Menu

モバイルWi-Fi

モバイルWi-Fiで快適インターネット!選び方を徹底解説

「モバイルWi-Fi」「ポケットWi-Fi」という商品が最近増えてきています。

名刺ぐらいのサイズの小さな端末で、PCやタブレットなどへ電波をとばしてインターネット通信ができる機器です。

海外旅行先でインターネットを使いたい人は、レンタルで使ったことがあるかもしれません。

ポケットWi-Fiは普段の生活でもうまく使うとメインのインターネット回線として活用できるのです。

  • 外出先でいちいち無料Wi-Fiスポットを探すのがめんどくさい
  • モバイルWi-Fiというものに興味を持ち始めた
  • 調べてみたけど「モバイルWi-Fi」とか「ポケットWi-Fi」とか、区別がつかない
  • インターネットは家の固定回線と外ではスマホだけだけど、これでいいのか自信がない

このようなことで困っている人はぜひこの記事を読んでください。

この記事では、「モバイルWi-Fiって何?」という疑問の解消や、「どんな人におすすめなのか?」の解説をします。

モバイルWi-Fiが自分のインターネットライフスタイルに合っている!と気づいた人には、「どの商品を選ぶといいの?」をわかりやすく説明していきますので、モバイルWi-Fiに興味がある人はぜひこの記事を最後まで読んでください。

この記事を読み終える頃には、 あなたはどのモバイルWi-Fiを選べば良いのか理解できていることでしょう。

モバイルWi-Fiって何?どんな人におすすめか解説

まず最初にモバイルWi-Fiとは何かについてお伝えします。

モバイルWi-Fiとは外出先でも使えるインターネット回線

モバイルWi-Fiは 外出先でも使えるインターネット回線です。

モバイルWi-Fiのイメージ

※引用: http://www.uqwimax.jp/products/wimax/

モバイルWi-Fiがあれば、通信契約をしていないスマホやPSP、ニンテンドー3DSなどが外でインターネットができるようになります。

モバイルWi-Fiを提供している会社と回線契約し、手元にモバイルWi-Fiルーターという機器が届けばすぐに利用開始できます。

モバイルWi-Fiの通信イメージ

「ポケットWi-Fi」と「モバイルWi-Fi」は違うの?
外で使えるインターネット機器を「ポケットWi-Fi」と呼ぶ人がたまにいますが、ポケットWi-Fiは正確にいうとワイモバイル(旧イーモバイル)が提供するモバイルWi-Fi登録商標です。
つまり、 「ポケットWi-Fi」は数ある「モバイルWi-Fi」の一種です。

※今回は全て「モバイルWi-Fi」として表記します。

また、最近ではスマホの テザリング機能を使えば、スマホがモバイルWi-Fi代わりになってくれます。

テザリングとは?

スマホの電波を使ってノートPCなどをインターネットに接続できる機能。
使ったデータ容量はスマホ契約の容量から引かれてカウントされます。

docomoは無料、auとSoftBankは月額525円でテザリングオプションを契約することができます。

スマホのテザリングイメージ

ただし、テザリングを行うとスマホのバッテリー消費量も早くなり、気付いたらバッテリーが切れていたということもあり得ます。

いざというときに電話ができない、スマホでサクッとインターネットができないなどのリスクがあります。

以上のことを踏まえると、筆者がモバイルWi-Fiをオススメするのは下記のような人です。

  • 外出時に頻繁にインターネットを利用する方(出張が多い方など)
  • 家でもインターネットは、ネットサーフィンぐらいでそこまで頻繁に利用しない方 (※固定回線の契約をせずにモバイルWi-Fi1つにまとめてしまう。)
  • 引越しが頻繁にある方(転勤族など)  
    ※モバイルWi-Fiは新しい住居にそのまま持っていけば基本的にそのまま使えます。

モバイルWi-Fiの提供会社は5社

国内でモバイルWi-Fiを提供している会社は主に下記の5社です。

  1. docomo
  2. au
  3. SoftBank
  4. Y!mobile
  5. UQ WiMAX

それぞれの会社の特徴については、後の章でくわしくお伝えいたします。

まずは、各社の特徴より前に、 モバイルWi-Fi選びにおいて事前に知っておくべき注意点がありますので、次の章でお伝えします。

あとあと後悔しない様にしっかりと理解しておきましょう。

モバイルWi-Fiを選ぶ上での3つの注意点

モバイルWi-Fiを選ぶ上で、注意すべき点が3つあります。

  • つながらないエリアがある
  • 速度制限が提供会社によって異なる
  • バッテリーが切れる心配がある

それぞれくわしくお伝えします。

つながらないエリアがあるので注意

スマホを持っている方ならなんとなく分かると思いますが、場所によってつながりにくい、もしくはつながらないといった事が、モバイルWi-Fiでも起こり得ます。

自分が モバイルWi-Fiを利用する行動範囲が、自分が利用するサービスの対応エリアに含まれているのかを必ずチェックしましょう。

チェック方法については後ほどお伝えしますので、ここでは「つながらないエリアがあるので事前にチェックしなければならない」ということだけを覚えておいてください。

速度制限が提供会社によって異なる

外出先などでスマホで動画を頻繁に見る人は経験したことがあるかもしれませんが、モバイルWi-Fiは「 月〇GBまでは高速通信が可能」といった通信制限を設けているプランがほとんどです。

