Menu

docomoのポケットWi-Fi利用料金は?契約すべきか徹底解説

ポケットWi-Fi使用イメージ

ポケットWi-Fiが欲しいけど、どこで買えばいいかわからない。

とりあえずdocomoにしておけば安心かな?と思って 公式サイトを見たけど、 料金プランの仕組みが複雑で、結局いくらなのかわからないし、docomoにするべきかどうかも判断できない!とお悩みの方も多いのではないでしょうか。

  • docomoでポケットWi-Fiの契約を考えているけど、 お値段はどれぐらい?
  • docomoなら大手企業だし安心だと思ってるけど、 高いだけのメリットはある?
  • docomo以外の方がいいなら、 おすすめのモバイルWi-Fiはどこ?

docomoのポケットWi-FiはモバイルWi-Fiルーター提供会社の中で比べてみてもかなりお値段が高い方です。

この記事を読みながら考えていくことで、 決して安いとは言えないdocomoのモバイルWi-Fiを本当に契約するべきなのかの判断がつくようになるでしょう。

ポケットWi-FiとモバイルWi-Fiの違い

ポケットWi-FiとモバイルWi-Fiは、機能的には同じものです。


しかし「ポケットWi-Fi」は、本当は ワイモバイルが商標登録を行っている製品名であり、他社が使ってはいけない言葉です。

そのため、docomoのホームページ上ではポケットWi-Fiのことを「 データ通信製品」として記載しています。

「ポケットWi-Fi」と呼ばれがちな「ポケットサイズの無線通信機器」の 一般的な名称は「モバイルWi-Fiルーター」です。

この記事ではこれ以降「モバイルWi-Fiルーター」という言葉を使って説明していきます。


まずはポケットWi-FiとモバイルWi-Fiの違いについて、簡単に解説しました。

次は実際に、docomoでモバイルWi-Fiルーターを契約する際の料金について詳しく見ていきたいと思います。

docomoでモバイルWi-Fiルーターを契約する場合の料金

まず、docomoと他社のモバイルWi-Fiルーターの料金についての比較表を作成しました。

実際にどの程度の料金がかかるのかをここで確認しましょう。

docomoと他社の料金比較

各キャリアの中で 最も安く、かつ最大50Mbps以上の通信速度を用意しているプランを表にして以下にまとめました。

なお、これ以降の金額はすべて税抜価格を記載しています。

キャリア名 プラン名 月額料金 データ通信量上限
docomo データSパック(小容量) 4,900円 2GB
softbank 4Gデータし放題フラット+ 4,196円 7GB
au WiMAX2+ フラット for DATA 3,696円 7GB
UQ WiMAX UQ Flatツープラス 3,696円 7GB
Y!Mobile Pocket Wi-FiプランSS 2,480円 5GB

このように、 docomoは他のキャリアより料金が若干割高です。

この先の見出し「docomoと他社の料金を徹底比較」で、より詳しく各キャリアの料金も比較していますので、そちらもぜひご覧ください。

docomoのモバイルWi-Fiルーター契約料金の構成

docomoのモバイルWi-Fiルーターの料金構成は以下の 3つの要素です。

  • 基本プラン
  • インターネット接続サービス
  • パケットパック

基本プランとは、 モバイルWi-Fiルーターを使う際に必ずかかる基本料金のことです。 

インターネット接続サービスとは、ISP(インターネットサービスプロバイダ)と呼ばれる、インターネットに接続するためのサービスを提供している機関に支払う料金のことです。

パケットパックとは、パケット、つまりデータ通信を使用する際に必ずかかる料金のことです。


docomoのモバイルWi-Fiルーターでは、 「基本プラン」「インターネット接続サービス」「パケットパック」の3要素の料金をすべて足した金額が、実際に毎月支払う月額料金となるのです。


ここまでは、docomoのモバイルWi-Fiルーター契約料金の構成要素について解説しました。

次は、docomoのスマートフォンをモバイルWi-Fiルーターと一緒に利用する際の実際の料金について、

  • docomoのスマホ契約をしている人
  • モバイルWi-Fiだけをdocomoで契約しようとしている人

の2パターンに分けて、それぞれ解説します。

docomoのスマホを利用している場合の料金

docomoのスマートフォンを利用している場合、 モバイルWi-Fiルーターだけで利用する場合よりも利用料金はお得になります。

前述した「パケットパック」の代わりに、「シェアオプション」を利用することで、 モバイルWi-Fiルーターの使用料金を抑えることが可能になるのです。


「シェアオプション」とは、スマホのパケット通信量をモバイルWi-Fiルーターでも一緒に消費していくプランです。

シェアオプションの加入料は 月々500円です。

そのため、月々のモバイルWi-Fiルーターの利用料金は、以下のようになります。

プラン名 月額料金
基本プラン 1,200円
インターネット接続サービス 200円
シェアオプション 500円

合計:1,900円


このように、モバイルWi-Fiルーターの利用料金を抑えて、モバイルWi-Fiルーターをスマホの「おまけ」のような感覚で使うことが可能となります。


ただし、シェアオプションを利用することで データ通信量はスマホとモバイルWi-Fiルーターで「シェア」することになる点には注意しましょう。

シェアオプションを利用した場合、スマホで契約している「パケットパック」のデータ通信量上限は、スマホとモバイルWi-Fiルーターの合計の通信量上限となります。


つまり5GBが上限の「データMパック」を契約している場合には、スマホとモバイルWi-Fiルーターの通信量が合わせて5GBを超えると、速度制限を受けてしまうことになるのです。

