Menu

【OCN光の工事を徹底解説!】申し込みから開通まで完全マニュアル

夫婦でスマホを見る様子

インターネット回線を乗り換えるときや、引っ越しが決まったときの検討事項のひとつが、開通工事がどうなるか?ですよね。

今回は、

  • 今、OCN光を利用している
  • 引っ越し先でOCN光を利用しようと考えている

という人に向けて、OCN光の開通工事を徹底レクチャーします。

  • 今現在OCN光を利用していて、引っ越し先でも継続して使いたいと思っている
  • 今は別の回線を使っているが、引っ越し先でOCN光に乗り換えを検討している

といった場合、月額料金はもちろんですが、まずは開通工事がどのようなものなのかといったことや、工事の費用などが気になるものです。

実際に、きちんと調べておかなかったために思ったより工事費がかさんでしまったり、勝手に工事を依頼して大家さんに怒られたり、といったトラブルも少なくありません。

この記事を読めば、

  • OCN光の開通工事ってどんなもの?工事が不要となる場合もあるの?
  • 工事費ってどのくらい?
  • 工事前に注意しておくことはある?

といった疑問がばっちり解決し、申し込みから開通までをスムーズに進めることができます。

そして、OCN光以外のおすすめの回線もご紹介していますので、引っ越し先でもあなたにぴったりのインターネットライフを楽しめますよ。

2、3分で読める内容なので、ぜひ最後までチェックしてくださいね!

まずはOCN光の工事が必要なのか確認してみましょう。

ディスプレイの上に置かれたヘルメット

OCN光を契約する場合、必ず工事が必要となるわけではありません。

加えて、工事が必要となった場合には、戸建てやマンション、工事の種類などによって、費用が変わってきます。

まずは、工事が必要な場合と不要である場合を確認しましょう。

フレッツ光からの転用時は基本的に工事が不要

OCN光は、フレッツ光回線を利用した「光コラボ」です。

そのため、現在NTT東日本/NTT西日本のフレッツ光を利用していてOCN光に乗り換える場合は「転用」という扱いとなります。

この場合、基本的に工事は不要なので、工事費もかかりません。

ただし、以下の場合は転用であっても工事費が発生するので注意してください。

  • 現在契約中のプランが下記の場合
    NTT東日本エリア:Bフレッツ、フレッツ 光ライト
    NTT西日本エリア:Bフレッツ、フレッツ・光プレミアム、フレッツ 光ライト
  • 光サービスメニュー(回線速度)を変更する場合
  • マンションタイプで配線方式に変更が必要な場合

加えて、引っ越しの際に転用する場合は、引っ越し先の環境によって工事が必要となってくる場合もあります。

引っ越しにともなってフレッツ光からOCN光に転用する場合は、以下のいずれかの方法で申し込む際に、工事についての詳細を確認しましょう。

  • OCNマイページ
  • カスタマーズフロント:0120-506-506(10時~19時/日曜・祝日・年末年始を除く)

新規契約時には工事が必要

現在フレッツ光以外を利用している場合、またはインターネット回線を全く利用していない場合は新規契約となり、工事が必要になります。

利用環境によって、屋内配線を新設する・しないや、派遣工事の有無などが異なり、それに伴って料金も変わってきます。

では、それぞれの工事にかかる費用について、次から具体的に見ていきましょう。

OCN光の工事にかかる費用

パソコンを見ながら電卓をたたく人

工事費は、転用か新規かだけでなく、戸建てかマンションかによっても異なります。

また、夜間・深夜・土日祝日などに工事を依頼する場合は、追加料金が発生します。

まずは、申し込み種別(転用新規)の該当箇所に進み、利用場所の住居タイプについて確認してください。

そして、追加で発生する費用についても、あわせて確認してみてくださいね。

転用で申し込む場合

現在、フレッツ光を利用している場合は、同じフレッツ光回線を利用するOCN光を工事なしで利用できます。

そのため、基本的には工事費はかかりません。

しかし、前章でも触れましたが、以下の場合は工事が必要となるため、工事費が発生します。

  • 現在契約中のプランが下記の場合
    NTT東日本エリア:Bフレッツ、フレッツ 光ライト
    NTT西日本エリア:Bフレッツ、フレッツ・光プレミアム、フレッツ 光ライト
  • 光サービスメニュー(回線速度)を変更する場合
    100Mを200M/1Gに変更、200Mを1Gに変更など
    マンションタイプで配線方式に変更が必要な場合

