Menu

USBスティックタイプのおすすめモバイルルーターとデメリット

USBスティックのモバイルWi-Fiルーター

モバイルルーターとは、パソコンやスマホなど通信機器に対応している端末を外出先でインターネットに接続できる小型の通信機器のことです。

大きく分けて2種類のタイプがあり、USBに直接挿して利用するスティックタイプ無線(ワイヤレス)または有線で接続するタイプがあります。

USBスティックタイプの大きなメリットは、パソコンから電源を共有できるのでパソコンのバッテリーさえあれば接続が可能な点です。

ただし、その分デメリットも存在します。

この記事ではこんな疑問に答えます!

  • USBスティックタイプのモバイルルーターはおすすめなの?
  • メリットとデメリットを知りたい
  • USBスティックタイプでも種類がいくつかあるけど、おすすめはどれ?

今回はよくある上記の疑問にお答えします。

この記事を読み終える頃には、USBスティックタイプにすべきかどうなのか、おすすめの機種がどれなのかがはっきりするでしょう。

※以降、本記事ではUSBタイプのモバイルルーターを「USBモバイル通信端末」「USBモバイル通信機器」として表現します。

持ち運びが出来るWiFiルーターとしてUQ WiMAXが人気です。

ギガ放題で大量通信OK!モバイルWi-Fiなら「WiMAX」が一番オススメ

モバイルWi-Fiルーターで一番魅力度の高い回線が「WiMAX」です。

■WiMAXのオススメポイント
・データ使い放題プラン(ギガ放題)がある
・ギガビット級の高速通信

また、気になる通信制限もWiMAXは「3日間で10GB」。これはWi-Fiルーターの競合他社よりかなりゆるい制限で、普通の使い方ではそうそう制限にひっかからないことも大きな魅力です。

WiMAXの契約窓口はいくつもありますが、その中でも業界最大級の現金キャッシュバック(なんと最大30,000円!)&即日発送のGMOとくとくBBがオススメです!

もし満足いかなかったとしても、20日以内ならキャンセル料無料で解約できるのも安心です。

WiMAXをGMOから申し込む

  • おすすめWiFi5選

  • ポケットWiFi料金表

      • GMOとくとくBB
        • 【6月限定】30,100円の高額キャッシュバックがもらえる
        • 新規契約だけでキャッシュバックが受け取れる
        • 速度・エリアともに安定のWiMAX回線
      • 公式サイトへ
      • Broad WiMAX
        • 他社からの乗り換えで19,000円のキャッシュバック
        • 5G対応端末も端末代金0円
        • クレカ払いで初期費用が20,743円割引
      • 公式サイトへ
      • カシモWiMAX
        • 2か月目から3,971円のずっと変わらない料金プラン
        • 初月1,518円と初月が安い!
        • 5G対応端末も端末代金0円
      • 公式サイトへ
      • THE WiFi
        • 4か月間は基本料金が0円
        • たっぷり使える100GBプランにも対応
      • 公式サイトへ
      • MUGEN WiFi
        • 30日間お試し全額返金キャンペーン有り
        • キャッシュバック最大10,000円
      • 公式サイトへ
  • 初月 2か月目 3~24ヶ月 端末代
    GMO
    とくとくBB
    3,969円 4,688円 0円
    Board
    WiMAX
    2,999円 3,753円 0円
    カシモ
    WiMAX
    0円 4,500円 4,750円 0円
    THE WiFi
    (100GB)
    3,828円 4,226円 0円
    MUGEN WiFi
    (100GB)
    3,718円 0円

※料金はすべて税込価格です。

モバイルルーターの2つのタイプ

外出先でモバイル通信の契約を行っていないタブレットやノートPCなどをインターネットにつなぎたい時に使用される、モバイル通信機器。

このモバイル通信機器をインターネットに接続する方法は大きく分けると、2つのタイプがあります。

  1. 無線モバイルWi-Fiルーター
  2. USBモバイル通信端末

※以前はカード型通信端末もありましたが、現在主流ではないためこの記事では扱いません。

無線のモバイルWi-Fiルーターはその名の通り、機器へ無線通信で接続を行います。

そして、ルーター機能を持っているため、モバイル機器を複数台接続がすることが可能です。

USBモバイル通信端末はUSBポートを持つ機器と、一度に1台としか接続することができません。

一方で、機器と直接接続するため給電もできる、つまり充電が不要のためバッテリーを内蔵せず、コンパクトであることなどがUSBモバイル通信端末のメリットとして挙げられます。

