Menu

違約金で損しない!OCN光をトラブルなく解約する手順と注意点

契約書の説明をする人とそれを記入する人

多くのほうが利用しているインターネットサービスとしてOCN光があります。

引っ越しなどでOCN光をどうしても解約しなくてはならない場合、手続きは一体どうしたら良いのでしょうか?

契約期間によっては違約金を払わなければならないケースもあるなど、解約前には注意すべきポイントもあります。

この記事では、こんな疑問について解決できます!

  • OCN光を解約する時にはどんな費用が発生するの?
  • OCN光の解約時の費用負担を軽減させる方法はあるの?
  • OCN光の具体的な解約方法は?

結論をから言うと、OCN光の解約においては契約更新のタイミングを利用、もしくは乗り換え先のキャンペーンを上手く利用すれば違約金は実質負担しなくても良いのです。

この方法については「乗り換え先キャッシュバックで違約金を負担してもらう」でくわしく説明します。

この記事では、OCN光を解約する上で発生する費用と、それを回避する方法、解約までの手順を紹介するとともに、 NURO光auひかり へのお得な乗り換え方法について解説しています。

この記事を読めば、OCN光をお得に解約・乗り換えできる知恵を得ることができます。

OCN光 解約前に知っておくべき注意点

パソコンを開きながら指でバツサインをする女性

まずはじめに、OCN光を解約するために知っておくべき費用や違約金などの注意点を紹介します。

なお、既にこれらの注意点を把握されている方は、後半で紹介する「OCN光の解約手順」をご確認ください。

解約時に発生する可能性がある費用

携帯電話では、2年縛りのルールが問題となっています。実は、OCN光についても解約する時に、どうしてもかかってしまう費用があるのです。

まず、代表的な費用としては2年自動更新型割引の違約金(11,000円)が挙げられます。

これこそ、携帯電話の2年縛りと同様で、2年単位で契約する代わりに、毎月の利用金額3,600円から1,100円を割引するサービスです。

この2年自動更新型割引は、通常契約として行われるので、知らないうちに契約を交わしているケースがほとんどです。

2年自動更新であるかどうかは、OCNの会員ページでOCNマイページに進むと確認が可能です。

OCN光の場合、24ヶ月毎に自動的に契約が更新されることになり、仮に解約したい場合には25ヶ月目に解約申請を行う必要があります。

このタイミングを逃すと、自動契約更新され、解約時には解約金11,000円が発生します。これは大きな負担となってしまいますね。

他にも、OCN光の新規利用開始時に工事を行います。

この費用は、通常では30ヶ月払いとして分割で請求されていますが、申し込みして30ヶ月以内に解約すると残金を一括で支払う必要があります。

支払っている覚えはないけど…と思うかもしれませんが、実は多くの場合は契約時に工事費無料キャンペーンを経由して申し込んでいるので、実質的に請求されていません。

ただ、無料キャンペーン経由残金が残っている状態で解約すると、残り残金が請求されることになります。工事費は、以下となります。

  • ファミリータイプ:初回3,000円+500円×30回
  • マンションタイプ:初回3,000円+400円×30回

違約金(契約更新月以外で解約する場合)

では、違約金についてはどのようにすれば支払わなくても良いのでしょうか?

契約更新月に乗り換える

OCN光の2年自動更新型割引(月1,100円)の解約について深掘して解説すると、まずは契約日が起点となって2年契約を計算します。

たとえば、契約日が2016年5月1日である場合、2018年6月1日~6月30日までの間にNTTコミュニケーションに電話連絡もしくはインターネット上で手続きし、解約する旨を伝えます。

すると、11,000円の違約金は発生しません。

その後、具体的な撤去日などの調整を行い、解約を行います。

その後、撤去工事が行われて、レンタルしていた機器を返却して解約完了となります。

これを契約日から25ヶ月目に行う必要があります。

OCN光 解約

更新期限ぎりぎりでの解約ではなく、ある程度余裕を持って解約するようにしたいですね。

乗り換え先キャッシュバックで違約金を負担してもらう

2年自動更新型割引のサービスを受けている場合の解約金は非常に大きな負担となります。

ただ、どうしても早く乗り換えたいというニーズも多いのです。

また、他の業者もこれに手をこまねいているわけではなく、違約金を肩代わりするというキャンペーンを開催しているところがあります。

たとえば、 ソフトバンク光 では違約金と撤去工事費をすべて負担してもらえる「あんしん乗り換えキャンペーン」を開催しています。

上限が10万円となっていますが、違約金+撤去工事費が10万円を超えることはほとんどないため十分補うことが可能です。

また、 auひかり でもauひかりスタートサポートというプランがあり、最大3万円までの違約金の補填を受けることができます。

ただ、auひかりホームのずっとギガ得プランのネット+電話+電話オプションパックに36ヶ月以上継続利用することが条件となりますので、注意してください。

工事費の残債(契約から30ヶ月以内で解約する場合)

契約から30ヶ月以内の解約の場合、工事費の残債(工事費の未払い分)があるため一括支払いが必要となります。

工事は、実際に光回線を利用したインターネット接続をするために必要なもので、自分で行う事はできません。

金額ですが、たとえば契約から1年6ヶ月時点で解約する場合で説明すると、残り12ヶ月分の工事費を一括で支払う必要があります。

ファミリータイプの場合は、初回費用として3,000円で、あとは毎月500円の30回払いで支払うことになります。

よって、500円×12ヶ月=6,000円が残債となり、支払う必要が生じます。

最終月の費用は日割りできない!

