Menu

SIMロック解除は難しくない!条件・やり方を全キャリアで徹底網羅!

microSIMが写っているイメージ

「SIMロック解除ってなに?」

これは筆者の周りでスマホ通信費に悩んでいる人からよく聞かれる質問です。

その人たちに共通しているのは

  • 通信費が高くて、プランを変えたいが選択肢が少ない
  • 端末はできればそのまま使いたい

といった悩みがあることです。

その解決策となるのが「SIMロック解除」です。

数年前までは、通信回線と端末を各キャリア(docomo・au・ソフトバンク)で統一する必要があり、契約の複雑化やユーザーの選択肢を狭める原因になっていました。

そして 2015年から各キャリアでスマホ・携帯電話のSIMロック解除が義務化され、ユーザーが端末・通信回線を必ずしも統一する必要がなくなりました。

端末×通信回線の選択肢を、ユーザーがかなり自由に選べるようになったわけです。

しかし、SIMロック解除への対応は、各キャリアで完全に統一されているとはいえない状況で、それぞれ特徴があります。

また 過去販売された端末では、SIMロック解除に対応していないものがあります。

そして何より、SIMロック解除は本当に自分に向いているのか?心配な方も多いはず。

今回はその不安に応えるとともに、SIMロック解除後、あなたに合ったSIMプランも選べるように紹介します。

この記事ではこんな疑問に答えます!

  • SIMロック解除は自分の端末でできるの?
  • SIMロックにメリット・デメリットはあるの?
  • ロック解除したらどのSIMを選べばいいの?

SIMロック解除とは何か

SIMロック解除とは、簡単に言うと「 端末にかけられている利用制限を解除する手続き」です。

なお、ここからはSIMの仕組みについての解説になるので、すでに知っている人は この章をスキップして次に進んでかまいません。

docomo、au、ソフトバンクなどの各キャリアから販売されるスマートフォンには、SIMロックと呼ばれるSIM(SIMカード)の利用制限がかかっています。

SIM(SIMカード)とは

携帯電話やスマートフォンで差し込む小型のICカードで、スマホで通話やモバイル通信をするには必須のものです。電話番号などの契約回線情報が記録されていて、利用者が特定できます。 

どういうことかと言うと、SIMロックがかかっているスマートフォンではキャリアが指定したSIMカードしか認識できません。

つまり、利用者が回線を自由に選べないのです。

SIMロックの解除ができなかった時代には、キャリアを変えたい時には必ず端末も一緒に変更しなくてはなりませんでした。

しかし 総務省がSIMロック解除を義務化し、2015年5月以降はキャリアでSIMロック解除が可能になりました。

他社や格安SIMへの乗り換えをする時に、必要に応じて手続きができるわけです。

SIMフリースマホ=はじめからSIMロックされていないスマホ

ちなみに現在では、始めからSIMロックがかかっていない端末が多く発売されています。

いわゆる「SIMフリー端末・SIMフリースマホ」ですね。

格安SIM会社が回線とセットで販売しているのはこのSIMフリー端末になります。


SIMロック解除について分かったところで、次の章ではそのメリットとデメリット・注意点について見ていきましょう。

SIMロック解除のメリット・注意点

SIMロック解除にどんなメリットや注意点があるのか、以下にまとめました。

SIMロック解除のメリット

SIMロック解除のメリット

  1. 自由に回線を選ぶことができる(格安SIMなど)
  2. 海外旅行に行った時に現地のSIMカードに差し替えて利用中のスマホをそのまま使える

SIMロック解除の1番のメリットは、自由にSIMを選べるようになることです。

実際にこの記事を読んでいる人も、端末はそのままで格安SIMへの乗り換えを考えている人が多いのではないでしょうか?