また、無制限プランでも「 3日連続で3GB以上を使うと速度が落ちる」などもありますが、各社のホームページを見ても小さくしか書かれていないので、気付かない可能性が高いです。

速度制限がかかるご利用イメージ

ここはあとあと後悔しないようにしっかりおさえておく必要があります。

こちらについても、後ほど詳しくお伝えします。

バッテリーが切れる心配がある

スマホ等でも同じですが、モバイルWi-Fiを使っているとバッテリーが減ってきます。

充電なしでずっと使い続けられるバッテリーなど存在しないのですが、充電のわずらわしさを少しでも減らすために 最初にバッテリー容量の大きい機種を選んでおくことはできます。

また、買った後の運用については、外出先は充電できる環境も少ないと思いますので、 外で使う際は事前にバッテリーをフル充電しておくのを心掛けておきましょう。

また、出張などで長期間使用する場合は、電源アダプターの持参を忘れないようにしましょう。

次に本題であるモバイルWi-Fiの選び方をお伝えします。

モバイルWi-Fiを選ぶ上で重要なポイントは下記3つ

モバイルWi-Fiで選ばなければならないものは下記3つです。

  1. サービス提供会社の通信プラン
  2. モバイルWi-Fiの機器(機種)
  3. プロバイダー

この中で大切になってくるのが、サービス提供会社の通信プランです。

サービス提供会社によって、無制限プランと言いつつ制限があったり、また制限も提供会社により異なるため注意が必要です。

そこで確認しておく2つのことをお伝えします。

サービス提供会社で確認しておく2つのこと

サービス提供会社を選ぶ上で下記2つを確認しておきましょう。

  • 通信エリアが対応しているか
  • どのプランに契約するのか

それぞれ詳しくお伝えします。

各サービス会社の対応エリアの確認方法

では、具体的に対応エリアの確認方法を見ていきましょう。今回は筆者がおすすめしているUQ WiMAXを例に具体的に説明していきます。

前提条件

  • 愛知県名古屋市
  • WiMAX2+ (※WiMAX/LTEも同じように確認する事ができます。)
  1. WiMAXのサービスエリアページを確認する。
  2. サービスエリアマップ → WiMAX 2+を選択し、日本地図の愛知をクリックする
    WiMAXの通信エリア
  3. 下記が愛知県の対応エリア一覧です。
    愛知県のWiMAX対応エリア

この方法で確認した結果、もしあなたの地域が対応していない場合は、つながらない、もしくはつながったとしても速度が著しく遅く、WEBページを開くのでも時間が掛かりストレスを感じるので、やめたほうがいいでしょう。

WiMAX以外の通信エリアについては。それぞれ下記ページにて確認できます。

次に各社の料金プランについてお伝えします。

通信制限と料金プランを徹底比較

まず各社の通信制限がどうなっているのかについてご覧ください。

「○」が付いているところが、そのプランがあるという意味です。

例えば、最近契約者が多い無制限プランは、docomoとSoftBankにはないということがわかると思います。

月間使用通信料 UQ WiMAX docomo au SoftBank Y!mobile
2GB
5GB
7GB
20GB
30GB
無制限

※出典: UQ WiMAX公式ホームページより
※出典: docomo公式ホームページより
※出典: au公式ホームページより
※出典:SoftBank公式ホームページより
※出典: Y!mobile式ホームページより

今は多くの人が7GBプランか無制限プランを契約しています。

「7GBってどれぐらいなの?」というのが分からない人は、下記を参考にしてください。

動画視聴のみ、ネット閲覧のみの人はいないと思いますので、あくまで目安となります。

「 7GB」の目安

  • メールの送受信なら およそ14,630通
  • ホームページの閲覧なら およそ4,430ページ
  • 動画の視聴なら およそ31時間30分
  • 音楽のダウンロードなら およそ1,750曲
SoftBankのQ&Aページ から引用
通信容量を超えるとどうなるの?