では、具体的に解約しようとした時に、月のはじめに解約したほうが良いのか、月末でも問題ないのかが争点となります。

仮に、解約月の料金は日割りで計算されるのであれば、真っ先に解約手続きを進める必要があります。

結論を言うと、OCN光では解約月のOCN月額基本料の日割り計算は行いません。

よって、どのタイミングで解約しても、1ヶ月分の料金は支払う必要があります。

解約手続きを開始より先に次の契約先を決めておくべき

何かの事情があって回線の乗り換えを進める場合、解約手続きを進める必要がありますが、動き方としては先に次の契約先を決定したほうがメリットがあります。

OCN光からのおすすめ乗り換え先光回線

 OCN光からの乗り換え先候補として、おすすめなサービスを紹介します。

東名阪エリアへの引越しならNURO光

NURO光
画像引用:NURO光

東名阪エリアへ引っ越しする際の回線乗り換えを検討先としておすすめなのが NURO光 です。

NURO光は、下り最大2Gbpsと、OCN光の最大1Gbpsと比較してハイスペックであるのが魅力的です。

ゲームなどを楽しみたい方であれば、回線速度が速いというのは魅力的なポイントとなります。

それでいて、価格も戸建てタイプで4,743円~、マンションタイプなら4名~10名以上の利用で1,900円~2,500円とリーズナブルな費用となっています。

OCN光の場合、戸建てタイプで5,100円~、マンションタイプなら3,600円~となっているので、1,500円以上も低くそのお得度が際立っていますよね。

更に、NURO光ではソフトバンクのスマートフォンやタブレットを利用している場合、月額料金が最大2,000円割引になるお得になる「おうち割 光セット」の対象ともなります。

NURO光と、ソフトバンクの携帯電話から固定電話への通話料が無料となるホワイトコール24(無料)にそれぞれ契約することが条件となりますが、お得であることには変わりありませんよね!

ソフトバンクセット割にこだわらない+NURO光エリア範囲外ならauひかり

auひかり
画像引用:auひかり

NURO光は東名阪限定で展開しているサービスですし、ソフトバンクと契約していない人にとってもあまりお得ではありません。

そこでおすすめなのが、 auひかり です。大手携帯キャリアでありauが提供している光サービスですので、安心感があるのが魅力的です。

気になるスペックは、ホームX(10Gbps)、ホームV(5Gbps)、ホーム(1Gbps)から選択することが可能です。

10Gbpsは、まだ関東の一部地域でのみ提供されているサービスですが、驚異的な速度ですよね!

料金については、ずっとギガ割プランがあり、1Gbpsで36ヶ月契約で初年度は戸建てタイプで5,100円~、マンションタイプなら3,800円~、2年目は100円引き、3年目には200円引きとなります。

他にも、家族にauユーザーがいるならauスマートバリューの割引対象ともなりますので、auユーザーならぜひとも利用したいサービスとなります。

各電力会社の回線もお得!

eo光
画像引用:eo光

他でおすすめできる回線としては、各地域の電力会社が運営している回線に乗り換えるのもお得です。代表的なものとして、下表があります。

各地方の電力会社系回線
サービス名 電力会社 サービス提供地域
コミュファ光 中部電力 愛知・静岡・岐阜・三重
eo光 関西電力 大阪・京都・兵庫・奈良・滋賀・福井・和歌山
メガ・エッグ 中国電力 広島・岡山・山口・島根・鳥取
ピカラ光 四国電力 香川・愛媛・徳島・高知
BBIQ 九州電力 福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島

各会社でそれぞれ契約回線が異なりますし、料金もまちまちです。料金的にお得である場合は、乗り換える価値は十分あると言えます。

使えなくなる機能や手続きがある点に注意する

実際にOCN光を解約する際に、他に注意すべき点もあります。その中で、特に注意すべき点を2点紹介します。

メールアドレスなど、使えなくなるオプションがある

OCN光では、インターネット接続だけを行っているわけではありません。

多くのオプションがあり、意識せず利用しているものも多くあります。

その代表例として、メールアドレスがあります。インターネット利用するためには、プロバイダ契約を行う必要がありますが、その中にメールアドレスももれなく付与されます。

メールアドレスは、ネットショッピングなどの連絡用として多く活用しているものです。

これが、回線乗り換えになり変更せざるを得なくなります。

新しい回線でも、同様にメールアドレスが付与されるのですが、各ネットショッピングサイト等でメールアドレスの変更手続きを行う必要があります。

また、知人などにもメールアドレスを変更したことをお知らせする必要があります。

OCNでは月額250円のバリュープランに加入すれば、メールアドレスの継続は可能ですが、余計な出費となります。

Gmailなどの無料で利用できるメールアドレスの取得も視野に入れたいですね。

ひかり電話の乗り換えも必要!

