類が異なる場合(データSIMから音声通話SIMに変更するなど)は、解約 → 新規契約の手順を新たに踏む必要があります。

通常だと、この際に登録事務手数料や解約金などが新たに発生してしまう場合がありますので注意して下さい。

Q. どんな端末がセット購入できる?

A. iPhone6s、HUAWEI P30 liteやZenFone 6など、人気機種含め豊富なラインナップから選べます。

LINEモバイルで現在セット購入できる端末は以下となります。

※スマホの方は表をスワイプできます。

LINEモバイルでセット購入できる端末一覧
端末名一括払い分割払い(24回)
iPhone 6s(32GB)33,800円1,490円
iPhone 6s(128GB)43,800円1,920円
moto e59,880円-
HUAWEI P30 lite22,880円1,010円
R17 Pro39,880円1,750円
ZenPhone 669,500円-
HUAWEI P3077,880円-
Reno 10x Zoom99,880円-
moto g7 plus38,880円1,720円
moto g730,800円1,380円
R15 Neo20,880円940円
ZenFone Max Pro(M2)35,500円1,580円
ZenFone Max(M2)26,500円1,190円
HUAWEI nova lite 326,880円1,220円
AQUOS sense2 SH-M0834,800円1,540円
ZenFone Live(L1)17,800円810円
arrows M0432,800円1,417円
HUAWEI MediaPad M5 lite826,880円1,210円
HUAWAI MediaPad T526,800円1,160円
Aterm MP01LN11,980円520円

※上記は2019年10月時点の内容です。

くわしくは公式サイトの端末一覧を参照して下さい。

Q. テザリングはできる?

A. LINEモバイルは無料でテザリングが可能です。

ただし、機種によっては一部テザリング不可の端末もありますので、くわしくはLINEモバイル公式の動作確認済み端末検索を参照しましょう。

LINEモバイルでセット購入が可能な端末は基本的にすべてテザリング可能です。

LINEモバイルに申し込む

まとめ

ここまでで、LINEモバイルのメリット、デメリットと料金プランの詳細、あなたが自分の使い方に合わせてLINEモバイルを契約するためのポイントを分かりやすく解説しました。

最後に振り返りをしていきます。まずは、LINEモバイルの主なメリット・デメリットです。

上記から、LINEモバイルがあなたに合った格安SIMかどうか検討していきましょう。

LINEモバイルは主要SNSのデータ通信量がフリーになる「データフリー」が人気ですが、YouTubeをはじめとする動画や音楽のストリーミングサービスを利用する方は「エンタメフリーオプション」があるBIGLOBEモバイルの方がおすすめです。

総評として、LINEモバイルは通信速度こそ据え置きなものの、数ある格安SIMの中でLINEのID検索ができる点やカウントフリーなど、魅力的なサービスが詰まっていて、特にLINEやSNSを頻繁に利用する方におすすめの格安SIMです。

セット購入できる端末も豊富で、料金プランのシステムも他社と比べて非常にシンプルで分かりやすいです。

これから格安SIMの乗り換えに際し、LINEモバイルのメリット・デメリットが自分に合うか検討してみて下さい。

LINEモバイルに申し込む

おすすめ格安SIM5選!

  • Y!mobile
  • キャリアなのに安い・かつ速いと言うイイトコ取りサービス
  • 公式サイトへ
  • UQモバイル
  • auのサブキャリア! Web限定で5,000円の高額キャッシュバックも実施中!
  • 公式サイトへ
  • mineo
  • サービス満足度1位! 安定性が自慢かつ、キャンペーン適用で最安値クラスに!
  • 公式サイトへ
  • BIGLOBEモバイル
  • クーポンコード【DGC】入力で豪華特典プレゼント!
  • 公式サイトへ

この記事の著者

編集

Soldi編集部

Soldi編集部は「おうちのお金をスマートに」をコンセプトにコンテンツの配信を行っています。

※当サイトに掲載している情報は、万全の保証をいたしかねます。
機器、サービスの価格、スペック等の詳細情報は、必ず各公式サイトでご確認ください。

【完全版】自分に合った格安SIMが見つかる!

【28社比較】おすすめのWiMAXプロバイダはこれ!