発生する各工事費を表にまとめたので、ご覧ください。

条件住居タイプ工事費
Bフレッツ、フレッツ・光プレミアム、フレッツ 光ライトから転用する場合戸建て
マンション
7,600円
光サービスメニューを変更する場合派遣工事なしの場合:2,000円
派遣工事ありの場合:7,600円
配線方式に変更が必要な場合(※1)マンション15,000円

※表示価格は、特に記載がある場合を除いて全て税抜となります。
※1.光サービスメニューを変更しない場合でも、配線方式を変更する必要がある場合は工事が発生する。
参照:OCN 光「料金(OCN 光) | NTTコミュニケーションズ 個人のお客さま」
参照:OCN 光「料金(OCN 光) | NTTコミュニケーションズ 個人のお客さま」

新規で申し込む場合

OCN光を新規契約する場合は、必ず工事が必要となります。

業者が訪問して実施する「派遣工事あり」となるのか、訪問しない「派遣工事なし」となるのかは、利用環境に依存するため、申し込みの際に確認してください。

また、工事費は一括払いまたは分割払いが選べます。

分割払いの場合でも、支払総額は一括払いと同じです。

分割払いの途中で、残額を一括で支払うこともできるので、お財布事情に合わせることができますね。

以下に、戸建ての場合とマンションの場合の工事費をまとめます。

戸建ての場合

工事内容工事費(分割払い時)
派遣工事あり屋内配線を新設する場合18,000円(3,000円+500円×30回)
屋内配線を新設しない場合7,600円(1,600円+200円×30回)
派遣工事なし2,000円

※表示価格は、特に記載がある場合を除いて全て税抜となります。
参照:OCN 光「料金(OCN 光)」

マンションの場合

工事内容工事費(分割払い時)
派遣工事あり屋内配線を新設する場合15,000円(3,000円+400円×30回)
屋内配線を新設しない場合7,600円(1,600円+200円×30回)
派遣工事なし2,000円

※表示価格は、特に記載がある場合を除いて全て税抜となります。
参照:OCN 光「料金(OCN 光)」

追加で費用が発生する場合

工事が土日祝日や夜間・深夜の時間帯になる場合、追加で費用が発生します。

また、1時間単位で工事時間を指定できる訪問時刻指定をした場合も、追加費用が発生します。

どのような場合に、どのくらいの追加費用が必要となるのか、下の表で確認してください。

工事実施日時など追加費用
夜間(17:00~22:00)(工事費用合計額-1,000円)×1.3+1,000円
年末年始(12/29~1/3の8:30~22:00)
深夜(22:00~翌日8:30)(工事費用合計額-1,000円)×1.6+1,000円
土曜・日曜・休日3,000円
訪問時刻指定工事(※1)昼間(9:00~16:00)11,000円
夜間(17:00~21:00)20,000円
深夜(22:00~翌8:00)30,000円
その他:工事費(上記追加工事費は除く)の合計額が29,000円を超える場合工事費29,000円までごとに3,500円

※表示価格は、特に記載がある場合を除いて全て税抜となります。
※1.1時間単位で希望の時間を指定できる。
参照:OCN 光「追加工事費用」

なお、条件に該当した分すべての費用が追加費用として請求されます。

たとえば、12月29日が日曜日で、22時ちょうどに工事を依頼した場合、

  • 年末年始の追加費用:(工事費用合計額-1,000円)×1.3+1,000円
  • 深夜の追加費用:(工事費用合計額-1,000円)×1.6+1,000円
  • 日曜の追加費用:3,000円
  • 訪問時刻指定の追加費用(深夜):30,000円

