Menu

法人契約できるポケットWIFIレンタルのおすすめ5選!容量別に料金を比較

「法人契約できるポケットWi-Fiを探している」という方に向けて、ここでは以下の内容をお伝えします。

  • ポケットWi-FiとWiMAX、モバイルルーターの違い
  • おすすめのポケットWi-Fi5選と、その他法人契約できるポケットWi-Fi5つ
  • 法人向けポケットWi-Fiを契約するときのポイント7つ

ポケットWi-Fiを契約すれば、外出先でもパソコンをインターネットに接続できます。公衆Wi-Fiよりも安全性が高くて通信速度も比較的安定しているポケットWi-Fiは、出張や外回りが多い人にとって便利な道具です。

社外でパソコン作業をする機会が多い会社は、この機会にポケットWi-Fiの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

ポケットWiFiとWiMAX、モバイルルーターの違い

まずはポケットWi-FiとWiMAX、モバイルルーターの違いについて、以下の表にまとめました。

通信方式主な事業者
モバイルルーターLTE回線ドコモ、au、縛りなしWiFiなど
ポケットWiFiLTE回線ワイモバイル、ソフトバンク
WiMAXWiMAX2+UQ WiMAX、BroadWiMAX、GMOとくとくBBなど

簡単に違いをまとめると、WiMAXはKDDI(au)が提供する独自回線を使用したサービス、モバイルルーターはドコモやauなどが提供するサービスです。一方でポケットWi-Fiは、もともとはワイモバイルが提供していた「Pocket Wi-Fi」というサービスがモバイルルーターの一般的な名称として広まったものです。

細かな違いはあるものの、それぞれ「無線でインターネットに接続できるサービス」ということは共通しています。それぞれのサービスについて、詳しく見てみましょう。

モバイルルーター

モバイルルーターとは、無線でスマホやタブレット、パソコンなどをインターネットに接続する小型端末のことです。

ポケットや鞄の中に収まって持ち運べるサイズ感であることが、モバイルルーターの特徴として挙げられます。有線接続できない環境でもパソコンをインターネットに接続できるため、外出先でパソコン作業をする機会が多い人におすすめのアイテムです。

一方でモバイルルーターとほぼ同じ意味を持つ言葉に「ポケットWi-Fi」があります。

ポケットWiFi

ポケットWi-Fiとは、ワイモバイルが商標登録している「Pocket WiFi」のことです。ワイモバイルが提供しているサービスの中に「Pocket WiFi」というモバイルルーターのサービスが、ソフトバンクが提供しているモバイルルーターの中に「Pocket WiFi」という機種があります。

つまり、ポケットWi-Fiとはモバイルルーターの機種・サービスの1つです。どちらも「無線を利用してパソコンなどをインターネットに接続する小型端末」という点に変わりはありません。

便宜上、ここではポケットWiFi=モバイルWiFiルーター(モバイルルーター・WiMAX含む)として扱っています。

WiMAX

WiMAXとは、LTE回線だけでなくWiMAX2+の回線を使ってインターネット接続できる小型機器です。

ポケットWi-Fi(モバイルルーター)は、スマートフォンでも利用されているLTE回線を利用してパソコンをインターネットに接続します。一方でWiMAXは、LTE回線に加えてWiMAX2+という独自回線を利用してインターネット接続します。

2つの回線を併用することで、幅広い地域で比較的安定して速い通信速度を実現しているのが特徴的です。ちなみにWiMAXはUQコミュニケーションズが提供しているサービスです。その他の「〇〇WiMAX」は、WiMAX2+回線を間借りしてサービスを提供しています。

容量別法人向けのおすすめポケットWiFi6選

ここからは、法人向けのおすすめポケットWi-Fiを6つ紹介します。

  1. Broad WiMAX
  2. AiR-WiFi
  3. 縛りなしWiFi
  4. au WiMAX
  5. GMOとくとくBB WiMAX
  6. DoRACOON

【容量無制限】Broad WiMAX

Broad WiMAXのTOP

(画像引用:Broad WiMAX

Broad WiMAXは容量無制限でデータ通信できるのが魅力のポケットWiFiです。法人限定で利用できる「年払いギガ放題プラン」を利用すれば、おトクに契約できます。また1年目は台数分最大2ヶ月間無料で利用できるのも魅力的です。