この記事をお読みの方は、USBモバイル通信端末について詳しく知りたいと思うでしょう。

ここからはUSBモバイル通信端末が無線型と比べてどんな特徴を持つのか?や、メリット・デメリットについてひとつひとつ詳しく説明していきます。

USBモバイル通信端末の特徴5点

まず最初に、USBモバイル通信端末特徴5つをお伝えします。

モバイルWi-Fiルーターは、WiMAX対応機器をはじめとした無線モバイルWi-Fiルーターのものが現在主流ですが、一部のUSBモバイル通信端末もまだ取り扱われており、一部のユーザーの方からは根強い人気があります。

ではUSBモバイル通信端末の特徴5つを詳しく見ていきます。

特徴1.軽量かつコンパクト!持ち運びにも便利!

USBモバイル通信端末は、USBメモリスティックと同じような形状ですので、モバイルWi-Fiルーターよりも軽量でコンパクト。

バッグ等に入れてもかさばりません。

裏を返すと小さい分、紛失などのリスクは高まるという事です。

特徴2.直接接続して通信するから速度が速い

現在主流の無線モバイルWi-Fiルーターは、複数機器を同時に接続することができますが端末が無線で受け取ったデーターを更に無線でノートパソコンやタブレット等の機器へ送るため、ロスが出ます。

しかしUSBモバイル通信端末なら端末が無線で受け取ったデータをパソコンに直接接続して送りますので、快適でスピーディーな通信を実現できます。

特徴3.充電の手間が不要!充電しながらの使用ができる

USBモバイル通信端末は、モバイルWi-Fiルーターのように充電の手間がかかりません。

パソコンのUSBスロットから自動的に電源を供給しますので、充電しながら使用することができます。

特徴4.一度に1台の機器の接続しかできない

特徴というより特性なのですが、USBモバイル通信端末USBタイプのモバイルルーターは、端末が無線で受け取ったデータを基本的にWi-Fiの電波を飛ばさずにUSBスロットを介して直接通信を行いますので、直接接続した機器しか通信することができません。

つまり、 1度に1台の機器しか接続することができません。

USBスロットがない機器は接続できない

これも押さえておきたい大事な特徴なのですが、USBモバイル通信端末は上述の通りUSBスロットを介して通信を行いますので、USBスロット搭載機器しか接続することができません。

基本的にパソコン1台での使用がメインとなります。

つまり、スマートフォンやゲーム機などは接続できないのでご注意ください。

特徴5.無線タイプが主流

以前はたくさん販売されていたUSBモバイル通信端末ですが、現在はモバイルWi-Fiルーターが主流でスティックタイプのUSBモバイル通信機器の新規受けを終了している場合も多くみられます。

USBモバイル通信端末を好むユーザーには残念ですが、各メーカーも取り扱いは無くなってきています。

したがって、アイテムの選択肢が少ないのが難点です。

USBモバイル通信端末(スティックタイプ)の新規受付

  • OCNモバイルONE:〇
  • SoftBank:△(※法人契約のみ)
  • au:△(※法人契約のみ)
  • docomo:×
  • Y!mobile:×
  • UQ WiMAX:×

USBモバイル通信端末のメリットとデメリット

それではUSBモバイル通信端末の特徴が分かったところで、メリットとデメリットについても見ていきたいと思います。

メリットについては重複する部分もありますが、あえて記載させて頂きます。

メリット1.モバイルWi-Fiルーターよりも小型で軽量!

WiMAXをはじめとするモバイルWi-Fiルーターが人気ですが、外出先でもかさばらずに使える点では軽量小型なUSBモバイル通信端末の方が優れています。

メリット2.通信速度が速い!

