Menu

格安スマホを実店舗で購入するメリットとデメリットと店舗紹介

最近は大手家電量販店を中心に、実店舗でも格安スマホを購入できるようになってきました。

格安SIMを提供するMVNO自体は実店舗を持たない会社がほとんどですが、格安SIMやスマートフォン本体は量販店などでも購入することが可能です。

格安スマホと呼ばれるサービスはSIMカードとスマートフォンでセットで販売されているものが多いですが、量販店ではSIMカードとスマートフォンを別々に購入することも可能です。

格安スマホの購入方法と注意点

いわゆる格安スマホなどスマートフォンを利用する場合、必要な物が2つあります。

1つは格安SIMと呼ばれる、MVNOが提供するSIMカード。

もう1つは利用する格安SIMに対応したスマートフォン本体ですね。

どちらもインターネットや量販店などで購入できます。

特にSIMフリースマートフォンと呼ばれるSIMロックが掛けられていない端末を利用する場合、特定の事業者に限らずいろいろなSIMカードで利用することが可能です。

同じ端末でも異なる事業者と契約して利用することができる…これがSIMフリーのメリットの1つです。

ただしどのような組み合わせでも良いわけではありません。組み合わせ方が悪いと、一切の通話やデータ通信ができないということもあり得ます。

格安SIMとSIMフリースマホはある程度自由に組み合わせることが可能ですが、それぞれの仕様が合致しているかどうか注意して選ばないといけません。

格安SIMのサービス内容についてはMVNOのホームページなどで、端末の仕様については製造メーカーのホームページなどで公開されていますが、全て自力で調べるのはなかなか難しい作業です。

そこでこの2つをセットで購入することで、煩わしい手間を省くことができます。

格安SIMとSIMフリースマホをセットで購入する

本来は別々で用意しないといけないSIMカードとスマートフォンですが、既に述べたようにセットで購入することも可能です。

まずはMVNOのWEBサイトから購入する方法。購入できる機種はそのMVNOの格安SIMと確実に対応しているので安心して利用できます。

もう1つが今回のテーマ、家電量販店など実店舗で購入する方法です。

両者を比較した時、それぞれどのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか?

実店舗で格安スマホを購入するメリット

量販店では特定のMVNOに限らず、複数の事業者から格安SIMを選ぶことができます。

同様にスマートフォンも様々な機種の中から選ぶことができます。

MVNOが直接販売する機種はバリエーションが非常に少なく限られています。

楽天モバイルのように定期的にラインナップが更新されるような事業者もありますが、一方で2~5機種程度しか用意されていないMVNOも少なくありません。

実効速度などの評判が良いMVNOでも、端末の選択肢が少ないのは残念ですよね…。

しかし組み合わせにさえ気を付ければ、そのMVNOが提供していない機種でも格安SIMは使えます。

種類が多くて複雑な格安SIMやSIMフリースマホですが、実店舗に行けば店員や専門のスタッフに質問することができます。

サポートを受けながら豊富な選択肢の中から格安スマホを購入することができるのが店舗で購入する大きなメリットですね。

店舗によっては購入額に応じてポイント還元などの特典を受けられたりもします。

また購入後にはSIMカードの設定などのサポートを利用できる場合もあります。これも実店舗ならではですね。

格安スマホに挑戦してみたいけれど、選び方や設定方法が複雑そうで敷居が高く感じる…という人には実店舗で格安スマホを購入するのがオススメです。

実店舗で格安スマホを購入するデメリット

もちろん実店舗で購入することは良いことばかりではありません。

まず量販店が全ての格安SIMを網羅しているわけではありません。

限られた店舗でしか販売されていなかったり、中にはWEBサイトからしか契約できないものもあります。

端末も同様で、MVNOのWEBサイトからのみ購入できる限定モデルなども存在します。

またWEBサイトからの申込み限定の割引キャンペーンが行われることが多いですが、実店舗で購入する場合はこのような割引はあまり見られません。

同じ商品なら実店舗で購入するより、MVNOのサイトから購入した方が安いケースがほとんどでしょう。

家電量販店の場合はポイント還元が受けられるかもしれませんが、WEBの割引キャンペーンを狙った方が安く手に入れられるでしょう。

MVNOのWEBサイトなどインターネットで購入するか、家電量販店などの実店舗で購入するか。それぞれにメリットとデメリットがあるので、一概にどちらが良いとは言えません。