ただし、 格安SIMにするからといって必ずSIMロック解除が必要なわけではありません。

「え?私の場合は必要なの?不要なの?」
と思った人は、引き続き注意点の章を読み進めてください。

SIMロック解除の注意点2つ

SIMロックは正しい知識を持って行わないと、追加の料金が発生します。

せっかく格安スマホで通信費がオトクになっても予想外の出費がともなってしまうことになるので、注意すべき点を事前に知っておきましょう。

SIMロック解除の際の注意点

  1. インターネットから以外の方法(店頭・電話での手続き)では手数料が3,000円かかる
  2. SIMロックを解除して乗り換えをする場合でも、キャリア2年縛り契約などの違約金は当然発生する

SIMロック解除手続きやSIMロック解除後の乗り換えの時に、上記のケースで料金が発生することがあります。

特に(2)について、 どこのキャリアも2年縛りで契約解除月が限られているので、違約金を払いたくない人は乗り換えのタイミングを考えなくてはなりません。

かかる手数料や契約の満了月はきちんと把握しておきましょう。

SIMロック解除の前に注意点3つ

さらに、SIMロック解除を行う前には、注意しておきたい点が3つあります。

SIMロック解除を行う前に注意する点

  1. そもそも、格安SIM乗り換えの際にSIMロック解除が不要の場合もある
  2. 自分の端末が使いたい格安SIMに対応しているかを確認しておく必要がある
  3. SIMロック解除にはキャリアごとにそれぞれ条件があり、クリアしていなければ解除できない

格安SIMに乗り換えてもSIMロック解除が不要なケース

(1)についてですが、格安スマホは各キャリアから回線を借りています。

今持っている端末と同一のキャリア回線を使っている格安スマホに乗り換えるのであれば、SIMロック解除が必要ない場合があります。

下記の表で、SIMロックが不要になるケースをまとめました。

端末 SIMロック解除不要の格安スマホ会社注意点 
docomo docomo回線を使用している全ての格安スマホ 
au  mineo
UQ mobile
FiiMO
iPhoneやau VoLTE対応端末の場合はSIMロック解除が必要になる場合がある 
Softbankb-mobile S 
Uーmobile S
スマモバ(S)プラン
iPhoneのみ

2017年9月現在、格安SIMは圧倒的にdocomo回線が多いです。

docomoの端末でdocomo回線の格安SIMに乗り換えるなら、SIMロック解除は不要になります。

ソフトバンク端末のiPhoneで、ソフトバンク回線の格安SIMに乗り換える場合も同様です。

au端末でau回線の格安SIMに乗り換える場合はやや複雑で、iPhoneの一部やau VoLTE対応端末だと事前のSIMロック解除が必要になります。

au VoLTEとは

auの4G LTEを利用した、高音質の音声通信サービスのこと。

格安SIMの公式サイトで動作確認一覧をチェックする

各格安SIMの公式サイトには、必ず動作確認端末一覧が掲載されています。

その格安SIMで端末がきちんと動作するかどうか、検証しているということです。

必ず動作確認端末一覧から手持ちの端末についての結果を確認し、

  • 乗り換え前にSIMロック解除が必要かどうか
  • 注意点(2)の、自分の端末がその格安SIMに対応しているかどうか

の2点を把握しておきましょう。

なお 一覧に載っていない端末については、動作確認が取れていない=使える保証はありません。

格安SIMを差してもうまく動かない…ということになりかねないので、 SIMロック解除の前に動作確認端末一覧の確認は必須です。

以上を確認してSIMロック解除が必要だと分かった場合にはいよいよ解除手順に進みますが、キャリアによってやり方が異なります。

(3)のロック解除の適用条件や手順については、「キャリア別・SIMロック解除の適用条件と解除方法」の章で引き続き解説していきます。

こんな人はSIMロック解除TRYに向いている

ここまで解説してきた内容をふまえて、SIMロック解除に向いている人をまとめるとこのようになります。

SIMロック解除に向いている人

  • 今の端末のままで格安SIMに乗り換えたい(または、海外で現地SIMを使いたい)
  • かかる手数料や現在の契約の縛りについて把握している
  • 「SIMロック解除が不要なケース一覧」に当てはまらない
  • 乗り換えを希望する格安SIMで、手持ちの端末の動作確認が取れている