ただし3日間で10GB以上利用すると速度制限が発生します。短期間でたくさんデータ通信を利用する場合は、他のポケットWiFiを契約した方が良いかもしれません。一方、3日間で10GB以上利用することはまずないのであれば、契約を検討してみてはいかがでしょうか。

Broad WiMAXのサービス内容と特徴
月額料金年払いギガ放題プラン(無制限):実質3,760円
ギガ放題プラン(無制限):実質3,919円
ライトプラン(7GB):実質3,225円
容量超過後の制限速度1Mbps
契約期間3年
解約金0~20,900円
サポート電話・メール
従業員数814人
事務手数料3,300円
端末代金0円
海外利用
キャンペーン・(法人限定)複数台の申し込みで大幅割引キャンペーン
・初期費用無料キャンペーン

BroadWiMAXの申込みはこちら

【月間100GB】AiR-WiFi

AiR-Wi-Fi | 法人向け

(画像引用:AiR-Wi-Fi | 法人向け

AiR-WiFiは1台から法人契約が可能なポケットWiFiです。
プランはレンタルする端末によって3種類あります。同時接続台数や使用時間などによって異なりますが、いずれも「100GB」「海外利用可能」「上り最大50Mbps、下り最大150Mbps」の基本性能は変わらないため、法人利用時でも使い勝手が高いです。

解約時には最大7,700円の解約違約金が必要ですが、月額330円で契約期間なしオプションを付けることができます。
1年未満で解約を予定されている方でも、月額3,608円~の料金で月100GBのポケットWiFiをお得に利用できます。

支払い方法も、クレジットカード払い、請求書払い、口座振替の3種類に対応しており、経費の計上がしやすい方法で支払いが可能です。

またAiR-WiFiはレンタル台数に応じた複数台割引も受け付けています。レンタルする台数が多いほど、割引が大きくなります。
見積もりから最短で5営業日ほどで利用開始できるため、急ぎで利用を開始したい企業にも使い勝手の良いサービスとなっています。

AiR-WiFiのサービス内容と特徴
月額料金らくらくプラン100GB:3,377円~
サクッとプラン100GB:3,278円~
まるっとプラン100GB:3,608円~
※複数台申し込み割引あり
容量超過後の制限速度128kbps
契約期間38ヵ月
解約金12か月未満:7,700円
14~25ヵ月:5,500円
27~38ヵ月:5,500円
サポートメール・電話・チャット
従業員数-
事務手数料3,300円
端末代金無料
海外利用38ヵ月
契約期間
キャンペーン-

Air-WiFi法人の申込みはこちら

【月間100GB】縛りなしWiFi

縛りなしWiFi

(画像引用:縛りなしWiF

縛りなしWiFiは、最大で月間100GB利用できるプランが用意されているポケットWiFiです。1ヶ月間にたくさんデータ通信を利用する予定の方は、縛りなしWiFiとの契約を考えてみてはいかがでしょうか。

ただしWiMAXプランの場合、3日で10GBを超えてデータ通信すると翌日18時ごろ~翌々日2時ごろまで速度制限が発生します。夜間にデータ通信を利用する方は、他のポケットWiFiとの契約を検討した方が良いかもしれません。また速度制限が発生する条件はプランによって異なります。

縛りなしWiFiのサービス内容と特徴
月額料金スタンダードプラン(40GB):3,366円
メガプラン(50GB):3,575円
ギガプラン(60GB):3,630円
WiMAXプラン(100GB):4,730円
容量超過後の制限速度不明
契約期間縛り無し、1年、3年
解約金0~33,000円
サポートメール・電話・チャット
従業員数不明
事務手数料3,300円
端末代金無料
海外利用
キャンペーン・使用機無料貸し出し
・セミナーや研修でiPadレンタル

縛りなしWifiの申込みはこちら

【月間50GB】au WiMAX

au WiMAX

(画像引用:au

au WiMAXはau(KDDI)が提供するモバイルルーターです。知名度がある大手企業のau(KDDI)と契約するため、安心感があります

ただし法人向けのサービス詳細はあまりホームページで公開されていません。気になる方はホームページからau(KDDI)に問い合わせてみましょう。

au WiMAXのサービス内容と特徴
月額料金4,908円
※2年契約適用時
※ハイスピードプラスモード利用で+1,105円
容量超過後の制限速度128Mbps
契約期間2年
解約金不明
サポートメール・電話・チャット
従業員数47,320人
事務手数料不明
端末代金不明
海外利用不明
キャンペーン不明

