Menu

家族間のパケ残量を共有できる!mineoのパケットシェアの登録・活用方法

スマホを触る家族

mineoは大きくシェアを伸ばしている人気の高い格安SIMです。

その理由はmineo独自のパケットサービス。

mineoのパケットサービスを使って、格安SIMの料金を今よりもっと節約したいと思っていませんか。

ここでは、mineoのパケットサービス「パケットシェア」で、通信費を上手に節約する方法を詳しくお話しします。

パケットシェアとは、その月に使い切れなかったパケット容量を、翌月にシェアメンバーで共有できる、mineo独自のパケットサービスです。

mineoにはほかにも「パケットギフト」「フリータンク」という無料パケットサービスがあります。

この記事では、mineoの3つのパケットサービスの比較もしています。

ここでは、こんな悩みに答えます。

  • mineoの「パケットシェア」はどんなサービス?
  • 「パケットシェア」の使い方を知りたい
  • 今と比べてどのくらい節約できる?

この記事を読めば、mineoの「パケットシェア」の特徴や使いかたがよくわかり、自分に合ったサービスなのか、一体どのくらい安くなるのかがはっきりわかります。

また、「パケットギフト」と「フリータンク」という他のパケットサービスも上手に利用して、もっと節約できたりと、mineoユーザーならではのメリットも手に入れられますよ。

mineo公式ページ

目次

mineoのパケットシェアとは 

mineo「TOP」https://mineo.jp/
画像引用:mineo「TOP」

冒頭でも触れましたが、パケットシェアはその月に使い切れなかったパケット容量を、翌月にシェアメンバーで共有できる無料のサービスです。

申し込んだ人を代表者として、最大10回線までパケットをシェアすることができます。

翌月は、繰り越したパケットから優先的に消費されるので、余ったパケットを無駄なく使うことができます。

でも、翌々月には消滅する点には注意しましょう。

このパケットシェアを利用するには、「マイページ」からの申し込みとメンバー登録が必要です。

mineoのパケットシェアが役立つのはこんな場面

mineoのパケットシェアは、ドコモ回線のDプランやau回線のAプランに関係なくシェアできます。

家族間はもちろん、家族以外のmineoユーザーともパケットシェアができるので、友人同士でシェアグループを作って分け合ってもいいのです。

一人で複数の回線を契約している場合も、eoIDが同じ回線なら、パケットシェアができます。

「eoID」とは?

mineoを運営する株式会社ケイ・オプティコムが提供しているサービスを利用するための専用IDです。

家族でも友人でも、グループを作ってパケットシェアができるし、一人で複数回線を利用している場合もパケットシェアができるというわけです。

「今月、パケットを使いすぎた!」という時、新たにパケットを追加チャージしなくても、グループ内で前月余って繰り越しされたパケットから使えるので、無駄がありません。

実際にパケットシェアをする場面を、2つの例から見てみましょう。

事例で紹介!家族利用の場合、トータルして不要な通信料を節約できる!

スマホで節約が出来た様子

一つ目の例はキャリアスマホからmineoに変えたMさんの場合。

キャリア利用の頃は、Mさんだけで1ヶ月に8,000円前後の支払いでしたが、mineoにしてから、3GB(デュアルタイプ)で月額料金は1,510円になったので、「これは、家族でmineoにするのもありだな」と考えるようになりました。

ある日同僚から「家族でmineoなら、もちろんパケットシェアだよね」と言われ、つい「そうだ」と答えましたが、「パケットシェア」って何だ…?

