Menu

プリペイド型モバイルWi-Fiの選び方と注意点を解説!

モバイルWi-Fiのイメージ

モバイルWi-Fiを利用してみたいと考えているけど、一度契約したら数年契約しないといけなかったり、通信品質を実感する前に契約するのはちょっと…など、なかなか踏み切れないと思っている人は多いのではないでしょうか?

この記事ではこんな疑問に答えます!

  • モバイルWi-Fiを利用したいけれど契約などの手間が面倒
  • もっと手軽にモバイルWi-Fiを利用してみたい
  • とりあえずお試しでモバイルWi-Fiを使ってみたい

購入・契約してからすぐにモバイル環境でネット接続がしたいと考えている方は、 プリペイド型モバイルWi-Fi(wifi)を検討してみてはいかがでしょうか。

そこで今回の記事では、「プリベイド型のモバイルWi-Fiはどこのキャリアが提供しているか」「プリペイド型のモバイルWi-Fiをのメリット・デメリットは何か」を中心にお伝えしていきます。

この記事を読むことで、あなたは何も不都合なくプリペイド型モバイルWi-Fiを利用することができるでしょう。

ギガ放題で大量通信OK!モバイルWi-Fiなら「WiMAX」が一番オススメ

モバイルWi-Fiルーターで一番魅力度の高い回線が「WiMAX」です。

■WiMAXのオススメポイント
・データ使い放題プラン(ギガ放題)がある
・下り最大440Gbpsの高速通信

また、気になる通信制限もWiMAXは「3日間で10GB」。これはWi-Fiルーターの競合他社よりかなりゆるい制限で、普通の使い方ではそうそう制限にひっかからないことも大きな魅力です。

WiMAXの契約窓口はいくつもありますが、その中でも業界最大級の現金キャッシュバック(なんと最大32,200円!)&即日発送のGMOとくとくBBがオススメです!

もし満足いかなかったとしても、20日以内ならキャンセル料無料で解約できるのも安心です。

WiMAXをGMOから申し込む

プリペイド型モバイルWi-Fiとは?

プリペイド型モバイルWi-Fiは、購入時に端末と通信料を「前払い」するプリペイド方式のモバイルWi-Fiです。

事前に料金を支払っておけば、あらかじめ決められた期間の利用が可能となるのです。

商品の種類としては、15日や30日などの単位で利用できる「短期間型」と、1年や2年といった期間利用できる「長期間型」の2種類があります。

短期間型と長期間型の違いとは?

短期間型プリペイドモバイルWi-Fi

短期間型のプリペイド型モバイルWi-Fiは、 主に旅先などでインターネットを利用したい方が旅行期間限定で使うものとなっています。

とくに、海外からの観光客の方が快適なインターネット接続環境を手に入れる場合などに、プリペイド型はよく利用されています。

海外の観光客の方が旅先で自国と同じように手持ちの端末・契約を利用してネットを使う場合、「国際ローミングサービス」なども使えます。

しかし国際ローミングサービスだと通信料が割高になってしまうこともありますので、通信費の増大を抑えるために旅行先で現地の通信会社のプリペイド型モバイルWi-Fiが重宝されているのです。

もちろん海外の観光客に限らず、日本人の旅行客の方でも旅先で急にネットを使った仕事をすることになった場合などに、短期間型のプリペイド型モバイルWi-Fiは強い味方となってくれます。

長期間型プリペイドモバイルWi-Fi

一方、長期間型のプリペイド型モバイルWi-Fiは、通信費を前払いして決まった期間だけ通信サービスを利用できるため、手軽にモバイル環境を手に入れられるものとなっています。