以上の条件が揃っていれば、今の端末のSIMロックを解除して格安SIMへの乗り換えを進めていきましょう。

キャリア別・SIMロック解除の適用条件と解除方法

まずはキャリアごとのSIMロック解除の適用条件と解除方法を、以下の一覧表にまとめました。

au

SIMロック解除適用条件解除方法
(1)2015年5月以降に発売されたSIMロック解除機能のある機種
(2)機種を購入してから101日目以降(購入当日が1日目)
(3)ネットワーク利用制限中ではない
(1)auショップ店頭での申し込み
(2)My au(PC、スマホ)からの申し込み

⇒auの場合のくわしい説明は こちら

docomo

SIMロック解除適用条件解除方法
(1)SIMロック解除対象機種
(2)購入日から100日経過していること
※ただし、以下の場合は購入から100日以内でも解除可
・過去に同回線でSIMロック解除を行っていてその受付から100日経過している
・一括払いもしくは分割払い金の清算が済んでいる
(3)解約済みの場合、解約から100日以内
(4)契約者本人に購入履歴がある端末で、利用料金の支払い実績がある
(5)おまかせロックやネットワーク利用制限などがかかっていないこと
(1)ドコモショップ店頭での申し込み
(2)電話(115)での申し込み
(3)My docomo(パソコン)からの申し込み

※2015年4月以前の機種は(1)のみ

⇒docomoの場合のくわしい説明は こちら

ソフトバンク

SIMロック解除適用条件解除方法
(1)SIMロック解除対象機種
(2)機種購入日から101日目以降であること(2015年4月までに発売された端末は除く)
(3)
・契約者本人であること
・解約済みの場合、解約から90日以内であること
(4)各種の機能制限やネットワーク利用制限がかかっていないこと

(1)ソフトバンクショップ店頭での申し込み
(2)My softbank(PC、スマホ)からの申し込み

※2015年4月以前の機種は(1)のみ ※(2)の場合は解除後に使用する他社SIMが必要

⇒ソフトバンクの場合のくわしい説明は こちら


こまごまとした違いはあるものの、

  • キャリアが指定した対象機種
  • 購入から100日経過後に解除ができる

というのが共通した適用条件です。

手続きは店頭とオンライン、加えてdocomoの場合は電話でも可能です。

それでは引き続き、キャリアごとの詳細を解説していきます。

auの場合

au端末のSIMロック解除適用条件とステップは以下の通りです。

auのSIMロック解除適用条件

SIMロック解除に必要な条件

  1. 2015年5月以降に発売されたSIMロック解除機能のある機種
    対応機種一覧
  2. 機種を購入してから101日目以降(購入当日が1日目)であること
  3. 契約者本人が購入した端末であること
  4. ネットワーク利用制限中ではないこと
    確認はこちら

以上がauのSIMロック解除手続きの適用条件です。

auのSIMロック解除のステップ

au端末のSIMロック解除方法は2通りあります。

SIMロック解除方法

  1. auショップ店頭での申し込み…手数料3,000円
  2. スマートフォン、パソコン(My au)からの申し込み…無料

(1)は店頭で指示に従って手続きをすればOKです。

「自分ではできないので有料でもいいから店頭でやりたい」という人は「(1)auショップ店頭での申し込み」を選択してください。

ここでは、My auを使った申し込み手順について解説します。

My auでの申し込み手順

  1. いずれかの方法で端末のIMEI番号を確認しておきます。
    • 電話発信画面で「*#06#」と入力する
    • androidの場合、設定 > 端末情報 > 端末の状態
    • iPhoneの場合、設定 > 一般 > 情報
  2. My auのSIMロック解除可否判定ページ
    My auにアクセスし、IMEI番号を入力後、判定をクリック
  3. 判定結果が「〇」であれば、「こちらからお手続き」のリンクをクリックして進む
  4. 表示されている電話番号や機種名が合っていることを確認し、選択をクリック
  5. 契約時に設定している4桁の暗証番号を入力し、次へをクリック
  6. 注意事項や解除理由などをチェックボックスで確認していき、「この内容で申し込む」をクリックで解除申し込みは完了

au系列のオススメ格安SIM

auの回線を利用している格安SIMの数はあまり多くありませんが、その中で筆者がおすすめしたいのが、

au回線おすすめ格安SIM

  • mineo
  • UQ mobile

の2社です。

mineo

docomo回線とau回線どちらも提供するマルチキャリアサービスの格安SIMで、au回線プランは「Aプラン」。

20GB・30GBと大容量プランの設定があり、20GB+音声通話付SIMでも4,957円と、5,000円を切る料金です。キャリアからの乗り換えなら、通信費を大きく節約できます。