【月間7GB】GMOとくとくBB WiMAX

GMOとくとくBB WiMAX

(画像引用:GMOとくとくBB WiMAX

GMOとくとくBB WiMAXは、低容量プランから大容量プランまで契約できるサービスです。7GBプランは月間7GBまでしか利用できないものの月2,959円から利用できます。あまりデータ通信を利用しない仕事の方は、7GBプランの契約でも十分でしょう。

ちなみにGMOとくとくBB WiMAXは、3ヶ月目以降や25ヶ月目以降など、利用期間が長くなると割引がなくなり、月額料金が高くなります。最安値だけで判断しないよう、GMOとくとくBBを契約するときは最終的に月々いくら支払うことになるのか確認しましょう。

GMOとくとくBB WiMAXのサービス内容と特徴
月額料金ギガ放題プラン(無制限):2,959~4,688円
7GBプラン:2,959~3,969円
容量超過後の制限速度1Mbps
契約期間不明
解約金不明
サポート不明
従業員数707人
事務手数料3,300円
端末代金0円
海外利用
キャンペーン不明

GMOとくとくBBの申込みはこちら

【一日単位の容量制限】DoRACOON

DoRACOON

(画像引用:DoRACOON

DoRACOONは1日単位で容量制限が設けられているポケットWiFiです。たとえばプレミアムプランの場合は、1日5GBを超えると段階的に速度制限がかかり、10GBを超えると低速通信(128kbps)になります。

1日に5GBまでなら速度制限がかからないので、比較的たくさんデータ通信できるのが魅力的です。速度制限がかかるリスクを抑えるなら、DoRACOONとの契約を考えてみませんか。

DoRACOONのサービス内容と特徴
月額料金プレミアムプラン(1日5GBまで):4,180円
月間容量5GBプラン:1,650円~
休止プラン:550円
容量超過後の制限速度128kbps
契約期間無し
解約金無し
サポートメール
従業員数96人
事務手数料3,300円
端末代金21,780円
海外利用
キャンペーン(法人限定)海外オプション無料トライアルキャンペーン

DoRACOONの申込みはこちら

その他の法人向けおすすめポケットWiFi

ここからは、法人契約できるポケットWi-Fiの中でも比較的おすすめできるサービスを5つ紹介します。

  1. 5Gデータプラス
  2. データ専用50GBプラン
  3. WiFiレンタルどっとこむ
  4. NETAGE
  5. グローバルWiFi for Biz

ドコモユーザーなら「5Gデータプラス」

ドコモ|5Gデータプラス

(画像引用:ドコモ|5Gデータプラス

ドコモのスマートフォンを利用している会社は、5Gデータプラスの利用がおすすめです。5Gデータプラスはドコモの利用可能データ量をシェアできます。ドコモのスマホ料金に月々1,100円追加するだけで利用できるので、スマホとセットで利用すればおトクです。

一方で5Gデータプラスはドコモのスマホを利用していないとあまりおトクではないため、ドコモ以外のスマホを利用している場合は他のポケットWiFiを利用した方が良いでしょう。

5Gデータプラスのサービス内容と特徴
月額料金ドコモのスマホ料金+1,100円
容量超過後の制限速度128kbps~3Mbps
※契約しているドコモのスマホプランによって異なります
契約期間不明
解約金0~1,100円
サポートメール・電話
従業員数8,433人
事務手数料不明
端末代金不明
海外利用
キャンペーン無し

ソフトバンク「データ専用50GBプラン」

ソフトバンク|データ専用50GBプラン

(画像引用:ソフトバンク|データ専用50GBプラン

データ専用50GBプランはソフトバンクが提供しているタブレット・モバイルルーター向けの通信プランです。月50GBまで利用可能で3日で10GBまでといった制限もないのが魅力的です。また仮に月50GB以上通信した場合はデータチャージすると速度制限を解除できます

速度制限がかかる条件が緩いポケットWiFiを探している方は、データ専用50GBプランの利用を検討してみてはいかがでしょうか。

データ専用50GBプランのサービス内容と特徴
月額料金データ通信専用50GBプラン:5,280円
データ通信専用3GBプラン:990円
容量超過後の制限速度128kbps
契約期間不明
解約金不明
サポートメール・電話
従業員数18,173人
事務手数料不明
端末代金不明
海外利用
キャンペーン・1年おトク割+
・5年おトク割(データ通信)
・3ヶ月基本料無料特典
・半年おトク割
・トクするサポート+