それぞれの特徴を踏まえて自分に合っていると思う方を選ぶのが一番です。

格安スマホを扱っている代表的な店舗一覧

実際に格安スマホの取り扱いがある店舗と、その特徴を簡単にまとめてみました。

その店舗でしか契約できない独自の格安SIMサービスを提供しているところもあり、それぞれに違いがあります。

イオン

イオンはイオンモバイルという独自のブランドでスマホとSIMをセットにした格安スマホを販売しています。

家電量販店のように端末の種類は多くありませんが、非常に分かりやすい料金プランに加えて手厚いサポートを受けることも可能です。

有料ではありますが、実店舗でサポートを受けられるのは多数の店舗を構えているイオンだからこそできるサービスですね。

近くに店舗がない場合でも、電話で対応してもらうことも可能です。

ビックカメラ

ビックカメラはIIJmioに公衆無線LANサービスを付随させた独自の格安SIMサービスBIC SIMを提供しています。

もちろんOCNモバイルONEなど他社のSIMパッケージを購入することも可能です。

豊富な数のSIMフリースマートフォンを展示していたり、量販店なだけあって機種の選択肢は非常に多いです。

しかしビックカメラの特徴は、一部の店舗においてBIC SIM専用のカウンターが設けられている点です。

BIC SIMの音声契約などを行う場合はここで専門のスタッフが対応してくれます。

BIC SIMのようなメジャーな格安SIMを実店舗でサポートしてもらえるのは大きなメリットですね。

ヤマダ電機

ヤマダ電機も格安スマホサービスを展開していますが、格安SIMサービス自体はU-mobileやSo-netなどのMVNOとほぼ同等のものです。

SIMパッケージを購入してもWEBサイトから契約手続きをしなければいけません。

ただ同じU-mobileやSo-netのSIMでも、ヤマダ電機オリジナルの料金プランが用意されているのでここが差別化要因でしょうか。

端末のバリエーションは他の量販店と同様に豊富です。

ヨドバシカメラ

ヨドバシカメラではオリジナル格安SIM WIRELESS GATE WiFI+LTEを提供しています。

SIMパッケージの販売となるので別途契約手続きが必要ですが、制限時の通信速度が最大250kbpsと他社より若干速いのが地味に大きなメリットです。

ヨドバシカメラは都市部に集中しており店舗数が少ないのがネックですが、SIMパッケージ自体はオンラインショップで購入可能ですし、また有料の電話サポートサービスもあります。

家電量販店最大手なだけあり、SIMや端末の取り扱っている種類が多いのも特徴ですね。

エディオン

エディオンセレクトスマホと称して格安スマホを販売しています。

格安SIM自体は通常のIIJmioやOCNモバイルONEを採用しており、端末も市販されているSIMフリー端末から選ばれているようです。

まとめ

ほとんどの格安スマホ、格安SIMはインターネットを利用して購入することが可能です。実店舗に出向かないと手に入らないということはまずないです。

しかもWEBサイトから購入する場合は割引キャンペーンや特典が用意されていることも多いです。格安スマホやその設定に自信があり、少しでもコストを抑えたいという方にはWEBから購入することをオススメします。

もし自信がなく、店頭でサポートを受けたいという方はイオンやビックカメラなどの店舗で購入するのも1つの方法です。

※当サイトに掲載している情報は、万全の保証をいたしかねます。
機器、サービスの価格、スペック等の詳細情報は、必ず各公式サイトでご確認ください。