Menu

ポケットWiFiを選ぶなら対応エリアは大事!対応エリアの広いおすすめのポケットWiFi

ポケットワイファイのエリアのイメージ

スマホの火付け役となったiPhoneが発売されてからそろそろ10年が経過します。

この10年の間にスマホは爆発的に普及しました。

それに伴い、スマホでのデータ通信容量もどんどん増えています。

スマホのプランで設定されている月間のデータ容量を超過しがちな人や、出張が多いビジネスマン、もしくは自宅でのインターネットがネットサーフィンぐらいのライトユーザーなどでは、ポケットWi-Fi(モバイルWi-Fi)を契約し、固定回線からの乗り換えをする人が増えています。

そんなモバイルWi-Fiルーターが気になっているけど、下記のような不安をお持ちの人はいないでしょうか。

この記事ではこんな疑問に答えます!

  • 自分の居住地や行動範囲にポケットワイファイが対応しているかどうかがわからない
  • ポケットWi-Fiの対応エリア、通信速度・通信料金が知りたい

せっかく便利な通信契約をしても、自分がよく使うエリアがサービス対象外だった…なんて後悔はしたくないですよね。

そんな人のために、この記事では ポケットWi-Fi(モバイルWi-Fi)の通信エリアを中心に、選び方をお伝えします。

自分のネットライフをより快適にするためのヒントも合わせてご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

おすすめモバイルWiFi 4選!

  • GMOとくとくBB
  • 高額キャッシュバックが魅力! 実質月額料金もお得!
  • 公式サイトへ
  • どんなときもWiFi
  • 通信制限がない!海外OK!トリプルキャリア対応で使い放題
  • 公式サイトへ
  • BIGLOBE WiMAX
  • 高速通信で動画も快適!W06・L02発売開始!
  • 公式サイトへ
  • カシモWiMAX
  • 業界最安級! 端末代金0円で初月料金が安く初期費用が抑えられる!
  • 公式サイトへ

[関連記事]ポケットWiFiのおすすめを徹底比較!1番おトクなモバイルWiFiはコレ!【2019年10月最新】のサムネイル
ポケットWiFiのおすすめを徹底比較!1番おトクなモバイルWiFiはコレ!【2019年10月最新】
外でも高速インターネットが楽しめるモバイルWi-Fi。出張や旅行だけでなく普段使いでも活躍します。 選び方の注意点からいまおすすめのサービス・機種まで徹底解説します。
ソルディのファビコンwww.soldi.jp

モバイルWi-Fiの対応エリア

モバイルWi-Fiには 通信できるエリアと通信できないエリアが存在します。

無線通信なので、電波が届かない範囲は通信ができなかったり、極端に速度が遅かったりします。

携帯やスマートフォンの圏内・圏外と同じイメージで考えればわかりやすいですね。

では、自分の行動範囲がモバイルWi-Fiの対応エリアに入っているのか知りたいですよね?