のすべてが追加費用となるわけです。

また、追加費用は工事費分割払いの対象とならず、初回請求時に一括請求されるので注意しましょう。

OCN光の工事での注意点

壁に書かれたビックリマーク

工事費について理解できたら、次はOCN光の工事についての注意点も確認しておきましょう。

日程調整で気をつけること

特に新規申し込み時は立ち会い工事が必要となるため、工事日は在宅できるようにしておく必要があります。

OCN光から工事日程の連絡があったときに、

  • 立ち会いの要不要
  • 当日のおおよその工事時間帯

を確認し、工事日のスケジュールを調整しておきましょう。

工事日は月初めがおすすめ

OCN光は、利用開始日(開通工事完了日または転用手続き完了日)を含む月は月額費用がかからないシステムです。

そのため、可能な限り月の初めのほうに工事を実施してもらったほうがお得と言えます。

戸建ての場合は家の外壁に穴は開けるのか?

配線を新規に開設する場合、外部からのケーブル引き込みが必要となります。

エアコンダクトや電話用配管などを利用することが多いですが、それらが利用できない場合は外壁に穴を開けることもあります。

心配な場合は、工事日を調整する際に工事の詳細を確認しておきましょう。

マンションの場合は大家さん・管理組合に事前確認が必要

まだOCN光が導入されていないマンションの場合は、外部から共用部まで回線を新設する必要があります。

必ず、事前に大家さんや管理組合などに確認して了承を得ておきましょう。

また、既に導入済みのマンションの場合でも、各戸への配線時に壁に穴を開ける必要が出てくる場合もないとは言えません。

特に賃貸物件の場合は、後々のトラブルを避けるためにも、必ず大家さんに事前連絡しておきましょう。

電源(コンセント)の確保も必須

モデムやルーターなど、OCN光を利用するにあたって必要となる装置には、それぞれ電源が必要です。

利用場所の近くに電源(コンセント)があるかどうか確認するとともに、必要であれば延長ケーブルなども準備しておきましょう。

OCN光が開通するまでの手順

紙に書かれた3ステップの様子

工事の費用や内容について理解できれば、いよいよ申し込みですね。

ここでは、新規に申し込んでからOCN光が開通するまでの手順について解説します。

申し込みから開通まではたった3ステップなので、思ったより簡単です。

全体の流れは以下のようなイメージです。

OCN光 工事

では、ステップごとにくわしく見ていきましょう。

STEP 1.申し込み

申し込みはWebからできます。

その前に、まずは利用場所がサービス提供エリアかどうかを確認しておきましょう。

サービス提供エリアの確認

以下のページにアクセスし、利用場所の郵便番号を入力すると、フレッツ光が利用可能かどうかの判定結果が表示されます。

NTT東日本エリア:「光アクセスサービス 提供エリア検索」ページ

NTT東日本「光アクセスサービス 提供エリア検索|フレッツ光公式」
画像引用:NTT東日本「光アクセスサービス 提供エリア検索|フレッツ光公式」

NTT西日本エリア:「サービス提供エリア確認」ページ

郵便番号入力後、詳細な番地を選択していき、それぞれ以下のような判定結果が表示されれば、OCN光も利用できることがわかります。

NTT東日本「提供状況確認結果|提供エリアの確認|NTT東日本フレッツ公式」
画像引用:NTT東日本「提供状況確認結果|提供エリアの確認|NTT東日本フレッツ公式」

フレッツ光 エリア
画像引用:NTT西日本「フレッツ光公式 | NTT西日本 | サービス提供 判定結果」(https://www.west-frc.com/arean/servlet/Action1Servletc)

OCN光の申し込み

OCN光が利用できるエリアであることがわかれば、次は申し込みに進みましょう。

OCN光お申し込み」ページにアクセスし、

  • フレッツ光の利用の有無
  • OCN会員であるかどうか
  • NTT東日本エリア or NTT西日本エリア
  • 戸建て or マンション
  • 希望の最大通信速度(1Gbps/200Mbps/100Mbps)
  • 2年自動更新型割引を申し込むかどうか
  • オプションサービス(ひかり電話/無線LAN/おまかせマルチパック ほか)