同じくモバイルWi-Fiルーターとの比較になりますが、USBモバイル通信端末は無線で受け取ったデータをUSBスロットを介して直接受信データをパソコンに送るため、 通信にロスがなくルータータイプよりも通信速度は速い傾向にあります。

また、無線を介さないのでルーターを踏み台にされたりすることもなく、セキュリティの面でも安心です。

メリット3.バッテリー残量を気にする必要がない

USBモバイル通信端末は、パソコンのUSBスロットから充電しながら使うことができるため、電池残量を気にする必要がありません。

充電の手間も省くことができます。

メリット4.Wi-Fiに対応していない機器でも利用できる

WIMAX等のモバイルWi-Fiルーターは無線通信が基本ですので、Wi-Fi非対応の古いパソコン等では使用することができません。

しかしUSBモバイル通信端末ならUSBスロットに差し込むことで使用することができます。


では続いてデメリット及びその解決策についても見ていきましょう。

デメリット1.1つの機器しか接続できない

USBモバイル通信端末の大きなデメリットとして、無線で受け取ったデータをUSBスロットを介して、1度に1つの機器しか接続することができません。

しかも基本的にパソコンに限っての使用となります。

別の機器を使用する場合はUSBモバイル通信端末を差し替える必要があります。

スマホ・タブレット・ゲーム機等の複数の機器を同時に接続して使いたい人、外出先でもパソコン以外の機器を使用する場合にはモバイルWi-Fiルーターをはじめから使用することをおすすめします。

デメリット2.モバイルWi-FiルーターもUSBモバイル通信端末も月額料金は変わらない

USBモバイル通信端末は、小型で軽量、一度に1つの機器しか接続できない点から、料金が安くなると思いがちです。

しかし端末代金を除けば基本的にどちらも変わりません。

デメリット3.パソコンの電源使用量が上がる

USBモバイル通信端末は、パソコンのUSBスロットから電源を供給しながらの使用になりますので、ルータータイプを別途使用している時よりもパソコンの電源使用量が上がってしまいます。

予想以上にバッテリーの減りが早い場合もあるので、残量に注意しておく必要があります。

ビジネス等で使用する方は、念のためにパソコンの予備のバッテリーを持っておくと便利で安心です。

以上のメリットデメリットから、USBモバイル通信端末はパソコン1台のみに用途が限られている人は恩恵を享受できると言えます。

複数端末を使用したり、外出先でもスマホやタブレットに接続する可能性がわずかでもあったりする方は、はじめから必ずモバイルWi-Fiルーターを契約することが必須です。

これらをふまえて、おすすめのUSBモバイル通信端末を次の章でご紹介していきます。

USBモバイル通信端末の新規契約

USBモバイル通信端末を個人で新規契約(レンタル)できる端末は、OCNモバイルONEの「UX302NC-R」のみです。

auやSoftBankでは今も取り扱ってはいますが、法人のみとなっており個人での新規契約は受付していません。

※スマホの方は表をスワイプできます。

UX302NC-R(USB端末タイプ)の詳細情報
UX302NC-R(USB端末タイプ)
画像引用:OCNモバイルONE
型番UX302NC-R
メーカー株式会社ネクス
通信速度LTEエリア:受信時最大150Mbps/送信時最大50Mbps
FOMAエリア:受信時最大14.4Mbps/送信時最大5.76Mbps
サイズ約88(H)×30(W)×12.2(D)mm
(USB接続部分収納時)
質量約35g
対応OSWindows 7 SP1以降 [32bit/64bit]
Windows 8.1 [32bit/64bit]
Windows 10 [32bit/64bit]
Mac OS x10.8以降 [Intel]
macOS 10.12 Sierra [Intel]
形状USB2.0
同梱物
  • micro SIMカード(端末本体にセッティング済)
  • QuickStartGuide
  • 設定に関するご案内

ギガ放題で大量通信OK!モバイルWi-Fiなら「WiMAX」が一番オススメ

モバイルWi-Fiルーターで一番魅力度の高い回線が「WiMAX」です。

■WiMAXのオススメポイント
・データ使い放題プラン(ギガ放題)がある
・ギガビット級の高速通信

また、気になる通信制限もWiMAXは「3日間で10GB」。これはWi-Fiルーターの競合他社よりかなりゆるい制限で、普通の使い方ではそうそう制限にひっかからないことも大きな魅力です。

WiMAXの契約窓口はいくつもありますが、その中でも業界最大級の現金キャッシュバック(なんと最大30,000円!)&即日発送のGMOとくとくBBがオススメです!