各プランで決められた通信容量を超えると、 速度制限がかかってしまいます。

また、 3日で3GBを越えるなどの各社が定めている特定の条件でも、ネットワークの混雑回避のため、速度制限がかかります。(2017/2/2からはUQ WiMAXのみ「3日で10GBを越えた場合」に制限が緩和されます)

速度制限がかかると、128kbpsになり、 通常のページを開くにもストレスを感じるので、注意が必要です。

128kbpsとは、Yahooのトップページを読み込むにも数秒は待たないといけないぐらいの速さです。

特定の条件と速度制限が掛かった際にどれぐらいの速度になるのかをまとめましたのでご確認ください。

UQ WiMAX docomo au SoftBank Y!mobile
制限1 契約使用量を越えた場合 契約使用量を越えた場合 契約使用量を越えた場合 契約使用量を越えた場合 契約使用量を越えた場合
その他制限

3日で10GBを越えた場合
(2017/2/2~)

3日で3GBを越えた場合 3日で3GBを越えた場合 3日で3GBを越えた場合 3日で3GBを越えた場合
速度制限 700kbps 128kbps 128kbps 128kbps 128kbps

ここで注目頂きたいのがUQ WiMAXです。仮に速度制限が掛かったとして、UQ WiMAXのみ700kbpsあります。

700kpbsあれば、ページ閲覧であれば問題ないレベルですし、またネット上の口コミを見ると実質6Mbpsは出るという意見が多く出ています。

次に料金プランから各社を比較してみます。各社完璧に横並びにはできませんので、一参考としてください。

月額料金は2年間で見た時の、実質月額料金です。

UQ WiMAX docomo au SoftBank Y!mobile
月額料金 約2,500円 約7,000円 約5,400円 約4,000円 約4,000円
通信プラン 7GBプラン 5GBプラン 7GBプラン 7GBプラン 7GBプラン
通信速度(下り) 220Mbps 225Mbps 370Mbps 165Mbps 187.5Mbps

※月額料金は2年間の実質費用

以上の理由から、もしもの時の安心感と料金面を考えると筆者としてUQ WiMAXをおすすめしています。

さらにUQ WiMAXの通信プランは4種類ありますが、筆者の意見としては

  1. 無制限プランのUQ Flatツープラスギガ放題
  2. 7GBプランのUQ Flatツープラス

のどちらかを選ぶと良いでしょう。

次にモバイルWi-Fi機種は何を選べばいいのかについてお伝えします。

おすすめのモバイルWi-Fi機器はW03

筆者がおすすめするWiMAXで選択できる主要のモバイルWi-Fiルーターは下記4機種です。

  • W03
  • WX03
  • W02
  • WX02

ではどれがおすすめなのかですが、結論から先に言うと「W03」です。

選ぶポイントは 下記3点です。

  1. 通信方式の対応:多様な通信方式に対応していた方がよい
  2. バッテリーの持ち:バッテリーの持ちは長ければ長いほどよい
  3. デザイン、重量:なるべくなら軽い方がいい(特に持ち歩く人)

それらの選ぶポイントから「W03」を選んだ理由は

  • WiMAX2+、au 4G LTEの両方に対応している点
  • バッテリーの持ちがよい

の2点です。

実はW03よりも後に販売されたWX03という機種があり、W03よりも17g軽いのですが

  • au 4G LTEに対応していない
  • W03よりもバッテリーの持ちが約2時間少ない

上記2点から、筆者としてはW03をおすすめしています。

次にプロバイダーを選ぶ必要がありますので、どこが現時点でおすすめなのかお伝えします。

おすすめのプロバイダーはBIGLOBE

サービス会社、機種が決まったらプロバイダーを選ばなければなりません。

結論をお伝えすると「BIGLOBE」がおすすめです。

契約した時のキャッシュバック料金が20,000円と高いことと、キャッシュバックを受け取るための手続きがとても簡単なためです。

よくおすすめされているのが、GMOとくとくBBで、実際にキャンペーンも33,000円と高いのですが、 11か月目に届く口座情報登録のお知らせを見逃すとキャンペーンがもらえないため、筆者としてはあまりおすすめできません。

※もちろん、きちんと見逃さない自信がある人にはGMOとくとくBBはおすすめになります

BIGLOBEであれば振替払出証書が自宅に送付されますので、それを郵便局に持っていけばキャッシュバックが受け取れます。

つまりキャッシュバックを受け取る手続きを忘れる心配が限りなく0に近付きます。

よく手続きを忘れてしまう筆者なので「BIGLOBE」をオススメしていますが、もし忘れることがないという自信がある方はGMOとくとくBBにしましょう。

まとめ

いかがでしたか?今回はモバイルWi-Fiのデメリットから選ぶ上の注意点、どこがおすすめなのかをお伝えしました。

改めてポイントをまとめます。

  • サービス提供会社のエリアと料金・通信量 → UQ WiMAXがおすすめ
  • モバイルWi-Fiの機器(機種) → W03がおすすめ
  • プロバイダー → BIGLOBEがおすすめ

<申込公式ページはこちら>
http://join.biglobe.ne.jp/mobile/wimax/

満足いくインターネットライフを手に入れましょう。