これは各モバイルWi-Fiの事業者が公式サイト等で提供している「対応エリア」を見ることで解決できます。

対応エリアの見方と注意点

それでは、参考としてドコモの通信エリアとその見方についてお伝えします。

その他の通信会社についてもだいたい同じ方法で確認できますので、この章ではエリアチェックのポイントを把握してくださいね。

まずは下記の画像をご覧ください。

docomo サービスエリア 速度別エリア
引用: docomo_サービスエリア

このキャプチャ画面のピンク色のエリアは受信時最大1288Mbps~988Mbpsのサービスエリアです。

また、地図の黄色く表示されているエリアは、受信時最大938Mbps~250Mbpsのサービスエリアです。

地図の中央下のエリア紫色は、最大225Mbps~37.5Mbpsとなり、ピンク色のエリアと比べ1/4ほどの速度しか出ないことがわかります。

あなたが受信時最大1.2Gbpsの最新モバイルWi-Fiルーターを購入したとします。

もし生活圏内が黄色や紫色のエリアであれば、購入したモバイルWiFiルーターの力を活かしきれないことになります。

注意点1:モバイルWi-Fiの選び方

そこまで高いスペックを持っていたとしても受信時最大値が出るエリアにあたるのはまれです。

受信時最大300Mbps程度のモバイルWi-Fiルーターにして端末代金や通信料金を安くする方がお得です。

最新のモバイルWi-Fiを手に入れたとしても宝の持ち腐れになる可能性があるというわけです。

注意点2:通信速度について

各回線会社が発表している最大値(docomoでいうと受信時最大844Mbps)は一部都心のみということもあります。

自分の生活範囲を対応エリアでチェックしてから、モバイルWi-Fiの必要機能と回線の契約を決めるようにしましょう。

また、トンネルや地下、建物の中やビル、マンションなどの高層階、年末年始や災害時およびイベントなどで混雑する場合、移動せずにいる場合でも場合によって通話や通信が切れることがあります。

次の章からは、具体的に各モバイルWi-Fi事業者のエリアについて見ていきます。

SoftBank(ワイモバイル)の対応エリア

SoftBank_サービスエリア
画像引用:SoftBank_サービスエリア

まずはポケットWi-FiのSoftbank(ワイモバイル)です。

SoftBankの4G対応エリアは山間部を除いて対応しているのがわかります。

都市部にお住まいであれば4Gも4GLTEも使えるので問題ありませんが、 少し都心から離れた場合、安定しなくなる可能性を含んでいます。

くわしくは下記のURLから、お住まいの地域について調べてみてくださいね。

UQ WiMAXの対応エリア

UQ WiMAX サービスエリア
画像引用:UQ WiMAX_サービスエリア

UQ WiMAXは、WiMAX2+のエリアとauのLTEが利用できるエリアがあります。

全国的に対応エリアを増やしていく動きも見られるので、 今対応していなくても通信状況が改善される見込みはあります。

UQコミュニケーションズは「もっと快適なWiMAXを目指して」をスローガンに、お客様の声に耳を傾けサービス品質向上への取り組みを行っています。

「Speed Wi-Fi NEXT W06」の特徴

Speed Wi-Fi NEXT W06

  • WiMAX製品内で最速の通信速度!(USB接続なら受信最大1.2Gbps
  • USB Power Delivery 2.0に対応し、急速充電が可能に!
  • 高性能ハイモードアンテナでアンテナ感度が向上、Wi-Fi通信の受信速度が平均約20%向上する「TXビームフォーミング機能」などを搭載

参照:UQ WiMAX_Speed Wi-Fi NEXT W06

UQ WiMAX 公式サイトへ

docomoの対応エリア

docomo サービスエリア 対応エリア
画像引用:docomo_サービスエリア

docomo サービスエリア 速度別エリア
画像引用:docomo_サービスエリア_速度別エリア

docomoは、サービスエリアをエリアだけでなく「速度別」でも確認することができます。

より詳しく確認できるのでとても便利ですね。

docomoの受信時最大速度は1288Mbps~988Mbpsで、対応エリアとしては海上まで広く対応していますが、最大速度が利用できる地域は限定なので注意が必要です。

auの対応エリア

auの対応エリアがUQコミュニケーションズと同じとなります。

UQ WiMAXの対応エリアの章はこちら

各キャリアの対応エリアがわかったところで、インターネット接続でイライラしないために大切な通信速度を次の章でご紹介します。

モバイルWi-Fiの通信速度

SoftBank(ワイモバイル)の通信速度

SoftBank(ワイモバイル)から2019年3月に発売されたPocket WiFi 801HWは下り最大972Mbpsという速度で、SoftBank(Y!mobile)の中ではどの機種よりも高速通信ができます。

ただしこの速度はUSB接続の場合となり、無線の場合の最大速度は588Mbpsとなります。

SoftBank,Y!mobile ポケットWiFiルーター 速度比較
下り最大速度 上り最大速度
801HW 972Mbps 37.5Mbps
601ZT 112.5Mbps 37.5Mbps
603HW 612Mbps 37.5Mbps
502HW 187.5Mbps 37.5Mbps

docomoの通信速度

docomoの最新のWiFiルーターは、2019年3月に発売された「Wi-Fi STATION HW-01L」です。なんと国内最速の1288MbpsのWiFiルーターです。