WiFiレンタルどっとこむ

WiFiレンタルどっとこむ

(画像引用:WiFiレンタルどっとこむ

WiFiレンタルどっとこむは、1日単位でレンタルできるポケットWiFiです。コンビニや空港などでルーターを受け取れるため、急な出張でも受け取りやすいのが魅力的です。また1日単位でレンタルできるので、「出張期間中だけポケットWiFiを利用したい」など、短期利用を考えている人におすすめできます。

端末を返却しわすれた場合は自動延長され、引き続きサービスを受けられます。ただし利用した日数分の料金は発生するため、使わなくなったら返却しましょう。

WiFiレンタルどっとこむのサービス内容と特徴
月額料金(無制限)月7,425円~
(月6GBまで)月3,960円~
容量超過後の制限速度不明
契約期間-
解約金-
サポートメール・電話
従業員数641人
事務手数料-
端末代金(レンタル)1日あたり239円~
海外利用
キャンペーン-

※上記で紹介しているのは一般向けのサービス内容です。

NETAGE

NETAGE

(画像引用:NETAGE

NETAGEは様々な料金プランに対応しているポケットWiFiです。デイリープランからマンスリープランに対応しており、短期はもちろん長期利用もできます。また利用できるデータ量も幅広く、月7GBプランから無制限のプランまで幅広く提供しているのが特徴です。

NETAGEのサービス内容と特徴
月額料金デイリープラン:1日420円~
マンスリープラン:1ヶ月あたり1,980円~
容量超過後の制限速度不明
契約期間-
解約金-
サポートメール
従業員数不明
事務手数料0円
端末代金機種による
海外利用
キャンペーン-
※上記で紹介しているのは一般向けのサービス内容です。

海外利用もあるならグローバルWiFi for Biz

グローバルWiFi for Biz

(画像引用:グローバルWiFi for Biz

グローバルWiFi for Bizは、海外でも利用できるポケットWiFiです。ポケットWiFiを持って行くだけで海外でもデータ通信できるため、海外出張が多い仕事をする人におすすめできます。もちろん日本国内での利用も可能です。

ただし利用できるプランやデータ通信量は、国や地域によって異なります。利用できる国や地域、料金については契約前に必ず確認しておきましょう。

グローバルWiFi for Bizのサービス内容と特徴
月額料金レギュラープラン(500MB/日):670円~
大容量プラン(1GB/日):970円~
従量プラン(5GB/日まで):970~
無制限プラン:1,370円/日
容量超過後の制限速度不明
契約期間-
解約金-
サポートメール・電話
従業員数641人
事務手数料-
端末代金機種による
海外利用
キャンペーン法人割引あり(利用料金の総額から5%OFFの割引)

法人向けのポケットWiFiの選ぶポイント

ここからは、法人向けのポケットWiFiを選ぶポイントを7つ紹介します。

  1. データ容量と容量制限
  2. サポート体制
  3. レンタルか継続契約か
  4. レンタル可能台数
  5. 短期間でもレンタルできるプランがあるかどうか
  6. 解約金の有無
  7. 海外にも対応する必要があるかどうか

どういうことか、詳しくまでみましょう。

データ容量と制限速度

ポケットWi-Fiを選ぶときは、利用できるデータ容量をよく確認してから契約しましょう。データ容量を超えて通信する場合、速度制限がかけられます。

たとえばポケットWi-Fiの中には、以下のような条件で速度制限がかけられます。

  • 1日で3GB以上通信した場合は速度制限
  • 3日で10GB 以上通信した場合は速度制限

速度制限をかけられると通信速度が著しく遅くなり、仕事がストップするリスクがあります。法人でポケットWi-Fiを利用するなら、最低でも50GB以上のモデルを選ぶと確実です。

参考までに、10GBでできることを紹介します。

パソコンで10GBの通信容量でできること
一回当たりの通信量10GBで出来る回数
Yahoo!トップページの閲覧約220KB約47,000回
メール約5KB約2,000,000回
画像付きメール約50KB約200,000回
ファイル付きメールの送信約2MB約5,120回
動画再生(480p)1時間あたり0.5GB約20時間

仕事用のポケットWi-Fiを利用するなら、月50GB以上通信でき、3日で10GBなどの短期間の速度制限がないサービスがおすすめです。

サポート体制

法人契約でポケットWi-Fiを契約するなら、サポート体制の充実したサービスを選ぶのがおすすめです。

ポケットWi-Fiにトラブルが発生して利用できなくなると、業務がストップするリスクが発生します。よってトラブルがあった時にすぐ対応してくれる、サポート体制の整ったポケットWi-Fiがおすすめです。