などを順番に選択していくだけです。

選択内容に応じて、ページ下に初期費用と月額費用が表示されるため、費用を確認しながら手続きを進めることができます。

OCN 光「OCN 光 お申し込み(OCN 光) | NTTコミュニケーションズ 個人のお客さま」
画像引用:OCN 光「OCN 光 お申し込み(OCN 光) | NTTコミュニケーションズ 個人のお客さま」

同ページの「注意事項」の内容を最後まで確認したうえで「重要説明事項および注意事項の内容に同意します」にチェックしましょう。

そして「お申し込み」ボタンを押せば、個人情報や支払い情報(クレジットカード情報)などを入力する画面に移動します。

指示に従って必要事項を入力していけば、申し込み完了です。

「ご利用開始のご案内」の受け取り

申し込みが受け付けられると、「OCN会員登録証のご案内」と「OCN設定ガイド」が郵送されてきます。

「OCN会員登録証のご案内」には、インターネット接続設定に必要なOCN認証IDや認証パスワードなどが記載されているので、大切に保管しておきましょう。

STEP 2.光回線の開通工事

OCN光より工事日程について連絡があるので、工事の日時を相談して決めます。

新規申し込みの場合は回線を新設することになる場合がほとんどで、ほぼ「派遣工事あり」となるため、立ち会いが必要です。

工事日には在宅できるよう、スケジューリングしておきましょう。

工事自体は約30分で終了します。

なお、土曜・日曜・祝日や、夜間にも工事を依頼することができます。

ただし、その場合は「追加で費用が発生する場合」で説明した費用が発生しますので、注意してください。

※派遣工事が不要の場合は、在宅の必要はありません。

STEP 3.インターネット接続設定

工事が終われば、「OCN設定ガイド」に記載されている手順に従って、PCや通信機器の設定を行います。

もし設定に不安のある場合は、一度だけ無料で訪問設定サポートを受けることができます。

この場合、開通から2か月以内に電話または専用WEBサイトから申し込みましょう。

※申し込み方法については、「OCN設定ガイド」に記載されています。

ただし、以下に該当する場合は、訪問設定サポートを受けることができないので、注意してください。

  • OCN光「フレッツ」/OCN光 with フレッツからの転用
  • OCN光/OCN光 with フレッツ/OCN光「フレッツ」/OCN for ドコモ光で無料訪問サポートを受けたことがある

改めてチェック!OCN光の速度と料金

ここまで、OCN光の工事について解説してきましたが、改めてOCN光の速度や月額料金についても見てみましょう。

OCN光の提供プランと月額料金は以下の通りです。

OCN光プラン光サービスメニュー標準料金2年自動更新型割引適用時
(※1)
ファミリータイプ(戸建て)1G/200M/100M6,200円5,100円
マンションタイプ(集合住宅)1G/200M/100M4,700円3,600円

※表示価格は、特に記載がある場合を除いて全て税抜となります。
※1.申し込みが必要。2年ごとに自動更新され、途中で解約した場合は違約金11,000円が請求される。申込月の翌月を1か月目として25か月目と26か月目に解約した場合は、違約金は不要。
参照:OCN 光「料金|転用について」

サービスメニューの1G/200M/100Mは、それぞれ下りの最大速度が1Gbps/200Mbps/100Mbpsであることを示します。

OCN光の速度は、フレッツ光が提供している回線速度に依存します。

そのため、OCN光で利用できる速度は、そのエリアやマンションで利用できるフレッツ光のプランによって以下のように決まります。

利用可能なフレッツ光のプランOCN光で利用できる
サービスメニュー
最大速度
(上り/下り)
NTT東日本エリアフレッツ 光ネクスト ギガスマートタイプ1G1Gbps/1Gbps
「フレッツ 光ネクスト」ファミリー・ハイスピードタイプ
「フレッツ 光ネクスト」マンション・ハイスピードタイプ(光配線方式)
200M100Mbps/200Mbps
上記以外100M100Mbps/100Mbps
NTT西日本エリアフレッツ 光ネクスト スーパーハイスピードタイプ 隼1G1Gbps/1Gbps
「フレッツ 光ネクスト」ファミリー・ハイスピードタイプ
「フレッツ 光ネクスト」マンション・ハイスピードタイプ(光配線方式)
200M200Mbps/200Mbps
上記以外100M100Mbps/100Mbps