もし満足いかなかったとしても、20日以内ならキャンセル料無料で解約できるのも安心です。

WiMAXをGMOから申し込む

まとめ

いかがでしたか。

モバイルWi-Fiルーターが主流となりつつありますが、パソコン1台での使用等用途が決まっている方にとってはUSBモバイル通信端末のスマートさや直接通信による安定感は大きなメリットですよね。

現在、個人での契約は少ない状況ですがOCNモバイルONEではレンタル受付をまだ取り扱っていますので、ご興味のある方は是非導入してみてください。

  • おすすめWiFi5選

  • ポケットWiFi料金表

      • GMOとくとくBB
        • 【6月限定】30,100円の高額キャッシュバックがもらえる
        • 新規契約だけでキャッシュバックが受け取れる
        • 速度・エリアともに安定のWiMAX回線
      • 公式サイトへ
      • Broad WiMAX
        • 他社からの乗り換えで19,000円のキャッシュバック
        • 5G対応端末も端末代金0円
        • クレカ払いで初期費用が20,743円割引
      • 公式サイトへ
      • カシモWiMAX
        • 2か月目から3,971円のずっと変わらない料金プラン
        • 初月1,518円と初月が安い!
        • 5G対応端末も端末代金0円
      • 公式サイトへ
      • THE WiFi
        • 4か月間は基本料金が0円
        • たっぷり使える100GBプランにも対応
      • 公式サイトへ
      • MUGEN WiFi
        • 30日間お試し全額返金キャンペーン有り
        • キャッシュバック最大10,000円
      • 公式サイトへ
  • 初月 2か月目 3~24ヶ月 端末代
    GMO
    とくとくBB
    3,969円 4,688円 0円
    Board
    WiMAX
    2,999円 3,753円 0円
    カシモ
    WiMAX
    0円 4,500円 4,750円 0円
    THE WiFi
    (100GB)
    3,828円 4,226円 0円
    MUGEN WiFi
    (100GB)
    3,718円 0円

※料金はすべて税込価格です。

[関連記事]GMOとくとくBBを本気でオススメする理由をわかりやすく徹底解説!WiMAXの契約はこれで決まり!?のサムネイル
GMOとくとくBBを本気でオススメする理由をわかりやすく徹底解説!WiMAXの契約はこれで決まり!?
結論から言うとGMOとくとくbbはおすすめできます。ただし、キャッシュバックの受け取り忘れなど注意点があります。少し長い内容にはなっていますが、内容はカンタンですので、ぜひ最後までお読みください。
ソルディのファビコンwww.soldi.jp

[関連記事]GMOとくとくBB WiMAXのキャッシュバックを受け取るまでの手順総まとめ、忘れないための対処法のサムネイル
GMOとくとくBB WiMAXのキャッシュバックを受け取るまでの手順総まとめ、忘れないための対処法
ソルディのファビコンwww.soldi.jp

家計の見直しは「固定費」の削減から始めよう!支出の見直しポイントとプロが教えるおすすめの方法はコレ!

この記事の著者

編集

Soldi編集部

Soldi編集部は「おうちのお金をスマートに」をコンセプトにコンテンツの配信を行っています。

※当サイトに掲載している情報は、万全の保証をいたしかねます。
機器、サービスの価格、スペック等の詳細情報は、必ず各公式サイトでご確認ください。

【完全版】自分に合った格安SIMが見つかる!

【完全版】自分に合った格安SIMが見つかる!

【28社比較】おすすめのWiMAXプロバイダはこれ!

【28社比較】WiMAXを契約するなら! おすすめプロバイダ厳選5社!



ナビナビ保険