またmineoでは、家族と分け合うパケットシェアのほかに

  • 友達と分け合える「パケットギフト」
  • mineoユーザー同士で分け合える「フリータンク」

などのサービスも充実しているので、 毎月のデータ通信が多い人には特におすすめできる格安SIMです。

mineoについてくわしく知りたい人はこちらの記事をごらんください。

[関連記事]デメリットも全て解説!mineo(マイネオ)乗り換え完全マニュアル2018のサムネイル
デメリットも全て解説!mineo(マイネオ)乗り換え完全マニュアル2018
ソルディのファビコンwww.soldi.jp

mineo公式ページ

UQ mobile

UQコミュニケーションズが提供するUQ mobile。

KDDIのグループ企業のため、使用している回線はau回線です。CMでもよく見かけるのではないでしょうか?

  • 5分以内の国内通話が無料の「おしゃべりプラン」
  • 月最大60分/120分/180分まで無料のぴったりプラン

と、データ通信だけじゃなく通話機能のサービスも充実しています。

データ2GB+おしゃべりプランorぴったりプランコミコミで月額1,980円のプランもあり、格安SIMデビューのライトユーザーさんにもおすすめです。
※ただし14ヶ月目以降は2,980円/月

UQ mobileについてもっとくわしく知りたい人はこちらの記事も合わせてご覧ください。

[関連記事]乗り換えの価値は本当にある?格安SIMオタクが教えるUQモバイルの使い勝手まとめのサムネイル
乗り換えの価値は本当にある?格安SIMオタクが教えるUQモバイルの使い勝手まとめ
ソルディのファビコンwww.soldi.jp


UQ mobile公式ページ

docomoの場合

docomo端末のSIMロック解除適用条件とステップは以下の通りです。

docomoの場合は、2015年5月以前と以降の機種で手続きが違ってきます。

docomoのSIMロック解除適用条件

docomoのSIMロック解除条件

  1. SIMロック解除対象機種であること
    2011年4月~2015年発売のSIMロック対象機種一覧
    2015年5月以降に発売のSIMロック対応機種一覧
  2. 購入日から100日経過していること 
    ※ただし、
      • 過去に同回線でSIMロック解除を行っていて、その受付から100日経過している
      • 一括払いもしくは分割払い金の清算が済んでいる

    以上の場合は端末購入日から100日以内でもSIMロック解除が可能

  3. 解約済みの場合、解約から100日以内であること
  4. 契約者本人に購入履歴がある端末で、利用料金の支払い実績が確認できること
  5. おまかせロックやネットワーク利用制限など、各種制限がかかっていないこと
    確認はこちら

以上がdocomoのSIMロック解除手続きの適用条件です。

docomoの特徴は、 一括払いで購入もしくは分割金を清算すれば、購入からの日数に関係なくSIMロックが解除できる点です。

なお、2017年12月からはau・ソフトバンクでも同条件になります。

docomoのSIMロック解除のステップ

docomo端末のSIMロック解除方法は3通りあります。

docomo端末のSIMロック解除方法

  1. ドコモショップ店頭での申し込み…手数料3,000円
  2. 電話(115)での申し込み…手数料3,000円
  3. パソコン(My docomo)からの申し込み…無料