光回線並みの安定した高速通信が可能となりました。

ただし、何度も言いますがWiFiルーターの最大速度はUEB接続時の速度となりますのでご注意ください。

au(UQ WiMAX)の通信速度

WiMAXの最新ルーターは2019年1月に発売された「Speed Wi-Fi NEXT W06」です。

ルーター選びで迷ったら「Speed Wi-Fi NEXT W06」がオススメ

WiMAXを契約する際、ルーター(機種)選びで迷ったら「Speed Wi-Fi NEXT W06」を選んでみてください。

2019年1月に発売された最新機種で、下りの速度が圧倒的なギガ超えの1,237Mbps通信速度となったことが最大の特徴です。
※接続条件:USBケーブル(無線の場合は最大867Mbps)

また「TXビームフォーミング対応」で安定性と通信速度が前機種と比べて向上しています。

Speed Wi-Fi NEXT W06の特徴

  • WiMAX製品内で最速の1,237Mbps通信速度!(WiMAX 2+通信だけでも下り最大558Mbpsまで対応)
  • Wi-Fi 「TXビームフォーミング対応」で安定性通信速度が向上
  • 高性能ハイモードアンテナでアンテナ感度が向上、Wi-Fi通信の受信速度がW05と比較して平均約20%向上

次の章では気になる月々の通信料金についてご紹介していきます。

モバイルWi-Fiの通信料金

※スマホの方は表をスワイプできます。

各キャリアでのポケットWiF 比較表
キャリア 月額料金 受信最大速度 月間データ容量
ドコモ 1,000円
データプラス
(スマホのデータ量をシェア)
1288Mbps
(Wi-Fi STATION HW-01L)
スマホの契約プランのデータ量
au 3,696円 1237Mbps
(Speed Wi-Fi NEXT W06)
7GB
4,380円 無制限
ソフトバンク 4,196円 988Mbps
(Pocket WiFi 802ZT)
7GB
Y!mobile 2,480円 927Mbps
(Pocket WiFi 801HW)
5GB
3,696円 7GB
UQ WiMAX 3,696円 1,237Mbps
(Speed Wi-Fi NEXT W06)
7GB
4,380円 無制限

※ docomoは2019年5月31日でデータプランの新規受付を終了いたしました。現在は通話プランのデータ量をデータプラス(オプション1,000円/月)でシェア利用
※ 受信最大速度はルーターにより異なります。現在最速のルーターの速度数値となります

SoftBank(ワイモバイル)の通信料金

Y!mobileのポケットWiFiには、1番安い料金プランがあるので毎月5GBあれば足りる人にとっては使いやすいプランです。

docomoの通信料金

docomoは現在、データプランのみの料金プランの新規受付は終了しており、新料金プランのギガホやギガライトのデータをデータプラス(+1,000円)でデータをシェアして利用する運びとなっています。

au(UQ WiMAX)の通信料金

※スマホの方は表をスワイプできます。

モバイルWiFi 料金比較
キャリア プラン データ容量 月額費用 機器代金 特徴
UQ WiMAX UQ Flatツープラス ギガ放題 使い放題
短期速度制限:10GB/3日間
4,380円 別途要

2年契約/3年契約
3年契約の場合LTEオプション料1,000円が無料
UQ Flatツープラス 7GB
短期速度制限:10GB/3日間
3,696円 別途要 2年契約/3年契約/4年契約
3年/4年契約のみLTEオプション料1,000円が無料
GMO WiMAX GMOとくとくBB ギガ放題 使い放題
短期速度制限:10GB/3日間
4,263円 無料 3年契約
2ヶ月目までは月額3,609円
毎月プラン変更可能
キャッシュバックキャンペーン開催
GMOとくとくBB WiMAX2+接続サービス 7GB
短期速度制限:10GB/3日間
3,609円 無料 3年契約
毎月プラン変更可能。
キャッシュバックキャンペーン開催
Y!mobile Pocket WiFiプラン2 ライト 5GB
短期速度制限:10GB/3日間
2,480円~ 無料
※月額割引適用
3年契約