参照:OCN 光「サービスの概要/メリット」

また、従来のIPv4通信(PPPoE接続)より混雑の影響を受けにくいIPv6通信(IPoE接続)を標準で利用できるため、「光コラボは時間帯によって速度が落ちる」といった懸念も少ないと言えます。

OCN光の申込みはこちら

とは言え、OCN光以外の光回線も検討してみたいという人も少なくないでしょう。

そんな人に向けて、おすすめの光回線を次にご紹介します。

OCN光以外にもおすすめできる光回線

OCN光以外におすすめできる光回線としては、以下の2つが挙げられます。

  • 関東・東海・関西に住んでいる人には、とにかく速い「NURO光
  • それ以外の地域に住んでいて、速くて安い回線を探しているなら「auひかり

ひとつずつ詳しく見ていきましょう。

速度重視ならNURO光がおすすめ!

NURO光は関東・関西・東海エリアで利用できる下り最大2Gbpsを誇る高速光回線。
画像引用:NURO光「NURO 光 世界最速 光回線インターネット」

東名阪エリア(東京・神奈川・埼玉・千葉・茨城・栃木・群馬・愛知・静岡・岐阜・三重・大阪・兵庫・京都・滋賀・奈良)に住んでいる、あるいは引っ越す予定である人におすすめなのが、NURO光 です。

上り下り最大2Gbpsという高速であるにもかかわらず、月額料金はOCN光より低額なのも嬉しいポイント。

特に、導入済みのマンションであれば、月額2,500円以下で利用できます。

さらに、東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県の一部エリアでは、2018年10月以降より、上り下り最大6Gbpsや10Gbpsの回線も提供予定です。

インターネット回線下り最大速度月額料金対象エリア
NURO光戸建て2Gbps4,743円東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬、愛知、静岡、岐阜、三重、大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良
マンション1,900円~2,500円(※1)
戸建て、5階建て以下のマンション6Gbps5,243円東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県の一部エリア
10Gbps5,743円

参照:NURO 光「10Gs・6Gs」

また、月額基本料金から差し引くことで基本工事費用の40,000円が実質無料になるキャンペーンを実施しています(2018年10月現在)。

さらに、NURO光でんわも利用すれば、「おうち割 光セット」や「ホワイトコール24」の対象となるので、ソフトバンクユーザーには特におすすめ。

  • おうち割 光セット:ソフトバンク携帯電話の利用料金が毎月最大1,000円割引になる
  • ホワイトコール24:ソフトバンク携帯との通話が24時間無料になる

NURO光電話の料金(月額)は以下の通りです。

  • 関東:500円
  • 東海・関西:300円

NURO光についてもっとくわしく知りたい人はこちらの記事もご覧ください。

[関連記事]日本最速クラス「下り2Gbps」を誇るNURO光のメリット・デメリット徹底解剖のサムネイル
日本最速クラス「下り2Gbps」を誇るNURO光のメリット・デメリット徹底解剖
NURO光は「下り最大2Gbps」に加えて無線LANやセキュリティオプションも無料のかなり魅力的な光回線です。 あなたの居住地が対象エリア内(東名阪)ならNURO光にしておけば間違いない!と自信を持っておすすめできます。 デメリットは「多少手間だが、2Gbpsの速度の恩恵を受けられるメリットのほうが大きい」ものが多いです。
ソルディのファビコンwww.soldi.jp

NURO光の申込みはこちら

安さと安定性を求めるならauひかりがおすすめ!