さて、Mさんは、妻と長女(高校2年)、長男(中学3年)の家族4人で話し合って、みんなでmineoに乗り換えることにしました。

mineoはマルチキャリア対応なので、auプランとドコモプランが選べます。

データ容量は7種類から選べます。

下記の料金表を検討してみんなでauプランを契約、基本データ容量はMさん3GB(デュアルタイプ)1,510円、妻3GB(デュアルタイプ)1,510円、長女10GB(シングルタイプ)2,520円、長男10GB(シングルタイプ)2,520円に決めました。

毎月の合計料金は8,060円、かつてのMさん一人ぶんの金額です。

使い始めて1ヵ月後、家族で使い方を振り返ってみると…。

Mさんは今月200MB余りました。妻は600MBの余り。

ところが長女も長男もパケット容量が足りず、それぞれに300MB、400MBを追加チャージしていて、「20GBにプラン変更しようかな」などと言い出しました。

ここで同僚の言葉を思い出したMさん、「パケットシェア」について調べてみると、自分たち家族でパケットシェアのグループを作れば、追加チャージ料金がまるきり不要になることを知りました。

mineoでは100MB(150円)単位で必要な分だけマイページからチャージできるので、今月は追加チャージ料金が1,050円加算されます。

でも、もしパケットシェアに登録していたら、Mさんと妻の余ったパケットの合計800MBが翌月に繰り越されるので、長女長男が今月と同じように使って700MBの不足が出ても、翌月はパケットの追加チャージ料金はかからないのです。

つまり、現状の使い方でも、1,050円/月が節約できます。

パケットシェアを知らずに、2人の20GBプラン変更を認めていたら、利用料は9,620円/月にはね上がるところでした。

Mさん家族の場合、早速パケットシェアに登録しておくのがいいですね。

ドコモプラン料金表
基本データ容量シングルタイプ
(データ通信のみ)
デュアルタイプ
(データ通信+音声通話)
500MB700円1,400円
1GB800円1,500円
3GB900円1,600円
6GB1,580円2,280円
10GB2,520円3,220円
20GB3,980円4,680円
30GB5,900円6,600円

参照:mineo「プラン・データ容量」

auプラン料金表
基本データ容量シングルタイプ
(データ通信のみ)
デュアルタイプ
(データ通信+音声通話)
500MB700円1,310円
1GB800円1,410円
3GB900円1,510円
6GB1,580円2,190円
10GB2,520円3,130円
20GB3,980円4,590円
30GB5,900円6,510円

参照:mineo「プラン・データ容量」

パケット使用量が月ごとにバラツキがあった時に助かる!

次の例は友人5人でパケットシェアをしているZさんの場合。みんな20GB(シングルプラン)です。

5人はauプラン、ドコモプランとそれぞれですが、mineoはキャリアの壁を越えてシェアできるので、問題なしでシェアグループを作れます。

みんな、月々のデータ使用量にばらつきがあって、まったく足りない月があったり、余る月があったりです。

ある月はVさん500MBの不足、Wさん400MBの不足でしたが、Xさんの100MB、Yさんの500MB、Zさんの400MBが前月から繰り越されていて、追加チャージ不要でした。