他にも困るものとして、ひかり電話があります。ひかり電話も、OCN光の解約に伴い乗り換え先のサービスに変更しなければなりません。

また、NTT加入電話で発行された電話番号でない、OCN光の電話番号の場合、乗り換えに伴い電話番号の変更となる点にも注意してください。

OCN光の解約手順

黒板に書かれたパソコンと「Cancel」の文字

では、次の回線が決まっていることを前提とした場合の、OCN光の解約手順として、

を紹介します。

乗り換え先の回線と契約する!

まず手始めに、乗り換え先の回線との契約を先に済ませておきましょう。

切り替え中によりインターネットを利用できない期間を少しでも作りたくない人は、遅くても解約する月のはじめには手続きを進めるようにしてください。

申し込みは、電話またはインターネット上で行うことが可能です。

また、新規契約ではなく乗り換えである旨を絶対に伝えて手続きしてください。これにより、違約金や工事費の残債を肩代わりするキャンペーンに案内してもらえます。

OCN光に解約申請する

乗り換え先の回線との契約を進めると同時に、OCN光の解約依頼を行います。OCN光では、解約は電話とインターネットで行えます。それぞれの連絡先は以下となります。

電話:カスタマーズフロント(フリーダイヤル:0120-506506)

インターネット:OCNマイページ


画像引用:OCNマイページ

その際に、具体的な解約までの流れの説明を受けます。連絡してすぐに解約できるわけでないので、解約希望日から1ヶ月前から手続きを進めるようにしてください。

また、カスタマーズフロントは回線が込み合っていることも多いので、自分の都合のいい時間に電話がすぐつながるとは限りません。

よって、ある程度時間に余裕のある時に電話することをお勧めします。

レンタル機器を返却する

OCN光では、インターネットを利用するための機器をレンタルしています。あくまでもレンタルですので、どんな状況でも機器は返却する必要があります。

解約手続きの中で、返却先が指定されますので、忘れずに返却してください。

レンタル機器を返却しない場合、違約金を取られる可能性もあります。

公式サイトには記載されていませんが、違約金を取られる可能性があります。

主なレンタル機器としては、無線LANルーターやモデムがあります。

指定した住所に返却用の箱が送付されますので、その中に収納して返却してください。

他にも、オプションでレンタルしている機器がある場合もあるので、解約申し込み時に必要なものを確認しておくと、返却忘れを防止できます。

回線撤去工事を行う

OCN光を解約する上で、回線の種類を変更する場合に回線撤去工事を行う必要があります。この工事は、実際に自宅に業者が出向いて行うもので、場合によっては立会を求められる可能性もあります。よって、解約申し込みの時点で日程調整を行う必要があります。

たとえば、引っ越しが頻繁に行われる3月~4月は、工事を行う業者も混み合います。よって、この日に工事を行いたいという希望が通りにくい可能性が高いです。

特に、週末は早めにリザーブしておかないと、希望が通りにくいものです。工事の時間としては1時間程度ですので、上手く予定を調整して工事日を決定してください。

まとめ

OCN光から他のインターネット回線に乗り換える場合、まずはどのような費用がかかるかを明確にする必要があります。

その後、乗り換え先をどこにするのかを吟味して、具体的に解約手続きを進めていきます。

乗り換えることによって、月額料金を下げることができたり、特定の条件で更に割引となるケースもありますので、ご自身の利用状況に応じて乗り換えを検討すると良いでしょう!

ここでは、OCN光を解約したいと考えている人に向けて、具体的な解約までの手続きや違約金について、乗り換え先の情報について紹介してきました。

今回の記事のポイントを以下に要約します。

  • 違約金11,000円は更新するタイミングを逃すと発生するが、乗り換え先で肩代わりしていただけるキャンペーンがある
  • NURO光やauひかりなどが乗り換え先としておすすめできる
  • 乗り換え時にはメールアドレスや電話番号の変更が必要になる可能性がある
  • 解約としては、まずは乗り換え先の選定を行ってから解約申し込みを進めるほうが良い

既に契約しているサービスを変更するには、かなり勇気がいるものです。ただ、この記事で学んだ方法を実践できれば、決して難しいものではありません。

月額がよりお得になる可能性が高いOCN光からの乗り換えを行い、より生活を楽にしたいものですね!

※当サイトに掲載している情報は、万全の保証をいたしかねます。
機器、サービスの価格、スペック等の詳細情報は、必ず各公式サイトでご確認ください。

【完全版】自分に合った格安SIMが見つかる!

【28社比較】おすすめのWiMAXプロバイダはこれ!