auひかり画像引用:auひかり

NURO光の提供エリア外である場合や、自宅マンションに導入されていない場合は、独自回線で光コラボより安定性に定評のあるauひかり もおすすめです。

同じ1Gbpsで比較してもOCN光よりお得な上、東京・神奈川・埼玉・千葉の提供エリアの戸建てであれば、下り最大6Gbpsや10Gbpsも選べます。

インターネット回線下り最大速度月額料金対象エリア
auひかり戸建て1Gbps4,900円~5,100円(※1)ほぼ全国
6Gbps5,400円~5,600円(※1)東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県の一部エリア
10Gbps6,180円~6,380円(※1)
マンション100Mbps3,400円~3,800円(※2)ほぼ全国
1Gbps4,050円

※1.契約年数によって異なる。
※2.提供タイプによって異なる。
参照:au「auひかり ホーム | 料金・割引| 光ファイバー auひかり:インターネット回線 | au」
参照:au「auひかり マンション | 料金・割引| 光ファイバー auひかり:インターネット回線 | au」
参照:au「世界最速 超ひかり」
参照:au「サービス・タイプ別料金表(auひかり マンション ギガ) | 光ファイバー auひかり:インターネット回線 | au」

また、プロバイダにau one netを選ぶと、工事費を含む初期費用相当額(※)が月額料金から割り引かれるので、実質、工事費が無料となります。

ただし、戸建ての場合は、光でんわもセットで申し込む必要があります

※戸建ての場合:37,500円

 マンションの場合:30,000円

さらに、ネット+光電話を利用すれば、「auスマートバリュー」の割引対象になります。

自分や家族がau携帯電話を使っているのであれば、月額料金が最大2,000円割引となるため、とてもお得ですね。

auひかりについてもっとくわしく知りたい人はこちらの記事も合わせてご覧ください。

[関連記事]auひかりは速くて割引がすごいって本当?通信費を1社にまとめて手間なく節約!のサムネイル
auひかりは速くて割引がすごいって本当?通信費を1社にまとめて手間なく節約!
auひかりは「スマホとのセット割」「速度」などが利用者からも好評で、大きなデメリットもなくオススメできる回線です。ただ、人によってはauひかりよりももっとオススメな回線がある場合もあります。この記事では「どんな人ならauひかりを選ぶべきか?」について解説します。
ソルディのファビコンwww.soldi.jp

auひかりの申込みはこちら

まとめ

ここまで、引っ越し先でもOCN光を利用したい人や、OCN光に乗り換えたい人に向けて、OCN光の工事について知っておくべきことを見てきました。

最後に、おさらいとしてポイントをまとめておきます。

  • フレッツ光からの転用かつ速度変更なしであれば、OCN光の開通工事は不要
     ただし、引っ越しと同時に転用するのであれば、工事が必要となる場合もある
  • 新規申し込みの場合は、2,000円~18,000円の工事費が必要
  • 土日祝日/夜間/深夜/時間指定などで工事を依頼すると追加料金が発生する
  • マンションや賃貸物件の場合は、工事までに大家さん・管理組合などに確認しておく
  • OCN光以外におすすめの光回線
      速度重視ならNURO光 (東名阪エリアのみ)
      安定性を求めるならauひかり

開通工事というのは、手間がかかる・費用がかさむ、といったイメージがあり、引っ越し時や乗り換え時に高いハードルとなります。

しかし、ここまでの内容でOCN光の工事に関する疑問が明らかになり、OCN以外のおすすめ回線もわかりました。

ですので、OCN光を利用し続ける・OCN光に乗り換える・OCN光以外の回線を申し込む、のいずれで進めればいいのかが判断できるはずです。

ぜひ今回の記事を参考に、自分にぴったり合ったインターネットライフを楽しんでくださいね。

※当サイトに掲載している情報は、万全の保証をいたしかねます。
機器、サービスの価格、スペック等の詳細情報は、必ず各公式サイトでご確認ください。

【完全版】自分に合った格安SIMが見つかる!