グループでのパケットシェアがなければ、Vさん750円、Wさん600円の追加料金が発生していました。

Xさん、Yさん、Zさんは前月は繰り越しができましたが、今月はVさん、Wさんに助けられるかもしれません。

一人では不足が出たり使いきれなかったりするパケットを、メンバーでシェアすれば無駄なく使えます。

パケット使用量にバラツキがあっても、その時こそパケットシェアの効果が発揮されるのです。

mineoパケットシェアのメリット・注意点

並んでスマホをする人たち

節約に大きく貢献するパケットシェアです。ここできちんとメリットと注意点を確認しておきましょう。

パケットシェアのメリットは次の3つです。

mineoパケットシェアのメリット

  • 最大10回線までグループを組める。
  • ドコモプランとauプランをまたいでパケットシェアできる。
  • 同一eoIDでもシェアできる。

注意することは次の3つ。

mineoパケットシェアの注意点

  • 申し込みが必須。
  • 繰り越しパケットは翌々月に消滅。
  • グループを解散すると残パケットは代表者のみに付与。

このメリットと注意点について具体的にお話しします。

mineoパケットシェア、3つのメリット

mineo「プラン・データ容量」
画像引用:mineo「プラン・データ容量」

mineoのパケットシェア最大のメリットは次の3つです。

mineoパケットシェアのメリット

  • 最大10回線までグループを組める
  • ドコモプランとauプランをまたいでパケットシェアできる
  • 同一eoIDでもシェアできる

パケットシェアは、登録をしておけば、余ったパケットが翌月に繰り越されて、グループに自動的にシェアされます。

だから追加チャージをしなくて済むぶんが、まるまる節約できます。

繰り越されたパケットの有効期限は翌月末ですが、追加されたパケットから先に消費されていきます。

そして、パケットシェアで追加されたパケットをすべて使い切った後、個人のパケットが消費されていくので、しぜんと翌月に繰り越せるパケット量も増えやすくなります。

その点でも、本当に無駄のないシステムです。

この3つのメリットを少しくわしく説明します。

メリット1:最大10回線までグループを組める

グループ内で、前月から繰り越されたパケットを分け合うmineoのパケットシェアは、これまで1グループ5回線まででしたが、2018年6月から1グループ10回線に増えました。

10人でシェアしあえるということは、単純に、繰り越されるパケットが増えるということ。

消費パケットも増えるでしょうが、余ったパケットがこれまでよりいっそう無駄になりません。

メリット2:Dプラン・Aプランをまたいでシェアできる

mineoのパケットシェアは、ドコモ回線のDプランやau回線のAプランに関係なくシェアできるのが特徴です。

だから、同居している家族はもちろん、別々に住んでいる家族間でも、家族以外のmineoユーザーとも、回線に関係なくシェアグループを作ることができます。

さらに、2018年9月4日からはソフトバンク回線のSプランも申し込みが始まりますから、いずれDプラン・Aプランと同様に、このSプランも、プランをまたいでシェアできることが期待されます。

メリット3:同一eoIDでもシェアできる

一人で複数の回線を契約している場合も、eoID(※eoIDは、mineoを運営する株式会社ケイ・オプティコムが提供しているサービスを利用するための専用IDです)が同じ回線なら、パケットシェアができます。

どこが違うの?パケットギフトとの違いを解説

パケットシェアとよく似たサービス名にパケットギフトがあります。

パケットギフトは、mineoユーザー同士が、余ったパケットを家族、友人や知人にプレゼントすることができる無料のオプションサービスで、マイページから手続きします。

ギフトしたいデータ容量は、10MB以上1MB単位で指定し、最大9,990MBまで指定できます。

DプランとAプランではキャリアが違いますが、キャリアをまたいでパケットギフトができます。

注意点は2つ。

  • 同じeoID(※eoIDは、mineoを運営する株式会社ケイ・オプティコムが提供しているサービスを利用するための専用IDです)で契約している回線どうしはパケットギフトが使えない
  • ギフトして(パケットギフトはギフトコードを発行して行います)2日間以内に相手がギフトコードを受け取らないと、無効になる