データ通信量が制限を超えてしまった場合、「 スピードモード」か「 1GB追加オプション」で通信量の上限を増やし、通常の通信速度で利用することもできます。

どちらのオプションの場合でも、 1GBあたり1,000円で上限を追加することが可能です。


シェアオプションを利用してデータ通信量をスマホとモバイルWi-Fiルーターでシェアすることで、モバイルWi-Fiルーターの月額料金は安く抑えることが可能となります。

ただし、docomoのスマホ月額料金は今まで通りかかりますし、データ利用量をシェアするためにデータパックのプランを大容量のものに変えるとなると、スマホとモバイルWi-Fi総額はかなり高くなります。


合計金額でみた時に、格安SIMなど他の手段のほうが安くならないか?という観点でも検討すべきでしょう。

逆に、 今契約しているデータ利用量を使い切れておらず、プラス1900円でモバイルWi-Fiの運用も出来るなら良い、という方には今回ご紹介した方法はおすすめと言えるでしょう。


ここでは、docomoでスマホとモバイルWi-Fiルーターを両方持つ場合の料金について説明しました。

次にdocomoのスマホを利用していない場合の料金について解説します。

docomoのスマホを利用していない場合の料金

docomo以外のスマホを契約している場合、前述したシェアオプションは利用できません。そのため、モバイルWi-Fiルーターを利用する際の料金は基本料金とインターネット接続サービスに「パケットパック」を加えた料金となります。

プラン名 月額料金
基本プラン

(2年定期契約あり) 1,200円

(2年定期契約なし) 2,700円

インターネット接続サービス 200円~
パケットパック 3,500円~

合計:4,900円


モバイルWi-Fiルーターを利用する際には、基本プランの料金が2年定期契約なしの場合には2,700円、2年定期契約ありの場合には1,200円が毎月かかります。

2年定期契約」とは、2年間同一回線・同一プランの利用が条件で、月額料金が割安になるというものです。もし2年間の間に解約やプラン変更を行った場合には、解約料として9,500円が請求されてしまいます。

インターネット接続サービス料金に関しては、「moperaUシンプルプラン」を利用することで毎月200円がかかります。


パケットパックの料金として、 家族で契約せず、契約者が一人で使う場合には以下のようなプランが用意されています。

パック名 データ通信量上限 月額料金
ウルトラデータLLパック 30GB
8,000円
ウルトラデータLパック 20GB
6,000円
データMパック(標準) 5GB 5,000円
データSパック(小容量) 2GB

3,500円

この中で一番割安な「データSパック(小容量)」を利用することで、3,500円が毎月かかります。


結果的に最も安い場合でも4,900円からの料金設定となり、 シェアオプションを利用した場合に比べると割高になってしまいます。

2GB程度であれば、お手持ちのスマートフォンのテザリング(スマートフォンをモバイルWi-Fi化する機能)で十分です。


ここまで、docomoでモバイルWi-Fiルーターを利用する際の料金について解説しました。

必ずしもdocomoでモバイルWi-Fiの契約をするのが得策ではない、ということがお分かりいただけたかと思います。

docomo以外のモバイルWi-Fiルーターも検討したい、という人のために、次の章からはdocomoと他社の料金を徹底比較していきます。

docomoと他社の料金を徹底比較

この記事を読んでいる方の中で、 どうしてもdocomoのモバイルWi-Fiルーターを利用したいと考えている方はどのくらいいらっしゃるでしょうか。


  • docomoならばサービスの質の面でも なんとなく安心
  • 特に理由はないがメジャーなキャリアのdocomoで考えている

以上のような理由で、docomoのモバイルWi-Fiルーターを検討している方も多いことでしょう。


しかしここまで解説してきたように、特にモバイルWi-Fiルーターだけを単独で利用するような場合には、docomoの料金設定は他と比較して高額です。

もし、docomo以外のモバイルWi-Fiルーターでも良いかもしれないと考えているのであれば、 先に挙げた他のキャリアもフラットに比較して、最終的に判断した方がより賢い選択ではないでしょうか。

しっかり比較したうえでdocomoを利用するのか、あるいは他のキャリアを利用するのかを決定するためにも、次の見出しからは様々な観点から各キャリアのモバイルWi-Fiルーターを比較していきます。

docomoで契約すべき人はスマホとセットで使っている人!