2015年5月以前の機種は(1)のみです。

2015年5月以降の機種はいずれの方法もOKです。

店頭や電話で手続きしたい人は、(1)(2)を選択して指示に従って解除しましょう。

ここでは、(3)My docomoからの申し込みの手順を解説していきます。

My docomoからの申し込み手順

  1. いずれかの方法で端末のIMEI番号を確認しておきます。
    • 電話発信画面で「*#06#」と入力する
    • androidの場合、設定 > 端末情報 > 端末の状態
    • iPhoneの場合、設定 > 一般 > 情報 
  2. My docomoにアクセス
  3.  ドコモオンライン手続きをクリックし、「SIMロック解除→お手続きへ」の順で進む 
  4. IDとパスワードを入力してMy docomoにログイン 
  5. IMEI番号を入力し、「次へ」をクリック 
  6. 注意事項などをチェックして、「手続きを完了する」をクリックすると申し込み手続きは完了

なお、docomoの場合はパソコンからのみ操作可能です。

スマートフォンからは申し込みができない点に注意しましょう。

docomo系列のオススメ格安SIM

格安SIMはdocomoの回線を利用している場合が多く、かなりの数が存在します。

その中で筆者がおすすめしたいのが、

docomo回線のおすすめ格安SIM

  1. ロケットモバイル
  2. LINEモバイル

の2社です。

ロケットモバイル

ロケットモバイルはデータ5GBの音声通話SIMが1,800円と、業界最安値の格安SIMです。

最近CМなどでワンキュッパと宣伝されている月額料金は、キャンペーン価格でしばらくすると高くなってしまうケースが多いのですが、ロケットモバイルは通常価格です。

  • 申し込みの初月は利用料が無料
  • アプリのダウンロードやお手伝い案件でたまる「ロケモバポイント」は、1ポイント1円として利用料金に使える

など、とにかく価格的なメリットが大きいのが特徴です。

格安SIMを検討している人は、なんといっても通信費を安くしたいと考えている人が多いはずです。

ロケットモバイルは、料金のオトクさを追求する人におすすめの格安SIMです。

LINEモバイル

今や入れていない人はいないのでは?と思うほど普及したアプリのLINEですが、そのLINEが提供するのがLINEモバイルです。

  • LINEやTwitter、Facebook、インスタグラムなどの各種SNSのデータ消費をゼロになるプラン有り
  • 格安SIMの中では唯一LINEの年齢認証ができる

など、独自のサービスを取り入れています。

キャリアから格安SIMに変えた時の意外な落とし穴として、システムの関係でLINEの年齢認証が通らなくなります。

その結果、ID検索機能が制限されてしまいます。

普段からID検索をよく使っていた人にとっては不便ですが、LINEモバイルならその心配はありません。

LINEやSNS重視の人にとって使い勝手のいい格安SIMです。

LINEモバイル公式ページ

ソフトバンクの場合

ソフトバンク端末のSIMロック解除適用条件とステップは以下の通りです。

ソフトバンクの場合も、2015年5月以前と以降の機種で手続きが違ってきます。

ソフトバンクのSIMロック解除適用条件

ソフトバンクSIMロック解除手順

  1. SIMロック解除対象機種であること
    対象機種一覧
  2. 機種購入日から101日目以降であること(2015年4月までに発売された端末は除く)
  3. 契約者本人であること
    解約済みの場合、解約から90日以内であること
  4. 各種の機能制限やネットワーク利用制限がかかっていないこと
    確認はこちら

以上がソフトバンクのSIMロック解除手続きの適用条件です。

ソフトバンクのSIMロック解除のステップ

ソフトバンクの場合も、auと同様にSIMロック解除方法は2通りです。

  1. ソフトバンクショップ店頭での申し込み…手数料3,000円
  2. オンライン(My SoftBank)からの申し込み…無料

2015年4月以前に発売された機種に関しては(1)のみです。

2015年5月以降の機種はいずれも選択できます。有料でも店頭で手続きしたい人は(1)を選択してください。

ここでは、My SoftBankからの申し込みの手順を解説していきます。

なお、 SIMロック解除後に利用予定の他社SIMがないとMy SoftBankでは手続きができません。

必ず用意しておきましょう。

My SoftBank

  1. いずれかの方法で端末のIMEI番号を確認しておきます。
    • 電話発信画面で「*#06#」と入力する
    • androidの場合、設定 > 端末情報 > 端末の状態
    • iPhoneの場合、設定 > 一般 > 情報
  2. My SoftBankにアクセスし、携帯電話番号とパスワードを入力してログイン
  3. PCの場合はタブから料金プラン/オプションの確認・変更>SIMロック解除対象機種の手続き
    スマホの場合は契約確認・変更>SIMロック解除対象機種の手続き
  4. IMEI番号を入力し、次へをクリック
  5. 注意事項を確認し、「解除手続きをする」をクリックし申し込み
  6. 「SIMロック解除方法を見る」をクリックし、指示に従って操作を完了する