でも、受け取られなかったパケットは送り主に戻ってくるので、無駄にはならず安心です。

mineoパケットシェアの注意点

便利なパケットシェアですが、上手に使うために次の3つに注意が必要です。

mineoパケットシェアの注意点

  • 申し込みが必須
  • 繰り越しパケットは翌々月に消滅
  • グループを解散すると残パケットは代表者のみに付与

この3つについて少しくわしく述べます。

1.パケットシェアには申し込みが必要

パケットシェアは自動的に付与されるサービスではありません。

申し込みが必要ですから、繰り越したパケットを共有するために、代表者が早めに申し込みを行いましょう。

パケットシェアの申し込み方法は次の章3分で完了!パケットシェアの登録方法で、くわしく述べます。

2.翌々月には使えない

パケットシェアは、その月に使い切れなかったパケット容量を翌月にシェアメンバーで共有できるサービスです。

そして、翌月に繰り越したパケットから優先的に消費されますが、翌々月には消滅します。

つまり、翌月に繰り越されたパケットの有効期限は翌月末まで、ということです。

グループを解散すると、代表者に残パケットが渡される

もしシェアメンバーを解散する場合、メンバーのすべてが解散を承認した時点でグループの解散が完了します。

そしてその時点で、グループに残っているパケットは、すべて代表者に渡されます。

パケットシェアの使い方

パケットシェアの申し込みは簡単です。

代表者が自分のマイページからパケットシェアを申し込むと、申し込み時に選んだメンバー全員にパケットシェア依頼メールが届きます。

1週間以内にメンバー全員が依頼を承認すれば、パケットシェアの申し込みは完了です。

3分で完了!パケットシェアの登録方法

パケットシェアを行うグループの代表者が、次の手順で申し込みます。

STEP1.マイページから契約サービスの変更手続き

マイページの「ご契約サービスの変更」をタップ。

mineoユーザーサポート「パケットシェアメンバーの登録」
画像引用:mineoユーザーサポート「パケットシェアメンバーの登録」

STEP2.パケットシェアの変更

スクロールして、「パケットシェア変更」をタップします。。

mineoユーザーサポート「パケットシェアメンバーの登録」
画像引用:mineoユーザーサポート「パケットシェアメンバーの登録」

STEP3.メンバーを追加

パケットシェアのメンバーにしたい利用番号を、2回線目以降の欄に入力し、「次へ進む」をタップ。

mineoユーザーサポート「パケットシェアメンバーの登録」
画像引用:mineoユーザーサポート「パケットシェアメンバーの登録」

STEP4.申し込み内容の確認

申し込み内容を確認し、「申し込む」をタップしたら、代表者の申し込みは完了です。

mineoユーザーサポート「パケットシェアメンバーの登録」
画像引用:mineoユーザーサポート「パケットシェアメンバーの登録」

STEP5.承認依頼メールの受信

申し込み後、登録したシェアメンバーに承認依頼メールが送信されます。

STEP6.メンバーが承認する

メールを受け取ったシェアメンバー全員は、1週間以内に承認を行うに必要があります。

承認は、承認依頼メールに記載のURLをクリックするか、マイページから行います。

マイページからの場合は、「ご契約サービスの変更」→「パケットシェア変更」の順にタップします。

パケットシェアの解除の方法

もしパケットシェアグループの代表者がなんらかの理由でパケットシェアグループを抜ける場合、他のメンバーを代表者に変更することはできません。

その場合は、一度パケットシェアグループを解散し、その後に再度、代表者になるユーザーがパケットシェアを申し込まなくてはなりません。

ここでは、パケットシェアグループを解散する方法をお話しします。

この申し込みは、パケットシェアグループの代表者のみが可能です。

STEP1.マイページから契約サービスの変更手続き

マイページの「ご契約サービスの変更」をタップします。

mineoユーザーサポート「パケットシェアメンバーの解散」
画像引用:
mineoユーザーサポート「パケットシェアメンバーの解散」

STEP2.パケットシェアの変更

「パケットシェア変更」をタップ。

mineoユーザーサポート「パケットシェアメンバーの解散」
画像引用:
mineoユーザーサポート「パケットシェアメンバーの解散」

STEP3.メンバーを解散

「全メンバー解散」をタップします。

mineoユーザーサポート「パケットシェアメンバーの解散」
画像引用:
mineoユーザーサポート「パケットシェアメンバーの解散」

STEP4.代表者の申し込み

申し込み内容を確認し、「申し込む」をタップして、代表者の申し込みは完了です。

mineoユーザーサポート「パケットシェアメンバーの解散」
画像引用:
mineoユーザーサポート「パケットシェアメンバーの解散」

STEP5.承認依頼メールの受信

申し込み後、登録したシェアメンバーに承認依頼メールが送信されます。

STEP6.メンバーが承認する