Pocket WiFiプラン2 7GB
短期速度制限:10GB/3日間
3,696円~ 無料
※月額割引適用
3年契約

docomo ギガホ+データプラス 30GB 6,980円~
+1,000円
別途要 2年契約
短期速度制限なし
ギガライト+データプラス ~7GB 2,980円~
+1,000円
別途要 2年契約
短期速度制限なし
どんなときもWiFi データ放題プラン
(クレジットカード払い)
使い放題 3,480円 無料
(レンタル)
2年契約
短期速度制限なし
25ヶ月目以降は月額3,980円

※契約期間中の解約は別途解約料が必要
※各プラン契約期間縛りありの金額を記載
※ドコモは2019年6月よりデータのみの契約プランの新規受付終了

不安であれば2週間のお試しプランを検討しよう

環境や状況によって速度の速い遅いがあるため、業者によっては2週間のお試しプランを実施しているところもあります。

もしくは各回線業者のWi-Fiルーターを数日レンタル(有料)して自分の居住エリアや勤務先までの通勤で使ってみて、通信状況を試してみるのもオススメです。

モバイルWiFiのお試しについては、下記記事にて詳しくご紹介していますのでご参考ください。

[関連記事]お試しできるモバイルWi-FiはTryWiMAXとSTAR WiFi!他4社の試し方も解説のサムネイル
お試しできるモバイルWi-FiはTryWiMAXとSTAR WiFi!他4社の試し方も解説
モバイルWi-Fi契約を検討しているけど、 「つながりにくい」「速度が遅い」などの不満も聞くので契約に踏み込めないという方の話をよく聞きます。この記事ではお試しプランの選び方・申し込み方から、お試し中に見ておくべきチェックポイントまで網羅しています。
ソルディのファビコンwww.soldi.jp

まとめ

いかがでしたか?今回の記事ではWi-Fiルーターの基礎的な部分をまとめました。

改めてポイントをおさらいします。

ここがポイント

  • ポケットWi-Fiはワイモバイルの商標登録済み商品名
  • 最大速度の出る範囲は狭いので生活範囲を対応エリアマップで見て決める
  • そのエリアの速度にあったモバイルWi-Fiを手に入れるのがおすすめ
  • UQ WiMAXはお試し15日間、他回線業者のモバイルWi-Fiなら、レンタルして実際の速度を見てみるのがおすすめ。
  • 料金は回線業者によりバラバラだがキャンペーン利用でお得に

ポケットWi-Fiを選ぶときは下記ポイントを参考に選んでみてください。

  • ネットサーフィンだけの場合

ネットサーフィンだけであれば他社に比べて速度が遅いですが7GBあるSoftbankのポケットWi-Fiで充分です。料金的にもキャンペーンで安いですからお得ですね。

  • 動画視聴が多い場合

動画視聴が多い場合は料金の安さと回線の安定感、そして月のデータ通信量無制限のプランがあるau(UQ WiMAX)のモバイルWi-Fiをおすすめします。

ゲームや容量を使うアプリなどを使う方もこちらがおすすめです。

対応エリアの見方や通信速度の注意点、料金などをご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

モバイルWi-Fiの選び方のヒントとして参考にしてみてください。

おすすめモバイルWiFi 4選!

  • GMOとくとくBB
  • 高額キャッシュバックが魅力! 実質月額料金もお得!
  • 公式サイトへ
  • どんなときもWiFi
  • 通信制限がない!海外OK!トリプルキャリア対応で使い放題
  • 公式サイトへ
  • BIGLOBE WiMAX
  • 高速通信で動画も快適!W06・L02発売開始!
  • 公式サイトへ
  • カシモWiMAX
  • 業界最安級! 端末代金0円で初月料金が安く初期費用が抑えられる!
  • 公式サイトへ

この記事の著者

編集

Soldi編集部

Soldi編集部は「おうちのお金をスマートに」をコンセプトにコンテンツの配信を行っています。

※当サイトに掲載している情報は、万全の保証をいたしかねます。
機器、サービスの価格、スペック等の詳細情報は、必ず各公式サイトでご確認ください。

【完全版】自分に合った格安SIMが見つかる!

【28社比較】おすすめのWiMAXプロバイダはこれ!