ソフトバンク系列のオススメ格安SIM

ソフトバンクの回線を利用している格安SIMはかなり少なく、2017年9月現在でサービスを提供しているのは数社です。

その中で筆者がおすすめするソフトバンク回線の格安SIMは、

ソフトバンク回線のおすすめ格安SIM

  • b-mobile S
  • Y!mobile

の2社です。

b-mobile S

ソフトバンク回線を利用した格安SIMの先駆けと言えるのが、このb-mobile Sです。

データ通信プランは、同じくソフトバンク回線の格安SIM「U-mobile S」でも同料金・仕様で提供していますが、b-mobile Sにのみ音声通話プランがあります。

2台持ちを考えていない人にとっては音声通話付プランは必須なので、こちらのb-mobile Sを選択するとよいでしょう。

月額基本料は1GB/月で2,450円、その後1GBにつき350円ずつ加算され、最大で5GB(3,850円)までの5段階定額設定です。

料金内に5分までのかけ放題もコミコミなので、バランスのよいSIMだと言えます。

b-mobile公式ページ

Y!mobile

CMでもおなじみのY!mobileは、他社格安SIMと違って独自回線を持っています。

ソフトバンクの回線も使用していますが、ソフトバンク端末で使用する場合は必ずSIMロック解除手続きが必要になります。

大手だけあってキャンペーンが充実していて、スマホプランSはデータ2GB+音声通話10分以内無制限付きで1,980円/月と使いやすい料金になっています。

10分以内の無料通話がついているソフトバンク回線の格安SIMはY!mobileだけなので、通話重視派派の人におすすめです。

ただし これはキャンペーン価格で、ワンキュッパ割は1年間のみ、2年目には1,000円高くなります。

また、ソフトバンクからの乗り換えだと割引が適用されないなど条件があるので、自分の場合はどうなのか公式サイトでよく確認して検討してください。

Y!mobileについてもっとくわしく知りたい人はこちらの記事も合わせてご覧ください。

[関連記事]業界最速ってホント?ワイモバイルを使い倒した筆者が教える使い勝手とプランのまとめのサムネイル
業界最速ってホント?ワイモバイルを使い倒した筆者が教える使い勝手とプランのまとめ
ソルディのファビコンwww.soldi.jp

Y!mobile公式ページ

まとめ

この記事のポイントをおさらいしていきます。

この記事のポイント

  • SIMロック解除とは:「端末にかけられている利用制限を解除する手続き」のこと。
  • メリット:端末はそのままでSIMを自由に選べるようになる
  • デメリット:SIMロック解除自体にデメリットはないが、解除手数料やキャリア解約金が発生する場合がある

SIMロック解除前にすること

  1. そもそも、本当にSIMロック解除が必要なケースか?
  2. 自分の端末が使いたい格安SIMに対応しているか?
  3. キャリアのSIMロック解除条件に適用しているか?

の3点を確認する必要があります。

docomo・au・ソフトバンクそれぞれでロック解除適用条件と方法に違いがあるので、手持ちの端末のキャリアによって確認しながら進めましょう。

どうしてもひとりでできない人以外は、 手数料のかからないオンライン手続きがおすすめです。

SIMロックの解除自体はむずかしくないので、この記事の手順に沿ってすすめていけば簡単に手続きを完了できます。

その上であなたに合った格安SIMを選んで、快適にスマホ料金をオトクにしましょう!

※当サイトに掲載している情報は、万全の保証をいたしかねます。
機器、サービスの価格、スペック等の詳細情報は、必ず各公式サイトでご確認ください。

300種類以上のプランから自分にピッタリな格安SIM・スマホが見つかる!