メールを受け取ったシェアメンバー全員は、1週間以内に承認を行うに必要があります。

承認は、承認依頼メールに記載のURLをクリックするか、マイページから行います。

マイページからの場合は、「ご契約サービスの変更」→「パケットシェア変更」をタップします。

メンバーの解散は、承認が完了すると即日適用されます。

解散後、それぞれのメンバーでシェアされていたパケットは、代表者の回線にすべて付与されます。

グループのメンバーを追加・削除する方法

パケットシェアグループのメンバーを追加したり削除したりは、次の方法で代表者が行います。

STEP1.マイページから契約サービスの変更

マイページの「ご契約サービスの変更」をタップ。

mineoユーザーサポート「パケットシェアメンバーの解散」
画像引用:mineoユーザーサポート「パケットシェアメンバーの追加・削除」

STEP2.パケットシェアの変更

「パケットシェア変更」をタップ。

mineoユーザーサポート「パケットシェアメンバーの解散」
画像引用:mineoユーザーサポート「パケットシェアメンバーの追加・削除」

STEP3-1.【メンバーを追加する場合】

空欄の回線に、パケットシェアのメンバーにしたいご利用番号を入力し、「次へ進む」をタップ。

mineoユーザーサポート「パケットシェアメンバーの登録」
画像引用:mineoユーザーサポート「パケットシェアメンバーの追加・削除」

STEP3-2.【メンバーを削除する場合】

削除するメンバーのご利用番号を削除し、「次へ進む」をタップします。

mineoユーザーサポート「パケットシェアメンバーの登録」
画像引用:mineoユーザーサポート「パケットシェアメンバーの追加・削除」

STEP4.申し込み内容の確認、変更完了

申し込み内容を確認し、「申し込む」をタップして、代表者の申し込みは完了です。

mineoユーザーサポート「パケットシェアメンバーの追加・削除」
画像引用:mineoユーザーサポート「パケットシェアメンバーの追加・削除」

STEP5.承認依頼メールの受信

申し込み後、登録したシェアメンバーに承認依頼メールが送信されます。

STEP6.メンバーの承認

メールを受け取ったシェアメンバーは、1週間以内に承認を行う必要があります。

承認は、承認依頼メールに記載のURLをクリックするか、マイページから行います。

マイページからの場合は、「ご契約サービスの変更」→「パケットシェア変更」をタップします。

メンバーの追加は月末23:30までに承認が完了すると、翌月より適用となります。

また、メンバーの削除は、承認が完了すると即日適用されます。

実はこんなにある!mineo版余ったパケットの3つの活用術

飲み物を飲みながらスマホをする若者たち

「パケットシェア」のほかにも、mineoには余ったパケットを活用する方法があります。

それが「パケットギフト」と「フリータンク」です。

まずはこの3つのパケットサービスを一覧表で比較してから、それぞれの特徴をお話しします。

mineoの無料パケットサービス3つの「分け合う」を比較
パケットギフトフリータンクパケットシェア
対象mineoユーザーであれば誰にでも分け合えるmineo公式のコミュニティサイト「マイネ王」に登録しているユーザーであれば分け合える同じグループ間のみで分け合える
プランドコモプランやauプランに関係なく分け合えるドコモプランやauプランに関係なく分け合える同じグループであれば、ドコモプランやauプランに関係なく分け合える
利用期間ギフトコード発行後2日以内に受け取らなければ無効になる前月の繰り越し分やギフト等に関係なく、時期の制限なく使える。前月の繰り越し分が適用され、翌々月には消滅する
eoID同じeoIDで契約している回線同士では利用できないeoIDには無関係で利用できる同じeoIDで契約している回線同士で利用できる

パケットギフト フリータンク パケットシェア

「パケットギフト」の特徴

mineo「Top」
画像引用:mineo「TOP」

どこが違うの?パケットギフトとの違いを解説の章でお話ししたように、パケットギフトとは、mineoユーザー同士が、余ったパケットを家族、友人や知人にプレゼントすることができる無料のサービスです。

パケットシェアグループであってもなくても、パケットをプレゼントできるのが特徴です。

また、ドコモプランやauプランに分かれて利用していてもパケットギフトができます。

ギフトできる容量は、残容量のうち10MB以上1MB単位で指定し、最大9,990MBまで指定できます。

パケット使用量の少ない家族から、使用量の多い家族にパケットギフトすれば、追加チャージやプラン変更の必要もなく、家計にもありがたいですね。

だた、家族でmineoを契約する時に、1つのeoID(※eoIDは、mineoを運営する株式会社ケイ・オプティコムが提供しているサービスを利用するための専用IDです)で契約してしまうと、eoIDの作成の手間は省けますが、同じeoIDのmineoの回線ではこのパケットギフトは利用できないので、注意が必要です。