期間が過ぎた段階でサービスは利用できなくなりますので、「使い捨て」感覚で気軽にモバイルWi-Fiを使うことも可能となるのです。

また、プリペイド型モバイルWi-Fiは 購入した段階で契約が完了するので、面倒な契約手続きは一切不要です。

前払い制なので、初期費用なども一切不要で買ったその瞬間からモバイルWi-Fiを使うことができます。

以上がプリベイド型モバイルWi-Fiの使用用途です。

次に気になるプリベイド型モバイルWi-Fiのメリットとデメリットをお伝えします。

プリペイド型モバイルWi-Fiのメリット・デメリット

プリペイド型モバイルWi-Fiのメリット

プリベイド型モバイルWi-Fiのメリットは大きく分けて3つあります。

プリベイド型モバイルWi-Fiの3つのメリット

  1. 契約時、手続きの煩雑さがない
  2. 使い捨て感覚で使うことも可能
  3. 決まった期間までしか使えないため、お試しで持つことも可能

プリペイド型モバイルWi-Fiは、契約手続きなどの面倒な手続きが一切不要なため、 買ったその瞬間からモバイル環境を手に入れられることが最大のメリットです。

そのため、決まった期間だけ使ってルーターごと処分してしまうような使い方も可能となっています。

また、決まった期間までしかサービスを利用できないため、とくに「短期間型」ならばお試し感覚でまずは利用しておくという使い方も可能となっています。

今後モバイル環境でネットを使う機会があるか分からないが、まずは利用してみてその利便性を確かめてみるということもできます。

プリペイド型モバイルWi-Fiのデメリット

続いてプリベイド型モバイルWi-Fiのデメリットについてお伝えします。

デメリットは下記3つです。

プリベイド型モバイルWi-Fiの3つのデメリット

  1. 回線速度には過度な期待ができない
  2. 通信制限を受けてしまうことがある
  3. 期限切れの際には利用不可になる

プリペイド型モバイルWi-Fiの場合、回線の速度自体は最大でも100Mbps程度となっています。

通常のモバイルWi-Fiは200Mbps以上の回線速度が主流になってきているため、比較すると 回線速度の性能には物足りなさがあるでしょう。

また、1ヶ月の利用可能データ通信量が決められており、その通信量を超えてしまうと通信速度が128kbps程度に制限されてしまうこともデメリットです。

さらに、前払い制であるために前もって定められた期限が切れた場合には、サービスの利用が不可能になってしまうことも注意しておきましょう。

ただし、サービスの期限が過ぎてしまった場合でも、「TRE Mobile」などキャリアによっては追加料金を支払うことで一定期間使用が可能になる場合もあります。

期限終了後も継続利用を考えている場合には、このようなサービスがあるキャリアを選ぶとよいでしょう。

プリペイド型モバイルWi-Fiを提供している会社

プリペイド型モバイルWi-Fiを提供している会社としては、以下のようなところが挙げられます。

プリペイド型モバイルWi-Fi各社プランを比較!

この章では、各社のプリペイド型モバイルWi-Fiを似た条件で比較していきます。

なお、今回は各社プランの中で利用可能期間が1年程度のプランで比較しています。

他にも、利用可能期間がより短く設定されているプランや、30日など「短期間型」のプランも各社で用意されています。

それではさっそく見ていきましょう。

TRE Mobile

サービス名: TRE MOBILE PACK LTE [12ヶ月+初月分] 【イー・モバイル Pocket WiFi 502HW】

利用可能期間:12ヶ月

月額換算料金:約4,158円(前払い金額(税込)99,800円)

1ヶ月間の利用可能データ通信量:7GB

最大速度(下り):187.5Mbps

b-Mobile

サービス名: b-mobile 4G WiFi3 5GB×12ヶ月

利用可能期間:12ヶ月

月額換算料金:約3,317円(前払い金額(税込)39,800円)

1ヶ月間の利用可能データ通信量:5GB

最大速度(下り):100Mbps

Mobile Planning

サービス名: MPモバイル Pocket WiFi LTE GL06P初月+24ヶ月パック

利用可能期間:13ヶ月(12ヶ月+初月)

月額換算料金:約3,511円(前払い金額(税込)45,646 円)