端末はレンタルか購入か

法人契約でポケットWi-Fiを料金するなら、ルーターをレンタルするか購入するか決めてからサービスを選びましょう。

端末をレンタルする場合と購入する場合のメリット・デメリットは、以下の通りです。

メリットデメリット
レンタル
  • 初期費用が安い
  • 契約期間縛りがないサービスが多い
  • 月額料金が高い
  • 長期間利用する場合は購入した方がお得
購入
  • 月額料金が安い
  • 長期間利用するとお得になりやすい
  • 端末を購入しないといけない
  • 短期間しか利用しない場合は割高になることがある

レンタル・契約可能台数

法人契約でポケットWi-Fiを利用する場合、ルーターを必要数まとめて購入もしくはレンタルできるか確認しましょう。

契約する事業者や必要になるルーター数にもよりますが、場合によっては一度にまとめて入手できない可能性があります。ルーターを一度に入手できないリスクに備えて、以下の対策を取りましょう。

  • 社内で必要になるルーター数を把握する
  • 事業者に必要な台数を確保できそうか、見積もりをとる

短期間でもレンタルできるプランがあるかどうか

法人契約でポケットWi-Fiを利用するなら、短期間でもレンタルできるプランがあるかどうか確認するのがおすすめです。

たとえば短期出張やリモートワークなど、一時的にポケットWi-Fiが必要になる場合は短期間だけ利用できるプランがあると便利です。

短期間だけレンタルできるプランのメリット

  • 社内で必要になるルーター数を把握する
  • 事業者に必要な台数を確保できそうか、見積もりをとる

一時的にポケットWi-Fiの導入を考えている方は、短期のレンタルプランがある事業者のサービスがおすすめです。

解約金の有無

ポケットWi-Fiを法人契約する場合は、解約金の有無を契約前にチェックしましょう。解約金の有無は、ホームページ に記載されていたり問い合わせで分かったりします。

ポケットWiFiは、契約後に「速度が遅い」「繋がりにくい」などの不便さを感じることがあるもの。しかし契約期間縛りがあるプランを契約すると解約金が設定されており、解約しにくくなります

よってポケットWi-Fiを契約する前に、契約期間や解約金の有無を確認しましょう。

海外にも対応する必要があるかどうか

海外出張時にポケットWi-Fiの利用を考えているなら、海外利用できるサービスを利用しましょう

ポケットWi-Fiの中には、海外利用に対応していないサービスも少なくありません。また海外利用できるポケットWi-Fiでも、国内利用と海外利用で料金体系が異なるケースがあります。

よって海外出張でポケットWi-Fiを利用するなら、海外利用に対応しているサービスを利用しましょう。またあらかじめ、海外利用する場合の料金体系も確認することをおすすめします。

まとめ

ここまで、法人向けのおすすめポケットWi-Fiを紹介しました。ここで内容を振り返ってみましょう。

  • ポケットWi-Fiは、モバイルルーターの1つ
  • 法人向けのポケットWi-Fiは一般向けとサービス内容が異なる
  • ポケットWi-Fiを法人利用するなら、契約可能台数や海外利用の有無などをチェックするのがおすすめ

法人契約でポケットWi-Fiを利用するなら、契約期間や解約金の有無、速度制限の有無などをチェックして選びましょう。また海外出張などで利用することを想定している場合は、海外利用に対応しているポケットWi-Fiを契約する必要があります。

気になるポケットWi-Fiのサービスがあれば、ぜひこの機会に資料請求や問い合わせを行い、見積もりをとってみましょう。

家計の見直しは「固定費」の削減から始めよう!支出の見直しポイントとプロが教えるおすすめの方法はコレ!

この記事の著者

編集

Soldi編集部

Soldi編集部は「おうちのお金をスマートに」をコンセプトにコンテンツの配信を行っています。

※当サイトに掲載している情報は、万全の保証をいたしかねます。
機器、サービスの価格、スペック等の詳細情報は、必ず各公式サイトでご確認ください。

【完全版】自分に合った格安SIMが見つかる!

【完全版】自分に合った格安SIMが見つかる!

【28社比較】おすすめのWiMAXプロバイダはこれ!

【28社比較】WiMAXを契約するなら! おすすめプロバイダ厳選5社!



ナビナビ保険