家族でパケットギフトを使うなら、契約時には、それぞれにeoIDを作成しておくほうがいいでしょう。

パケットギフトは、回線を越えて人を選ばすですから、パケットの無駄を出さず、自分にちょうどいい使い方をしたい人にぴったりです。

「フリータンク」の特徴

mineo「使い方ガイド」
画像引用:mineo「使い方ガイド」

フリータンクとは、mineo公式のコミュニティサイト「マイネ王」に登録しているユーザーが利用できる、無料のパケット貯蔵タンクです。

「マイネ王」とは?

mineoユーザーやスタッフの情報交換サイト。

ユーザーの疑問にユーザーが答えたり、mineo社員がmineoや格安simに関する役立つ情報を公開したり、マイネ王限定のキャンペーンも開催しています。

全国のmineoユーザー同士でパケットをシェアしあっています。

使い切れずに有効期限が切れそうなパケットは、フリータンクに寄付すれば、期限が切れることはありません。

このフリータンクに寄付する人がいて、一方で、パケットを使い切ってしまった人がこのフリータンクから無料でパケットを引き出す仕組みです。

パケットギフトやパケットシェアと違って、フリータンクはパケット利用に期限がなく、引き出しは最大1GBまで可能です。

そして、このサービスを支えているのはユーザーの善意です。

パケットを使い切って引き出す人ばかりだと、やがてフリータンクは機能しなくなります。

使い切れそうにないパケットは積極的に預けて、善意のフリータンクを継続させましょう。

フリータンクは、「マイネ王」に登録しているユーザーが利用できるパケットシェアサービスなので、mineoユーザーのコミュニティ(マイネ王)で親しく情報交換したり、ユーザー同士の関係を作っていきたい人にとっては、より利用価値が高いでしょう。

「パケットシェア」の特徴を振り返り

ここで振り返りの意味でも、パケットギフトやフリータンクと比較した、パケットシェアの特徴を押さえておきます。

パケットシェアは、その月に使い切れなかったパケット容量を翌月にグループメンバーで共有できるサービスです。

代表者の回線を含む最大10回線までシェアすることができ、グループ内で本当にパケットを無駄なく使えるサービスです。

シェアメンバーは家族、友人、知人など誰とでもグループを作ることができますが、作るのも解散するのも代表者に限って申し込みをし、その後1週間以内にメンバー全員が承認することで申し込みは成立します。

何ごとも代表者とメンバー全員の意志がそろって初めて成立するため、信頼できるメンバーで利用することがポイントとなります。

家族で利用するには一番ぴったりのパケットシェアサービスと言えるでしょう。

まとめ

いかがでしたか。

mineoのパケットシェアサービスの内容、使い方、メリットと注意点、しっかり掴んでいただけましたか。

パケットシェアはグループメンバーの余ったパケットを、翌月に繰り越してメンバーで分け合う方法です。

1つのグループ内でパケットのやりとりが行われる使いやすいサービスで、無駄が出ません。

このサービスは自動的に始まるのではなく、代表者が申し込みをして、ほかのメンバーが1週間以内に承認をする必要があります。

申し込みは代表者が自分のマイページから行い、メンバーに確認メールが届いたら、記載されたULRから入って承認を行います。

申し込みだけでなく、何か変更がある場合もすべて代表者が申し込みを行い、メンバーがそれを承認する必要があります。

ここでは、このパケットシェアのほかにも、mineoの無料パケットサービスであるパケットギフトとフリータンクを紹介しました。

自分に合ったサービスはどれなのか、比べてみてください。

そして、一番ぴったりのパケットサービスを見つけて、快適に、しっかり節約してくださいね。

mineoの総合的な評価が気になる方は、ぜひ以下の記事も参考にして下さい。

[関連記事]デメリットも全て解説!mineo(マイネオ)乗り換え完全マニュアル2018のサムネイル
デメリットも全て解説!mineo(マイネオ)乗り換え完全マニュアル2018
ソルディのファビコンwww.soldi.jp

mineo公式ページ

※当サイトに掲載している情報は、万全の保証をいたしかねます。
機器、サービスの価格、スペック等の詳細情報は、必ず各公式サイトでご確認ください。

【完全版】自分に合った格安SIMが見つかる!