1ヶ月間の利用可能データ通信量:10GB

最大速度(下り):75Mbps

3社の比較表

社名・プラン名 利用可能期間 月額換算料金 1ヶ月間の利用可能データ通信量 最大速度(下り)
TRE Mobile
TRE MOBILE PACK LTE [12ヶ月+初月分] 【イー・モバイル Pocket WiFi 502HW】
12ヶ月 約4,158円 7GB 187.5Mbps
b-Mobile
b-mobile 4G WiFi3 5GB×12ヶ月
12ヶ月 約3,317円 5GB 100Mbps
Mobile Planning
MPモバイル Pocket WiFi LTE GL06P初月+24ヶ月パック
13ヶ月 約3,511円 10GB 75Mbps

ここまで紹介した3社を表でまとめました。

金額・利用するデータ量、速度と3社それぞれに強みがあります。

また、ここに挙げたプラン以外でも取扱がありますし、Y!mobileとソフトバンクなど、通信キャリアを複数扱っている業者もあります。

その場合はまたスペックが大幅に変わりますので、各社の公式サイトで比較してみてください。

筆者のおすすめプリペイド型モバイルWi-FiはMobile Planning

ご紹介してきた3社の中で、 筆者がおすすめするのはMobile Planningです。

2年間利用する前提であれば、「MPモバイル Pocket WiFi LTE GL06P 初月+24ヶ月パック」の利用をおすすめします。

こちらを利用するうえで最大のメリットは、なんといっても月額換算料金の安さです。

月々2,854円でモバイル環境を手に入れることができるのは魅力的です。

12ヶ月プランで横並びの比較をすると金額では他社に少し負けてしまうのですが、月々の利用可能データ通信量も10GBまでとゆとりがあり、動画などのデータ通信量がかさんでしまうコンテンツも快適に楽しめることは大きなメリットです。

使用するルーターはワイモバイルのPocket WiFi LTE GL06Pであり、性能や品質に関しても十分です。

プリペイド型モバイルWi-Fiを選ぶ際には、ぜひともこちらを選んでみてはいかがでしょうか。

ギガ放題で大量通信OK!モバイルWi-Fiなら「WiMAX」が一番オススメ

モバイルWi-Fiルーターで一番魅力度の高い回線が「WiMAX」です。

■WiMAXのオススメポイント
・データ使い放題プラン(ギガ放題)がある
・下り最大440Gbpsの高速通信

また、気になる通信制限もWiMAXは「3日間で10GB」。これはWi-Fiルーターの競合他社よりかなりゆるい制限で、普通の使い方ではそうそう制限にひっかからないことも大きな魅力です。

WiMAXの契約窓口はいくつもありますが、その中でも業界最大級の現金キャッシュバック(なんと最大32,200円!)&即日発送のGMOとくとくBBがオススメです!

もし満足いかなかったとしても、20日以内ならキャンセル料無料で解約できるのも安心です。

WiMAXをGMOから申し込む

まとめ:プリペイド型モバイルWi-Fiを選ぶ際のポイント

いかがでしたでしょうか。最後にプリペイド型モバイルWi-Fiの選び方をもう一度復習しましょう。

  1. 提供キャリア・機種のスペックなどから総合的に判断する
  2. デメリットもあることを理解し、使うべきかを最終的に決定する

プリペイド型モバイルWi-Fiは、提供するキャリアのプランやキャリアが用意している機種のスペックなどがそれぞれ異なっています。

自分がどの程度モバイル環境でネットを使うのか、どの程度の通信速度を求めているのかなどの条件を総合的に判断して、どのキャリアのどのプランを選ぶべきかを判断しましょう。

また、プリペイド型にはメリットだけでなくデメリットも存在することを理解して、手軽さだけで利用してよいのかということに関しても考えるようにしましょう。

最終的には、使ううえでのメリットとデメリットを比較して決定することが重要です。

※当サイトに掲載している情報は、万全の保証をいたしかねます。
機器、サービスの価格、スペック等の詳細情報は、必ず各公式サイトでご確認ください。