まずは、前述したキャリアの比較表を再度以下に提示します。

キャリア名 プラン名 月額料金 データ通信量上限
docomo データSパック(小容量) 4,900円 2GB
softbank 4Gデータし放題フラット+ 4,196円 7GB
au WiMAX2+ フラット for DATA 3,696円 7GB
UQ WiMAX UQ Flatツープラス 3,696円 7GB
Y!Mobile Pocket Wi-FiプランSS 2,480円 5GB

このように、docomoのモバイルWi-Fiルーターの月額料金は他と比べて高額です。

しかし docomoでスマホを利用している方であれば、以下のように 月々1,900円でモバイルWi-Fiルーターを利用できるため、他のキャリア以上にお得に利用できます。

モバイルWi-Fiルーター単体で契約している場合(最安値)

データプラン(ルーター) 1,200円
インターネット接続サービス 200円
パケットパック(2GB) 3,500円
シェアオプション 利用不可

参考:docomo「パケットパック一覧」

合計:4,900円


スマホとセットで契約している場合

データプラン(ルーター) 1,200円
インターネット接続サービス 200円
パケットパック 契約不要
シェアオプション 500円

参考:docomo「データ通信製品 おすすめ料金プラン」

合計:1,900円


  • 現在docomoでスマホを利用している人
  • 今後新たにdocomoでスマホを利用する予定がある人

以上のような方は、高額な月額料金がかかるパケットパックではなく、月々500円の「シェアオプション」を利用できるため、モバイルWi-Fiルーターの月額料金を1,900円に抑えることが可能となります。

docomoでスマホを利用している、あるいは利用する予定の方は、「シェアオプション」を利用してdocomoでモバイルWi-Fiルーターを契約するのがおすすめです。

家族でdocomoを利用している人にもおすすめ!

docomoでは家族でデータ通信量を分け合いながら使うことができるため、 家族でdocomoを利用している場合にはさらにお得にモバイルWi-Fiルーターを利用できます。


家族でデータ通信量を分け合う場合、以下のような家族向けパケットパックを契約して、2人以上でデータ通信量を分け合うことになります。

パック名 データ通信量上限 月額料金
ウルトラシェアパック100 100GB 25,000円
ウルトラシェアパック50 50GB
16,000円
シェアパック15(標準) 15GB
12,500円
シェアパック10(小容量) 10GB
9,500円
シェアパック5(小容量) 5GB
6,500円

参考:docomo「パケットパック一覧」


例えば4人家族で「ウルトラシェアパック50」を利用する場合、一人あたり12.5GB利用できて月額4,000円と、一人向けのパケットパックよりもお得にデータ通信を利用することができます。

この場合のモバイルWi-Fiルーターの利用料金は、「シェアオプション」を利用したものが適用されるため、月々1,900円で済みます。

「ウルトラシェアパック50」を契約した場合には、上限の50GBを家族4人のスマホとモバイルWi-Fiルーターで「シェア」することになります。

結果的に、一人で利用する場合よりもデータ通信量上限に余裕ができ、 1GBあたりで換算するとよりお得にデータ通信を楽しむことができるのです。


家族の何人かがdocomoを利用している、あるいは家族全員でdocomoを利用しているような場合には、モバイルWi-Fiルーターもdocomoで契約するのがおすすめです。

とにかく安く利用したい方はY!Mobileで契約がおすすめ

とにかく安くモバイルWi-Fiルーターを利用したい方は、前述した比較表の中でもひときわ月額料金の安いプランを持っているY!Mobileの 「Pocket Wi-FiプランSS(月額5GBまで)」がおすすめです。


月々2,480円と他のキャリアより安いY!Mobileのプランですが、 契約期間が3年と他のキャリアに比べて長い点に注意しましょう。

契約期間が長い場合には、途中で解約などを行う際の違約金発生期間もそのぶん長くなるため、3年契約であれば3年間きっちり使い続ける必要が出てきます。

他のキャリアが軒並み2年契約となっている中で、Y!Mobileは3年間の契約期間があるため、長期的に利用する予定がない場合には別のキャリアを選択するとよいでしょう。

とにかく安く使いたいという方は、迷わず「Pocket Wi-FiプランSS」を選びましょう。

まとめ

docomoのモバイルWi-Fi契約を検討している人へ、気をつけるべきこととメリットを改めてまとめます。

  1. docomoのモバイルWi-Fiルーターは、 docomoのスマホなしで一人で使う場合には他のキャリアと比べると比較的高額
  2. docomoのスマホを持っている場合には、 「シェアオプション」を利用して月々1,900円でモバイルWi-Fiルーターを利用できる
  3. 家族でdocomoを利用している場合には、データ通信量を分け合えるため さらにお得にモバイルWi-Fiルーターを利用できる


docomoのモバイルWi-Fiルーターは、docomoのスマホを持っていたり、家族でdocomoを利用していたりする場合には月々1,900円と他のキャリアの追随を許さないほどお得に利用することができます。

一人で利用する場合には高い値段設定であるものの、条件を満たしている方にとってはよりお得に利用できるキャリアなのです。


実際に利用を検討する際には他のキャリアの料金と比較しつつ、自分が「シェアオプション」を利用できるか、家族がdocomoを使っているかという点に注意しながらキャリアを選択するとよいでしょう。

※当サイトに掲載している情報は、万全の保証をいたしかねます。
機器、サービスの価格、スペック等の詳細情報は、必ず各公式サイトでご確認ください。